1: 名無しさん 2012/03/10(土) 08:28:40.14 ID:/gOLa7kB0
式(……台詞間違えた)

引用元: ・式「私は、お前を犯(おか)したい」黒桐「え?」

4: 名無しさん 2012/03/10(土) 09:01:20.64 ID:/gOLa7kB0
式逆レイプ物SSを誰かが書いてくれるのを俺はずっと待っている

14: 名無しさん 2012/03/10(土) 09:40:53.55 ID:O7D1705+0
式「………」

黒桐「えっと…確かに式もそういう年頃だって分かってはいるけど…その…」

式「も、もう一度言ってやる…私はお前を…お…犯したい」

黒桐「……そうなんだ…うん、分かったよ…」

式(ど、どうするっ…これでもう後戻りは出来ない…)

黒桐「…ははは…今日って4月1日だったっけ…?」

式(黒桐も困惑してる…なら今攻めれば…黒桐を……よしっ!)

式「コ、コクトー!俺は多分、人を犯すのが好きなんだと思う!」

黒桐「………え?」

式(…し、しまったぁぁぁぁぁぁぁ)

16: 名無しさん 2012/03/10(土) 09:48:48.22 ID:O7D1705+0
式(また台詞間違えた…これじゃあ黒桐以外にも犯したことがあるように聞こえる…いや黒桐も犯した覚えはないけど)

黒桐「……そうなんだ…じゃあ別に僕じゃなくてもいいんじゃないか?式」

式「………」

式(違う…違うんだコクトー…分かってくれ…)

黒桐「でも式…そういう遊びはあんまりオススメしないよ、君の体に何かあってからじゃ遅いんだから」

式「……コクトーにそんなことを言われる義理なんて俺にはないぞ」

黒桐「……そう、じゃあ好きにしたらいいじゃないか」

式(違う!分かってくれ黒桐!俺は…俺はお前と一緒になりたいだけで…)

黒桐「それじゃあ僕はもう仕事に行くから……式はここで頭を冷やしてたほうがいい」

式「………」

黒桐「じゃあ」ガチャ…バタン…

式(………………)

20: 名無しさん 2012/03/10(土) 09:56:45.17 ID:O7D1705+0
橙子「ほぉ、お前たちは相変わらずおもしろい話ばかり持ってくるな」

