1: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:22:27.24 ID:+LC77dueO
色々無茶苦茶な部分はあるかと思いますので気分を害された方がいらっしゃったら大変申し訳ありません

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488975747

引用元: ・瑞樹「特番で、笑ってはいけないアイドル24時2017」

2: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:23:16.16 ID:+LC77dueO
『2017年を迎えようとしていたその時、あの悪夢が再び蘇ろうとしていた…』

『理不尽に笑わされ、ケツをしばかれ、わけもわからないまま疲れ果て…後に残ったものは痛みと屈辱…』

『仕事を終えた彼女らは皆一様に、口を揃えた…』

『「もう二度と呼ぶな、呼んだらしばかれた回数ケツを蹴り飛ばしてやる!!」…と』

『しかし今宵、権力と圧力と期待に負けた彼女らが、再びパワーアップした笑いの刺客に立ち向かう!!』

3: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:24:06.27 ID:+LC77dueO
瑞樹「はーい!!おはようございまーす!!!」

早苗「あー…うっさ…」

楓「おはでーす…」

友紀「わーい!!」

菜々「…」

瑞樹「はい「笑ってはいけないアイドル24時」ー!!!」

早苗「…」

楓「わーい」

友紀「わーい!」

菜々「…」

瑞樹「静かねえ。もうちょっと元気出しなさいよ」

早苗「あのね…」

瑞樹「…」

早苗「エッッッグい!」

瑞樹「何がよ」

早苗「さっきまで『もう絶対許さないあいつらホント○○す』とか言ってたのに」

瑞樹「そんなの一言も発してないわよ!!」

楓「www」

早苗「怖いわよー…この子は」

瑞樹「あのね、やりたくないとは言ったわよ?でも全員思ってるでしょ?」

菜々「…」

瑞樹「特に貴方」

菜々「はい」

友紀「www」

早苗「あのね?一つ良い?」

瑞樹「何?」

早苗「もうやらないよって口酸っぱく言ったわよね?」

楓「負けたんです。色々」

早苗「芸能界の闇ね、戦わなきゃ」

瑞樹「物騒な話してんじゃないわよ」

4: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:25:10.16 ID:+LC77dueO
早苗「でね?もう一つ良い?」

瑞樹「何?」

早苗「お客さんも知ってると思うけどね、これ撮ったのまだ12月にすらなってないからね?」

瑞樹「www」

楓「www」

友紀「まだ霜すらなってないですよ」

菜々「www」

瑞樹「www…あ、あー…のね?収録だから。そういうもんでしょ?」

早苗「あー…のねって何?」

瑞樹「やかましいわよ!!」

早苗「え!!?元アナウンサーが詰まるんですか!?」

瑞樹「アンタはもおおお!!」ペシペシ

菜々「…でも本当、身体が壊れるかと思いました…」

楓「気分的には4、5回人生やり直した感じですね」

瑞樹「あらそうだった?でもー…」

友紀「んー…そうですよね。何かいつも楓さんはさほど変化が…無い、感じですよね?」

楓「感情を失ったの」

瑞樹「あんな事しといてよく言うわね」

楓「終わった後に川島さんに○○されて…」

瑞樹「してないわよ!!!」

友紀「wwwww」

瑞樹「ちょっと!!!もう本当やめなさい!!!」

早苗「どうだったの?どうだったの?」

楓「いやあ…もう、激しく求められて…」

瑞樹「アンタねぇ!!いい加減にしなさいっての!!」ユッサユッサ

楓「たまりませんよぉおぉお」

早苗「wwwww」

友紀「wwwww…ちょ、ちょっと!時間押してます!」

早苗「wwwww」

瑞樹「え!?じゃ、じゃあ菜々ちゃん!お願い!」グググ…

楓「…」グググ…

菜々「え!?じゃ、は、はい!ぶVTR!…」

早苗「…」

菜々「…どうぞ…」

早苗「素人かっ」ペシッ

友紀「wwwww」

5: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:25:50.39 ID:+LC77dueO
『10月某日早朝…この日、川島、片桐、高垣、姫川、安部の5人はとある場所に招集されていた…』

早苗「寒……」
【片桐早苗】

瑞樹「…」
【川島瑞樹】

楓「…」
【高垣楓】

友紀「…」
【姫川友紀】

菜々「…」
【安部菜々】

早苗「…くもない」

瑞樹「まだ秋だもの」

菜々「地球温暖化って言われてますし…」

楓「でもやっぱり夜は寒いです」

早苗「夜は寒いわよ。でもあんまり暖房とかいれられないのよね。朝起きたら喉にくるから」

瑞樹「加湿器置けばいいじゃない」

早苗「あー…あれね、置いてたんだけどね」

瑞樹「うん」

早苗「まずね、酷い…のよ!」

6: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:26:26.87 ID:+LC77dueO
友紀「何が酷いんですか?」

楓「私加湿器は何処にでも持っていきますよ」

瑞樹「貴方楽屋にも置くものね。月一で新しいのに変えて」

楓「どんどん良いのが出てくるんですよ」

早苗「いや、別に良いのよ。そんな楽屋に3時間も4時間もいるわけじゃないし」

瑞樹「え?で結局何があったの?」

早苗「あのね…朝起きたらもうベッドが…グッショグショ!!」

瑞樹「www」

菜々「グショグショ…?」

早苗「本当なの!しかも夏だったから汗なのかミストなのか分からないの!!」

友紀「…なります?」

瑞樹「…いや…ならない」

早苗「なったのよ!枕もベッドもグッショグショ!!」

楓「この間新しいの出ましたけど、それだったら…」

早苗「いやもうホントグッショグショ!!!」

瑞樹「うるさいわねもう!!」

7: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:27:05.47 ID:+LC77dueO
早苗「あ、あそこ…」

瑞樹「何?」

早苗「いや…下の草むら…」

菜々「あ、あそこにいますね」

楓「あ、ほんとだぁ」

「ー!!」

瑞樹「相変わらず何言ってるか分からないのよね」

友紀「しかもあれ見て下さいよ、ほら」

瑞樹「ええ、分かるわ」

友紀「草むらの上じゃないですか。それであの人スーツが緑だから、分かりにくいんですよ」

早苗「バッタじゃないんだから」

「ー!!ー!!」

早苗「あれで本人めちゃくちゃ出してるつもりなのよね」

瑞樹「あの子遠い距離なのにボソボソ話したりするでしょ?たまー…に、イラっとするのよね」

「…」ゴソゴソ

菜々「何か鞄から取り出してますよ…」

友紀「…」

ちひろ『お は よ う ご ざ い『キーーン』』

早苗「うわっ!」

瑞樹「きゃっ!」

楓「!」

友紀「ひゃっ!!」

菜々「ひえっ!」

ちひろ『………おはよう。寒いわね!』
【千川ちひろ】

早苗「うっさいのよ!!!!!」キーン

瑞樹「早朝から何してんのよ!!!!!」キーン

友紀「バカー!!!!!」キーン

楓「びっくりしたあ…」キーン

菜々「耳が…」キーン

8: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:27:45.99 ID:+LC77dueO
『けたたましいちひろボイス大音量にたまらずブチギレるベテランアイドル達…しかし彼女がいる、ということは…』

瑞樹「あー朝から気分悪いわ…」

ちひろ「貴方達を今回集めたのは他でもないわ」

瑞樹「普通に進めてるわよ」

早苗「…」ベチィッ

ちひろ「ン゛ン゛ァ゛!!」

楓「www」

友紀「www」

瑞樹「www」

ちひろ「寒……痛……!!」

早苗「何よ」

菜々「もう冬だからジンジンしてるんじゃないですか?」

瑞樹「あー…」

ちひろ「…ン、ン゛ン゛。えー…今回、集めたのは…他でもないわ」

早苗「さっき聞いたわよ」

ちひろ「まあ貴方達の事だから聞いてると思うけれど、今回は貴方達にアイドル活動をしてもらうのよ」

瑞樹「毎回アイドル活動よ」

楓「今回以外は何なんでしょう?」

ちひろ「そしてその活動は、24時間にも及ぶわ」

瑞樹「…」

友紀「…」

早苗「まあ打ち合わせで聞いたけどね」

瑞樹「うん」

菜々「お二方凄くゴネてらしたもんね」

早苗「やりたくなかったらーって言われたもん」

ちひろ「…」

瑞樹「それでじゃあやらないって言ったらねぇ」

早苗「『あ、いや…すいません』」

瑞樹「何よそれって感じよね」

ちひろ「…」

楓「早く突っ込まないとずっと喋り続けますよ」

菜々「www」

友紀「www」

9: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:28:21.24 ID:+LC77dueO
ちひろ「今から24時間、貴方達は新人アイドルとして活動してもらうから」

瑞樹「前も新人だったんだけど」

友紀「アタシ達いつになったらランク上がるの?」

ちひろ「それからいくつかルールを説明するわ」

楓「そういえば今日はカンペ無いですね」

菜々「頑張って覚えたんじゃないんですか?」

ちひろ「まず第一、紳士に仕事に臨むこと」

早苗「この辺はパターンだからもう覚えられたんでしょ」

友紀「パターンって…ねえ、これまさか定期的にやるつもりじゃないよね?」

ちひろ「第二、何があっても笑ってはいけない」

早苗「笑顔が仕事のアイドルが笑っちゃダメって何なのかしらね」

瑞樹「ねー?何で笑ったらダメなの?」

ちひろ「…」

楓「…」

瑞樹「…」

早苗「…」

ちひろ「だ…あ、いや…そういう…あれ…」

瑞樹「…ン゛」

早苗「…ー…」

楓「ン゛ン゛」

ちひろ「……あ…すいません」

友紀「wwwww」

瑞樹「wwwww」

早苗「wwwww」

楓「wwwww」

菜々「wwwww」

早苗「本当アドリブきかないわね」

瑞樹「wwww」

ちひろ「…」

10: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:29:02.29 ID:+LC77dueO
ちひろ「今回も各自あのワゴンに乗って衣装に着替えてもらうわ」

瑞樹「どうせ途中で脱ぐじゃない」

早苗「あれ色々邪魔なのよ座る時とか」

楓「装飾品のせいでお尻とか痛いんですよね」

早苗「分かる!この辺よねこの辺!」

瑞樹「お尻向けてんじゃないわよ」ペシッ

ちひろ「早く行ってくだ、頂戴」

瑞樹「はいはい…」

早苗「さっきので動揺してんの丸分かりなんだけど」

11: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:30:23.51 ID:+LC77dueO
『あの悪夢がまた始まってしまった…全く気乗りのしない彼女達は足取り重く、ワゴンに乗る際もブツブツ呟きながらドアを閉めた』

ちひろ「…」

『時間が流れ、各々が着替える中、あの女は…』

ちひろ「…そろそろ着替え終わったかしら…初めは、友紀ちゃん…ウェディングドレスみたいね…」

『ひたすら、そして必死に、己の仕事を遂行する為ポケットの中のカンペを暗記していた…』

12: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:31:00.89 ID:+LC77dueO
ちひろ「そろそろ着替え終わったかしら?…さい、初めは…友紀ちゃん!!」

友紀「…」
http://blog-imgs-64.fc2.com/7/t/o/7toriaezu/f7f85a3949cd94e6fe04a9b30189eb57.jpg

ちひろ「ウェディングドレスみたいね」

友紀「…あのね?」

ちひろ「何かしら?」

友紀「寒い」

ちひろ「あの…」

友紀「…」

ちひろ「…」

友紀「…次…行っても…いいよ…?」

ちひろ「あっ…は、ええ。早苗ちゃん!」

13: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:32:02.28 ID:+LC77dueO
『姫川の次に出てきたのは…』

早苗「…」
http://125.6.169.35/idolmaster/image_sp/card/m/1683444bf90b1c5b16e8d8cf56a46191.jpg

ちひろ「あら、お母さんスタイルね」

早苗「エプロン着ただけじゃない」

友紀「あれ?…何か似合う…」

早苗「でしょ?やっぱり母性が出てんのよ」

友紀「感じたことないですけど」

早苗「www」

14: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:32:45.54 ID:+LC77dueO
『片桐の次は、安部だが…?』

ちひろ「菜々ちゃん!貴方の番よ!」

菜々「…寒いっ…」
http://xn--ccke7da9de3noexft929csfpb.com/master/wp-content/uploads/2015/09/012865261.jpg

友紀「分かるよー。分かる…」

ちひろ「随分キラキラしてるわね。新調したかいがあったというものよ」

菜々「…これ室内用…」

ちひろ「残暑も終わったというのに肌を出すとは中々の度胸じゃない」

菜々「…だから室内用…」

友紀「台本に無いから反応出来ないよ」

菜々「…あの、出来ればその上着…」

友紀「嫌」

菜々「…寒いっ…」

15: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:33:20.09 ID:+LC77dueO
『次は高垣の番だが…?』

ちひろ「楓ちゃん!」

楓「………」
http://xn--ccke7da9de3noexft929csfpb.com/master/wp-content/uploads/2015/10/6980127-500x250.png

早苗「エグっ…」

楓「…お腹…冷える…」

菜々「秋にそれは…」

楓「私、お腹、痛い、なる」

早苗「何でカタコトなのよ」

友紀「カーディガン巻いたら良いんじゃないですか?」

楓「…(カーディガン)長いからこうしたら丁度良いかも」キュッ

ちひろ「あっ…」

菜々「?」

ちひろ「……皺…皺…」

友紀「皺ですって」

早苗「後で怒られるのはちひろちゃんだからね」

楓「鎖土まみれですけど」ズルズル

ちひろ「あっ!」

早苗「wwwww」

友紀「wwwww」

16: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:33:57.27 ID:+LC77dueO
『そして最後に出てきたのは…?』

ちひろ「瑞樹ちゃん!」

早苗「瑞樹ちゃんって…」

菜々「あ…」

楓「あ…」

瑞樹「これ久し振りだわぁ」
http://livedoor.4.blogimg.jp/hatima/imgs/4/6/460df303.jpg

ちひろ「あら、まるで新妻の旅行みたいね」

楓「そうですね。似合ってますよ」グイグイ

菜々「何寒そうな顔してるんですか。重ね着してる癖に」グイグイ

瑞樹「何するのよ。私に来た仕事なんだから仕方ないじゃない」

楓「私、お腹、冷える。それ、貰う」

瑞樹「何でカタコトなのよ」

菜々「このままだと本当に風邪引いちゃいます…」

瑞樹「仕方ないわねえ…でも一枚しか無いわよ?それに色々…ちょっ!!どこ手突っ込んでんのよ!!?」

楓「温とそうだなあって」

早苗「wwwww」

ちひろ「wwwww」

瑞樹「もおおおおこの子なんなのよおおおおおお!!!」

友紀「www」

楓「wwww」

瑞樹「ちょっとおおおお!!!本当勘弁してよおおおお!!!」

ちひろ「wwwww」

17: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:34:40.38 ID:+LC77dueO
『ちひろをよそにちちくり合う高垣と川島。それを他人事のように笑う仲間…』

『しかしその時ハプニングが…!!』

楓「服着てますねぇ」

瑞樹「ちょっともう本当やめ…!」シュル

楓「あ」

瑞樹「あ」

早苗「…」

瑞樹「…」

楓「…」

菜々「…あの…」

瑞樹「…」

楓「…」

瑞樹「…楓ちゃん。押さえててよ?」

楓「はい」

友紀「どうしたんですか?」

瑞樹「ちょ…帯解けた…」

早苗「wwwww」

友紀「wwwww」

菜々「wwwww」

早苗「え!?そんなのあんの!?」

菜々「あ、ちょ…これ…浴衣脱げちゃうんじゃ…」

瑞樹「あ、ダメ。これダメ」

※仕込みではありません

早苗「wwwwwww」

瑞樹「…」

早苗「くだらなwwいwww」

瑞樹「楓ちゃん、鎖貸して」

楓「はい」

早苗「ごめwwwごめんwwww」

18: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:35:13.16 ID:+LC77dueO
【30分後】

