タクマ「おのれユリめ……儂に無断で日本に行くなど……」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1485002165

引用元: ・【モバマス×龍虎の拳】リョウ・サカザキ「俺がアイドルのプロデューサー?」【2】

3: 名無しさん 2017/01/21(土) 23:49:29.37 ID:kGtpKZyP0
前スレからの続きはこっちで再開します

4: 名無しさん 2017/01/21(土) 23:50:55.56 ID:kGtpKZyP0
都内


ブゥゥゥゥン
ロバート(打ち合わせだいぶ時間食ってもうたな……LIVEは多分もう終わってもうたやろけど……リョウの携帯繋がらへん)

交通整理員「……」
ブンブン

ロバート「……ん?」

キキ
タッタッタ
ウィーン

交通整理員「すみません」

ロバート「おう、兄ちゃん、どないしたんや?なんぞ工事でもやっとるんか?ワイごっつ急いどるねんけど」

5: 名無しさん 2017/01/21(土) 23:56:37.21 ID:kGtpKZyP0
交通整理員「すみません、この先で事故がありまして、急いでいらっしゃるところ申し訳ないんですけど、少々お待ち頂けますか?もうすぐ終わりますので」

ロバート「……そらしゃーないな。迂回ルートは?」

交通整理員「……すみません、私あまり地理に明るくないもので……上司に聞いてきますね」

ロバート「ああ、頼むで」

タッタッタッタ

6: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:01:34.46 ID:YrOIivLn0
タッタッタッタ

交通整理員「すみません、お待たせしました……迂回ルートは……」

ロバート「……なぁ、あんさん外国人やろ」

交通整理員「……え?」

ロバート「いや、日本語上手いな~思ってやな。ワイも苦労したで~日本語は。おかげで未だこの訛りが抜けへん。その点兄ちゃんの日本語は完璧や。聞きやすいし、相当勉強したんやろ?」

交通整理員「……はぁ。どうもありがとうございます」

7: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:08:22.35 ID:YrOIivLn0
ロバート「……せやけど、惜しいなぁ」

交通整理員「……」

ロバート「殺気の消し方も、ワイが相手やなかったら合格点やれたんにな」

交通整理員「……チィ!」
バッ

ロバート「てりゃ!」
バキッ

交通整理員「ぐはぁ!」
ドサァ

8: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:12:54.27 ID:YrOIivLn0
ロバート(おいおい、マジかいな!いきなり銃抜こうとしたで!)

ザザザザザ
兵「プランBに変更。ボスは消してもかまわんとのことだ。構え!」
チャッ

ロバート「!!」
バッ

兵「撃てーーーー!」

パンパンパンパンパンパン

9: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:18:33.82 ID:YrOIivLn0
チュンチュンチュン

ロバート「おいおいおいおいおい!こんなところで拳銃一斉発砲とかシャレならんで!ワイのフェラーリいくらすると思ってんのや!アッタマきた!」

パンパンパンパン

チュンチュンチュン

シーーン

兵「待機!……死んだか?」

10: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:22:30.18 ID:YrOIivLn0
ロバート「……覇王」

バッ

兵「!まだだ!総員、撃……」

ロバート「翔吼拳—————!!」

ズガアアアアアアアアン



兵A「ギャアアアアア!」

兵B「うぎゃあああああ!」

11: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:31:39.21 ID:YrOIivLn0
ヒィィィィィ

グワアアアアアア

ロバート「……安心せえ、少し加減しておいた」

ウウ……
バケモノカ……

ロバート「そないな拳銃(オモチャ)で獲れるほどワイの命は軽ないで」

ロバート「ワイと……極限流と遊びたいなら戦車の1台でも持って来んかい!」

13: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:39:09.11 ID:YrOIivLn0
ロバート「おい。誰の命令や。ボスの名前と目的を言え」
グイ

兵「だ、誰がしゃべるか……」

ロバート「ほ~……言うとくけど、ワイはリョウみたいに甘くないで。アイツよりかは……社会の荒波に揉まれとるからな」
ギロ

兵「ひっ……」

???「メガスマッシュ!」

ズドン

14: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:47:42.98 ID:YrOIivLn0
ロバート「チッ!……この技は!」

ジョン「……」
ザッザッザ

ロバート「渋いおっさん……確かジョン・クローリーやったかいな」

ロバート「……ってことは背後におるのはMr.BIGか……あのおっさん、まだ生きとったんやな」

ジョン「……ジェームズの邪魔はさせん。お前はここで墜ちてもらう」

ロバート「ハッ……悪いけど墜ちるのはあんたや!さっきから言うとる通り、ワイ、今ごっつ急いでるねん!」

15: 名無しさん 2017/01/22(日) 00:58:42.56 ID:YrOIivLn0
ブロロロ
キキ

Mr.BIG「どうやら着いたようだな。全員、一人ずつ降りろ。妙なマネをしたら撃つぞ」

リョウ「……」

拓海「……ちっ」


悠貴「……っ」
フルフル

加蓮「……」

16: 名無しさん 2017/01/22(日) 01:05:16.71 ID:YrOIivLn0
リョウ「ここは……廃工場か」

Mr.BIG「そうだ……昔から俺はこういう所をアジトにするのが好きでな」




Mr.BIG「全員……ああ、リョウ・サカザキ以外だ。娘たちは全員まとまって動け。一人でも離れたら撃つ」

リョウ「BIG……なにが目的なんだ。俺に用があるなら彼女たちは関係ないだろう。解放しろ」

Mr.BIG「解放?そうはいかん。当然、お前との交渉を有利にするための人質だからな」

リョウ「交渉だと……!?」

17: 名無しさん 2017/01/22(日) 01:11:01.52 ID:YrOIivLn0
Mr.BIG「ああ、そうだ。リョウ・サカザキ、かつてお前の父、不敗の格闘家タクマ・サカザキに掛けた言葉と同じ言葉をお前にも掛けよう」

Mr.BIG「貴様の大事な小娘どもの命が惜しければ、俺の手駒となれ。俺のために戦い、暴れ、始末するのだ」

Mr.BIG「貴様が俺の配下となった暁には、俺は再び組織で返り咲き、今度こそサウスタウンは俺のものとなる」

拓海「て、てめぇ!どこの悪党だか知らねえけど、ふざけんな!サカザキがテメーみてぇな下種の仲間になる訳ねーだろうが!」


Mr.BIG「ハッハッハ!俺も威勢の良い女は嫌いじゃねえが……頭の悪い女は嫌いだぜ?状況が分からないわけはないよな?」

兵「……」
チャッ

拓海「ぐっ」

18: 名無しさん 2017/01/22(日) 01:17:24.52 ID:YrOIivLn0
リョウ「やめろBIG!もし彼女たちに傷一つつけてみろ、たとえ俺の身体がハチの巣になってもお前を道連れにするぞ」

Mr.BIG「ほう……では彼女らを助けるため、お前は俺の傀儡になると……お前の父と同じ道を辿るということで良いのかな?」

美波「だ、ダメです!坂崎さん……!」


リョウ「……俺は親父と同じ選択はしない」


Mr.BIG「何……?」

リョウ「この娘たちに手出しはさせないし、お前の悪事に加担するつもりもない」



リョウ「その代わり……俺の命をくれてやる」

21: 名無しさん 2017/01/23(月) 09:10:28.13 ID:/YDPXtLD0
加蓮「……え?ちょっと……何言ってんの……?」


リョウ「BIG……お前も俺や親父への恨みがあるだろう。だったら、俺は一切手出しをしない。後は銃で撃つなりその棒で突くなり好きにしろ」

拓海「てめぇ!サカザキ!何勝手な事言ってやがんだ!」

Mr.BIG「何を言い出すかと思えば……まぁ確かに貴様らへの鬱憤は溜まっている。特に貴様さえいなければ、3年前、不敗の格闘家を完全に手中に出来ていれば、ギースなどに出し抜かれ、俺が失脚することもなかった」


22: 名無しさん 2017/01/23(月) 09:18:58.89 ID:/YDPXtLD0
リョウ「だったら話は早いだろう。さっさと俺の首を持ってサウスタウンに帰れ。それとも長い地下生活で完全に腑抜けちまったか」

Mr.BIG「ふん……本来なら貴様をここで殺した所で俺にメリットは少ない。せいぜい現極限流最強の男をこの手で殺った、という名声くらいか。だが、貴様が俺の配下にならんなら最早生かしておいても邪魔なだけだ」


Mr.BIG「よかろう……ならば組織への復帰は貴様の排除という手柄を手土産にさせてもらう。貴様の名にもその程度の価値はあるだろう」

リョウ(……ロバートはおそらくもう事態に気付いているだろう。それまで耐えきれれば……最悪、今は日本にはキングもいる。あいつらがなんとかしてくれるだろう)

23: 名無しさん 2017/01/23(月) 09:26:37.34 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「……だが、俺もお前がおとなしく殺されてくれるか心配だな。土壇場で暴れだすかもしれん」

リョウ「……どうすりゃいいんだ」

Mr.BIG「フフ、簡単なことだ。動くなよ」
スッ

有香「な、なにをする気なんですか!」


Mr.BIG「……ふんっ!」
ブン

ボキッ

24: 名無しさん 2017/01/23(月) 09:36:35.58 ID:/YDPXtLD0
リョウ「—————ぐあああああ!」

美波「—————っ!!」

拓海「……!!!!」

悠貴「っ……!」

有香(—————折られた)

加蓮「いやぁぁぁぁぁ!!」

Mr.BIG「……ふん、これで仮にお前が暴れだしてももはや俺の敵ではない。利き腕を失った空手家などはな」

25: 名無しさん 2017/01/23(月) 09:49:36.85 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「お前たち、下がっていろ。こいつは俺の手で始末する」

リョウ(……これは、持たんかもしれんな)

リョウ(……すまん、ロバート、キング)

リョウ(すまん、藤堂の……再戦の約束は果たせないかもしれん)

リョウ(すまん、親父、道場の事は頼む)

リョウ(すまん、ユリ。最後に一目会いたかった)

リョウ(そして……)

リョウ「すまないな、お前たち。こんなことに巻き込んじまって。俺はプロデューサー失格だ」


美波「坂崎さん……っ!」

26: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:01:06.09 ID:/YDPXtLD0



ジョン「……」

ロバート「はぁ、はぁ……相変わらずものごっついおっさんやで……」
ヨロ

ロバート「……もしもし、カーマンか?リョウの足取りは掴めたか?」

カーマン『ああ、先ほど君の携帯に住所を送った……どうやら奴はその工場にいるようだ。アイドル達も一緒にな』

ロバート「BIGめ……絶対碌でもないことになっとるな……」

カーマン『……急げよ、ロバート。私もキングという女と一緒にそこへ向かっている』


ロバート「ああ。……くそ!待っとれよみんな!リョウ、なんとか持ちこたえてくれ……!」

27: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:09:49.03 ID:/YDPXtLD0



リョウ「……」


Mr.BIG「起きろ、リョウ。まだお前が死ぬような一撃は加えてないはずだぞ?お前は頑丈だからな」

リョウ「……がはっ」

Mr.BIG「ふふ、見てみろリョウ。お前が死にかけて、最早こちらを見ることもできない者」

加蓮「……っ」


Mr.BIG「俺を殺さんばかりに睨み付ける者」

拓海「……!!」
ギリギリギリ

28: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:16:35.11 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「ただただ涙を流す者」

悠貴「……っ」
グスグス

Mr.BIG「ただこちらを見据える者」

美波「……」

有香「……」

Mr.BIG「ふふふ、しかし良い女たちになりそうだな……お前たち、もう少しガキ臭さが抜ければ俺の愛人にしてやっても良いぞ?」

リョウ(……まだ……まだだ……ロバート達が彼女たちを助けるまで……)

29: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:25:35.98 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「……だが、お前を嬲るのも疲れてきたな。ここいらで止めを刺してやろう」
ググググ

Mr.BIG「ふんっ!」
ズンッ

Mr.BIG「ウララララララ!!」
ズガガガガガガガガガガガ

リョウ「!……っ……っ!」

拓海「サカザキィィィ!!」

Mr.BIG「フィーバーッ!!」
ズガアアアン

ドサァ

リョウ「……」

加蓮「あ、ああ……」

30: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:32:59.88 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「……流石に息の根も止まっただろう。おい、ジョンに連絡を取れ。俺たちはこのまま娘たちを人質にする」

リョウ「……」
ピクッ

美波(……!坂崎さん、どうかそのまま起きないで……そうすれば、命だけは……)

兵「……ボス」

Mr.BIG「……む?」

美波(ああ……どうして……坂崎さん、なぜそこまで——)

リョウ「……」
フラフラ

リョウ(まだ、まだだ……)

31: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:43:44.62 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG「……なんというしぶとさだ。本当に惜しい。お前のその肉体と強さを持っていて、何故そんな精神が中身に入ってるんだ」


Mr.BIG「はじめ部下から連絡を聞いた時は驚いたものだ。極限流が日本でアイドル事務所を開いているとな」

Mr.BIG「そんな平和なことをしていれば自分が普通の人間のような生活が送れるとでも錯覚したか?だが、それは許されん。貴様たちが使う極限流というのは最早呪いの拳だ」


Mr.BIG「強すぎるがゆえにその力は常に狙われ続ける。……だが貴様はタクマのような修羅になり切れん。闘いにおいて常に相手を殺さんように気を遣っているような甘ったれだ」

Mr.BIG「紛れもない、タクマを超える闘神の拳を持ちながら、タクマのような非情さも覚悟もない。お前は半端者だ」

Mr.BIG「だから貴様はこんな国のこんな場所で、惨めに最期を迎えるのだ」


32: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:48:14.98 ID:/YDPXtLD0
悠貴「……違います」

Mr.BIG「ん?」

悠貴「……優しいことがっ!どうしていけないんですかっ!!」

加蓮「……悠貴」

悠貴「悪いことを企んできたのはそちらじゃないですかっ!坂崎さんのせいにしないでくださいっ!」

悠貴「私は闘いとかは良くわかりませんけど……坂崎さんは強くて優しくてっ!悪くて弱いのはあなたですっ!」

33: 名無しさん 2017/01/23(月) 10:57:00.37 ID:/YDPXtLD0
美波「悠貴ちゃん……」

拓海「悠貴……!」

Mr.BIG「はっはっはっは!悪くて弱いときたか!随分正直な嬢ちゃんだ!」

Mr.BIG「総員、構えろ。リョウ・サカザキを撃ち、お嬢ちゃんたちに見せつけてやれ。その強くて優しい奴の惨めな死に様をな」

兵「……」
チャ

……今や!
龍撃拳!
ベノムストライク!

34: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:05:53.49 ID:/YDPXtLD0
ドン
ドォン

ぐわ!
ぎゃあ!

Mr.BIG「!?何事だ!くっ、人質を逃がすな……何!」

兵「ぐ……」

兵「あ、ああ……」


カーマン「つまらん汗を掻いてしまった」

加蓮「う、運転手のおじさん……」

35: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:10:55.71 ID:/YDPXtLD0
カーマン「随分怖い思いをしたようだな。だが、ここまでだ」

ロバート「BIG!好き勝手やってくれたようやなぁ!絶対許さへんで!」

Mr.BIG「くっ、馬鹿な……!手練れが3人も乱入してくるとは!ジョンはしくじったか……!」

キング「……リョウ!大丈夫……あ、あんた……!」

悠貴「坂崎さんっ!」

Mr.BIG(はっ、そうだ、せめてリョウ・サカザキの命だけでも!これさえ殺れば、まだ立て直せ——)

バキィ


36: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:22:38.37 ID:/YDPXtLD0
Mr.BIG(——は?)

ドスゥ

Mr.BIG「ぐふっ」

Mr.BIG(馬鹿な、リョウ・サカザキ、こいつ動けるのか!?いや、これは——)

リョウ「————」
ドゴッガッバキッ

美波「嘘……だって、坂崎さんの右腕は、折れてるはず……」

ロバート「……龍虎乱舞や」

37: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:27:26.21 ID:/YDPXtLD0
有香「……龍虎乱舞?」

ロバート「極限流を極めたものだけが使える究極奥義……無意識に入り、鍛えた拳を、蹴りを、相手が倒れるまで打ち続ける」

ロバート「……やけど、これは……」

リョウ「————」
ドゴッ ガッカ

Mr.BIG(……こ、これがタクマ・サカザキを、そしてあのギースを打ち破った龍虎乱舞……ば、馬鹿な……脱出……できん……)


38: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:34:01.30 ID:/YDPXtLD0
痛みが、消えた。

いや、何も感じないといった方が正しいかもしれない。

声が聞こえる。

以前にも聞いたことがある声だ。

1度目は……ユリを救うため、Mr.KARATE————親父と闘った時。

2度目は……キング・オブ・ザ・ファイターズで優勝した後、ギース・ハワードに命を獲られる寸前まで追い詰められた時。

そして今。声は俺にただ命じてくる。

拳を打て。

蹴りを打て。

敵を、討て。

39: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:38:40.80 ID:/YDPXtLD0
ドガアアアッ

Mr.BIG「ぐわあああああああ……!!」
ズシャア

キング「止めのアッパー……!決まった……!」

拓海「やった!サカザキ!!」

有香「坂崎プロデューサー!」

Mr.BIG「……」
ピクピク

ロバート「……リョウ?」

リョウ「————」

40: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:43:42.76 ID:/YDPXtLD0
目の前の、BIGが倒れ伏して痙攣している。

思えばこの男はユリをさらい、父さんを利用した男。
いわば家族を引き裂こうとした男だ。

それが今更また俺の前に現れ、美波。拓海。有香。悠貴。加蓮。


俺の大事な、アイドル達を。いや。

俺の大切な家族たちを、またも引き裂こうとした。

許せない。

41: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:49:22.09 ID:/YDPXtLD0
リョウ「————」
ゴォォォォ

ロバート「!!?気が集中しとる!?アカン!今BIGに翔吼拳なんて撃ったら————」

ロバート「BIGを、殺してしまうぞ!」

加蓮「!!!」

リョウ「——————覇王」

バッ
美波「やめて!坂崎さん!」


ロバート「ちょっ、アカンみんな———」

42: 名無しさん 2017/01/23(月) 11:54:07.09 ID:/YDPXtLD0
坂崎さん!サカザキ!坂崎プロデューサー!坂崎さんっ!坂崎さん!


みんなの声が聞こえる。

そうだ、この暖かい声。

かけがえのない者たち。

これを奴は奪おうとしたのだ。

———それが、何故5人して倒れるBIGの前で手を広げている?

43: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:00:13.50 ID:/YDPXtLD0
BIGを庇うような———いや。庇っているのだ。

駄目だ。このまま撃てば彼女たちに当たってしまう。

止まれ。止まらない。止まれ。止まらない。止まれ。止まらない。



彼女たちが、走り寄ってくる。

危険だ。逃げろ、みんな。


———何?みんな、俺の身体に———

44: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:04:46.08 ID:/YDPXtLD0
美波「……」

拓海「……」

有香「……」

悠貴「……っ」

加蓮「……」


リョウ「……」

キング「……止まった?」

45: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:10:20.04 ID:/YDPXtLD0
美波「さか、ざきさん……」

リョウ「……みんな、すまない。ありがとう……」
ガクッ

加蓮「!?坂崎さん!?」

有香「大丈夫ですか!?坂崎プロデューサー!?」

ロバート「……大丈夫や。死んでない。乱舞が切れて、本来負っていたダメージと疲労で気を失ったんや」

ロバート「……まさか、翔吼拳を撃つ直前のリョウを、5人がかりで身体で抑えて止めるとは……」

ロバート(この娘たち、なんつークソ度胸や……この状況じゃなきゃ、ハーレムなんやけど……ん?)

