1: 名無しさん 2018/09/05(水)22:39:23 ID:ZSh
みほ「まさかこんなことになるなんて....」

西住家

しほ「まほ あなたモンストを知っていますか?」

まほ「はい たまにテレビのcmでみます あのパッパラパッパラ言ってる奴ですよね」

しほ「それはパズドラです」

まほ「それでそのパズドラがどうしたんですか?」

しほ「パズドラではありません...あのゲームに将来性はありませんから」

まほ「お母様!敵を作るような発言はやめてください!」

しほ「すいません では話を戻しますがモンストと言うのはなんとみんなで遊べるケータイゲームらしいのです」

まほ「最近のゲームはすごいですね」

しほ「あなたこのゲームを始めなさい」

まほ「なぜですか?」

しほ「まほ....あなたは学校で孤立してますね」

まほ「!?」

しほ「私に知らないことは何もないのです」

まほ「それとモンストに何の関係が!! モンスト をやれば友達ができるのですか!? 私が3年かけて手に入れられなかった物がケータイゲームで手に入るのですか!?」

しほ「手に入るわ モンストでマルチすればみんな仲良し 休日はみんなでキャンプよ まほは薪を集めなさい」

まほ「嫌です!私もテント組み立て係がいいです!」

・・・・・・・・・・

みほ「ってことがあって」

沙織「つまりどうゆうこと?」

みほ「お姉ちゃんがモンストを始めたんだけど部屋から出てこなくてなっちゃって」

引用元: ・みほ「お姉ちゃんがモンストにハマった」

2: 名無しさん 2018/09/05(水)22:49:49 ID:ZSh
麻子「これはあれだな 優等生の奴が悪い遊びを知って落ちていくパターンだな」

華「きっとお姉さんは西住流の厳しい教えにどんどんフラストレーションがたまって ケビンマスクのようにグレてしまったんでしょう」

優花里「それでは義姉さんは悪行超人になってしまうんですか!?」

沙織「そんなわけないでしょ!!もー!!」

沙織「それでモンストにハマってどうしたの?」

みほ「部屋から出てこないだけならまだいいんだけど」

みほ「クレジットカードの支払いが3桁万いっちゃってるんだ...」

みほ「だからなんとかして引っ張り出したいんだけど...手伝ってくれないかな?」

沙織「いいよ!友達の頼みだもん」

優花里「俺もいるぜ」

麻子「テリーマン!」

華「正義超人はお前だけじゃないんだぜ!」

沙織「はいはい くだらないことやってないで行くよ」

4: 名無しさん 2018/09/05(水)23:00:13 ID:ZSh
西住家

しほ「協力してくれてありがとう」

みほ「それでお姉ちゃんは?」

しほ「部屋に籠っている...私がモンストを進めたばっかり...まほは不器用な子でいつまでも友達ができないからこれならできるかもって」

・・・・・・・

まほ(小学生)「ザリガニ釣りに行かないか?」

まほ(中学生)「ザリガニ釣りに行かないか?」

まほ(高校生)「ザリガニ釣りに行かないか?」

・・・・・・・

しほ「このようにまほは何故かザリガニ釣りにばかり誘うからみんな離れていってしまったのよ...」

みほ「お姉ちゃん 戦車に乗ってるかザリガニ釣ってるかの二択だったもんね」

沙織「どんだけザリガニに執着してるの!?もうザリガニが友達じゃん!」

しほ「どうかあの子を救ってあげて」

まほの部屋

みほ「お姉ちゃん...出てきてー」

まほ「すまんな...いまニライカナイが降臨してるから後にしてくれ」

華「実の妹よりモンストを選びましたよ」

みほ「・・・・・・・」

沙織「めちゃくちゃショック受けて黙っちゃったよ!!」

5: 名無しさん 2018/09/05(水)23:17:35 ID:ZSh
麻子「私に手がある」

優花里「流石学年主席ですね!」

麻子「私は神化乙姫を持っている!」スマホ掲げ

沙織「あんたもモンストやってるの!?」

麻子「ああ...こんな時の為にな」