瑞樹「あのね、全員同じにすれば良いと思うのよ。元から」←ジャージ

早苗「そうね。そもそも衣装で笑いを取りに行くだなんて邪道よ」←ジャージ

友紀「結局これになるんだ」←ジャージ

楓「高かったんだって。私の」←ジャージ

菜々「躊躇いがありませんでしたね。結んだの」←ジャージ

早苗「あんなのでお尻向けたらとんでもないことになるわよ」

瑞樹「セクハラね」

菜々「その発言もセクハラになりますよ」

早苗「wwwww」

友紀「何ですかね…」

瑞樹「?」

友紀「この出オチ感」

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

19: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:35:57.30 ID:+LC77dueO
『結局いつものジャージに着替えてしまった川島達…』

ちひろ「あれを見なさい」

早苗「30分前から見えてるk」

ちひろ「あれが今回貴方達を事務所まで連れていくバスよ」

早苗「被せられたんだけど」

瑞樹「邪魔するなってことでしょ」

ちひろ「まずはあれに乗りなさい。そこから始まるから」

楓「タクシー呼べば良いと思います」

早苗「(領収書)346プロで切っといてもらえる?」

瑞樹「この子で良いじゃn」

ちひろ「でもルールがあることを忘れちゃダメよ」

瑞樹「被せられたんだけど」

菜々「邪魔するなってことですよ」

友紀「ここバス停じゃないのにもう何人か乗ってるのは何で?」

瑞樹「人件費いくらかかってるのよ」

ちひろ「…」

早苗「あれらは…あれじゃないの?エキストラとかじゃないの?」

瑞樹「あんなのやって何が楽しいのよ」

ちひろ「…」カチ

楓「あれですよ。きっと346プロの社員ですよ」

早苗「何?○電みたいなことやってるわけ?労働組合組みましy」

ちひろ「も う 一 度 ル ー ル 説 明 を す る わ ね」キーン

早苗「ッアアアアアアアアアアアイ!!!!」キーン

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

20: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:36:31.93 ID:+LC77dueO
ちひろ「まず第一、全力で仕事に取り組むこと」

早苗「もう90%くらい力持ってかれたわ」

瑞樹「元々5%も出してないでしょ」

早苗「8%は出してるわよ」

菜々「消費税か何かですか?」

ちひろ「第二に、何があっても絶対に笑ってはいけない。これが一番重要ね」

友紀「そういう番組じゃないの?」

ちひろ「以上のことを守って、全力で仕事に臨みなさい。新米アイドルとして」

瑞樹「全力2回目よ」

ちひろ「そう書いてあるんです」

瑞樹「あ、ホントだわ」

早苗「何(カンペ)出してんのよっ」ペシ

楓「wwwwwww」

ちひろ「じゃ、このバスに乗った瞬間からは笑ってはダメよ」

友紀「はーい…」スタスタ

瑞樹「…」

早苗「…」

楓「…」

菜々「…」

友紀「…ん?」

21: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:37:11.24 ID:+LC77dueO
友紀「…ん?」

瑞樹「え?」

友紀「…え?」

瑞樹「何?」

友紀「…いや、皆さん…乗らない?」

早苗「今ちょっと服にトゲ絡まってるから取ってんのよ」

友紀「いや、座ってからにして下さいよ。早く乗って下さいよ」

瑞樹「いや…」

友紀「え?」

瑞樹「まあ、待ってなさいよ」

友紀「は?」

早苗「…」

友紀「…」

楓「…」

友紀「…」

菜々「…」

友紀「…」






友紀「ンッフフフフフフフフ」デデーン
『姫川 アウトー』

友紀「だあああああああああああもおおおおおおおおおお!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

22: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:37:48.78 ID:+LC77dueO
「…」バタバタ

友紀「え?…あー…」

瑞樹「あー来た来た…」

「…」ベシッ

友紀「痛っだい!!」

早苗「有無を言わさないわね」

楓「冬場は嫌ですね」

友紀「…っつー…」

菜々「いつでもどこでも嫌ですよ」

友紀「…ちょっと、良いですか?」

瑞樹「ん?」

友紀「一言良いですか?」

早苗「何?」

友紀「…」

菜々「…」

楓「…」

友紀「…アイドルですよね?」

早苗「違うんじゃない?」

友紀「ねえ」

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

23: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:39:19.43 ID:+LC77dueO
『姫川を生贄に捧げ、最初の一撃を見舞わせたセコい先輩アイドル達もしぶしぶバスに乗り、ようやく24時間笑ってはいけないアイドルがスタート…』

『バスが動き出し、目的地へと向かう…』

『だが、その道のりは、決して真っ直ぐではない…』

…。

瑞樹「…」

早苗「…」

『第一停留所 到着』プシュー

早苗「何で直行じゃないわけ?」

友紀「それ前から言われてます」

菜々「…何か来ましたよ…」

楓「…」

きらり「♪」
【諸星きらり】

瑞樹「あー…この子はあれよ。アンタよ」

早苗「セットにしてんじゃないわよ」

菜々「まあセットといえば…」

きらり「杏ちゃあん!今日はぁ…何処に行く?」

杏「…あー…」
【双葉杏】

【双葉杏inきらりバッグ】

瑞樹「あー…こっち…」

きらり「やっぱりぃ、楽すぃ所が良いかなぁ?」

杏「嫌っすわ…」

きらり「きらりいーっぱい!考えてきたんだよぉ!」

杏「いや本当…」

きらり「じゃあ行こうねぇ!」

杏「あー…」

楓「あれは…仲が良いのよね?」

友紀「良いんじゃないですか?」

早苗「っていうか何しに来たの?」

24: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:39:53.41 ID:+LC77dueO
「…」カツーンカツーン

早苗「?」

のあ「…」カツーン…カツーン
【高峯のあ】

菜々「え、またですかぁ…?」

【巨大なバッグを持ったのあが登場】

のあ「…」

瑞樹「いやだから何でこっち近付くのよ…離れなさいよ…」

のあ「…」

早苗「絶対何か入ってんのよ。この鞄。デカいもん」

楓「エスパー伊藤が入ってるんですよ。きっと」

瑞樹「それは嫌ね」

友紀「いやー…」

のあ「…」くるっ

礼子「…」
【高橋礼子】

友紀「ンッファハハハハハハハハハ!!!!」

瑞樹「wwwwwwwww」

早苗「wwwwwwwww」

楓「wwwwwwwww」

菜々「wwwwwwwww」

『全員 アウトー』

25: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:40:32.87 ID:+LC77dueO
【高橋礼子inのあバッグ】

礼子「…」

早苗「ヒーッ…ヒーッ…痛いっ!?」

瑞樹「ヒ…ンッフフフフフン゛ッ!!」

のあ「…」

礼子「…」

楓「…痛いっ!」

友紀「…!あっー…もー…」

礼子「…」

菜々「あ痛っ…」

礼子「…」

のあ「…」

瑞樹「…ちょっと…もう…本当勘弁して下さい…」

早苗「無理…無理…」

楓「こっち向かないで…」

のあ「…」カツーンカツーン

礼子「…」

友紀「何でこっち向けたまま…」

のあ「…」くるっ

礼子「!!!?」ゴィン

【バスの手摺が礼子に直撃】

菜々「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

『全員 アウトー』

26: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:41:18.28 ID:+LC77dueO
瑞樹「www…痛いっ…あーおかし…」

早苗「何でこんなん…痛った…引き受けてんのよ…」

楓「お腹が…w…痛いっ」

友紀「痛っだ…」

菜々「あうっ…」

瑞樹「…見境無いわね、今回」

早苗「怖いわー…ホント…」
https://youtu.be/FfcC9f6HyI0



早苗「は?」

瑞樹「何?」

アーニャ「…」
【アナスタシア】

美波「…」
【新田美波】

楓「?」

【ヒゲダンスのテーマに合わせてラブライカ突如乱入】

アーニャ「…」

美波「…」

友紀「何?え、何…してんの?」

早苗「怖い怖い怖い怖い…」

アーニャ「…」ペラ
『マシュマロガン 口キャッチ』

菜々「え?」

アーニャ「…」クイクイ

美波「…」コク

早苗「え?動きながら(口キャッチ)?」

アーニャ「…」ガチャッ

美波「…」

友紀「いや、無理…」

アーニャ「…」パシュ

美波「…」スカッ

友紀「ほらー…」

アーニャ「…」パシュ

美波「!!?」ビシィ
【マシュマロ弾が美波の鼻に直撃】

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 アウトー』

アーニャ「…」

美波「~!!」

菜々「無理ですって…」

瑞樹「バカじゃwwwないのwww痛いっ…」

早苗「痛っだ!」

楓「wwww…あうっ…」

27: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:41:51.56 ID:+LC77dueO
早苗「いやヒゲダンスやるからでしょ」

瑞樹「あーもう無理…」

アーニャ「…!」グイッ

美波「!?」

友紀「え?」

【マシュマロガン口キャッチ続行】

アーニャ「…!」グイッグイッ

美波「!!…!!」ブンブン

友紀「…えええ…?」

アーニャ「…!」グイッ

美波「…」

瑞樹「もう動くの止めなさいよ」

早苗「止まろ止まろー…」

友紀「狙えてない狙えてない狙えてない…」

アーニャ「…!」パシュパシュパシュ

美波「!?!!!?」ビシビシビシビシビシ

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

28: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:42:30.74 ID:+LC77dueO
『第二停留所 到着』

早苗「着いた?」

友紀「まだですよ」

早苗「何で?」

菜々「あの人(ちひろ)に聞いて下さいよ」

早苗「そもそもね、24時間は長過ぎると思う」

瑞樹「それはあるわね」

友紀「そうですね…とにかく疲れますからね…」

早苗「5分くらいで良いのよ」

菜々「5分で何するんですか…」

早苗「楽屋で笑ってはいけない5分で良いじゃない」

友紀「文化祭の出し物みたい…」

早苗「これYouTubeで出せばいけるかもしれないわよ」

瑞樹「…」ペシッ

早苗「…」

瑞樹「…ンフッ…」

早苗「…」

瑞樹「…」

早苗「…笑った?」

瑞樹「…」

『見逃していたのでセーフ』

早苗「…笑ったわよね?」

楓「私以外は」

瑞樹「怒るわよ」

「…」ツカツカ

29: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:43:09.23 ID:+LC77dueO
菜々「…」

心「…あー…」
【佐藤心】

瑞樹「また…」

心「…」

早苗「何なのよ…」

【佐藤心が乗車】

心「…あ゛ー…」ドサァ

友紀「おっさんじゃん…」

菜々「…」

心『…ユニット、組みたいなぁ…』

楓「?」

瑞樹「…何か流れてるんだけど…」

心『誰でも良いから、ユニット組んで、2人で歌ってみたいなー…』

楓「誰でも良い…」

心『どっかに良いのいないかなー…』

早苗「アンタがまず良いのに入ってないじゃない」

心『…?何だか良さげなのが5人も目の前にいるじゃん!』

友紀「…うわぁ…」

心『品定め品定め…ユニットだからやっぱ自分に合うのが良いよね!』シュタッ

菜々「誰でも良いって言ってたのに…」

30: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:44:10.18 ID:+LC77dueO
心「…」ズイッ

瑞樹「…」

心「・・・」ジー…

瑞樹「・・・」

【1人ずつ品定め】

心「・・・」ジー…

瑞樹「・・・」

心「…」ブンブン

瑞樹「何なのよもう…」

心「…」

早苗「…」

心「・・・」ジイイイイ

早苗「・・・」

心「・・・」ジイイイイ

早苗「…チッ…」

心「…」ブンブン

楓「…」

心「・・・」

楓「・・・」

心「・・・」クンクン

楓「ンブッフフフフフフフフフ」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

31: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:45:03.98 ID:+LC77dueO
楓「何で匂い嗅ぐの…痛っ」

瑞樹「あ痛っ」

早苗「っあー…ムカつく…」

友紀「痛いっ!」

心「…」

楓「…」

心「・・・」ジイイイイ

楓「・・・」

心「…」フルフル

瑞樹「違うみたいよ」

楓「良かった…」

心「…」

友紀「…」

心「・・・」ジイイイイ

友紀「・・・」

心「・・・」ジイイイイ

友紀「・・・」

心「…」ブンブン

友紀「…」

菜々「…」

心「!」

菜々「・・・」

早苗「あ、シンパシー感じられた」

菜々「・・・」

心「…!…」ジー

菜々「・・・」

心「…!…!!」クンクン

菜々「・・・」

心「…!!」スゥゥゥゥウウウ

菜々「・・・」

心「…!」コクコク

瑞樹「あら」

菜々「・・・」

心「コンビ組んで下さい!」クルッ

楓「えっ?」

【コンビを高垣に依頼】

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 姫川 アウトー』

菜々「・・・」

32: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:45:43.04 ID:+LC77dueO
『始まってたった数分で笑いの刺客に洗礼を受けた5人…』

『バスもようやく事務所へと着く…』

『その事務所の名は「武内プロダクション」!』

『この伝統ある大型プロダクションで、川島達の仕事が始まる!!』

…。

【武内プロダクション前到着】

ちひろ「着いたわ。降りて頂戴」

瑞樹「はいはい…」

早苗「今からが面倒くさいのよね…」

友紀「ホントですね…」

楓「前と同じ所じゃないの?」

菜々「違うみたい…ですね」

ちひろ「じゃあ今から事務所に行くけど、その前に…これを見て」

瑞樹「…」

楓「…」

【武内Pの銅像】

菜々「…」

ちひろ「この方こそ、この大型…超大型プロダクションの創設者」

友紀「わざわざ言い直さなくても…」

ちひろ「武内すんしゅ…ン゛ン゛!!」

早苗「ン゛ッ…」

瑞樹「…」

ちひろ「…」

楓「…」

早苗「…ン゛ッブフフフフフフ」

菜々「wwwww」

『片桐 安部 アウトー』

早苗「…あだっ…」

菜々「痛いっ…今のは卑怯ですよ」

ちひろ「この方こそ、この、大型プロダクションの創設者、武内、駿輔よ」

友紀「そんな簡単なのにすんごい丁寧に言い直すって…」

33: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:46:31.30 ID:+LC77dueO
ちひろ「…じゃあ、中に入って」

瑞樹「最初から行かせなさいよ」

楓「…」

友紀「…どうしました?」

楓「…これ、幾らかかったのかしら…?」

友紀「…やー…大分いってるんじゃないですかね…」

早苗「どうせ中身なんかスッカスカでしょ。触ったら壊れるわよ」

菜々「使い回しするくらいだから相当じゃないですか?」

瑞樹「早くしなさいよ」

早苗「ン゛」

菜々「ン゛ッ」

【4人が遅いことにキレる川島】

早苗「…これで中入ったらアレよ。またあのデカい写真があんのよ」

友紀「気をつけなきゃ。菜々ちゃんアレ弱いんだから」

菜々「そうですね…失礼かもしれないんですけど…」

瑞樹「笑わせに来てるんだから失礼も何も無いわよ」

菜々「…んー…」

早苗「本当よね。この状況だs…」

楓「…」

瑞樹「…」

友紀「…」

菜々「…まあ…」

http://img.hmv.co.jp/image/jacket/400/19/0/8/939.jpg

【武内Pの代わりに何故かキングクリムゾン】

菜々「そうでンッフフフフフフフフフ」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『片桐 姫川 安部 アウトー』

34: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:47:10.18 ID:+LC77dueO
…。

ちひろ「…というわけで、ここが事務所よ」

瑞樹「何?また事務机ある部屋なの?」

友紀「多分そうですよ。味しめたみたいですから」

瑞樹「えー…嫌ねぇ」

早苗「…っていうかね?何か聴こえる」

楓「え?…あ、本当…」

友紀「…何か…啜ってる?」

菜々「…っていうか何かラーメンの匂いが…」

瑞樹「…友紀ちゃん。開けて」

友紀「えええ…?アタシですかぁ?」

瑞樹「早く早く」

友紀「…はーい…」ガラッ

響「…」ズルズル

子供A「…」ズルズル

子供B「…」ズルズル
http://youtu.be/hsSAnsrQvLk



【「北の国から」パロディ我那覇響】

友紀「・・・」

早苗「・・・」

瑞樹「・・・」

響「…」ズルズル

友紀「…ちひろさん。あれ何ですか?」

ちひろ「不審者ね!警備員さーん!警備員さーん!」

響「…」ズルズル

警備員「はい!何でしょうか?」タッタッタ

早苗「警備員来んの早っ」

35: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:48:04.90 ID:+LC77dueO
ちひろ「不審者です!捕まえて下さい!」

警備員「はい!…さあ早く!出て行きなさい!」

響「…!」

警備員「君達も!ここでラーメン食べちゃダメ!!」

子供A「?」

子供B「?」

警備員「ダメだって!ほら早く出てって!」ヒョイ

子供AB「あっ…」

響「!!」バン!!

