1:2013/01/21(月) 22:16:26.91 ID:
片桐早苗(28)
Cc4KJMLVAAAQO6a


早苗「はーい、千枝ちゃん担当プロデューサーくん? おさわりはだめだよー?」


早苗「雪美ちゃん、うん。男はケダモノだからねー。気を付けてね?」


早苗「まゆちゃん? 好きなのはいいと思うけどもっと待つ姿勢も大事じゃないかなぁ……え? いや、盗らないから安心して」


早苗「光ちゃん。改造ごっこは男の人相手にやらないように。危ないからね?」


早苗「千佳ちゃん、魔法少女の早着替え練習を事務所でするのは危ないからね?」


早苗「菜々さん……がんばってくださいね」


早苗「麗奈ちゃん? イタズラには限度があるから反撃には気をつけなきゃね」


早苗「留美さん……いや、確かに強姦罪は成立しないけど、だめだよ?」


早苗「……はぁ、疲れた……」




5: :2013/01/21(月) 22:24:05.94 ID:
P「早苗さん、お疲れ様です」 

早苗「あー、P君……」 

P「今日も見回りですか?」 

早苗「というか、元警官だからってあたしのこと頼りにし過ぎじゃないかなー、みんな?」 

P「あはは……早苗さんはしっかりしてますし、腕っぷしもありますからね」 

早苗「女の子にそういうこといっちゃうかー、キミって子は……」 

P「あ、いや。そういう意味じゃなくてですね……」 

早苗「はいはい、わかってますって。お姉さんだもんね」 

P「この事務所は、プロデューサーもアイドルもそれこそ老若男女……って男はプロデューサーばっかりですけど、いますし」 

早苗「仕方ない、かなぁ……やれやれだよ。もうっ」 

P「若輩者ですみません」 

早苗「ん、許す♪」 

7: :2013/01/21(月) 22:32:30.73 ID:
P「それでですね、早苗さん」 

早苗「んー、何かな?」 

P「お仕事の話なんですが、大丈夫ですか?」 

早苗「お仕事……仕事ねー。嫌って言ったらどうする?」 

P「えっと……が、頑張ります」 

早苗「どうがんばるのかなー? んー?」 

P「え、いや……早苗さんを説得したり、向こうに条件緩めてもらったりとか……?」 

早苗「……ぷっ」 

P「へっ?」 

早苗「ごめんごめん、いじわるだったね? いいよ、P君がとってきたお仕事ならお姉さんがんばっちゃうから」 

P「あ、ありがとうございます。実は――」 

8: :2013/01/21(月) 22:39:43.13 ID:
早苗「ふぅん……水着、ねぇ」 

P「はい」 

早苗「P君も見たいの? あたしの水着姿」 

P「それは……」 

早苗「どうなのかなー? 正直に言ってごらんなさい?」 

P「……見たいです。すごく、とても」 

早苗「えっ」 

P「だって早苗さん可愛いですし! 見たいに決まってるでしょう! 俺だって男ですよ!」 

早苗「や、やや……あはは。そっかー、うん。見たいのかー」 

P「そうです。俺個人の願望も含まれてます。受けてください」 

早苗「まぁ、最初にがんばるって言ったのはあたしだし……いいよ、水着グラビアも受けちゃおう!」 

P「ありがとうございます!」 

早苗(……もう、真剣な顔で何言ってるんだか。まったくぅ) 

