1: 名無しさん 2013/11/04(月) 18:37:20.49 ID:LNT3PNk60
八幡「青春を謳歌する愚か者ども、砕け散れ」

監督「ハイ、オッケー!」

八幡「はああああ! 言えたあああああ」

小町「はい」スッ

八幡「おっサンキュ」カチ プシュ ゴキュ

小町「お兄ちゃんカミカミだったねーこれからはかみいちゃんだ」

八幡「うっせ! 俺だってこんなに難しいとは思わなかったんだよ」

小町「監督、厳しかったもんねー 抑揚とかイントネーションにも文句つけてたし」

八幡「まあな。 でもそのほうがやりがいがあるってもんだ」ゴオオオオ

小町「あーあーまーたはじまった。今回は仲良くやってよね。小町何度もフォローできないよ」ヤレヤレ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383557840

引用元: ・監督「3、2,1 」 比企谷八幡「青春とは悪である・・・・・・」

3: 名無しさん 2013/11/04(月) 18:58:38.19 ID:LNT3PNk60
八幡「次からはいよいよ実際の演技か」

小町「ほかの役者さんたちもくるねー」

八幡「どんなやつらかな」

小町「えっ知らないの? 企画書読んだでしょ?」

八幡「いっちゃ悪いがこれ低予算だろ? 顔も名前も知ってるの一人だけなんだよ」

小町「た、たしかに・・・・・・」

八幡「あっ、つーかこれ俺が作中で飲んでるコーヒーじゃねーか。 どーりで味が違うとおもったら」

小町「あ、ごめん癖で」

八幡「くそっ、スタッフさんいるから飲まないわけにもいかねー」

小町「小町の飲みかけのコーラあげる」スッ

八幡「気持ち悪っ!」

小町「今の小町的にポイn」

八幡「どんだけ役に入り込んでるんだよ・・・・・・」

7: 名無しさん 2013/11/04(月) 19:12:18.77 ID:LNT3PNk60
次の日

スタスタスタ

八幡「おはよーっす」

小町「よーっす」

スタッフ「比企谷さんたち、新しい役者さんきてますよ」

八幡「そうなんすか。挨拶いってきます」

小町「いってらっしゃーい」

八幡「こらっ」グイグイ

小町「あー冗談冗談」

9: 名無しさん 2013/11/04(月) 19:24:14.19 ID:LNT3PNk60
ガチャ

八幡「しつれーしまーす」

???「あら、ごきげんよう」

八幡「ご、ごきげんよー」

小町「なんかぎこちないし・・・・・・」

???「あなたが比企谷八幡さん?」

八幡「ですけど」

???「私はヒロイン役の雪ノ下雪乃。よろしく」

八幡「よ、よろしくおねがいしまーす」

雪乃「そんなに堅くならなくても結構よ。ま、座ったら? あなたも」

八幡「えっ? あっはいっ!」

小町「初対面の女の子に主導権握られるお兄ちゃん・・・・・・」

雪乃「頂き物のお菓子よ。 どうぞ」

10: 名無しさん 2013/11/04(月) 19:25:42.66 ID:LNT3PNk60
八幡「あっどうも」スッ ムシャムシャ

小町「ありがとうございまーす」スッ ムシャムシャ

八幡 スッ ムシャムシャ

小町 スッ ムシャムシャ

八幡 スッ ムシャムシャ

小町 スッ ムシャムシャ

雪乃「ちょっと!」

八幡「ふぁい?」

雪乃「ちょっとは、あたしと会話しなさい! あなた役者でしょ!そんなこともできないの?」

八幡「あっ・・・おいしかったんでつい・・・・・・」

雪乃「ほんとにもう兄妹そろって!」プンスカ

小町「あれ兄妹って言いましたっけ?」

雪乃「顔が似てるんだから誰だって気付くでしょ! この私を馬鹿にしているの?」

雪乃「あなたたち今でなにを学んできたの?そもそも役者というしご」ガミガミ

12: 名無しさん 2013/11/04(月) 19:31:56.17 ID:LNT3PNk60
八幡「な、なんで挨拶にいって説教されにゃいかんのだ・・・・・・」ヨロヨロ

小町「お兄ちゃんがお菓子にがっつくからでしょ」

八幡「それはおまえもだおまえも!」

八幡「いずれにしてもあのヒステリー女ただじゃおかん」

小町「ちっさいころから役者やってたらしいしねー。 ちっちゃな劇団だったけど」

八幡「ちょっとばかしキャリアが長いからって威張りやがって~くそっ~」

小町「仕方ないって・・・・・・演技もきっとうまいだろーな」

八幡「なにいってんだ小町 見てろ。格の違いってもんを見せてやる」

小町「モノローグカミカミだった人がいっても説得力ないなー」

17: 名無しさん 2013/11/04(月) 19:58:03.87 ID:LNT3PNk60
監督「3、2、1」

雪乃「つったってないで座ったら?」

八幡「あっそっすね」イス ガチャン ガチャン

八幡 キョロキョロキョロキョロ

監督「比企谷くん、キョロキョロするんじゃなくてソワソワして! 顔は動かないで目と体だけ!」

八幡「あっはーいすんません」

雪乃「へらへらしない!」

八幡「なんでおまえがキレんだよ・・・・・・」

雪乃 フンッ

監督「じゃあテイク2はじめるぞー」

小町(がんばれお兄ちゃん)

40: 名無しさん 2013/11/05(火) 20:15:17.72 ID:a8JSfJbD0
八幡「・・・・・・け、結局、座って話すだけのシーンに、一時間も、かかってしまった」ゼーハーゼーハー

小町「ほとんどのNGお兄ちゃんだけどね」

八幡「監督いくら何でもこだわりすぎだろ。姿勢の変化とか少しくらいどうでもよくね?」

雪乃「主役張ってるからどんなお方かた思えば・・・・・・典型的な顔だけ役者ねあなた」

八幡「・・・くっ・・・・・・」

小町「かみいちゃん・・・・・・」グスン

八幡「うるせえよ! なぐさめんな!」

小町 テヘッ

雪乃「妹に八つ当たりするなんて情けない人。悔しかったら私をうならせることね」オーホッホッホッ

小町(今時そんな笑い方する人いるんだ・・・・・・)

