1: 名無しさん 2018/06/14(木) 11:03:45.63 ID:MlWiPeWY0
≪名前≫

吾輩は猫である、名前は、


ビルマルク「オスカー、オスカーはいるかしら?」

飛龍「ねえねえ、多聞丸聞いてよ!蒼龍がさあ…」


名前は、


漣「ご主人様!あ、やべちがった、お猫様!遠征任務終わりましたぞ!!」

曙「そうよクソ猫、さっさと休みたいから早く報告書受け取ってくれない?」


名前、は…


ビスマルク「ちょっと、多聞丸ってなによ。Admiralの名前はオスカーでしょう?」

飛龍「そっちこそオスカーってなによ」

潮「曙ちゃん、ネコちゃ、んんっ!!提督に対して失礼だよぉ」

朧「潮も潮だと思うな。あれ?でもネコさんでもあってるのかな、多分」

漣「お猫様!遠征のご褒美にモフらせていただいても?」

曙「ちょっと漣!クソ猫なんかさわったら手がケモノ臭くなるじゃない!やめてよ!」


提督「あの、何回も言ってますが、皆さん好き勝手に呼ばないでくれませんか?」

提督「あと、曙は報告書を提出したあとここに残るように」

曙「なんでよ!?」


まだ(特定の名前は)ない


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1528941825

引用元: ・【艦これ】猫のいる鎮守府【SS】

2: 名無しさん 2018/06/14(木) 11:05:33.10 ID:MlWiPeWY0
※提督なのに猫
※オムニバス形式で進行
※登場希望艦娘、シチュがあれば適当にどうぞ
 ただし書くとは限りません


