1: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:13:25 ID:AskW5U/.
P「ただいま戻りました」

ちひろ「お帰りなさい、プロデューサーさん。今日の時子ちゃんのイベントも大盛況だったみたいですね」

P「ええ。確実に人気は上昇しています。次はもっと大きな箱を確保しなければ」

ちひろ「大したものですねぇ。しかし、うーん……」

P「どうかしましたか?ちひろさん」

ちひろ「いえ、その、ちょっと不思議だな、と」

P「不思議?」

ちひろ「時子ちゃんは、なぜここまで人気がでたのかな、と」

P「ふむ……、なぜ時子が人気があるのか、ですか」

ちひろ「えっとですね、その、時子ちゃんに魅力があるのは分かるんです。美人ですし、パフォーマンスもずば抜けてますし、カリスマ性もあると思います」

ちひろ「けして貶してるつもりはないんです。でも、その、時子ちゃんの方向性って……その、ええと、かなり癖があるじゃないですか」

P「……言わんとするところは分かりますよ。いわゆるドSの女王様キャラですからね。しかも真性」

P「アクの強さという意味ではトップクラスの1人でしょうね」

引用元: ・P「なぜ時子に人気があるのか、ですか?」

2: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:14:34 ID:AskW5U/.
ちひろ「あんな、『この豚ども!』とか罵られて喜ぶファンがたくさんっていうのは、なんだか、奇妙な世界だな、と……」

ちひろ「しかもファン層のデータを調べてみるとけっこう社会的に高い地位にある男性も多いんですよね」

ちひろ「そういういかにもプライドが高そうな人たちってあんなふうに蔑まれたら怒りそうな気がするんです」

ちひろ「あ、あの!勘違いしないでくださいね!けして時子ちゃんやそのファンの人たちをどうこうって言うつもりはないんですよ!」

ちひろ「ただ、私の感覚的にはどうしても不思議な世界で……」

P「いえいえ、その気持ちは理解できますよ。どう言いつくろっても非常にコアでマニアックな趣味嗜好であることは事実です」

P「ハマる人はとことんハマるけど、理解できない人には全く理解できない」

P「時子の作り出すSMワールドはそういうものです。そして、俺はあえてそれを強調するようにプロデュースをしてきましたから」

ちひろ「ビジネススタイルとしてはニッチな方向を突き詰めるというやり方が時には非常に有効である、ということは私も分かるんです」

ちひろ「100人中99人は受け入れてくれなくても、残りの1人が熱烈なファンになる。人口全体の1%がファンになればトータルでは大成功です」

ちひろ「でも、あのSMパフォーマンスの何がその1%の心を深く掴み止めるのか」

ちひろ「私にはそういう趣味がないので、鞭で叩かれたり、蔑まれたり、罵声を浴びせられて何が楽しいのかよく分からないんですよね」

ちひろ「プロデューサーさんは、やっぱり、いわゆるマゾ……、なんでしょうか?時子ちゃんに罵られてもあまり気にしてないですし」

ちひろ「あら、でも平気ってことはマゾとは違う?逆に時子ちゃんをからかったりもしてるし……、どっちなのかしら」

P「うーん、そもそもマゾヒズムとサディズムは相反するものではないし、また、いわゆるSMにおけるS役とM役ともまた違ってくるんですよね……」

3: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:15:04 ID:AskW5U/.
ちひろ「な、なんだかかなり深い話になりそうな気配ですね」