八幡「くそっ・・・・・・」

雪乃「じゃあまた」

41: 名無しさん 2013/11/05(火) 20:20:41.59 ID:a8JSfJbD0
八幡「待て!」 ガシッ ギュ

雪乃「な、なによ!」

八幡「くっ・・・やっぱいい! なんでもねえ」スッ

雪乃「ふ、ふん。なんなのよ一体」スタスタ

小町「お兄ちゃん何言おうとしたのー」

八幡「なんでもねえと言ってるだろ!」

小町「どーだかなー」

八幡「てめえ蹴っ飛ばすぞ」ブンッ

小町「うおっとぉwwww」ヒョイ

42: 名無しさん 2013/11/05(火) 20:35:38.77 ID:a8JSfJbD0
小町「次のシーンは部室の前でしゃべるシーンだねー プレゼントの買い物に誘うシーンだ」

八幡「だ、大丈夫だ!大丈夫だ!」ペシペシ

監督「さーいくぞー、3,2,1」

雪乃「比企谷くん、そ、その・・・・・・・・・・・・そ・・・・・・・・・・」



監督「カートっ! 雪乃ちゃんためすぎ! 」

雪乃「すみません」

監督「さっもっかいいくよ! 3,2,1」

雪乃「ひきぎゃやきゅん・・・・・・」

雪乃「・・・・・・・・」


八幡「プッ・・・」

八幡「アッハハハハハハ」ヒーヒー スタッフ一同「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

雪乃「なっ! 笑わないでよっ!」

八幡「だ、だってよwwwwwwwwアッハハハハハwwwwwwwwww」

雪乃「もう! 」ポカスカポカスカ

八幡「あーwwwwwww おまえ冷酷非道な女かと思ってたらそんな反応もするんだな。顔真っ赤だったぞ」

雪乃(仕方ないじゃない。 そんな台詞いうのはじめてよ)

43: 名無しさん 2013/11/05(火) 20:49:31.50 ID:a8JSfJbD0
監督「ハイ オッケー」

雪乃 ホッ

八幡「よっお疲れ」

雪乃「なに? いいわよ。笑うなら笑いなさい」

八幡「いやー 俺は馬鹿にしてるんじゃないんだ。逆だよ感謝してるんだ」

雪乃「な、なにをおっしゃってるの?」

八幡「あれですげー和んだっていうかさ。緊張がほぐれたっていうか」

雪乃「あなた・・・・・あのシーン台詞ないじゃない・・・・・・」

八幡「だー!表情とか仕草とかあんだろーよ。 知ってると思うが渡監督すげー厳しいんだよ」

雪乃「そ、そうだったわね」

八幡「まあ、ありがとな」スッ つコーラ

雪乃「ありがと・・・・・・」

小町「おっなんかいい雰囲気?」

八幡「正直おまえのこと人間味のないクズ女だと思ってたけど、違ったみたいだな」

雪乃「やっぱ馬鹿にしてるんじゃない!」

小町「」馬鹿だなあ。お兄ちゃんは実に馬鹿だなあ」

44: 名無しさん 2013/11/05(火) 20:57:48.57 ID:a8JSfJbD0
休憩時間~

八幡 ボケーッ

雪乃 パクパク

八幡 ボケーッ

雪乃「ねえ、あなたお昼ご飯は?」

八幡「ない」

雪乃「どうして?」

八幡「作ってないから。小町も何かと忙しかったみたいでな」

雪乃「スタッフさんが用意したものは?」

八幡「この現場弁当でないんだってさ。 低予算だ。しゃーない」


雪乃「あ、あの・・・・・・よ、よかったら少しだけ」

八幡「くっくれるの?」ガバッ

雪乃 コクリ

八幡「じゃあいただきまーす」ウデノバシッ 

45: 名無しさん 2013/11/05(火) 21:05:01.28 ID:a8JSfJbD0
雪乃 パチンッ

八幡「いって! なにすんだよ!」

雪乃「汚らしい! 手づかみで食べないで!」

八幡「ちっ。 しゃーねー。ほら」アングリ

雪乃「な、何のまねかしら」

八幡「他に箸がねーんだ。 おまえがその箸で口の中いれろっての」

雪乃「・・・・・・あ、あなた本気なの?」

八幡「だーっ!もう早く食わせろっての!腹が減って死にそーなんだ」ツクエダンダン

雪乃「い、いくわよ・・・・・」オカズヒョイ

小町「おにいちゃーん、小町がお弁当買ってきましたよー」バタンッ

八幡「おーさんきゅー。 雪乃下やっぱええわ」

雪乃「・・・・・・嬉しいような悲しいような・・・・・・」

47: 名無しさん 2013/11/05(火) 21:14:43.39 ID:a8JSfJbD0
小町「おはよーございまーす」

八幡「ふぁあああ、おはよーございまーす」ガチャ

雪乃「ごきげんよう」

八幡「おはよーって誰この人?」

雪乃「由比ヶ浜結衣さんよ。もう一人ヒロイン役の」

結衣 ペコッ

八幡「あ、よろしくどうもー」

結衣 ペコッ

八幡(な、なんだこの子調子狂うな・・・・・・)

八幡「なあ由比ヶ浜さんは」

小町「ちょっとちょっと」グイッ

八幡「な、なんだ?」

小町「質問責めにするのはやめた方がいいよ。すごい人見知りみたいだから」

八幡「そ、そうか」

48: 名無しさん 2013/11/05(火) 21:23:51.65 ID:a8JSfJbD0
雪乃「さ、続けましょう。あなたはこの仕事をどんな」

八幡「雪ノ下、おまえ今までこの子に何をしてたっ?」

雪乃「あら、役者とは何かについて語り合っていただけよ。でもこの子口数少ないわね」

八幡「分かってんならやめとけっ! 撮影前に疲れさせちゃ悪いだろ!」

雪乃「やっと年の近い役者がきたと思ったのに」

八幡「わかった、その会話、俺と小町も混ぜてくれよ」(これで由比ヶ浜さんの負担も減るだろ)