4: 名無しさん 2018/06/14(木) 11:09:39.28 ID:MlWiPeWY0
≪不幸の象徴≫


山城「うわ、でた」

提督「あの、毎日食堂で会うたびに顔を引きつらせないでほしいんですけど」

山城「だってあなた黒猫じゃない。よりにもよって黒猫、不幸だわ」

提督「失敬な、人間がつけた勝手なレッテルで判断しないで欲しいですね」

山城「レッテル?はっ」

提督「…なんですか、なにか実害でも?」

山城「あなたのせいでどれだけ姉様との時間が奪われてるか、考えたことあるかしら」

提督「ちょっと、逆恨みじゃないですか!」

山城「うるさいわね!どうしてあなたは姉様の膝を独占できるの、うらやましい!」

提督「彼女が私を見かけるたびに膝にのせるだけなんですけど」

山城「なによ、姉様の膝まくらが嫌だっていうの!」

提督「いや、それは…、彼女なでるのもとっても上手ですし」

山城「なっ?!陰で姉様を狙ってるのね!この、泥棒猫!」

提督「泥棒猫って、じゃあ嫌だっていえばいいんですか」

山城「はあ?!姉様のお膝を嫌がるなんて、あなたはやっぱり猫畜生の心しかないの?!」

提督「ああ、これ答えがないやつですね」

扶桑「こら、山城、大声出してはしたないわ。それに、提督を困らせないの」

山城「だって姉様聞いてください。この猫畜生、無害なふりして姉様を狙ってるって白状した…」

扶桑「山城!」

山城「は、はいっ!!えっ、姉様?」

扶桑「提督に向かって猫畜生とは、何て呼び方をするのかしら」

山城「だ、だって姉様、こいつが」

扶桑「言い訳は聞かないわ。はぁ…今日のお出かけも、無しにしますからね」

山城「そんな、姉様!?」

扶桑「反省するまで、口をききません。朝食も一人でとりますから」

山城「あ、あぁ…」

扶桑「提督、山城がとんだご無礼を。どうか、この愚妹を許してはいただけないでしょうか?」

提督「えっ?あ、はい、そんなに怒ってないので大丈夫ですよ」

扶桑「ありがとうございます。それじゃあ山城、よーく、自省するのよ」

山城「」



提督「あ、あの、山城、さん?大丈…」

山城「…ぅだわ」

提督「えっ?」





山城「やっぱり、黒猫なんて不幸だわ!」


5: 名無しさん 2018/06/14(木) 11:11:13.81 ID:MlWiPeWY0
≪美酒を求めて≫

ポーラ「ねえてーとくー、ポーラ、頼みがあるんですけどいいですか?」

提督「なんですか?」

ポーラ「この樽の上にのってくれませんか?ちょっとだけでいいんですけど~」

提督「樽の上に?はあ、いいですけど」

ポーラ「わあ!ありがとうございます~、ふふふ、これできっとおいしーいワインができます~」

提督「どういうことですか?」

ポーラ「ドイツ艦たちが言ってました。なんでも、黒猫が乗った樽のワインはおいしいそうです!」

提督「へえ、そうなん…、ん?できます?」

ポーラ「ふへへ、どれくらい熟成させようかな~、ポーラ、待ちきれませ~ん」

提督「あの、ポーラさん」

ポーラ「ん~?なんですかてーとくー、ポーラ、はやくワイン樽を移動させないと」

提督「そのワイン樽、どうしたんですか?」

ポーラ「えっ?これですか?えーっと、そのぅ…」

提督「確かこの国ではお酒はつくっちゃいけないはずです」

ポーラ「で、でも自分で飲む分には大丈夫っってちとせやじゅんよーが言ってました!」

提督「ワインは自分で飲む分でもつくっちゃだめです。捨ててください」

ポーラ「そ、そんなぁ、やです!」

提督「ザラを呼びますよ」

ポーラ「うっ、て、てーとくの鬼、悪魔!」

提督「黒猫です」



‐‐‐‐‐後日‐‐‐‐‐


ポーラ「ねえてーとくー、この樽にのってくれませんか?」

提督「また懲りずに貴女は、今度こそ本当にザラを…」

ポーラ「ふっふっふ~、ポーラ、ちゃーんと勉強しました~。うめーしゅなら、大丈夫だって聞いてますよ~」

提督「まあ法律上OKでも最近貴女は飲みすぎだからダメなんですけどね、没収です」

ポーラ「なっ、なんでですかぁ、てーとくの鬼、悪魔ぁ!」

提督「残念ながら黒猫なんですよねえ」


7: 名無しさん 2018/06/14(木) 12:01:38.85 ID:MlWiPeWY0
≪不参加≫

大淀「提督、質問があります」

提督「なんですか?」

大淀「なぜ我が艦隊は昨今に行われていた兵站物資奪還作戦に参加しなかったのでしょうか?」

提督「いまは戦力および資源の拡充が必要なんです。残念ながらそれ以外に気を回す余裕はありません」

大淀「納得できません!確かに我が艦隊は甲種勲章を有する歴戦の他鎮守府とは違いますが、それでも!」

