1: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:11:59.94 ID:zs8e4aU/0
男「今日はあったかいなぁ~」

友人「こういう日は外でメシ食いたいな。そこらで弁当買って、公園でメシ食わないか?」

男「いいな、それ!」

友人「桜がもう散っちゃってるのが残念だけどな」

男「これっくらーいの、おべんと箱にっ♪」

友人「ん? なんだっけ、それ?」

男「弁当の歌だよ。子供の頃に歌ったろ?」

友人「ああ~、懐かしい! たしか幼稚園の時に習った覚えがある!」

友人「おにぎりおにぎりちょいと詰ーめてっ♪ ……だろ?」

男「そうそう!」

男「だけどさ、この歌の弁当ってまずそうだよな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523614319

引用元: ・男「『これっくらいの~』の歌の弁当ってまずそうだよな」弁当屋の娘「失礼ね!」

2: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:14:07.01 ID:zs8e4aU/0
男「まず、出てくるのがおにぎりだけど……多分具とか何も入ってない塩むすびだろうし」

友人「あ~……具は欲しいな。オレはおかかが好き」

男「俺は昆布がいいかな」

男「次は、きざーみしょうがにごま塩ふって♪」

男「二番手に生姜だけど、生姜なんてこのところ食った記憶ねえもん」

友人「オレも……豚の生姜焼きならあるけど」

男「で、ここからオカズがどんどん出てくるんだけど、このラインナップがまたすごい」

3: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:16:13.50 ID:zs8e4aU/0
男「人参さん♪ さくらんぼさん♪ シイタケさん♪ ゴボウさん♪ 穴のあいたレンコンさん♪」

男「……どうよ?」

友人「うーん……地味だな」

男「人参はとりあえずいいとして、さくらんぼはデザートならもうちょい華のあるやつ欲しいし」

友人「オレとしてはパイナップルがいいな。缶詰のやつ」

男「んで、シイタケ、ゴボウ、レンコンの超絶地味トリオよ」

男「健康にはよさそうだけど、色合い想像するだけで地味だろ」

友人「全部、茶色系って感じだな」

友人「しかもオレ、シイタケ嫌いなんだよなぁ~。あの匂いとグニュグニュ感が無理、絶対無理」

男「弁当箱開けて、こいつらが目に飛び込んできたら、絶対テンション下がるよなぁ」

友人「一つぐらい肉系が欲しいよな……せめて魚」

4: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:18:24.88 ID:zs8e4aU/0
男「んで、ラスト」

男「すじーの通ったふーきっ♪」

友人「……ふき、ねえ」

男「正直、子供の頃なんて“ふきって何?”って感じだったし」

友人「その辺のスーパーでもほとんど見たことないしなぁ、ふきなんて」

男「まとめると、具のない塩むすび、生姜にごま塩ぶっかけたやつ」

男「人参に、デザートのさくらんぼ。シイタケ・ゴボウ・レンコンの地味トリオ」

男「そして、こいつらに輪をかけて目立たないふき……」

男「絶対まずいだろ、こんな弁当!」

友人「古い歌っぽいからなぁ。現代人の味覚には合わないだろうな」

男「こんな弁当、金払うどころか金もらったって食いたくないね」



弁当娘「失礼ね!!!」

6: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:20:33.94 ID:zs8e4aU/0
男「うわっ!?」

友人「だ……誰?」

弁当娘「あたしは近くの弁当屋で働いてる女よ! 今は道端で売り歩いてたの!」

男「そ、そうなんだ……。で……俺たちの何が失礼なわけ?」

弁当娘「あんたたち、『おべんとうばこのうた』をバカにしてたでしょ」

男「正式名称そんな名前なんだ……あの歌」

友人「バカにしてたといっても、弁当そのものをバカにしたわけじゃないぞ」

友人「あくまで、あの歌に登場する弁当を……」

弁当娘「それが問題なのよ!」

弁当娘「あの歌に出てくるお弁当はね、うちの店で売ってるお弁当がモデルなんだから!」

二人「な、なんだってー!?」

7: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:24:06.15 ID:zs8e4aU/0
弁当娘「うちは歴史ある弁当屋でね。あの歌に出てくるお弁当は、うちの看板商品の一つなの」