雪乃「・・・・・・しかたないわね」

50: 名無しさん 2013/11/05(火) 21:39:47.76 ID:a8JSfJbD0
スタッフ「じゃあそろそろはじめまーす」

小町「結局、話してたのはほとんど雪乃さんとおにいちゃんだったね」

八幡「雪ノ下は俺にしかふってこないし、由比ヶ浜さんはしゃべらねえからな」

八幡「あとおまえはずっとニヤニヤしてたよなぁ? どういうつもりだあぁん?」オデコパチン

小町「お兄ちゃんヤンキーの演技下手」

八幡「演技してねーよ」

小町「でも今回みんないい人たちだねー 雪乃さんも由比ヶ浜さんも」

八幡「こ、小町くーん? 話聞いてた?」

小町「うまくやってよねお兄ちゃん」

八幡「おまえこの役やってからうざくなってないか?」

51: 名無しさん 2013/11/05(火) 21:49:24.77 ID:a8JSfJbD0
監督「3、2、1」

結衣「し、しつれーしまーす」

結衣「ちょ! なんでヒッキーがここにいんの?」

八幡「なんだでかい声だせるじゃん!」

監督「比企谷くーん! 台詞ちがーう」

八幡「いっけね、つい本音が」

結衣「もー比企谷くんしっかりー!」プンスカ

八幡「わりぃわりぃ」

八幡「・・・・・・えっ・・・・・・」

八幡「なあ由比ヶ浜さん、君さ」

結衣「結衣でいいよー。 あたしも八幡って呼ぶからっ!」

八幡「・・・だれか乗り移ってんのか? 憑依してんのか?」

雪乃「・・・・・・たまにいるのよ。 演技になるととたんに変わる人が。由比ヶ浜さんもだったのね・・・」

57: 名無しさん 2013/11/06(水) 14:57:45.89 ID:wfZbhJU70
監督「はいオッケーでーす」

八幡「よし」

結衣「あっ比企谷くん」

八幡「どした?」

結衣「ずっと聞きたかったんだけど」

八幡「な、なに?」

結衣「こ、この髪似合ってるかな? わたし髪染めるの初めてで…このボタンもほんとはつけたいんだけど……」

八幡「別に悪くないぞ。 由比ヶ……結衣、普段黒なんだ? 今度それも見て-な」

結衣「えっ? ゆ、ゆい?」

八幡「記憶ないのか……どういう仕組みなんだあの変わりようは……」

結衣「そ、そんなまずかった? 私の演技?」ショボーン

八幡「いやーそんなことはないけど」(むしろ良すぎたくらいだ。めっちゃキャラに合ってた)

59: 名無しさん 2013/11/07(木) 18:06:50.63 ID:ocTAVHvX0
雪乃「八幡、私の演技はどう?」

八幡「はぁん? はちまん?」

雪乃「どうだった?」

八幡「んだよこえーな。 そーだな雪ノ下は」

雪乃「雪乃!」

八幡「なんだy」

雪乃「雪乃ってよびなさい!」

八幡「なんで命令系・・・・・・別にいいけどよ」

小町「お兄ちゃんわかってないなあ」

65: 名無しさん 2013/11/15(金) 20:31:27.08 ID:rku/nXuP0
小町「えっと次来る役者さんは平塚静さんって人だね。初めての大人の人だ」

八幡「いろいろ学べるといいな」

雪乃「残念ながら望み薄ね。あのお方はちょっとアレなのよ」

八幡「雪乃、知り合いか?」

雪乃「昔ちょくちょく共演していたの。私達が小学生ぐらいの頃はそこそこ名のある女優だったわ」

八幡「加齢とともに売れなくなったパターンか……」

雪乃「あなたと同じ、典型的ルックスだけ役者ね」

八幡「歳とりたくねーな……」

67: 名無しさん 2013/11/15(金) 20:44:52.97 ID:rku/nXuP0
次の日

ガチャ

静「どぅーもぉー! 奉仕部顧問役の平塚静でえええす!」

監督「あっ平塚さん、どーも」

静「わったりーーん! 久しぶりぃ!」

雪乃「静さん、27歳にもなってそのキャラはやめたほうが……」

静「雪乃ちゃーん! 久しぶりぃー」

結衣「ど、どうなってるのかな?」ヒソヒソ

八幡「たぶん歳とってキャラを模索してるんだろう。 まあ確かにあの歳ではっちゃけキャラは無理がある」ヒソヒソ

静「やっぱだめかなあ」ショボーン

雪乃「会うたびにキャラが変わってるのよねこの人。 リアルでも演技をしているというか」

監督「と、とりあえず静さんの役は先生なので口調はですね…」クドクド





68: 名無しさん 2013/11/15(金) 20:55:16.43 ID:rku/nXuP0
平塚「で、君が比企谷八幡か」

八幡「は、ははは。はい」(キャラ変わった!)

結衣「由比ヶ浜結衣です」

平塚「声が小さい! もう一回!」

結衣「ゆ、由比ヶ浜結衣でええす!」

八幡「役者向きっちゃ役者向きだなこの人は」

小町「お兄ちゃん、静さんとのシーンは絶対NGだしちゃだめだよ」

八幡「はあ、そんなの誰とのシーンでも同じだろ」

小町「もー台本くらい読もーよ。 お兄ちゃんと先生とのシーンってさ」

八幡「ああ」

小町「高確率で、お兄ちゃんが歳についてからかって先生に殴られるって流れになってるの。そのシーンでng出しまくちゃうと……」

八幡「おれのからだが危ないってわけか……」

小町「そーゆーこと。がんばってよ」

69: 名無しさん 2013/11/15(金) 21:10:09.70 ID:rku/nXuP0
八幡「まあ、これからよろしくお願いします。 静さん」

静「ふん」

雪乃「はあ……面倒な人だわ」

八幡「あの静さん、そんなにキャラで悩むことないんじゃないですか」

静「はあ何を言っているんだ。今の時代キャラ付けないと芸能界では生き残っていけないんだぞ」

雪乃「あなたはとっくの昔に淘汰されたじゃないですか……」

静「だまっらしゃい!」

八幡「そんなお笑い芸人みたいなことしなくても、普通に慎ましくするように心掛ければいいと思いますよ」

小町「なんか語りだした……」

八幡「27歳でしたっけ? 世間ではまだまだ若者の域ですし、ルックスなら同年代の一般人と比べればめちゃくちゃ可愛いいですもん。 キャラ付けなんて逆効果ですよ。まあ今回は渡監督に従うべきですけどね」

小町「なんかしれっと凄いこと言ったんだけど」

静「か、かわいいなんて……」(そんなこと言われたの十年ぶりよ!)