黒桐「おもしろくなんてありませんよ…まさか式があんな危ない遊びをしていただなんて」

橙子「いいことなんじゃないか?殺し以外に自分の欲望を発散する行為と出会えたんだ、私たちは逆に祝福すべきことなんじゃないか?」

黒桐「できませんよ、式が色んな男に凌辱されているのに…」

橙子「それは凌辱というのか?式だって認めていることなんだろ?」

黒桐「………」

橙子「なるほどな、黒桐、お前はまだ式が自分からそんな真似をする奴だとは信じていないんだな」

黒桐「………さぁ、どうでしょう」

橙子「……ふぅ、難儀な奴らだな、今更だが」

23: 名無しさん 2012/03/10(土) 10:03:47.00 ID:O7D1705+0
黒桐「僕、調べたいことが出来たので外に出てもいいですか?」

橙子「んー、別に構わないが……一体何を調べるつもりだ?仕事の依頼なんて一つも来てないぞ?」

黒桐「………」

橙子「あ~、そういうこと、金にはならないぞその労働」

黒桐「労働なんかじゃないですよ、僕はただ本当のことを知りたいだけなんです」

橙子「本当のこと…ね、だが黒桐、そこまで踏み込むつもりなら、いくら真実が自分の思い描いていた物とかけ離れていたとしても、しっかり受け止めるんだぞ」

黒桐「………」

橙子「お前の思い描いてる式が真実か、それとも、式が思い描いている式が真実か……さぁて、どっちだろうな?」

黒桐「…行ってきます」ガチャ…バタン…

橙子「……はぁ、コーヒー丁度飲み終わってしまったな」

27: 名無しさん 2012/03/10(土) 10:10:24.17 ID:O7D1705+0
式「おい橙子、簡潔にこの状況を終わらせる方法を教えろ」チキッ

橙子「おいおい式、いくらなんでも物騒だと思わないか?こんな真昼間から」

式「黒桐が帰ってくるまでに答えろ」

橙子「安心しろ式、黒桐は熱くなりすぎて当分は帰ってこないさ、これも全てお前のおかげだ、この状況を作った自分に感謝するんだな」

式「………」

橙子「ほら、黒桐が出ているせいでコーヒーもロクに飲めないんだ、助けてくれ、式」

式「…淹れたら言うんだろうな?橙子」

橙子「そんなに凄むな、お前の事情も黒桐の事情もこっちは分かっているんだから、ほら、淹れてきてくれ」

式「…分かった、早くコップを渡せ」

32: 名無しさん 2012/03/10(土) 10:44:05.68 ID:O7D1705+0
橙子「ふぅ…」

式「さぁ、言え橙子」

橙子「言えと言われてもな、お前が誰にでも股を開く女という誤解を解けばいいんだろ?」

式「……そういうことだ」

橙子「なら黒桐に股を開いて確認をしてもらえ、一番手っ取り早い」

式「ッ!そ、そんなことできるかっ!」

橙子「いや、お前黒桐を犯したいんじゃなかったのか?」

式「………じゃあそこまで繋げる方法だ」

橙子「方法か、まぁお前の腕力でドシンっと黒桐を押し倒せばいいんじゃないか?」

式「………いや…だが」

橙子「?何か問題でもあったか?」

式「いや…別に俺は気にしないんだが…普通は男の方から仕掛けるものじゃないのか…?……そういうものって」

橙子(また妙なところで純粋だな、式は)

34: 名無しさん 2012/03/10(土) 10:51:25.81 ID:O7D1705+0
橙子「んー、なら色仕掛…いや、式には無理だな」

式「おい橙子、俺に何が無理だって?」

橙子「お前のその荒っぽい気性を抑えない限り、使えることができない女の魔術だよ」

式「………チッ」

橙子「魔術で黒桐を操る…なんて手もあるが私は生憎その類の魔術は無知だからな、できないだろう」

式「……なら私から仕掛けるしかないのか?」

橙子「いや、私が黒桐に話をつけて上手い具合に状況を操作するなんて手もあるぞ」

式「!」

橙子「だ・け・ど、ものすごくめんどくさいからパスね、これは」

式「なぁ橙子、今お前の体の表面で泳いでる線の数ってどれくらいだと思う?」チキッ

橙子「悪いな、生憎私は魔眼なんて奇妙なものは有していないんだ、だから分からないよ」

式「そうか、なら今からその線にそってナイフを滑らせればお前の線の数も分かるはず…」

ガチャ…

37: 名無しさん 2012/03/10(土) 10:57:29.85 ID:O7D1705+0
黒桐「…何をやっているんだ?式」

式「!」

橙子「おぉ、お早いお帰りだな黒桐、どうだった?目ぼしいものは見つかったか?」

黒桐「……いえ、全く」

橙子「そうか、良かったな、これでお前の真実にまた近づいたじゃないか」

黒桐「………ええ、そうですね」

式「………」

黒桐「それじゃあ僕、今日はもう帰らせてもらいますね」

橙子「ああ、そうしたほうがいい、そのくたびれっぷりは普段の比じゃないからな」

式(……まさか黒桐の奴…)

黒桐「すいません…それじゃあ僕はこれで……式」

式「!……何だよ」

黒桐「一緒に帰ろう、話したいことがある」

式「………分かった」

38: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:04:00.40 ID:O7D1705+0
黒桐「ふぅ…もうすぐ春だね式、楽しみだね」

式「…ああ」

黒桐「春には何がしたい?花見?旅行?」

式「……別に」

黒桐「それじゃあ……男遊び?」

式「!……フンッ…そんなの俺の勝手だ」

黒桐「……そっか」

式(あぁ!どうしてそこで違うって言えないんだ俺はぁ!あぁぁ!)

黒桐「なぁ、式、悪いけど今日も式の家に寄っていいかな?」

式「………別にいいけど」

黒桐「うん、ありがとう」

式「………」

41: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:11:29.81 ID:O7D1705+0
式「………」ガチャ…バタン…
黒桐「式、悪いけどここで夕飯食べてもいいかな?」

式「…ああ、構わないぜ」
黒桐「うん、ありがとう、それじゃあ…」ガサゴソ…

式「………」

式(黒桐の奴…体中ボロボロになってる…)
式(髪もボサボサになってるし、顔には泥が付いた跡…それに手には傷が5ヶ所…メガネだって少し歪んでる)

式(……やっぱり)