12
:2013/01/21(月) 22:46:30.01 ID:
――――

――

カメラマン「いい感じデース!」

早苗「そう? あっはーん?」
eca9bf44-s

カメラマン「セクシー!」

早苗「可愛く撮ってよね?」

カメラマン「オマカセー!」

早苗「ポーズってこのままでいいのかな?」

カメラマン「オモムクママニー!」

早苗「はいはーい♪」

15:2013/01/21(月) 22:50:52.36 ID:
P「お疲れ様でした!」

早苗「うん、ありがと。ふふっ、それにしても……」

P「なんですか?」

早苗「いや、この歳でたくさんの人に水着姿を見られることになるとはね」

P「すごく綺麗だし、素敵です」

早苗「そう? そうだね……このあたしのワガママセクシーボディってやつをファンのみんなに見せつけてやるわ」

P「流石早苗さん!」

早苗「分かってるわね、P君?」

P「へ?」

早苗「そのためには、P君にもがんばってもらわなきゃ、でしょ?」

P「……それはもちろん! 早苗さんの魅力はもっとたくさんに人に知ってもらわなきゃですね!」

早苗「そういうこと♪」

18:2013/01/21(月) 22:56:58.15 ID:
P「それじゃあ……」

早苗「ちょっと待った」

P「なんでしょう?」

早苗「この水着、撮影終わったらもらってもいいんでしょ?」

P「それはもちろん。気に入ってもらえましたか?」

早苗「うふふ、P君はどうかな?」

P「え? 俺は……とてもよく似合ってると、思いますけど」

早苗「そっか、君の視線は正直だね♪」

P「へ?」

早苗「お姉さんに悩殺されちゃった?」

P「う……その……」

早苗「P君がプロデューサーじゃなかったら即タイホよ?」

P「……早苗さんにならそれも本望です!」

早苗「えっ?」

21:2013/01/21(月) 23:01:05.37 ID:
P「だって! 早苗さん可愛いから!」

早苗「ちょ、ちょっとP君?」

P「仕方ないじゃないですか! 仕方ないじゃ!! ないですか!!!」

早苗「わかった、わかったよ。お姉さんが悪かったから」

P「逆に聞きますけど、そこに目がいかない男はなんなんですか。それでも男なんですかって言いたいぐらいですよ」

早苗「もーっ、ストップ!」

P「はい、わかりました」

早苗「きゅ、急に落ち着かれても困るな」

P「どうすればいいんですか!」

早苗「だから適度にね、適度に……はぁ、もう」

P「水着を着た早苗さんの前で冷静になんていられませんよ」

25:2013/01/21(月) 23:10:24.25 ID:
早苗「照れくさいことをポンポン言っちゃうんだね、キミって子は……」

P「え? いや、その……まぁ、本音なので、つい」

早苗「ふぅ……まったく。許してアゲル♪」

P「あ、ありがとうございます」

早苗「た・だ・し」

P「?」

早苗「ひとーつだけ、お願い聞いてもらいたいんだけど。いいかな?」

P「それはもう、当然! なんでもしますよ」

早苗「そっかー、なんでもね……」

P「俺にできる範囲にしてくださいね。全力はつくしますけど」

早苗「んー、たぶん大丈夫かな? えっと」

P「はい?」

28:2013/01/21(月) 23:18:46.08 ID:
――――

――

早苗「んー♪ いい気持ち!」

P「さ、早苗さん」

早苗「どうしたの?」

P「えっと……お願いって……」

早苗「おっきな温水プール! 優待券もらっちゃったしね♪」

P「ついてくるのはかまわなかったんですけど……俺でよかったんですか?」

早苗「なぁに? P君はあたしに1人でプールに来てナンパに会えっていうの?」

P「そ、そんなことはさせません!」

早苗「ならいいじゃない♪」

P「あ、あと、その」

早苗「んー、何かなー?」

P「……その、水着は……」

早苗「あぁ、これ?」
51b76d2a-s


29:2013/01/21(月) 23:24:14.34 ID:
早苗「衣装の整理してたら昔の水着見つけちゃって。まだ現役でイケそうじゃない?」