弁当娘「つまり、あのお弁当をバカにするってことは、うちの店をバカにするのと同じことなのよ!」

男「あ、いや……ええっと……」

友人「どうすんだよ~、お前があんな歌思い出すから……」ボソッ

男「んなこといったって、まさかこんなことになるとは思わないだろ……」ボソッ

友人「もうとっとと謝っちまおうぜ」ボソッ

男「いや、謝らない!」

友人「え!?」

男「おい! いっとくけど、あの歌の弁当がまずそうだってのは紛れもない本音だ!」

男「今時、あんな地味な弁当好き好んで食う奴がいるかよ!」

男「せめて、玉子焼きやソーセージくらい入れてから出直せっての!」

弁当娘「……いったわね」

友人(あ~あ……)

8: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:26:24.50 ID:zs8e4aU/0
弁当娘「だったら食べてちょうだい」

男「何を?」

弁当娘「今ここに、ちょうど二つモデルになったお弁当があるから食べてちょうだい!」

男「ハァ? なんで食わなきゃならないんだよ、そんな地味弁」

友人「そうだよ……オレたちはもっとがっつりとした弁当食べたいし……」

弁当娘「バカにしておいて、謝りもせず、食べもしないなんて卑怯よ! この卑怯者! 卑怯コンビ!」

男「ど、怒鳴るなよ……! 通行人がこっち見てるじゃんか」

友人「おいやばいぞ……」

弁当娘「さぁ、どうするの!」

男「分かったよ! 食うよ、食えばいいんだろ!」

9: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:31:33.28 ID:zs8e4aU/0
弁当娘「さ、食べて!」

男「……いただきます」

友人「……いただきます」

男(ちくしょう、せっかくの春の陽気の中、こんな地味弁食べるはめになるなんて……)

友人(だから謝っておけばよかったのに……バカ)

男(まぁいいや、とっとと食い終わっちゃおう)パカッ

友人(きっと見るからにまずそうな見た目なんだろうなぁ)パカッ

二人「!!!」

10: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:34:11.40 ID:zs8e4aU/0
男「こ、これは……!」

男「すごい……地味な色合いの食材が並んでるはずなのに、とてもキレイだ!」

友人「だが、決して華美というわけじゃない……あくまで素朴な美しさだ」

友人「この素朴さ、日本古来の水彩画のような風情さえ漂ってる……」

男「料理は見ることも食べること、とはよくいったもんだな……」

友人「ああ……箸をつけずとも心が満足感で満たされていく……」

男「だが……箸をつけずにはいられない!」

友人「オレの中の食欲が、弁当を食えと轟き叫ぶゥ!」

男「よし、俺はおにぎりからいく!」サッ

友人「ならオレは人参だ!」サッ

11: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:36:24.14 ID:zs8e4aU/0
男「……」モグッ

男「……」モグッモグッ…

男「うめえ……」

男「柔らかく握られたお米と塩が調和して、メチャクチャうめえ……!」

男「これは具なんかいらんわ!」

男「おかか? 昆布? ツナ? 梅干し? シャケ? そんなもんいらん! 何もいらん!」

男「このおにぎりは、これで完成してるんだ!」

12: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:37:32.27 ID:zs8e4aU/0
友人「……うわっ」

友人「この人参、甘い! しかも、なんというホクホク感!」

友人「人参はよく食うけど、こんなに味わって食べたことなんてなかった……」

友人「だけど、味わわずにはいられない!」

友人「人参って、人参って……なんて素晴らしい野菜なんだ!」

友人「この人参特有の赤さに相応しい、優しさと甘さが体じゅうに広がっていくぅ……」

13: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:39:29.25 ID:zs8e4aU/0
男「シイタケいってみるか」パクッ

男「……」モニュモニュ

男「うまい! この歯ごたえ、この弾力! やばい、シイタケやばい!」

友人「……」

男「おい、お前も食ってみろよ!」

友人「オレはいいよ……シイタケ苦手だし」

男「いいから!」

友人「じゃあ、一つだけ……」モグッ

友人「はうぁっ……!」

友人「あの苦手な匂いや、妙な噛みごたえが全くない……」

友人「シイタケって、こんなにうまかったのか……!」ジーン…

14: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:42:32.07 ID:zs8e4aU/0
男「続いて、レンコンとゴボウいくぜ!」シャキシャキ

男「くぅ~、このシャキシャキ感! たまんねえな!」

男「レンコンとゴボウに含まれる食物繊維が、音を立ててるって感じがするぅ!」

男「明日は快便間違いなしだな!」



友人「刻み生姜をいただこうか……」モグッ

友人「おぉ~……生姜のピリリとした舌触りに、ごま塩の味が乗ってたまらん!」

友人「生姜は体を温めるっていうけど、本当に温まってきたぁ~」

友人「春だ……オレの体に春がやってきたんだ……」ポカポカ…

15: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:44:52.60 ID:zs8e4aU/0
男「じゃあ、いくか」