74: 名無しさん 2013/11/17(日) 15:01:35.69 ID:f6d2F8dx0
小町「お兄ちゃんが初めて部室に連れられて行くシーンだねー。歩きながらの会話はきついかなー」

監督「さ、いきまーす3、2、1、」

静「君はアニメは見るかね?」

八幡「まあ嫌いじゃないですけど」

静「伊坂や東野は読むかね?」

八幡「売れる前の方がすきですね」

静「すきなラノベレーベルは?」

八幡「講談社ラノベとあと……ガ…えっと…」

監督「カーット! ガガガ文庫!」

八幡「あーそうだった」

静「なぜ一番覚えやすい単語を忘れるんだキミは……」

監督「はいじゃあーもっかい戻って!」

八幡「えー」

75: 名無しさん 2013/11/17(日) 15:12:12.36 ID:f6d2F8dx0
小町「さーお次はいよいよあのシーンだよ」

八幡「だ、大丈夫だ! 女のパンチなんてへっちゃらだ」

静「おっ、いったな八幡。 私のコブシは重いぞ。 この日の為にトレーニングを積んだんだ」シュッ シュッ

八幡「演技の勉強しましょうよ……」

監督「3,2,1」

静「消滅のおおお! フ○ーストブリットおおおお!」バゴオオオオオオオオン

八幡「」

八幡「」

八幡「」

監督「カット! 比企谷くん! 黙っちゃ駄目! もっと痛そうな声を出して!」

八幡「………むちゃ言わないでください……一瞬呼吸止まったんですけど……」ゼーハーゼーハ

監督「もう一回!」

八幡「えー」

76: 名無しさん 2013/11/17(日) 15:27:01.52 ID:f6d2F8dx0
八幡「……クッソ……」ゼーハーゼーハー

静「ふぅ……やっとオッケーでたな! 」

結衣「八幡くんっ! 大丈夫? 」ダダッ オナカサスリサスリ

八幡「……もうダメかも……」

小町(いいぞいいぞもっと甘えちゃえお兄ちゃん!)

雪乃「由比ヶ浜さんあなたは次の演技の準備を! 八幡は私がみるわ」スッ

結衣「いいよいいよあたしやるから」

雪乃「あなたはまだリハーサルが不十分でしょう?」

結衣「雪ノ下さんこそ」

八幡「耳元で叫ばないでお二人さん……頭に響くから……」




77: 名無しさん 2013/11/17(日) 15:36:25.88 ID:f6d2F8dx0
次の日

八幡「しゃーーー今日も頑張っぞ小町!」

小町「昨日からすごい変わり身だね……元気だけが取り柄なんて作中と全然違うし」

八幡「まあ気合いだ気合い!さすがに腹パン12発はおれもきつかったけどな」

小町「小町悲しくなって途中で目そらしちゃったよ……」

八幡「この仕事してりゃこういうこともあるって学べてよかったさ」

小町「ポジティブだー作中ではひねくれぼっちなのに。小町的にポイントひくーい」プンスカ

八幡「だからそれやめろ! しかもつかいかた間違ってない?」

79: 名無しさん 2013/11/17(日) 19:13:32.03 ID:r3ga4/ry0
小町「今日は初めてのロケだねー プレゼントを雪乃さんとプレゼントを買いにいく回だー」

八幡「今日は動物を使うんだよなあ! うし!気合い気合い!」

雪乃「動物がどうかしたのかしら?」

小町「兄は神がかり的に動物に嫌われるんですよ」

雪乃「そ、そうなの」

80: 名無しさん 2013/11/17(日) 19:26:00.62 ID:r3ga4/ry0
監督「3,2,1」

八幡「お前の姉ちゃん、すげえな」

雪乃「ええそうね。容姿も何からなにまで」

八幡「違げえよ。 そういう意味じゃない。あれもてない男の理想だろ。扱いをよくわかってる」

「キャンキャン ワンワンワンッ」タタタタタタッ

八幡(き、きた!)「お、犬?」

雪乃(やった! チャンスよ!)「ひ、比企谷くんっ!」ダキッ ギュッ ムギューーー

八幡「飼い主どーこーだー?」ダキアゲッ (雪乃くっつきすぎだろ! 身動きが……)

