1: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:08:49.66 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「地下室?」

阿笠「驚いておるじゃろう、一瞬で大阪から移動したのじゃからな。」

上戸彩「あなたは・・一体・・・。」

阿笠「覚えておらんか、以前君が主演を務めた、女子高生探偵ユキの事件簿の作者・・・。」

上戸彩「工藤優作・・・。」

阿笠「彼の家の隣に住んでる、天才科学者じゃよ。」

上戸彩「・・・思い出したわ。それで、目的は何なの?」

阿笠「なに、単純なことじゃ、君にわしの妻になってもらおうと思っての。」

上戸彩「妻?」

阿笠「うむ、恥ずかしながらまだ独身、童貞でのう、そこで結婚することにしたんじゃ。」

引用元: ・上戸彩「ここは・・・。」 阿笠「地下室じゃ・・・。」

2: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:10:11.44 ID:jW/fl6OEO
阿笠「美しい女性を妻にすることは男の夢。上戸さん、いや彩、わしの願いを叶えてくれ。」

上戸彩「誰がそんな身勝手を聞くもんですか!」

阿笠「ふむ・・・仕方ないのう・・・。」

ポチッ

上戸彩「何?壁が!?」

阿笠「隣の部屋とはガラス一枚で隔たれておる。よく見えるじゃろう?」

上戸彩「・・・これは!?」

3: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:10:43.27 ID:jW/fl6OEO
コナン「くそっ、おい博士!何やってんだ!」

元太「ここから出せよ!」

歩美「お願い!」

光彦「出してください!」

哀「ちょっとあれ、上戸彩じゃない!?」

阿笠「どうじゃ、かわいい子供たちじゃろう。」

上戸彩「そうね、あの子たちを閉じ込めているようだけど。」

阿笠「人質じゃよ。」

4: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:11:10.00 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「人質ですって?」

阿笠「そうじゃ、君がわしの言うことを聞かんのであれば、あの子たちを殺す。」

上戸彩「なっ!?」

コナン「おい博士、何の冗談だ!」

哀「博士!!」

阿笠「ちょっと静かにしてくれんか、今大事な話をしとるんじゃ。」

ポチッ

コナン「ぐあああああ!!!!」

上戸彩「!?」

阿笠「いまメガネの子に電流を流した。」

上戸彩「ひどい・・・。」

5: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:11:43.72 ID:jW/fl6OEO
阿笠「メガネの子・・・誰か覚えておるか?」

上戸彩「確か・・・蘭ちゃんと一緒に住んでるっていう・・・。」

阿笠「そう、蘭君の弟みたいなものじゃ。」

阿笠「あの子を苦しめたいかね?」

上戸彩「・・・そんなの・・・。」

阿笠「さあ、わしの妻になれ・・・。」

上戸彩(ここはとりあえずイエスと答えておく方が良さそうね。)

上戸彩「分かったわ、あなたの妻になります。」

6: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:12:12.55 ID:jW/fl6OEO
阿笠「ほほほ、そうか!」

上戸彩「だから、子供たちを解放して!」

阿笠「いやいや、まだじゃ。」

上戸彩「!?」

阿笠「夫婦とは口約束だけでなるものじゃない、そうじゃろう?」

上戸彩(一体何を・・・。)

阿笠「ここに婚姻届がある、サインとハンコを頼む。」

上戸彩「・・・ごめんなさい、ハンコは今無いの、家に帰らせてくれる?」

阿笠「おっと、わしとしたことが・・・。」

元太「そうか!帰るふりして警察に話すつもりなんだな!」

7: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:12:46.03 ID:jW/fl6OEO
光彦「元太君!」

元太「え?」

阿笠「ふふふ、そんなことは分かっとるよ。」

阿笠「取りに行かせるのは、子供の中の一人じゃ。」

上戸彩「そんな!?」

阿笠「ではコナン君、行ってもらえるかの?」

コナン「・・・・・・。」

阿笠「彩、鍵を・・・。」

上戸彩「気安く名前を・・・。」

阿笠「鍵!」

上戸彩「・・・これよ。」

8: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:13:16.13 ID:jW/fl6OEO
阿笠「さてコナン君、ガラスの壁の上の方に、小さな穴があるじゃろ?そこから鍵を入れる。」

コナン「・・・・・・取ったぜ。」

阿笠「さあ、今すぐ彩の家に行ってハンコを取ってくるのじゃ。」

コナン「だけど、住所が分からねえよ。」

阿笠「彩。」

上戸彩「・・・東京都・・・区・・・。」

9: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:13:43.46 ID:jW/fl6OEO
阿笠「では、頼んだよ。変なことをすればあの子たちの命は無いと思え。」

コナン「くそっ!」

上戸彩(後はあの子が警察を呼んでくれれば・・・。)