46: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:12:57.62 ID:/YDPXtLD0
ブゥゥゥン
ドォン

キング「なっ……!」

ジョン「ほかは良い!ジェームスだけ回収して撤退だ!」

ロバート「!あのおっさん……!くっ……逃がさへん!」

ジョン「メガスマッシャー!」

ズドン

47: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:15:36.84 ID:/YDPXtLD0
キング「くっ!」

ロバート「うわっ!」

ジョン「撤退!撤退だ!」
ブゥゥゥゥン

ロバート「……くそったれぇ!」
ガン

カーマン「良い。ロバート、逃がしてやれ。どのみちこちらには重傷者も子供たちもいる。撤退してくれるに越したことはない」


48: 名無しさん 2017/01/23(月) 12:17:55.80 ID:/YDPXtLD0
ロバート「せやけど、カーマン!」

カーマン「奴らの動きは部下にマークさせる。それに、首魁のBIGとかいう男があれだけ打ちのめされれば、しばらくは動けんだろうさ」

ロバート「そ、そうか……」

カーマン「ひとまずはそいつを病院に連れていくのが先決だろうな」

リョウ「……」


62: 名無しさん 2017/01/24(火) 23:36:06.05 ID:/G1PW6wz0
翌日
事務所

ロバート「……おう、みんな集まってくれたようやな。まぁ……昨日の夜は、すまんかったな」

拓海「んなことより……サカザキは?容体はどうなんだよ」


キング「……右腕の骨折に、棒で打たれて全身打撲。それと疲労だね。命に別状はないが、まだ意識が戻ってない。今はユリが傍についてる」

有香「……!」

加蓮「そんな……」

63: 名無しさん 2017/01/24(火) 23:43:27.98 ID:/G1PW6wz0
ロバート「まぁあいつは頑丈やからな。すぐにケロッとして出てくるやろ」

美波「……」

ロバート「……しかしやな、自分らにも一応言うとかなアカンことがある。自分らの身は親御さんからお預かりしとる訳やしな」

ロバート「昨晩……なんであんな無茶したんや?聞けばもうその前に覇王翔吼拳は見とったんやろ?その威力を……なら、もしあのままリョウが翔吼拳を撃ってしまってたら、自分ら、下手したら死んでたで」

64: 名無しさん 2017/01/24(火) 23:47:41.27 ID:/G1PW6wz0
有香「なんでって……」

悠貴「……っ」


ロバート「……いや、そもそも自分らをあんな危険な目に遭わせたのはワイらが原因やし、結果的に自分らが身体を張ってくれたおかげでリョウはBIGを殺さずに済んだ……正直こっちが謝っても謝り切れんくらいなんやけど」

ロバート「単純に聞きたいんや。怖くは、なかったんか?」

65: 名無しさん 2017/01/24(火) 23:52:27.70 ID:/G1PW6wz0
加蓮「……そりゃ、怖かったよ。だけど、あの時……社長さんが『BIGを殺してしまう』って叫んだ時……身体が勝手に動いたんだ」


悠貴「それは、あの悪いサングラスの人を庇いたかったからじゃないと思います……私、あんなに許せないって思う人、初めて見ましたっ……」

有香「あたし達は、坂崎さんに人を殺してほしくなかった……ただそれだけだったと思います」

拓海「しかも相手はあんなクソヤローだ……あんなクソ殺しちまったせいでサカザキが一生あんな奴の命を背負って生きてかなきゃいけねぇなんて……考えられねぇぜ」

66: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:02:34.83 ID:ajZM37Bv0
美波「あんなに優しい人が、いくら無意識だったとはいえ、相手がどんなに悪い人だとはいえ、人をその手で殺めてしまったとしたら……あの人は、その罪の意識に耐えられないと思いました。そうしたら……身体が、勝手に動いてました。それこそ無意識だったと思います……」


キング「……大した奴らだよ。それで、自分たちが死ぬかもしれないのに身体を張ったってワケかい」

ロバート「……なんや、だんだん行動原理がリョウに寄ってきてるような気がするんやが……」


加蓮「……それなんだけど……あのBIGって奴とも過去に何かあったみたいだし、呪われた拳がなんとかって」

拓海「そうだぜ。アタシらも関わっちまったんだし、もう部外者じゃねぇんだ。サカザキの過去に何があったのか、教えてくれても良いんじゃねぇか?」

67: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:07:23.68 ID:ajZM37Bv0
ロバート「……せやな。巻き込んでしもうたワケやし、リョウも別に咎めはせんやろ。アイツからなんぞ聞いてるか?」

加蓮「えっと……もともと争いは好きじゃなかったけど、お父さんが空手の流派の創始者で嫌々空手を続けていたけど、ある時、続けざるを得ない状況になって……ずっと闘ってた、って……大体理由とかはぼかされたんだけど……」

ロバート「なるほどな……じゃあそれも踏まえて、理由とかその辺を話すとやな……」

—————————————————————
————————————————
——————————


68: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:15:01.36 ID:ajZM37Bv0
ロバート「……そうして、両親がいない中、リョウはただひたすらユリちゃんを守るために、ひたすらストリートファイトに明け暮れてたんや……」

美波「……」

悠貴「そんなっ……」

加蓮「ひどすぎるよ……」

拓海「ハード過ぎんだろ……それで、年齢はアタシらと変わらねえくらいの頃の話だろ……」

69: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:21:00.52 ID:ajZM37Bv0
ロバート「ワイもそのころはずっと海外に武者修行に出とったからな……けど、ワイがサウスタウンに戻ってきた頃には、アイツはもう敵無しやった。ハッキリ言って見違えたで。あんな、いっつも修行の後メソメソ泣いとった泣き虫リョウが……」

ロバート「けど、あいつにはもうユリちゃんしか残ってなかった。だからあいつはユリちゃんを育てるため、優しい心に蓋をして、あんなに嫌った極限流を極めていったんや」

有香「命がけの、実戦の中で磨かれていった技……」

ロバート「リョウはストリートファイトで収入を得て、ユリちゃんをハイスクールまで通わせた……けど、そんな束の間の平和も長くは続かんかった」


ロバート「あの男……Mr.BIGが、ユリちゃんを誘拐したんや」


70: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:26:32.62 ID:ajZM37Bv0
美波「……!」

ロバート「実はその時……何年も前に失踪した師匠……リョウの親父さんはサウスタウンにおったんや。自分に重傷を負わせ、そして奥さんの命を奪った犯人を捜して、その鬼神の如き力を振るいながら」


ロバート「今も当時も、サウスタウンは治安が悪くてな。さらに当時はサウスタウンでの覇権を巡って色々な勢力が血で血を洗う抗争を繰り広げ取った。BIGもその勢力の一つの組織の幹部やったんや」

ロバート「BIGは大層な野心家やった。いずれは自分のおる組織も、そしてサウスタウンの全ても自分のモノにするつもりやった。そしてその為の武力としての切り札に、リョウの親父さんは目を付けられたワケや」

71: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:32:53.29 ID:ajZM37Bv0
ロバート「あの人は極限流を生み出してからは、それこそ修羅の如き人生やった。日本では道場破りなんかもやりまくったらしい。あの藤堂の……あの娘の親父、藤堂竜白も、その時こっぴどくやられたらしい」

ロバート「その日本で奥さんと出会って、リョウとユリちゃんが生まれて、サウスタウンに移り住んで道場を開いて、やっと落ち着いたが、それでも師匠の武名は留まるところを知らんかった。そのころにはサウスタウンの『不敗の格闘家』として、伝説になっとった」


ロバート「それが、BIGの目に留まった」

ロバート「奴はユリちゃんをさらって人質にして師匠を脅したんや。『娘の命が惜しければ、俺の手駒になれ』ってな」

悠貴「あっ……」

~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

Mr.BIG『リョウ・サカザキ、かつてお前の父、不敗の格闘家タクマ・サカザキに掛けた言葉と同じ言葉をお前にも掛けよう』

Mr.BIG『貴様の大事な小娘どもの命が惜しければ、俺の手駒となれ。俺のために戦い、暴れ、始末するのだ』

~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

72: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:39:20.25 ID:ajZM37Bv0
加蓮「……」

ロバート「師匠は……従う道を選んだ。自分が失踪したことにより耐えがたい苦痛を、苦労をあの兄弟に与えたことは知っていた。恐らくはリョウやユリちゃんのその近況も。離れていても、家族への愛はちっとも衰えてへんかったんや」

ロバート「それゆえに、師匠はBIGの下につく他なかったんやろう」

ロバート「一方で、ユリちゃん誘拐の報を聞いたリョウは怒り狂っとった。後にも先にも、あんなリョウを見たのはそれきりや」

ロバート「そんで、リョウとワイはユリちゃんを救うために今まさに抗争真っ只中のサウスタウンに二人で喧嘩をしかけたんや」

ロバート「そん時のあいつがぼそっとつぶやいた物騒なセリフにはワイも正直驚いたで」


——————こうなったら街中の奴らをぶっ飛ばしても 探し出してやる

73: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:46:54.24 ID:ajZM37Bv0
キング「その抗争の中で、私はリョウと闘って負けたんだ。当時私はBIGの手下に成り下がっててね。そんな中で妹の命の為とはいえ、たった二人で街丸ごとを相手にしかねない絶望的な闘いを仕掛けているあいつを……馬鹿だと思ったのと同時に、眩しくも思ったんだ。……私にも弟がいたからね」

ロバート「そんで、キングは密かに離反して、BIGのアジトに忍び込んでユリちゃんを助け出したんや」

ロバート「けど、そこで現れたBIGは強かった。苦戦したが、ワイらはなんとかBIGを倒したんや」

ロバート「……ただ、悪の親玉を倒して、ユリちゃんも助かって、めでたしめでたし……とはならへんかった」

ロバート「敗れたBIGが去り際に残した言葉……」

——————港の近くにある空手道場を捜せ!不敗の格闘家がお前を待っている———

74: 名無しさん 2017/01/25(水) 00:58:03.65 ID:ajZM37Bv0
加蓮「……え?なんで、だってその格闘家って坂崎さんのお父さんなんでしょ?だったら、ユリさんが助け出されて、もう闘う理由なんてどこにも……」

ロバート「ああ、それは……」

「けじめ、だったんだろう」

美波「……!あ……」

有香「さ……」

リョウ「……よう」

拓海「サカザキ!!」

75: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:06:09.40 ID:ajZM37Bv0
悠貴「も、もう大丈夫なんですかっ!?」

加蓮「うそ……あんなケガで……」

ロバート「リョ、リョウ!お前もう歩けるんか!?」

ユリ「大丈夫、ちゃんと私が支えてるよ」

リョウ「すまないな、ユリ……無理言ってここまで連れてきてもらっちまって」

ユリ「なに言ってるの!その為に普段から空手の稽古で鍛えてるんだから!それに、お兄ちゃん、右腕使えないし……」

76: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:12:03.96 ID:ajZM37Bv0
ロバート「……すまん、リョウ、お前の過去この娘らに……」

リョウ「良い、ロバート、彼女たちを巻き込んだのは俺だ。彼女らは知る権利がある。知りたいかどうかは別問題だが。それに、いい機会だ」

リョウ「みんな、昨日の夜は本当にすまなかった。そして、ありがとう。お陰で俺は最後の一線を越えずに済んだようだ……」

リョウ「それと、親父との闘いについてだったな。俺も親父……いや、その時は天狗の面で顔を隠してMr.KARATEを名乗ってたな。Mr.KARATEが俺と闘う理由が分からなかった。けど、それはけじめだったんだって思ってな」

77: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:18:40.32 ID:ajZM37Bv0
リョウ「自分が失踪したこと……ユリが抗争に巻き込まれたこと……その他諸々を含めたけじめを、親父は俺に倒されることでつけようとしたんじゃねえかな」

リョウ「ただ、親父はわざと倒されるような男じゃない……本気だ。今でもたまに夢に見る……あの時の、全力の殺気を纏って俺に向かってくる親父の姿を。ただただ怖かった」

リョウ「仕舞いには覇王翔吼拳まで撃ち込んできやがった。それで、倒れ伏す俺に言うんだ」


———覇王翔吼拳を会得せん限り、お前がわしを倒す事など出来ぬわ!———


リョウ「その言葉で俺も覚悟が決まった。俺も親父に全力の覇王翔吼拳を撃ち込んだ」

リョウ「……それは、もうただの親子喧嘩じゃない……親子での、殺し合いになってた」

78: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:25:21.42 ID:ajZM37Bv0
リョウ「それで俺は極限まで親父に追い詰められ、そこで奥義———龍虎乱舞に目覚めた。昨日使ったアレだ」

リョウ「そして昨日の如く俺は親父を無意識に打ちのめし、そして、また昨日と同じように、俺は動けない親父にトドメの翔吼拳を撃ち込もうとした」


リョウ「その時の俺はこの、ユリの声で我に返った。お陰で俺は親父を殺さずに済んだ。昨日のお前たちに止めてもらったみたいにな。それが、大体3年前のことだ」


加蓮(……お母さんの死、お父さんの失踪、幼い妹を守るための過酷な闘いの生活……挙句の果てが誘拐、そして親子での殺し合い……)

悠貴「……ひどすぎますよ……っ」

79: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:31:11.30 ID:ajZM37Bv0
リョウ「……だが、これで分かっただろう?俺が抱えていて、今も持っているものがどんな危険なものか。というより、俺が改めて思い知らされた」

有香「……え?」

リョウ「俺は誰かが止めてくれなかったらすでに最低二人は殺してしまっていた男だ。それに、昨日は下手したらお前たちを……この手で……」
ギリ

拓海「……おい、待てよ……」

リョウ「やはり俺はこんなところにいてはいけない人間だった。親父がそうしたように、俺もけじめをつけなきゃならない」


80: 名無しさん 2017/01/25(水) 01:38:59.49 ID:ajZM37Bv0


~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

Mr.BIG『そんな平和なことをしていれば自分が普通の人間のような生活が送れるとでも錯覚したか?だが、それは許されん』


~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~


加蓮「……ちょっと……ウソでしょ……」

リョウ「ロバート、俺が日本に来る際に出した条件の……最後に出したひとつ、覚えてるな?」

ロバート「……もし自分の過去がらみでアイドルに……関係者に危険が及んだ場合……」

悠貴「いや……そんなっ……」

~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

『貴様たちが使う極限流というのは最早呪いの拳だ』

~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~


リョウ「俺は、プロデューサーを辞める。みんな、本当に迷惑掛けちまったな……すまん」

美波「———坂崎、さん———」


89: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:02:23.04 ID:/mov+D8Z0
拓海「オイ……笑えねえぞサカザキ、そのジョーダン……」

リョウ「自分のジョークのセンスのなさは良く分かっている……だから普段から冗談は言わないようにしている」

拓海「そういう事を言ってんじゃねえよ!テメー勝手に一人で色々決めやがって、アタシらの意見を聞く気はねぇのか!?ああ!?」

リョウ「死にかけたんだぞ」

拓海「ッツ……」

90: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:09:45.41 ID:/mov+D8Z0
リョウ「銃を持った兵士に囲まれて……それどころかお前たちの一番傍にいた男は自我を忘れて人を殺しかねない危険人物だ」

リョウ「俺たちはお前たちの身を親御さんたちから信じて預けてもらっている。それなのに、こんな危険極まりない男を傍に置けるか」

有香「でも昨日は……!坂崎プロデューサーがあたし達を守ってくれた結果じゃないですか!」

リョウ「そもそも俺と関わらなければ初めから危険な目に遭わなかったんだ。普通のプロデューサーなら……悪党にさらわれて銃で脅されるなんて状況に最初からならないんだよ」

91: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:16:09.31 ID:/mov+D8Z0
悠貴「普通のプロデューサーさんならっ……私はそもそもここまで来れませんでしたっ!このメンバーの皆さんが集まることはありませんでしたっ!」

リョウ「……はは、ありがとうユウキ。だけどそれは買いかぶりだ」

リョウ「このメンバーは集まらなかったかもしれないが、お前たちは全員素晴らしい逸材だ。どんな形にせよ必ず大成出来る才能と根性を持ってる。別に、導くのが俺じゃなくてもな」

加蓮「……坂崎さん、前に私に言ったよね……私たちがみんな一人前になるまでは放り出したりしないって。あれは嘘だったの?」

92: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:25:46.54 ID:/mov+D8Z0
リョウ「……いや、お前たちは」

加蓮「もう一人前だ……ってのはナシだよ。私たち、まだまだ全然足りない。歌だって、ダンスだって、お芝居だって。それなのに坂崎さんは……逃げるの?」

リョウ「……」

美波「坂崎さん……」

リョウ「……本当に、すまない。だが、決めたんだ」

キング「……」


93: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:33:20.21 ID:/mov+D8Z0
翌日
病院

リョウ「……」

ガチャ
スタスタ
キング「……邪魔するよ」

リョウ「ああ、キングか。ユリは?」

キング「マンションだよ。今日はあんたの所には私が行くって言っておいた」

94: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:42:32.54 ID:/mov+D8Z0
リョウ「ああ、そういえばお前はロバートの借りたマンションにユリと仮住まいしてるんだったな。あいつは普段迷惑を掛けてないか?」

キング「ちゃんと家事もするし、迷惑なんかないさ。どっちかっていうとあんたの方に迷惑を掛けられてる」

キング「昨日もあんたが帰った後の対応が大変だったんだからね。泣く娘は出るわ、暴れ出す娘は出るわでさ」


リョウ「……そりゃすまなかったな」

95: 名無しさん 2017/01/26(木) 00:51:12.04 ID:/mov+D8Z0
キング「そう思うんだったら、行動で示してもらいたいもんだね。良いかいリョウ、よく考えてみなよ」

キング「あんたと直接因縁があるのはBIGと、如月影二……ギース・ハワード……これくらいじゃないか。それで如月影二とギース・ハワードは日本でプロデューサーをやってる」

キング「そんな奴らが、あんたを突然襲うようなことはあっても、アイドル達を巻き込むような真似をすると思うかい?」

リョウ「……その二人なら、そんな真似はしないだろう……だが、BIGは……」

96: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:01:39.38 ID:/mov+D8Z0
キング「そう。BIGはこの前逃がしてしまった。あんたにこっぴどくやられたとはいえ、傷が癒えたらまた襲ってこないとも限らない。サウスタウンの『組織』ももしかしたらあんたの力に目をつけているかもしれない……だからこそさ」

リョウ「……なに?」

キング「BIGにはもちろんだけど、あんたにとってあの娘たちが大切な存在であることはもうバレちまってるのさ。だから、あんたの弱点を狙ってくるような悪党はあんたが傍にいようがいまいが、あの娘たちを狙ってくる」

キング「いや、むしろあんたがあの娘たちを守ってやらなけりゃ、今後あの娘たちはもっと危険な目に遭うんだよ。もうそういうところまであの娘たちを巻き込んじまったのさ」

リョウ「……」

キング「それを放り出してあの娘たちから逃げるのかい?」

97: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:04:59.18 ID:/mov+D8Z0
リョウ「……だが……俺は、下手したらあいつらを撃ってたかもしれないんだぞ」

キング「……だから、またそうなるかもしれないのが怖いってかい?」

キング「ハン……なっさけない!」

リョウ「!」


98: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:10:23.64 ID:/mov+D8Z0
キング「それなら命がけでアンタを止めたあの娘たちの方がよっぽど肝が据わってるよ」

キング「いつものあんたなら、『こうなったのは俺がまだまだ未熟なせいだ!もっと修行しなければ!』とでも言うところだよ。やっぱりケガして心の方まで弱ってんじゃないのかい」


リョウ「……」

キング「今のあんたは……私が尊敬するリョウ・サカザキじゃないよ」
スッ

キング「……じゃあね。とりあえず言いたかったのはそれだけさ……お大事に」
パタン


リョウ「……」

99: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:14:47.83 ID:/mov+D8Z0
リョウ「……俺は……」

コンコン

リョウ(……ユリか?)
リョウ「……どうぞ」

???「失礼しま~す♪」

リョウ「……!?き、君は……」

100: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:21:06.14 ID:/mov+D8Z0
リョウ「……たしか、鷹富士……さん、どうして君がここに———」

茄子「はい♪一鷹二富士、三茄子(さんかこ)です♪」

茄子「ふふ、ハワードさんに言伝を頼まれまして、来ちゃいました♪」

リョウ「……何?ギースに……」

リョウ「……ん?ちょっと待ってくれ、確か正しくは一富士二鷹三茄子、じゃなかったか?」

茄子「……もう、リョウさんったら、これはただの前口上なのでそんなに真面目に突っ込んで来ないでください////」


110: 名無しさん 2017/01/26(木) 23:53:05.18 ID:/mov+D8Z0
リョウ「……それで、なんで俺が病院にいると知ってるんだ?ギースの情報か?」

茄子「はい、ハワードさんに急に『この病院に奴が入院しているはずだ』って言われまして」

リョウ(って事はおそらくBIGの事も把握しているか……)


茄子「……来た時から何かだいぶ思いつめた顔をされてましたけど、何かお悩みですか~?あっ、もしかしてお怪我が痛むのでは!?」

リョウ「えっ?あ、ああ……いや……」

111: 名無しさん 2017/01/26(木) 23:58:20.89 ID:/mov+D8Z0
茄子「……もしかして、アイドルの娘たちと何かありました?」

リョウ「……いや、何かっていうか……まぁ……」



茄子「ええ!?プロデューサーを辞める気なんですかー!?」

リョウ「あ、ああ……まぁ色々あってな……」

リョウ(なんで俺は部外者にこんなこと話してんだろうな……)

112: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:04:48.38 ID:KozcfyUM0
茄子「ええ~……それは……残念です、こないだのライブの時もリョウさんのプロデュースされたアイドルの娘たち、とっても生き生きされてましたから……」

リョウ「……それは……俺の力じゃない。もともと彼女たちが持っていた力だ」

茄子「……そんなことはないですよ。『袖振り合うも多生の縁』ということわざ、リョウさんはご存知ですか?」

リョウ「ん?いや……日本の諺には疎くてな」

茄子「これは、どんな些細な縁にも偶然は無くて、深い因縁によって結ばれたものですから、出会いは大切にしなくちゃいけない、というものです」

113: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:13:16.97 ID:KozcfyUM0
茄子「縁っていうのは、大切なものなんです」

茄子「どんなに優れた能力を持っている人でも、出会う人が違えば、まるで違う人生を送ることになります」


リョウ(……!)

リョウ(もし、俺の周りにユリがいなかったら?ロバートがいなかったら?キングがいなかったら?)

リョウ(果たして俺は、今いる俺と同じ道を歩めていたのか?)

