1: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:54:12 ID:2Pt.x6yQ
(以下 ヤンデレ)↓

ヤンデレ「フン!!」バシッ

男「いってーー!? なんだよ......」

ヤンデレ「人が相談してるのに否定から入るなー!!」

男「たくっ、お前が相談なんて珍しいこと言うから何かと思えば...女らしくなりたいだと?」

男「なら敢えて言わせてもらうが」

ヤンデレ「!!」

男「まずその普段着だ! なんだトラックの運ちゃんが着てるようなジャンバーは! しかも背中に虎の絵!!」

ヤンデレ「こ、これは親父が......誕生日に...」

引用元: ・ヤンキーデレ「女らしくなりたい」男「無理じゃね?」

2: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:54:53 ID:2Pt.x6yQ
男「そしてその短くしたスカート!! 見せたがりかはしたない!!」

ヤンデレ「こ、こっちの方が動きやすいんだよ!!」

男「そしてその金髪ロングヘアー!! 校則違反だぁ!!」

ヤンデレ「これは地毛だぁーー!!」

男「良いかヤンデレ?日本の女性らしさと言うのはだな、儚げ且つお淑やか、黒髪と相場は決まってるんだ!! そして服装はそんな露出はしなーい!!」

ヤンデレ「うぅ......」

男「ましてやすぐ手を挙げてるようじゃ、女らしさなんて夢のまた夢だ、OK?」

ヤンデレ「う、うるさい!! そんなに言うんだったらアンタが私にアドバイスしなさいよ!!」

男「ええー......」

ヤンデレ「露骨に嫌な顔すんな!!」

3: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:56:06 ID:2Pt.x6yQ
男「だってお前三日坊主じゃん? ダイエットするって言って三日しかもたなかったじゃん?」

ヤンデレ「こ、今回こそは本気だから!!」

男「.........まぁ仮にも幼馴染だし手伝ってやるよ......」

ヤンデレ「やった! それで? 最初はどうすればいいの?」

男「まずはお前がどういう女性になりたいかだな、理想像とかないのか?」

ヤンデレ「............」

男「って、何も考えてないんかい」

ヤンデレ「い、今考えてるわよ!!」

4: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:56:39 ID:2Pt.x6yQ
男「ノープランね、分かった」

ヤンデレ「だったら......あ、アンタの理想の女性ってどんな子よ!!」

男「俺?」

ヤンデレ「そうよ!」

男「さっき言ったとうりの女性だけど......」

ヤンデレ「.........じゃあ、それ目指すわ」

男「え」

ヤンデレ「なによ文句あるの?」

男「ないけどさ......」

ヤンデレ「じゃあ良いわよね、今に見てなさいよ!」

男「(まぁ、すぐに諦めるか......)」

5: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:57:11 ID:2Pt.x6yQ
と、思っていた時期が男にもありました


あの一件からヤンデレは変わった


髪を黒く染め

男「更生したなー」

ヤンデレ「変な言い方するな!」


服装も落ち着き


教師「ヤンデレさん、ついに更生してくれたんですね......」

ヤンデレ「だから何も悪さしてないでしょうが!!」

6: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:58:10 ID:2Pt.x6yQ
言動も随分と柔らかくなった


モブ女「ヤ、ヤンデレさん?」

ヤンデレ「ん? どうしたの?」

モブ女「あ、あの......日直の日誌を......」

ヤンデレ「あ、ごめんね! 忘れてた......わざわざ持ってきてくれてありがとう」ニコッ

モブ女「!? は、はいぃぃ!」

ヤンデレ「そんなに驚かなくても......」


男「(ヤンデレ今回は本気なんだな......もうこれは変身だぞ)」


ーーーーーー
ーーーー
ーー


ヤンデレ「ふ、どう? 少しは理想に近づいたんじゃない?」

男「ああ、正直見違えた。最初はすぐ終わるだろうって思ってたんだけど、予想の斜め上で驚いてる」

ヤンデレ「私だって本気を出せばこんなもんね」

7: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:58:46 ID:2Pt.x6yQ
男「しっかし本当前とは大違いだ、でも何で突然女らしくなりたいって言ってきたんだ?」

ヤンデレ「そ、それは......」ギクッ

男「まぁ言いたくないなら別に良いぞ?」

ヤンデレ「!! す、好きな人が出来たんだよ......///」

男「ほぉー、お前がなー」

ヤンデレ「真面目に聞きなさいよ......」

男「素に戻ってるぞ......」

ヤンデレ「っ、ごほん......それで好きな人ができたから女らしくなりたかったの」

男「成る程な......まぁ相談された癖に何もできなかったけど、今のヤンデレなら大丈夫だと思うぜ?」

8: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:59:18 ID:2Pt.x6yQ
ヤンデレ「そう......かな?」

男「うんうん、俺だったら彼女にしたいくらいだよ」

ヤンデレ「ほ、ほんと......?///」ズイッ

男「どうした? 急に近づいてきて......」

ヤンデレ「............///」ジー

男「......そんなに見られると恥ずかしいんだけど......」

ヤンデレ「!! ご、ごめん......」

男「(やっべ......俺の言ったとうりにコイツ女らしくなったから......可愛い......)」

9: 名無しさん 2018/09/01(土) 18:59:55 ID:2Pt.x6yQ
ヤンデレ「......ねぇ、男?」

男「! なに?」

ヤンデレ「あ、あのさ.........私の好きな人が男だったら......どうする?」

男「............ぇ」

ヤンデレ「あ、あんたが......好きだから......好みの女の子に頑張ってなって見たんだけど......///」

男「か、可愛い......と思う......」

ヤンデレ「!! .........あ、ありがとう///」

10: 名無しさん 2018/09/01(土) 19:00:25 ID:2Pt.x6yQ
男「............」

ヤンデレ「............///」ジー

男「え、えっと......」

ヤンデレ「返事......ちょうだい」

男「!! 」

ヤンデレ「こ、これからも頑張って......男の好みな女の子になるから......だめかな?///」

男「.........お、俺で良かったら......よろしくお願いします......」

11: 名無しさん 2018/09/01(土) 19:01:00 ID:2Pt.x6yQ
ヤンデレ「!! へへ///」キュ

男「ヤンデレ?」

ヤンデレ「今日は手ぇ繋いで......帰りたいな......///」

男「お、おう///」キュ


そして初々しいカップルは夕日を背中に帰路へ着くのであった。

ヤンデレ「.........///」キュ

男「.........///」ポリポリ


終わり!!

12: 名無しさん 2018/09/01(土) 19:05:58 ID:2Pt.x6yQ
短編って難しい......