阿笠「さて、婚前交渉は好きじゃないんじゃが・・・。」

上戸彩「交渉?」

阿笠「わしの童貞をもらってくれるか?」

上戸彩「嫌よ!絶対嫌!」

阿笠「なら仕方が無いの~。」

光彦「あぎゃあああ!!!」

10: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:14:20.22 ID:jW/fl6OEO
阿笠「言ったじゃろう、わしの言うことを聞かねば、子供たちは殺す。」

上戸彩「・・・・・・。」

阿笠「では、服を脱いでくれ・・・。」

上戸彩「・・・うっ・・・うっ。」

阿笠「泣くほど嬉しいか、そうかそうか。」

上戸彩「最低!」

阿笠「何じゃ?」

ポチッ

元太「ぎゃああああ!!!!!」

上戸彩「やめて!!」

11: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:14:48.60 ID:jW/fl6OEO
阿笠「なら早くするのじゃ。」

上戸彩「分かったわよ・・・。」

阿笠「・・・遅いのう。」

ポチッ

上戸彩「服が!?」

阿笠「面倒じゃから、スイッチで消しておいたわい!」

上戸彩「スイッチ・・・。」

阿笠「恥じらいながら脱ぐのを見るのも楽しいがの~!」

上戸彩(そういえば・・・さっきからスイッチで変なことを・・・。)

阿笠「さてと、哀君、カメラを持ってこっちに来てくれんか。」

哀「・・・・・・。」

阿笠「哀君。」

哀「分かったわ。」

12: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:15:25.52 ID:jW/fl6OEO
阿笠「それでは哀君、彩の痴態を撮影しておいてくれよ。」

阿笠「彩、しゃぶってくれるか。」

上戸彩(気持ち悪い・・・。)

阿笠「早くせんか。」

上戸彩「はい・・・。」

阿笠「何か変なマネをすれば、このスイッチで・・・。」

上戸彩「もらった!」

阿笠「ぬう!?」

13: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:15:59.56 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「スイッチもらったわよ!」

阿笠「彩、返しなさい!」

上戸彩「このスイッチで子供たちを苦しめていたのね!」

上戸彩「大丈夫よ!こんなスイッチ・・・こうよ!」

ガシャン!

阿笠「ああっ!スイッチが!!」

上戸彩「さあ哀ちゃん!もうカメラを止めて!」

哀「うん!」

阿笠「許さんぞ!!!」

光彦「観念しなさい博士!」

元太「そうだ!スイッチが無ければただのジジイだ!」

14: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:17:28.78 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「お年寄りに暴力は振るいたくないけど、あなたは人じゃないわ!」

阿笠「やってくれたの~!」

上戸彩「覚悟しなさい!!」

ジョロロロ・・・

上戸彩「・・・え?」

元太「・・・おしっこだ。」

光彦「・・・おしっこしてる。」

歩美「・・・上戸彩がおしっこしてる。」

上戸彩「何で・・・止まらない!?」

15: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:18:03.38 ID:jW/fl6OEO
阿笠「くくく・・・。」

上戸彩「一体どうして!?」

阿笠「スイッチじゃよ。」

上戸彩「そんな、さっき壊したはず!」

哀「これよ。」

上戸彩「そんな!?」

哀「びっくりした?まさか味方に裏切られるなんて思ってなかったでしょ。」

光彦「灰原さん!」

元太「どうしたんだよお前!」

哀「私はね、こっち側なのよ。」

上戸彩「そんな・・・。」

16: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:18:39.85 ID:jW/fl6OEO
哀「そうそう、カメラも止めてないから、あなたの放尿シーンもばっちり撮れてるわよ。」

上戸彩「何で・・・。」

哀「ふふふ、さて、どうしてかしらね・・・。」

上戸彩「・・・分かったわ、弱みを握られているのね!」

阿笠「ほほほ、そろそろしゃぶってくれんかの、風邪をひいてしまうわい。」

上戸彩「嫌よ!」

阿笠「哀君。」

哀「ええ。」

ポチッ

17: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:19:11.59 ID:jW/fl6OEO
光彦「あぎゃああああ!!!!」

元太「うがあああああ!!!」

歩美「いやああああ!!」

上戸彩「やめて!分かったから!」

阿笠「しゃぶれば止めるぞ。」

上戸彩「・・・・・・。」

パクッ

阿笠「むほ~~!!!」

哀「排尿しながら男性器を口に含む、無様ね。」

18: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:19:47.97 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「はやふほめへ・・・。」(早く止めて・・・。)

阿笠「哀君。」

哀「ええ。」

ポチッ

光彦「はあ・・・はあ・・・。」

元太「うう、ごめんよお・・・。」

歩美「私たちのために・・・そんな汚いものを・・・。」

阿笠「おしっこプレイはもういい、他には無いのか。」

哀「そうねえ・・・。」

19: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:20:24.06 ID:jW/fl6OEO
哀「これなんかどう?性欲を高めるスイッチ。」