114: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:19:20.38 ID:KozcfyUM0
茄子「だから、そちらのアイドルのみなさんが輝けているのは、リョウさん、間違いなくあなたとの出会いの結果だと思いますよ♪」

リョウ「……っ!だが、縁だって悪縁てのもあるだろう」

リョウ(俺たち一家にとってのMr.BIGのような……)


茄子「そうですね。縁も、すべてが良縁だとは限りません。時には悪い縁もあるかもしれません」

リョウ(……そうだ、俺に会わなけりゃあいつらは危険な目に遭わずに……)

115: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:28:23.48 ID:KozcfyUM0
茄子「では悪縁とは何なのでしょう?」

茄子「その判断はとても難しいと思います。片方にとっては良縁でも、片方にとっては悪縁ということもあるでしょう」

茄子「では、逆に良縁とは何なんでしょうか?」

茄子「これは私の持論ですが、お互いがその縁を、出会いを幸福に感じているのであれば」

茄子「その縁を、断ち難く感じるほどにお互いを想ってるのであれば」

茄子「それはもう、良縁だと言っていいのではないでしょうか」

リョウ「……!」

116: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:36:04.15 ID:KozcfyUM0
茄子「事務所の娘たちは、リョウさんと出会って不幸そうでしたか?」

リョウ「それは……」

~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~


美波『坂崎さんのお話しを聞いたときの胸の高鳴り、坂崎さんに感じた誠実さ……嘘じゃないって、胸を張れますから!』

拓海『……面白えじゃねえか。良いぜ、その本当の強さってのをサカザキ、アンタから盗んでやる。その為なら何だってやってやるぜ!』

有香『これから最強のアイドルを目指して頑張りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします!押忍!』

悠貴『普通のプロデューサーさんならっ……私はそもそもここまで来れませんでしたっ!このメンバーの皆さんが集まることはありませんでしたっ!』

加蓮『私、良かった……本当に……アイドル続けてて……』


~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~

リョウ「……」

117: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:44:16.90 ID:KozcfyUM0



~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~


Mr.BIG『フフ、リョウ・サカザキ。お前の可愛いアイドル達にケガをさせたくなければ、アイドル共々、俺とともに来てもらおう……!』


Mr.BIG『そんな平和なことをしていれば自分が普通の人間のような生活が送れるとでも錯覚したか?だが、それは許されん』


Mr.BIG 『貴様たちが使う極限流というのは最早呪いの拳だ』


~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~


リョウ「それは……正直、わからない」

118: 名無しさん 2017/01/27(金) 00:53:20.68 ID:KozcfyUM0
茄子「……そうですか。じゃあリョウさん」

茄子「あなたは、あの娘たちと出会って、幸せでしたか?不幸でしたか?」

リョウ「……」



リョウ「……初めは、嫌々始めたことだった」

リョウ「あいつに……ロバートに半ば強制されるような形で始めたプロデューサーだった」

リョウ「そもそも俺はただの空手バカだ。年頃の女の子と縁なんてない」

リョウ「そんな俺がアイドルのプロデューサー?出来るわけねぇだろそんなもん」

リョウ「……そう思ってた」

119: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:00:16.72 ID:KozcfyUM0
リョウ「……だが、あいつらと出会って」

リョウ「あいつらの熱い思い」

リョウ「あいつらの努力」

リョウ「それを間近で見ていて、いつの間にかあいつらの成功を心から願うようになってた」

リョウ「俺にしてやれることはなんだってしてやりたいと思うようになってた」

リョウ「そしてあいつらは俺のそんな思いにいつも応えてくれた」


120: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:08:49.51 ID:KozcfyUM0
リョウ「……むしろ、あいつらの期待に応えられてなかったのは俺だった」

リョウ「こないだのLIVE……君たちReppuが見せたパフォーマンス……」

リョウ「みんなショックを受けていた。こんなにも力の差があるのかってな」

茄子「……」

リョウ「だがあいつらはそれを素直に受け入れて、自分たちを鍛えることを選択したんだ」

リョウ「一方の俺は、いつまでもReppuの悪夢に取り憑かれ、挙句関係ないLIVEでもあいつらと比べちまってた」

リョウ「今までの人生、そんなことなかったのにな」

茄子「……だから、プロデューサーにはふさわしくないと?」

121: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:18:28.85 ID:KozcfyUM0
リョウ「……だが、思い出しちまった。この前、あいつらが危険な目に遭った時、俺が無意識に入ったとき……」

リョウ「俺は、確かにあいつらの事を『家族』だと思った」

リョウ「不幸なんてとんでもない」

リョウ「あいつらは家族だ。あいつらにとっての喜びが俺の喜びで、あいつらの悲しみは俺の悲しみ」

リョウ「俺は……あいつらと一緒にいて、幸せだったんだ」

122: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:27:15.48 ID:KozcfyUM0
「私たちも……幸せですよ、坂崎さん」

リョウ「!?」

茄子「……あらあら♪」

ガチャ

リョウ「お、お前ら……!」

123: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:32:44.26 ID:KozcfyUM0
ロバート「まぁ、見舞いに来たいぐらいは言うわな。アイドルとプロデューサーなんやから」

ちひろ「大丈夫ですか?プロデューサーさん」

美波「……」

拓海「……チッ」

有香「……坂崎プロデューサー……あたし、スカウトされてから不幸だったことなんてありません!」

悠貴「ずっと楽しかったんですっ!こないだ遭った怖いことだってなんともないくらいっ!」

加蓮「……坂崎さんが、居てくれたからだよ。他の人じゃない、貴方のお陰で今の私が在るの」

124: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:37:16.27 ID:KozcfyUM0
リョウ「……聞いてたのか」

茄子「ふふ♪みんなも幸せ、だそうですよリョウさん?ってことは、カコ判定でこれは良縁に決定です♪」
パチパチパチ

リョウ「……お前ら」

ロバート「なぁ、リョウ。昨日からさっきに至るまでワイはお前自身の意思を聞いてなかった」

リョウ「俺自身の、意思……?」

125: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:43:07.69 ID:KozcfyUM0
ロバート「せや。自分とおると他人が危険とか、自分のプロデューサーとしての資質とか、そんなんはどうでも良い」

ロバート「一番素直なお前の感情としては、お前は一体どうしたいんや?」

リョウ「……」

リョウ「……俺は」

リョウ「俺は、プロデューサーを続けたい。こいつらと一緒に夢の続きが見たい」

美波「……!」

126: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:47:53.48 ID:KozcfyUM0
リョウ「……だが、良いのか?ずっと言ってる通り俺と一緒にいるとこの前みたいな危険がいつ襲ってくるとも限らないんだぞ?」

拓海「……しつけーな。こっちはもう腹ァ括ってんだよ」

有香「大丈夫です!この前は怖くて動けませんでしたけど、もしもの時はあたしも空手でなんとかしますから!」

悠貴「体力もつけてますからっ、いざというときは逃げられますっ!」

加蓮「それに、坂崎さんが守ってくれるんでしょ?」

127: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:51:35.76 ID:KozcfyUM0
リョウ「……この前みたいに、俺が無意識でお前たちを……」

スッ
美波「……大丈夫ですよ、坂崎さん」

美波「もしこの前みたいなことになっても、その時はまた、私たちが坂崎さんを止めます。……家族、ですもんね」

リョウ「……!」

128: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:57:35.14 ID:KozcfyUM0
ロバート「……おう、もし今度またお前が暴走しそうになったら、美波ちゃんたちの手を煩わせるまでもない。この最強の虎、ロバート・ガルシア様がお前を華麗に止めたるわ!まぁ、多少のケガは恨むなよ?あっはっはっは!」

拓海「え~?マジかよ、返り討ちにあうんじゃねえのか」

ロバート「んな!?おま、お前はなんちゅーことを!」

拓海「だってなぁ?アタシら、アンタがまともに闘うところ見たことねーし」

ロバート「いや、お前らを救出する際に華麗に龍撃拳撃ってたやろが!それだけやない、突入前にはジョン・クローリーのおっさんと闘い、勝利し、銃を持った兵士たちを一方的にのしてやなぁ!!」

129: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:02:03.61 ID:KozcfyUM0
加蓮「たしかに助けてもらったけど、キングさんが闘ってるのが格好良すぎたのと、私たちに付いてた悪者を直接やっつけたのはあの運転手さん……カーマンさんだしねぇ」

拓海「突入前の活躍はアタシら見てねぇしな」


ロバート「……アカン、怒りの乱舞が発動しそうや」

美波「だ、大丈夫ですよ社長さん……社長さんが坂崎さんと同じくらい強いって、坂崎さんに聞いてますから……」

131: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:06:53.83 ID:KozcfyUM0
拓海「サカザキが気ィ使っただけじゃねぇのか~?」

ロバート「ムキーーーーーーー!!」

加蓮「あは、あはは」

ちひろ「ふふふふ」

悠貴「あはははっ」



リョウ「……決めた」

132: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:12:17.35 ID:KozcfyUM0
ロバート「……!」

有香「えっ!?」


リョウ「BIG?組織?関係ない」

リョウ「もし俺のアイドルに……俺の家族に手を出す気なら、俺が全部退けてやる」

リョウ「もし今の俺にそれが出来ないなら、もっと強くなるまでだ。お前たちと一緒なら、それが出来る」

133: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:17:46.45 ID:KozcfyUM0
ロバート「……ちひろさん、今何時や?」

ちひろ「えっ?ええと、15時5分前です」

ロバート「くく、それで昨日のプロデューサー辞める発言が確か夕方くらいやったから……おいおいリョウ、3日坊主どころか1日持たへんかったな」

リョウ「そうだな。このままでは俺は言葉の軽い男だと思われちまう。これからの働きで挽回してみせるぜ」

リョウ(俺はもう、迷わん)

リョウ(こいつらを、何があっても絶対に守り抜いて見せる)

134: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:22:22.60 ID:KozcfyUM0
美波「……良かった」
ポロ

拓海「おお!?美波、お前泣いてんの!?あはは……ん?あれ、風邪かな……」
ズル

加蓮「あは、あんたも泣いてんじゃん、えへっ、あはは」
グスグス

有香「……良かったです、本当に」
ポロポロ

悠貴「本当に、良かったですっ……」
グス



茄子「……本当に良いプロダクションですね♪」

茄子(……あの人は、私たちと別れる時、涙を流してくれるでしょうか?)

135: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:27:48.11 ID:KozcfyUM0
リョウ「ああ、鷹富士さん、君にも迷惑をかけたな。すまない」

茄子「いえいえ、迷惑だなんて♪それでは、私はこれで失礼しますね♪」

リョウ「ああ……ん?ちょっと待ってくれ、君はギースの使いでここに来たんじゃなかったか?」

茄子「え?……ああーー!そ、そうでした!忘れてました!」

拓海(……なんかユルそうな姉ちゃんだな、こいつが本当にあのReppuの一員か?……いや、間違いねぇな)

136: 名無しさん 2017/01/27(金) 02:31:32.29 ID:KozcfyUM0
茄子「これを渡すように頼まれたんです、はい、リョウさん」

リョウ「これは、封筒?中身は……招待状?……!」

ロバート「なんやリョウ、何の招待状や?」



リョウ「……クイーン・オブ・ザ・アイドルズ?」


148: 名無しさん 2017/01/28(土) 23:55:01.28 ID:/TP2BnG40
リョウ・サカザキ殿

怪我の具合は如何だろうか?
Mr.BIGの件は嘗ての同僚である私が代わりに謝罪しようと思う。
申し訳ない。
だがしかし、BIGがいくら卑劣な手を使ってこようとも、
もしそれに屈するようならば貴殿も所詮その程度の器であると静観していたのも事実だ。
だが、貴殿は見事それを打ち破ったようだ。
私も嘗ての好敵手が牙を失っていないようで嬉しい。

その礼ではないが、私が日本にいる間は貴殿はプロデューサー業に
専念して貰えると思う。醜い敗者は、もうステージに上がるべきではない。

149: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:02:55.58 ID:HpXrgw8s0
さて、この度我が覇我亜怒プロダクションの主催で、
各プロダクションの枠を超えた一大フェスティバル、『クイーン・オブ・ザ・アイドルズ』を開催することとなった。
それにあたり、貴殿のプロデュースする『極限drea娘』にも出演して頂きたい。
詳細な日程や収益の分配方法に関しては別紙を参照されたし。

色よい返事を期待している。

――ギース・ハワード

150: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:10:02.12 ID:HpXrgw8s0


ロバート「……リョウ、これはもしかすると……」

リョウ「……ああ、BIGや組織に対してギースが何か手を打った可能性がある。だが、これを100%信じるほど俺たちは奴を信頼しちゃあいない……今後も警戒はしておくべきだろうな」

ロバート「せやな…で、会場は……おいおいこのハコ、日本最大級のとこやんけ」

ちひろ「つまり、その条件でもコストをペイできる勝算があるんでしょうね……」

152: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:22:47.23 ID:HpXrgw8s0
リョウ「手紙には各プロダクションの枠を超えた、とあった。恐らくヤツの性格からして出演グループには妥協しないだろう」

ロバート「ってことは出演者に対するギャラだけでもエライ額になるはずや……」

ロバート「それに加えて、出演者のギャラ+イベントで出た収益をアイドルを出演させたプロに分配すると書いてある……こんなん出演するだけでこっちはぼろ儲けやで」

ちひろ「では、いったい何が目的なんでしょう?」

リョウ「アイドル界の頂点は自分たちだと、明確に示すためでしょう」

153: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:28:51.10 ID:HpXrgw8s0
ロバート「日本最大級の収容数を誇るハコで、各プロダクションからアイドルを引っ張りだして、共演させる……」

リョウ「……以前ギースが開いたキング・オブ・ザ・ファイターズは言わば勝ち抜き制の、はっきりと勝ち負けをつけて、優勝者に賞金を、という物だった。今回はそういった旨は書かれていない……」

ロバート「下手に勝敗を明確にさせると、それを嫌うプロダクションも出てくるやろうからな」

リョウ「つまり、明確な勝ち負けを出さずとも、何万人の観客の前でReppuが最も優れたパフォーマンスが出来ると、確信しているんだ」


154: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:35:58.78 ID:HpXrgw8s0
ロバート「……まぁ確かに前回あれだけのパフォーマンス見せとるからな……CDは未だ売れ続けて、露出は多くない割に仕事を厳選しとんのか知らんけど、新人グループのクセにもうなんか大物みたいな雰囲気になっとる」

ロバート「……リョウ、どうする?事務所的にはぼろ儲けの美味しい仕事やけど、もし共演して何万人の前でまた圧倒的なパフォーマンスされたら……今後極娘はReppuの日陰を強いられ続けることになるかも知れんで……」

ロバート「いや、それだけやない。今度こそ、あの娘らの心が折られるっちゅう可能性も……」

リョウ「いや、あいつらに限って心が折られることはまずない」


リョウ「……ただまぁ、どのみちあいつらと相談して決めないといけないな」

155: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:43:13.68 ID:HpXrgw8s0
ロバート「……そうか。まぁ幸いなことに返事の期限はまだあるし、本番は3か月後や。じっくり考えて決めたらエエ……ところでお前、右腕の調子はどうや?」

リョウ「ああ、骨はもう繋がってる。少し痛みはあるし、万全には程遠いが動かせるぞ。力仕事か?」

ちひろ(ええ……どうなってるのこの人の身体……)

ロバート「いや、そうやない。ここ数日はお前もアイドル達も心身共にきつかったやろうし、ちょっと休暇をやろうと思ってな」

ロバート「それに、あんなことがあった後や。正直向こうにもお前にもわだかまりが残らんとも限らん。そこで……」

リョウ「そこで……?」

156: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:51:43.85 ID:HpXrgw8s0
沖縄

拓海「っしゃあ!海だああああああああああ!」

悠貴「海、綺麗ですねっ!」

有香「そうですね……!透き通るようです!」

リョウ「……まさか、いきなり沖縄とはな」

美波「でも、この所本当に色々ありましたし、社長さんには感謝ですね」

157: 名無しさん 2017/01/29(日) 00:59:50.79 ID:HpXrgw8s0
加蓮「ね、ねぇ……水着とか今までほとんど着たことなくてさ……変じゃないかな?」

リョウ「何も変なことはないぞ、似合ってる」

加蓮「そ、そうかな?ふふ……私、水着で海にって……憧れてたんだよね」

リョウ「そうなのか?じゃあ今度そういう撮影の仕事ないか探してみるか」

加蓮「ホント!?えへへ、お願いね♪」

158: 名無しさん 2017/01/29(日) 01:06:02.70 ID:HpXrgw8s0
リョウ「……しかしあれだな、美波と拓海はこういう撮影が多かったからか、水着姿も堂に入ってるな」

美波「え、ええ!?も、もう、坂崎さん……///」

拓海「……お?セクハラか?セクハラなのかてめぇ?」

リョウ「い、いや、褒めたつもりだったんだが……難しいもんだな……」

159: 名無しさん 2017/01/29(日) 01:11:14.68 ID:HpXrgw8s0
拓海「まぁいいや。とにかく海だ!いくぜ!ヒャッハアアアア!!」
バシャバシャ

悠貴「みなさんも行きましょうっ!」

有香「押忍!」

加蓮「そうだね。ねぇ坂崎さん、後で泳ぎ方教えてね?私泳げないから」

リョウ「ああ、教えられる範囲で教える」

160: 名無しさん 2017/01/29(日) 01:17:39.08 ID:HpXrgw8s0
美波「……そういえば坂崎さん、右腕とか、お身体の方は大丈夫なんですか?」

リョウ「ああ、右腕はまだ万全じゃないが、動かす分には問題ない。身体の方も、2日寝てりゃ治るさ」

美波「そ、そうなんですか……でも、前も言いましたけど、無理はしないでくださいね」

リョウ「ああ、まぁ今回は慰安旅行だ。別に無理する場面もないだろう。それより美波もみんなの所に行って一緒に遊んできて良いぞ。俺も後から行くから」

美波「……そうですか?じゃあ、坂崎さん、先に行って待ってますね」
タタッ

161: 名無しさん 2017/01/29(日) 01:21:33.55 ID:HpXrgw8s0
リョウ「……」

リョウ(特に周囲に怪しい気配はない……)

リョウ(だが常に警戒しておくに越したことはないだろうな)

リョウ(ギースがどこまで手を回してくれてるかはわからんが、ヤツに頼り切るつもりもない)

リョウ(あいつらは、俺が守る)

168: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:01:48.55 ID:F9fyd+hG0
美波「それっ!」
バシッ

有香「何の!」
バンッ

悠貴「えいっ!」
バンッ

拓海「ッシャア!もらったぁぁぁぁぁ!」
ズバシュ

悠貴「ああっ」
ズザー

拓海「おおし!」
ガッツポ

169: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:05:43.96 ID:F9fyd+hG0
有香「やりましたね!拓海ちゃん!」

拓海「おうよ!」


美波「まだまだ!これからだよ、取り返そう悠貴ちゃん!」

悠貴「はいっ!」


リョウ「これは、あれか。ビーチバレーって奴か。加蓮、お前は参加しないのか?」

170: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:12:21.95 ID:F9fyd+hG0
加蓮「はじめちょっと参加したんだけど、無理無理……みんなレベル高すぎるよ。ね、それよりさ、泳ぎ方教えてよ。今ならみんなあっちに集中してるから坂崎さんフリーでしょ?」

リョウ「……そうだな。ここは海だし浮きやすいから練習にはちょうどいいな」





リョウ「はじめは顔を水に顔を出来るだけ長く着けていられるように訓練だ。水に慣れる事、泳ぎ方は二の次だ」

加蓮「……」
ブクブク

リョウ「……加蓮?」

171: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:18:04.76 ID:F9fyd+hG0
加蓮「……」
ブクブ……

リョウ「オォイ!加蓮!?」
ワタワタ

加蓮「……ぷはっ」
バシャ

加蓮「……どうしたの?」

リョウ「……いや、なんでもない……」

172: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:26:15.00 ID:F9fyd+hG0


リョウ「……そうだ、足は曲げずにまっすぐ伸ばして……」


加蓮「……」
バシャバシャ


加蓮「……ぷはっ、ねぇ。今私ちょっと泳げてたんじゃない!?」

リョウ「ああ、だが今はまだ俺が手を握ってるからな。これを離しても今のが出来たら泳げたといっても良い」


加蓮「ええー……それはまだ怖い、かな」


リョウ「だが、思ってたよりずっと筋が良いな。この少しの時間教えただけでだいぶコツを掴んでる。もう少しやればもう一人で泳げるようになるだろう」

173: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:36:01.54 ID:F9fyd+hG0
加蓮「そうかな?ふふ、今まで泳いだことなんてなかったけど、もしかしたら私泳ぎの才能があるのかな?」

リョウ「……泳ぎだけじゃない。ダンスもそうだが、加蓮はやらせてみれば飲み込みが早い。スカウトした頃は『運動神経ない』だの、『体力ない』だのと言っていたが、結果的には『経験がない』ってだけだったな」

加蓮「も、もう、スカウト当時の頃は色々と捻くれてたんだから、言わないでよ」

加蓮「……そういえばさ、何で坂崎さんは私をスカウトしたの?ちゃんとした理由は聞いてなかったよね」

リョウ「ん?言ってなかったか?」

174: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:43:48.71 ID:F9fyd+hG0
加蓮「いや、その時も燻っているように見える、とか漠然としたことは聞いてたけどさ、なんていうのかな……そもそも私の何に興味を持ってアイドルに誘ってくれたのかなって」

