1:2015/04/01(水) 19:23:50 ID:
真尋「いつのまにか使えるようになった」

ハス太「どんな風に?」

真尋「まずフォーク一本を本気で投げた場合」シュッ

木「あぷぱ!!」ボグァッ

ハス太「木っ端微塵になったね」

真尋「以前ニャル滝の部位を粉砕した事があったが、今ではこれを連射可能、もちろん0フレーム」

真尋「投擲術のプロになる日も近い」

ハス太「プロとかそういうの通り越してると思う」


2: :2015/04/01(水) 19:24:42 ID:
真尋「次はフライングフォークだ」

ハス太「それも出来るんだ」

真尋「これは期待するなよ、フライングフォーク!」シュッ

木「痛っ」ザクッ

ハス太「破裂しないね」

真尋「エネルギーは出せるんだが威力は素人が投げたフォークより劣るし、連射は出来ない」

真尋「でも命中率はいつものフォークと変わらない、フライングフォーク!」シュッ


田中「ぎゃあああああ!!!」ザクッ

田中の妹「兄貴ィエエ! フォーク!? ナンデフォーク!?」

田中の弟「もしもし! 病院ですか! 散歩してたら空から降ってきたフォークがうちの兄貴に刺さって!!」


真尋「あいつ、弟と妹いたんだ」

ハス太「大家族らしいよ」

真尋「そんな設定あったっけ?」

ハス太「あとから別の作品で追加されたよっ」 

3: :2015/04/01(水) 19:26:20 ID:
真尋「この程度の威力だがもっと上を目指せる気がする」

ハス太「何で上を目指そうとするの?」

真尋「ニャル子を守れるようになりたい」

ハス太「……そっか」

真尋「レッグフォーク、よく見てくれよ」

ハス太「うん」

真尋「レッグフォーク!」ドシュッ

木「ぶぎゃあ!!」ズザッ

ハス太「すごぉい、貫通して大きな穴があいてる」

真尋「壊れ方が違うからどちらが強力か比べられないんだ、どう思う?」

ハス太「これは……北斗神拳と南斗聖拳だね」 

4: :2015/04/01(水) 19:27:25 ID:
ハス太「フォークの投擲術は内部から破壊を極意とする北斗神拳」

ハス太「それに対してレッグフォークは外部からすべてを破壊する南斗聖拳」

ハス太「陰と陽が両方そなわり最強に見えるよっ!」

真尋「フライングフォークは?」

ハス太「萩尾流古武術」

真尋「つまりどっちが強いんだ?」

ハス太「時と場合による」

真尋「なるほど、まだ使い分けられる自信がない、レッグフォークは流石に0フレームは無理があるから当分投擲術メインか」 

5
:2015/04/01(水) 19:30:04 ID:
ハス太「でも何でレッグフォーク使えるようになったの?」

真尋「前々から蹴り技も0フレームで放てただろ?」

ハス太「そうだっけ?」

真尋(蹴り技を披露したのは過去へ行った時、ハス太達は知らないんだった)

真尋「それに童貞捨てると人って変わるものだろ」

ハス太「人としての変わるというより人間としての何かが進化した気がする」

真尋「30歳まで童貞を通していれば魔法使いになれるように、童貞を捨てればレッグフォークくらい使えるようになるのは当然だろ?」

ハス太「わけがわからないよっ」

6:2015/04/01(水) 19:31:17 ID:
ハス太「それじゃあ釘パンチとかレッグナイフは使える?」

真尋「無理に決まってるだろ、あんなの人間技じゃない」

ハス太「マジか」

真尋「……これで人並みに彼女を守れる男になれるといいな」

ハス太「人並みは越えてるよ」

真尋「ニャル滝の事件から三日も経ったが、まだこの程度が限界か」

ハス太「そんなに焦る必要はないよ」

真尋「……」

ハス太「ニャル子ちゃんを心配させちゃ元も子もないよね?」

真尋「そうだな、この事はニャル子達には内緒で頼む」

ハス太「うんっ、男同士の約束だねっ!」

7:2015/04/01(水) 19:34:45 ID:
ぬーこ「あらっ、よりより先輩の息子君じゃない」

真尋「どうも、こんばんは」

ぬーこ「あ、君が真尋くんのお嫁さんのニャル子ちゃん?」

ハス太「ちがうよっ、ハス太です、男だよっ」

ぬーこ「あら違うの、私の息子の幼馴染と同族の匂いがするからついね、主に髪型が」

ハス太「ふぇ?」

真尋「そういえば高原さんも邪神ハンターですよね?」

ぬーこ「何、興味持っちゃった系?」

真尋「はい」

ぬーこ「私に話すって事はよりより先輩には知られたくない?」

真尋「心配させたくないので」

ぬーこ「丁度明日バロンタイガーを追っ払う依頼が来てるげど同行する? 捕獲レベル3よ、捕獲しないけど」

真尋「お願いします」

8:2015/04/01(水) 19:37:17 ID:
次の日

真尋「まさか群れで襲ってくるとは……死ぬかと思った」

ハス太「もうっ、ニャル子ちゃんを心配させちゃ元も子もないって言ったばかりだよね」

真尋「ごめん」

ハス太「バロンタイガーを舐めすぎ、インフレで鈍ってると思うけど捕獲レベル1は猟銃を持ったプロの狩人が10人分なんだよっ」

ハス太「バロンタイガーはその3倍だよっ」

真尋「『トリコ』読んでてインフレ起こして鈍ってたけど一般人から見たらバロンタイガーも十分バケモノだよなぁ」

ハス太「バロンタイガーの2倍以上の捕獲レベルを持つ蟹ブタをフルコースに入れてるゾンゲってすごいね」

真尋「蟹ブタってそんなに強かったのか」

9:2015/04/01(水) 19:38:37 ID:
ハス太「ところでそれは?」

真尋「ヘビガエル、精がつくらしいから食べようと思って」

ハス太「以前はゲテモノ苦手だったよね?」

真尋「もう慣れたよ、そうでなくても母さんが狩ってきた肉を食べて育った、以前から食卓に普通に熊肉出てたから、ニャル子の星の食材一口食べたら抵抗はなくなったよ」

ハス太「グルメ細胞が活性化したのかな?」

真尋「移植した覚えはないよ」

真尋「ちなみに余市に熊肉の事話したらドン引きされた」

ハス太「熊肉ってそういうものなの?」

真尋「そういうものだよ、どの道もう普通の生活には戻れないし戻らない、決めたんだ、ニャル子と共に過ごすって」

ハス太「まひろくん……」

真尋「そうなると僕も今のままじゃいけない、普通の身体能力から脱しないとな」

ハス太「それは心配いらないと思う」

真尋「はは、ちょっと喋りすぎたよ」

ハス太「相談ならいつでも乗るよ、そうだ、ハスター製薬の精力増強ドリンクあるけど使う?」

真尋「ありがたくもらうよ」

10:2015/04/01(水) 19:40:15 ID:
次の日

真尋「下半身からフライングフォークを発射してニャル子をイカせられるようになった、夜のプロレスごっこで初勝利」

ハス太「流石やたら黒ずくめの師匠の前でセックスをする必要がある萩尾流古武術」

真尋「酷い風潮被害だ」

真尋「それはそれとしてハスター製薬の精力増強ドリンクで夜のフライングフォークが可能になった、すごいね、ハスター製薬」

ハス太「そんな効能ないからね、酷い風潮被害だよ」