提督「冬季の大型作戦で苦戦した記憶をもう忘れたんですか?」

大淀「でも特定の戦果を挙げた鎮守府には大本営より褒賞として特殊な兵装が授与されます。これは戦力の拡充では?」

提督「たった一つ二つの兵装で戦局が大きく変わることはありません。むしろ個々の艦娘の練度が重要です」

大淀「それならばどうして秋季のさんま漁支援作戦には参加したんですか?!あれも作戦内容はほぼ同じです!!」

提督「えっ?えっと、その…」

大淀「?!提督、まさか…」

提督「…貴女のような勘のいい艦娘は嫌いです」

大淀「なっ、やっぱりさんま食べたかっただけじゃないですか!?ちょっ、逃げないでください!提督!!提督!!」


9: 名無しさん 2018/06/14(木) 13:13:38.77 ID:MlWiPeWY0
≪もうすでに≫

提督「対空要因として初月の練度を、しかしそれでは資源が…うーん」

鹿島「なら遠征任務を燃料と弾薬に特化させたものに変更いたしますか?」

提督「ですが、それではボーキサイトがあまり増えません」

鹿島「確かに最近は基地航空隊との連携もあってボーキサイトの消費量が増えましたからね」

提督「大本営が資源の供給量に上限など設けるからこうなるんです」

鹿島「でも、限りある物資を平等に配分するにはこうするしかないかと思います」

提督「それはわかってるんですけどね。でもそのせいでこうして頭を悩ませるんです」

鹿島「兵站管理のための資料作成もしなきゃですしね」

提督「はあ…、はやく終わらせて日向ぼっこがしたい」

鹿島「駆逐艦の娘たちの相手もしなきゃいけませんしね、うふふ」

提督「…日向ぼっこの最中にもみくちゃにされるのは予定に入ってないです」

鹿島「でも嫌いじゃないんでしょう?」

提督「まあ、あまり構いすぎなければいいんですけど。毛並みが乱れるのはきらいです」

鹿島「うふふ、素直じゃない提督さん。うん!とにかく、早く今後の計画を立てなきゃ、ですね!」

提督「そうですね、まったく夏前は大型作戦の準備で忙しいです」

鹿島「あ!うふふ、うふふふふ!」

提督「急にどうしたんですか?」

鹿島「鹿島、この状況にぴったりな言葉を思いつきました!」





鹿島「まさに、猫の手も…」

提督「猫の手も借りたいとかいわないでくださいね」

鹿島「」

提督「…執務続けますよ」

鹿島「提督さんはいじわるです…」プクーッ

13: 名無しさん 2018/06/14(木) 14:13:08.07 ID:MlWiPeWY0
≪焼きいか≫

提督「」ジーッ

浜風「…だめですよ」モグモグ

提督「ちょっとなら大丈夫です」

浜風「しかし、いかは猫には有害と聞いてます。はむっ、んっ、与えないほうが無難とも」モグモグ

提督「でもとってもおいしそうです。ええ、とっても」

浜風「これは提督の身を案じての提案です。ご理解ください」モグモグ

提督「…乙改にするにあたって、かなりの時間と資源を浜風にさいてきました」

浜風「なっ?!お、脅す気ですか?」

提督「いいえ、べつにそんなことありませんよ。ただ事実を述べたまでです」

浜風「っ、そうですか」モグモグ

提督「…浜風はお祭り以降食いしん坊になりましたね。あと、ちょっとおしゃれになりました」

浜風「これまでの自分は私生活のほぼすべてを軍人としての責務を果たすために費やしました」ゴックン

提督「真面目な浜風らしいです」

浜風「ですが、その、最近は自分のために使うのも悪くないのではないかと、思えるようになりました」

提督「うんうん、好き勝手に生きるのはとっても大事です」

浜風「まるで猫みたいな意見ですね」

提督「猫ですから」

浜風「そうですね、あなたは猫でしたね」

提督「はい」ジーッ

浜風「はぁ…、わかりました。あなたには恩もあります。ちょっとだけですよ」

提督「やりました」






提督「…しょっぱくて食べられたもんじゃないです。まずい、うぇぇ」

浜風「だから言ったじゃないですか」ハァ…

15: 名無しさん 2018/06/14(木) 14:52:52.72 ID:MlWiPeWY0
≪初対面≫

多摩「軽巡、多摩です。猫じゃないにゃ」

提督「猫です」

多摩「にゃにゃ!?猫じゃないにゃ!」

提督「猫ですよ?」

多摩「だから、猫じゃないにゃ!」

提督「猫以外になにが…」

多摩「まだ言うのかにゃ!」

提督「何度でもいいますよ?」

多摩「もう、わからない提督だにゃ!猫じゃないっていってるにゃ!!」フシャー!!

提督「猫だっていってるんですけど!!」フシー!!