八幡「んー飼い主はどkあっ痛ぇええええええええええ!」

犬 ガルルルル

監督「比企谷くん! もっと優しく抱かなきゃダメだって!」

八幡「なんで俺が怒られるんですか……被害者なのに……ってててて」

小町「お兄ちゃんー」タタタタッ

八幡「小町……」

小町「雪乃さんこれ」ヒソヒソ

雪乃「なによ?」

小町「つかって下さい。 チャンスですよー」ヒソヒソ

小町「じゃあこれで」タタタッ

八幡「何しに来たんだあいつは」

81: 名無しさん 2013/11/17(日) 19:36:13.64 ID:r3ga4/ry0
雪乃(なるほど。絆創膏ね)ペリッ

雪乃「八幡、こっち。手を出して」

八幡 オテッ

雪乃「あなたが犬になってどうするのよ……」ハライノケッ

八幡「じょーだんじょーだん。絆創膏か用意いいな」

雪乃「……ええあなたがこうなるかもとおもってね」

八幡「心配してくれたのか。ありがとな雪乃」

雪乃「ふ、ふん!」ギュー

八幡「いたたたた! 強く巻き過ぎだって」

82: 名無しさん 2013/11/17(日) 19:50:08.79 ID:r3ga4/ry0
八幡「は、はあ終わった……」

小町「一噛みですんだのが奇跡だねー」

八幡「一噛みってなんだよ。何度噛まれる予定だったんだよ」

結衣「比企谷くん、大丈夫だった?」

八幡「あー大丈夫だこんくらい」テ、ブンブンッ

結衣「あとで消毒液塗ったげるね。絆創膏だけじゃバイキンはいってるかも」

雪乃 イラッ

雪乃「一度はった絆創膏をはがすのはまずいんじゃんくって? はがすのは痛みも伴うし」

静「うーん私ももう少し若ければあの中にいたのになあ……いやまだ大丈夫かも?」

監督「無理だ」ボソッ

静「えーん、わたりんひどおおい」

監督「悩んだり泣いたり忙しい人だなホント……」

83: 名無しさん 2013/11/17(日) 19:58:34.35 ID:r3ga4/ry0
小町「今日からまた新しい役者さんがくるらしいよー」

八幡「おお! ついにあの人かああ! 楽しみだなあああ!」

小町「へ? お兄ちゃん知ってる人いないんじゃなかった? 」

八幡「ばーか! よく思い出せ! 一人しか知ってる人いないっていったろ」

小町「あれ小町のことじゃなかったの?」

八幡「あ? たしかにそうとも受け取れるな……」

小町「叙述トリックだねー」

八幡「」

小町「どったの?」

八幡「いや、今のお前の役柄考えるとさ、そんな単語が出るとは思わなくて……ちょっとびびっちまった 」

小町「あー小町的にポイント高かった?」

八幡「だから使い方間違ってるってそれ」

84: 名無しさん 2013/11/17(日) 20:15:02.07 ID:r3ga4/ry0
次の日
ガチャ

八幡「おはよーございまーす」

小町「おはよー」

八幡「あ!」

材木座「おお」

八幡「ざ、材木座師匠!?」

材木座「君は俺ガイルの役者?」

八幡「そーですそーです! 主役の比企谷八幡です!」

材木座「おお君が主役の子か。隣の子は妹さん?」

小町「比企谷小町でーす」

材木座「君はわしのこと知らんみたいやなwwwwわしは材木座義輝や。本業は芸人やっとる」

小町「芸人さん? 」

八幡「知らないのか小町この方はな」

材木座「ああええてええて。今の若い子はわしのこと知らんよwww君が珍しいんや」

八幡「まあテレビで出ることは少ないしな」



86: 名無しさん 2013/11/17(日) 20:31:03.73 ID:r3ga4/ry0
ガチャ

雪乃「ごきげんよう」

八幡「よっ」

材木座「ごきげんよう」

八幡(師匠ですらつられるんだな。雪乃のオーラ凄すぎだろ)

雪乃「あの、すいませんどなた?」

材木座「わしは材木座義輝や。本業は芸人やっとるねん。役者については素人同然やから色々教えてな」

雪乃「そうなんですか。こちらこそよろしくおねがいします」

八幡(眼中にないって感じだな。雪乃クラスになるとそれも当然か)

87: 名無しさん 2013/11/17(日) 20:39:56.61 ID:r3ga4/ry0
ガチャ

結衣「こんにちはー」

材木座「はいこんにちはー」

結衣「あっ…えっと…」

八幡(人見知り…だったんだっけ)

八幡「師匠、こちらヒロイン役の由比ヶ浜結衣さん」

材木座「おーヒロインの子か。わしは材木座義輝や。今日からよろしくな。って今日はこの台詞ばっかやな」

八幡「しかたないっすよ」ハハハ

材木座「それよりも八幡ちょっと教えてほしいんやけど」

八幡「はい。ぼくで良ければ」






88: 名無しさん 2013/11/17(日) 20:52:35.09 ID:r3ga4/ry0
材木座「わいの役についてなんやけどな」

八幡「ええ」

材木座「台本には中二病としか書かれてへんねん」

八幡「みたいですね」

材木座「ほんでいろいろ調べてみたんやけどなんのことかさっぱりわからへん」

八幡「なるほど」

材木座「それで八幡中二病について何かしってる?」

八幡「そーですねー師匠の場合剣豪将軍っていう設定ですから」

八幡「…フッフッフッ…われは剣豪将軍だ。わけ合ってこの現代に舞い降りた。我は室町時代の戦乱を生き延びた身
   それゆえ思うことがある…現代の日本人というのはいささか軟弱ではないか? この我がその根性
    叩きなおしてやる!」シャキーーーン シュバッ


シーン





小町「お、お兄ちゃん………?」

雪乃「八幡………」

結衣「八幡くん……?」

八幡「ちょ、なんで引いてるわ? 手本だよ手本! 手本見せただけだって」

材木座「いやあまりにも唐突すぎたからちょっと引いたわ」

八幡「せめてあなたはかばってくださいよ!」

材木座「いきなり一人芝居始めたから反応に困るねん」

八幡「はあ……死ぬほど恥ずい……」

90: 名無しさん 2013/11/17(日) 21:03:26.87 ID:r3ga4/ry0
小町「お兄ちゃんの意味不明な言動はさておきいよいよ本番だよー部室に初めて中二さんがくるシーンだねー」

監督「3、2,1」

ガララッ

材木座「フフフッ、待ちわびたぞっ!比企谷八幡!」

雪乃「ねえちょっと」グイグイ サササッ

八幡「ん? どうした?」(うわっ顔近っ!)

雪乃「あれはなに?」

八幡「あーあれは中二病だ」ドキドキ

結衣「ねえ、ちょっとちょっと」グイグイ

八幡「うわなんだなんだ」

結衣「中二病ってなあに?」(あれこの台詞雪乃じゃ……)

