1: SSまとめマン 2018/11/30(金) 19:45:53.24 ID:kK7aKc930
ナズナ「えーっと。団長様はちゃんと仕事もできて皆さんに優しいと思うのですが」

サフラン「そうね。仕事もちゃんとして私達にも優しいわ」

ナズナ「でしたら問題ないんじゃあ?」

サボテン「それでも・・・問題ある」

ナズナ「それで何が酷いんですか?」

スイレン「それはですね。いつまで立っても私達に手を出さないのです」

ナズナ「・・・はい?」

スイレン「ですから」

ナズナ「いえ。聞こえましたが・・・手を出さない?」

サボテン「・・・うん」

ナズナ(・・・え~)




引用元: ・花騎士SS ナズナ「団長様は酷い人?」

3: SSまとめマン 2018/11/30(金) 20:08:42.72 ID:kK7aKc930
ナズナ「つ、つまりは・・・その///」

スイレン「んふっ♪その通りです」

ナズナ「はうっ!///」

ナズナ「はは・・・破廉恥ですっ!///」

サフラン「でも、あんなにアプローチしてるのに酷いわ」

サボテン「私達も・・・我慢できない」

ナズナ「そ、そう言われても」

スイレン「前にお薬を入れた紅茶をお出ししたんですが駄目でした」

ナズナ「何を入れてるんですか!?」

スイレン「少しお体が熱くなるお薬です♪」

ナズナ(・・・今度から注意しておかなきゃ)

5: SSまとめマン 2018/11/30(金) 20:14:34.59 ID:kK7aKc930
ナズナ「で、でも今は害虫からスプリングガーデンを守らないといけません!なのであなた達だけなら我慢してください」

スイレン「何時から我慢出来ないのが私達だけと言いましたか?」

ナズナ「・・・えっ?」

サボテン「皆・・・我慢してる」

サフラン「エキナセア達も我慢してるわ」

ナズナ「・・・え?」

ナズナ「えー!」

スイレン「ご主人様を満足させるために練習してるのに」

ナズナ「何の練習ですか!?///」

スイレン「んふっ♪知りたいのですか?」

ナズナ「けけけ、結構です///」

サボテン「だから今夜・・・皆で会議を開くから」

サフラン「ナズナも聞いてほしいの」

ナズナ「そ、そんな」

スイレン「このままだと皆さんの士気に関わりますよ」

ナズナ「うっ・・・わ、わかりました」


6: SSまとめマン 2018/11/30(金) 20:41:47.77 ID:kK7aKc930
そして夜

ザワザワ

ナズナ(な、何ですか。この人数は?)

スイレン「では、これよりご主人様についての不満を皆さんのお話を聞いて対策をします!」

スイレン「では最初の方、お願いいたします」

カトレア「私から行くわ」

スイレン「ではカトレア様、どうぞ」

カトレア「そうね、あれは」



回想

カトレア「今日は寒いわね」

団長「そうだな。害虫も出現してないしある意味平穏だな」

カトレア「そ、そうね・・・くしゅ」

団長「風邪か?」

カトレア「へ、平気よ」

カトレア「・・・ね、ねえ」

団長「んっ?」

カトレア「きょ、今日は寒いし風も強いから騎士団まで戻るの大変でしょ?」 ソワソワ

団長「えっ?」

カトレア「そ、それに風邪をひいたら大変よ」

団長「いや。昔から体だけは丈夫なんだ」

カトレア「で、でも・・・あなたがよければ・・・や、屋敷に泊めてあげてもいいけど///」

団長「いや。流石に悪いし走って帰れば問題ない。じゃあ早いがまたな」

タッタッタ

カトレア「・・・」

カトレア「なによ・・・私が折角誘って・・・うぅ」




7: SSまとめマン 2018/11/30(金) 20:48:56.97 ID:kK7aKc930
カトレア「私が誘ってあげたのに!この日の為に使用人にも休みをあげて準備したのにあいつは断ったのよ!信じられないでしょ!?」


「酷い!」

「泊まってあげればいいのに」

ザワザワ

デンドロビウム「女王様のお誘いを・・・団長さんは乙女心を知る必要がありますね」 ゴゴゴ

ナズナ(ひぃ!)

デンドロビウム「今度、私が付きっきりでレッスンする必要がありますね」 ボソッ

ナズナ「!?」

ナズナ「あ、あの。レッスンって?」

デンドロビウム「勿論、女性のアレやコレです」

ナズナ「」


スイレン「ご主人様にも困ったものですね。では次の方は」

10: SSまとめマン 2018/11/30(金) 21:05:02.67 ID:kK7aKc930
エキナセア「次は私だ」

スイレン「エキナセア様、どうぞ」

エキナセア「前に団長と温泉に一泊した時の事だが」


ナズナ「だ、団長さまとお泊り!?///」

サフラン「エキナセア。ずるいわ」

そうだそうだー 団長様とお風呂でしっぽりと///

ギャーギャー

スイレン「お静かに!エキナセア様、続きを」

エキナセア「ああ。それで」


回想

エキナセア「今日は私とキミだけだ。ゆっくり温泉に入って日頃の疲れを癒そうじゃないか」

団長「そうだな。温泉なんて久しぶりだな」

エキナセア「では私はこっちだ。団長、後で」

団長「そうだな。先に上がったら部屋で待ってるぞ」

エキナセア「わかった」


エキナセア(ふぅ。遂に団長を誘えたぞ。後は夜まで待てば)