P「こういう言葉は心理学的な定義も一般的な使い方もSM世界での使い方も微妙にズレてるので説明が少々ややこしいんですが」

P「分かりやすくするために、今回はなぜ時子のパフォーマンスが人気を博しているのか、そこに焦点を当てて説明しましょう」

ちひろ「お願いします」

P「では。SMパフォーマンスにおけるM側、今回の話で言えば時子のファンはどのようなメカニズムで快感を得ているか」

P「それについて解説します」

ちひろ「快感、ですか」

P「はい。人間の行動原理はいかにして快感を得るかで説明できます。あくまでも考え方の一種であってこれが真理って訳じゃないですけどね」

P「ただ、概ね快感の原理で考えていけば分かりやすく、矛盾も少ないので便利な考え方です」

ちひろ「まあ分からないでもないですね。アイドルのファンになるのも可愛いアイドルのパフォーマンスを体験することで楽しいとか嬉しいとかの快感を得られるから」

ちひろ「でも時子ちゃんのパフォーマンスは歌やダンス、ビジュアルは魅力的ですが、鞭や罵声と言った苦痛になりそうなものもあります」

ちひろ「その苦痛はマイナスにはならないのでしょうか?」

P「もちろん普通は苦痛はマイナスです。快楽の原理は『快を求め、不快を避ける』が基本ですからね」

ちひろ「でも、時子ちゃんのファンはそうはならないんですよね」

P「そこが人間の面白いところなのですが、時に不快が快に繋がるメカニズムが人間の脳には存在するのです」

4: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:16:06 ID:AskW5U/.
ちひろ「不快が快に繋がるメカニズム?そんなものがあるんですか?」

P「それは特別なものではなく、誰にでも備わっているし、日常的に経験もしていますよ」

ちひろ「なんだか納得がしがたいですが……」

P「例えば誰かを救うために自分を犠牲にする自己犠牲の精神。これは道徳的マゾヒズムといいます」

P「俺は困ってるあの子を助けるためにこんなにも自分を犠牲にしている立派な人間だ。そう思うことで苦痛を快楽に変換しているんです」

ちひろ「ははぁ……」

P「もう少し日常的な話にしますと例えば陶芸趣味。既製品を買えば楽だし無難だけど、自分で作った方が愛着が湧くというのがあります」

P「また、ファッション。美麗なファッションって姿勢を正さないといけないし肉体的にはストレスがかかります。でも楽しいですよね」

ちひろ「ああ、面倒も含めて体験や行動それ自体が楽しい、ということですね。それなら分かります」

P「はい。それらの例はSMと直結するわけではないですが、ストレスが快楽を呼ぶ一例ではあります」

P「ではM役、すなわち時子のファンがどのような快感を得ているかですが、大別すると次の3種類に分かれます」

ちひろ「三種類?」

P「1『即時性脳内麻薬物質』 2『リラックス効果』 3『罰と許しによるカタルシス』です」

ちひろ「んん……?な、なんだか難しい言葉が……、それにリラックス?」

P「個別に説明していきましょう」

5: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:17:11 ID:AskW5U/.
P「まずは即時性脳内麻薬物質。人間は肉体的、あるいは精神的な苦痛を感じるとその苦痛を和らげるために」

P「エンドルフィンなどの快楽物質を分泌するんです」

ちひろ「えんど……、な、なんでしょう……、すいません、文系なものでちょっとよく分かりません」

P「簡単に言いますと、怪我をすると気持ちよくなる薬を脳が自分で作り出す感じです」

ちひろ「ええ……?私も怪我とかしたことありますけど、気持ちよくなったことなんてありませんよ……」

P「普通の人はそこまで強い効果はでませんので。でも、こういう話を聞いたことはありませんか?」

P「大怪我をするとかえって痛みを感じないって」

ちひろ「あ~、聞いたことはありますね。交通事故で骨が折れたのに不思議と痛くなかったとか」

P「急激な痛みでショック死しないように脳が痛みを抑える物質を出してるわけです」

P「また、例えば虫歯になってとても歯が痛くなった。ある日ついに歯医者さんに行って治療をしたところすっかり痛みがなくなった」

P「その日は解放感でとても爽やかな気分になった、なんて経験はありませんか?」

ちひろ「私は歯は定期的にチェックしてますので虫歯の経験はないですが、突き指した時に、突き指が治った日はとても爽やかな気分になりましたね」

P「それです。突き指の痛みでも脳は多少ですが快楽物質を出しているのです。その効果は痛みを多少和らげる程度ですが」

P「突き指が治った後もしばらくは効果が残るため、治ったその直後は快楽物質の効果で幸せな気分になるんです」

ちひろ「はぁ、そういうことだったんですね」

6: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:18:22 ID:AskW5U/.
P「この快楽物質の出る量や効果の強さは個人差がありますが、M気質の強い人は少しの痛みでも快楽物質が多くでやすいんです」