リョウ「ああ、そういう事か。……う~ん、理由か」

加蓮「……え?パッと思いつかないの?ひどーい!何かあるでしょ、可愛かったからとか、オシャレだったから、とか!」

リョウ「ああ、いや……なんていうか、抽象的というか、概念的というか……言葉にすると難しいんだが」

リョウ「今まで俺は色んな奴と闘ってきた。で、道場で指導もしてきた。要するに、色んな人を見てきた」

リョウ「そうするとな、人と対峙するとその相手の実力が分かってくるようになる」

175: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:55:11.14 ID:F9fyd+hG0
リョウ「まぁわかるのは当然闘いの実力だが、最近は何かを秘めている人物っていうのも何となくだが、わかるようになってきた」

リョウ「で、ぶっちゃけた話、お前にもその『何か』を感じた。その上で、当時のお前は何もかもを諦めたような眼をしていた」

リョウ「素直に勿体ないと感じたよ。この娘は大きな才能を持っているのに、今はそれを諦めている。自棄を起こしかけているってな。そうしたら、もういつの間にか声をかけてた。まぁ1回目は断られたがな」

加蓮「……まぁ、ね。気持ち的には本当にあの時ってどん底だったし」

加蓮「入院ばっかりで体力はない、勉強は遅れがち、友達は少ない……私ってなんで生きてるんだろう、くらいの気持ちだったよ」

176: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:02:17.13 ID:qS0LFadG0
加蓮「……ね、坂崎さんが私の2回目のスカウトに来てくれた時……数日前から駅前で私の事探してたでしょ?」

リョウ「ああ、朝から晩までお前が通りがからないかって……なに?お前まさか、見てたのか!?」

加蓮「うん、最初見かけた時はさ、多分スカウトする別の娘を捜してるんだろうなって思ってた。けどその割には駅前から動かないし、誰かに声をかける様子もないし……だからもしかしたらって、私の方から声かけたんだ」

リョウ「そ、そうだったのか……実はお前をスカウトしたあの日、あれが最終の期限だったんだ。あの日もしお前が見つからなかったら、別の娘をスカウトする予定だったんだぞ」

加蓮「……ええ!?そ、そうだったの!?危なかったんだ実は……よ、良かったぁ、あの時声掛けに行って……」

177: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:06:05.38 ID:qS0LFadG0
リョウ「……まぁそういうのも含めて俺たちには縁があったんだろうな」

リョウ「まぁ、お前をスカウトした理由ってのを敢えて言葉にするとこんなところだ。納得してくれたか?」

加蓮「……正直良く分かんなかったけど、納得しておくよ。私たちが出会ったのは運命!ってことでね♪」

リョウ「……まぁいい」

178: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:12:55.83 ID:qS0LFadG0
加蓮「でも私の才能っていうのがあるんだとしたら、それを見出してくれたのも伸ばしてくれたのも、坂崎さんだよ」

リョウ「……」

加蓮「だけど、私ひとりじゃまだまだ危なっかしいみたい。ちょうどこの泳ぎみたいにね」

加蓮「というわけで、これからも坂崎さん、私の手を掴んで、引っ張っていってね。……おねがい♪」

リョウ「……ああ」

179: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:18:25.92 ID:qS0LFadG0




有香「……はぁ、はぁ、なかなかの死闘でしたね……あれ?坂崎さんと加蓮ちゃんは?」

美波「あ、あそこで一緒に泳いでる。加蓮ちゃん泳げないって言ってたから、坂崎さんが教えてあげてるのかな?」

悠貴「そうみたいですねっ!私たちもせっかくですから泳ぎませんかっ?」

拓海「な、なにィ!!?」

美波「!?ど、どうしたの拓海ちゃん?そんなに大きな声出して……」

180: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:23:08.97 ID:qS0LFadG0
拓海「……あ~、アタシはちょっとビーチバレーの死闘で疲れちまったな。ちょっと休んでるからみんなで泳いできてくれや」

悠貴「えっ?拓海さん、大丈夫ですかっ?何か冷たい飲み物でも……」

拓海「ああ~!いや!気を遣わなくていいから!アタシはちょっとパラソルの下で休んでるから!じゃ、じゃあな!」
ソソクサ

有香「……?」

美波「……!」
ハッ

181: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:30:27.90 ID:qS0LFadG0
美波「……有香ちゃん、悠貴ちゃん、拓海ちゃんもああ言ってることだし、私たちは泳ぎに行こう?」


有香「?は、はい」




リョウ「……良く泳いだな。それにしてもみんな泳ぎが達者だな」

悠貴「ありがとうございますっ!走ることほどじゃないですけど、泳ぎもけっこう得意ですっ!」

美波「泳ぐのってハードですけど……好きなんですよね」

有香「水泳は全身運動として効率がいいと聞いてました。だから良く鍛錬に取り入れてました!」


182: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:35:34.53 ID:qS0LFadG0
リョウ「ほう、そうなのか。だが加蓮も今日でだいぶ上達したしな」

加蓮「そうかな?えへへ~♪……ところで拓海は?姿を見ないけど」

美波「え?ええ、拓海ちゃんは……あれ?あそこの人だかりにいる……」




司会「さぁさぁ!どなたでも参加自由!第1回、ビーチで相撲大会だあ!!参加費無料!優勝者にはスイカとこの近くでグループで使えるレジャー参加チケットを進呈だ!」

司会「ルールは張り手などの打撃は禁止!それ以外は相撲と基本的に同じだぁ!」

183: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:40:00.65 ID:qS0LFadG0
加蓮「へぇ~、ビーチ相撲大会かぁ」

拓海「おう、お前ら。アタシは参加するぜ。お前らはどうだ?」

有香「参加したい所ですが、いっぱい泳いだから疲れてしまって……」


加蓮「私もパス。男女の区分もないし、なんか見た所けっこうゴツイ人も出るみたいだよ?」

拓海「なんだなんだ、情けねぇなお前ら……」

リョウ「俺も出る」

184: 名無しさん 2017/01/31(火) 00:47:22.12 ID:qS0LFadG0
美波「ええ!?坂崎さん、一応病み上がりというか、すぐ前まで入院してたんですよ!?」

リョウ「ああ、だが相撲と聞いてはな。実は俺は相撲好きなんだ」



リョウ「新横綱の稀勢の里関はもちろんだが、関脇に落ちてしまった琴奨菊関にも頑張ってほしい。ケガを治せば、まだまだあのがぶり寄りで優勝を狙えるはずだ」

リョウ「そういえば以前闘った相手にテムジンというモンゴル相撲の使い手がいてだな、あいつも日本に来ればきっと横綱を狙えるほどの……」

拓海「す、相撲ウンチクは良いから出るならさっさとエントリーしようぜ」

192: 名無しさん 2017/01/31(火) 21:54:46.13 ID:qS0LFadG0
司会「さぁ!ついに始まりました!ビーチ相撲、8人の参加者!その中で唯一の女性参加者!タクミちゃんだーーー!!」

ヒューヒュー!イイゾー!チチデケェーー!
オイアレ、アイドルノ……
ソンナワケネェダロ・・・・・・イヤデモニテルナ・・・・・・

チャラ男「うひょー!彼女に頼まれて嫌々参加したけど、こんなマブい相手と相撲取れるなんてよぉ!身体に触れちまってもこれは相撲だからな?痴漢じゃねえからな?」

拓海「御託は良いからさっさとかかってこいや」

193: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:01:53.70 ID:qS0LFadG0
司会「それでは……はっきょい!」

チャラ男「っしゃああ!(おっぱーーーーい!!)」
ズアッ

拓海「……!」
スッ
ガシッ

拓海「どおりゃああ!」
ブオン

チャラ男「うっぎゃああああ!!」
ゴロゴロゴロ

司会「勝負あり!」

オオオオオオオ!!
イイゾネーチャン!

194: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:08:42.16 ID:qS0LFadG0
リョウ「相手の突進を逆手に取っての出し投げか……やるじゃねえか拓海!」

有香「ご、豪快ですね……」

悠貴「格好良いです!拓海さん!」

拓海「へっ、まぁな!」

リョウ「よし、なら俺も情けない所は見せられないな。行ってくる!」

加蓮「頑張ってね」

加蓮(……まぁ応援しなくても多分……)

195: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:14:02.74 ID:qS0LFadG0
司会「さぁさぁ優勝候補の登場だあ!今回の参加者中最も大きな体躯を誇るぞ!」

体格のいい男「へっ、ぶん回してやるぜ、兄ちゃん……ってなんだその面は……ふざけてんのか」

司会「対するは、天狗の面を着けた謎には包まれてるが身体はふんどし以外には何も包まれていない男!エントリーネームMr.SUMOUだああああ!」

Mr.SUMOU「でかいな」

オオオオオオオ!!
ヘンタイダ
ヘンタイダゾ

196: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:22:24.89 ID:qS0LFadG0
加蓮(ああ……坂崎さん、またアレ被ってるんだ……)

拓海「ていうかアレまだ持ってたのかよ……ていうかふんどし持って来てたのかよ……」

美波「な、何なんだろうあのお面……ていうか褌……さっきまで水着だったのに……」///

悠貴「あれ?坂崎さんは何処に行ってしまったんでしょうっ?ていうかふんどし……」///

有香「ゆ、悠貴ちゃん。あの天狗の人が坂崎さんですよ……多分……ていうかふんどし……」///

197: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:29:46.04 ID:qS0LFadG0
司会「さぁさぁ今大会ある意味一番の注目カードだあ!さあ……はっきょい!」

体格のいい男「……どおりゃあ!」
ガシッ

オオーーー!!
イキナリツカマエターーー!!
オワリダーー!!

体格のいい男「おらあ!……!?」
グワ

体格のいい男(び、ビクともしねえ!?)
グググ

ナンダナンダ?
ハヤクブンナゲチマエヨ!

198: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:34:26.21 ID:qS0LFadG0
司会「おおっとお!?早々に決着がつくかと思いきや、がっぷり四つの膠着状態だ!」

Mr.SUMOU「さすがに力があるな。だが足腰の強さなら負けん」
ズズズ

体格のいい男「ぬ……お、おおおお……」

体格のいい男(お、押されている!?この俺が、一方的に!?)
ズズズ

オ、オイ、ナンカオシコマレテネ?
テイウカアキラカニ・・・


199: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:42:26.78 ID:qS0LFadG0
Mr.SUMOU「……!」
ズズズズ

体格のいい男「あ、あ、ああああああ!!」
ズズズズズズ

司会「……勝負あり!決まり手は寄り切り!」

オオオオオオ!!

体格のいい男「ば、馬鹿な…この俺が完敗だと……」
ガックリ


Mr.SUMOU「ああ、病み上がりにちょうどいい運動だなこれは」

加蓮「……まぁそうなるよね」

悠貴「おおおっ!Mr.SUMOUさんもっ!格好いいですっ!」

拓海「ちっ……打撃が使えなくても完勝じゃねえか……やっぱアタシの最大の強敵はサカザキ、アンタみてえだな」

200: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:53:44.90 ID:qS0LFadG0





司会「さあ!ビーチで相撲大会もついに決勝だあ!」

司会「1回戦、準決勝ともに豪快な投げで派手な勝利を飾ってきた紅一点、タクミちゃんと!」

オオオオオオオ!!
ヒューヒュー!
アネゴオオオオオオオオオオオ!!


司会「1回戦、準決勝ともに相手を寄せ付けず寄り切ってきたMr.SUMOU!」

ブーブー!
カエレー!
ヘンタイヤロー!

Mr.SUMOU「……」

201: 名無しさん 2017/01/31(火) 22:59:42.73 ID:qS0LFadG0
司会「この二人の決勝に……ん?なんです?……え?決勝をですか……いや、しかし……」


拓海「ん?なんだよ、どうしたんだ……」

司会「……はい!スポンサー様から急きょお達しがありまして、決勝は海上の特別土俵で行われることに決まりましたーーー!」

拓海「……はぁぁぁぁぁ!?」

オオオオオオオ!?

拓海「ちょっ、どういうことだオラァァァン!?こ、これじゃあ負けたら海の中にドボンじゃねェか!!」


202: 名無しさん 2017/01/31(火) 23:17:18.65 ID:qS0LFadG0
司会「は、はい。まさにそれが狙いです。その方が盛り上がるってスポンサー様が……」

拓海「て、てめぇふざけんじゃねえ!そんなこと許されるか!!」
ブンブン

Mr.SUMOU「お、おいおいどうしたんだ拓海、そこまで怒るような事か?」

拓海「ああ!?そんなもんあたりめーだろが!!アタシはおよ……」
ハッ

Mr.SUMOU「およ?」

司会「およ?」

拓海「およ、およよ?よ、良く考えたらそんなに怒ることじゃねーかなぁ?あは、あははは……」

Mr.SUMOU「……?」

司会「……ハイ!本人に了承も得ましたので決勝は海上で行います!!」

203: 名無しさん 2017/01/31(火) 23:29:09.94 ID:qS0LFadG0
拓海(……ちくしょう、なんでこんなことに……そうだ、相手はサカザキなんだからちょっとわざと負けてもらうか……)

拓海「……な、なぁサカザキ……」

Mr.SUMOU「思えばお前と勝負するのはスカウト前のバイク以来だな」

拓海「え」

Mr.SUMOU「あの時は俺は負けちまったが、負けっぱなしってのはやはり悔しいもんだな」

拓海「え?あ、ああ、はい」

204: 名無しさん 2017/01/31(火) 23:39:36.29 ID:qS0LFadG0
Mr.SUMOU「まぁ思わぬ形にはなったが、勝負だ。俺も全力でいかせてもらうぜ!」
ズオオオオオ


拓海「お、おう……」

拓海(だ、だめだーーーーー!八百長を言い出せる気配じゃねえええ!!ていうかなんか大人げなくね!?)
ガビーン


拓海(ち、ちくしょう、ならどうする!?ってそりゃ勝つしかねえ!全力のサカザキに!)
ゴゴゴゴ

拓海「ッシャア!!」
パンパン

205: 名無しさん 2017/01/31(火) 23:47:47.78 ID:qS0LFadG0
有香「……なんか、少し遠い所にお二人いますけど……」

美波「……なんだか遠目からでもわかるほど二人とも気合入ってるね……特に拓海ちゃんは些か気合が入りすぎている感があるほど……」



司会「はい、では負けたら海にドボンの海上相撲!決勝!……はっきょい!」

Mr.SUMOU「……!」
ザッ

拓海「……!」
ザッ

206: 名無しさん 2017/01/31(火) 23:53:43.99 ID:qS0LFadG0
拓海(チッ……さっきまでの奴らみたいに勢いで突っ込んでくりゃ出し投げ?っての?あれでブン投げてやろうと思ったが……流石にそんな簡単じゃねえか……)
ジリジリ

拓海(だが、もしも組まれたらアタシはどうしようもねえ……せいぜい投げられるか寄り切られるかだ……)
ジリジリ

Mr.SUMOU「……」
ジリジリ


加蓮「……なんか、とてもお遊びの大会って緊迫感じゃないんだけど」

悠貴「真剣勝負ですねっ!」

207: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:03:24.52 ID:5VPJUrPo0
拓海(組ませず、尚且つアタシが有利に仕掛けられるポイント……つまり、アタシの勝ち筋は……)


拓海(サカザキの万全じゃねえ右腕!そこからスピードを活かして持っていく!これっきゃねえ!)




Mr.SUMOU(……万全じゃない右腕……ここを狙ってくるだろう……組みは筋力で劣る拓海が絶対不利……しかも打撃も禁止……その上俺が勢い任せに突っ込んでこないとなれば、拓海の攻めるポイントはここしかない)

Mr.SUMOU(だがそれを俺が警戒してるのも当然解かっているだろう……さて拓海、どう攻めてくる?)
ジリジリ

司会(なんか……緊張感が……俺の流れ出る汗は、決して太陽の日差しによるものだけではない……)
ゴクリ

208: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:11:44.72 ID:5VPJUrPo0
拓海「……」
シュパッシュパッ


Mr.SUMOU「……」
ザッ

拓海「……くっ」

拓海(隙が!ねえ!)

拓海(クッソ……一応動きでかく乱したつもりなのにビクともしねえ!この程度の動きじゃ闘い慣れしてるあいつを惑わすことなんてできねえってか……!)

209: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:20:09.68 ID:5VPJUrPo0
拓海(……ん?慣れ……)

拓海(……くっそおおおおお!!正直死ぬほど嫌だけど、海の中に落ちるのはもっと嫌だ!……やるしか……ないのか……)
ピタッ

Mr.SUMOU(……ん?動きが止まった……?諦めたか?)
ジリジリ

Mr.SUMOU(だったら、決めさせてもらうぜ!)
ズイ
ガッ

司会「ああーーーっと!ついにMr.SUMOUとタクミちゃん、組んだーーーー!!!」

オオオオオオオ!!
ウラヤマシイゾコラアアアアア!!
ブーブー!
デモビショヌレニシタラユルスゾコラァァァ!!

210: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:28:41.26 ID:5VPJUrPo0
Mr.SUMOU「……拓海、このまま、決めさせてもらうぜ」

拓海(おうっふ……サ、サカザキ、近……息が……耳に……やばい……)

拓海「……い……」

Mr.SUMOU「……い?」

拓海「い、イやん!!(裏声)」


有香「!?」

美波「!?」

悠貴「!?」

加蓮「!?(笑)」

212: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:35:55.81 ID:5VPJUrPo0
Mr.SUMOU「……なぁっ!!!?」
バッ
ザザザザ

Mr.SUMOU「お、俺はもしかして触ってはいけないところに!!!……え?」
ツルッ

ザポーーーン

拓海「……え?」

司会「……勝負あり!勝負ありだあ!決まり手は……嬌声?いや……勇み足?勇み足だ!」

司会「第一回ビーチで……いや、海上相撲大会はタクミちゃんの優勝だあああ!!」

213: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:42:48.73 ID:5VPJUrPo0
オオオオオオオオ!!
イイゾオオオオオ!!
アネゴオオオオオオ!!

拓海「あ、はは、ははは……」

拓海(想定してた以上の効果だったぜ……)


ザバザバ
バシャ

Mr.SUMOU「……拓海、恐れいったぜ。まさか精神(こころ)の方を崩してくるとは……俺の完敗だ」
ビショビショ

214: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:49:16.21 ID:5VPJUrPo0
拓海「お、おお……ま、まぁ作戦勝ちって奴だ……」

拓海(まぁ声の方はあながち演技じゃなかったんだが……)

司会「それでは優勝のタクミちゃん、何かコメントをどうぞ」

拓海「え?あ、ああ……まぁアタシの無敗伝説は終わらねえってこったな」

拓海(以前香澄に負けたけどアレは非公式だからセーフ……セーフだ)


加蓮「拓海ーーーー!そうじゃないでしょーー?アレもう一回叫んでよ、『イやん♡』って!」
ニヤニヤ

拓海「!?」///
カーッ

215: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:54:09.36 ID:5VPJUrPo0
拓海「~~~~~っ、てめえええ!加蓮んんんん!!」
グワ
ツルッ


拓海「あ」

Mr.SUMOU「あ」

司会「あ」

ザッポーーン

216: 名無しさん 2017/02/01(水) 00:59:42.50 ID:5VPJUrPo0
オオオオオオオ!!
イイゾイイゾーーーー!!
オマチカネノビショヌレダ!!

加蓮「あははは!もう、拓海、動揺しすぎ!落ちちゃった!」

美波「……だめぇ!坂崎さん、拓海ちゃんを、助けてあげて!」

有香「……へ?美波さん、どうしたんで……あれ?」

悠貴「……拓海さん、浮かんできませんねっ……」


217: 名無しさん 2017/02/01(水) 01:07:06.79 ID:5VPJUrPo0
美波「拓海ちゃんは……拓海ちゃんは……っ!」

美波「拓海ちゃんは泳げないんですっ!!」




Mr.SUMOU「……おい、拓海?」

ブクブクブクブク

Mr.SUMOU「……拓海いいいいいいいいいいい!!」
ザッポーン

218: 名無しさん 2017/02/01(水) 01:12:43.16 ID:5VPJUrPo0



加蓮「あはははははは、ふっ、ふふふふふ……あははははは」

拓海「もう一生笑ってろよ……アタシは……終わりだ……一度にあれだけの醜態を……」

美波「ま、まぁ加蓮ちゃんもそれくらいにしてあげて……拓海ちゃんも元気だして……」


有香「そ、そうだ!拓海ちゃんが優勝してくれたおかげで貰ったこのスイカで、スイカ割りしませんか?」

悠貴「あっ、良いですねそれっ!やりたいですっ!」

219: 名無しさん 2017/02/01(水) 01:18:54.56 ID:5VPJUrPo0
リョウ「スイカ割り?氷柱割りみたいに、スイカを素手で叩き割るのか?だが、スイカじゃ修行にならんと思うが……」

美波「い、いや、違います。目隠しをして、棒でスイカを割れるかっていう一種のゲームみたいなものですよ。素手では割りません」

加蓮「そうだね、いつまでも笑ってても悪いし、拓海、やってみなよ」

拓海「……そうだな、スイカでも叩き割って、汚名返上させてもらうとするか……」

228: 名無しさん 2017/02/01(水) 23:54:00.98 ID:5VPJUrPo0


美波「……よし、と」

悠貴「美波さん、なにしてるんですかっ?」

美波「うん、スイカ割りをする時はね、あらかじめこうやってスイカに切り込みを入れておくと、棒で叩いた時にきれいに割れるんだよ」

悠貴「わ、そうなんですねっ!でも確かにそのままだと棒で叩いてもなんだかきれいに割れずに飛び散っちゃいそうですねっ」

拓海「っしゃあ、目隠ししてこっちも準備OKだぜ!」

229: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:01:45.88 ID:z3XJetOO0


加蓮「右、右!もっと!」

悠貴「ちょっと行き過ぎですよっ!もう少し左ですっ!」

美波「うん、それでそのまま4歩くらいまっすぐだよ、拓海ちゃん」

有香「ああ、あと半歩くらいです!そこです!」

拓海「……ッオラァ!!」
ブォン
ドザァ

拓海「……あ、あれ?」

230: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:09:20.92 ID:z3XJetOO0
加蓮「……もう、拓海、誘導完璧だったのに何でそんなに違うところ叩いてんの」

拓海「お、おかしいな……」

加蓮「そんなんだから慌てて海に落ちちゃうんじゃないのー?」

拓海「テメエ上等だコラァ!じゃあお前が割って見せろや!」

加蓮「ふふん、任せといてよ」

231: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:20:42.52 ID:z3XJetOO0


加蓮「よし、準備OKだよ!」

美波「はい、じゃあ加れ……」
スッ
美波「……拓海ちゃん?」

拓海「……まぁまぁ、ここはアタシに任せてくれや……」

ヒソヒソ

拓海「はぁ~い、加蓮ちゃん!そのまま大きく右に向かって歩いて!(高音)」

232: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:26:34.66 ID:z3XJetOO0
加蓮「右、右……」
トテトテ

美波(ちょ、ちょっと拓海ちゃん、それ私の声真似なの?)

