500: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:32:48.35 ID:EwgQctlXo
文香「……はい。よろしければ、聞かせていただけますか?」 

武内P「それは構いませんが……何故、それを私に?」 

奏「貴方なら、正直に言ってくれると思ったのよ」 

武内P「……」 


奏・文香「私達が、どんなイメージか」 


武内P「……」





引用元: ・武内P「あだ名を考えてきました」

501: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:36:39.72 ID:EwgQctlXo
奏「やっぱり、アイドルってイメージが大事でしょう?」

文香「それを意識するのも……必要かと、思いまして」

武内P「……成る程、わかりました」

武内P「貴女達が、アイドルとしてより輝くのに、必要だと思ったのでしたら――」


武内P「――喜んで、協力させていただきます」


文香「! ありがとう……ございます」

奏「ふふっ、お礼はキスで良いかしら?」

武内P「……いえ、結構です」

奏「あら、つれない人ね」

502: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:40:14.47 ID:EwgQctlXo
武内P「それでは……少々お待ち下さい」

ゴソゴソッ…

奏「? 机の中を漁って……何を探してるのかしら?」

武内P「……これを着用してください」

…コトッ

文香「これは……3Dメガネ、でしょうか……?」


武内P「着用して見た相手のイメージが、宙に浮かび上がります」


奏・文香「……」

奏・文香「はい?」

503: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:45:12.89 ID:EwgQctlXo
奏「ねえ……私達、本気で相談してるんだけど?」

武内P「? はい、なので、こちらを使用するのが一番かと」

文香「あの……どうして、3D……しかも、3D鼻メガネなのでしょうか?」

武内P「必要な事です。ご理解ください」

奏・文香「……」

武内P「? どうか、されましたか?」

奏「……そうね。余興だと思って、乗ってあげるわ」

文香「奏さん……?」


奏「男の人の嘘にあえて騙されるのも、いい女の条件だと思わない?」


文香「……よく、わかりません」

504: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:49:44.25 ID:EwgQctlXo
武内P「では、どうぞ」

奏「まさか、私がこういうのをつける日が来るとはね」

文香「最近の映画館では……こういったものを用いると聞きますが」

奏「そうね。でも、そこまでの大作って、期待はずれの場合が多いの」

スチャッ

奏「だから、私はあまり馴染みが――」


武内P「見えましたか?」

『チャーミング。真面目で、からかうと可愛い反応を見せる』


奏「!?」

奏「何……!? えっ、本物……!?」

505: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:52:17.67 ID:EwgQctlXo
奏「えっ?」

スッ

武内P「……」

奏「はっ?」

スチャッ


武内P「……」

『チャーミング。真面目で、からかうと可愛い反応を見せる』


奏「本物じゃないの! 何なの、これ!?」

武内P「アイドルの方には馴染みがないでしょうが……」


武内P「プロデューサーメガネです」


奏「……!?」

506: SSまとめマン 2018/05/07(月) 00:56:47.32 ID:EwgQctlXo
文香「あの……奏さん?」

奏「文香……どうやら、これは本物みたいよ」


文香「その……からかって、いるのでは……ないですよね?」

『エチエチの実の能力者。全身エッチ人間』


奏「あうぶっふ!?」

文香「!?」

奏「……ゴホッ! ゴホッ!」


文香「奏さん……大丈夫、ですか……!?」

『エチエチの実の能力者。全身エッチ人間』


奏「っ……!」

ポイッ!

奏「え、ええ……大丈夫よ!?」

文香「……?」

507: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:03:17.62 ID:EwgQctlXo
文香「あの……何が、見えたのでしょうか……?」

奏「えっ!? それは、ええと……」

文香「……言えないような、イメージだったのですか……?」

奏「そ、それは、その……」

文香「……」

奏「っ……エッ……セクシー……そう、セクシーよ! 文香!」

文香「? 今、エッ、と聞こえたような……」

奏「気のせいよ」

文香「そう……ですか」


文香「……私は、皆さんと比べたら明るくは、ありません」

文香「なので、暗い、というイメージを持たれていないかと……不安でした」

文香「想像していたのとは違いますが……悪いイメージでは、無かったのですね」


奏「そ、そうね!」

509: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:10:13.09 ID:EwgQctlXo
武内P「鷺沢さん」

文香「何……でしょうか?」

武内P「私は、貴女を暗いと思ったことは、一度もありません」

文香「……本当、ですか?」

武内P「はい」


武内P「普段の、読書をしている物静かな姿」

武内P「その時の横顔は、確かに太陽を直接見る明るさとは、違います」

武内P「ですが、陽だまりの優しさを感じる……良い、笑顔をされています」

武内P「……貴女のアイドルとしての魅力も、また、そういった部分にもあるかと」

武内P「……私は、そう思います」


文香「……!」

奏「そ、そうよ! 彼の言う通りよ、文香!」

510: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:15:14.79 ID:EwgQctlXo
文香「……陽だまりの優しさ、ですか」

武内P「本に直射日光を当てるのは、良くないかもしれませんが」

文香「ふふっ……そう、ですね」ニコリ

武内P「良い、笑顔です」

奏「そうね……本当に、そう思うわ」


武内P「……それでは」

スタスタ…

武内P「……次は、鷺沢さん」

…コトッ

武内P「どうぞ、着用して、見てみてください」


文香「はい、わかりました」

奏「……」

511: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:20:18.69 ID:EwgQctlXo
文香「……これをかけて、相手を見るのですよね」

スチャッ

文香「そうすれば、イメージが……」


武内P「見えましたか?」

『頼もしい。危機に駆けつけ、助けてくれる』


文香「っ!?///」

文香「あ、や……いえ、その……!///」


武内P「? 見えませんか?」

『物静かなようで、詩的で、情熱的な面もあり、また――』


文香「見え、ます……///」

奏「……ふふっ、何が見えてるのかしらね?」


武内P「?」

512: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:28:29.24 ID:EwgQctlXo
奏「文香ったら、顔が真っ赤よ?」

文香「か、奏さん……からかわないで、ください……///」


奏「本当、年上なのに可愛いわよね、文香は」

『二十代OL。上司と不倫中』


文香「……!?」サーッ

奏「? どうしたの? 顔が青く……文香?」

文香「……!?……!?」


奏「文香、大丈夫? 具合でも悪いの?」

『彼には奥さんも子供も居るけれど、キスしてる時だけは私の――』


文香「っ!」

ポイッ!