瑞樹「あら…」

警備員「ほら!貴方も!」

響「ナーワラバーガカメールミチナカウティショウガァ!!」

早苗「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

早苗「え!?何!?何て!?」

瑞樹「wwwwwww」

警備員「ほら!!早く来なさい!!抵抗しないで…!!」

響「ナーワラバーガカメールミチナカウティショウガァァァァアアアアアア!!!」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「訳www分かんないwwww痛いっwww」

菜々「お腹…お腹が…ww…あうっ…」

早苗「何なのよアレ…痛っだ!!」

瑞樹「痛っ…www」

楓「wwwww…ッ…ww」

ちひろ「…www」

36: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:48:44.76 ID:+LC77dueO
早苗「何なのアレ」

瑞樹「北の国からね」

早苗「っていうかアレの侵入許した上にラーメンの出前の侵入も許したわけ?」

友紀「…っていうかラーメンの匂いが…」

瑞樹「ちょっと換気扇つけてよ。臭うから」

菜々「はい。えーと…あ、これ…」

<ナーワラバーガカメールミチナカウティショウガ!!!

菜々「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

『片桐 姫川 安部 アウトー』

早苗「もおおおおおおおおおおお!!!!」

友紀「早く連れてってよー…」

菜々「ヒーッ…ヒーッ…あ痛っ」

早苗「…オゥッフ…」

友紀「…痛った…」

瑞樹「笑っちゃうとね、多分パターン化してくから」

楓「堪えないとダメですよ」

早苗「…ムカつくわー…」

ちひろ「…じゃあまた来るから。それまでここで待機してて」

早苗「…ムカつくわー…」

菜々「換気扇…換気扇…あ、これ」ポチ

瑞樹「って本当に臭うわね。豚骨とかじゃなくて良かったわ」

菜々「お腹空いてない時に嗅いじゃうとダメですねー…」

瑞樹「そうね…」

37: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:50:17.69 ID:+LC77dueO
『ようやく事務所に着いた一行。開始早々笑いの刺客に苦しまれつつも何とかほんの少しの休息を取る…』

『しかし皆が椅子に座った途端、あの女が口を開く…』

…。

友紀「…あー…疲れた…」

菜々「ホントですね…」

友紀「何でまたこんなのやらなきゃいけないんだろ…」

菜々「…ですね…」

早苗「…」

【早苗の視線が一点に集中】

瑞樹「…何してるの?」

早苗「…いや…」

瑞樹「…」

早苗「…これ」

瑞樹「…これ(引き出し)?」

早苗「…うん」

【前回同様 怪しい引き出し】

楓「…これ(引き出し)、やっぱりあるのかしら…」

友紀「…流石に開けない方が良いんじゃないですか?」

早苗「…」

友紀「…」

菜々「…」

瑞樹「…」ガラッ

早苗「あ」

瑞樹「…。」

38: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:50:55.75 ID:+LC77dueO
早苗「…?」

瑞樹「…」スッ

【川島 高校卒アル写真】

早苗「・・・」

友紀「・・・」

瑞樹「…」ガラ

楓「…良く手に入りましたね、それ」

瑞樹「…」スッ

【新人アナ時代の写真】

早苗「…」

瑞樹「…」ガラ

菜々「…」

瑞樹「…。」

早苗「?」

瑞樹「…」スッ

【免許証写真(すっぴん)】

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 アウトー』

菜々「…」

友紀「…?」

菜々「…」

友紀「…www」

『姫川 アウトー』

39: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:51:43.46 ID:+LC77dueO
早苗「…えー…?今回そっちから?」

瑞樹「まあ、どっちでもいいじゃない」

早苗「心構えっていうもんがあんのよ。こっちにも…」

瑞樹「はいはい早く開けて」

友紀「開けなくても良いんじゃ…」

早苗「…」ガラ
http://img-cdn.jg.jugem.jp/829/1060890/20090228_808959.jpg

瑞樹「…」

楓「…」

【ゴリラの鼻くそ】

早苗「…」ガサッ

瑞樹「…」

早苗「…」スッ

瑞樹「…」ペシッ

早苗「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『片桐 安部 アウトー』

友紀「…これ食べる気になります?」

楓「…いらない…」

早苗「…痛いっ…アタシだっていらないもん」

菜々「あ痛っ…」

40: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:52:20.33 ID:+LC77dueO
早苗「…いやでもこれは無いわ。何でアタシがゴリラキャラになってんのよ」サスサス

瑞樹「まあそこまではないでしょ。開けてみたら?」

早苗「一応アイドルだからね」ガラ
http://wwwimages.adobe.com/content/dam/acom/jp/promotions/creativecloud/photography/new-year/images/newyear_prof01_540x304.jpg

早苗「…」
【イケメンゴリラ シャバーニ】

楓「あ、これ知ってます」

友紀「シャバーニですよね。イケメンゴリラの」

早苗「…ゴリラに良し悪しってあんのかしら…」

瑞樹「どうなのかしら…」

早苗「…んー…」ガラッ
http://img-cdn.jg.jugem.jp/829/1060890/20090228_808959.jpg
【ゴリラの鼻くそ×10】

早苗「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

41: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:53:09.22 ID:+LC77dueO
早苗「着実にアタシをゴリラキャラにしてくるわね」

瑞樹「すぐ腕力に訴えるからでしょ」

早苗「言い出しっぺアンタでしょ!!」

瑞樹「何となくね」

早苗「何となくって…」

楓「じゃあ…次は私ですね」

瑞樹「気をつけなさいよ。何が来ても大丈夫なように」

楓「私、こう見えて我慢強いんですよ」

早苗「嘘ついてんじゃないわよ」

楓「大丈夫ですよ。顔作ってますから」ガラ
http://www.punk-d.com/topics/exfile/kemuri.jpg

【ようかいけむり】

楓「あ」

早苗「あ」

瑞樹「あ」

菜々「あ」

楓「わー…」モワモワ

早苗「…一枚頂戴」

瑞樹「私も…」

菜々「…ナナも…」

瑞樹「え?」モワモワ

早苗「え?」モワモワ

楓「え?」モワモワ

菜々「ん?」

早苗「ん…ん?」

菜々「え?」モワモワ

瑞樹「…んー…んん?」

菜々「え?」

楓「…」

菜々「…」

楓「…」

菜々「え゛?」

楓「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

『片桐 高垣 アウトー』

早苗「ああああああああもおおおおおおおおお!!!!」

楓「…ンッフフフフ…」

友紀「何やってんですか?」

瑞樹「本当よね」

早苗・楓「痛っ…」

42: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:53:51.98 ID:+LC77dueO
早苗「アンタ笑わせに来たでしょ」

菜々「いえ」

楓「酷いわ。ここに来て本性を曝け出すなんて」

菜々「別に」

友紀「…これ、何が面白いんですか?」モワモワ

瑞樹「…何がって言われても…」

早苗「何でかしらね…」

楓「…」ガラ

瑞樹「…あ、無い…」

楓「下も…無い…」

早苗「最後は?」

楓「…」ガラ

友紀「…」

楓「…あっ」

瑞樹「何?また?」

楓「…」
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/b2/c2bec842f2ef5e9e060d3f8accc80b4e.jpg

【鳥水笛】

友紀「…あー…それ…」

早苗「これはー…知ってるんでしょ?」

友紀「夜店かどっかで…見たことあるような…」

早苗「これねー…これこそ何が面白いか分かんないもんね…」

楓「…」ピョロロロロロ

菜々「でも何でこれが?」

早苗「(2017年)酉年だからじゃない?」

菜々「…あー…」

楓「…」ピョロロロロロ

瑞樹「…うるさいわよ」

楓「…」ピョロ…

瑞樹「…」

友紀「…」

楓「…」

友紀「…」

瑞樹「…」

楓「…」ピョロロロロロ

瑞樹「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」ビュブブブブブブブブブブブブ

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

43: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:54:38.06 ID:+LC77dueO
早苗「引き出しに苦戦し過ぎよ。もうちょっと気を引き締めないと」サスサス

瑞樹「敏感になってきてるからね。一回落ち着きましょうよ」

菜々「そうですね…じゃあ、ン゛ン゛!行きますよー…」

友紀「何か飛び出てこないよね?大丈夫だよね?」

菜々「…ゆっくり開けますね」

楓「何か見えたらゆっくり出すのよ」

菜々「はい…あ、無い」ガラ

友紀「…次は?」

菜々「無いですね。あれ?こっちも…」

早苗「え?ネタ尽きた?」

菜々「そうだと良いんですが…あー…」ガラ

友紀「えっ?何?」

菜々「…えーと…」スッ
http://cache.cart-imgs.fc2.com/user_img/torikichi/3ef5f14dc2fdcfdd0105c2d27882ad7c.jpg

楓「え?」

早苗「また?」

菜々「…えーと…紙あるんで読みますね。…『肩に着けろ』」

瑞樹「…どういうこと?」

菜々「…どういうことでしょう?」

早苗「一応着けたら?」

菜々「まあ…はい」カチッ

友紀「…それだけ?」

菜々「これだけ…みたいですね」

友紀「んー…じゃあアタシも大丈夫かなぁ…」

早苗「いや、油断してると来るわよ。気をつけなさいよ」

友紀「そー…ですね…せーのっ」ガラ

菜々「…」

友紀「…」ガラ

楓「…」

友紀「あれー…?」ガラ

瑞樹「…」

友紀「無…あっ…」ガラ

早苗「!」

友紀「…うわー…」スッ
http://free-designer.net/design_img/0216075006.jpg

【謎のDVD】

菜々「!」

44: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:55:13.58 ID:+LC77dueO
友紀「…いやー…これ…」

早苗「アレよ。アンタの」

菜々「またナナですか…?」

瑞樹「これちょっと怖いわね…」

菜々「…流石に勘弁して欲しいです…」

友紀「…でも…」

楓「気になるわね…」

友紀「…観ます?」

早苗「アンタがそう言うなら…」

菜々「ちょっと」

早苗「え?」

菜々「後輩を地獄に叩き落とすのやめてくれませんかね」

瑞樹「意外と感動のまま終わるかもしれないわよ。次は誰の親御さんかも分からないし…」

菜々「ですけどね…」

友紀「…一応、入れるよ?」

菜々「…これナナのだったら怒りますよ…」

友紀「…えー…」

楓「…」スー

友紀「あっ」

菜々「あっ」

45: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:55:58.82 ID:+LC77dueO
https://youtu.be/BRw2WZ6MxHQ



『~みく散歩~』

瑞樹「え?何これ…」

早苗「え?」

楓「…?」

友紀「…みくちゃん?」

菜々「…ですね。曲あっちのですけど」

早苗「普通に…ウザいわね」

瑞樹「…」ペシッ

『本日もやってきました、みく散歩。今日は一体何処をぶらつくんでしょうか?』
【ナレーション 多田李衣菜】

友紀「これ一回目じゃん…」

みく『もうかれこれ5年目にもなるこのみく散歩。時が経つのは、本当に早い…と感じるにゃ』

早苗「アンタ5年前アイドルじゃないでしょ」

みく『でも!そんなセンチメンタルな気分に浸っていると、旅番組の意味が無いにゃ。だから、今日もいーっぱい歩くにゃ!』

『そんな訳で早速街に繰り出したみたいですねぇ。今日はどんな出会いがあるのでしょう?』

みく『…ふー…何だか喉が渇いてきちゃった…』

友紀「全然歩いてないじゃん…」

みく『こういう時はね、やっぱり落ち着ける場所が良いんだにゃ。…にゃにゃっ!』

『歩き疲れて喉が渇いたみくちゃん。そんな時目に入ったのは…?』

みく『…ここで、一旦休憩するにゃ』

『東京池袋にある大人気猫カフェ、MoCHA(モカ)!』

瑞樹「もうゴールじゃないのよ」

早苗「絶対帰ってこないわよ」

みく『…いやー…何だか呼び寄せられるように来ちゃったけど、一体ここには何があるんだにゃ…?』

友紀「猫だよ」

菜々「っていうか会員証見えてますよ。カメラもうちょっとズラさないと」

みく『…にゃっ!?あ、あんなに…可愛い…猫がぁ…!いっぱいぃ…!』

早苗「何なのよもう…」

46: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:56:46.40 ID:+LC77dueO
『池袋偶然立ち寄った猫カフェ、MoCHA。人懐っこい猫達と、落ち着ける空間が用意された猫好きには天国のような店…』

楓「今のところ大丈夫そうですね…」

瑞樹「そうね…」

『みくちゃん、早速一匹の猫に向かっていきましたよ…?』

みく『あー!この子、とっ…ても!可愛いにゃ!!名前は何て言うんですか?』

店員『あ、その子はユキっていう女の子です』

友紀「ん?」

菜々「ん?」

みく『へー…ユキちゃんは、今いくつなんですか?』

店員『…人間でいうと…20代前半くらいですかね』

友紀「ん?」

瑞樹「ン゛ン゛っン゛!!!」

早苗「ン゛ン゛!!」

みく『ユキちゃーん!ほーらこっちおいでー!ご飯だにゃ~』

ユキ『…』

みく『ユキちゃ~ん。来ないならこっちから来ちゃうにゃ~…』

ユキ『…』プイ

みく『ゆ、ユキちゃ~ん…』

ユキ『…』ヒョイ

みく『ユキちゃーん』

ユキ『…』プイ

みく『もう!!何でユキちゃん振り向いてくれないにゃ!いつも来てあげてるのに!』

ユキ『…』

みく『んも~!!ユキちゃん!!罰ゲームにゃ!!』

友紀「え?」

『姫川 空手キック』

友紀「は?」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 安部 アウトー』

47: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:57:24.24 ID:+LC77dueO
瑞樹「wwww…痛いっ…ww」

早苗「何この展開ww…痛っだ!」

楓「ンッフフ…ン゛ッ!!」

菜々「痛いっ!」

友紀「いや、え…は?」

有香「押忍ッ!」ガラッ

友紀「え?ちょっ…ちょっと!!」

有香「押忍ッ!」

友紀「いや押忍じゃないって!!おかしいって!アタシ何もしてないじゃん!!」

有香「…」グイッ

友紀「ちょ、ちょっと!本当勘弁…」

有香「ヤー!」

友紀「いや…本当…」

有香「ヤー!!」

友紀「…」

有香「ヤー!!!」

友紀「ヤー!!!」

有香「セイッ」ベチィッッッ

友紀「ッダアアアアアアアアアアアイ!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 安部 アウトー』

48: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:59:05.10 ID:+LC77dueO
友紀「…ッハァァァ…」

