162: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:31:04.92 ID:WvkP/9u0o
未央「そう、問題!」 

武内P「あの……一体、何が問題なのでしょうか?」 

卯月「あっ、違いますよ! そういう問題じゃないんです!」 

武内P「はい?」 

未央「題して!」 

卯月「ジャジャ~ン♪」 


未央・卯月「クイズ! 渋谷凛~!」 


凛「待って、何それ」


引用元: ・武内P「アイドル達に慕われて困っている?」

163: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:33:27.31 ID:WvkP/9u0o
武内P「待ってください。あの、それは……?」 

未央「ほら、プロデューサーもしぶりんもクールな感じでしょ?」 

武内P「渋谷さんはわかりますが……私も、ですか?」 

卯月「あんまり口数が多いほうじゃないですし、ね」 

武内P「それは……はい」 

未央「だからさ! 私達としては、コミュニケーションが取れてるか――」 

卯月「――気になって仕方ないんです!」 

武内P「……はぁ」 


凛「は?」

164: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:37:05.59 ID:WvkP/9u0o
武内P「十分、コミュニケーションは取れていると思ってはいるのですが……」 

未央「本当に? 本当に、そう思う?」 

武内P「……本田さん?」 

卯月「お互いが、そう思ってるだけっていう可能性も……ありますから」 

武内P「……島村さん」 

未央「でね! 問題形式にして、どれだけしぶりんの事をわかってるかを――」 

卯月「――えへへっ♪ 抜き打ちチェックです♪」 

武内P「……お二人とも、面白がっていますね?」 

未央・卯月「……エヘヘ!」 


凛「ふーん、面白いんじゃない」

165: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:41:34.89 ID:WvkP/9u0o
武内P「ですが……問題、ですか」 

未央「まー! そう固くならずにさ、気楽にやろうよ!」 

卯月「ちょっとしたゲームみたいな感じで、楽しくいきましょう!」 

武内P「……いえ、やめておきましょう」 

未央「へっ? なんで?」 

武内P「結果次第では、その……今後に支障が出る可能性も」 

卯月「あー……それは、そうかも知れませんね」 

武内P「何も、新たに問題を起こさなくても――」 


凛「逃げないでよ!」 


武内P「――……良いと、思ったのですが」

166: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:48:21.02 ID:WvkP/9u0o
凛「ねえ、今後に支障ってどういう意味?」 

武内P「それは……そのままの意味です」 

凛「納得できない。ちゃんと説明して」 

武内P「……私が、渋谷さんに関してどれだけ理解しているか」 

武内P「それが具体的になった所で、メリットはあるでしょうか?」 

凛「ふーん……自信、無いんだ」 

武内P「……渋谷さん?」 


凛「アンタ、私の事全然わかってないんだ」 

凛「良いよ、そういう事ならわかった」 


武内P「いえ、あの……そういう意味では!」 


凛「私、シンデレラプロジェクト出てく!」 

凛「クローネの子になるから!」 


武内P「っ!? 待ってください!」 


未央・卯月「子供!」

167: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:53:22.73 ID:WvkP/9u0o
武内P「シンデレラプロジェクトを抜けたい、と!?」 

凛「私だって、そんな事したくない!」 

武内P「えっ!?」 

武内P「……そして、あの! 貴女は、既にクローネのメンバーです!」 

凛「っ!? 何でそんな事言うの!?」 

武内P「えっ!?」 


凛「プロデューサー、私のこと全然わかってない!」 

凛「こんなんじゃ、笑顔になんてなれない!」 


武内P「……!?」チラッ 


未央「いやいや、私らだってわからないよ」フルフル 

卯月「ですから、その……こっちを見られても」フルフル

168: SSまとめマン 2018/05/29(火) 20:57:30.92 ID:WvkP/9u0o
武内P「あの……渋谷さん」 

凛「話しかけないで」 

武内P「……」 

凛「私の事何もわかってない人に、プロデュースなんてされたくない」 

武内P「……」 


武内P「……わかり、ました」 


凛「っ!?」 

未央「えっ? ちょっ、ちょっと!? プロデューサー!?」 

卯月「えっ!? えっ!? わかりましたって……ええっ!?」 


武内P「……」 

武内P「――どうぞ。第一問を」 


凛・未央・卯月「っ!」

169: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:03:54.78 ID:WvkP/9u0o
武内P「……私は、渋谷さんに辛い想いをさせてしまったようです」 