拓海「はいっ!良いですよ加蓮さんっ!そのまままっすぐ歩いてくださいっ!!(裏声)」

悠貴(そ、それって私ですかっ?)

加蓮「まっすぐ……」
スタスタ
ザッポーン

拓海「……よし、これで邪悪の化身は海に還ったな」

233: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:32:41.51 ID:z3XJetOO0

ギャーギャー

美波「ま、まぁまぁ加蓮ちゃんも拓海ちゃんも落ち着いて……」

リョウ「なるほどな……目隠しをして目標を割るってところに、修行になりそうな要素を感じるな」

リョウ「よし、有香。次はお前がやってみろ」


有香「え?私ですか?」


234: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:41:39.80 ID:z3XJetOO0
リョウ「ああ。で、誘導は俺がやる。いいか?みんな」

美波「はい。あっちの二人はケンカ中ですから……悠貴ちゃんも良いかな?」

悠貴「はいっ!有香さん、頑張ってくださいっ!」

有香「は、はい!では中野有香、いきます!」



リョウ「有香、そのままとりあえずまっすぐだ」

有香「はい!」

235: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:49:59.40 ID:z3XJetOO0
スタスタ

リョウ「そして、そこで右を向く」

有香「……」
クルッ

リョウ「その場からお前の歩幅で前7歩、左右5歩の間にスイカがある。感じて見るんだ」

有香「……!?」

236: 名無しさん 2017/02/02(木) 00:55:30.31 ID:z3XJetOO0
拓海「……えらく大雑把すぎじゃね?そんなんで割れるわけないだろ」

加蓮「誰かさんはあれだけ正確に案内しても外したもんね」

拓海「てめぇまた海に還らせてやろうか?」

加蓮「だったら道連れにしてあげる……言っとくけど私は坂崎さんのお陰で少しは泳げるからね」


美波「ちょ、ちょっと二人ともケンカしないで……」


237: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:04:59.90 ID:z3XJetOO0
有香(感じる……感じるって言ったって……)

有香(……そういえば普段でも視覚を閉じて稽古なんてしたことなかったな……)

有香(……)
シーン
ザザーン

有香(……周囲の音が……波の音くらいしか聞こえなくなってきた)

有香(潮の香り……それと……)

リョウ(そうだ……視覚を閉じると案外余計な情報が頭に入ってこない分、集中出来て感覚が研ぎ澄まされることがある)

238: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:13:14.71 ID:z3XJetOO0
有香「……」
スタスタ

悠貴「あっ……歩き始めました」

美波(スイカに……向かってる?なんの誘導もないのに……)

有香(……なんだろう、見えないけど……何となく、感じる。このあたりにある気がする……)
ピタ

有香「……ここっ!覇ァ!」
ブン
バシッ
パカァ

239: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:23:25.10 ID:z3XJetOO0
拓海「……おおおおおお!ジャストミート!」

加蓮「すごい!有香!」

悠貴「どうしてスイカの位置がわかったんですかっ!?」

有香「えっと、それは……」

リョウ「匂い、だな?」

有香「……はい」

美波「……匂い、ですか?」

240: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:27:05.94 ID:z3XJetOO0
リョウ「ああ、目隠しをすると当然視界はなくなるだろ?だが人間てのは五感のどこかを封じると、その他の感覚でそれを補おうとする。集中すればなおさらな」

拓海「……ってことは有香は視覚を嗅覚で補ったってのか?けど、はっきり言って割る前のスイカの匂いなんて全然しねえぞ」

悠貴「……あっ」

悠貴「さっき美波さんがスイカ割りする前に割れやすいようにって切り込みを入れて来てくれましたけど、まさかそこから匂いがっ……!?」

有香「はい、すごく神経を研ぎ澄ませたら、ほのかに甘い香りが……それを頼りに動きました」

リョウ「当然、誰にでも出来る事じゃない。この集中力も、有香の今までの鍛錬の賜物だ」

241: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:32:51.70 ID:z3XJetOO0
リョウ「まぁ普通に空手をやる分には視覚を奪われて、なんて状況はないだろうが、集中力や感覚を研ぎ澄ます訓練としてはこのスイカ割りも悪くないってことだな」


拓海「……なあ、講義はまたにして、早くスイカみんなで食おうぜ!」

リョウ「それもそうだな」

美波「あ、じゃあ人数分に切り分けますね」

加蓮「うん、甘い匂いで、美味しそう♪」



有香「……」

242: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:39:40.52 ID:z3XJetOO0

ホテル


拓海「ふいーっ、いい湯だった……なかなか良いホテルだなここ」

美波「うん、海も目の前にあるし、社長さんが良いところを抑えてくれたんだね」

加蓮「なんだかんだで、色々と動いてくれるんだよね、ロバート社長」

悠貴「なんていうか、距離感も近いですし、本当にいい社長さんだと思いますっ!」


拓海「……あれ?サカザキと有香は?」

加蓮「二人なら、浜辺でランニングしてくるって」

拓海「か~っ、こんなところでまでトレーニングかよ……ストイックだなオイ」

243: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:46:48.04 ID:z3XJetOO0
浜辺

リョウ「……」
ザッザッザッザ

有香「……」
ザッザッザッザ


リョウ「……やはり浜辺のランニングは良い足腰の鍛錬になるな」

有香「はい……」

有香「……あの、坂崎さん」


244: 名無しさん 2017/02/02(木) 01:54:06.67 ID:z3XJetOO0
リョウ「ん?どうした?」

有香「あたしは……強くなってるのでしょうか?弱くなってるのでしょうか?」


リョウ「……そりゃどういう意味か、によって返答が変わるな」

有香「いえ、アイドルになったことで色々な経験が出来ました。そういった人間として、ならばあたしは強くなれたと思います」

有香「だけど、この前の事件……あの時、あたしは何も出来ませんでした……坂崎さんが殴られている間もずっと……」

リョウ「こないだの件に関しては下手に動かなくて正解だ。なんせ相手は銃を持ってたからな……」

245: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:00:17.91 ID:z3XJetOO0
有香「ですが……」

リョウ「……まぁ肉体的な強さだけで言ったら、アイドルやるよりかは空手の鍛錬だけずっとしていた方が強くはなるだろうな」

有香「……」

リョウ「俺もどっちかというと今まで空手ばかりやってたからそっちの方が正しいと思ってた」

リョウ「だが、俺もプロデューサーをやって、色んな人間の色んな強さを見られた。それは空手の鍛錬だけをやってたら、きっと出会えない強さだった」

リョウ「そういった、鍛錬以外で得られた強さってのは、お前も感じてるんじゃないのか?」

246: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:03:52.87 ID:z3XJetOO0
有香「……はい。今やっている色んな活動は、あたしに今まで知らなかった景色をみせてくれました」

リョウ「だったら、今は迷わずにこの道を進んでいければいいさ。……まぁ、今の自分の強さがどんなもんなのかっていう武道家心は良く分かるけどな」

有香「は、はい……」

リョウ「……よし、わかった。有香、構えろ」
ザッ

有香「……え?」

247: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:06:53.80 ID:z3XJetOO0
リョウ「久しぶりの組み手だ。お前の現在地、それを俺に見せてくれ」

有香「……!……押忍!」
ザッ

有香「……覇ッ!」
ズバ

リョウ「……」
スッ

有香「ふっ……せい!覇!」
ビュッ
ズバッ

248: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:10:47.66 ID:z3XJetOO0
リョウ「……!」
ヒュッ
パシィ

有香「……」
ハァハァ

リョウ「……気づいてるか?」

有香「……え?」


リョウ「お前がプロに入るときにやった組み手……その時よりお前の間合いは半歩近い」

249: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:17:22.60 ID:z3XJetOO0
リョウ「前の組み手の時は……緊張か、それとも俺に恐れを持ったのか、遠い間合いから無茶な攻撃を繰り返してた」

有香「……!」

リョウ「つまりお前はこの期間で、その半歩踏み込める強さを手に入れたんだ」

有香「あ……!」

リョウ「それがどれだけの進歩か……お前ならわかるな?」

有香「はい……!前は本当に、坂崎さんとの実力差に足は竦んで、気は逸って……」

リョウ「……どうだ?これでもまだ、自分は弱くなったと思うか?」

有香「いえ……!あの、坂崎さん!ご指導、ありがとうございました!」

250: 名無しさん 2017/02/02(木) 02:23:50.04 ID:z3XJetOO0
リョウ「俺は何も指導してないよ。お前が自分で学んで、自分で努力して身に着けた強さだ」

リョウ「それに……お前はまだまだ、強くなれる」

リョウ(空手家としても、人間としても)

有香「はい!これからも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!坂崎プロデューサー!」




リョウ「さ、ホテルに戻ろう。明日もまたたくさん動くぞ!」

有香「押忍!」

254: 名無しさん 2017/02/03(金) 00:35:14.25 ID:pQBQAE9V0
翌日
ホテル

拓海「……んで、今日の予定はどうすんだ?明日帰るんだろ?」

美波「また海に行くのも良いですし、街の方に出てみるのも良いですね」

加蓮「そういえばさ、昨日拓海が相撲大会でもらったあのレジャーチケットってもう使えるの?」

拓海「ん?ああ、そういえばもらったなそういうの……」
ガサガサ

255: 名無しさん 2017/02/03(金) 00:41:15.20 ID:pQBQAE9V0
有香「ええっと…ダイビング、シュノーケリング、フライボード……」

拓海「……」

加蓮「拓海泳げないから無理なやつばっかりだね」

拓海「ぐっ……お、お前もそんなにアタシと大差ねえだろうが……」

悠貴「……あっ!これはどうですかっ?これなら海の中に入らなさそうっ!」
ピッ

256: 名無しさん 2017/02/03(金) 00:49:06.32 ID:pQBQAE9V0
美波「えーっと……『ビーチ乗馬』?」

リョウ「……ほう、浜辺を馬に乗って散歩か……楽しそうじゃないか」

拓海「乗馬って、馬に乗るのか?ってか沖縄に馬なんているんだな」

美波「離島の牧場が開催してるんだね。どう?拓海ちゃんがもらったチケットだから拓海ちゃんが決めてもらえたら……」

拓海「海の中に落ちねえで済むならなんでも良いよ。それに最近バイク乗ってねえからな……アタシのライダー魂が疼いてきたぜ」

リョウ「よし、じゃあ今日はこのビーチ乗馬に行ってみるか」

257: 名無しさん 2017/02/03(金) 00:54:04.19 ID:pQBQAE9V0
離島

スタッフ「ようこそビーチ乗馬へ!馬はそれほど大きくなくて大人しいですけど、原則として乗るときはヘルメットとプロテクターを着けてくださいね」

拓海「プロテクターって聞くとバイクの教習を思い出すぜ」

リョウ「いろいろコースがあるんだな……初心者用のコースに経験者用のコースに」

スタッフ「ちなみに、みなさんの中で乗馬の経験がある方はいらっしゃいますか?」


リョウ「ああ」
スッ

美波「はい」
スッ

258: 名無しさん 2017/02/03(金) 00:58:15.68 ID:pQBQAE9V0
加蓮「えっ?二人ともあるの!?」

リョウ「ああ、あっち(アメリカ)にいる時に、修行で良く山籠もりしてた時に牧場の手伝いをしててな……そこの親父さんから馬を貰ったんで、良く乗ってた」

拓海「……ってことは馬主!?馬主なのか!?」

リョウ「……ま、まぁそうなるのか」

リョウ(タツマキも元気にやってるだろうか……後で牧場に電話してみるか)

259: 名無しさん 2017/02/03(金) 01:05:11.00 ID:pQBQAE9V0
美波「わ、私はそんなにすごい経験じゃないですけど……家族と行ってた避暑地のレジャーに乗馬があったので、何回かだけ」

悠貴「ひ、避暑地……」

有香「なんだか言いようの知れない威圧感のある言葉ですね……」

リョウ「まぁわざわざコースで別れるほどじゃないし、全員まずは初心者コースでいいんじゃないか」

美波「そうですね」

スタッフ「はい、じゃあ初心者コースご案内!」

263: 名無しさん 2017/02/03(金) 15:31:29.54 ID:pQBQAE9V0
拓海「へへ、いつもバイクで鍛えてるアタシなら乗馬程度軽くこなして……うおわぁ!」
ズテッ

加蓮「ちょ……ちょっと誰か助けて……」
プルプル

有香「比較的小さい馬という事ですが……やはり……乗ると高い……(というよりあたしが小さい……)」
プルプル

264: 名無しさん 2017/02/03(金) 15:36:48.06 ID:pQBQAE9V0
リョウ「……まぁ乗馬は運動神経とは別の慣れがいるからな……最初は苦労するかもな……お?」

悠貴「おっとっと……あっ、大丈夫みたいですっ!」
カポカポ

美波「悠貴ちゃん、すごい!初めてなのに上手だよ!」

拓海「おお……?マジかよ……乗るまでは出来たけど、全然言う事聞かねえんだけど……」

265: 名無しさん 2017/02/03(金) 15:42:51.50 ID:pQBQAE9V0
スタッフ「拓海さんはバランス感覚は良いんですけど、ちょっと馬の上で動きすぎですね。馬は繊細なのですぐ伝わって、いう事聞かなくなっちゃいますよ」

拓海「な、なんだって……?」

美波「……坂崎さん、もう少し時間かかりそうですし、先に悠貴ちゃんと一緒に浜辺の方お散歩してきてください。私もまだ少し不安ですし、後でみんなと一緒に合流しますから」

リョウ「そうか?じゃあお言葉に甘えて、ちょっと行ってみるかユウキ」

悠貴「あっ、はいっ!」

266: 名無しさん 2017/02/03(金) 15:50:20.40 ID:pQBQAE9V0
悠貴「……」
カッポカッポ

リョウ「……安定してるな。本当に初めてか?」

悠貴「はいっ!この子がすごく大人しくて、いう事聞いてくれるお陰だと思いますっ!」

リョウ「馬の気性も少しは関係あるかもしれないが、それだけじゃないだろう」

リョウ「乗馬に大切なのはバランス感覚と身体の柔らかさ……特に股関節の柔らかさが大事とされている……と聞いた」

リョウ「ユウキは確か部活ではハードルをやってるんだったな?そういった所も関係してるんだろう、驚くほどスムーズに乗れてる」

悠貴「そ、そうなんですかっ?」

267: 名無しさん 2017/02/03(金) 15:58:54.56 ID:pQBQAE9V0
悠貴「そういえば、坂崎さんはお馬さんを飼ってるんですよね?」

リョウ「まぁ飼ってるって言っても牧場に預けきりだから普段から世話してる訳じゃなかったが……」

リョウ「その馬も気が荒くてな……最初の方はなかなか苦労したぜ。だが根気強く接していれば分かり合えるもんだ。その辺は馬も人間も一緒だ」

悠貴「へえ~……でもっ、やっぱり馬に乗った坂崎さん、様になってますっ!いつもよりかっこいいですねっ!」

リョウ「そうか?ありがとうな」

268: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:06:25.34 ID:pQBQAE9V0
カッポカッポ

悠貴「……わあ……きれいですねっ!」

リョウ「ああ。馬に乗って普段より高い目線で見ると……海もまた違った表情に感じるな」


悠貴「……そうですね……あの、坂崎さんっ、私がプロダクションに入れてもらうときにお話ししたこと、覚えてますかっ?」


リョウ「ああ……色々話したが……どの話だ?生野菜が食えない話か?」

悠貴「そ、そっちじゃないですっ!」

269: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:11:09.72 ID:pQBQAE9V0
リョウ「ははは、冗談だ、身長の方の話だろ?」

悠貴「は、はい。昔の私は、周りの娘と比べて一回り身長が高くて……それがちょっと悩みでした」

悠貴「おしゃれは好きなんですけど、気に入った服はサイズが合わなかったり、クラスでは男の子よりも身長高いことが多いからなんだか怖がられちゃってたみたいだし……」

悠貴「でもっ、アイドルになってからは色々と考えが変わりました」

270: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:17:54.95 ID:pQBQAE9V0
悠貴「背が高いとLIVEの時遠くまで見渡せるんです。色んなファンの人たちの顔が見えて……それにダンスでも褒めてもらえましたしっ」

悠貴「背が高いからこそ見える景色……今の、馬に乗って見てる景色もそうですけど、この景色を身長で悩んでた頃の私に見せてあげたい……今はそんな風に思えるんですっ!」

悠貴「……えっと、それで、色んな経験をさせてくれる坂崎さんには改めてお礼が言いたくって……ありがとうございますっ!えへへっ……」

リョウ(……)

リョウ(素直で良い子だ……)
ホワワ


271: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:25:56.14 ID:pQBQAE9V0
リョウ「かわいくてしょうがない……俺の妹にならないか?」

悠貴「えっ!?」

リョウ「……いや、間違えた。なんでもない」


リョウ「成長したなユウキ。いや、してるな、の間違いか」

リョウ「ユウキがその素直で前向きな気持ちを失わない限り、お前はどこまでも大きくなれるよ。もちろん、人間的な意味でな」

悠貴「……はいっ!」


272: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:31:45.06 ID:pQBQAE9V0
リョウ「後は生野菜を食えるようにならねえとな」

悠貴「……は、はいっ……でもでもっ!それなら坂崎さんもお漬物をっ!」

リョウ「ぐっ……」




加蓮「あっ、二人ともいたいた。やっと追い付いたよ」
カッポカッポ

有香「ようやくコツを掴んできました!」

悠貴「みなさんっ!」

273: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:40:48.65 ID:pQBQAE9V0
美波「みんな早くもコツを掴んで……追い付けました」

リョウ「ん?拓海はどうした?」

加蓮「あれ?さっきまで……」


拓海「ヒャッハアアアアアアア!!」
パカラパカラ

有香「だ、ダッシュしてますね、猛烈に……」

274: 名無しさん 2017/02/03(金) 16:43:43.14 ID:pQBQAE9V0
拓海「潮風超気持ちいいいいいいい!!いや、アタシこそが風!潮風だ!!」
パカラパカラ
バシャバシャ

スタッフ「拓海さん!ダメです!走るのは危険なので禁止です!!」


拓海「アッハッハッハッハ!大丈夫だっつの!もうアタシらは人馬一体、一心同体……うわっ」
グラッ
バシャーン


リョウ「……」

283: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:07:37.90 ID:1oqRZloR0
加蓮「結局海に落ちたね、拓海」

リョウ「しかし、本当に気をつけろよ拓海。一歩間違えれば大怪我だからな」

拓海「う、うるせーっての……けどまだ昼過ぎか。こっからどうすんだ?」

有香「えーっと、イベント情報によると……あっ、今日は夕方からお祭りがあるみたいですね」

悠貴「お祭りですかっ!」

284: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:15:30.30 ID:1oqRZloR0
拓海「へえ~!良いじゃねえか!行こうぜ行こうぜ!祭り!」

加蓮「あっ、それならさ、その前に街の方に行って浴衣買わない?お祭りと言ったら浴衣でしょやっぱり」

拓海「おっ、良いこと言うじゃねえか加蓮!この旅行で初めてお前と同じ意見だぜ!」

リョウ「よし、じゃあ街の方に行くか」

285: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:20:58.98 ID:1oqRZloR0
市内
デパート

悠貴「わあっ!浴衣って色々あるんですねっ!どれも可愛いなぁ……」

有香「やはり浴衣は和服ですから、普通のファッションよりも落ち着きますね……」

加蓮「本当に色々あるねえ……えっ、こんな裾が短いのもあるんだ」

拓海「おっ、こりゃなかなかマブイ柄だなオイ。やっぱり日本の夏は浴衣だぜ」

美波「いろいろあって目移りしちゃう……あっ、この柄……」

スタッフ「気に入ったものがあれば、ご試着も出来ますからね」

286: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:26:16.82 ID:1oqRZloR0
リョウ「……」

美波「あれ?坂崎さんは浴衣、選ばれないんですか?」

リョウ「ははは、俺が浴衣着たってしょうがないだろ?お前たちは領収書切っとけば事務所に帰ったときに経費で落ちるかもしれないぞ、衣装代として」

美波(ま、まさか坂崎さんから経費なんて言葉が出るなんて……!じゃなくって!)