瑞樹「やめてwww…あ痛っ!」

早苗「痛っだい…」

楓「奇声が…ww…あうっ…」

菜々「痛いっ…www」

友紀「理不尽過ぎるでしょ。何でこんなの喰らわなきゃいけないんですか」

瑞樹「私も思ってるわよ」

友紀「まだ晴ちゃんに蹴られた方が良かったですよ。アレ本場のやつじゃないですか」

菜々「音が違いましたね」

友紀「芯に来るんだもん…ホント痛いって…」サスサス

早苗「ってか続きあるみたいよ」

友紀「え!?」

菜々「え?」

みく『もー…ユキちゃんは今日は機嫌悪いみたいだから…じゃー…あ!あの子が良いにゃ!』

菜々「え?」

店員『あの子ですか?』

みく『あの子は…何だか落ち着いてる感じがするから…名前は何ですか?』

店員『あの子はですね。ナナちゃんっていう子なんですよ』

菜々「は!!?」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

『川島 片桐 アウトー』

49: 名無しさん 2017/03/08(水) 21:59:48.55 ID:+LC77dueO
瑞樹「痛いって!…もー…」

早苗「やめて…ホン゛ッッ……本当やめて…ww」

みく『この子はおいくつくらいなんですか?』

店員『そうですね…もうおばあちゃんなんですよ…』

菜々「ちょっと」

友紀「~!!」

みく『へー…あ!そうだにゃ!こういう時に一番良いグッズがあるの忘れてたにゃ!』

早苗「最初から出しなさいよ」

みく『猫の気持ちが分かる、ニャウリンガルにゃ!これでナナちゃんの考えてることを聞くにゃ!』

菜々「ちょっともう…本当やめて…」

みく『ナーナちゃーん。みくだにゃ』ヒョイ

ナナ『…』

みく『ナナちゃんは大人しいにゃあ。良い子良い子!』ナデナデ

ナナ『…ニャー』

みく『あっ!』ピピピピ

ナナ『…』

みく『きっと気持ち良いからもっとやれって書いてあるんだにゃ。みくには分かるもん!』

ナナ『…』

[さっさと離せクソガキ]

みく『ナナちゃん罰ゲームにゃあああああアアアアアアア!!!!』

『安部 空手キック』

菜々「やだあああああああああああ!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

50: 名無しさん 2017/03/08(水) 22:00:29.30 ID:+LC77dueO
有香「押忍ッ!」ガラッ

菜々「やだあああああああ!!!」

友紀「菜々wwwちゃんwwwwあ痛っ!!」

瑞樹「痛いっ…www」

早苗「無理wwww痛っ…www」

楓「wwwwwン゛ッ!」

有香「押忍ッ!」

菜々「やだやだやだやだやだぁ!!!!」ブンブンブンブン

早苗「マジで嫌なんだ」

友紀「そりゃそうですよ」

有香「押忍!」

菜々「絶対嫌です…」

有香「早く!!」グイィッ

菜々「ヒイッ」

瑞樹「あらー…」

有香「ヤー!!!」

菜々「…」

有香「…ヤー!!!」

菜々「…」

有香「…セイッ!」ベチィッ

菜々「ッダアアアアアアアアアアアイ!!!!!」

友紀「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

『片桐 姫川 アウトー』

51: 名無しさん 2017/03/08(水) 22:01:07.60 ID:+LC77dueO
菜々「…ァァァァ…」

早苗「アンタら2人にどんだけ時間かけてんのよ痛ぁい!」

友紀「いや…だって…あ痛っ」

瑞樹「この子が喰らうと割とシャレになってないのよね」

楓「ですね」

菜々「…尾てい骨折れたかも…」サスサス

瑞樹「折れたら立ててないわよ」

菜々「これだけはやめてほしいですね。普通の罰ゲームの方がマシです」

…。

『分かっていても開けてしまう、引き出しネタの引力…』

『メンバーの体力を根こそぎ奪い、苦しめていく…』

『しかしそれでも笑いの刺客が止む事はない…』

…。

63: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:01:16.27 ID:sY2slWXhO
ちひろ「みんな。緊張していると思うけど少しは休めたかしら?」ガラ

早苗「喧嘩売ってんの?」

友紀「休めるわけないじゃん」

ちひろ「今から常務のた…所に挨拶に行くから準備して」

瑞樹「また噛んだ…」

ちひろ「常務は元気なアイドルが好みだから。意識して元気を出していってちょうだい」

菜々「出ません…」

…。

『ちひろに案内され、数分…』

『道中会話も無く、重く暗い空気が流れていく…』

『そして、着いた先には…』

…。

64: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:02:12.25 ID:sY2slWXhO
ちひろ「ここよ。ここが常務室」

楓「また…」

ちひろ「川島から入りなさい」

瑞樹「何で私からなのよ…失礼します…」ガチャ

早苗「失礼しまーす…」

楓「失礼します…」

友紀「失礼しまーす…」

菜々「…つれい…ます…」

「…」

ちひろ「常務。今日から働いてもらう新人アイドル達を連れてきました」

「…んっ」クルッ

瑞樹「…」

茜「君達が今日からここで頑張ってくれるアイドルですか!成る程成る程…」
【日野茜】

早苗「…」

茜「…ん。じゃあ早速!自己紹介をお願いします!」

楓「…」

茜「じゃあ…君から!!」

菜々「…安部菜々です…」

茜「え?」

菜々「え?」

茜「…声が小さくて、聞こえないですねぇ…もう一回!!」

菜々「…安部菜々です!」

茜「小さい!!もう一回!!」

菜々「安部!!菜々!!です!!」

茜「…」コクコク

菜々「…ハー…ハー…」

友紀「・・・」

茜「…はい次!!」

友紀「!…ひ、姫川!!友紀です!!」

茜「もっと!!出せるでしょ!!!」

友紀「姫川!!!友紀!!!です!!!」

茜「…」コクコク

楓「…」

茜「…」

楓「…たk」

茜「小さァァァァァアアアアアい!!!!」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『片桐 姫川 安部 アウトー』

65: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:02:52.63 ID:sY2slWXhO
早苗「…あいっだぃ…」

友紀「ちょっとかエ゛ッ…楓さん…」

菜々「今のはちょっと…あうっ…」

楓「…」

瑞樹「キャラじゃないでしょ」

茜「ハイ!もう一回!!腹の底から!!声を出して!!」

楓「…高垣楓です!」

茜「ダメ!!まだ!!」

楓「…」スゥゥゥウウウウウ

茜「ハイ!!!」

楓「…高垣!!!かヴェッホ…」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『川島 片桐 姫川 安部 アウトー』

66: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:03:36.81 ID:sY2slWXhO
楓「ウ゛ェッホ…」

瑞樹「最悪…っだぃ…」

早苗「もう本当勘弁して…痛っ」

友紀「痛っだい!」

菜々「あうっ…」

茜「…」コクコク

早苗「…?」

茜「次、君です!」

友紀「(楓さん)良いんだ…」

早苗「…片桐、早苗です!」

茜「…小さい」

早苗「片桐!早苗です!」

茜「小さい!!」

早苗「片桐ィ!!早苗!!です!!!」

茜「ッアイ!!オッケー!!」パン

早苗「…流石…アタシ…」ゼーゼー

友紀「おー…」

菜々「おおー…」

瑞樹「…」

茜「…」

瑞樹「…川島!瑞樹です!!」

茜「小さい」

瑞樹「川島!!瑞樹!!です!!!」

茜「もっとォ!!」

瑞樹「川島ァ!!瑞樹!!です!!!」

茜「もっとォ!!!」

瑞樹「川島ァ!!!瑞樹!!!です!!!」

茜「もっとォ!!!!」

瑞樹「ン川島ァ!!!!ンみz」

茜「うるさい!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

67: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:04:20.36 ID:sY2slWXhO
瑞樹「…痛っだ…」

早苗「ンって何よンって…あだっ」

楓「痛いっ…」

友紀「ンフフ…ングッ」

菜々「…ッ…はぁ…」

茜「…よーし!戻って良いですよ!」

瑞樹「何だったのこの時間…」

早苗「クソ無駄な時間だったわ…」

友紀「…クソって…」

…。

『何とか日野常務の激励を乗り越えた5人。入った時よりも重い足取りで事務所に戻る…』

『しかし、彼女達には束の間の休息すら与えられる事は無い…』

…。

68: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:05:51.43 ID:sY2slWXhO
ちひろ「貴方達、集まって」ガラ

早苗「何で?」

ちひろ「今から専務のお話があるからよ」

瑞樹「社員だけで行きなさいよ…」

ちひろ「貴方達は新人アイドルだから、その紹介も兼ねているわ」

菜々「…」

友紀「…」

ちひろ「行くわよ。姫川、安部。早く来なさい」

菜々「…」

友紀「…」ガタッ

ちひろ「早くしなさい」

菜々「…」

【嫌な予感がしている安部菜々】

瑞樹「何かこの流れ覚えがあるわよね」

菜々「…まあ…はい」ガタッ

…。

『常務の次は専務…次から次へと休む間も無く押し寄せる波…』

『果たして安部の悪い予感は当たってしまうのか!?』

…。

69: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:07:29.49 ID:sY2slWXhO
ちひろ「ここよ。貴方達は一番前」

早苗「何で…」

ちひろ「ここから川島、片桐、高垣、姫川、安部の順に座って」

瑞樹「…ハァ…」

菜々「…」

ちひろ「もう始まるわね。専務が来るわよ」

友紀「…」

巴「おうお前ら。待たせたのう」スタスタ

菜々「!!?」

巴「今月の報告会を始めるぞ。ええな」

菜々「…!…!!」

友紀「…。」

【前に引き続き、村上巴】

巴「…あー…それよりも、じゃ。初めに報告することがあったのう」

楓「…」

巴「今月からウチに入ってきた新人の…」

『ヒッコメー』

菜々「!!!?」

友紀「!?」

楓「!?」

早苗「!?」

瑞樹「!?」

巴「あ?」

『ヒッコメー』

巴「何じゃ。どこのどいつじゃ引っ込め言うたアホは」

『ヒッコメー』

【突如専務の悪口を叫ぶ安部の鳥】

菜々「~!!?」

巴「…ん?」

70: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:08:07.98 ID:sY2slWXhO
『ヒッコメー』

菜々「…!!」ギュウウウウウ

巴「おい。お前」

菜々「…!!」ギュウウウウウ
<ヒッコメー

巴「お前じゃ。そこの何か握っとるお前」

菜々「…!!」ブンブンブンブン
<ヒッコメー

巴「お前何持っとるんじゃ。出せ」

菜々「…!!」ブンブンブンブン
<ヒッコメー

巴「出せ」

菜々「…!!」
<ヒッコメー

巴「早よ出さんか」

菜々「…」ス…
『ヒッコメー』

巴「お前かあああああああああああああああ!!!!!」

菜々「あああああああああああああああああ!!!!!」
<ヒッコメー

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

71: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:09:21.00 ID:sY2slWXhO
巴「来い!!公開お仕置きじゃ!!!」グイイイイイ

菜々「やだああああああああああ!!!!」
<ヒッコメー

瑞樹「wwwwッwww」

早苗「訳wwwッ…分かんないwwww」

楓「…ッ…wwww」

友紀「ヒーッ…ヒーッ…イ゛ッ…www」

巴「ペットに何ちゅう教育しとんのじゃオドレコラァァァアアアアア!!!」

菜々「違います!!ペットじゃないんですうううううう!!!」

巴「肩に着けとったじゃろうがボケがぁぁぁあああああ!!!」

菜々「違ううううううううう!!!」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『片桐 姫川 アウトー』

早苗「早く終わらせて…痛っ…」

友紀「最悪…ッ…」

巴「お前ええ加減にせんか。その鳥が何よりの証拠じゃろうが」

菜々「で、でも…これ、おもちゃ…」

巴「おもちゃ?」

菜々「はい!おもちゃなんです!ペットじゃないんです!」

巴「…よう見せてみいや」

菜々「は、はい…今は喋ってないので…」

巴「…」

菜々「…」

『ブサイクー』

巴「舐めとんのかオドレゴラァァァァァアアアアアア!!!!!」

菜々「あああああああああああ!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

72: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:10:10.12 ID:sY2slWXhO
瑞樹「ホントやめて…い゛っ…」

早苗「…っあー…もう…」

楓「無理www無理ッッ…www」

友紀「痛いっ…」

巴「観念せえ!!お仕置きじゃ!!」

菜々「やめてください!!違うんです!!」

巴「何が違うんじゃ!!」

菜々「…これは…ナナのじゃないんです!」

巴「…ほな誰んじゃ。言わんか」

菜々「…」

巴「誰じゃ」

菜々「…あの人です!!」

早苗「wwwwwww」←あの人

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

菜々「あの人なんです!!」

早苗「何でアタシ…ッッ」

瑞樹「もういい加減にしッ…してよ…」

楓「酷い…ッ…www」

友紀「wwwwッッwww」

73: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:10:53.04 ID:sY2slWXhO
巴「…おい」

早苗「…はい」

巴「この鳥はお前のか?」

菜々「…」

早苗「…違います…」

巴「お?」

早苗「…違います…」

菜々「嘘です!その人は自分が助かれば良いと思ってる人なんです!!酷い人なんです!!!」

巴「そうなんか?」

早苗「ン゛ッ……違います」

巴「お前嘘ついたんか?」

菜々「嘘じゃないです!」

巴「というよりお前のせいで会の時間が長引いたじゃろうが。どう責任取るんじゃ」

菜々「ナナ関係無いですよ!!」

巴「…まあ良えわ。教えといたる」

菜々「え?」

巴「良え機会じゃからのう」

菜々「え…え?」

巴「…「こういうの」はなぁ…」グイッ

菜々「え!?」

巴「パターンが決まっとんのじゃボケゴラァァァァァアアアアアア!!!!!」スパァン

菜々「デゥッッ!!?」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

74: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:11:30.94 ID:sY2slWXhO
【容赦ないハリセン攻撃】

菜々「ぁぁぁ…」

瑞樹「痛っ…www」

早苗「ンフフフフフ…フッ!!」

楓「痛いっ…」

友紀「何これ…あだっ…」

巴「これで報告会は終わりじゃ。解散!!!」

瑞樹「何だったのよこの時間は…」

菜々「…ぁぁぁ…」

早苗「1回で済んだだけマシじゃない。こちとら10回くらいやられてんのよ」

友紀「その鳥がここで来るかー…」

菜々「…もういりませんよこんなの」

早苗「っていうか何でアタシなのよ。こっちにしときなさいよ」

瑞樹「何でよっ」ペシッ

早苗「痛いっ…これで30回分くらいダメージ受けたわ」

瑞樹「どういうことなのよ」

…。

75: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:12:12.82 ID:sY2slWXhO
…。

ちひろ「じゃあまた呼ぶから。それまでここ(事務所)で待機してて」

早苗「はいはい…」

友紀「疲れた…」ガラッ

かな子「…」ムシャムシャ

友紀「・・・」

早苗「・・・」

瑞樹「…何?どうした…」

かな子「…」バリボリ

【川島の机でお菓子の山にかぶりつく三村かな子】

瑞樹「・・・」

楓「・・・」

菜々「・・・」

かな子「…」ボリ…

早苗「・・・」

かな子「!」

http://youtu.be/_uDd4nkrxs8



かな子「…」ガタッ

瑞樹「・・・」

かな子「…!!」ドスドス

友紀「・・・」

かな子「…!」ピシャッ

菜々「・・・」

楓「・・・」

瑞樹「…何だったの?」

早苗「…さあ…?」

76: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:12:55.71 ID:sY2slWXhO
ちひろ「貴方達。出掛けるわよ」ガラ

瑞樹「…」

ちひろ「今日は運が良いことに、特別に女子寮の見学が許されたわ」

早苗「何を見学すんのよ…」

ちひろ「有名アイドルというのはプライベートからも既にアイドルなのよ。貴方達もこれを機に先輩アイドル達の徹底ぶりを学びなさい」

瑞樹「…」

楓「女子寮…」

菜々「…移動ですかね?」

ちひろ「今からバスに乗って出発よ。準備しなさい」

友紀「うわー…またバスだぁ…」

…。

『有名アイドルのプライベートを見学させてもらうため、武内プロダクション女子寮へと向かう5人…』

『その移動はまたしてもあのバス…』

『勿論そこにも、笑いの刺客は潜んでいる…』

…。

77: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:13:48.54 ID:sY2slWXhO
瑞樹「…」