阿笠「いいのう!すぐに使ってくれ!」

ポチッ

上戸彩「んん!?」

哀「あら、今度はおしっこの代わりに別の汁が出てきたわよ。」

阿笠「効果テキメンじゃ!」

上戸彩(どうしたの・・・私・・・。)

20: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:20:53.25 ID:jW/fl6OEO
阿笠「さてと、お待ちかねの挿入じゃ・・・。」

上戸彩「嫌!やめて!」

ボカッ

阿笠「痛っ!!」

上戸彩「いい加減にして!」

阿笠「・・・血が出とる。」

哀「・・・あら、ひどいことするわね。」

阿笠「言うことを聞かんと殺す、そう言ったじゃろ?」

阿笠「分かっておらんようじゃの。」

21: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:21:24.98 ID:jW/fl6OEO
阿笠「一人殺して見せようか。」

上戸彩「!?やめて!!」

阿笠「哀君、スイッチを。」

哀「どうぞ。」

阿笠「いくぞ、スイッチオン!」

上戸彩「やめてぇ!!」

ポチッ

光彦「いぎゃあああああああああ!!!!!!!!!!」

阿笠「ふむ、光彦君が死ぬか。」

22: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:22:02.96 ID:jW/fl6OEO
光彦「ぎゃああああああ!!!!!!!」

上戸彩「お願いやめて!」

阿笠「どうしようかの~!」

上戸彩「何でもするから!!」

阿笠「そうか、何でもか、では自分から挿入してわしをイかせてくれ。勿論中出しじゃ。」

上戸彩「そんな・・・中で出したら・・・。」

阿笠「では光彦君を見殺しにするんじゃな。」

上戸彩「・・・うう・・・。」

光彦「あああああああ!!!!!!!!!」

23: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:22:35.81 ID:jW/fl6OEO
阿笠「まったく、泣くのもいい加減やめてほしいの~。」

哀「老人にまたがる大女優、面白いわね。」

上戸彩「・・・んっ!」

ズブズブ・・・

上戸彩「んんっ!?」

阿笠「性欲を高めていたせいか、わしより先にイったか。」

上戸彩(何で私・・・こんな・・・。)

阿笠「ほれ動かんか、でないと光彦君が死ぬぞ?」

上戸彩「ううっ・・・。」

24: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:23:05.52 ID:jW/fl6OEO
ドピュッ

阿笠「おお、気持ちよかったわい。」

上戸彩「早く・・・止めて・・・。」

阿笠「いいじゃろう、ほれ。」

ポチッ

光彦「」

歩美「光彦君?」

元太「おい光彦!」

上戸彩「はあ・・・はあ・・・。」

阿笠「どうじゃ、光彦君?」

光彦「・・・話が・・・違う・・・。」

上戸彩「えっ?話?」

歩美「光彦君!」

元太「光彦!」

光彦「うっ!!」

25: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:23:34.41 ID:jW/fl6OEO
元太「おいどうした光彦!」

歩美「光彦君・・・息してない・・・。」

元太「はあ!?」

上戸彩「そんな・・・。」

阿笠「せっかく中出しまでさせたのに、報われないものじゃのう。」

上戸彩「あんたねえ・・・人の命をなんだと!!」

阿笠「おっと、まだ人質はいるんじゃぞ?」

上戸彩「はっ!?」

阿笠「あの2人の命を助けたければ、後10回中出しさせるんじゃ。」

上戸彩「10回も!?」

阿笠「嫌か?なら・・・。」

上戸彩「分かったわよ!!」

26: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:24:02.07 ID:jW/fl6OEO
阿笠「ほれ、四つん這いになるんじゃ。」

阿笠「ほほほ、きれいな尻じゃな。」

阿笠「どうしてほしいか言ってみなさい。」

上戸彩「・・・・・・。」

阿笠「・・・言わんなら。」

上戸彩「いっ、挿れてください!」

阿笠「それからどうしてほしいんじゃ?」

上戸彩「・・・奥を・・・かき回してください・・・。」

阿笠「いいじゃろう。」

哀「面白いのが撮れそうね。」

阿笠「そうじゃ、イきそうになったときは、毎回イクッって言うんじゃぞ?」

上戸彩「はい・・・。」

27: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:24:36.57 ID:jW/fl6OEO
1時間後

阿笠「うむ、色々試してみたが、寝バックが一番イっておるの~。」

上戸彩「イクッ!!イクッ!!イクゥッ!!!」

哀「ホント、下品なメスね。」

上戸彩(後1回で・・・あの子たちの命は・・・。)

歩美「彩さん!負けないで!!」

元太「俺がそっちに行って、博士をぶっとばしてやる!!」

阿笠「勇ましいの~!」

上戸彩(早く出して!!)

