55: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:49:45.50 ID:qZqdRYado
みく「そうにゃ! だって、ストライキの時!」 

李衣菜「あー、大騒ぎだったもんね」 

武内P「しかし……あれは、私も悪い点がありましたし」 

みく「でも、ちゃんと怒られておかないとみくの気が済まないの!」 

李衣菜「へー、みくちゃん偉いじゃん」 

武内P「……」


引用元: ・武内P「便秘、ですか」

56: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:51:34.71 ID:qZqdRYado
みく「確かに、皆にはいっぱい叱られたよ?」 

李衣菜「正座のしすぎてしばらく立てなかったもんねぇ」 

武内P「……私は、それで十分だと思うのですが」 

みく「でも、Pチャンは全然怒らなかったにゃ!」 

李衣菜「なるほど! だから、今改めて、って事だね!」 

武内P「……」

57: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:52:56.91 ID:qZqdRYado
みく「だからお願いPチャン! ちゃんとみくを叱って!」 

李衣菜「プロデューサー、私からもお願いします」 

武内P「ですが……」 

みく「そうしないと、みくは前に進めないの!」 

李衣菜「こう言ってるんだから、ガツンとやっちゃってくださいよ!」 

武内P「ガツンと……ですか」

58: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:54:32.30 ID:qZqdRYado
みく「でも……Pチャンに口で叱られるのって難しいと思う」 

李衣菜「確かに。顔は怖いけど、全然怒らないよね」 

武内P「……」 

みく「だから……一発、ゲンコツで!」 

李衣菜「おおっ! みくちゃん、カッコイイ!」 

武内P「げ、ゲンコツですか……?」

59: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:56:34.83 ID:qZqdRYado
みく「あ、べ、別に本気で殴れとは言ってないよ?」 

李衣菜「まあ……本気で殴ったらみくちゃん死んじゃうもんね」 

武内P「しかし、体罰というのは……」 

みく「体罰じゃない! 愛のムチだと思ってPチャン!」 

李衣菜「大事なのは、やられる方の受け取り方ですから」 

武内P「……」

60: 名無しさん 2017/12/14(木) 23:58:51.90 ID:qZqdRYado
みく「だからこう……メッ、って感じでね?」 

李衣菜「急に弱気になってるよ、みくちゃん」 


武内P「こんな感じ……ですか?」 

滅! 


みく「そうそう、そんな感じ!」 

李衣菜「いやいやいやいやいや!」 

みく「? どうしたの、李衣菜ちゃん?」 

李衣菜「みくちゃん、死ぬよ!?」

61: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:00:59.17 ID:I8vnK0VCo
みく「死ぬ? どうしてそう思うの?」 

李衣菜「聞こえてなかったの!? 明らかに死ぬ音だったよ!?」 

武内P「……やはり、体罰は」 

みく「もー! いい加減、覚悟を決めてPチャン!」 

李衣菜「みくちゃん、死ぬ覚悟出来てないでしょ!?」 

武内P「……」

62: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:04:41.05 ID:I8vnK0VCo
みく「もー、李衣菜ちゃん心配しすぎだよ」 

李衣菜「それはするよ! だって、みくちゃんが大事だもん!」 

武内P「……」 

みく「だったら応援して! みくが、前に進むのを!」 

李衣菜「っ……! プロデューサー、もっと弱く! 弱ーくでお願いします!」 

武内P「はい……努力してみます」

63: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:07:14.42 ID:I8vnK0VCo
みく「弱く……そうだね、ネコチャンを撫でる感じでサッと」 

李衣菜「それいい! それ最高だよ!」 


武内P「……こうでしょうか?」 

殺! 


みく「最高に優しい感じ出てるよPチャン!」 

李衣菜「殺意しか感じないよ!」 

みく「? どうしたの、李衣菜ちゃん?」 

李衣菜「みくちゃん、確実に殺されるよ!?」

65: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:09:34.44 ID:I8vnK0VCo
みく「殺されるって、そんな大げさな」ケラケラ 

李衣菜「私は耳が良いから聞こえるんだよ!」 

武内P「あの……やはり、もうやめましょう」 

みく「もー! いい加減にしないと、怒るよPチャン!」 

李衣菜「やめて! これ以上刺激しないで!」 

武内P「……」

66: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:13:07.43 ID:I8vnK0VCo
みく「Pチャン、みくは、Pチャンにとっても感謝してるの」 

武内P「前川さん……」 

みく「皆言ってたにゃ。こんなに早くデビュー出来るなんて無い、って」 

武内P「それは……前川さん自身の努力があったからです」 

みく「それでも! それでも、やっぱりPチャンの力が大きいの!」 

武内P「……」 

みく「だから……ゴツンとやって、スッキリさせて欲しい!」 

李衣菜「スッキリじゃなく、ポックリいくから!」 

武内P「……」

67: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:16:37.27 ID:I8vnK0VCo
みく「お願い、Pチャン!」 