早苗「…あー…」

『第一停留所 到着』

早苗「だから止まるなってのに…」

友紀「集中しましょうよ」

瑞樹「そうね。集中しないと」

楓「何が起こるか分からないから…」

不良1「…おい」

不良2「…あ?」

不良1「お前今ガンつけてきただろ」

不良2「…あ?だったら何だよ」

不良1「…てめぇ舐めてんのかオラァ!!」バンッ

不良2「上等だコラァ!!」バンッ

瑞樹「外でやりなさいよ…」

早苗「こん中やり辛くないの?」

不良1「てめぇコラァァァァ!!」

不良2「コラァァァァァァ!!!」

友紀「あーもううるさいなぁ…」

菜々「外でやってください‥」

「…」バン

不良1「!」

不良2「!?」

楓「…あ」

文香「…」

【鷺沢 文香】

不良1「…あ、姉御…」

不良2「…んだてめぇ。女は引っ込んでろよ!」

文香「…」

不良1「てめぇ!!姉御に向かって何て口聞きやがる!!」

文香「…」

友紀「…」

78: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:14:17.13 ID:sY2slWXhO
不良2「この…上等だコラァ!!」ブンッ

不良1「姉御!」

文香「…」ガシッ

不良2「なっ!?」

文香「…」グイ

不良2「い、痛てて!!何だよこいつ…!」

文香「…」グイイイイイ

友紀「…おー…」

文香「…ょゎぃ…」

早苗「声小っさ」

友紀「wwww」

菜々「wwww」

『姫川 安部 アウトー』

79: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:15:08.05 ID:sY2slWXhO
楓「気持ち分かります」

瑞樹「貴方は特にね」

友紀「何でこんなので…痛っ」

菜々「早苗さんも反応しないで…痛った…」

早苗「声小っさ」

文香「…」

不良2「…っざけんな…!おい!」

不良3「おう!!」

不良4「ぶっ飛ばしてやる!!」

瑞樹「あー男らしくない…」

文香「…!」

不良1「姉御!」

「待ちなさい!」

不良2「!?」

早苗「え?また?」

友紀「…えええ…?」

美優「そこまでにしなさい!」

【三船 美優】

不良2「!…あ、アンタは…」

不良3「この街を牛耳ってたレジェンド…!」

不良4「三船美優!!」

80: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:15:38.64 ID:sY2slWXhO
【バス後部座席からレジェンド三船美優参上】

瑞樹「無理があるでしょ」

早苗「仕事選びなさいよ」

美優「さっきから見てれば…他のお客さんもいるってのに…親御さんの顔に泥を塗る気?」

不良1「…!で、でも喧嘩をふっかけたのは向こうだぜ!」

美優「関係無いわ。…アンタら、親御さんの気持ち考えた事あるの?」

不良4「か、カンケーねーだろ!不良辞めたアンタには!!」

美優「アンタらも親のタマ○ンから産まれてきたんじゃないの!!!?」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

81: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:16:48.64 ID:sY2slWXhO
瑞樹「最悪…痛っだ!」

早苗「バカ過ぎ…w…あだっ」

楓「…ッ…wwwww」

友紀「酷過ぎ…痛いっ」

菜々「良くやる気になりまシッ…たね…」

不良3「…確かにそうだな…」

瑞樹「何で納得してるのよ」

不良2「…分かった。帰るよ」

早苗「台本考えたの何処の○○○○よ」

友紀「早苗さん」

美優「…」

菜々「顔真っ赤にするなら最初から言わないでください」

不良1「分かったよ。俺も悪かった」

不良2「…おう」

早苗「結局アレ何もしてないじゃない」

文香「…」←アレ

不良3「帰るか」

不良2「…おう」

不良4「おう」

不良1「…ん」

文香「…ぁぃ」

早苗「声小っさ」

82: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:17:34.64 ID:sY2slWXhO
http://youtu.be/-bzWSJG93P8



瑞樹「…」

菜々「あれ…」

「…」

【スカイウォーカーの仮面を被った何者かが出現】

楓「あれって雫ちゃんよね」

友紀「おっぱいデカいですもんね」

雫「…」コーホー

【及川 雫】

早苗「…え?何?」

【片桐に近づく雫スカイウォーカー】

雫「…」コーホー

早苗「え?何?怖い怖い怖い」

雫「…お前は、私の娘だな」

早苗「…いや違いますけど…」

楓「娘?」

雫「間違いない。お前は私の娘だ」

早苗「…いや、年上…」

雫「ならばこの乳はなんだ」モミ

早苗「いや知りませんけど…」

瑞樹「それで娘ならもっと大きいのいるわよ」

友紀「流して大丈夫なのこれ…?」

雫「…ん…?」モミモミ

早苗「…何してんのこれ…」

雫「…違う…」

早苗「いや違うって最初から…」

雫「私の娘にしてはハリが無い」

早苗「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

『川島 片桐 安部 アウトー』

83: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:18:24.69 ID:sY2slWXhO
瑞樹「ハリ無いんだって…痛っ」

早苗「散々揉んどいて何よ…痛いっ」

菜々「あうっ…」

雫「…」コーホー

友紀「…それで何でそのまま帰るかなぁ…」

https://youtu.be/FfcC9f6HyI0



友紀「…うわー…」

美波「…」

アーニャ「…」

【再びラブライカがヒゲダンスのテーマに合わせて乗車】

瑞樹「これ本家止まってたわよね?」

早苗「や…覚えてない」

アーニャ「…」ペラ

『水風船 棒キャッチ』

友紀「また難易度の高いの…」

楓「濡れるかもしれないわ。脚上げなきゃ」

菜々「そうですね…」

84: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:19:04.38 ID:sY2slWXhO
アーニャ「…」クイッ

美波「…」コク

【水風船の輪っかに棒の先端を引っ掛ける荒技】

早苗「だから止まりなさいって…」

瑞樹「未来が見えるわよ」

アーニャ「…!…!」

美波「…!」

【動き続けているため狙いが定まらないラブライカ】

友紀「お願いだからこっち(水)飛ばさないでよ…」

アーニャ「…!」ポイ

美波「…!!」グッ

菜々「…」

美波「!!!?」バッシャア

瑞樹「ほらー…」

早苗「あーあ…」

アーニャ「…」

美波「!!?…!?」

アーニャ「…」ペラ

『終了』

友紀「成功してないよ」

アーニャ「…」グイッ

美波「…」

楓「床が…」

アーニャ「!?」ツルッ

美波「ン゛ン゛ッッ!!?」グシャア

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

85: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:19:33.38 ID:sY2slWXhO
『女子寮 到着』

ちひろ「着いたみたいね。行くわよ」

早苗「誰でも行けるアイドルの女子寮ってどうなのよ」

友紀「このバス乗れば誰でも行けますね」

早苗「設定がね、穴だらけなのよ」

瑞樹「早くしなさいよ」

早苗「ン゛ン゛ッ」

友紀「ン゛ン゛」

…。

『ようやく女子寮まで辿り着いた5人…』

『しかしそこにも安息の場所は存在しない…』

…。

86: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:20:11.24 ID:sY2slWXhO
ちひろ「女子寮とは実家から通えないアイドルの為に作られた家よ。門限もあるわ」

早苗「門限なんかあんの?」

友紀「っていうよりは晩御飯の時間が5時から8時までなんですよ」

早苗「うわぁ…キッツ」

瑞樹「実家みたいなものなんでしょ」

ちひろ「家賃も安いし、ここを利用する子達は大勢いるわ」

楓「未成年の子が多いわよね」

菜々「そうですけどナナは行きませんよ」

ちひろ「ほら、もうあそこで日々力を磨いてるアイドルがいるわよ」

瑞樹「何処よ」

ちひろ「あの部屋よ」

早苗「日本語おかしいわよ。台本書き直してきなさいよ」

ちひろ「ここは…木村夏樹ちゃんの部屋ね」

菜々「おー…」

『♪』

友紀「あ。何かやってる」

早苗「うるさいわね。友紀ちゃん、蹴飛ばしなさい」

友紀「いや何でですか…」

ちひろ「先輩アイドルだからみんな、気を引き締めて入りなさいよ」ピンポーン

瑞樹「逆よ」

夏樹『はーい』

ちひろ「今日から来た新人アイドル達を連れてきたわ」

夏樹『はーい』

菜々「ちょっと適当過ぎじゃないですか?」

87: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:21:16.31 ID:sY2slWXhO
夏樹「どーもー」

李衣菜「おはようございまーす」

菜々「あー…」

ちひろ「今は何をしてたの?」

夏樹「LIVEの練習ッスよ」

早苗「嘘言ってんじゃないわよ」

瑞樹「そっちのギター弦無いわよ」

李衣菜「今からここで曲弾くから。見てて下さいよ!」

瑞樹「いや…」

早苗「ちょっと今…忙しいんで」

ちひろ「先輩アイドルの練習風景を見られるなんて幸せね。是非見学させてもらいなさい」

楓「拒否権無いんですね」

夏樹「んじゃまっ…イくぜ!だりー!」

李衣菜「オッケー!練習の成果、ここで見せるよ!」

早苗「いやー…ほんと」
https://youtu.be/gEploReMRok



夏樹・李衣菜『Breakin'Through 準備はOK?』

早苗「うるさいうるさい…」

夏樹『加速してく』
李衣菜『情熱を』

夏樹・李衣菜『解き放て 未来へ』

友紀「おー…」

夏樹『♪』ギュイイイン

李衣菜「ジャンジャーンジャンジャジャーン!」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

李衣菜「ジャンジャーンジャンジャジャーン!」

夏樹「…」

【既に笑いましたが引き続きご覧下さい】

夏樹「ちょっと。一回止めて」

李衣菜「ジャンジャーンジャンジャンジャーン」

夏樹「止めて。止めてって」

88: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:22:02.93 ID:sY2slWXhO
李衣菜「ギュイーン…」

夏樹「ギュイーンじゃねぇよ」

李衣菜「え?どうしたの?」

夏樹「え?…んー…いや、何か…」

李衣菜「調子悪い?」

夏樹「調子は…普通…けど…何か…」

李衣菜「何か?」

夏樹「…やり辛い」

李衣菜「やり辛い?」

夏樹「…うん」

李衣菜「昨日…夜更かしした?」

夏樹「してないよ」

瑞樹「wwwww」

早苗「wwwww」

李衣菜「…あ。分かった。暖房効きすぎなんだよ。ちょっと暑いよー…」ピ

夏樹「いや空調の問題じゃないんだよ」

菜々「wwwww」

李衣菜「何か…あった?」

夏樹「何か…やっぱやり辛い」

李衣菜「…ここ出るって噂が…」

夏樹「え?そういう問題?」

楓「wwwww」

李衣菜「…まあもう一回やってみようよ。なつきちもたまにはこういう時あるんだねー」

夏樹「…あー…何かごめんな。止めちゃって」

友紀「何で上から目線…www」

夏樹「じゃー…イくか!だりー!」

李衣菜「うん!せーのっ!」

夏樹・李衣菜『Breakin'Through 準備はOK?』

夏樹『加速してく』
李衣菜『情熱を』

夏樹・李衣菜『解き放て 未r』

李衣菜「ジャンジャーンジャンジャジャーン!」

夏樹「止めろ」

楓「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

89: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:22:44.66 ID:sY2slWXhO
李衣菜「調子悪い?」

夏樹「いや…」

李衣菜「今日おかしいよ?何か嫌な事あった?」

夏樹「無いけど…さ。何か…さ」

李衣菜「?」

夏樹「…お前のギターから…変な声がする」

李衣菜「…声?」

夏樹「…うん」

友紀「wwwww…」

李衣菜「…やっぱ出るって本当なのかな…」

夏樹「霊的な問題ではない…多分」

李衣菜「…よし!もう一回やってみよ!」

夏樹「…ん」

李衣菜「さん、はいせーのっ!」

夏樹・李衣菜『Breakin' Through 準備はOK?』

夏樹『加速してく』
李衣菜『情熱を』

夏樹・李衣菜『解き放て m』

李衣菜「ジャンジャーンジャンジャジャーン!」

夏樹「口でやんなッッ」ベシッ

李衣菜「おぶっ」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

瑞樹「あーもう…痛っ」

早苗「あだっ」

楓「痛いっ…」

友紀「分かってたんだけどなー…痛っだ!」

菜々「ン゛ッ…そうなんですよ…」

90: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:23:27.90 ID:sY2slWXhO
…。

ちひろ「次は…あら?あそこに、ほら。貴方達と同じ新人アイドルがいるわよ」

友紀「ん…」

凛「…」

【渋谷 凛】

沙織「…」

【奥山 沙織】

早苗「知ってる顔よ」

ちひろ「凛ちゃんが新人アイドルの子に寮のルールを教えてるのね」

【新人アイドル奥山沙織にいろはを教える渋谷凛】

瑞樹「あの子実家住まいでしょ」

早苗「知ってんのよ。346と癒着してるって」

瑞樹「こら」ペシッ

凛「…で、奥山さんの部屋はここ。…まあ、これくらいかな…」

沙織「いやぁ…何から何まで全部…助かりましたぁ。すぶやさん、ありがとうございます」

凛「ん…まあ、はい…」

沙織「わだす、すぶやさんのお陰で何とかやってけそうです」

凛「ん。んん…」

【訛りが気になる渋谷凛】

早苗「・・・」

瑞樹「・・・」

沙織「すぶやさんはアイドルやって何年くらいなんですか?」

凛「…2~3年…」

沙織「あ~…それくらいならもうベテランですねぇ」

凛「まあ…そんなでもない…」

沙織「すぶやさんはすんごいお人ですねぇ」

凛「ちょっと」

沙織「はい?」

友紀「ン゛ン゛ッ」

菜々「ン゛…」

91: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:24:06.92 ID:sY2slWXhO
凛「ちょっと、良い?」

沙織「はい」

凛「私の名前…」

沙織「すぶや凛さんですだ」

凛「…ちょっと…違う」

沙織「?」

楓「~!!」

凛「…しぶや」

沙織「…すぶやさんですね?」

凛「ン゛ン゛ッフ」

沙織「?」

凛「…しぶや」

沙織「すぶや」

凛「…しぶや!!」

沙織「すぶや!」

凛「ン゛………し!!」

沙織「し!」

凛「ぶ!!」

沙織「ぶ!!」

凛「や!!」

沙織「や!!」

凛「しぶや!!」

沙織「すぶや!!」

凛「ンフフフフフフフフフフフ」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『全員 アウトー』

92: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:41:59.49 ID:sY2slWXhO
「…うー…」

ちひろ「あら?」

早苗「え?」

ナターリア「…ウー…」

【ナターリア】

瑞樹「あら…」

ナターリア「…barriga d?i…」

楓「え?」

友紀「え?」

ナターリア「…barriga d?i…」

友紀「え?何?アタシ?」

ナターリア「…barriga d?i…!」

【腹部を押さえながら友紀を見つめるナターリア】

菜々「これ、何ですかね…?」

友紀「いや、多分…お腹痛いんだと思うけど…」

ちひろ「大変。友紀ちゃん。見てあげて。どんな症状か聞いて」

友紀「見りゃ分かるでしょ」

早苗「その前に救急車呼びなさいよ」

ナターリア「…barriga d?i…!!」

瑞樹「もうこれ貴方が行かなきゃ」

友紀「え?嘘でしょ…?」

早苗「だってアンタしか見てないじゃない」

友紀「いやー…ちょっと…なぁ…」

ナターリア「…barriga d?i…」

友紀「これ…いやまあ、はい…」

93: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:42:41.76 ID:sY2slWXhO
友紀「ナターリアちゃん。どうしたの?」