武内P「ですが、それは誤解です」 

武内P「……しかし、それを説明しようとしても、言い訳に聞こえてしまうでしょう」 

武内P「なので、お二人の提案された、クイズに答えようと、そう、思います」 


未央・卯月「……なるほど」 


武内P「それが必要な事であるならば、私はもう、躊躇いません」 

武内P「……渋谷さん」 

武内P「私は、貴女の姿をいつまでも見続けていたい」 

武内P「貴女の輝く姿を見られないというのは、今の私には考えられません」 

武内P「……なので、お付き合い頂けるでしょうか?」 

武内P「貴女の――笑顔のために」 


凛「……あ……う、うん///」 


未央「クイズ……」 

卯月「……いります?」

170: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:07:54.84 ID:WvkP/9u0o
  ・  ・  ・ 

未央「……えーと、ゴホンッ!」 

未央「ジャカジャカジャカジャカ……」 

卯月「ジャジャ~ン♪」 

未央・卯月「せーのっ――」 


未央・卯月「――クイズ! 渋谷凛~!」 


武内P「……」 


凛「……」ソワソワ

172: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:14:04.53 ID:WvkP/9u0o
未央「このクイズは、私達がテキトーに問題を出して!」 

卯月「それに、プロデューサーさんが答えます♪」 

未央「そして、その答えが合ってるかをしぶりんに判定して貰うよん!」 


武内P「はい、わかりました」 


未央「ちなみに! ヒントの類は一切ナシ!」 

卯月「凛ちゃん! しーっ、ですからね?」 


凛「ねえ……それって、結構厳しくない?」 


武内P「いえ、何の問題もありません」 


凛「そ、そう?」 

凛「ふ……ふーん……そう、なんだ……///」 


未央「ねえ、あのさ? ちょっとそういうの……やめよ?」 

卯月「頑張って元気出してるんですから、協力してください~!」

174: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:18:41.56 ID:WvkP/9u0o
未央「……ゴホンッ!」 

未央「あー……それじゃ、第一問」 


武内P「……」 


未央「し」 


武内P「獣医です」 


凛・卯月「……?」 


武内P「将来の夢は獣医でした」 

武内P「今の夢は、トップアイドルです」 


凛「いや……合ってるけど……急に、何?」 

卯月「まだ、問題も言ってませんよ……?」 


未央「……」 


凛「未央?」 

卯月「未央ちゃん?」

176: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:22:12.84 ID:WvkP/9u0o
未央「……続いて、第二問」 


卯月「ふえっ!? あの、第一問はどうしたんですか!?」 

凛「ちょっと、未央。どういうつもり?」 


未央「……しぶりん……いや、二人共」 

未央「私ら……プロデューサーを本気にさせたみたいだよ」 


武内P「……」 


卯月・凛「えっ?」 

未央「その……なんて言えば、良いのかな」 


未央「言おうとした問題の答えを……先に言われた」 


卯月・凛「はぁっ!?」 


武内P「……」

178: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:30:23.71 ID:WvkP/9u0o
卯月「そんな……えっ? 冗談、ですよね? 未央ちゃん?」 

凛「ねえ、本当の事を言って」 

未央「……しまむー、試しに問題出してみなよ」 

卯月「へっ? じゃあ、えーっとえーっと……」 


卯月「り」 


武内P「得意科目は、数学です」 

武内P「成績は、悪くは無いですが、良くも……はい、ありませんね」 


凛「いや……合ってるけど……」 


卯月「……」 

未央「ね?」 

卯月「……はい」 


武内P「……」

180: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:42:11.54 ID:WvkP/9u0o
未央「あの……さ、プロデューサー?」 

卯月「どうして……私達が言おうとした問題が、わかったんですか……?」 


武内P「それは、私が貴女達のプロデューサーであり――」 

武内P「――貴女達が、私の、大切なアイドルだからです」 

武内P「……以前、意思の疎通がとれていず、辛い思いをさせてしまいました」 


未央・卯月「……」 


武内P「……貴女達の、笑顔」 

武内P「それを守るために、私なりに、努力したつもりです」 

武内P「それが実を結び……先程の答えを導き出した」 

武内P「――当然の結果です」 


未央「そ、そんなに……わかってくれてたんだ///」 

卯月「へうぅ……/// な、何だか恥ずかしいです……///」 


凛「……」

181: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:50:27.54 ID:WvkP/9u0o
凛「ねえ」 