阿笠「むお!」

ドピュッ

上戸彩(やった・・・出た・・・。)

阿笠「ふう・・・。」

28: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:25:04.61 ID:jW/fl6OEO
哀「おめでとう。」

阿笠「おめでとう。」

上戸彩「うるさい!!」

阿笠「さて、約束通りあの2人は助けよう。」

上戸彩「良かった・・・。」

歩美「彩さん・・・。」

元太「・・・・・・。」

上戸彩「大丈夫よ・・・私がいる限り・・・あなたたちは私が守るから・・・。」

29: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:25:31.55 ID:jW/fl6OEO
阿笠「さて、コナン君はどうするかの~。」

上戸彩「!?」

哀「中出し10回で助かるのは、小嶋君と歩美ちゃんの命だけ。江戸川君は含まれてないわ。」

阿笠「哀君、コナン君に連絡してくれんか。」

哀「ええ、探偵団バッジですぐに。」

ピピピ

阿笠「もしもし、わしじゃよ。」

コナン「博士!みんな無事なんだろうな!?」

阿笠「それよりもコナン君、スケボーは持って行っておるかね?」

コナン「はあ?そりゃ急いでんだから当たり前だろ!!」

阿笠「よし、もういいぞ。」

コナン「おい博士!!」

プツッ

30: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:25:59.18 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「何をしたの?」

阿笠「コナン君のスケボーには、爆弾を仕掛けてあるんじゃ。」

上戸彩「爆弾!?」

阿笠「それを爆破させるスイッチはここにある。」

上戸彩「!!」

阿笠「おっと、これは解除のスイッチにもなっとるんじゃ。壊してはいかん。」

哀「スイッチを奪おうなんて考えないことね。下手に扱って爆破するかもしれないし。」

上戸彩「・・・どうすればいいの?」

阿笠「そうじゃのう、もうわしは出し切ったから・・・自慰でもしてもらおうかの。」

31: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:26:26.17 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「・・・それで爆破は止めるのね?」

阿笠「うむ、コナン君が帰ってくるまで続けられていたら、帰ってきたタイミングで解除しよう。」

上戸彩「分かったわ。」

クチュクチュ

哀「あら、あっさりするのね。」

上戸彩「私なんかのプライドよりも、子供たちの命の方が大事よ。」

阿笠「ええの~それでこそわしの妻じゃ!」

上戸彩(負けない・・・私は屈しない・・・。)

32: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:26:56.23 ID:jW/fl6OEO
1時間後

コナン「博士!!」

阿笠「おお、おかえりコナン君。」

上戸彩「コナン君!!」

クチュクチュ

コナン「うわwwwwマジでオナニーしてるwww」

上戸彩「え?」

コナン「おい博士wwwやったなwww」

阿笠「すごいじゃろ!!!」

33: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:27:25.02 ID:jW/fl6OEO
上戸彩「どういうこと・・・?」

歩美「ちょっと!まだネタばらししてないんだから!」

元太「そうだぞ!!」

コナン「そうなのかwww悪い悪い!!」

上戸彩「え?え?」

哀「分からない?江戸川君もグルなの。小嶋君も、歩美ちゃんもね。」

上戸彩「じゃあ・・・私・・・。」

元太「俺たちのために博士から中出しされてて、気持ち悪い~!」

歩美「マジでメス豚ごときが人間様と同等だと思ってんじゃねえよ!!」

上戸彩「あ・・・あ・・・。」

34: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:27:51.11 ID:jW/fl6OEO
コナン「そうそう、さっき変声機を使って、色んなところに電話したから。」

上戸彩「変声機?電話?」

コナン「うん、ちょっとお休みするってね。」

阿笠「まあ怪しく思って捜索しても、大阪から東京に一瞬で来るとは、誰も考えんよ!!」

コナン「そりゃそうだwwwww!!!」

上戸彩「」

コナン「おい博士!俺にもヤらせてくれよwww」

阿笠「いいじゃろう!!好きに使え!!!」

上戸彩「いや・・・いやあ・・・。」

阿笠「出産するまでここにいてもらうぞ~!」

35: 名無しさん 2018/09/02(日) 18:28:33.67 ID:jW/fl6OEO
こうして、上戸彩は阿笠博士の手に落ちた。

西の高校生探偵が彼女を救い出すのは、また別のお話・・・。



おしまい

36: 名無しさん 2018/09/02(日) 19:56:03.80 ID:jW/fl6OEO
こうして、上戸彩は阿笠博士の手に落ちた。

西の高校生探偵が彼女を救い出すのは、また別のお話・・・。



おしまい