式「…なぁ、黒桐」

黒桐「ん?」

式「お前…一人で何しに行ったんだよ」

黒桐「………」

式「話せ、黒桐」

黒桐「……うん、分かった話すよ…けどその前に一言君に言ってもいいかな?式」

式「……なんだよ」

黒桐「………僕は式のこと…信じてるから」

式「!!!」

45: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:20:06.14 ID:O7D1705+0
黒桐「そんな感じ、援助交際とかが活発な場所を探して調べただけだよ」

式「………」

黒桐「それで少し怖い人達と厄介になっちゃってさ…まさかあんなところにまで通じてるなんて驚きだったな…ははは」

式(なんで…なんで笑ってられるんだよ、黒桐、お前は)

黒桐「でもまだ両儀式の名前は見てない……だから僕は式がそんな危ない遊びをしてないって信じてる」

式「………」

黒桐「なんて…やっぱり独りよがりだったのかな、僕のしたことって」

式「…コクトー、俺からも一言言っていいか?」

黒桐「!……うん、いいよ、言ってくれ」

式「………黒桐」


式「お前の体汚いから、シャワー使って来い」

黒桐「うん……って…え?」

46: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:31:15.95 ID:O7D1705+0
黒桐「ありがとう式、おかげでさっぱりしたよ」

式「…あっそ」

黒桐「うん…それじゃあ話すことも話したし…僕はもう帰るよ」

式「!ま、待て黒桐!」

黒桐「ん?どうかした?式?」

式「いや…えっと…」

式(こいつを今帰したら明日また…こいつはボロボロになって帰ってくる…)

式(…もう黒桐のあんな姿は俺…見たくない)

式「……黒桐」

黒桐「…うん、何?式?」

式「………今日は泊まっていけ…今のお前じゃ道端で倒れそうだからな」

黒桐「………うん、分かったよ式、そうする」

式「…そうしろ」

49: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:38:01.36 ID:O7D1705+0
式「………」

黒桐「式、寒くないかい?布団もっと被ってもいいよ」

式「このくらい…大したことねぇよ」

黒桐「やっぱり寒いんじゃないか、まだ春先なんだから冷えるんだぞ式」バサッ

式「い、いいから黒桐!お前は早く寝ろよ!」

黒桐「君が寝たら僕も寝るよ、心配だからね」

式「……お前は一体俺の何なんだよ」

黒桐「一番の親友だよ……違う?」

式「………あぁっ!もういい加減寝ろっ!」

黒桐「はいはい」

53: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:46:08.61 ID:O7D1705+0
式「……なぁ、コクトー」

黒桐「ん?何だい式?」

式「お前…俺のこと怒ってるか?」

黒桐「…何でだい?」

式「何でって…だって俺のせいでお前がまたボロボロになったんだぞ……俺のこと怒ってるんだろ」

黒桐「怒ってなんてないよ、僕はやりたいことをやっただけだよ」

式「……けど」

黒桐「それに式、君が僕に寝てくれって言ったのに寝させてくれないのかい?」

式「………」

黒桐「大丈夫、式は僕のことなんて気にしなくていいから…安心してくれ」

式「………」

ギュッ…

式「できるわけないだろ……安心なんて」

黒桐「………式」

55: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:51:37.93 ID:O7D1705+0
黒桐「あの…式?そんなにひっつかれたら眠りにくいんだけど…」

