1: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:21:38.91 ID:55yaFncM0
??「完成したぞ!助手がラッキースケベしてしまう装置だ!これを使えば助手は私に手を出してしまいきっと私を意識してしまうはず…!そうとなったら早速起動だ!スイッチON!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1492359698

引用元: ・松尾千鶴「プロデューサーの…辛そう…」

2: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:22:26.76 ID:55yaFncM0
P「ただいま帰りました。千鶴さん、お疲れ様です。今日は仕事はこれで終了です。明日はオフで明後日は午前10時からGBNSで雑誌の取材が入っているのでよろしくお願いします。」

松尾千鶴「わかりました。お疲れ様です。」

千鶴(うっ…ちょっとお手洗い行ってこよう…)

千鶴「プロデューサー、ちょっと席外しますね。」

P「了解。」

3: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:23:12.78 ID:55yaFncM0

P「…行ったか…?…あー今日も千鶴可愛かったなぁ!!撮影始まる前はあんなにガチガチに緊張しておでこに汗かいちゃって!千鶴のおでこの汗ペロペロしてーなー!でもいざ本番になると可愛い笑顔を見せてくれるんだよなぁ…ほんとアイドル始めて最初の頃は撮影がすごく苦手だったのに成長したよなぁ…勢いで引き抜いた頃はどうなることかと心配したけど友達もいっぱいできたしでかいライブも成功したし…よかったなぁ千鶴!!…はぁ…千鶴の黒タイツの匂いを肺いっぱいに吸い込みたい…そろそろ千鶴も戻ってくるかな、俺もトイレ行ってこよ…」

千鶴「ただいま戻りましッ!?」ツマヅキ

P「だ、大丈夫ですか!?うわ!!」ドサッ

4: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:23:50.48 ID:55yaFncM0
P「う、うーん…ん?柔らかい…?」ムニムニ

千鶴「プ、プロデューサー…その…胸…」

P「え!?うわ、嘘!?後、ごめん!!」

千鶴「胸、揉まれた、プロデューサーに…う、うわー!!!」ダッ

P「千鶴さん!待ってください!…行ってしまった…マジかぁ…やっちまった…柔らかくて、暖かくて…じゃなくて追いかけないと!」

??「待ってくれ助手!」

P「どなたですか!」

5: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:24:31.09 ID:55yaFncM0
池袋晶葉「私だ助手よ、池袋晶葉だ。」

P「すみません、今急いでいるんです。後にしてもらえますか。」

晶葉「千鶴に偶然なれどスケべなことをしてしまった。だろ?すまないが見てしまったよ。後助手は私たちの前以外では結構フランクなんだな、別に私の前でもその状態でいいんだぞ?」

P「いえ、これはプロデューサーの礼儀としてやってるものなので…」

晶葉「まぁ、助手がそう言うなら別に構わないが…そうだ、今回は助手に謝らなければならないことがあるんだ。」

P「謝らなければならないことですか。」

6: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:25:03.48 ID:55yaFncM0
晶葉「あぁ、さっきの助手の失態は実は私のせいなんだ。私が今朝完成させた機械の効果で助手は今日1日先ほどのようなラッキースケベな体質になっている。本来はその効果は私にしか向かない設定だったんだがバグが生じたのか君のアイドル全員が対象になってしまったんだ。」

P「なるほど…しかしなぜそのような発明を?」

晶葉「その…恥ずかしい話なんだが最近助手が忙しくて私の実験に付き合えなかっただろ?だから少し、寂しくてな。こんなことをしてしまったんだ。」

P「そうでしたか、それは悪いことをしてしまいました。」

晶葉「いや悪いのは助手ではない、謝らないでくれ。それより早く千鶴を追いかけてやれ。私は機械を止めてくる。」

P「わかりました、それでは行ってきます。」

晶葉「あぁ、すまないが千鶴は任せたぞ。」

7: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:26:22.69 ID:55yaFncM0
~事務所・屋上~

千鶴「はぁ…はぁ…どうしよう…びっくりして屋上まで逃げてきちゃったけどこれからどんな顔でPさんに会えばいいの…?うぅ…もうお嫁にいけない…でもなんでだろ…ダメなのはわかってるのに不思議と嫌な感じがしない…むしろちょっとドキドキしてる…わけわからない…なんなのこれ…」

P「千鶴さん!」

千鶴「プ、プロデューサー!?どうしてここに!?」

P「どうしてって…千鶴さんが逃げるからじゃないですか…いえ、違います。私は謝りたかったんです。千鶴さんに。」

千鶴「謝る…ですか?」

P「はい、先程は女性に対して失礼なことをしてしまったにもかかわらずすぐさまフォローもできず…これではプロデューサー失格です。」

千鶴「そんな、失格なんて…あんな状況で慌てるのは仕方ないと思います。私も慌てて逃げてしまいましたし…」

8: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:27:14.63 ID:55yaFncM0
P「それは…うっ!」ビュオオオオ!!!!

千鶴「キャ!!」スカートヒラァ

P「あ…黒…」

千鶴「あ…あ…」

P「あ、いや、違くって、ごめん!!」

千鶴(うぅ…またこんなことに…なんなの今日は…しかもまたこんな変な気持ちに…本当は嫌な気持ちになるはずなのに、胸がドキドキして、顔が熱くて、Pさんの顔がちゃんと見れなくて…Pさんの、あそこ…いつもより大きく…ちが、見ちゃダメなのに…すごい、ピクピクしてる。)

P「千鶴さん、声が…」

9: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:27:58.07 ID:55yaFncM0
千鶴「ハッ!…い、今のは…違って…すごい大きい…」

P「千鶴さん、落ち着いてください!」

千鶴「プロデューサーさん、その、そこ、苦しいですよね。」

P「え、千鶴さん、なぜにじり寄ってくるんですか?」

千鶴「大丈夫です、わ、私が、なんとかしてあげます。うまくできるかは、わかりませんが…」

P「だ、ダメです!千鶴さん!」

千鶴「大丈夫です、大丈夫ですから!」

P「千鶴さん!」

ちひろ「そこまでです!!」

10: 名無しさん 2017/04/17(月) 01:29:17.72 ID:55yaFncM0
P千鶴「ちひろさん!?」

ちひろ「はいはい!とりあえず離れてください!ほら、千鶴ちゃんは一旦仮眠室で気持ちを落ち着かせてきてください!」

千鶴「は、はい。」

ちひろ「さて、プロデューサーさん?」

P「は、はい!」

ちひろ「このことを他の人に言われてくなかったら、わかりますよね?」

P「500でいいでしょうか…」

ちひろ「2000。」

P「1000でお願いします…」

ちひろ「まぁいいでしょう。では1000万スタドリ、お願いしますね!」

P「…千鶴可愛すぎかと思ってたけどえっちすぎでしょ…すき…」