P「……」

早苗「うふふ、P君にはちょっと刺激が強すぎるかなー?」

P「……」

早苗「ほら……うっふ~ん♪」

P「……」

早苗「……ゴホン。何か言いなさいよ」

P「すみません見惚れてました」

早苗「はっ?」

P「だって、ほら……やっぱり綺麗だなぁって」

早苗「また、そうやってお姉さんをからかって……」

P「本気ですよ」

早苗「……ん。まぁ、いいけど」

31:2013/01/21(月) 23:29:00.86 ID:
早苗「たまにはいいわねー、こういうの♪」

P「寒い中の温水プールってちょっと温泉にきたみたいですね」

早苗「ぬくいしね……あー、胸が浮くー」

P「……」ジッ…

早苗「んー?」

P「あ、いや……」

早苗「ふふっ、仕方ない子だなぁ」

P「だって……はぁ」

早苗「だってなにかなー? んー?」

     ぎゅっ   むにゅんっ

P「ほ、あぁっ」

早苗「おやおやー? どうしたの?」

   むにゅっ むにっ

P「あ、あ、あ、あ、あ」

早苗「P君の反応、可愛いわねぇ……うっひっひ♪ あー楽し!」

33:2013/01/21(月) 23:34:13.99 ID:
P「まったく! まったくもうっ!」

早苗「きゃー! P君が怒った♪」

P「男はオオカミなんですよ! なんなんですか!」

早苗「ごめんごめん、でも大丈夫だよ? あたし強いし」

P「強いって言っても女の子じゃないですか」

早苗「そうだけど……でもほら、事務所でももめごととか処理しちゃってるしねぇ」

P「それは、その、早苗さんが人として頼りになるからであって……物理的にはわからないですよ」

早苗「……お姉さん、空手とか柔道とか一通り段持ちだよ?」

P「腕力が強かろうと、武道ができようと。早苗さんは女の子です」

早苗「あたしのほうが年上なんだけどなー?」

P「それでもです」

早苗「もう、ワガママだなぁ……」

P「わがままでもいいんです。危ないことはしてほしくありませんから」

35:2013/01/21(月) 23:40:32.83 ID:
早苗「はいはい、わかりましたよー」

P「……」

早苗「お姉さんは寂しく浮き輪で浮いてようかな……P君?」

 グイッ  ぎゅっ

早苗「へ?」

P「た、たとえば……こ、こうされたら、ど、どうするんですか」

早苗「……ちょ、ちょっと?」

P「一応平日昼間なので、人もいませんよ。どうしますか」

早苗「それは……」

P「お、俺だからいいものの、早苗さんは身長も大きくないんですし、こういう風にですね……」

早苗「……んー」

P「あ、危ないというか、だから、えっと……」

  きゅっ……

P「は、はへ?」

早苗「とりあえず抱きしめ返してみちゃったり?」

36:2013/01/21(月) 23:46:13.46 ID:
P「あ、いや、あの、その」

早苗「それにしてもダイタンだね~? こんな真昼間からアイドルに抱き着いちゃうんだ?」

P「え、あ、う、お、あ……」

早苗「だけど……ふふっ、結構たくましいんだね。落ち着くかも」

P「あ、あぁぁ……」

  かくっ

早苗「……P君? ありゃ、オーバーヒートしちゃった?」

早苗「まったくもう、男の子のクセに……」

早苗「……背、低くてよかった。あたし、今ぜったいに顔真っ赤だもん」

38:2013/01/21(月) 23:53:50.05 ID:
P「……あ、あれ?」

早苗「やっほ、おはよう?」

P「早苗さん……俺……」

早苗「ふふっ、ちょーっと限界突破しちゃったのかな?」

P「……早苗さんに逆に抱き着かれるとは思っていなくて」

早苗「うふっ♪ お姉さんをからかった罰よ」

P「だ、だけど危なくないですか? 実際にああやって襲われでもしたら……」

早苗「袖もないし、水の中だから足も踏めないしって? そういう痴漢も結構いるけどねぇ」

P「やっぱり! 早苗さんみたいに可愛い人はなおさら危ないじゃないですか!」

早苗「P君、手出して?」

P「え? はい」

 きゅっ…

P(あ、柔らかい……っ痛!?)