ちひろ「ああ、なるほど!だから鞭で打たれたりするとすぐに快楽物質が出て、痛み以上の快感を感じる、そういうことですね」

P「はい。また、この効果は肉体的な痛みだけでなく精神的な苦しみにも効果を発揮します」

ちひろ「精神的な、ですか?」

P「例えば悲劇のお姫様気取りだとか、可哀想な自分に自己陶酔してる人がたまにいますよね」

P「彼らは精神的な苦痛に対して快楽物質が出ていて、その快楽に酔ってるわけです」

ちひろ「ああ、言われてみれば私にもそういう経験はありますね……。あまり立派な話ではないですけど」

P「いえいえ、これ自体は度がすぎなければけして悪いことじゃないんですよ」

P「ストレスで自殺したり、鬱病などになるのを防ぐ効果もありますし、精神機能が健全な証拠です」

P「つまりMは女の子に鞭打たれたり蔑まれてる惨めな自分という可哀想な境遇に自己陶酔するわけです」

ちひろ「なるほど、ちゃんと気持ちよくなる理由があるんですね」

P「しかもSMですから、本当に悲惨な状況に追い込まれたわけじゃない。つまりM気質の人は少ないストレスで最大限に快楽物質を楽しめる訳です」

P「では次に行きましょう。『リラックス効果』」

ちひろ「うーん、罵倒されたり鞭で打たれて気持ちよくなる理由は分かりましたが、それとリラックスというのがどうもつながらないですね」

ちひろ「たとえ気持ちよくても、興奮したり緊張したりしてる気がするんですが……」

7: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:19:40 ID:AskW5U/.
P「この場合のリラックス効果は一般的なリラックスとは少し違っていまして……」

P「先ほど、地位の高いプライドが高そうな人たちが時子のファンに多いと言っていましたね」

ちひろ「はい」

P「その答えがこれなんです」

ちひろ「えぇ!?」

P「人間は誰しも自分を高めたい、自分をかっこよく見せたい、という上昇志向を持っています。その度合いは人それぞれでしょうけど」

P「意識高いとか、意識を高く保つってやつですね」

P「でも意識を高く保つって、けっこう辛いですよね。肩肘張って、姿勢をよくして、頭を使って、自堕落を避けて……」

ちひろ「ようするに見栄っ張りってことですね」

P「そういう面もありますね。見栄が全てとは言いませんが」

ちひろ「その見栄がどうなるんですか?」

P「見栄を張り続けるのは疲れるので、普通の人は自室ですとか、親しい友達と接してる時なんかは見栄を張るのをやめます」

P「でも、社会的に高い地位のある人とか、プライドの高い人は上昇志向が大きい」

P「自分を高めるために常に努力をしてきた人たちですからね。例え誰からも見られてない時でも、常に自分を律して自分を高めようとする」

ちひろ「それはとても立派なことだと思いますけど……」

8: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:22:32 ID:AskW5U/.
P「はい、これ自体はけして悪いことじゃありません。でも、それによって常にストレスが心にかかっているのも事実なわけです」

ちひろ「なるほど。誰も見て無くても自分自身が自分を見張っている、ということですね」

P「しかも、それが日常化している人は自分で自分を強く律しているという自覚すらない人もいる」

ちひろ「自覚がなければ自分の意志で解除することもできない、という訳ですか」

P「はい。そこでSMによるリラックス効果です」

ちひろ「うーん、そこでなぜSMが出てくるんでしょう?」

P「考えてみてください。女の子に散々見下されて罵倒されて鞭打たれる。そんな惨めな人間に自分を取り繕う意味がありますか?」

ちひろ「……なさそうですね」

P「はい。つまり、『今の自分は高い地位にいる優れた人間ではなく、ただの愚かなダメ人間だ』と思い込むことにより」

P「自分を律さないといけないという心の枷が潜在意識のレベルで外れるのです」

P「それにより一切の気取りがなくなり、あらゆる責任や義務感から心が解放されて気楽になれるわけです」

ちひろ「ははぁ、ある意味、お酒に酔っ払ってる状態に近いんですかね。よく、教師とか政治家とか、偉いと言われる人ほどお酒を飲むとタガが外れてバカ騒ぎをすると聞きます」