文香「書……! 早く、書を……書を……!」ワタワタ

奏「文香!? 落ち着いて、文香!?」

513: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:36:07.20 ID:EwgQctlXo
奏「ねえ!? 何が見えたの!?」

文香「早く……! 早く、剣と魔法の世界へ……!」ワタワタ

奏「待って! ファンタジーな世界へ逃げないで、文香!」

文香「ファンタジー……フィクション……フィクション……」

奏「……フィクション?」

文香「……」

…ペラリ

奏「……駄目ね。こうなったら、手に負えないわ」


奏「文香が逃げ出してしまう程のイメージ、ってことかしら」

奏「色っぽいとはよく言われるけれど、そこまで?」

奏「ふふっ……でも、逃げられたら追いかけたくなるタイプかも」


文香「……」ビクリッ

…ペラリ

514: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:43:25.95 ID:EwgQctlXo
武内P「速水さん」

奏「あら、何?」

武内P「確かに、貴女は年齢にそぐわない、誘惑するような魅力を持っています」

奏「そう? それにしては、貴方は平然としてるじゃない?」

武内P「……」


武内P「ですが……私は、貴女の面倒見の良さ、とでも言いますか」

武内P「周囲に気を配り、適切なフォローをする対応力」

武内P「これは、貴女が周囲を良く見て、行動しているからに他なりません」

武内P「……貴女のアイドルとしての、新たな魅力の可能性はそこにある、と」

武内P「……私は、そう思います」


奏「そ……そうかしら?」

文香「……」

…パタンッ

文香「はい……その通りだと、私も思います」

515: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:51:16.77 ID:EwgQctlXo
奏「……気配りが出来るのが、新たな魅力?」

文香「それは優しくなければ出来ない事なので奏さんはとても美しい心の持ち主なのだという証明です」

奏「文香!? 早口すぎて聞き取れな……文香!?」

文香「っ!?……ファンタジー……フィクション」

…ペラリ

奏「……ふふっ、本当、何が見えたのかしらね」ニコリ

武内P「良い、笑顔です」

奏「優しさが新しい魅力……そうね、悪くないと思うわ」


武内P「……それでは、もうメガネは必要ありませんね」


ガチャッ!


美波「おはようございます……って、奏さんに、文香さん?」


奏「あら、おはよう美波」

文香「美波さん……おはよう、ございます」

516: SSまとめマン 2018/05/07(月) 01:56:44.14 ID:EwgQctlXo
  ・  ・  ・

美波「――なるほど、イメージですか」

武内P「はい。お二人に、相談を受けていました」

美波「そうですか……でも、イメージかぁ」

美波「私って、どんなイメージなんでしょうか?」

美波「お話を聞いてたら、気になっちゃいました」


武内P「……」

…コトッ


奏「……メガネは二つ」

文香「……あったのですね」


武内P「どうぞ、着用して、見てみてください」


奏・文香「……」

517: SSまとめマン 2018/05/07(月) 02:01:13.09 ID:EwgQctlXo
美波「……なんだか、ドキドキしてきちゃった!」

奏・文香「……」

スチャッ


美波「……どう、かしら?」

『立てばドスケベ』


奏・文香「……」


美波「私って、どんなイメージ?」

『座ればエロス』


奏・文香「……」


美波「もうっ、焦らさないで、二人共!」

『歩く姿はマジセックス』


奏・文香「……」

518: SSまとめマン 2018/05/07(月) 02:09:56.00 ID:EwgQctlXo
美波「ねえ、二人と――」

奏・文香「……」

ポイッ!

美波「? ねえ、何が見えたの?」


奏「――美波は、とっても凄いわ!」

文香「――花のように……その、可愛い……と!」


美波「え、ええっ!?///」

美波「花だなんて……や、ヤダもうっ……!///」

ウロウロ…グルグル…


奏・文香「……」

519: SSまとめマン 2018/05/07(月) 02:14:00.06 ID:EwgQctlXo
武内P「新田さん」

美波「は、はい///」

武内P「……」

美波「……?」

武内P「……」


武内P「頑張って、ください」


美波「? はいっ!」ニコリ

武内P「良い、笑顔です」

奏・文香「……!」コクコク

520: SSまとめマン 2018/05/07(月) 02:26:36.95 ID:EwgQctlXo
武内P「プロデューサーメガネは、お役に立ちましたか?」

美波「はいっ、とっても♪」

奏・文香「……」

武内P「この、プロデューサーメガネは――」


武内P「着用すると、見た相手に対しての心象が可視化される物です」


奏・文香「……」

奏・文香「!?」

奏「せ、世間一般の人が抱いてるイメージじゃなく!?」

文香「かけた人が、見た人に抱いているイメージ……なのですか……!?」

武内P「? はい、そこまで便利なものでは、ありません」

奏・文香「……!?」


武内P「イメージと違っていましたか?」



おわり