早苗「こういう風にもたれると力入れられないよね? これ、抱きつかれててもできるから」

P「いたいいたいたい! 痛いです早苗さん! あ、でもちょっといいか、いやよくない! やっぱり痛い!!」

40:2013/01/22(火) 00:01:22.71 ID:
P「いちちち……」

早苗「そういうわけで、お姉さんは心配ご無用よん♪」

P「……でも、心配なものは心配なんですよ」

早苗「P君もしつこいねー」

P「粘り強いって言ってください」

早苗「まぁ、そこも確かにいいところだけど……さ」

P「えっ!?」

早苗「んー、どうしたの?」

P「いや、俺のことを頼りになるって」

早苗「そこまでは言ってないなー」

P「あれ?」

41:2013/01/22(火) 00:07:27.67 ID:
早苗「まぁ、だけど息抜きにはなったし満足だよ?」

P「……あの、早苗さん」

早苗「どうしたの?」

P「やっぱり、心配なんですよ」

早苗「その話は終わったじゃない、いい加減にしないとシメちゃうぞ♪」

P「だって早苗さん、事務所の面倒事をすぐに抱え込むじゃないですか!」

早苗「……あー」

P「そりゃあ、お姉さんだし、元警官だし、腕っぷしもあるしで頼りになりますけど、でも」

P「だからって、じゃあ早苗さん自身の悩みとかはどうなるんですか? 誰にも相談しないじゃないですか」

早苗「……いやぁ、でもね」

P「……俺は、早苗さんのプロデューサーですよ」

早苗「……」

P「頼りなくても、情けなくても。それでも、どんな時でも力になります。俺にできることなら、なんだってします」

P「だから、俺にぐらいは弱音を聞かせてくれてもいいじゃないですか」

早苗「……ふぅ」

44:2013/01/22(火) 00:16:06.23 ID:
P「早苗さん、あの」

早苗「もー、なんでかなぁ」

P「え?」

早苗「いやねー、歳を取るとごまかすのうまくなるんだよ? だからごまかせてると思ってたんだけどなぁ」

P「それは……俺が早苗さんのことを見てるからですよ」

早苗「わ、恥ずかしいセリフ」

P「……事実です。俺はあなたのプロデューサーですから」

早苗「ふふっ、照れてるね? ……あたしの、ね」

P「そうです」

早苗「あーもう……参ったなー」

P「早苗さん? あの、こっちを見てもらえませんか? 一応……俺なりに、本気で……」

早苗「いや、ごめんちょっと無理」

P「そんな……」

早苗(ヤバいヤバいヤバイだめだよあたし今絶対顔真っ赤っ赤だよP君の顔なんて見れないよどうしよどうしよどうしよ……)