加蓮「えー?坂崎さん浴衣着ないのー?」

287: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:33:46.76 ID:1oqRZloR0
拓海「んだよ、ノリわりいな……あ、あっちなら良いんじゃねえか、そんなに金かからねえだろ」

有香「あ、レンタルですか!」

悠貴「そうですよっ!せっかくですし、坂崎さんも浴衣着ませんかっ?」

リョウ「うーん、確かにレンタルなら……いや、しかしなぁ」

加蓮「まぁまぁ良いじゃない♪私たちが似合うの選んであげるから♪」

288: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:43:02.50 ID:1oqRZloR0




リョウ「……お、おい、これ変じゃないか。大丈夫か」

加蓮「全然!似合ってるよ、うん!」

拓海「……色はやっぱりオレンジなんだな」

美波「普段から空手着を着られてますから、違和感ないですよ」

悠貴「わあ!かっこいいですよっ!」

有香「どうですか?むしろ普段着より落ち着きませんか?」

289: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:51:30.96 ID:1oqRZloR0
リョウ「ど、どうだろうな。足が動かしにくいから俺としては違和感を感じる」

加蓮「大丈夫大丈夫、すぐに慣れるって」


拓海「よっしゃ、じゃあアタシらも着替えるか。なんでもそこの店で着付けに髪のセットまでやってくれるんだってよ」

加蓮「そうなんだ。じゃあ坂崎さん、ちょっと待っててね、お色直ししてくるから♪」

美波「加蓮ちゃん、ご機嫌だね?」

加蓮「えへへ、浴衣着るのも憧れてたんだよね~♪」
ヤンヤヤンヤ

290: 名無しさん 2017/02/04(土) 10:59:51.72 ID:1oqRZloR0
リョウ「……」
ポツーン

リョウ(お、おいおい、一人でこの恰好だとなんだか恥ずかしくなってきたぞ)

リョウ「……しょうがねえな」


1時間後

加蓮「おっまたせ~♪どう坂崎さん……アレ?いない」

拓海「なんだよ、待ちくたびれてどっか行っちまったのか」

291: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:05:31.19 ID:1oqRZloR0
美波「一体どこに……あら?あそこに人だかりが……」

有香「あのオレンジの着物に金髪の後ろ姿は間違いなく坂崎さんですが……何やら写真をせがまれてるみたいですね」

悠貴「格好いいからでしょうかっ?」

加蓮「……なんか嫌な予感してきたけど……」

拓海「お~い!サカザキ~!」

292: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:12:11.69 ID:1oqRZloR0
リョウ(天狗面)「おうお前たち!やっと終わったか!」
クルッ

加蓮「やっぱり!」

拓海「またそのお面かよ!もうそれいい加減止めろよ!」

リョウ「い、いや、この恰好で一人だと妙に気恥ずかしくてな……思わず顔を隠したら、なんだか名物キャラに勘違いされたみたいだ」
カポ

美波(そ、そのお面は恥ずかしくないんですね……)

293: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:21:03.53 ID:1oqRZloR0
リョウ「それよりもみんな、浴衣似合ってるじゃないか。うんうん、絵になるなやはり」

加蓮「そうでしょそうでしょ?厳選したんだから♪」

悠貴「ピンクの浴衣、可愛くてお気に入りですっ!」

リョウ「髪型も……美波のアップは普段見ないから、新鮮味があるな」

美波「あ、はい。着付けの先生にかんざしを貸して頂けたので、せっかくだから」


294: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:27:18.83 ID:1oqRZloR0
拓海「お、なかなかいい時間だな。そろそろ祭りの会場に向かおうぜ。確か海の近くの公園だったな」

有香「はい、ここから歩いてでも行ける距離ですよ」



スタスタ

有香「こうして見ると、あたし達以外にも浴衣を着てる人たちが結構いますね」

拓海「ってことはアタシらと同じく祭りに向かってるんだろうな」

加蓮「けっこう人が多くなりそうだね」

295: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:35:42.87 ID:1oqRZloR0


???「……ねぇ?あの娘たち、極娘の人達じゃないかな?」

???「え?あ、本当だ……私たちみたいに仕事で来てるのかな?」

???「どうなんでしょう?でも、浴衣着てるってことは極娘の人たちもお祭りに向かってるんじゃないでしょうか」

???「それならさ、声かけてみようよ!おーい!そこのお嬢さんたち!」

???「あっ、未央!……もう」


296: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:42:05.32 ID:1oqRZloR0
拓海「ん?誰だ……ってお前たちは!」

未央「どうもー!ニュージェネレーションズの本田未央でーす!」

リョウ「君たちは……確か美城プロダクションの所の娘たちか」

凛「あ……私はニュージェネレーションズの渋谷凛……です。どうも」

卯月「あ、あなたは極限drea娘さんのプロデューサーさんですよね?初めまして、ニュージェネレーションズの島村卯月です♪」

297: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:48:53.55 ID:1oqRZloR0
凛「加蓮、何してるの沖縄で」

加蓮「あー、私たちは……まぁ慰安旅行ってやつかな。そっちは?」

拓海「え!?加蓮、お前知り合いなのかよ。いや、アタシもニュージェネ自体は知ってたけどよ、今まで共演したことなかったよな?」

加蓮「うん、凛とは中学の時同級生だったんだ。まぁ私は入院がちでほとんど絡みは無かったんだけど、こないだドラマの撮影でスタジオに入ったときにたまたまニュージェネと鉢合わせてさ。それ以来メールとかしてたんだよ」

卯月「それに、私たちも極娘さんの事は良く知ってます!この前のLIVE映像見せてもらって、感動しました!」

298: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:53:15.35 ID:1oqRZloR0
美波「え、本当?それは嬉しいな」

凛「それで加蓮、さっきの質問だけど、私たちは沖縄の地方公演でこっちに来てたんだ。で、公演は昨日で終わったんだけど……」

未央「今日お祭りがあるって聞いてプロデューサーに無理言って、一日だけお休みもらったって寸法なのさ!どうだい!」
フフン

拓海「なんでお前が威張ってんだ」

卯月「それで、私たちもこれからお祭りに向かってるんですけど、もし良かったらご一緒しませんか?色々お話しもお伺いしたいですし、私、みなさんとお友達になりたいです!」

拓海「良いんじゃねえか?祭りは人数多い方が盛り上がるだろうし。良いよな?サカザキ」

299: 名無しさん 2017/02/04(土) 11:57:21.42 ID:1oqRZloR0
リョウ「それは全く構わないが、君たちの所のプロデューサーにあいさつしておきたいんだが、どこに?」

未央「あ~、私たちのプロデューサーなら、多分ホテルだよ。『片づけなければいけない事務仕事があるので……みなさんだけで楽しんできてください』って言ってた」

リョウ「ああ、そうなのか……じゃあとりあえず俺の名刺を渡しておくから、君たちのプロデューサーにも渡しておいてもらって良いか?」
スッ

凛「はい。預かっておくよ」

未央「よし!それじゃお祭りへレッツGO!」

311: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:00:28.09 ID:S31nC6000
祭り会場
ガヤガヤ

拓海「おお!なかなか賑わってんじゃねえか!」


美波「人がたくさん……!」

未央「出店もいっぱいあるよ!よーし、食べるぞ~!」
ダッ

拓海「んなっ!?チッ、アタシらも負けてられるか!行くぞ有香!」

有香「ええ!?は、はい!」

312: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:06:25.52 ID:S31nC6000
加蓮「あっ、ねえねえ見て、変なポテトが売ってる。なにこれ?」

凛「えっと、ハリケーンポテト?だって」

悠貴「へえ~っ、面白い形ですねっ!」

加蓮「よし、今日はここのジャンクなフードを制覇する勢いで行ってみよう!」

卯月「お付き合いします♪」

313: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:10:48.97 ID:S31nC6000
リョウ(……みんな楽しそうで何よりだ)

リョウ(祭り、か)

リョウ(ギースのフェスの誘い……そろそろあいつらに伝えねえとな……)



リョウ(まぁギースの奴はただの祭りで済ます気はないだろうが)

314: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:18:14.82 ID:S31nC6000


拓海「ああ~!祭りで食う焼きそばって何だか知らねえけど美味えよな~!」
ズルズル

未央「うんうん!わかるわかる!」

有香「なんでしょうね……お祭りで気持ちが高ぶっているせいもあるんでしょうか」

リョウ「あんまり食いすぎるなよ。腹壊しても知らんぞ」

拓海「おっ、サカザキ。楽しんでるか?これやるよ」
ヒュッ

315: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:24:43.24 ID:S31nC6000
パシッ
リョウ「おっ……これは、ラムネか?」

拓海「おう、夏に、祭りと言えばやっぱこれだぜ!気分が大事だからな、気分が」

リョウ「…ありがとうな。頂くぜ」
スタスタ


未央「……ねぇねぇ、たくみん。ちょっと聞いてもいいかな?」

拓海「誰がたくみんだ。なんだよ?」

未央「うん、たくみん達ってさ――――――」


316: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:30:20.35 ID:S31nC6000


加蓮「……えいっ」
パシュ

凛「外れだね」

卯月「それっ!」
パシュッ

悠貴「卯月さん、惜しいですっ!」

リョウ「……ん?ジャンクフード制覇するんじゃなかったのか?」

加蓮「あっ、坂崎さん。そのつもりだったんだけどさぁ、ポテト食べたら割ともうお腹いっぱいになっちゃって」

317: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:38:44.79 ID:S31nC6000
リョウ「それで、今は射的か」

美波「坂崎さんもどうですか?」

リョウ「……よし、じゃあ一回やってみるか」

リョウ「……そこだ!」
パシュ
スカ

リョウ「……なかなか難しいもんだな」

美波「じゃあ、私もやってみますね……えい!」
パシュ
パタン

318: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:48:00.05 ID:S31nC6000
悠貴「おーっ!」

卯月「美波さん、お上手です!」

凛「……一発だったね」

リョウ「器用だな……まぁみんなで楽しんでくれよな」
グビ
スタスタ


凛「……ねぇ。聞いても良い?」

加蓮「ん?何を?」

凛「加蓮たちは……いや、極限drea娘はさ――――――」


319: 名無しさん 2017/02/05(日) 10:55:54.70 ID:S31nC6000
浜辺

リョウ「……」
グビ

リョウ(昼間は賑わってた浜辺も、祭り中には静かなもんだな)

リョウ「……ん。ラムネ、飲み切っちまったか」

スタスタ

リョウ「……美波か。お前も人混みから逃げてきたクチか?」

美波「あはは……少し苦手なんです、人の多いところ……」

美波「こんな静かな海を見ているのも、私らしい夏祭りかなって思います」

320: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:01:03.71 ID:S31nC6000
美波「あの、坂崎さん。もし良かったら、ちょっと海辺……歩きませんか」

リョウ「……そうだな」



スタスタ
ザッザッザ



美波「……」

リョウ「……そういえば、ここ2日は太陽に当たりっぱなしだったな。肌とか、大丈夫か?」

321: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:04:41.05 ID:S31nC6000
美波「ちゃんと日焼け止めも塗ってましたから、大丈夫ですよ。それに私、夏生まれですから」

リョウ「へえ?ってことは誕生日近いのか?」

美波「はい、私、7月27日生まれなんです。もう少しですね♪」

リョウ「奇遇だな。俺も8月2日生まれで、もう少しだ。まぁ俺はもう誕生日をいちいち喜ぶような歳でもないけどな」

322: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:13:38.38 ID:S31nC6000
美波「そんなことありませんよ。今度また、お祝いしましょうね?お互いに。……あ、っていうことは坂崎さんも獅子座なんですね……ちなみに坂崎さん、血液型は、何型なんですか?」

リョウ「血液型?え~、確か……O型だ」

美波「……!……ふふっ」

リョウ「どうかしたのか?」

美波「いえ、なんでもありません。ただ、お揃いだなって」

リョウ「?」

323: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:19:28.28 ID:S31nC6000
美波「……夏生まれだからって言うわけじゃないですけど、この夕日を照り返す静かできれいな海を見てたら、しみじみ感じます。やっぱり私は、海から離れられないんだなって」

リョウ「……俺も結構騒がしいのは苦手でな。良く修行のために静かなところに行ってたが、大概は山籠もりだった。だが、こういう静かな海ってのは良いもんだな。次からは修行で海籠りってのも良いかもな」

美波「ふふ、海、オススメですよ」

リョウ「そういえば美波のその名前も、もしや」

美波「はい。パパが海洋学者なんですけど、『ときに激しく、ときにやさしい、波のように』って、付けられた名前なんです」

324: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:24:38.13 ID:S31nC6000
リョウ「ピッタリじゃねえか。ただ、俺の感覚からすると、この波はやさしく感じることが多いかもな」

美波「ふふ、それなら激しい波は、LIVEでお見せしますよ。きっと、ね」



美波「あっ、坂崎さん、襟がちょっと乱れてますよ。じっとしてて……」
キュッ

リョウ「そういう美波も、ちょっと乱れてるぞ」
キュッ

美波「あっ……ふふ、まぁ誰も見てませんから、良いですよね」

リョウ「……その浴衣の柄、どこかで……最近見たような」

325: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:30:14.63 ID:S31nC6000
美波「ええ。あそこの茂みを見てみてください」

リョウ「……ああ!そうだ、あの花だ。美波の浴衣の柄の花だ」

美波「ええ、そうです。琉球朝顔……。いろいろ考えて、浴衣はこれに。青くて強い、絆の花……」

リョウ「絆?」

美波「はい。琉球朝顔の花言葉は『愛情の絆』……坂崎さんが愛情を込めて育ててくれた、固い絆。そんな気持ちも籠ってます」

326: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:37:38.79 ID:S31nC6000
リョウ「……なんだか、照れちまうな。だが俺は、特に美波には迷惑というか、逆に世話になりっぱなしだ。なんとか恩を返せればいいんだが」

美波「そんな、恩だなんて……。坂崎さんには色んな新しい世界も見せてもらってて、危ない所も助けてもらってて……恩を返したいのは、こっちの方ですよ」

リョウ「いやいや、そんな風に言ってもらえるのは嬉しいがな……」

美波「いえいえ、私の方こそ……」

美波「……ふふっ、やっぱり私たち、こういう所は似ているのかもしれませんね」

リョウ「……ああ、そうかもな」

327: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:42:24.44 ID:S31nC6000
リョウ「……なぁ、美波。俺はお前に……いや、お前たちに伝えなきゃならないことが……ん」
ピッ

美波「そこまで、です、坂崎さん。私たちに伝えなきゃいけないことなら、みんなが集まってからじゃないと」

リョウ「……そりゃそうだ」



拓海「―――――だったら、発表してくれていいぜ、サカザキ」

リョウ「……!」

美波「……みんな……!」

328: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:49:34.65 ID:S31nC6000
加蓮「なになに、騒がしいお祭りを抜け出して、静かな海で秘密の逢引?妬けちゃうな~」

美波「えっ!?こ、これはそういうのじゃ……!」
オタオタ

悠貴「あ、あいびき……っ!」
ドキドキ

有香「合い挽き?」

329: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:53:37.60 ID:S31nC6000
リョウ「……美波、拓海、有香、ユウキ、加蓮。お前たちに伝えなきゃいえないことがある。本当は明日伝えようと思ってたんだが」

リョウ「今から3か月後、プロダクションの垣根を超えたアイドルの一大フェスティバル、『クイーン・オブ・ザ・アイドルズ』が開催される。主催はReppuのとこの事務所、覇我亜怒プロダクションだ」

リョウ「会場の規模、参加の条件、どれをとっても断る理由はない」

リョウ「だが、俺は主催者の男の事を知っている。恐らく今回のフェスはReppu以外の出演グループを当て馬にする腹積もりだろう。いや、引き立て役か。それくらいの事は考える男だ」

330: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:56:32.63 ID:S31nC6000
リョウ「もし下手を踏めば今後はずっとReppuの日陰に追いやられるかもしれない」

リョウ「どうす……」

拓海「やるよ。やる。決まってんだろ」

加蓮「ふふっ、坂崎さん。もうそれなりの付き合いになってきたんだから、本当は聞かなくてもわかってたでしょ?」

リョウ「……お前ら」

331: 名無しさん 2017/02/05(日) 12:00:39.45 ID:S31nC6000
拓海「っていうかよ、実はさっき未央達に聞かれて、知ってたんだよ、もう。あいつらも招待状もらったらしくてな」

悠貴「私たちも、凛さんに聞いてましたっ!」

美波「坂崎さんのお話しを聞いても、私たちは出たいと思っています。怖さはあっても、やっぱりそれ以上に楽しみの方が大きいですから」

有香「でも、やっぱり出る以上は負けたくありません!Reppuにはもちろん、ニュージェネの皆さんにも、それ以外のところにも!」



リョウ「それについてだが、俺から一つ案がある。この案で行くならこの旅行から帰ったらきついレッスンが始まるだろう。しかも、失敗したらお前たちは大観衆の前で恥をかくかもしれない」

加蓮「……」
ゴク

332: 名無しさん 2017/02/05(日) 12:04:15.84 ID:S31nC6000
リョウ「……だが、もし成功すれば、俺はReppuのパフォーマンスに対抗できると思う」

リョウ「ギースは……Reppuは天才達だ。前回のパフォーマンス……あれを超えるレベルのモノを出してくるだろう。自分らで開くフェスだからな」

有香「前回のレベルを超えてくる……!」



リョウ「だったら、俺たちが勝つには限界を……極限を超えなきゃいけない」

拓海「上等だよ!むしろそうでなくっちゃな!」


333: 名無しさん 2017/02/05(日) 12:09:04.53 ID:S31nC6000
加蓮「私たちは今までも壁を越えてこられた……今回もきっと大丈夫だよ」

有香「気合が入りますね……押忍!」

悠貴「精一杯、頑張りますっ!」


美波「……坂崎さん。私たちも一見すると、無謀に見えるかもしれません」

美波「だけど、それは無謀じゃないんです。だって事務所には、社長が、ちひろさんが、キングさんやトレーナーさん……そして坂崎さんがいる」

美波「帰る港がある……それだけで、私たちはどんなに厳しい海にだって、漕ぎ出していけるんです」

334: 名無しさん 2017/02/05(日) 12:15:55.75 ID:S31nC6000
美波「だから、坂崎さんは港の灯台であり続けてください。それだけで、私たちは強くなれる」

リョウ「……ああ。もちろんだ。お前たちが強くなるんだったら……俺はなんでもやってやる」

リョウ「……よし!お前ら、あっちに帰ったら地獄の特訓が始まるぞ!今のうちに思い残すことが無いように、祭りを楽しんで……おっ」

ヒュ~
パアン
ドン

拓海「おいおい花火かよ!おいみんな!もっと近くに見に行こうぜ!」
ダッ

有香「あっ、拓海ちゃん!待ってください!」


335: 名無しさん 2017/02/05(日) 12:19:10.41 ID:S31nC6000
加蓮「もう、あんなにはしゃいじゃって……私も行こ」
タッ

悠貴「あっ!みなさん、待ってくださいっ」
タタッ

ヒュ~
パアン
ドドン

美波「……これから、ですね」

リョウ「ああ、これからだ。この花火はさしずめ景気づけの一発ってやつだな」

リョウ(残り3か月。俺の伝えられる全てを、皆に伝える)

343: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:08:08.96 ID:jYjj1gav0
翌日
空港

リョウ「よし、次の便で東京に戻るぞ。あっちに戻ったら解散だ」

拓海「ついにこの沖縄の熱い海ともお別れか……」

加蓮「本当に楽しかったよね。色々と憧れが実現しちゃったし」

有香「得難い経験をしました!」

悠貴「またみんなで来たいですねっ!」

美波「みんな、忘れ物は……あら?向こうから走ってくるのは……」

344: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:15:13.23 ID:jYjj1gav0
未央「おーい!みんな~!」
タッタッタ

拓海「ニュージェネじゃねえか」

卯月「お見送りに来ました!」

加蓮「ニュージェネのみんなは東京帰らないの?」

凛「いや、次は広島で公演があるんだよ」

345: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:22:32.45 ID:jYjj1gav0
美波「ニュージェネのみんなはツアー中でしたね……広島に行ったら、是非宮島にも行ってみてね♪」

悠貴(そういえば美波さんは広島のご出身でしたねっ!)