友人「ああ」コクッ

男「さっき散々バカにしたふきを……」

友人「いただきます」

モグッ…

男「ん~……!」

友人「ふき本来の苦みに、甘く味付けがしてあって……たまらんな」

友人「日本風っていう意味と調和って意味で、二つの意味で“和”だ」

男「ああ、このふきは“和”の極みだ……」

16: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:47:20.26 ID:zs8e4aU/0
男「最後に……取っておいたこのさくらんぼを……」アーン…

友人「よっと」チュパッ

男「……うまい!」

友人「すんげえ! なんて甘さだ! なんてジューシィな果肉だ!」

男「これは……種を口の中で転がすのすら楽しい……」コロコロ…

友人「オレたちは……さくらんぼを甘く見すぎていた!」

18: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:49:35.00 ID:zs8e4aU/0
男「……」

友人「……」

弁当娘「一応聞いておくけど……どうだった?」

男「いや……最高でした、マジで」

友人「見た目からデザートまで、なにからなにまで素晴らしかったよ。シイタケ嫌いも克服できたし」

弁当娘「分かってくれたらいいのよ。じゃあね」クルッ

男「ま、待ってくれ! お代を!」

弁当娘「あたしから食べてっていったんだから、いらないって」

友人「でも……!」

弁当娘「これでお金取ったら、あたしがお父さんから怒られちゃうわよ~!」

男「そうだ! だったら……」

19: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:52:50.95 ID:zs8e4aU/0
男「せめて、君のお父さんに会わせてくれないか?」

弁当娘「お父さんに?」

友人「こんなおいしい弁当を食べさせてくれたお礼をしたいんだ!」

弁当娘「うーん……別にいいけど」

男「ありがとう!」

弁当娘「お父さんはお店にいるから、ついてきて!」

20: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:55:46.36 ID:zs8e4aU/0
弁当屋――

父「ハッハッハ! お二人とも、そりゃあ災難だったな!」

父「うちのおてんば娘は、店のことをいわれるとすぐこれだからなぁ!」

父「本当にすまなかったな!」

男「いえ、こちらこそ……すみませんでした」

友人「あんなにおいしい弁当を食べたのははじめてです!」

父「そうかい! そういってもらえると嬉しいよ!」

弁当娘「ふふーん! お父さんのお弁当は世界一なんだから!」

父「コラッ、調子に乗るな!」

弁当娘「ごめんなさーい!」

21: 名無しさん 2018/04/13(金) 19:57:37.49 ID:zs8e4aU/0
男「……」キョロキョロ

男(幕の内弁当、唐揚げ弁当、トンカツ弁当、のり弁、季節の野菜弁当……)

男「この店、メニューがすごく豊富ですね!」

友人「がっつり系からヘルシー系まで色んなタイプの弁当がある……あの歌の弁当だけじゃないんですね」

父「そりゃそうさ!」

父「あの弁当にはもちろん自信があるが、あれだけでやってけるほど甘くはないからね」

父「日々、今はどういうメニューが流行ってるのか、ライバル店はどうしてるのか、研究してるよ」

男「すごい……」

友人「今日はもう弁当を食べちゃったけど、今度はちゃんと買いに来ますから!」

父「ありがとよ!」

弁当娘「ありがとね!」

22: 名無しさん 2018/04/13(金) 20:00:23.41 ID:zs8e4aU/0
男「あ、そうだ。最後に一つだけ」

男「娘さんはどんな弁当が好きなんですか? やっぱりあの歌の……?」

父「ああ、こいつかい?」

父「こいつはいっつもハンバーグ弁当や焼き肉弁当ばかりだよ」

父「野菜より肉好きだし、弁当はがっつり食うべき、とかいって地味な弁当には見抜きもしねえ」

父「あの歌の弁当なんて食ったこともねえんじゃねえかな」

男「えええ……?」チラッ

友人「あのー……」チラッ

弁当娘「……てへっ」







―おわり―

23: 名無しさん 2018/04/13(金) 20:00:54.28 ID:zs8e4aU/0
話を書く前に自分でも歌詞をgoogleやYoutubeで調べましたが
歌詞は何パターンかあるようです…(地域差や年代差?)
今回は自分が習い覚えた歌詞で書かせて頂きました
ご了承をお願い致します