沙織「絶対嘘だよ!!目が泳いでるし口笛吹いてるし!」

沙織「若干可愛いのがムカつく!!」

華「私も神化ロビンフットを持っています」

沙織「華も!?」

華「はい この日の為に」

沙織「絶対嘘でしょ!!麻子と同じ顔してるもん!!可愛いな!このヤロー!!」

麻子「というわけだ入れてくれ」

まほ「入れ....」

優花里「二人が入っていきましたよ きっと二人なら連れて帰ってくれます!信じましょう!」

沙織「部屋の中から声が聞こえる...」

まほ「じゃあ私が最初はホストするから」

麻子「わかった」

華「神化ロビンフッドで入りますね」

麻子「五十鈴さん...他にキャラはいないのか?」

華「ロビンフッド神化はニライカナイに行けると思いますけど」

麻子「ふっざけんな!GameWithでsランじゃないキャラに人権はないんだよ!」

麻子「蒲公英かナイチンゲール連れて来いや!!」

華「それは麻子さんがキャラ性能に頼らないとクリアできないクソ雑魚ナメクジだからですよ」

6: 名無しさん 2018/09/05(水)23:27:13 ID:ZSh
麻子「あぁ?」

華「あぁ?」

まほ「お、おちつけ ほらメダル使うからドロップ増やすから」

沙織「なんかお姉さんそっちのけで喧嘩始めたけど!?」

沙織「お姉さんフォローしてるし!!」

優花里「武部殿!!西住殿の身体から魂が!」

沙織「詰め込んで戻しといて!」

麻子「まぁメダル使ってくれるなら」

華「ここは手打ちにしましょう」

まほ「ほっ」

3時間後

沙織「そろそろ出てきてよー」

麻子「嫌だ!私たち戦車道モンスト部はここから出ないぞ!」

華「帰ってください!」

沙織「ミイラ取りがミイラになった!?何やってんのあの二人 なに部活的なのつくっちゃってるの!?」

沙織「部屋に引きこもる部活とか最低の青春だよ!」

沙織「便所飯する高校生と同じレベルだてば!!」

優花里「武部殿!!西住殿っぽい人の魂が!」

沙織「ぽいってそれみぽりんじゃないじゃん!ほっときなよ!」

2時間後

みほ「出てこないね」

優花里「こうなれば奥の手です 爆破しましょう」

沙織「はっ?爆破??え?」

7: 名無しさん 2018/09/05(水)23:37:42 ID:ZSh
優花里「既にモンスト部の部室はダイナマイトで包囲しておきました」

沙織「ちょっとまって!!それ私たちも死んじゃうから!」

優花里「大丈夫です!たとえ爆破しようとも 西住殿の家は来週には戻ってるし 私たちは黒焦げとアフロになるだけです!」

みほ「いいよ...優花里さん やっちゃって」

沙織「みぽりん!!目からハイライトが!悲しみの向こうへ行きそうな顔してるよ!!」

みぽ「誠君の為なら」

沙織「誰!?誠君って誰!?男の子?紹介して!!」

優花里「行きますよ!!ボンバー!!」

ドカーン!!

西住家跡地

まほ「私の家が....部屋が...」

麻子「友情コンボ 大爆発だな」

華「座布団一枚ですね」

沙織「あげなくていいから!!全然上手くないから!!」

8: 名無しさん 2018/09/05(水)23:47:00 ID:ZSh
しほ「大丈夫よ 来週には元に戻るわ」

まほ「お母様...私は...」

しほ「家は直るけどクレジットカードの支払い分はバイトして返して頂戴」

まほ「えっ.....」

みほ「ありがとう みんなもう帰ろう」

沙織「いいの?お姉さんと話さなくて」

みほ「いいの...あの人は私よりモンストを選んだから」

沙織「引きずってるんだね....」

・・・・・・・

みほ「さて来週の西住さんは」

みほ「みほです えっと次回予告とか初めてだから不安だけど頑張ります」

みほ「来週はお姉ちゃんがバイトを始めたりYouTuberを目指したりするらしいです」

みほ「さて次回は」

まほ すき家で初アルバイト
まほ YouTuberへ
まほ 今度はパズドラに

みほ「来週もまたみてくださいね」