未央「ねえ、ところでさ、極娘も今度のフェスは出るんだよね?」


有香「はい。ニュージェネレーションズの皆さんとは初共演になりますね」


未央「ふむふむ、なるほど……ねえねえたくみん、ちょっとこっち来て」

346: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:29:41.38 ID:jYjj1gav0
拓海「あん?なんだよ」


未央「……」
ゴニョゴニョ

拓海「……」
ゴニョゴニョ

拓海「……面白え話だけど、上手くいくかは分かんねえぞ?」

未央「そこをなんとか!あの娘たち最近ますますメディア露出減ってるからさ、接点がないんだよ。だからさ、なんとか、お願い!」

拓海「……まぁやってはみるぜ。内容自体はアタシも賛成だからな」

347: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:36:16.15 ID:jYjj1gav0
リョウ「そろそろ飛行機の時間だ。行くぞ」

卯月「それじゃあみなさん!またフェスでお会いしましょうね!」

悠貴「はいっ!それではまたっ!」






加蓮「……拓海、さっき未央と何話してたの?」

拓海「ん?あぁ、また後でな……」

美波「?」

348: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:46:38.59 ID:jYjj1gav0
東京
空港

ロバート「おう!みんなおかえり!」

リョウ「ロバート」

ロバート「おうリョウ……ていうか色黒っ!もう色黒金髪あんちゃんとか完全にチンピラやんけ!」

リョウ「そ、そうか?」

349: 名無しさん 2017/02/06(月) 23:58:01.97 ID:jYjj1gav0
ちひろ「沖縄旅行はどうでしたか?」

悠貴「社長さんっ!ちひろさんっ!」

加蓮「楽しかったよ、色々と。ね、拓海?」
ニヤニヤ

拓海「やめろや!」

美波「社長さん、改めて今回の旅行を手配していただいて、ありがとうございました。本当に得難い体験が出来ました」

350: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:04:06.84 ID:MEnvYX2u0
ロバート「ははは、ええんやええんや。色々と土産話も聞きたいところではあるが……リョウ、例の話は?」

リョウ「ああ、フェスの事は伝えてある。みんなやる気だ」

ロバート「お、おうそうか!それなら……」

リョウ「そのことだが、俺から話がある。お前たちはここで解散だ、明日から体力的に厳しくなるから、今日は早く帰ってゆっくりしてくれ」

ロバート「話……?まぁええわ、外にカーマンを待たしとる、家に送るようにいってあるから、みんな今日はまっすぐ帰るんやで」

有香「はい」

351: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:13:07.12 ID:MEnvYX2u0


事務所
ロバート「……で、なんや話ってのは?」

キング「またプロデューサーを辞めるってな話かい?」

リョウ「カンベンしてくれ、キング……話ってのは他でもない、今度のフェスについてだ」

ロバート「ああ……彼女らがやる気になってくれたらしいのは嬉しいし、条件面でも事務所的には願ったりかなったりやけど、その、実力的なところやな」

キング「もちろんあの娘たちのパフォーマンスも素晴らしいよ。伸びしろもある。ただ……」

リョウ「ただ、このまま3か月後のフェスに臨めば確実にあいつらはReppuの踏み台に終わる……ってんだろ?」

352: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:21:51.33 ID:MEnvYX2u0
ロバート「……ああ、厳しいこと言うようやけど、3か月って期間はこっちだけじゃなくてあっちも同じや。前回の時点であのパフォーマンスが、3か月の期間で一体どんな恐ろしいモン仕上げてくるんか、正直想像もつかん」

キング「ましてや、利益度外視で自分たちから仕掛けてきたフェスだしね。相当の自信があるんだと思うよ」

リョウ「確かに残り期間を真っ当にレッスンに当てても相手を上回るのは難しいかもしれない。だから、だ。俺から提案がある」

ロバート「なんぞReppuに対抗できる案があるんか?」

リョウ「ああ。実は―――――」

353: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:27:14.72 ID:MEnvYX2u0



ロバート「……な、なんやと……」

キング「あんた……正気かい?」

リョウ「あいつらと張り合うなら、正気じゃ無理だろう」

ロバート「お前、自分が何言うてんのかわかっとるんか……?そんなん、出来るわけないやろ!?あと3か月やぞ!?」

ロバート「いや、3か月っていうか、そんなん3年やったって無理や!それこそ人生を捧げるくらいでやっとどうかってレベルの話やろ!」

354: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:36:40.76 ID:MEnvYX2u0
リョウ「正確にはその境地まではいけなくてもいい……その一歩手前のところにでもいければ、あるいは」

キング「……仮にそこまでいけたとしてもだよ。それが観衆に伝わらなかったらどうするのさ。もしそうなったら、あの娘たちは良い道化だよ」

リョウ「伝わるはずだ。それが完成までいければ、間違いなくな」

キング「なんだいその自信は……まぁわからなくはないけどね。本当に完成までいけば、の話だけど」

ロバート「な、なんにしても成功の見込みが低いし、リスクがでかすぎる!そんな危ない橋渡らんでも……」

リョウ「なら、お前たちは他にあいつらがReppuに3か月で対抗できる手を思いつくか?さっきお前が言った通り3か月であいつらももっとでかくなるぞ」

355: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:44:56.22 ID:MEnvYX2u0
ロバート「……むう」

キング「プロデューサー辞めるって言ったかと思えば沖縄行って、帰ってきたらとんでもないことを言い出すんだからね……あの娘たちもつくづく大変な事務所に入っちまったもんだよ」

リョウ「……キング、協力してくれないか?」

キング「……どうせ私は雇われの身だしね。雇い主がやれというならやるだけだよ。ロバート、どうなんだい」

ロバート「……」


356: 名無しさん 2017/02/07(火) 00:52:52.34 ID:MEnvYX2u0
ロバート「……リョウ、一つだけ確認させてくれ。もしこの案でいって、本番これが大失敗して、最悪アイドル生命断たれるようなことになったら、お前はどうする気や」

リョウ「一生あいつらの面倒を見る。それくらいはさせてもらう」

ロバート「……わかった。なら、エエ。せやけど、この案で行くなら今後のスケジュールとかはお前が動いやすいように決めぇ。あの娘らの仕事とかも絶対に外せないもの以外は基本的に減らしていく」

リョウ「ああ。すまないな、みんな」

キング「別に礼を言われる筋合いはないよ。私たちだって、あの娘らを勝たせられるなら勝たせてやりたい。それくらいの愛着はあるからね」

ロバート「そういうこった」

357: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:04:23.65 ID:MEnvYX2u0
都内
覇我亜怒プロダクション事務所


ギース「……フフフ」

つかさ「お、ボス、一人で不気味に笑ってんな。なんか良いことあったか?」

ギース「フッ、なに、今度の『QOI』の参加の返事が返ってきたのだ。これで私のほぼ狙い通りの出演者を確保できた」

志希「QOI?……ああ、クイーン・オブ・ザ・アイドルズの略の事ね~」

358: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:08:49.83 ID:MEnvYX2u0
ギース「これで舞台は整った。後はお前たちがあの曲をマスターすれば、アイドル界は我々を天に頂くことになるだろう」

レナ「大げさな人ね」

真奈美「まぁそれくらいの気概を持てという事だろう。確かにこの曲は難解だ」


茄子「とんでもない組み合わせですもんね~」

ギース「だからこそ、だ。お前たちには何としてもマスターしてもらうぞ!ハッハッハッハ!」

359: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:14:16.28 ID:MEnvYX2u0
外伝
プロデューサー・ギース・ハワード


約半年前

周防辰巳「ぐ……は……ギース……貴様……」

ギース「我が師よ……安心しろ。この当て身投げを私が会得した瞬間、私は最強の男となった」

ギース「貴様の技は私の最強伝説とともに永遠に生き、語り継がれるのだ」

360: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:17:24.91 ID:MEnvYX2u0
周防辰巳「貴様……は……何も……わかって……いない……」

ギース「何?」

周防辰巳「この技は……当て身投げは……大切なものを……守るための……技だ……」

ギース「……」

周防辰巳「断じて……他人の命を奪う……殺人のための技では……ない」

ギース「なにを言うかと思えば……この技は正真正銘の殺人拳だ。今まさに無様に果てようとしているその身が一番わかっているだろうに」

361: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:22:02.93 ID:MEnvYX2u0
周防辰巳「……貴様を……いずれ……正しい心を持つ者が……止めてくれることを……」
ゴホッ

ギース「……遺言はそれだけか?ただ技を奪うためだけだったとは言え、仮にも我が師だったのだ。今私の手で楽にしてやろう」
スッ

周防辰巳(……すまん……マリー……願わくば……お前は復讐などに……囚われず……)

ギース「……[ピーーー]ぃ!」
ズアッ


周防辰巳「幸せに生きよ!マリー!!!」

ズン

362: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:27:27.10 ID:MEnvYX2u0
ギース「……大切なものを守るためだと?紛れもない殺人拳の使い手が、くだらん事を言うものだ」

ギース「周防辰巳……貴様は確かに強かったが、心から鬼がいなくなった時、即ち牙を失った時に既に飢狼としての貴様は死んでいたのだ」

ギース「だが、この当て身投げはまさしく無敵の技……この技に私の見切りと気の力が合わされば、ジェフもクラウザーも最早恐るるに足らん!ハッハッハッハ!」

ギース(……試したい。この技を……私の強さを……誰でもいい……)





ギース「空手道場か……大した獲物はいないだろうが、実験台となってもらおうか……」
ザッ

空手家「……ああ。極限流の龍虎が今日本に来ているらしい」

空手家B「一体何をしに?日本に道場でも作る気なんだろうか?」

ギース(……極限流?)


363: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:31:57.16 ID:MEnvYX2u0
空手家「ぐ……は……ば、馬鹿な……たった一人で……ば、化け物め……」

ギース「安心しろ、全員おそらく死んではいるまい」

ギース「それよりも聞きたいことがある。極限流が日本に来ているというのは本当か?」


空手家「……本当だ……今、東京に来ているらしい……」

ギース「ふむ。そうか……なるほどな。邪魔をしたな」
スタスタ

364: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:36:56.69 ID:MEnvYX2u0
空手家「ハァ……ハァ……」

空手家「……」

ギース「……」
スタスタ

空手家「……このまま帰すか!食らえええ!!」
グワ

ギース「……フッ」
ニヤリ

365: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:39:48.63 ID:MEnvYX2u0
空手家「うおおおおお!」

ガッ

空手家(馬鹿な、後ろからだったのに、受けられた!?いや、いや、これは――――)


ズガン

空手家「――――」
ガクッ


ギース「……くくく、ハッハッハッハッハ!当て身投げ、この技は完全に私のものだ!」

366: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:46:02.89 ID:MEnvYX2u0
ギース「……しかし、極限流だと?」

――――大切なものを、守るため――――

ギース「……フン、リョウ・サカザキ。そういえばヤツもそんな甘いことを言っていたな」

ギース「良いだろう!サウスタウンに帰る前に、先のキング・オブ・ザ・ファイターズでの借りを返してやろう!」



東京

ギース「確か極限流は東京に来ていると言っていたな。情報を集めなければな」

367: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:49:25.12 ID:MEnvYX2u0
BAR

格闘家風の男「兄ちゃん、もう一杯」

マスター「今日は飲みすぎですよ……ていうか今日こそはツケを払って頂けるんですか?」

格闘家風の男「ああ!?テメェ、お客様に酒を出せねえってのか!?ここは酒場、酒を出すための店だろうが」
ギロ

マスター「ひ、ひい……」

ギース「……そこまでだ。マスター、ここは私が支払おう、彼の分の酒を出してやれ」

368: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:54:45.11 ID:MEnvYX2u0
格闘家風の男「……あんちゃん、あんた、俺の知り合いかい」

ギース「いや。だが、聞きたいことがあってな。その酒は情報料、というわけにはいかないかな」

格闘家風の男「あんちゃん、おめぇもかなり使うんだろ。わかるぜ。だったら表に出な、聞きたい事は身体に聞けや」

ギース「やれやれ……手荒な真似をするつもりはなかったが、仕方ない。だが確認だ。お前はこの東京にきている極限流のことを知っているか?」

格闘家風の男「極限流?……ガハハハハ!極限流、よりにもよって極限流のことを嗅ぎまわってんのか!」

格闘家風の男「良いぜ!俺に勝てたら極限流のことを教えてやるよ!勝てたらの話だけどなぁ!」

369: 名無しさん 2017/02/07(火) 01:59:46.59 ID:MEnvYX2u0
格闘家風の男「馬鹿な……この俺が、手も足も……」

ギース「さて、約束だ。その為にわざわざ加減してやったのだ、話してもらおう」

格闘家風の男「……信じられねえかもしれねえが……極限流は……今……」

ギース「……」

格闘家風の男「……アイドル事務所をやっている……」


ギース「……」
ゴキィ

格闘家風の男「ぎゃあああああ!」
ビクビクゥ

370: 名無しさん 2017/02/07(火) 02:01:32.66 ID:MEnvYX2u0
ギース「私がジョークを好むような男に見えたのか?二度目はない、次は首を折るぞ」

格闘家風の男「ほ、本当だ!なんなら今から言う住所に行ってみろ!そこに事務所もある!」

ギース「……」

ギース(アイドルだと?どういうことだ)

371: 名無しさん 2017/02/07(火) 02:03:51.61 ID:MEnvYX2u0
ロバートプロダクション事務所前


ギース(……まさか、本当にあるとはな)

ガチャ

ギース(むっ、誰か出てくるな)


師匠「……」


ギース「失礼、そこの御仁。この事務所に、リョウ・サカザキという方がいると聞いてきたのだが、お会いできただろうか?」


師匠「……!」

ギース「……」

372: 名無しさん 2017/02/07(火) 02:06:01.68 ID:MEnvYX2u0
師匠「……いえ。ここにいらっしゃった方はそのようなお名前ではありませんでしたな」

ギース「そうでしたか。どうやら私の勘違いのようでした」

師匠「……」

ギース「……そう警戒されずとも良い。今ここで貴方と立ち会う気はない」

師匠「……そうですか。では」
ザッザッザッザ

ギース「……フン。その闘気こそここにリョウがいた何よりの証拠だ。……しかし、本当とはな」


373: 名無しさん 2017/02/07(火) 02:08:06.38 ID:MEnvYX2u0
ギース「フッ……極限流、日本まで来て何をやっているかと思えば、まさかアイドル事務所とはな」

ギース「大方、ロバート・ガルシアの気まぐれだろうが、随分と呑気なものだ」

ギース「……ハハハ、しかしアイドルか。なるほど、それもまた一興か。ハハハハハハ!」

ギース(良いだろう、ならばその余興に私も乗ってやる。アイドルのプロデュース、まずこれで貴様を打ち負かしてくれる!)




外伝
プロデューサー・ギース・ハワード
序章

終わり

379: 名無しさん 2017/02/08(水) 00:35:35.33 ID:iEd46ZBX0
翌日
事務所

リョウ「よし、みんな集まったな。昨日はしっかり休めたか?」

美波「はい、レッスンに全力で取り組めます!」

加蓮「もう10時間くらい寝たからね」

拓海「ていうかサカザキ改めてみると日焼けしすぎだろ!」

リョウ「そ、そうか?……って、拓海。余計なことは言わなくていい。体力は大丈夫かと聞いてる」

380: 名無しさん 2017/02/08(水) 00:41:17.25 ID:iEd46ZBX0
拓海「な、なんだよ……体力は全然平気だぜ」

リョウ「よし、それならいい。有香もユウキも大丈夫か?」

有香「は、はい!」

悠貴「大丈夫ですっ!」

美波(サカザキさん、少しピリピリしてる……?)

381: 名無しさん 2017/02/08(水) 00:50:28.03 ID:iEd46ZBX0
リョウ「さて、ここで最終の確認だ。一昨日、今度のフェスに向けて、俺から案があると言ったな。それを本当にやるかどうか、だ」

拓海「それだ。一昨日はやるって言ったけど、内容自体は聞いてないぜ、アタシ達」

加蓮「そうだね。なんか失敗したら大恥かくとか、レッスンが相当きついとか、そんなのしか聞いてないよ」

リョウ「そうだな。それも今から伝える」


リョウ「今度のフェスでお前たちがReppuに対抗するための案。それは……」

382: 名無しさん 2017/02/08(水) 00:57:17.24 ID:iEd46ZBX0
リョウ「お前たちには、龍虎乱舞を会得してもらう」


拓海「……は?」

美波「……え?」

悠貴「……?」

加蓮「……え、ちょっと」

有香「あの、坂崎さん、よく意味が……」

383: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:01:07.87 ID:iEd46ZBX0
リョウ「だから、お前たちには残りの3か月間で、極限流奥義の龍虎乱舞を会得してもらう、と言ったんだ」

リョウ「いや、正確に言えば乱舞に至る無我の境地、それを掴んでもらう、ということになるな」

拓海「い、いやいや、丁寧に言い直されてもわかんねえんだけど。乱舞って、こないだのハゲ親父が襲ってきたときにサカザキが最後にやったアレだよな……?」

加蓮「あんなの、どう考えても人間業じゃないと思うんだけど」

384: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:08:12.01 ID:iEd46ZBX0
リョウ「乱舞の概要については聞いてるか?」


美波「は、はい。坂崎さんが乱舞に入ったときに社長さんから……」

有香「極限流を極めたものだけが使える究極奥義……無意識に入り、鍛えた拳を、蹴りを、相手が倒れるまで打ち続ける……そう聞きました」

リョウ「そうだ。だからそれをLIVE用に応用する」

悠貴「応用、ですかっ?」

385: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:14:03.93 ID:iEd46ZBX0
リョウ「ああ。極限状態の時に意識は無我に至る。その状態で自然に湧き上がってくるステップをターンを、ステージで踊り続ける」

リョウ「乱舞を相手を打つ為ではなく。ダンスに使うわけだ」

リョウ「この乱舞状態の時に出る動きは身体にしみ込んだ動きだけだ。当然自分が最も練習した、鍛え続けた動きが出ることになる」

リョウ「つまり、自分の最も得意な動きが出ることになる」

リョウ「それを維持できれば、Reppuのパフォーマンスに対抗できるはずだ」

386: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:16:46.56 ID:iEd46ZBX0
加蓮「ちょっ、ちょっと待ってよ。それって、つまり決まった振り付けがないってことでしょ。ステージ上でバラバラの動きをするってことになるんじゃないの?」

リョウ「そうだ。だから今度のステージに関しては振り付けはもちろん、衣装も統一する予定はない」

拓海「そ、そんなの滅茶苦茶じゃねえか。もし万が一、乱舞が成功してもそれじゃあ勝てっこねえだろ!」

リョウ「ああ、これがもし審査員がついてての採点方式ならぜったいに勝てないだろう。滅茶苦茶だからな」

リョウ「だが、今回のフェスは表向きは争う形式ではないから審査員なんかいない。ようするに優劣を判定するのは観客たちの心ひとつだ」

387: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:21:27.39 ID:iEd46ZBX0
リョウ「つまり、客の心を一番動かした奴が勝つんだよ」

美波「……!」

拓海「客の心を……」

悠貴「動かす……っ!」

リョウ「……それに、何もずっと乱舞し続けろって話じゃない。あくまで乱舞に入るのは曲の終盤からだ。それまでは共通の振り付けで踊って、最高潮のところで乱舞に入る……ような構成の曲を作ってもらう予定だ」

388: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:25:01.30 ID:iEd46ZBX0
リョウ「……以上が、俺の持ってる案だ。もし一人でも反対の者がいるならこの案は止めようと思う。それだけリスキーで、望みの薄い案だ」

リョウ「それに、代案がある奴はどんどん発表してくれていいぞ。みんなで話し合って、どうするか決めよう」

リョウ「……この案に、反対の者は?」


美波「……」

拓海「……」

有香「……」

悠貴「……」

加蓮「……」

389: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:28:05.42 ID:iEd46ZBX0
リョウ「……いないのか?」

美波「無責任かもしれませんけど、私は坂崎さんの案に挑戦したいと思います」

拓海「もうここまで来たらどうにでもなれってんだ。その案に付き合ってやるよ」

有香「正直、極限流の奥義なんて、その一端でも私が掴めるか不安ですけど、やるだけやってみたいと思います」

悠貴「大丈夫ですよっ!私たちが全員で力を合わせればっ!」

加蓮「どうせ普通にやってたらReppuには勝てないもんね。良いよ、無理する時は今しかないもんね」

390: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:31:16.95 ID:iEd46ZBX0
リョウ「……悪いな。俺の我が儘に付き合わせちまって……」

リョウ「それじゃあ……新田美波!」

美波「はい!」

リョウ「向井拓海!」

拓海「おう!」

リョウ「中野有香!」

有香「押忍!」

391: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:33:12.97 ID:iEd46ZBX0
リョウ「乙倉悠貴!」

悠貴「はいっ!」

リョウ「北条加蓮!」

加蓮「はーい」

リョウ「『極限drea娘』以上5名、今日から乱舞習得のための修行……いや、レッスンに入る!もう待ったはなしだ!いいな!」

全員「はい!」




ロバート(……しかし、一体どんな特訓をやるつもりなんやろか……)

392: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:37:06.33 ID:iEd46ZBX0
外伝
プロデューサー・ギース・ハワード

街角

ギース「……」

ギース(フン……ひとまず街中にて良い人材はいないかと探してみたが、この街には飢狼も天才もいないか)

ギース「……くだらんな」
ザッ

はーい!OKでーす!