式「……寒い」

黒桐「いや寒いならほら、僕のほうの布団を…」

式「うるさい黙って早く寝ろバカコクトー」

黒桐「……うん、分かった」

式「………コクトー、寒い」

黒桐「…なぁ、式、そんなに寒いのなら僕のほうの布団を…」

式「だからコクトー…こっち向いてくれ」

黒桐「…何で?」

式「………寒いから」

黒桐「はぁ…分かったよ、向くだけだからね式」

式「…早くしろ、寒い」

63: 名無しさん 2012/03/10(土) 11:58:52.10 ID:O7D1705+0
黒桐「んっ…はい、向いたよ式、これで満足だろう?」

式「……んっ」

ギュッ…

黒桐「え!?……えっと…式?」

式「寒いから仕方ないんだ…ほら黒桐もこっちに手を回せ」

黒桐「…ほ、本当にいいのか?式?」

式「……俺は構わない」

黒桐「そ、そっか…じゃあ…」スッ…

ギュッ…

式「………寒い」

黒桐「え…僕は結構温かいと思うけどなぁ…」

式「もっと強くしろコクトー…男なんだから」

黒桐「…はいはい」

式「んっ……はぁ…」

69: 名無しさん 2012/03/10(土) 12:07:11.84 ID:O7D1705+0
黒桐「あっ…ごめん、強すぎたかな?式?」

式「……フンッ…コクトーの腕ぐらいじゃ俺は痛くも痒くもねぇよ」

黒桐「そっか…それじゃあお休み、式」

式「………」

黒桐「………」

式「な、なぁ…コクトー?」

黒桐「ん…何だい式?まだ寝ないのかい?」

式「……まだ寒い」

黒桐「…でも式、この部屋これ以上布団もう無いよ…我慢してくれ」

式「………」

黒桐「…はぁ…じゃあ次はどうすれば温かくなるんだい?式?」

式「……ならもっと…俺に近づいてくれ…そしたら温かくなるはずだ」

黒桐「うん…分かったよ」ススッ…

70: 名無しさん 2012/03/10(土) 12:12:16.86 ID:O7D1705+0
黒桐「はは、なんだか式の顔が近いな」

式「……何だよ、文句でもあるのか?」

黒桐「ううん……やっぱり間近で見ると式ってキレイなんだなって…思ってさ」

式「……そうか、俺がキレイか」

黒桐「うん…って、僕は何言ってるんだろうね…忘れてくれ、式」

式「……悪いなコクトー、俺物覚えが悪いほうなんだ……だ、だから…」


式「もう一回言ってみろよ……コクトー」

72: 名無しさん 2012/03/10(土) 12:18:17.82 ID:O7D1705+0
黒桐「…式、キレイだよ」

式「………」

黒桐「これで…いいかな?」

式「まだだ…俺は寒いんだぞコクトー」

黒桐「いや寒さなんて関係ないと思うけど」

式「関係ある……何だかお前にそんなこと言われると…何だか温かくなるんだよ」

黒桐「……そうなんだ」

式「だから…コクトー…もっと」

黒桐「うん、そんな式も可愛いよ」

式「!…お、俺はキレイじゃないのかよ?」

黒桐「式はキレイだし可愛いよ…ダメかな?」

式「……別にいい」

74: 名無しさん 2012/03/10(土) 12:25:04.07 ID:O7D1705+0
黒桐「よし、それじゃあもうそろそろ寝ようよ式」

式「………」

黒桐「明日も僕は調べ物があるからさ、それじゃあおやすみ式…」

ギュッ…

式「……俺は目が冴えて眠れないんだ…最後まで付き合え黒桐」

黒桐「式…君最初に言ったじゃないか?僕に早く寝てくれって」

式「………言ったよ」

黒桐「けど君は今さっきから僕を寝かせてくれないじゃないか、一体どういう…」

式「でもコクトー…俺だって朝言ったはずだぞ」

黒桐「え?何を…」

チュッ…

式「私は、お前を犯したい…って」

黒桐「し、式…?」

76: 名無しさん 2012/03/10(土) 12:31:29.15 ID:O7D1705+0
黒桐「だ、ダメだ式!僕は君とこんなことをしたいんじゃいない!僕はただ君を信じていたくて…」