多摩「猫じゃない!」

提督「猫!」

多摩「違うにゃ!」

提督「猫です!」

多摩「猫です」

提督「猫じゃ…あれ?猫です!」

多摩「にゃにゃ?猫じゃないにゃあぁ!」






鳳翔「提督?さんまが焼けましたのでお持ちしましたよ」

提督・多摩「!?…さんま!!」

木曾(猫じゃねえか…)

16: 名無しさん 2018/06/14(木) 15:41:44.48 ID:MlWiPeWY0
≪寝子≫

朝潮「司令官、本日の予定された執務はすべて滞りなく完了しました」

提督「はい、お疲れ様です。今日はゆっくり寝てください」

朝潮「は、はい!お疲れ様でした!!」ウズウズ

提督「なにかありましたか?」

朝潮「いえ別になんでもありません!」

提督「なんだかウズウズしてますけど。まるで餌を前にした飼い犬みたいです」

朝潮「えっ?そんなことは…ない、です」

提督「そうですか」

朝潮「はい!」ウズウズ

提督「t…ちょっとだけですからね」

朝潮「あ、は、はい!ご厚意、感謝します!それでは朝潮の膝にどうぞ」





朝潮「司令官、最近毛並みが一段ときれいになりましたね」ナデナデ

提督「鳳翔のくれる餌がおいしいからですかね」

朝潮「とってもすべすべして、モフモフです!」

提督「朝潮もずいぶんなでるのが上手に、あふぅ…」ゴロゴロ

朝潮「眠たいですか?」

提督「はい、とっても」

朝潮「せ、僭越ながら、このまま寝ていただいてもいいでしょうか?」

提督「いいです、よぉ」クゥ…

朝潮「」ナデナデ





提督「それで、朝までなで続けてたんですか?」

朝潮「はい、申し訳ありません司令官。朝潮、いまとても眠い、です」

提督「…私はもうひと眠りしたいです。一緒に寝てくれませんか?」

朝潮「…はい」

19: 名無しさん 2018/06/14(木) 17:03:55.42 ID:MlWiPeWY0
≪灯台下暗し≫

青葉「こんにちは司令官。今日は取材活動へのご協力、感謝します!」

提督「しゅざいかつどうというのはよくわかりませんけど、よろしくお願いします」

青葉「いえいえ、難しいことじゃないんですよ。ただ青葉の質問に答えてくれるだけで結構です」

提督「そうなんですね。わかりました」

青葉「ではさっそく、んんっ、ズバリ!司令官にとって好きな艦娘っているんですか!?」

提督「好き?みんな好きですよ?」

青葉「あーそうじゃなくって、こう、なんだかこの娘気になるなあとか、ふと思っちゃう艦娘です」

提督「ふと思う」

青葉「はい!誰かいませんか?」

提督「んー、鳳翔ですね」

青葉「普段触れ合うことの多い鳳翔さん!やっぱり司令官としても…」

提督「今日の餌はなにかなあと、いつも考えてます」

青葉「デスヨネー、じゃなくって、餌はいったん置いといて!それ以外で!」

提督「それ以外…、愛宕や雲龍です」

青葉「お、おお?!意外なとこが来ましたね!ちなみになんでですか?」

提督「愛宕や雲龍は私が足元に来ても気づいてくれないんです」

青葉「はい?」

提督「他の艦娘は大体気づいてくれるんですけど、あ、アイオワや、最近だと浦風もですね」

青葉「んー、んー?ちょっと期待していたのと違う答えが」

提督「でもふと思ってますよ?」

青葉「司令官としてはそうなんでしょうけど」

青葉(というより、この組み合わせなんでしょう。戦艦、空母、重順、駆逐、艦種もバラバラ、性格的な共通点もなし)



提督「駆逐艦や大鳳や瑞鳳なんかはすぐ気づいてくれるのに」



青葉(えっ?足元、気づく…あっ)

青葉「あ、あー、そういうことですか。あー」

提督「どうかしましたか?」

青葉「司令官、いました話は、ほかの艦娘にはしないほうがいいですよ?」

提督「なんでですか?」

青葉「なんででもです、いいですね。これは一部の艦娘にとってはとっても残酷な話なんです」

提督「はぁ」