393: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:39:48.87 ID:iEd46ZBX0
ギース「……アイドルの番組の撮影か……フン、アイドルのレベルはあの程度か」

ギース(あの程度の水準では私がスカウトするに値しない……)

スタスタ
???「みんなー、こんにちわぁー♪今日は志希ちゃんが、みんなの刺客やに刺激的なヤツを焼き付けて、夜も眠れなくさせて、あ・げ・る~♪チラッ☆」

ギース「……!」

???「さっきマイク持ってた子、こんな感じだったかな。男子の視覚に一過性の刺激を与えて、充足させるヤツだよね。やってみたら案外ソレっぽいかもー」

394: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:43:07.70 ID:iEd46ZBX0
ギース「……君は、どこかに所属しているアイドルかね?」

???「いや~?志希ちゃんはふつーのJKだよ」

志希「それよりもお兄さん、なんだか刺激的な匂いがするね?」

ギース「……なに?身だしなみには気を付けているつもりだったが」


志希「いやいや、確かに表面的な匂いは香水の匂いだよ。うんうん、これはジェントルマンかな?」
ハスハス

395: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:46:23.42 ID:iEd46ZBX0
ギース「……」

志希「……けど、あたしが言ってるのはお兄さんの身体に染み付いた匂い。とっても刺激的で、危険な匂いがするよ」

ギース「……君の名は?」

志希「あたしは志希ちゃん!一ノ瀨志希だよ」

ギース(シキ……イチノセ……ああ、なるほど。どこで聞いた覚えがあると思ったが、ギフテッドか。まさか、日本に帰っていたとはな)

396: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:49:46.29 ID:iEd46ZBX0
ギース「シキ。お前は今何に興味を持っている?」

志希「んー……今一番興味があるのはお兄さんの匂いかな。あたしの今までの人生で、ここまで甘くて、なおかつ危険な香りは嗅いだことないかも」

ギース「そうか……私はギース・ハワード。今は日本でアイドル事務所を始めたばかりだ」

志希「……ギース・ハワード?……聞いたことあるかも」

ギース「シキ、私はこれからアイドル界の頂点を獲りに行く。所詮は余興ではあるが、その為に最高の人材を集めなければならない」

397: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:52:13.45 ID:iEd46ZBX0
ギース「もし、お前にこの危険な匂いを嗅ぎ続ける覚悟があるのならば、この住所の事務所まで来い」
ピッ

ギース「もしここに来れば、お前には最高の栄誉と、退屈しない時間……それを与えてやろう」

志希「へ~?キミ、匂いだけでじゃなくて、いう事も面白いんだね?」


志希「……だけど、あたしは栄誉なんてものには興味ないな」

志希「欲しいのは刺激的な時間と体験……それさえあれば、他はいらないよ」

398: 名無しさん 2017/02/08(水) 01:54:47.82 ID:iEd46ZBX0
ギース「フッ……約束しよう。だがそれはお前が私の要求に応えられれば、の話だが」

志希「良いよ~♪だったら事務所に行くまでもない、この場で約束しちゃう。だけど、あたし失踪癖があるからさ、そこは大目に見てね?」

ギース「フンッ、かまわん。つまらなくなったらいつでもどこへでも消えるがいい」

ギース「いいか、これは契約だ。私はお前に最高に刺激的な時間を、そしてお前は最高のパフォーマンスを。いずれかが不履行になった時、この契約は終了だ」

志希「にゃははっ、それは退屈しなさそうだね♪」

志希(……思えばアメリカの学校に行っても全然退屈だった。キミならあたしをトリップさせてくれるかもね?)


外伝
プロデューサー・ギース・ハワード
一ノ瀬志希 スカウト編

終わり

408: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:16:02.55 ID:8ZLIBoMt0
拓海「……それでよ、サカザキ。やるとは決めたけど、どんなレッスンになるんだ?」

リョウ「ああ。乱舞の覚醒に必要なのは『極限状態』と『気の力』だ。どちらか片方だけでもいけない」

リョウ「だから、レッスンをパートに分ける。まず、ダンスの基本的な動作を繰り返し繰り返し、とにかく繰り返し反復練習する。体力的に限界まで追い込まれるまでな」

加蓮「うわあ……」


409: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:23:03.32 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「基本的にはそれを一日やってもらう。だが、毎日そんなことやっていたらすぐに潰れちまう。絞るとはいえ、どうしても外せない仕事もあるしな」

リョウ「だから、1日ダンス練習の次の日、あるいは仕事が入っている日には、気の訓練に当てる」

リョウ「こっちの訓練は逆に体力的な消耗は少ない……が、かなり難しいものになると思う」

美波「1、体力を限界まで使うダンスレッスン→2、体力回復を兼ねた気のレッスン」

美波「これを本番まで順に繰り返していくということですね」

410: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:31:34.29 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「ああ。だがLIVE用の曲が完成したら、1のダンスレッスンの内容がLIVE曲のレッスンに切り替わる。曲自体の完成度も上げなければならなくなる」

拓海「……とんでもなくきつそうだな」

リョウ「とんでもなくきついぞ。無駄にできる時間は一時もないから、無駄にしないように組んだつもりだ」


スタスタ
キング「まぁ、そういうことだよ。引き続きダンスパートは私が見るからね、手を抜いてる奴がいたら、容赦なく叩き出すよ」

411: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:35:13.27 ID:8ZLIBoMt0
有香「き、キングさん!」

キング「まぁ私もかわいそうだとは思うけどね……恨むならあんた達のプロデューサーを恨みなよ?」

リョウ「キング、頼むぞ」

キング「ああ、任せときな。この娘たちをキッチリ極限まで追い込んでやるよ」

拓海「お……鬼……」

412: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:40:47.92 ID:8ZLIBoMt0
レッスンルーム

キング「加蓮!動きが鈍ってきてるよ!動きを鈍らすくらいならぶっ倒れるまで全力で踊りな!」


加蓮「そ、そんなこと言ったって……身体が……」
フラフラ

キング「まだ喋る余裕があるじゃないか!その体力をダンスに回しな!」

キング「美波!あんたもだ!体力を持たそうとして動きを緩めるな!八分の力で長々やったって意味がないんだよ!100%でやってすぐぶっ倒れる方がずっとマシさ!」

美波「は、はい!」
タンタン

413: 名無しさん 2017/02/09(木) 00:44:42.11 ID:8ZLIBoMt0


美波「はぁ……はぁ……」

悠貴「うう……」

加蓮「……」

有香「ああ……」

拓海「ダメだ……もう動けねえ……」


キング「うん、皆一通り潰れたね」

414: 名無しさん 2017/02/09(木) 01:04:00.20 ID:8ZLIBoMt0
キング「よし、じゃあ30分休憩したら第2部始めるよ」

有香「!?」

拓海「な、なんだよ第2部って!?もう終わりじゃねえのか!?」

キング「なにを言ってるんだい、言っただろ?あんた達を極限まで追い込むってね」

キング「それより拓海、あんたまだ元気がありそうだね。あんたは休憩はなしだ、私が30分ダンスを見てやるよ」
ガシ

拓海「はぁ!?あ、アタマおかしいんじゃねえのかあああ!?」
ズルズル

ヒイイイイイイ

悠貴「ひい……っ」


415: 名無しさん 2017/02/09(木) 01:06:39.24 ID:8ZLIBoMt0
有香「はぁっ……はぁっ」
フラフラ

悠貴「はぁっ……うぅ……」
タンタン

加蓮「……」
フラッ
ガクッ
有香「!」

悠貴「!」

美波「……加蓮ちゃん!?」

416: 名無しさん 2017/02/09(木) 01:11:27.84 ID:8ZLIBoMt0
キング「いい!美波、ほっときな!それとも他人をかまう余裕があるのかい?」

美波「で、でも!」


キング「ユリ!」

ユリ「はぁーい!医務室に運びまーす!よいしょ!」
ガシ
加蓮「……」
グッタリ

キング「こんな風に、全員倒れるまでやるよ!」

拓海(く、狂ってやがる……!)

419: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:22:49.75 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「……ただいま。戻ったぞ……キング、だいぶしごいてくれたみたいだな」

キング「ああ、あんたがしごけって言ったからね」

美波「……」

拓海「……」

有香「……」

悠貴「……」

加蓮「……」

リョウ「全員ぐったりしてるな……一応聞いておく。残りLIVEまでの期間の3か月、約半分くらいの期間は今日みたいな感じになる」

420: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:28:35.89 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「どうだ?止めるなら今の内だぞ。やれるか?」

拓海「……やめ……ねーよ……」

美波「やめ……ません……」

加蓮「絶対……やめない……」

リョウ「……」
フッ

リョウ「……まぁさっき言った通り、これをキングに頼んだのは俺だ。恨むなら俺を恨め」

リョウ「ロバート、彼女たちを家まで送ろう」

ロバート「ああ、せやな……」

421: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:35:13.40 ID:8ZLIBoMt0



加蓮母「どうも……送っていただきましてありがとうございました。あの、プロデューサーさん、お顔が腫れてますけどどうされたんですか……?」

リョウ「いえ、お気になさらず……加蓮、立てるか」

加蓮「……」

加蓮母「!?……か、加蓮!?」


リョウ「……眠っちまってるか。お母さん、すみませんが加蓮を部屋まで運びます。良いですか?」

加蓮母「は、はい……」

422: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:40:45.62 ID:8ZLIBoMt0
加蓮の部屋


加蓮「……」
スースー

リョウ「ひとまずはこれでよし、と……」

加蓮母「……あの、プロデューサーさん、加蓮は一体どうしたんですか?今まで疲れて帰ってきたことはあっても、ここまでの事はなかったのに……」

リョウ「ええ、お話しします。実は……」



加蓮母「そうですか……3か月後にLIVEが……」

423: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:46:35.89 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「はい、それまではこういう感じで帰ることが多くなるでしょう。ハッキリ言って、大変な負担を加蓮に掛けることになります。もし、ご両親が許容できないようでしたら、止める準備もありますが」

加蓮母「……いえ。この子自身はやると言っているのでしょう?だったら私たちが止めたって聞きませんから」

リョウ「……すみません。ご心配と迷惑をかけます」

加蓮母「いえ、私たちは貴方たちを信じて事務所にお預けしていますから……今回も、信じています」

リョウ「……」

424: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:51:54.77 ID:8ZLIBoMt0
車内

ロバート「……」

ガチャ
バタン

リョウ「……ふぅ」


ロバート「おう、お疲れ。どうやった?」

リョウ「やっぱり心配されてたな。そりゃそうだ、いきなり娘があんな状態で帰ってくりゃな」

ロバート「まぁ穏便に話が済んだみたいで良かったやん。美波ちゃん家に行った時なんか親父さんの怒鳴り声が車ん中まで聞こえてきたで」


425: 名無しさん 2017/02/09(木) 11:55:40.00 ID:8ZLIBoMt0
リョウ「ああ、顔面に一発貰うとは思わなかったが、それだけ心配したんだろう。そりゃそうだ、自分で言うのもなんだが、今の俺みたいな風貌の男が眠ってる美波抱えて家に現れりゃ、俺が美波の親父さんでも多分殴る」

ロバート「まぁ冷静に考えりゃ厳しい親父さん言うとったからな。むしろ良く納得してくれたな、親父さん」

リョウ「目を覚ました美波と美波のお母さんがとりなしてくれたお陰だ。美波なんかはすごく怒ってて、親父さんちょっとショック受けてたからな。悪いことをした」

ロバート「……まぁ美波ちゃんとこの家程やないけど、悠貴ちゃんの家のご両親も心配されてたみたいやな」

426: 名無しさん 2017/02/09(木) 12:00:20.76 ID:8ZLIBoMt0
ロバート「逆に拓海ん家と有香ちゃん家はそんなでもなかったみたいやけど」

リョウ「ああ。拓海は良くケンカでもっとボロボロになって帰ってきてたと言ってたし、有香も空手の稽古でよくこういう状態になってたと親御さんは笑ってたが……悠貴はまだ年齢も幼いし、特に心配なんだろう」

ロバート「まぁなんにせよ今の加蓮ちゃんで最後やろ?ワイらも帰ろか、事務所まで送ったるで」

リョウ「ああ、すまないなロバート」

427: 名無しさん 2017/02/09(木) 12:04:54.83 ID:8ZLIBoMt0
ブゥゥン

リョウ「……」

ロバート「……なぁ、リョウ」

リョウ「なんだ?」

ロバート「ワイらの決めたことは本当に正しいんやろうか」

リョウ「……なに?」

ロバート「龍虎乱舞の会得がReppuに対抗する唯一の手段……この考えはワイも同じや。これしかないと思っとる」

428: 名無しさん 2017/02/09(木) 12:10:12.52 ID:8ZLIBoMt0
ロバート「せやけど、その為に成功の望みの薄い、心身ともに負担のでかい特訓を彼女たちに課すのは……ワイらのエゴやないか?」

リョウ「……ああ。エゴだな」


リョウ「だが、彼女たちはやる、と言ってくれた。だったら、俺はそれを全力で支える……もう決めたんだ。迷いはしない」


ロバート「……せやな。なにが正しい判断でなにが誤った判断やったかなんてのは後になってみないとわからん」

リョウ「ああ。だったら、俺らはその場その場において、一番後悔しなさそうな選択をしていくしかない」

リョウ「お前も、協力してくれロバート。頼む」

ロバート「……改めて頼まれるまでもない。ちょっと確認しときたかっただけや」

429: 名無しさん 2017/02/09(木) 12:12:20.63 ID:8ZLIBoMt0
ロバート「……リョウ……地獄に落ちる時は……」

リョウ「ああ。お前にも付き合ってもらうぜ」

ロバート「……せやな。お前とやったら、地獄の閻魔にも負ける気せんわ」

435: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:01:35.91 ID:Owd0v+kW0
翌日

リョウ「おはよう。みんな、体調は大丈夫か?」

拓海「……まったく大丈夫じゃねーよ。筋肉痛がやべぇ」

加蓮「ほんと身体痛い」

有香「このレベルの筋肉痛は久しぶりです……」

悠貴「久々に朝走れませんでしたっ……!」

436: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:07:44.38 ID:Owd0v+kW0
美波「えっと……今日は気のレッスンになるんですか?」

リョウ「ああ。一口に『気』といっても、簡単じゃあない。そうだな……有香、いいか?」

有香「え?あ、はい、なんでしょう?」

リョウ「お前は空手の稽古やLIVEに臨むとき、よく気合を入れるな?」

有香「はい。よく『覇っ!』って気合を声といっしょに乗せて発してます」

437: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:14:11.25 ID:Owd0v+kW0
リョウ「うん。それが『気』だ。じゃあ次に、俺が以前お前たちの前で使った……覇王翔吼拳ってのは覚えてるか?」

拓海「……忘れられるわけねえだろあんなもん」

美波「大きなトラックを吹き飛ばしていた……大砲ですよね……」

リョウ「ああ。あの技も『気』だ」


加蓮「……え?私たちがLIVE前に入れる気合と、坂崎さんが前に撃った大砲が、同じモノだっていうの?」

438: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:23:17.55 ID:Owd0v+kW0
リョウ「突き詰めればな。『気』は誰の身体の中にもあるものだし、この辺の空気にも存在している。普段の何気ない動作にも含まれているもんだ」

リョウ「おれの翔吼拳は『それ』を練って、収束して、放出する技だ」

拓海「なに!?ってことはアタシたちもこのレッスンでアレを撃てるようになるってのか!?」

リョウ「ちょっと違うな。確かにお前たちに身に着けてほしいのは気をコントロールする術だ」

リョウ「だが、同じコントロールでも俺の翔吼拳は気を集めて、外に放出する技。お前たちに身に着けてほしいのは、外から気を集めて、体内に取り込んで五体に行き渡らせる技術だ」

439: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:30:22.86 ID:Owd0v+kW0
リョウ「似ているようで全然違う。乱舞のカギになるのは『気』の充実だからな」

拓海「……正直なに言ってんのかぜんぜんわかんねーんだけど」

リョウ「まぁ俺も口で言ってすぐにわかってもらえるとは思ってない。とりあえずやってみよう」



レッスンルーム

リョウ「まずは『気』の存在を意識してもらう。……まぁ座禅みたいなもんだな」

リョウ「まずは各々座って、意識を自分の中に向けるんだ。それではじめの方は自分の中に流れる血の感覚というか……そういうものを感じ取れれば良い」

440: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:37:26.49 ID:Owd0v+kW0
加蓮「……よくわかんないな」

リョウ「まぁとりあえずやってみろ。はじめ!」


美波(意識を自分の中に……)

悠貴(流れる血の感覚……っ)

有香(集中……集中……)

加蓮(……)

拓海「……」

441: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:43:25.64 ID:Owd0v+kW0



拓海「ぐがー」

美波「すぅ……」

悠貴「すやすや」

加蓮「……」
スヤスヤ

有香「……」

リョウ「みんな疲れ溜まってるもんな……そりゃ寝るよな……」

442: 名無しさん 2017/02/10(金) 21:55:02.89 ID:Owd0v+kW0
有香「確かに眠くなってしまうかもしれませんね……」

リョウ「おお!?有香、お前は起きてたか」

有香「はい、以前にも空手の稽古でこういった黙想はやっていましたから」

リョウ「そうか……で、どうだ?なにか『気』は掴めたか?」

有香「……いえ、お恥ずかしながら……いったい何が気で、何が気じゃないのかわからなくて……」

リョウ「……そうか……」

443: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:03:59.31 ID:Owd0v+kW0
リョウ(気に関しては本当に人によって感覚が違うから『これ』と言い切れるものがない……だが気を身に付けさせなければ乱舞には至れない……)

リョウ「……有香以前お前が事務所に入るとき、組手をやったよな」

有香「はい。最後に坂崎さんに正拳突きを打って合格にしてもらった……」

リョウ「そう、それだ。あの時のお前の正拳突き、今だから言うが、かなり明確に『気』が籠っていた」

有香「え、ええ!?あたしの正拳突きに気が!?」

444: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:13:10.92 ID:Owd0v+kW0
リョウ「ああ、あの時の感覚、思い出せないか?」

有香「う、うぅ~ん、いきなりそう言われましても……」

有香「あの時は無我夢中だったのと……あとは、気持ちを……とにかくいろいろな気持ちを乗せて……」

リョウ「気持ちを乗せて……」

リョウ「……じゃあ次はそれで行ってみるか……」


445: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:19:20.56 ID:Owd0v+kW0



拓海「……ふぁああ、よく寝……ってうおおお!寝ちまってたぁぁあ!」

美波「……ふぇ」
パチ

悠貴「……あれ、私なにして……」

加蓮「う~ん……拓海うるさい……」

拓海「いや、起きろって!ガッツリみんなして寝ちまってんじゃねーか!……あれ、有香は……」

446: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:28:21.00 ID:Owd0v+kW0
リョウ「……有香、どうだ?」

有香「いえ……特に何も感じないです……」

リョウ「そうか……いろいろと考えてもらいながら瞑想……少し変わるかと思ったが」

リョウ「あ、お前ら。起きたか」

拓海「起きたか……じゃねーよ!なんで起こしてくれねーんだ!」

447: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:36:49.12 ID:Owd0v+kW0
リョウ「正直気のコントロールは難解極まる。それこそ、眠っちまうくらいの集中力なら出来るはずがない。だったら明日のレッスンのために少しでも眠らせといた方が建設的かと思ってな」


美波「う……」

加蓮(……キングさんとはまた違ったタイプの厳しさだ……)

リョウ「それに、お前たちに気のコントロールを教えるに当たってどういうやり方が正解なのか俺にもわからん。だから、有香に協力してもらって、やり方を模索中だが……」

有香「やっぱり、難しいですね……」

448: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:48:02.20 ID:Owd0v+kW0
拓海「い、いやいや、寝ちまったのは悪かったから、その有香がやってみたやり方をアタシらにもやらせろや!誰かにはそのやり方が合うかもしれねえだろうが!」


リョウ「それもそうか……じゃあみんな座ってくれ」





リョウ「いいか、最初は意識を自分の中に向けて……と言ったが、今度は自分の中にある強い思い、気持ち……そういったものを思い返してみてくれ」

美波(自分の中の、強い思い……)

悠貴(気持ち……っ)

加蓮(……)

拓海「……」


449: 名無しさん 2017/02/10(金) 22:56:47.34 ID:Owd0v+kW0



加蓮「……はっ」
ガバッ

加蓮「あ、あれ?ここ、私の部屋?」

ガチャ
加蓮母「あら、加蓮起きたのね。あなた、また眠ったままプロデューサーさんに抱えられて帰ってくるんだから……あんまり無理しちゃだめよ……」

加蓮「……」

加蓮「また寝ちゃってたの私!?」
ガビーン





リョウ「……気の特訓日は体力回復も兼ねて瞑想をメインに据えようと思ったが、これじゃあだめだ。みんな前日の疲れでどうしても寝ちまう」

ロバート「まぁ……そらしゃーないやろな……」

450: 名無しさん 2017/02/10(金) 23:04:01.90 ID:Owd0v+kW0
リョウ「かといってあんまり激しい特訓は翌日のダンスレッスンに響くから無理だ……2日目にして早くも俺の見通しの甘さを露呈する形になっちまった……」

ロバート「ま、まぁ落ち着けやリョウ……」

リョウ「ああ……だがまた何か考えねぇとな……」

ロバート「……あ。それやったらリョウ、これはどうや」

リョウ「?」


【モバマス×龍虎の拳】リョウ・サカザキ「俺がアイドルのプロデューサー?」【2】(後編)