1: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:17:40.818 ID:ZRsECZ2zM
妹「兄さんのためならなんだってします」

引用元: ・妹「兄さん、>>5して欲しいんですか…?」

5: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:18:40.927 ID:RghphOy7a

7: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:21:00.495 ID:ZRsECZ2zM
妹「兄さん‥それが兄さんの望みなら…」

妹「どうやって殺してほしいんですか…?」

兄「>>12

12: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:22:56.941 ID:VytuuH3ga
一緒に死のう

14: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:27:37.814 ID:ZRsECZ2zM
妹「…」

妹「そうですよね…私たち今まで生きててもなーんにもいいことありませんでしたしね…」

妹「だったらいっその事、ともに死ねる事が唯一のすくいなのかもしれませんね…」

妹「兄さん…私たちあの>>17が起きてから時間がとまったまま‥」

17: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:30:26.018 ID:En7vKG+pp
イキリ骨太郎の大虐殺

18: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:34:48.030 ID:ZRsECZ2zM
~5年前~
妹「お兄ちゃん!次の日曜日暇?」

妹「えぇ~…偶には一緒におでかけしようよぅ」

母「ほんと妹ちゃんはお兄ちゃん子ねぇ」

どこーん!!

イキリ骨太郎「てやんでぃ!>>23

23: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:47:41.921 ID:v+wkwmkX0
スマホ太郎の奴はどこだ?

25: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:54:42.712 ID:ZRsECZ2zM
母「!?!?」

妹「この人だれ??」

イキリ骨「俺にはちゃーんとわかってるんだぞ?」

骨「さぁ、スマホ太郎を渡してもらおうか…」

妹「?」

母「兄っ!妹っ!逃げて!!」

妹「おかーさん?」

母「いいからッッ!早く裏口から逃げるのよッッ!!」

妹「う、うん、」ダッ

骨「おぉっーと、そうはさせねぃぜぇ?」


兄「>>27

27: 名無しさん 2018/09/27(木) 20:56:39.994 ID:vzZWt8bSM
瞬獄殺

28: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:04:48.023 ID:ZRsECZ2zM
骨「!!!」

暗転ー
ドカァ!バキィ!ドカァ! 

ケーオーッッッッッ!!

骨「グばぁァグバァグバァ…ァ‥」ドサッ

妹「?!?!」

母「あぁ‥兄‥そんな…遂に"力"に目覚めてしまったのね…」

妹「お母さん‥?どういうことなの‥」

母「仕方ないわ‥兄、いい?よく聞いて」

母「あなたはね>>30なのよ」

30: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:06:35.591 ID:6vp+lJxq0
デスマ次郎

32: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:21:36.114 ID:ZRsECZ2zM
妹「そ、そんな…」

妹「兄さんがデスマ次郎…?」

妹「そ、そんなの嘘よ!兄さんはデスマ次郎なんかじゃない!!」

母「ごめんなさい‥今まで隠してて」

母「いつかはこうなる日が来るって分かってた‥父のようにね…」 

妹「と、父さんは浮気してお母さんに訴えられて、慰謝料と教育費を払うために中国に売り飛ばされたんじゃ‥!?」

母「それはあなた達が真実を知って傷つかないための嘘…」

母「…あなた達のお父さんはね…実はデスマ太郎だったのよ‥」

母「私はただ機関から命じられて母親役をしてただけ‥」

妹「そ、そんな…」
 
母「本当はね、あなた達を傷つけないようになんて嘘…」

母「私には家族がいなかった…こんな役回りできっこない、何度もそう思ってた…」

母「あなた達を捨てて逃げ出そうと何回も考えてたのよ‥」

母「でもね、きっと、あなた達と暮らしてる内にどうにかなってしまったのね…」

母「気づいたら機関からあなた達を機関から奪って逃げ出してたわ」

母「でも、もう家族ごっこも終わりね‥」

母「さぁ…兄、もうあなたを止める人はいない!あなたはあなたの使命を果たして!あなたが私を母として見てくれているなら‥行くのよ兄!!」

妹「兄さん…!>>35

35: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:31:58.688 ID:aaL1Qg+/0
私たちを騙してたこの売女ぶっ殺そう

36: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:41:04.651 ID:ZRsECZ2zM
母「え?」

妹「…」

母「い、妹ちゃん…?」

妹「お兄ちゃんは誰にも渡さないお兄ちゃんは誰にも渡さないお兄ちゃんは誰にも渡さないおにいちゃんおにいちゃんオニイチャンオニイチャン」包丁トリダシー

ヒュングサー

母「」

妹「おにいちゃん‥おにいちゃん!これでお兄ちゃんと私を邪魔しようとしたクソアマはぶっ殺したよッ!!」ハァハァ

妹「おにいちゃん‥これでおにいちゃんとこれからも一緒にいられるね」ニコッ

妹「おにいちゃん…でも、もうここにはいられないみたいだね」

妹「一緒逃げよ?」

兄「>>37

37: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:42:00.772 ID:wBudUxwJa
お前はもう妹じゃない
人ですらない

39: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:50:52.923 ID:ZRsECZ2zM
妹「どうして?どうしておにいちゃんどうしてわたしたちをじゃまするものはわたしがころしたよ?」


妹「わたしはおにいちゃんといっしょにいられれればシアワセ」


妹「おにいちゃんもそうでしょおにいちゃんもそうでしょおにいちゃんもそうでしょおにいちゃんもそうでしょおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん
おにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃんおにいちゃん」



妹「どうしてわかってくれないの?」包丁トリダシー

兄「>>41

41: 名無しさん 2018/09/27(木) 21:55:20.098 ID:ELeTWRsv0
エクスペクト・パトローナム

43: 名無しさん 2018/09/27(木) 22:01:22.876 ID:ZRsECZ2zM
no title

44: 名無しさん 2018/09/27(木) 22:05:28.610 ID:ZRsECZ2zM
デスマ太郎「私のかわいい子供たちよ…やめなさい‥」

太郎「妹よ‥兄と居たい気持ちはよくわかる‥しかし、兄は‥デスマ次郎はSEの道へと旅立つしかないのだ…」

太郎「これは定められた運命なのだよ」


太郎「さぁ兄‥我と共に行こう‥デスマーチへと」

兄「>>45

45: 名無しさん 2018/09/27(木) 22:11:56.063 ID:aaL1Qg+/0
いやだ働きたくないでござる

46: 名無しさん 2018/09/27(木) 22:34:55.642 ID:ZRsECZ2zM
父「甘えたこと言ってないでさっさと行くぞ!」グイグイ

父「大丈夫!ウチはみなし残業だ!!ニィ」

妹「おにいちゃん!!」包丁トリダシー

父「わわっ!危ない!」ヒョイー


アニニグサ−

妹「え?」

妹「おにいちゃん‥?」カラン

妹「おにいちゃん?」

妹「おにいちゃん?ウソだよね?」

ぽたっ‥ぽたっ‥

47: 名無しさん 2018/09/27(木) 22:35:44.293 ID:ZRsECZ2zM
~5年後~
病室

…ピッ‥ピッ‥ピッ‥ピッ‥

妹「兄さん、私」

妹「兄さんのためならなんだってします」

兄「」シューシュー

妹「わかりました…」

妹「兄さん‥それが兄さんの望みなら…」

兄「」シューシュー

妹「…」


妹「兄さん…私たちあの時から私たちの時間は‥」

妹「兄さん、私‥‥兄さんのことが‥いえ」
 


妹「おにいちゃん」


「一緒に死のう?」


兄「」シュー


妹「‥‥」


グサッ

ピーーーー

おわり