ナターリア「…barriga d?i…」

友紀「お腹痛いの?」

ナターリア「…?」

友紀「え?お腹痛いんでしょ?」

ナターリア「…??」

ちひろ「どうやら日本語が分からないみたいね」

【日本語が通じておらず、意思の疎通が出来ない】

瑞樹「嘘おっしゃい」

早苗「まあまあ喋れるじゃないのよ」

ナターリア「ウー…」

友紀「え?えーと…あー…ナターリアちゃん」

ナターリア「?」

友紀「お腹。えーと…あ、ストマック…ストマック?」

早苗「知らない」

菜々「ソルマックでしたっけ?」

楓「それ薬よ」

瑞樹「多分…ストマック…」

友紀「あー…ストマック…エイク?」

ナターリア「???」

友紀「あれ英語も?」

ちひろ「どうやらポルトガル語が良いみたいね」

【母国語しか通じない様子】

94: 名無しさん 2017/03/09(木) 21:43:25.43 ID:sY2slWXhO
早苗「もう実家帰りなさいよ」

ナターリア「ウー…」

友紀「えええ…?何それ…」

ナターリア「…」

友紀「瑞樹さん。ポルトガル語分かります?」

瑞樹「逆に聞くけど分かると思う?」

友紀「えー…楓さんも菜々ちゃんも?」

楓「分から…ないわ」

菜々「そうですね…」

早苗「聞きもしないのね」

瑞樹「当たり前じゃない」

ナターリア「…ウー」

ちひろ「時間が無いわ。どうしよう」

瑞樹「119押すだけじゃない」

友紀「んーと…えーと…」

ナターリア「…」

友紀「…えええ…?こういうの一番困る…」

ナターリア「…」

友紀「…んー…」

ナターリア「…ヒントいる?」

友紀「ンブフフフフフフフフ」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

『川島 片桐 姫川 アウトー』

100: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:38:41.53 ID:65szZUjIO
瑞樹「ダメよこういうお国柄を利用した笑いは…痛っ」

早苗「ふざけんじゃな゛ッ…いわよ…」

友紀「ズルいよ本当…痛いっ」

ちひろ「じゃあ有名アイドルのプライベートが学べたところで…」

菜々「見ちゃいけないところしか見てないんですけど」

楓「何も学んでないのに…」

ちひろ「…ここで、テストを行おうと思うのよ」

早苗「は?」

ちひろ「やっぱりアイドルといえば運動神経は重要になってくるわね」

瑞樹「え?何?」

友紀「…やーな予感がしt…」

「…」コソコソ

友紀「・・・」

菜々「・・・」

楓「・・・」

「…」バリボリムシャムシャ

【女子寮廊下の隅に見覚えのあるアイドル】

瑞樹「・・・」

早苗「・・・」

かな子「…」モグモグムシャムシャ

友紀「…」

かな子「!!」

http://youtu.be/_uDd4nkrxs8



早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

『片桐 姫川 安部 アウトー』

早苗「いやだから何なのよもおおおおお!!!」

友紀「wwww…」

菜々「勝手に食べてれば良いじゃないですか…」

101: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:39:48.85 ID:65szZUjIO
早苗「何で隠れる必要があんのよ…あだっ」

友紀「イ゛ッ…」

菜々「…ン゛ッ…で、テストって何ですか?」

ちひろ「貴方達の絆を確かめるわ」

早苗「んなもん無いけど」

菜々「堂々と言いますね」

ちひろ「こっちよ。着いてきなさい」

瑞樹「ん…。え…嘘でしょ…?」

早苗「…は?」

友紀「…え、あれ…?」

…。

『言われるがままにちひろに着いていくと、そこには何やら見覚えのあるドクロマークの台が…』

…。

102: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:41:00.47 ID:65szZUjIO
ちひろ「と!いうわけで…」

瑞樹「…絶対やりたくないわ…」

早苗「やる前からもう吐き気がすんのよね」

友紀「ホントですね」

楓「何か…出てきそうです」

瑞樹「何が?」

楓「口から」

早苗「そこの緑スーツにでも吐きかけときなさい」

ちひろ「さて、ここからは分かってると思うけど、とりあえず説明するわね」

楓「喋りながら逃げないで下さい」

ちひろ「先ずここからはわる…笑っても良い…OKよ」

瑞樹「ほら噛んだ」

ちひろ「その代わり、黒ジャージ鬼に捕まったらその鬼に書いてあるお仕置き執行よ」

友紀「良いよ説明しなくて…」

ちひろ「…絆を確かめるテスト。どういうことか分かるかしら?」

早苗「一丸となってアンタを袋叩きにする事なら出来るわよ」

ちひろ「勘弁して下さぃ」

友紀「何で毎回尻窄みになるの?」

ちひろ「…今回、こういうルールにしたわ」

瑞樹「何?」

ちひろ「これよ」

黒子1「…」

黒子2「…」

菜々「え?」

黒子1・2「…」ガシッ

菜々「え?何ですか?ちょっと!?」

黒子1・2「…」

菜々「は!?ちょっと!!どこ連れてくんですかー!!ちょっとーー!!」

早苗「・・・」

瑞樹「・・・」

楓「・・・」

友紀「・・・」

【突然連れ去られる安部】

103: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:42:30.21 ID:65szZUjIO
瑞樹「・・・何あれ?」

ちひろ「大変。菜々ちゃんが連れ去られたわ」

早苗「一人だけ安全圏に行かされたわね。ズルいわよ」

瑞樹「ちょっとどういうこと?あの子だって走らせなさいよ」

早苗「17歳なんでしょ?」

友紀「こんな時だけ言ってもって思われてますよ」

早苗「だってズルいもん」

瑞樹「何であの子だけ高齢者みたいな扱い受けてるのよ。私達だって色々あるのよ?」

友紀「(菜々ちゃん)それ以上なんですよ。きっと」

瑞樹「ああ…」

早苗「うん…」

楓「納得しちゃうんですね」

ちひろ「連れ去られた菜々ちゃ……」

友紀「…何?」

ちひろ「…連れ去られた安部はあの監禁部屋にいるわ」

友紀「え?何?」

早苗「…あー…名字で呼ばないとダメなのね」

瑞樹「で、今訂正するのね」

ちひろ「安部を助けるには、あの監禁部屋の鍵が必要よ」

…。

『突如安部を誘拐し、監禁部屋に閉じ込めた番組スタッフ!』

『安部を助けるには部屋の鍵が必要になるが…』

『それを見つけるだけでなく、鬼からも逃げなければならないという拷問じみたこのゲーム!!』

『ここに来て、5人の絆が試される!!』

『果たして、安部の運命やいかに!?』

…。

104: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:43:54.68 ID:65szZUjIO
菜々『みなさーん』

早苗「ちょっと何休んでんのよ」

菜々『違いますよ。誘拐されて身動きが取れないんです』

瑞樹「そっちだけ何でストーブがあるのよ。こっちを気遣いなさい。こっちを」

菜々『やっぱり誰が一番疲れてるか分かってるんですよ。皆さん』

瑞樹「これ(番組)作ってるスタッフが一番疲れてるに決まってるでしょ」

菜々『5人の中でですよ!ナナはいつも酷使されてるんですからたまには良いじゃないですか!』

早苗「これアクリルでしょ?蹴ったら入れるんじゃない?」

菜々『ダメですよ!きちんとルールを守って下さいよ!』

早苗「ああああああああああムカつくううううううううううう!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

友紀「www…あ、笑っても良かったんだ」

楓「でもまず第一に鬼から逃げないと。鍵はどうでも良いとして」

菜々『どうでも良くないで…あ、うん。良くないです』

瑞樹「どうしたの?」

菜々『いや、この部屋の後ろにカーテンあるじゃないですか』

瑞樹「それが?」

菜々『そこからただならぬ気配を感じるんですよ』

早苗「鍵見つけなかったらアウトとか?」

菜々『時間制限は…ないみたいですが…』

瑞樹「鍵ね…ちょっと!○○君(マネージャー)」

「?」

瑞樹「車の鍵持ってきて」

菜々『は?』

105: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:45:22.92 ID:65szZUjIO
瑞樹「これで開くかしら」

【車の鍵で強行突破をしようとするアラサー川島瑞樹】

菜々『いやどうしてそれで開くと思えるんですか?』

楓「ワンチャンありますよ」

菜々『ないですよ。鍵の型決まってるんだから』

早苗「偶然同じかもしれないじゃない」

菜々『車のキーで開く部屋があるなら教えて下さい』

瑞樹「大丈夫よ。これで助け…」

菜々『いや…ちょっ…』

瑞樹「あー入らないわ」

『安部 アウトー』

【違う鍵を差し込むと安部にお仕置き】

菜々『何してんですかあああああああああああああ!!!!』

友紀「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

『えー?もう出番?』

菜々『ホッ!?』

里奈『もー☆菜々ちゃんの欲しがり屋☆』シャッ
【チャンバラ】

菜々『嫌だああああああああああああ!!!!』

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

106: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:46:05.83 ID:65szZUjIO
里奈『はーい!お尻向けてー☆』

菜々『もう本当…あの…』

里奈『?』

菜々『…痛くしないで…』

里奈『…ッッ』ゾクゾクッ

菜々『…~!!』

里奈『…』トン

菜々『ヒッ』

里奈『…』ドンッ

菜々『ヒイッ』

里奈『…』ヴンッ

菜々『ヒイイッ』

瑞樹「悪趣味ね」

早苗「そうね」

友紀「お2人が言いますか」

里奈『…』

菜々『…!!』




里奈『うりゃ』ビュッパァン

菜々『ッアアアアアアアアアアイ!!!!!』

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「うわー…」

107: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:47:01.32 ID:65szZUjIO
瑞樹「おかしいわね…開かない」

菜々『当たり前でしょうが』

早苗「逆なんじゃないの?」

菜々『逆も何もないですよ。先端すら入らないんだから。大きさが合ってないでしょ』

友紀「…ん?」

『piー』

ちひろ『第一鬼 発生』

楓「あっ」

早苗「やばっ」

https://youtu.be/XEZZuZsgwVE



瑞樹「…えっ?」

夏樹「…」バシュウン

拓海「…」バシュウン

【チャンバラ】

友紀「…あー…」

早苗「そういう…」

瑞樹「…うん」

楓「…」

https://youtu.be/FCb3tahZZv8



夏樹「…」ブォォォォン

拓海「…」ブォォォォン

早苗「だあああああああああ始まったあああああああ!!!」

友紀「いきなりこれって…!!」

瑞樹「ちょっと!!事故でも起こしたらどうすんのよ!!!」

拓海「wwwww」ペシペシ

友紀「ちょっ…!痛い痛い!」

楓「やめて!そんなキャラじゃないでしょ!」

夏樹「wwwwwww」ツンツン

早苗「何すんのよこのキカイダー!!」

菜々『…良い気味ですよー…』

【罰ゲームを受ける4人を幸せそうに見つめる安部】

108: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:48:02.11 ID:65szZUjIO
瑞樹「ハーッ…ハーッ…」

早苗「あーもう…余裕無いってのに…」

友紀「無理…無理だよぉ…」

楓「何か…出る…」

夏樹「…」ブォォォォン…

拓海「…」ブォォォォン…

『piー』

ちひろ『第二鬼 発生』

早苗「ちょっと…待って…」

瑞樹「走れない…」

貴音「…」バシュウン

友紀「え…何…?」

早苗「また765…」

貴音「…」カツーンカツーン

https://kickstarter.likeplus1.net/wp-content/uploads/2013/12/5e8feb415eca026e79050017e9dcef47_large.jpg

楓「な、何…?」

貴音「…」ガチャッ

早苗「は?」

貴音「…」バババババババババババ

早苗「アダダダダダダダダダダダダ!!!痛い痛い痛いっつの!!!」

瑞樹「ちょっと何してんのよあの子!!」

友紀「訳分かんな痛っだい痛っだい!!!」

…。

菜々『あー…やられてますねー…』

【くつろぐ安部菜々】

菜々『…この中あったかいなぁ…』

…。

109: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:49:11.41 ID:65szZUjIO
早苗「これもう痣だらけよ。見たくないわ」

瑞樹「大袈裟過ぎよ」

友紀「輪ゴムで痣なんてそうそうないですから…」

楓「大変でしたね」

瑞樹「一人で逃げたわね」

楓「意外と行けました」

瑞樹「裏切りよ」

楓「まあそれよりも。これですよ。これ」

友紀「あ、鍵…」

早苗「ホントにあったんだ」

楓「向こうの茂みにこれ見よがしに箱があったので」

瑞樹「元警察が出し抜かれてるわね」

友紀「ですね」

早苗「今そういうの関係無いでしょ!?」

【宝箱から鍵をGETした高垣】

瑞樹「じゃー…これであの部屋が開く訳ね」

早苗「でもこんな早く終わるとは思ってなかったでしょうね」

友紀「本当はもっと走らせる気だったんですよ。読めるようになってきましたね。魂胆が」

楓「菜々ちゃーん」

菜々『…あ!それ鍵ですか?』

楓「多分これで合ってるわ」

菜々『…随分早いですね…』

早苗「スタッフを出し抜いてやったわ」

菜々『ほー…』

楓「今助けるわ。あら?」ガチャガチャ

菜々『は?』

【違う鍵を差し込むと安部にお仕置き】

友紀「あれ?」

『安部 アウトー』

菜々『は?』

110: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:50:00.66 ID:65szZUjIO
里奈『もー☆そんなにアタシに会いたいのー?』シャッ

【チャンバラ】

菜々『いや会いたくないです。少なくともそれ(黒ジャージ)着た貴方とは』

里奈『痛くしない痛くしなーい☆』

友紀「さっき風切るくらいの音出してたよね」

菜々『信用しませんよ。凄い痛かったんですからね』

里奈『大丈夫大丈夫☆』グイグイ

菜々『あーもう…やだなぁ…』

早苗「でもこれはしょーがないでしょ?」

菜々『まあ…探して違ったのなら…』

瑞樹「甘んじて受け入れる?」

菜々『嫌です』

里奈『えいっ』ベチィ

菜々『ッアアアアアアアアアアアアアイ!!!!!』

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「…あ、もしかしてこれ逆かも」

菜々『…は?』

楓「すぐ助けてあげるから。菜々ちゃあれ開かない」ガチャガチャ

『安部 アウトー』

菜々『は?』

里奈『ていっ』ベシャア

菜々『ッダアアアアアアアアアアアアア!!!!!』

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

111: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:50:50.16 ID:65szZUjIO
『piー』

ちひろ『第三鬼 発生』

春菜「とうっ」バシュウン

【視力検査】

瑞樹「え!?何あれ!?」

友紀「視力検査…?」

春菜「行きまーす!!!」ダダダダダダダ

早苗「ちょっ…!速い速い!」

友紀「やば…横っ腹が…」

春菜「そーら捕まえましたー!」ガシィ

楓「あっ」

早苗「あー…もう捕まった…」ハァハァ

友紀「…で、視力検査って何…?」ハァハァ

瑞樹「いや…知らないわよ…」ハァハァ

早苗「でもあの子視力良いから…」ハァハァ

楓「…」ハァハァ

春菜「じゃあ楓さん!これを持って…」

楓「…え、ええ…」スッ

春菜「はい!じゃあ上からどーぞ!」

楓「…「か」」

春菜「はい!」

楓「「わ」」

春菜「はい!」

楓「「し」」

春菜「はい!」

楓「「ま」」

春菜「はい!」

楓「「あ」」

春菜「はい!」

楓「「う」」

春菜「はい最後!」

楓「「と」」

瑞樹「は?」

『川島 アウトー』

瑞樹「は?」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

…。

菜々『wwwwwww』

…。

112: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:51:55.63 ID:65szZUjIO
里奈「ほーい!」バシュウン

瑞樹「いやちょっとこれ理不尽じゃないかしら?」

早苗「でもそういうルールだから…」

瑞樹「いやルールじゃないわよ。何で捕まったのあの子なのにお仕置き私なのよ」

友紀「いやでもそうなってるんで…」

瑞樹「おかしいでしょ。捕まった子が受けるべきでしょ」

楓「視力検査受けました」

瑞樹「そりゃ良かったわね」

里奈「てーい!」ズビシィ

瑞樹「アイッダアアアアアアアアアアアイ!!!!!」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

113: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:52:54.06 ID:65szZUjIO
…。