八幡「中二病っていうのはな…」

監督「ハイオッケー!」

材木座「ハハーン! なるほどなー!この材木座三人の関係分かったで。ちょっとひっかきまわしたるか」ウシシシッ

小町「もー余計なことしないでくださいよー」

91: 名無しさん 2013/11/17(日) 21:13:34.40 ID:r3ga4/ry0
収録終了後控室

八幡「終わった終わった終わったーーー!」

小町「今日は噛まなかったねかみいちゃん」

八幡「定着しそうだからやめてくんない? まだ作中で言われてるごみいちゃんのほうがましなんだけど」

雪乃「そっちのほうがまずいじゃない……どんな感性してるのよ……」

小町「まーまー雪乃さん、兄は変わってるんですよいろいろと。でも雪乃さん兄の良い理解者っていうか…」

雪乃「へ?」

八幡「俺がだれからも理解されてないみたいな言い方はやめろ!」

結衣「そーだよ! 私だって八幡くんのこと……知ってるつもりだけど」

材木座「さっなにはともあれ今日はもう終わったし、八幡、飯いこうや!飯!おごったる!」


92: 名無しさん 2013/11/17(日) 21:24:47.77 ID:r3ga4/ry0
八幡「わあ! いいんですかあ! ぜひご一緒させてもらいます!」

材木座「いろいろ役者の事聞かせてや」

八幡「はい!それで何食べるんですか? カレー? ハンバーグ?」

材木座「えらい庶民的やな君……ちゃうちゃう。 きれいなお姉さんたちがぎょうさんおるお店や。いいぞ~」

八幡「うわあすげえ!師匠そんなお店行くんだあ!」

雪乃「!」結衣「!」

雪乃結衣「待ちなさい」「待ってよ!」ガシッ グイグイッ

八幡「なになに?なんだよ!」

雪乃「材木座さん!正気ですか? 八幡はまだ未成年です!変なこと教えないでください!」

結衣「そーですよ! 八幡くんがそんなお店いったら私が」ゴホンゴホン




93: 名無しさん 2013/11/17(日) 21:31:07.42 ID:r3ga4/ry0
八幡「えーでも久々に晩飯いいもん食べられるのにー」

雪乃「そんなところ行かなくてもご飯くらい私が奢ります」

結衣「わ、わたしも行く!」

小町「面白くなってきましたなああ」

材木座「残念やなーーそういや八幡未成年やったわスマンスマン」ニヤニヤ

材木座「ほなわし先帰るわ。 じゃあの」スタスタ

八幡「あーちょっと!師匠!ししょーーー!」

小町「お兄ちゃん全然わかってない……」

103: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:11:23.53 ID:wq8T+vmP0
雪乃「さっ・・・好きなのどんどん頼みなさい!私のおごりよ」

結衣「む~」

小町「ありがとうございまーす雪乃さん。 うれしいねお兄ちゃん!」

小町「お兄ちゃん・・・・・・?」

八幡「・・きれいなおねーさん・・・・・・きれいなおねーさんが・・・・・・」

雪乃「・・・・・・まだ言ってるのねあなたは・・・・・・いい加減あきらめなさい」

小町「そーだよ。こんなにかわいい子が三人もいるのに失礼だよ」

八幡「結衣と雪乃はともかくてめえはかわいくねえ!」

小町「ひっどーい」プンスカ

雪乃結衣(それってつまり・・・・・・かわいいってこと?)

104: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:20:49.68 ID:wq8T+vmP0
静「だれか一人忘れてないか」ヌッ

八幡「うわっ静さんっ!いつのまに?」

監督「いやいや奇遇だねー 関係者全員同じ店で食事してたなんて」

八幡「か、監督っ?」シセイタダシッ

監督「はははいいよいいよ固くならなくて。 僕は別の店で食べるよ。邪魔しちゃ悪いからね」

静「えーわたりんも一緒に食べよーよ?」

監督「僕がいたら彼らが気を遣う。 いい機会だから君も比企谷くんたちと食事したらどうだい?」

監督「それとその甘えた声も次からなし。 ふつーでいいんだ君は。じゃこれで」スタスタ

105: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:30:20.27 ID:wq8T+vmP0
雪乃「じゃあ注文を」

静「とりあえず生でーーー」ウリャアアアア

雪乃「ファミレスにビールってありましたっけ? 」

八幡「あるみたいだな」メニューペラッ

雪乃「仕方ありませんね。飲み過ぎないでくださいよ」

静「はーい」

八幡(こりゃおばさん扱いされんのも無理ないな・・・・・・)

小町「小町はコーラ! お兄ちゃんはコーヒーだよね」

八幡「作中と混同すんなっ! 俺もコーラだっ!」

結衣「八幡くん 好きじゃないんだコーヒー?」

八幡「ん、まあな。 スタッフさんには黙ってろよ。印象悪くなるからな」

結衣「うん!」(コーヒー嫌いでコーラが好きなんだ。 覚えとこ!)

106: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:38:49.10 ID:wq8T+vmP0
数十分後~

雪乃「さっ、全員の飲み物も料理もきたようだし食べましょうか」

八幡 ハヘハヘハヘ ヨダレダラダラ

小町「お兄ちゃんが限界みたいです」

結衣「じゃあたべよっか」

静「まて! 乾杯をしてからだ!」

八幡「えー」

静「撮影ももうすぐ終わりだ!みんながんばろー かんぱーい!」

カチン カチン カチン コチン

八幡 ガツガツ  ムシャムシャ バリバリ モグモグ ゴクンッ ポッ 

雪乃「普段どれくらい食べてるのよあなた・・・・・・食欲ありすぎじゃない?」


107: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:45:57.21 ID:wq8T+vmP0
結衣「ね、ねえ八幡くん」

八幡「ん?」

結衣「材木座さんのこと師匠師匠ってよんでるけど・・・・・・そんなにおもしろい芸人さんなの?」

小町「ですよねー、私ぜんぜん知りませんもん」

八幡「まじかよ。日曜日にテレビに出てるじゃねーか。新婚さんよんでトークしてるじゃねーか」

結衣「あ」

小町「ああ~ そういえばあの人っぽいね」

八幡「ぽいじゃなくてそーなんだ! 気づくの遅すぎだろ!」

雪乃「八幡はその人に心酔してるってわけね」

八幡「まあな。俺将来結婚したらあの番組でるの夢なんだよなーーー それまで続いててほしいぜ絶対。だから師匠にもがんばってほしいんだよ。って俺がいえる立場じゃないけどな」タハハハ

雪乃「結婚・・・・・・ね」

結衣「結婚かあ・・・・・・」

八幡「なんだよ二人してちらちらと」

108: 名無しさん 2013/11/18(月) 18:52:52.41 ID:wq8T+vmP0
静「はっちまーん! わたしと一緒にでよーその番組ーー」ダキッ ギュッ