P「方法は違いますが、理性のタガを外す、という意味では似ているかもしれません」

P「人間、時にはとことん下品でバカになりたいこともありますが、普通の精神状態ではなかなかそうはなれませんからね」

P「世間体の問題もあるし、自分1人でやろうとしても盛り上がらないですし」

9: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:24:16 ID:AskW5U/.
ちひろ「なるほど、納得がいきました。ある意味逆の発想ですね」

P「最後に『罰と許しによるカタルシス』です」

ちひろ「罰と許し……、ですか?」

P「これには愛が何よりも大切です」

ちひろ「愛……、あるんですか?」

P「ありますよ。というより、愛がなければSMではありません。これこそが一番大切なんです」

ちひろ「どういうことでしょう?」

P「人間にとって最も幸せなことは自分が愛されている、自分の良いところも悪いところも全肯定されていると実感することです」

ちひろ「確かにそんな大きな愛情を実感できたらとても幸せでしょうね」

P「そして、人間は自分よりも上位者から肯定されたほうがそれを実感しやすいんです」

P「例えば親。例えば師匠。例えば神様仏さま」

P「特に親子の愛ですね。人間、誰しも本能的に親の愛情を求めるものです」

ちひろ(そういえば最近父さん母さんに会ってないなあ。今度の休みにでも実家に帰ろうかしら)

ちひろ「親からの愛の大切さはわかりましたが、それがSMとどういう関係があるんでしょうか?」

P「つまり、疑似的にSMの女王様は母親となり、Mは子供になるわけです」

10: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:25:03 ID:AskW5U/.
ちひろ「女王様が母親、ですか?でも鞭で打ってくる母親って虐待じゃ……」

P「その鞭打ちが重要な儀式なんです。SMにおける疑似親子を形作る上での」

ちひろ「どういうことでしょうか?」

P「親子の関係において、もっとも大切なことが『愛情を込めて叱る』ということなんです」

P「実は子供はただひたすら溺愛されるよりも適切に叱ってくれるほうが愛情を実感しやすいんです」

ちひろ「へぇ、そうなんですね」

P「もちろん理不尽ではなく適度な叱り方でないといけませんけどね」

P「ちひろさん、子供のころ何か失敗しちゃったときに、親にそれを叱られて却ってほっとしたことはありませんか?」

ちひろ「ああ、ありますね。叱られたことで自分の中で区切りが付く、というか」

P「そうです。叱られて、そして許されることで、自分の中の罪悪感が払しょくされるんです」

P「大抵の人間は心の中に何かしらの罪悪感や劣等感を抱えています」

ちひろ「罪悪感ですか?それはどういうことでしょうか」

P「例えば、もっと頑張れば仕事がもっと上手くいったはずだけど面倒だったから妥協してしまったとか」

P「落ちてたゴミを見て見ぬふりをしたとか、内容は人それぞれですけど自分の全てを全肯定できる人は少ないと思います」

P「同期のほうが俺より優秀だ、みたいな劣等感もありますね」

11: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:26:20 ID:AskW5U/.
ちひろ「確かに誰でもあるでしょうね」

P「そういうものが心の中に積み重なってけっこうなストレスになるということです」

P「そこで、女王様に蔑まれたり馬鹿にされたり、というパフォーマンスによって『女王様は自分より上位の偉大な存在』だとすり込み」

P「その女王様に罵られたり鞭で打たれたりして罰を与えられ、そしてご褒美をもらうことで」

P「自分の抱える罪悪感に罰を与えて許されるという精神的な儀式を行う訳です」

P「そうすることで自分の罪悪感を消し去るわけですね」

ちひろ「ははぁ、なるほど。でもそれって愛と関係あるんでしょうか」

P「もちろんです。単に自分より上の人間というだけじゃダメなんです。女王様は女王であると同時に、M役の理想上の母親にならなければいけません」

P「でないと叱ることからの許しという儀式が上手く行きません」

P「ちひろさんだって、赤の他人に叱られたあげく一方的に許されてもイラッとするだけでしょう?」

ちひろ「た、たしかに……」

P「女王様は女王であると同時に厳しいけど愛情に溢れた母にならないといけないんですよ」

P「高級SM倶楽部なんかでもSの女王様の極意は聖母たれ、と言われています」

P「単に痛めつけるために鞭を振るうのではなく、愛あるがゆえに鞭を振るうんです」

P「そうすることでMは大いなる愛を実感し、心に抱えた罪悪感や劣等感を昇華するわけです」

12: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:27:13 ID:AskW5U/.
ちひろ「なんだか宗教的ですね……」