『その後…』

真「とうっ」バシュウン

【ロメロスペシャル】

早苗「あああああああああ嫌ああああああああああ!!!」

瑞樹「あっちあっち!あっち行きなさい!!」

真「行きまーす!!!」ビューン

早苗「こっち来んなああああああああああ!!!」

真「観念して下さい!痛くしませんから!」ガシィ

早苗「何でアンタらいつもアタシなのよ!!アタシ何もしてないでしょ!!」

真「暴れると痛くなりますよ!」

早苗「あ、はい…」

友紀「wwwwwww」

真「はい力抜いて…」

早苗「ホント痛くしないでよ?サンダーライガーみたいに優しくしてよ?」

真「だいじょー…ブッッッ」メキメキメキ

早苗「やっぱアンタら全員○○○○○○○○○!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

114: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:54:57.29 ID:65szZUjIO
…。

https://youtu.be/FfcC9f6HyI0



ラブライカ「…」バシュウン

【水風船キャッチ】

友紀「えええ…またぁ?」

早苗「いや今度はこっちにやらせるつもりでしょ!」

アーニャ「…!」ダッ

美波「…」ダッ

瑞樹「ちょっ…走るのはズルいでしょ!」

早苗「踊り継続しなさいよ!!走ってんじゃないわよ!!」

楓「走らないと捕まえられませんよ」

アーニャ「…」ダダダダダ

友紀「えっ?」

美波「…」ダダダダダ

友紀「はっ!?」

瑞樹「挟み撃ちにされてるわね」

早苗「あー良かった…」

楓「あ、捕まってますよ」

友紀「ちょ、ちょっとぉ!!何すんの!?」

アーニャ「…」スッ

友紀「え?…何?」

【ヒゲ装着+踊りを要求】

友紀「いや…嘘ぉ…?」

美波「…」クイッ

友紀「えええ…?…やだなぁ…もう…」スッ

早苗「あれが既に罰ゲームよね」

瑞樹「そうね」

アーニャ「…」ペラ

【水風船棒キャッチ】

瑞樹「いや知ってるから」

友紀「…」←棒キャッチ係

アーニャ「…」←風船投げ係

楓「やっぱり動きは止めてくれないんですね」

瑞樹「捕まらなくて良かったわ」

早苗「ってか何であの子上投げしようとしてんの?」

楓「え?」

アーニャ「…」ブンッ

友紀「ングッフォ!!」バシャアン

楓「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

115: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:55:45.63 ID:65szZUjIO
…。

亜季「とうっっ!!」バッシュウン

瑞樹「え!?あの子!?」

【玉砕】

早苗「何よあれ!!」

亜季「今度は捕まえるまで止まらないのであります!!」

友紀「こっち疲れてるっつってんのに…!!」

楓「…」ゼーゼー

瑞樹「あ」

亜季「楓殿!!捕まえたでありますよ!!」ガッシィ

楓「…」ゼーゼー

早苗「あーあ。やられちゃった」

亜季「さあ!この風船を服の下に入れるであります!」

楓「…?」

早苗「…あー…そういうの…」

亜季「行くでありまぁす!!」シュー

楓「!!?」シュー

【空気入れによる風船爆破】

瑞樹「あー…」

楓「!!?…!!!」シュー

亜季「逃がさんであります!」シュー

楓「¥°$÷○÷¥1〆<「・#々〆〒!!!」シュー

友紀「あーもう完全にパニクってる…」

早苗「あの子ああいうの一番苦手だから…」




亜季「オッフ!!」バァン

楓「☆→*:^々>%々☆#=÷?・$>¥!!!!!」バァン

瑞樹「あーあ…」

早苗「あーあ…」

友紀「あーあ…」

116: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:56:50.90 ID:65szZUjIO
…。

楓「」

早苗「完全に意気消沈してるわね」

瑞樹「どうだったかしら?」

楓「…もう帰るぅ…」

友紀「あー…可愛い」

楓「…う゛ー…」

瑞樹「私も帰りたいんだけれど」

早苗「あれもうほっといて良い?」

…。

菜々『楓さんやられましたね。大丈夫でしょうか…』←あれ

…。

友紀「いやそれは流石に…」

『piー』

友紀「うわっ!?」

『…』

早苗「…」

瑞樹「…?」

楓「…?」

『…』

早苗「え?…終わ…り…?」

https://youtu.be/nu47dcrJjVs



瑞樹「は?」

『…』ウイイイイイン

楓「!?」

http://response.jp/imgs/zoom1/763166.jpg

のあ「…」

【中から謎の車に乗った高峯のあ出現】

早苗「え…?」

のあ「…」ブウウウウウウウン

瑞樹「は!?ちょっ…嘘でしょおおおおお!?」

友紀「ちょっとおおおおおおお!!!」

のあ「…」ギュイイイイイイン

【高速ドリフト回転走行】

友紀「うわうわうわうわ!!!前見えないって!!前!!!煙煙!!!」

のあ「…」ブウウウウウウウン

早苗「何してんのよちょっと何してんのよ!!!!」

瑞樹「むっちゃくちゃじゃないのよどうすんのよこれ!!!」

…。

117: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:57:45.71 ID:65szZUjIO
…。

のあ「…」ブウウウウウン…

瑞樹「…」

早苗「…」

友紀「…うわー…ジャージ汚れたー…」

早苗「…もー…」

瑞樹「あーびっくりしたー…」

楓「…」

友紀「…どうしました?」

楓「…えっと…」

瑞樹「…あら、鍵?」

早苗「え?何で?」

楓「車から飛んできました」

瑞樹「え?のあちゃんが投げた?」

【高峯のあによるダイナミックパス】

友紀「じゃあ何でアタシ達走り回ってたんですかね」

瑞樹「多分時間切れなんじゃないかしら」

友紀「あー…」

瑞樹「…でもあの子はホント謎よね」

楓「…まあ…」

友紀「…そう…ですね…」

早苗「…でも…」

瑞樹「…」

早苗「…」

楓「…」

友紀「…」

早苗「便はするわよね」

瑞樹「…」ゲシッ

早苗「ン゛痛いって!!」

友紀「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

118: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:58:27.70 ID:65szZUjIO
…。

『その後、高峯から受け取った鍵で無事安部救出に成功した一行…』

『事務所に戻り、束の間の休息を取る…』

『…しかし、そこには既にスタッフの魔の手が潜んでいた…』

…。

早苗「…あー…何か柔らかいソファに座りたい…」

菜々「クッションが欲しいですね」

瑞樹「もう寝たいわよ…疲れてるんだから…」

早苗「そんなんアタシだってそうよ」

楓「お風呂入りたいです…」

早苗「あ、そういう感じなんだ」

楓「?」

早苗「…いやね?疲れって、ピークに達するとね、もう何処でも良いから寝かせてくれってなんのよ。極限までいくと」

友紀「お風呂良いんですか?シャワーとか…」

瑞樹「そうだけれど、もう寝たいって感情が押し出てくるのよ」

友紀「…まあ、睡眠欲ってあるくらいですもんね…」

楓「でも気になりませんか?」

早苗「それを吹っ飛ばすくらい主張してくんのよ」

瑞樹「でしょ?」

菜々「否定はしません」

友紀「アハハ…」

瑞樹「あ」

早苗「あ」

友紀「あ」

『姫川 アウトー』

楓「気を抜いたわね」

友紀「はい」

瑞樹「もう笑っちゃいけないんだからダメよ。気を抜いたら」

友紀「そウ゛ッ…ですね…」

早苗「何度も言うけど、笑顔が取り柄のアイドルが笑っちゃいけないって何なのよって話よね」

瑞樹「アンタずっと笑ってるけどね」

早苗「…」

瑞樹「…」

早苗「…」

瑞樹「…」

早苗「ンフフフフフフフフフ」

瑞樹「wwwwwww」

『川島 片桐 アウトー』

友紀「あー気ィ抜いた」

119: 名無しさん 2017/03/14(火) 19:59:13.56 ID:65szZUjIO
…。

早苗「…でね?」

瑞樹「…」

早苗「…これ」
http://www.ksd-co.jp/wp-content/uploads/2015/11/1132722a3514d5f518a3a3f6683e2737.jpg

瑞樹「…」

【何故か片桐の机の上に手錠】

友紀「何ですかね…」

早苗「…いや、何か紙もあんのよ。読むわね」

楓「…」

早苗「…『指令 川島の左手と片桐の右手に手錠をかけろ』」

楓「あら」

菜々「まぁ」

友紀「わぁ」

瑞樹「嫌」

早苗「アタシもヤ」

菜々「でもそう書かれてますから」

早苗「知ったこっちゃないわよ」ビリビリ

友紀「嫌ですか?」

瑞樹「嫌に決まってるじゃない」

早苗「そもそもどうしてアタシが右なのよ。利き腕じゃない」

菜々「そういう問題でしたか」

楓「多分やらないとずっとこのままですよ」

早苗「やー…こういうのって10代の子がやりゃあ良いと思う」

瑞樹「何が楽しいのよ。私達が手錠かけられてる姿の」

友紀「想像出来ないですね」

菜々「じゃあやりましょう」

早苗「…めんどくさ…」

瑞樹「…はぁ…」

120: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:01:43.49 ID:65szZUjIO
…。

瑞樹「うわー…」

早苗「何か気持ち悪い…」

友紀「早苗さんは特に嫌そうですね」

楓「…キャラ的に…」

早苗「いやそれもあるけど…腕一本封じられてるって相当よ?」

菜々「これ…多分これまでもこれからもこれっきりですよね?」

瑞樹「そうね」

菜々「(写真)撮っていいですか?」

瑞樹「もう一回言って?」

菜々「すいませんでした」

楓「恥ずかしがっちゃって」

早苗「アンタやられてないからそんな事言えんのよ」

瑞樹「あー…早く終わらせて…」

『ゲーム発生 ゲーム発生』

瑞樹「え?」

早苗「は?」

楓「?」

…。

友紀「うわっ!?」

菜々「真っ暗!?」

楓「…!?」

【突然消える部屋の電気】

友紀「うわっ!?ちょっ…何!?」

菜々「ひえっ!?ま、また!?」

楓「きゃっ!?」

…。

瑞樹「え、何?」

早苗「何が起きてんの?見える?」

瑞樹「いや…分からないわ…」

早苗「あ、それ久し振り」

瑞樹「え?」

早苗「分かるわーとか分からないわーとか」

瑞樹「…今それ?」

121: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:03:01.73 ID:65szZUjIO
…。

瑞樹「…」

早苗「…」

瑞樹「…あれ?」

早苗「…あれ?みんな消えた?」

【元に戻るも、高垣、姫川、安部の姿が見えない】

瑞樹「…何かしら…?」

早苗「…ゲーム発生って言ってたわよね。確か」

『ハーッハッハッハー!』

早苗「うわびっくりしたぁ!!」

瑞樹「アンタの(声の方)がびっくりよ」

『川島に片桐!よーく聞けー☆』

早苗「何呼び捨てにしてんのよ」

『高垣、姫川、安部はこの藤本里奈と!』

『木村夏樹と!』

『向井拓海様が預かったー!!』

瑞樹「あの子達今日忙しいわね」

早苗「ね」

里奈『3人を助けたければー…』

夏樹『このプロダクション内の各部屋にいるアタシ達の罠をくぐり抜けて!』

拓海『2人で仲良く来ることだな!』

早苗「ねえ」

拓海『あ?』

早苗「ここで休んでても良いの?」

拓海『ダメに決まってんだろ!!!』

瑞樹「いやもう貴方達に任せるわよ」

早苗「そろそろね、年上を気遣うべきだと思うのよ。アンタらも良い歳なんだから」

瑞樹「私達が疲れてるって知ってるでしょ」

夏樹『いやほんともう…やー…』

里奈『それ言うのー…?』

拓海『…もうだから別撮り流せって言ったんだよ…この2人通じるって分かったらゴネるって知ってるだろ…』ボソボソ

瑞樹「聞こえてるわよ」

拓海『良いから来い!!まずは安部菜々だ!会議室で待つ!!』ブツん

122: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:03:47.11 ID:65szZUjIO
瑞樹「来いって。失礼な子」

早苗「ムカつくわー…一々ムカつくわー…」

瑞樹「会議室?…で、何処?この建物の中なんか知らないわよ?」

ちひろ「大変よ。2人とも」ガラッ

早苗「朝っぱらからずっと大変よ」

ちひろ「高垣、姫川、安部の3人が連れ去られたわ。犯人はそれぞれを各部屋に閉じ込めたそうよ」

瑞樹「さっき犯人から聞いたわ」

ちひろ「安部は会議室、姫川は倉庫、高垣は応接室にいるわ」

早苗「ここにいるスタッフに行ってもらいなさいよ。100人くらいいるんだから」

ちひろ「ここからは笑ってOKで救えるのは貴方達2人しかいないわ頼んだわよ」ピシャッ

早苗「見事なまでにガン無視してったわよ」

瑞樹「最後の辺りめちゃくちゃ早口だったわね」

早苗「…えー?そんでこのまま行くの?」

瑞樹「まあ…そうね」

早苗「何でアンタとなのよ…」

瑞樹「知らないわよ…」

…。

『ゴネにゴネてようやく始まった後輩アイドル救出ゲーム!』

『先輩の優しさで、見事3人を助けることが出来るのか!?』

『はたまた、かつてない放送事故を見せてしまうのか!?』

…。

123: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:04:37.28 ID:65szZUjIO
…。

[→]

瑞樹「これ見よがしに矢印あるけれど…」

早苗「アタシらが走り回ってる間に必死こいてセッティングしてたのかしら」

[→この先会議室]

瑞樹「何十人…以上いるんだから出来るでしょ」

早苗「人件費いくらかかってんのかしらね」

瑞樹「…これ何人かはボランティアなんじゃないの?」

早苗「ブラックね」

[会議室]

瑞樹「…はい着きました」

早苗「着いたけど…何?開けるの?」

瑞樹「そう…なんじゃないの?」

早苗「めんどくさ…」

瑞樹「開けるのすらめんどくさいって何なのよ…」スッ

『バチッ』

瑞樹「ッダァ!!!!」

早苗「オウッフ!!!」

【会議室のドアノブに静電気】

瑞樹「あー…もうホント…やめて…腰抜けちゃう…」

早苗「…良い歳して何してんのアンタ…」

瑞樹「いや、だってほら…」

早苗「え?」

『バチッ』

早苗「オッ…フ…」

瑞樹「ね?」

早苗「…そんなびっくりする?」

瑞樹「いやアンタは何かがあるって分かってるんだから…」

早苗「…っていうかこれどうやって開けるの?」

瑞樹「…向こうのドアじゃない?」

早苗「…こういうのがね、ストレスの原因になんのよね…」

瑞樹「そうね…」ガチャ

124: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:05:34.95 ID:65szZUjIO
瑞樹「…」

菜々「あ!助けて下さい瑞樹さん!早苗さん!」

【椅子に拘束されている安部】

早苗「何これ?」

菜々「分からないんですが…里奈さんに無理矢理縛られて…」

瑞樹「…で?これで1人目終わり?」

早苗「…やー…鍵いるみたい…」

瑞樹「えー…?」

『♪』

早苗「?」

菜々「!?」

里奈『川島!片桐!安部を救いたければ今からこの里奈が出すクイズに答えてちょー☆』

瑞樹「何で?」

里奈『クイズは簡単!そこにいる安部菜々に関する3つの事柄ー♪』

瑞樹「無視したわね」

早苗「ね」

里奈『簡単な問題だ・か・ら!正解してあったりまえー!』

菜々「…」

里奈『見事全問正解したら…そこにいる安部菜々の拘束を解く鍵が出て来まーす!』

早苗「最悪このまま連れてくから良いけど」

菜々「やめて下さい」

里奈『では…まず!第一問!』

瑞樹「…」

里奈『安部菜々が最近買った物で一番高い物を答えよ!…あ、勿論安部菜々は答えちゃ…ダメっぽー☆』

菜々「…えええ…?」

125: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:06:38.29 ID:65szZUjIO
瑞樹「何かしら?ゲーム?」