式「……何だよ、黒桐は俺とこういうことしたくないのかよ?」

黒桐「…いや、でも…」

式「俺は…お前と一緒になりたい……ダメか?」

黒桐「………」

チュッ…

式「……俺はここまでしてるんだぞ…コクトー…」

黒桐「……式」

ギュッ…

式「俺は欲しいんだよ…コクトー……お前が…」

黒桐「……式」

式「…なんだよ」

黒桐「今ものすごく……可愛いよ」

チュッ…

112: 名無しさん 2012/03/10(土) 15:31:38.46 ID:O7D1705+0
まだか

120: 名無しさん 2012/03/10(土) 15:42:36.74 ID:O7D1705+0
式「んっ…」

黒桐「はぁ…はぁ……式、寒いだろうけど脱がしてもいいよね?」

式「………」

黒桐「ダメかな?」

式「…暑い……黒桐が俺にべったり引っ付くから暑い……だから…早く脱がせろ」

黒桐「うん…分かったよ…」プチ…プチ…

式「………」

黒桐「それにしても式…寝るときってワイシャツ一枚だけなのかい?」

式「だって、暑いし…」

黒桐「いやでも今さっきは寒いって言ってたじゃないか…」

式「……今日が特別寒かっただけだ」

黒桐「なら着込めば…」

式「あぁ!もう!うるさいなコクトーは!そんなに俺を苛立てさせたいのかよ!?」

黒桐「……そんなことないけど…それじゃあ触ってもいいかな?」

式「………勝手にしろ」

123: 名無しさん 2012/03/10(土) 15:51:53.76 ID:O7D1705+0
黒桐「すごい…やっぱり式ってボディラインがキレイだ…」

式「………」

黒桐「はは、何だか触っちゃうのが悪い気がしてきたな」

式「…早く続けろ、コクトー」

黒桐「う、うん…」

ピタッ

式「ッ!?」

式(な、何だこの感じ…痛みとは違う感覚が…)

黒桐「…胸、揉んでもいいかな?式?」

式「………」コクッ

黒桐「それじゃあ…」

フニッ

式「っ!?」

126: 名無しさん 2012/03/10(土) 15:58:58.38 ID:O7D1705+0
黒桐「や、やわらかい……それに形もキレイだし可愛い」フニフニ

式「コ、コクトーは…俺にっ…キレイとか…可愛いとか言って…ご、誤魔化してるんじゃないだろうな…?」

黒桐「そんなことないよ式、本当のことだよ」フニフニ

式「……そうかよ…んんっ」

黒桐「はぁ…はぁ…ダメだ…式、一回君を抱きしめてもいいかな?」

式「………一々確認するな…お、俺は…」


式「お前のことを信じてるからなコクトー…何をやったって我慢くらいできる…」

黒桐「……式…それじゃあ背中のほうに手を回すよ」スッ…

式「…ああ」

129: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:05:36.45 ID:O7D1705+0
ギュッ…
黒桐「……式、今更だけどいい匂いがするね」

式「何言ってるんだよ、黒桐も同じ匂いのはずだろ」

黒桐「ううん、全然違うよ…だって式は女の子なんだから」

式「………」

黒桐「我慢出来なくなってきた……式、キスしてもいいかな?」

式「…だから確認しなくていい……ほら」

黒桐「うん…んっ…」

式「んっ…ふぁっ……おい黒桐」

黒桐「…何?」

式「お前のその舌が俺の歯に当たってキモチ悪い……だから次はそいつも一緒に入れろ…そのほうがマシだ」

黒桐「はは、式は欲しがりだなぁ」

131: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:11:04.84 ID:O7D1705+0
式「欲しがり?お前何言って…んんっ!?」

黒桐「んっ…んんっ…」

式「あふっ…んぐっ…んっ…んっ…」

黒桐「式…んむっ…」

式「こ…こくっ……んんっ…ぷはっ!」

式「こ、黒桐!げほっ…い、いきなり何するんだよお前っ!?」

黒桐「何って…式の言ってたキスだけど」

式「けほっ…でもお前…そういうのは事前に…」

黒桐「でも僕がすることは一々確認するなって言ったのは式だろ?」

式「………ケースバイケースだ」

133: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:19:20.61 ID:O7D1705+0
黒桐「式…そろそろ……その…」

式「?何だよコクトー、歯切れが悪いな」

黒桐「いやだからその…下の方」

式「下…ああ、ここか」

黒桐「………」

式「……ふふ、今の黒桐はまるで盛り中の犬だな」

黒桐「それでもいいよ…式と一緒になれるなら、僕は犬でも」

式「………なんだよそれ」

黒桐「…いいよね?式?」

式「…や、優しくしろよ」

黒桐「はは、そんな言葉どこで覚えてきたの式?」

式「……うるさいバカコクトー」

136: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:28:10.43 ID:O7D1705+0
黒桐「じゃあ…挿れるよ、式」

式「………」コク

黒桐「……じゃあ…」グッ…

式「っ!?」

黒桐「うっ…ぐっ…」グググ…

式「……こ、こく…と…」

黒桐「何だい…式…?」ズブブブ…

式「もっと…私に…ちっ…近づいてっ…んんっ」

黒桐「うん…分かったよ式…」ギュッ

式「コクトッ……コクトォ…」

黒桐「式…大丈夫だから…僕はここにいるから…」

式「うんっ…コクトォ…」

黒桐「んっ!」ズブッ

式「んあっ!」

139: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:37:13.02 ID:O7D1705+0
黒桐「ふぅ…ちゃんと入ったよ式、見えるかい?」