八幡「なななっ なんすかいきなりっ!」

静「私と結婚して! そしたら今すぐ出れるよーー」

雪乃「あれほど飲み過ぎるなといったのに」ハァーー

小町「これはこれはおもしろくなってきました。第三勢力登場かー」

八幡「何言ってんだおまえは! 早く助けろ! おい聞けよ!」

静「はー はちまーん はちまーん」ホオズリッ

雪乃「大丈夫よ。そのうち寝ちゃうから」

八幡「けどよ」

静 ストンッ スー スー スー

八幡「寝た・・・・・・のか・・・」

結衣(私もお酒のんでみようかな・・・・・・そしたら・・・・・・いやダメダメ)ブンブンッ

109: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:01:19.62 ID:wq8T+vmP0
雪乃「じゃあね」

静「らりいってんの。もういっけん もういっけん」

雪乃「馬鹿いわないでください」ハァー

八幡「じゃあな雪乃。結衣も」

小町「おやすみなさーい」

結衣「おやすみ」


八幡「つ、つかれたー あの人つぶれるのも早いけど復活も早いなー」

小町「お兄ちゃんにすごいなついてたねー静さん」

八幡「馬鹿言うなよ。 よった勢いだろ」

小町「雪乃さんとか結衣さんはどう思ってるの?」ニヤニヤ

八幡「どうって。 まあかわいいとは思うよ。雪乃も結衣も見習うべきところもいっぱいあるし。これからも一緒に仕事したいなーともさ」

小町「ふ、ふーん」(とりあえず保留ってことかな?)

110: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:11:06.35 ID:wq8T+vmP0
小町「さっ今日から一人新しい人がくるみたいだよー」

八幡「えーとっと戸塚、あやかでいいのかな? 女の子か」キカクショペラッ

小町「でも役柄は男の子だね」

八幡「ほんとだ! 監督何考えてんだ?」

雪乃「あやかではなく、さいか、よ」

八幡「知り合いか?」

雪乃「まあね。名前がありの役をもらったのはこの作品が初めてよ」

八幡「超無名の超新人ってやつか」

111: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:19:28.89 ID:wq8T+vmP0
ガチャ

戸塚「戸塚彩加です。よろしくねー」

小町「おおっ! 超かわいいですねー。小町と同じ中学生ぐらいですかー」

戸塚「あー私高校生なんだよねーハハハ」

八幡「あーおれは比企谷八幡。こっちは妹小町だ。よろしくな」

結衣「由比ヶ浜結衣です。よろしくおねがいしまーす」

八幡(結衣・・・・・・自分から挨拶するようになってる。変わったな)

雪乃「戸塚さん」

戸塚「あっ! 雪乃さーん! よろしくお願いします」

雪乃「はしゃぐのはあと。台本をもう一度見直して出番を待ってなさい」スタスタ

戸塚「はいっ!」ペコリッ

八幡(なるほど。雪乃クラスになると無愛想にしてもそれが逆に魅力になるってか・・・すげえなあいつ)

112: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:24:00.13 ID:wq8T+vmP0
小町「いよいよ撮影開始です!」

監督「3,2,1」

八幡「青春の!ばっかやろおおおお!」パコーン ピューン

監督「飛ばしすぎ! もう一回!」



監督「3,2,1」

八幡「青春の! ばっかやろおお」スカッ

監督「もう一回!」



監督「3,2,1」

八幡 「青春の・・・ばっ・・・・・・か」パコーン

監督「もう一回!」

小町(がんばれお兄ちゃん! )

113: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:29:40.74 ID:wq8T+vmP0
監督「はいオッケー!」

八幡 ゼーハーゼーハーゼーハー

結衣「八幡くんっ!」つコーラ

雪乃「八幡!」つコーラ

八幡「おお天の助けだ」

監督「よしっ! 休んだら最後のシーンだ。」

八幡「えー明日でいいじゃないですか?」

監督「今日やらないとリアリティが出ない」

八幡「まじかよ。次のシーンってあれだよな・・・・・・・・・」

小町「グッフフフ・・・・・・お兄ちゃんが雪乃さんと結衣さんの着替えをのぞくシーンだねー」

八幡「のぞくんじゃねーよ! そこ勘違いすんな」アタマグリグリ

小町「あーwwww」

114: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:35:30.95 ID:wq8T+vmP0
休憩中

材木座「八幡八幡っ」チョイチョイ

八幡「あっ師匠!」

材木座「あの着替えシーンな。こっそりカメラでとってわしにもみせてくれんか?」

八幡「はあ? それはまずいでしょ」

材木座「いや頼むこのとお、うわぁあああああ!」

雪乃結衣「こっのエロジジイイイイイイイ!」ゴゴゴゴゴ

材木座「ジョークやジョークほらわい芸人やろwwwwwハハハwwwww八幡じゃあの」タタタッ

雪乃「ふんっ」プンスカ

結衣「もうっ」プンスカ

115: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:46:22.62 ID:wq8T+vmP0
雪乃「・・・・・・」

結衣「・・・・・・」

八幡(なにこの空気・・・・・・)

八幡「なあ」雪乃「ねえ」結衣「あの」

八幡「・・・」雪乃「・・・」結衣「・・・」

八幡「謝っとくごめん!」

雪乃「仕事なのよ? どうして謝らなくてはいけないの?」

八幡「えっ? だっておまえらに」

結衣「別に全然やじゃないから」ハチマンクンダッタラ ボソボソッ

雪乃「そ、そうよ。それより一発でオーケーだしなさいよ!わかったわね!」

八幡「ああ、わかったよ」(まあドアあけて終わりだしな)

116: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:49:50.51 ID:wq8T+vmP0
監督「いくぞー 3、2,1」

八幡「なあ戸塚が」ガラッ

監督「カーット! 比企谷くん目をつぶっちゃだめでしょ!」

八幡「す、すいませーん」

小町(がんばって!)