P「その通りですね。これは宗教の儀式にも近い。宗教は女王様ではなく神という存在を利用して」

P「人々に疑似的な親からの愛を体験させるという訳です。神様があなたたちを愛していますよ。悪いことをしたら天罰を与えた上で許してくれますよ、と」

ちひろ「な、なるほど……」

P「これらは心理学的にも理に適っているんですよ」

ちひろ「心理学、ですか?」

P「人は長所を認められることよりも短所を許されるほうがより幸福感を覚えるんです」

P「SMにおけるMになるということは、あえて弱い存在になることで、自分の弱いところを全肯定されるという幸福感が得られるんですよ」

ちひろ「はぁ……」

P「例えば、ちひろさんの良いところだけを見て女神だと称えてくる相手と、ちひろさんのダメなところを見ても全部許してくれる相手がいたら」

P「どちらと結婚したいですか?」

ちひろ「……、それは、後者ですね。前者の人と一緒にいたら常に完璧にならないとっていう気になって息がつまっちゃいそうです」

P「ご理解いただけたようで幸いです」

ちひろ「うーん、しかし、時子ちゃんがお母さん、ですか……、ちょっとおっかないですね」

13: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:27:52 ID:AskW5U/.
P「ああ見えて子供の面倒見はいいですし、誰かがミスをしたり落ち込んでたりすると、彼女なりのやり方で慰めて上げてますよ」

P「ちょっとやり方が過激ですけどね」

ちひろ「なるほど、どうも私は表面的な言動に囚われすぎていたようですね」

ちひろ「でも私にはやっぱりSMは無理かも……」

P「ははは。それは仕方ないですね。実際にやろうとするとかなり独特の感性が必要ですから」

P「無理に理解しようとしたり、あるいは拒絶したりせずに気軽にそういう世界もあるんだな、程度に受け止めてくれればいいんです」

ちひろ「はい。分かりました」

P「おっと、そろそろ時子が事務所に着く時間だな……」

ガチャッ

時子「……」

ちひろ「あ、時子ちゃん、おはよう」

P「おう、おはよう、時子様。疲れは溜まってないか?」

時子「私があのくらいのライブで疲れる訳がないでしょう。というか、貴方たち、いい加減その気安い口調はやめなさい!」

P「はっはっは。さすが時子様。調子は良さそうだな。よし、それじゃ営業があるからいくぞ」

時子「チッ、豚の分際で……」

14: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:28:53 ID:AskW5U/.
P「えっとだな、今日はまず○○テレビで打ち合わせだ」

時子「それくらい私も覚えてるわよ」

P「それじゃちひろさん、行ってきますね」

ちひろ「はい。お二人とも気を付けてね」

時子「無駄口叩いてないでさっさといくわよ!」

P「よし、じゃ行くか」



ちひろ「……うーん、なんだかんだで時子ちゃんはプロデューサーさんを信頼してますよね」

ちひろ「時子ちゃんの女王様気質は受け入れがたい人には受け入れがたいけど」

ちひろ「プロデューサーさんはそれに怯えるでもなく服従するでもなく反発するでもなく自然体で受け入れる」

ちひろ「たぶん、それが時子ちゃんには得難いことなのかもしれません」

ちひろ「そういう意味ではさっき説明されたSMとちょっと似てるところがあるのかも」

ちひろ「奥が深いですねぇ……」

15: 名無しさん 2017/10/04(水) 20:29:39 ID:AskW5U/.
これで終わりです

作中の理論はあくまでも一説ですのでご了承ください