式「…ああ、何だか俺の下半身の線がいつも以上に視えるぞ、増えたのか?」

黒桐「はは、流石にそれを殺すのはやめてくれよ式」

式「…冗談だよ…黒桐……何だか変な感じだ…これが黒桐の…」

黒桐「……動いてもいい?式?」

式「………ああ」

黒桐「それじゃあ…最初はゆっくり…」ズプ…ズプンッ

式「…んっ…熱い…」

黒桐「はぁ…はぁ…本当だ…式の中すっごく熱いよ…」ズプッズプッ

式「黒桐っ…は、早っ…」

黒桐「そう言われたって…止められないっ!」ズプッズプッ

式「ば、馬鹿……んっ…んあっ!」

143: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:48:50.42 ID:O7D1705+0
黒桐「式…式ぃ!…ダメだ!もう止められないっ!」ズプッズプッ

式「あっ…コ、コクトォ…」

黒桐「式…我慢しててくれ……もう抑えられないっ!」ズプッズプッ

式「んっ…あっ…コクトォ…コクッ…んっ…コクトォ…」

黒桐「はぁ…はぁ…もうダメだ…式…僕…」

式「あっ…あっ…コクトォ…いいぞ…私の中にっ…」

黒桐「……うんっ…式…イクよ…」ズプッズプッ

式「出してくれっ…コクトーッ……最後…までっ…私と一緒に…」

黒桐「イ、イクッ!!!」ビュルッ

式「くっ…んあっあぁあぁぁあっぁあ!!!」

146: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:52:36.31 ID:O7D1705+0
式「コクトー、お前女の扱いに慣れてないな」

黒桐「あ、当たり前だろっ!……僕は初めてが式だったんだから」

式「…見てみろこれ、お前のせいで腹にひっかき傷が出来た」

黒桐「……ごめん、救急箱どこにあるかな?」

式「………いいよ別に、これくらい」

黒桐「でも…」

式「いいって言ってるだろ…このくらいの傷どうってことない、ほっとけば治る」

黒桐「そっか…じゃあもうそろそろ本当に寝ようか、式」

式「………」コクッ

149: 名無しさん 2012/03/10(土) 16:58:30.85 ID:O7D1705+0
式「コクトー、お前女の扱いに慣れてないな」

黒桐「あ、当たり前だろっ!……僕は初めてが式だったんだから」

式「…見てみろこれ、お前のせいで腹にひっかき傷が出来た」

黒桐「……ごめん、救急箱どこにあるかな?」

式「………いいよ別に、これくらい」

黒桐「でも…」

式「いいって言ってるだろ…このくらいの傷どうってことない、ほっとけば治る」

黒桐「そっか…じゃあもうそろそろ本当に寝ようか、式」

式「………」コクッ

152: 名無しさん 2012/03/10(土) 17:02:49.12 ID:O7D1705+0
式「なぁ黒桐」

黒桐「ん?何だい?」

式「その…悪かったな……俺のせいで」

黒桐「大丈夫、このくらいの傷なんて、式と同じでほっとけば治るさ」

式「そんなわけ…ないだろ」

ギュッ…

黒桐「…式」

式「お前隠せてるつもりだろうけどな、今さっきの…その…あ、あれをやってるときに見えていたからな」

黒桐「ああ…バレてたか」

式「腹や背中、腕や足の見えないところにも傷があった……よく生きて帰ってこれたな黒桐」

黒桐「うん…僕もビックリだったよ…でも」

式「…でも?」

黒桐「式が嘘をついてないって思ったら全然あんなの苦じゃなかったよ」

式「ッ……そうかよ」

黒桐「うん、そうだよ」

153: 名無しさん 2012/03/10(土) 17:08:58.35 ID:O7D1705+0
式「……なぁ、黒桐」

黒桐「ん?」

式「俺みたいな殺人鬼がお前の傍にいても……いいのか?」

黒桐「………」

式「俺…普通の女の子じゃないぜ……それに男っぽいし…人を殺したい欲求がある異常者だ…それでも…」

黒桐「それでも、僕は式と一緒にいたいと思うな」

式「………」

黒桐「だって僕は式が好きだからね、一緒にいたいと思うのは仕方のないことなんじゃないかな」

式「………そうかよ」

黒桐「うん、そうだよ」

式「……なぁ、コクトー」

黒桐「ん?次は何だい?」

式「春になったら……お、俺と一緒に―――!」

終わって