47:2013/01/22(火) 00:25:24.43 ID:
P「……あの、早苗さん」

早苗「なにかな」

P「そろそろこっちを……」

早苗「ん……んー、はい」

P「いや、そんな顔を手で隠さなくてもいいじゃないですか……いないいないばーでもするんですか?」

早苗「いや、これはね……ちょっと……」

P「俺は、早苗さんのことが心配なんです。本気で、一緒にいたいと思ってます」

早苗「あ、あー、うん」

P「だから、俺に言いづらいなら他の誰かでもいいです。年上の人がいいのなら、柊さんや高島さんに頼みます」

早苗「あー、はいはい」

P「……早苗さんより年上の別のプロデューサーの人がいいのなら、それでも……」

早苗「い、いや。それはいいや」

P「そう、ですか? でも」

早苗「いいから! ね」

52:2013/01/22(火) 00:32:20.11 ID:
P「あれ? 早苗さん」

早苗「なによ?」

P「……顔、すごく赤いですけど」

早苗「え? あっ」

P「ひょっとして……」

早苗「あーあーあー、聞こえなーい」

P「……」

早苗「もー、なんでこの子は恥ずかしいセリフをぽんぽんいっちゃうかなぁ……お姉さんだって照れる時は照れるの。悪い?」

P「いえ、すごく可愛いです」

早苗「またそういうこという……ほんと、まったく……」

P「本気ですよ。本音ですから」

早苗「……まったく、年甲斐もないかなぁ」

P「え?」

早苗「いいの、こっちの話だから」

55:2013/01/22(火) 00:39:40.49 ID:
P「それでですね、俺は……」

早苗「はいはい、ちょっと待った」

P「な、なんです?」

早苗「……あたし、強い女としてやっていくためにいろいろと切り捨ててきてるの。わかる?」

P「……わかる、とは言えないと思います」

早苗「うん、正直だね。えらいえらい……だってほら、あたしは女で、背も低いから。警察官としてもいろいろあったワケ」

P「それは……えっと……」

早苗「まぁ、そこから無理やりひっぱりだしちゃった変なキミには……感謝してる、かな?」

P「……ありがとうございます」

早苗「それから」

P「は、はい」

早苗「……あたしね、ちょっと捕まえたい人ができちゃったかも」

P「捕まえる……?」

早苗「うん、タイホ」

58:2013/01/22(火) 00:44:05.99 ID:
P「それはその……警察に復職ってことですか?」

早苗「……本気で言ってる?」

P「え?」

早苗「あのねぇ……まぁいいや」

P「え、あの……」

早苗「P君! お姉さんのこと、ちゃーんとみてるわよね?」

P「見てます。いつだって」

早苗「そ、それならいいの」

P「あの、早苗さん……俺は」

早苗「なぁに?」

P「……いや、やっぱりやめておきます」

早苗「もうっ、歯切れの悪い男は嫌われちゃうわよ?」

P「まだ、です。押さえがきかなくなりそうなので」

早苗「……へぇー、そっかー」

59:2013/01/22(火) 00:48:02.56 ID:
早苗「それってどういう風にかなぁ?」

  ぎゅっ  むにゅんっ

P「ほあっ」

早苗「……ふふっ、ちょっと男らしいと思ったのにこれだもんね」

P「お、お、俺は……」

早苗「んー?」

P「……」

早苗「どうしたの? Pく……んっ……!?」

P「ぷはっ……好きです。好きで悪いですか。抑えが利かなくなりそうだって、言ったのに」

早苗「ぁっ……ちょ、ちょっと……」

P「なんですか」

早苗「……ごめん、もっかい」

P「……」プッツーン

60:2013/01/22(火) 00:53:12.68 ID:
――――

――

P「……危ないところだった」

早苗「あー。プールでよかったね。1線超えなくて」

P「マスコミに見つかってたらアウトですけどね……」

早苗「んー、その時はその時でいいんじゃないかな?」

P「え、いやいや」

早苗「だって、あそこまで言ったからには覚悟もできてるんでしょ?」

P「それは当然ですけど……早苗さんは、いいんですか?」

早苗「あのね、安定とお金だけが欲しいなら警官やめてないわよ?」

P「……それも、そうか」

早苗「だから、あたしはいつでもいいよ」

P「うっ……いや。ダメです」

早苗「あんなことしといて?」

P「む、胸をあてないでください」

62:2013/01/22(火) 00:59:39.83 ID:
早苗「まぁ……P君ががんばれって言ってくれるなら」

P「なんです?」

早苗「お姉さん、頑張っちゃうよ?」

P「心強いです。早苗さんは、いろんな人の支えにもなってますから」

早苗「そうよね、元警官のお姉さんだから仕方ないわ。でも……お姉さんに疲れたら」

P「疲れたら……その時は」

早苗「一緒にいてくれるわよね?」

P「もちろん!」

早苗「うん、ならよし。帰りましょ?」

P「はい……早苗さん、手だしてください」

早苗「……ん」

  きゅっ…

早苗「さーて、お姉さん明日もがんばっちゃうぞー!」


おわり

63:2013/01/22(火) 01:00:58.54 ID:
早苗さんオチ担当ばっかりだけどいいお姉さんなんやで
暴力的じゃなくても素敵だしね!

保守支援ありがとうございました