武内P「……わかりました」 

李衣菜「わかってない! 結果どうなるか、わかってない!」 

みく「ぴ、Pチャンは力が強そうだから……優しくね?」 

武内P「はい。出来るだけ、優しく」 

李衣菜「今までのを見た感じ、全然優しくなってないよ!?」

68: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:18:48.56 ID:I8vnK0VCo
みく「もー! そんなに言うなら、李衣菜ちゃんが指示してあげて!」 

李衣菜「わ、私が!?」 

武内P「そう、ですね。私では加減がわからない部分もありますから」 

みく「李衣菜ちゃんに任せるよ!」 

李衣菜「気軽に命を背負わせないでよ!」 

武内P「多田さん、私からもお願いします」 

李衣菜「ううぅ……わかりました! 絶対、指示には従ってくださいね!?」 

武内P「はい、勿論です」

69: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:22:30.55 ID:I8vnK0VCo
李衣菜「そ、それじゃあ弱くパンチ!」 

武内P「はい」 

シュッ 

李衣菜「! 今の感じで、もう一回弱くパンチ!」 

武内P「はい」 

シュッ 

みく「Pちゃんかっこいいにゃ! 前に出て、弱くキック!」 

李衣菜「キック!?」 

武内P「はい」 

シュッ 

みく「さあ、本番いくにゃああああ!」 

武内P「――覚悟は良いか!」キュィィン! 

李衣菜「!?」

70: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:26:52.67 ID:I8vnK0VCo
みく「Pチャン、勝負にゃあああ!」 

武内P「――!」 

ドゥゥ――ン……! 

みく「? なんか青い残像が見え――」 

李衣菜「危ないみくちゃああああん!」 

ドンッ! 

みく「にゃああああ!?」 

武内P「一瞬千撃!」 

植木鉢 

武内P「……」 

天 

みく「もーっ! 何するにゃ李衣菜ちゃん!」 

李衣菜「見てなかったの!? 植木鉢、粉々だよ!?」

71: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:31:12.11 ID:I8vnK0VCo
みく「何言ってるの李衣菜ちゃん、そんな事ある筈ないでしょ」 

李衣菜「本当だって! 信じてよ!」 

武内P「あの、お二人とも……」 

みく「おぉ、イタタ! 李衣菜ちゃんに突き飛ばされて尻もちついちゃったにゃ」 

李衣菜「はぁ!? 私は命の恩人だよ!? その言い方は無いと思う!」 

武内P「……」オロオロ

72: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:35:27.59 ID:I8vnK0VCo
みく「命の恩人? 邪魔しただけでしょー!」 

李衣菜「じゃ、邪魔!? ひどい、そんな風に思ったの!?」 

みく「もうこうなったら、解散にゃ!」 

李衣菜「良いよ! みくちゃんなんか、爆発四散しちゃえば良いんだ!」 

みく「ひっど!?」 

李衣菜「どっちが!」 

みく・李衣菜「うー、解散!」 

武内P「……それは困るので、落ち着きましょう」 

みく・李衣菜「……」

73: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:38:59.44 ID:I8vnK0VCo
武内P「元々、私に前川さんを形だけとは言え殴る事は出来ませんでした」 

みく「でも……」 

武内P「前川さん。謝罪するためとは言え、私が嫌がる事をさせるのは違います」 

みく「!」 

武内P「わかって、いただけましたか?」 

みく「ごめんなさい……みく、またPチャンに迷惑かけちゃったにゃ」 

武内P「いいえ、私は貴女達の事を迷惑だと思ったことは、一度もありません」 

みく「Pチャン……!」

74: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:42:51.13 ID:I8vnK0VCo
武内P「ですが、そうですね……」 

みく「?」 

武内P「今回は、前川さんから先に謝るのが、お仕置きというのはどうでしょうか?」 

みく「そ、それは……」 

李衣菜「……」 

みく「~~~っ! 邪魔は言い過ぎだったにゃ! ごめんなさい!」 

李衣菜「も、もう良いよ。私も……突き飛ばしてごめん」 

武内P「そうですね……多田さんも、ジャンプで躱させた方が良かったですね」 

李衣菜「!?」

75: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:49:28.85 ID:I8vnK0VCo
みく「……でも、これでスッキリしたにゃ!」 

李衣菜「待って待って、ハッキリさせておかないと」 

みく「李衣菜ちゃん、さっきから何かおかしいよ?」 

李衣菜「みくちゃん、殺気を感じないの?」 

武内P「私の拳が血に飢えているだけです、問題ありません」 

みく「ほら、Pチャンもこう言ってるにゃ!」 

李衣菜「そうかな……えっ、本当にそうなのかな!?」

76: 名無しさん 2017/12/15(金) 00:54:24.78 ID:I8vnK0VCo
みく「Pチャン、これからもよろしくお願いします!」 

李衣菜「よ、よろしくお願いします!」 

武内P「はい。こちらこそ、よろしくお願いします」 

みく「さっ、李衣菜ちゃん! 早速レッスンに行くよ!」 

李衣菜「ま、待ってよみくちゃん!」 

ガチャッ…バタンッ 

武内P「……」 

武内P「植木鉢が粉々になってしまいましたか……」 


武内P「……千川さんに、お仕置きされてしまいますね」 



おわり