117: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:52:34.65 ID:wq8T+vmP0
監督「いくぞー 3、2,1」

八幡「なあ戸塚が」ガラッ

八幡(oh そこには桃源郷が・・・・・・)

結衣「きゃ」雪乃「・・・・・・」

結衣「もうっ! [ピーーー]えええええええっ!」ビュンビュン ビュン

八幡「うわっ!」アタマパコーン バタッ

戸塚「比企谷くん! 大丈夫?」

監督「はいオッケー!」

118: 名無しさん 2013/11/18(月) 19:56:19.10 ID:wq8T+vmP0
監督「ふー終わった終わった」

小町「お兄ちゃんお疲れ」タタタッ

戸塚「あの・・・・・・」

小町「お兄ちゃん?・・・お兄ちゃんお兄ちゃん!」

監督「まて・・・・・・揺すっちゃだめだ! おーい担架もってこい担架! いや救急車か? 」

ガララッ

雪乃「なんなのよ? へっ? 八幡っ? はちまーん!」

結衣「八幡くんっ! 」

119: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:03:33.87 ID:wq8T+vmP0
八幡 バッ

八幡「・・・・・・ここは・・・・・・」

材木座「おはよーさん」

八幡「師匠? 収録は? ここはどこですか?」

材木座「どうやら記憶はあるみたいやな。よかったよかった」

八幡「師匠!」

材木座「撮影はもう終わたよ。あのシーンで無事クランクアップだそうや」

八幡「そ、そうなんですか・・・・・・」

材木座「ほなわしは先生読んでくる。 そこのかわい子ちゃん二人にもお目覚めのキッスしたれ」

八幡「あっ・・」

雪乃 スースースー

結衣 スースースー

120: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:14:43.48 ID:wq8T+vmP0
八幡 アタマサスリサスリ ホオペタペタ

雪乃「んっ」結衣「あ」

雪乃結衣 ガバッ

八幡「あ」

雪乃「八幡? 起きたの? あたしのことわかる?」

結衣「八幡くんっ!」

八幡「わかってるさ。 結衣、雪乃。悪かったな心配かけて」

結衣「」ジワッ

八幡「結衣・・・泣くなよ・・・」

結衣「だってあたしのせーで・・・あたしがもの投げたせーで」

八幡「台本にしたがっただけだろ。結衣は悪くないさ。なあ雪乃?」

雪乃「ええ。由比ヶ浜さんに罪はないわ。しかもこうして生きてるんだし。気にすることないわ」

結衣「八幡くん・・・」

八幡「ん?」

結衣「・・・・・・もっかい頭なでて・・・・・・」

八幡「でええー? 気づいてたのぉ?」

結衣「ヘヘヘ」(狸寝入りだったんだけどねー)

雪乃「八幡私にもしなさい」

八幡「雪乃もかよ。 結構恥ずかしいんだよな」

雪乃「何言ってるのよ。着替えのぞいたくせに。これでおあいこよ」

八幡「ひ・・・ひきょうだ・・・わかったよ。 ほらこっちこい」

雪乃 スススッ 結衣 スススッ


121: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:20:00.23 ID:wq8T+vmP0
小町「おにいちゃんー!」バンッ

八幡「こ、こまちっ?」

雪乃 バッ

結衣 バッ

小町「あ、あれー 邪魔しちゃったかんじかなー・・・・・・」

材木座「むーええのええのー!若いのは! ああわしもあと20年若ければなあ!」

八幡「師匠今のはそんなんじゃ」

静「うらやましいわー やっぱり」ギギギ

八幡「静さんまで」

医者「あー比企谷さん・・・念のため脳の検査をしますんでこちらへ」

八幡「あーはい」スタスタ

医者「まったくあなたも罪な人ですねえ」ボソッ

八幡「はあ」

122: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:29:21.46 ID:wq8T+vmP0
結局、脳にはどこにも異常はなかった。医者からは、当たり所が悪かったんだろう、と説明された。

目覚めるのが遅かったのは疲労の蓄積が大きかった影響らしい。元気には自信あったのにな。

次の日くらいに監督がやってきた。


監督「いやー無事でよかったよ。 こういっちゃなんだけど気絶したおかげでリアリティがでたよ」

八幡「ははは・・・そりゃどーも」(ほめられたが複雑な気分だ・・・・・・)

八幡「それより外部への発表は? テレビではないですよね?」

監督「DVD販売だ。まあ爆発的ヒットは望み薄かな・・・・・・」

八幡「そうっすか・・・・・・」

監督「すまないね。ブラックな現場で。君がこうなったのも私たちにも原因がある」

八幡「とんでもない! 出演できるだけ感謝してますよ! 雪乃や結衣とも出会えましたし!」

監督「おー? あの子たちと何か特別なかんけー?」

八幡「監督まで! そんなんじゃありませんよ」

監督「まあとにかく。もう君たちと会うことはないだろう。楽しい三ヶ月間だった。ありがとう」

八幡「こちらこそ」

123: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:48:10.28 ID:wq8T+vmP0
しかし、監督の言葉は外れた。

低予算制作でDVD販売のみであったが、一部の映画ファンたちに大ウケ。あれよあれよと一般にも浸透し

二作目の制作が決定した。 

監督「いやはやまったくおどろいた。もちろん大ヒットするように力をいれたつもりだけどここまでとはねえ」

監督「見所? まあ比企谷くんと由比ヶ浜さんと雪乃下さん、この三人にはリアルでも注目してほしい」

監督「あと材木座師匠も! 彼の演技はまさにプロの役者顔負けだからね」






実はこの話が決まるずっとまえに、結衣と雪乃から同時にこう言われた。

雪乃結衣「すきですつきあってください」

二人とも俺に向けて手を差し出している。これはどちらかを選べということ

八幡「ごめん。二人とも無理だよ。 おれは役者としても二人よりまだまだ未熟だ。だからいまそんな関係になるとこれか

ら成長しないかもしれない。」


結衣雪乃「そんな・・・・・・」

八幡「それでもし俺が一人前の役者になったとき! 二人が俺に対して気持ちが変わらないのなら!その話はそのときに
  しよう! おれがんばるから!」

雪乃「ふ、ふん。まあせいぜいがんばりなさい。まあどんなにがんばってもあたしの足下にも及ばないとおもうけどね」

結衣「うん。まってる。わたしもがんばるから」


124: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:51:13.45 ID:wq8T+vmP0
小町「おにいちゃーん! 早くしないとー! 俺ガイル二の初現場でしょー」

八幡「わかってるよ!」

八幡「まってろよ!雪乃!結衣!ぜったい追いついてやるからな!」

八幡「あ、もう成人してるから師匠とあのお店にも!」

八幡 ヤッターーーーキレーナオネーサンガイイッパーイ

小町「お兄ちゃん!」

八幡「は、はいはーい」

125: 名無しさん 2013/11/18(月) 20:51:41.72 ID:wq8T+vmP0
お わ り