武内P「……渋谷さん?」 

凛「なんで?」 

武内P「あの……何が、でしょうか?」 

凛「未央と卯月に関してはさ、そこまでわかってるのにさ」 


未央・卯月「……///」 


凛「どうして、私はこんな思いをしなきゃいけないわけ?」 

凛「今後に支障が出るとか、変な事言ってた癖に……」 


武内P「それは……」 

武内P「……申し訳ありません、言えません」 


凛「……」

182: SSまとめマン 2018/05/29(火) 21:57:29.93 ID:WvkP/9u0o
凛「……良いよ、わかった」 

未央「……しぶりん?」 

卯月「凛ちゃん……?」 


凛「私が、こうやって文句を言うからだよね」 

凛「ごめん、変な事言って」 


武内P「待ってください! それは、違います!」 


凛「――じゃあ答えてよ!」 

凛「第三問!」 


武内P「……はい」

183: SSまとめマン 2018/05/29(火) 22:03:29.28 ID:WvkP/9u0o
凛「わ」 


武内P「待ってください! 待ってください、渋谷さん!」 


凛「――っ!?」 

凛「やっぱり、私の言いたい事だけわからないの!?」 


武内P「いえ、その……ですね」 

武内P「はい……その……んんん……はい……」 

武内P「……」 


未央「えっ? なんか……歯切れ悪くない?」 

卯月「あの、凛ちゃんは……どんな問題を出そうとしたんですか?」 


凛「別に、大した問題じゃないよ」 


凛「私の性感帯はどこか、って」 


未央・卯月「大問題!!」

184: SSまとめマン 2018/05/29(火) 22:14:34.89 ID:WvkP/9u0o
卯月「凛ちゃん、どうしてこのタイミングでそれを聞こうと思ったんですか!?」 

凛「……い、良いでしょ、別に」 

未央「よくないからね!? 別の問題が発生するよ!?」 

卯月「心に関する問題を出す流れだったじゃないですか!」 

凛「……その……裏をついたらどうなるのかな、って」 

凛「……そうしたら……体に関する問題を……つい」 

未央・卯月「……」 

凛「……」 


武内P「……こう、なると思っていました」

185: SSまとめマン 2018/05/29(火) 22:21:02.89 ID:WvkP/9u0o
凛「で、でも! プロデューサー、わかったみたいだから!」 

武内P「え、ええ……そう、ですね」 

凛「ちゃんと見ててくれたってわかったし! うん!」 

武内P「は……はい」 


未央「いやいや、わかんないよ?」 

卯月「はい♪ まだ、プロデューサーさんは答えてませんから♪」 


武内P・凛「えっ?」 


未央「ちょっとさ、確認するからプロデューサーは席を外してよ」 

卯月「LINEで、正解を送ってください、プロデューサーさん」 


凛「えっ……ちょっと……二人共、何する気?」 


未央「いやー、しぶりんはまだまだだねぇ!」 

卯月「プロデューサーさんは、わかりますよね!」 

未央・卯月「ねっ?」ニコッ 


武内P「……良い、笑顔です」

186: SSまとめマン 2018/05/29(火) 22:25:59.76 ID:WvkP/9u0o
  ・  ・  ・ 

武内P「問題、ですか」 


専務「――そうだ」 


専務「クローネで、話題になっている」 

武内P「……クローネで?」 

専務「渋谷凛が、クローネのメンバー達にこう言っているらしい」 


専務「――プロデューサーは、知らない世界を教えてくれた」 

専務「――私の知らない、新しい扉を開いてくれた」 

専務「……とな」 


武内P「……そう、ですか」 


専務「……」

189: SSまとめマン 2018/05/29(火) 22:40:23.65 ID:WvkP/9u0o
武内P「渋谷さんが……そんな事を」 

専務「彼女自身も、驚いているようだ」 

専務「――ああ、ところで、キミに一つ質問をしよう」 

武内P「……」 


専務「左の脇腹と、右の鎖骨のくぼみ」 

専務「……この二つの単語に、覚えはないか?」 


武内P「……」 


専務「ふむ……やはり、キミはとても優秀なようだ」 

専務「私が何を問題とし、これから何を言おうとしているか察しているようだ」 

専務「先程の質問は取り消そう」 


専務「愚問だった」 


武内P「……すみません、私からも、一つだけ」 


武内P「誤解です!」 




おわり