早苗「…漫画じゃない?」

菜々「…」

瑞樹「ヒントは無いの?」

『…』

早苗「無いみたいね」

瑞樹「…えーと…じゃあ、多分…あれよ」

早苗「アニメ関係のやつ?」

瑞樹「だから…アニメのDVDよ。それ」

菜々「…」

里奈『はっずれー☆』

瑞樹「え?」

里奈『正解はー…』

早苗「えー…何?」

里奈『1万円のコルセットでしたー!』

瑞樹「・・・」

早苗「・・・」

菜々「…」

瑞樹「・・・」

早苗「・・・」

菜々「何か?」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

126: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:07:56.20 ID:65szZUjIO
里奈『第二問!』

瑞樹「あら?継続するの?」

里奈『安部菜々の、住居はどーこだ?』

瑞樹「?」

早苗「○○○○○○○○○でしょ?」

瑞樹「○○○○○○○○○よね」

菜々「ちょっと」

早苗「え?もっと細かく?」

菜々「もっと短いのあるでしょ!!カタカナ4文字と漢字1文字の!!」

瑞樹「だって○○○○○○○○○じゃない」

菜々「それは仮住まい!!仮住まいィ!!!」

里奈『w……ぶー!正解は…ウサミン星でしたー!』

早苗「もう滅んだんじゃないの?」

菜々「生きてますよ!!まだ耳着けてるでしょ!!!」

里奈『www……じゃあ…最後の問題!いっくよー!』

早苗「任せなさい」

菜々「何を任せれば良いんですか?」

早苗「菜々ちゃんは守ってみせるわ」

菜々「守られてると思った人からマシンガン喰らわせられてるんですけど」

里奈『安部菜々の年齢は!?』

瑞樹「○○」

早苗「○○」

瑞樹「○○…」

早苗「○○…うん。○○」

菜々「じゅうななさいです!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

里奈『菜々ちゃん答えちゃダメー!ふせいかーい!』

127: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:08:45.16 ID:65szZUjIO
瑞樹「そもそもそれがおかしいのよ。貴方会った時から17歳じゃない」

早苗「仮にその時が17でも今は違うでしょうよ」

菜々「ウサミンって年取らないんですよ」

早苗「夢見てんじゃないわよ」

菜々「凄い真剣なトーンで言うのやめてもらえます?」

瑞樹「…で?これどうなるの?」

『…』

早苗「…」

里奈「どーん!」バシュウン

『安部 アウトー』

菜々「まあこうなるんですよ」

瑞樹「そうなるわよね」

里奈「もー!ちゃんと答えなきゃダメー!」カチャカチャ

早苗「ついでにこれも解いてくれない?」←手錠

里奈「メッ!」

【安部の拘束を解くも、罰ゲーム執行】

早苗「残念だったわね。罰ゲームだって」

菜々「もう人生最大の罰ゲーム受けましたから良いですよ」

早苗「でも2問目と3問目はともかく1問目とか無理でしょ」

菜々「それは思ってましたけど…」

瑞樹「何?あの薬局のコルセット壊れたの?」

菜々「あれじゃダメみたいですね」

早苗「だってさ」

里奈「柔らかいとこ叩いてるから大丈夫ッ」ベシィ

菜々「ッダアアアアアアアアアアイ!!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

128: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:09:50.20 ID:65szZUjIO
『piー』

夏樹『こちら木村夏樹。姫川はアタシが預かった。倉庫まで来るように』ブツん

早苗「あの子だけちょっと遠慮してんのよね」

[→]

瑞樹「(深夜だから)疲れてるんじゃないの?」

早苗「18?」

[↑]

瑞樹「もう高校卒業したんじゃないの?」

早苗「だって」

[↑]

菜々「ウサミンって大人は10歳からなんですよ」

瑞樹「闇を感じる世界ね」

早苗「人間でいったら今は何歳なの?」

[↑]

菜々「この際10万歳くらいで良いですかね?」

瑞樹「それ良い案ね」

早苗「良いんだ…」

[倉庫]

瑞樹「…で、よ」

菜々「はい?」

早苗「ちょい、菜々ちゃん開けて。ドア」

菜々「知ってますよ。お二方の魂胆。ドアの前でめっちゃ大声出してましたから」

早苗「アンタのせいよ」

瑞樹「この番組のせいよ」

菜々「何かあるって分かってるなら触りませんよ。ナナは」

早苗「アタシらさっき喰らったもん」

菜々「これ以上のダメージを受けるとナナはきっと動けなくなります」

瑞樹「その言葉10倍にして返すわ」

菜々「真剣なトーンで言わないでくれませんかね」

早苗「良いから。ほら早く」

菜々「もう…分かりました。分かりましたから…でもダメだったら代わって下さ…」ガチャ

瑞樹「…」

早苗「…」

菜々「…」ガチャッ

瑞樹「…」

早苗「…」

菜々「…何か?」

瑞樹「怒っていいかしら?」

菜々「ナナ以外なら」

早苗「wwwww……はぁ…」

129: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:10:27.73 ID:65szZUjIO
…。

菜々「…あっ」

瑞樹「あら?」

早苗「ん?」

友紀『あ!ちょっとー!ここから出して下さーい!!』バンバン

【謎のカプセル装置に閉じ込められた友紀】

菜々「うわー…こういうの漫画で見ましたよー…意外と作れるものなんですね…」

早苗「日本の技術力舐めてんじゃないわよ」

瑞樹「助けるって…それを壊すの?」

友紀『いやアタシが怪我するでしょ!普通に助けて下さいって!あそこに書いてありますから!』

瑞樹「?」

早苗「ん…?」

菜々「えっと…『今木村夏樹は眠りに着いている。しかしその夏樹は洗脳された姿であり、本来は心優しい女の子なのである』」

早苗「『赤いボタンを押し、木村夏樹を元に戻せ』…?」

夏樹『…』

【洗脳された夏樹を元に戻す】

瑞樹「あ。夏樹ちゃんがもう一方のカプセルに閉じ込められてるのね」

早苗「凝ってるわねー…ムダなとこだけ」

菜々「えっと…とりあえず、押しますね」ポチ

夏樹『…』ウィーン

菜々「…おー…」

『…』ウィーン

早苗「…お?」

友紀『…おー…』

文香『…』ウィーン

瑞樹「ん?」

130: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:11:06.23 ID:65szZUjIO
文香『助けて頂いてありがとうございま…ありがとう』

【木村夏樹(?)】

早苗「え?何言ってんの?」

文香『おかげで元に戻れまし…戻れましたぜ』

瑞樹「どうしたの?」

文香『私、木村夏樹は悪の組織に…あ、アタシは悪の組織に洗脳されて…』

【木村夏樹(?)】

早苗「一回尿検査する?」

菜々「早苗さん」

文香『もう大丈夫。姫川はアタシが助け…ま、る!』

瑞樹「早くして頂戴」

友紀『これアタシどうしてたら良かったの?…あ、開いた」ウィーン

早苗「で?最後は楓ちゃんでしょ?何処だっけ?」

瑞樹「応接室って聞いたでしょ」

早苗「案外ここ出たら普通にいるんじゃないの?」

瑞樹「間違っては…ないわね…」

菜々「もう早く終わりましょうよ…」

友紀「もう帰りたい…眠い…」

早苗「あ、もう風呂から睡眠欲に変わったわね」

友紀「普通に疲れたんですよ…もう十何時間動きっぱなしだと思ってんですか…」

瑞樹「全員そうよ」

文香『私は木村夏樹…』

早苗「もう帰って良いわよ」

131: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:12:07.44 ID:65szZUjIO
[↑]

早苗「次どこ?」

瑞樹「応接室よ」

早苗「えー…百パーくつろいでるわよ…」

[↑]

友紀「まあでも(行かないと)…」

菜々「進みませんもんね…」

[→]

瑞樹「あーでも本当二度とやりたくないわ…」

[↑]

早苗「逆にこれスタッフだけでやらせたら面白いわよね」

[↑]

友紀「どうなるんですかねそれ…」

[応接室]

瑞樹「開けて」

菜々「皆さんもタレントの辛さを味わえば良いんですよ」ガチャ

楓「それでその後ですね…」

瑞樹父「はー…」

瑞樹「もう帰るわ」

早苗「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

132: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:12:47.80 ID:65szZUjIO
早苗「ちょいちょい抑えて抑えて」グイグイ

【川島父降臨】

瑞樹「もうホント…何してんの?」

瑞樹父「久し…ぶりか?」

瑞樹「全然」

早苗「お盆に帰ったんでしょ?」

瑞樹「だからもう全ッ然」

瑞樹父「あ…瑞樹が色々お世話になっとるみたいで…」

早苗「いやもう…本当お世話してますよ」

瑞樹「…」ペシッ

瑞樹父「叩いたらダメやないか」

友紀「…www…」

菜々「www……」

瑞樹「これもう…モザイクかけときなさいよこの画全部」

瑞樹父「夜遅くまで皆さん頑張っとるんやで?」

瑞樹「私もその一員よ」

友紀「瑞樹さんって家ではどんな感じなんですか?」

瑞樹父「とにかく何でもかんでも…やって、終わってから報告するんです」

早苗「あ、マジなやつ」

瑞樹父「少しは親の意見も聞くとか…」

瑞樹「帰る」

早苗「面白いからもうちょっといましょ」グイイイイイイ

瑞樹「絶対帰る!!今すぐ帰る!!!」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

菜々「wwwwwww」

133: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:13:37.10 ID:65szZUjIO
…。

『5人が再び集まり、そして川島の父も合わさった…』

『嫌がる川島をよそに話は膨らんでいき、メンバーはしばしの間、疲れを忘れ川島の歴史に耳を傾けていた…』

『…事務所へと戻り、待ちに待ったその時が、ついに…』

…。

ちひろ「入るわね」ガラ

瑞樹「…」

早苗「…」

ちひろ「みんな、お疲れ様」

楓「…」

友紀「…」

菜々「…ということは…」

ちひろ「ええ。もうすぐ24時間が経つわ」

早苗「…はぁぁぁぁぁぁん…」

瑞樹「…やったわね…」

ちひろ「でも最後まで気を抜かないで頂戴。貴方達は何かしら?」

友紀「?」

ちひろ「アイドル。アイドルなのよ」

菜々「アイドルである前に人間です」

早苗「ってかだったらアイドル扱いしなさいよ」

ちひろ「ちゃんと最後にはLIVEをしてもらうわ」

瑞樹「疲れたから嫌」

ちひろ「川島の父には特別席で観てもらってるわ」

瑞樹「…ホンット覚えてなさいよ…」

134: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:14:27.01 ID:65szZUjIO
…。

楓「…で、ですよ」

瑞樹「何よ」

楓「やりましょうよ」

早苗「LIVEなら今からやるじゃない」

【ジャージ→衣装へチェンジ】

楓「違いますよ。前やったじゃないですか」

友紀「好きなもの叫ぶってやつですか?」

楓「そう!今度はちゃんと言いましょうね!」

菜々「ルーティーンみたいなものなんでしょうかね」

楓「そう!」

瑞樹「分かったから。早くやって、もう終わりましょう」

早苗「それアイドルとしてどうなのよ」

楓「はい!じゃあ…皆さん、行きますよー…?」

友紀「はーい…」

楓「せーのっ!おs」

瑞樹「ベッド!!!」

早苗「寝る!!!」

友紀「安眠!!!」

菜々「コタツ!!!」

135: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:14:56.42 ID:65szZUjIO
https://youtu.be/nEJeHJrW4Vw



…。

『今回も、死力の限りを尽くしたアイドル達…』

『笑えば笑う程、ケツに刻まれていく痛み…』

『二度と忘れることはない、その悪夢…』

『その悪夢も、いつかは終わりを告げる…』

…。

『ケツをしばかれた回数』

『高垣楓 72回』

『姫川友紀 83回』

『川島瑞樹 97回』

『安部菜々 104回』



…。

『片桐早苗 173回』

136: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:15:41.72 ID:65szZUjIO
…。

楓「…また無視しましたね」

瑞樹「何がよ」

早苗「アンタ以外全員繋がったわよ」

楓「お酒!お酒なんですよ!」

友紀「今はもう寝たいんですよ。とにかく」

菜々「飲んでも吐くだけですよ」

ちひろ「…はい!これで全て完了!みんな、お疲れ様」

早苗「あー…本当疲れたー…」

友紀「何が好きでこんなのやらなくちゃいけないの?」

ちひろ「貴方達の頑張りを最初から最後まで見届けてくれたあの方がもうすぐ来るわ」

瑞樹「つまり貴方は途中寝てたってことね?」

ちひろ「…あ!来たわよ!」

早苗「無視したわよ」

菜々「…あ」

瑞樹「あ」

友紀「あ」

「…!」ドドドドドドドドドドド

早苗「あー来た来た…」

武内P「皆さぁぁぁぁぁぁぁあああああああん!!!!!」ドドドドドドドドドドド

友紀「怖い怖い怖い」

武内P「お疲れ様でしたぁぁぁぁああああああああ!!!」

早苗「うるさいっ」ゲシッ

武内P「…皆さんのご活躍、この目でしかと見届けさせて頂きました」

楓「見ないで下さい」

武内P「僭越ながら私から、皆さんへご報告があります」

瑞樹「何かしら」

武内P「…」スッ

早苗「?」

武内P「…日本縦断!!346アイドル出身地LIVE!!!を行います!!」

早苗「…今それ言う…?」

137: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:16:15.64 ID:65szZUjIO
武内P「皆さん、それぞれの出身地でLIVEを行って頂きます」

友紀「おー…ん、あれ?」

武内P「どうされましたか?」

友紀「…出身地?」

武内P「ええ。出身地です」

友紀「…」

楓「…」

早苗「…」

瑞樹「…」

菜々「・・・」

武内P「…」

菜々「・・・」

瑞樹「え?どうするの?」

早苗「…」

菜々「…」

友紀「…ウサミン星、行く?」

菜々「…」

早苗「○○のみんな!待っててねー!」

菜々「ダアアアアアアアアアアアアアア!!!!」

瑞樹「wwwwwww」

早苗「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

友紀「wwwwwww」

『川島 片桐 高垣 姫川 アウトー』

…。

138: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:16:48.08 ID:65szZUjIO
…。

瑞樹「…はい!これで…一応…全部?」

早苗「相変わらずカット部分が多いわね」

友紀「ちひろさんの部分っているんですか?」

早苗「ま゛ー…でも今回はキツかったわよ」

楓「走らされましたからね」

早苗「あれあると無いとじゃ全然違うわ。死ぬ寸前だったわよ」

瑞樹「菜々ちゃんがね、ズルいのよ」

菜々「やっぱり皆さんナナの苦労を知ってるんですよ」

早苗「アンタの苦労は自業自得じゃない」

瑞樹「…で、まあ…もう無い事を祈って…菜々ちゃん。終わりの言葉お願い」

菜々「え?またですか…?」

早苗「最後くらいキッチリやりなさいよ」

菜々「えー…?」

友紀「時間無いよー」

菜々「…では、ナナから…えーと…」

楓「…」

菜々「こうやって、みんなで集まって、一緒に頑張ってやれる事って、あんまり無いと思います」

瑞樹「…」

菜々「でも、だからこそ楽しみたいな、という事もあり、これからも長くやっていけたらな、と…」

早苗「…」

菜々「だからこれからもよろしくお願いし」

早苗「長い」ベシッ

菜々「痛ッダ!!!」

友紀「wwwwwww」

楓「wwwwwww」

瑞樹「wwwwwww」

139: 名無しさん 2017/03/14(火) 20:19:40.99 ID:65szZUjIO