11: SSまとめマン 2018/11/30(金) 21:13:21.03 ID:kK7aKc930
ピシャッ

エキナセア「待たせたな、団長」

団長「おっ。やっぱり女性は長風呂だな」

エキナセア「そうかな?」 ピラッ

エキナセア(す、少し大胆だが足を見せるくらいなら///)

団長「うーん。今度は皆で行きたいな」

エキナセア「そうだな。サフラン達も誘ってみなで温泉もいいだろう。勿論キミは男湯だぞ」

団長「?当たり前だろ」

エキナセア「むっ」

団長「どうした?」

エキナセア「いや・・・キミと言うやつは。はぁ」

団長「?」


それから 夕食後

団長「ああ。美味かった」

エキナセア「そうだな。美味しかった」

団長「さて、少ししたらもう一回温泉に」

エキナセア「だ、団長!///」

団長「どうした?」

エキナセア「いや・・・こ、この部屋に部屋風呂があるらしいんだが」

団長「部屋風呂?」

エキナセア「そ、そうだ。そこから見える景色も絶景らしい。そ、それでだがキミさえ良ければ・・・その。一緒に入らないか?///」

団長「いや。狭いし二人で入るのは不味いだろ。俺は男湯に入るからエキナセアが入ればいい。じゃあ」

シャッ ピシャ

エキナセア「ふふ・・・ふふふ。私は」 ズーン


12: SSまとめマン 2018/11/30(金) 21:19:29.21 ID:kK7aKc930
エキナセア「恥ずかしかったのに私の誘いを断って団長は男湯を選んだぞ!信じられるか?」

サフラン「・・・エキナセア」

エキナセア「私は女性としての魅力にかけるのか?・・・くぅ」

ヒガンバナ「団長さんったら女に恥をかかせるなんて最低ね」

ナズナ「そ、そんな事があったんですね」

スイレン「ご主人様は女性の心がわからないほど駄目な方なんでしょうか?」


サフラン「え、エキナセア。今度は私と二人で誘いましょう。一人が駄目なら二人で」

エキナセア「サフラン・・・そ、そうだな」

ナズナ「ふ、二人で?」

ずるい! 私も混ぜて

ザワザワ

スイレン「では次の方。お願いいたします」


19: SSまとめマン 2018/12/01(土) 12:51:13.55 ID:h6mm0e6S0
ホワイトチューリップ「わ、私が話します!」

スイレン「お願いいたします」

ホワイトチューリップ「で、では・・・それからこれは団長様以外にも不満があるんですが」

スイレン「?」

ホワイトチューリップ「と、とりあえず聞いてください」


回想

団長「えーっと。これで全部だったな?」

ホワイトチューリップ「はい。すいません、急にお買い物を手伝っていただいて」

団長「気にするな。こっちも欲しいものがあったし」

ホワイトチューリップ「あ、あのっ!この後時間はありますか?」

団長「時間?この後は何もないけど」

ホワイトチューリップ「で、でしたら家でお茶を飲んでいきませんか?あなた様が好きそうなお茶の葉を手に入れたんです///」

団長「いいのか?」

ホワイトチューリップ「はいっ」

団長「そうだな。じゃあお邪魔するか」


20: SSまとめマン 2018/12/01(土) 13:10:22.52 ID:h6mm0e6S0
ホワイトチューリップ「お、おまたせしました」

コトッ

団長「おっ。ありがとう」

団長「・・・」 ゴクッ

団長「んっ?これは美味いな」

ホワイトチューリップ「えへへ///」

団長「そう言えば医者としての方はどうだ?」

ホワイトチューリップ「最近は上手くやれてます・・・たまに姉達がしでかしますが」 ズーン

団長「あはは。末っ子は大変だな」

ホワイトチューリップ「そうなんですよ!特に赤いのはですね」 ペラペラ

団長「あ、あははっ。そんな事が」

ホワイトチューリップ「そうなんですよ。もう姉達に振り回されて」

団長「まぁ・・・癖は強いよな」

ホワイトチューリップ「そ、そうだ。あなた様、今日はご飯を食べて行ってください」

団長「いや。そこまでは」

ホワイトチューリップ「・・・むぅ。駄目ですか?」 シュン

団長「・・・うーん。いいのか?」

ホワイトチューリップ「はいっ♪」

ホワイトチューリップ(こ、ここで頑張って///・・・んっ?視線が) クルッ


ドアの隙間

レッドチューリップ「・・・」 ニヤニヤ

イエローチューリップ「もっと押しなさい」 ヒソヒソ

パープルチューリップ「・・・」 ジー


ホワイトチューリップ「な・・・なななっ///」

団長「んっ?あっ」



21: SSまとめマン 2018/12/01(土) 13:27:17.66 ID:h6mm0e6S0
レッドチューリップ「はーい。団長さん、今日は楽しみましょう♪」

イエローチューリップ「団長さん、調子はいい?悪いならお薬あるよっ♪」

パープルチューリップ「あなた様、今日の夕飯は・・・カルボナーラですよ」


団長「え・・・いや、その」 チラッ

ホワイトチューリップ「・・・」

レッドチューリップ「調子が悪いならベッドに行きましょう」

イエローチューリップ「ついでにお薬も」

パープルチューリップ「・・・さあ」

ホワイトチューリップ「・・・」 ブチッ




ホワイトチューリップ「と、言う事があったんです」

「えーっと」 「その話だと・・・ねぇ」


スイレン「ご主人様に不満がある訳では・・・」

ホワイトチューリップ「あ、あります。あるんですが・・・うぅ」



レッドチューリップ「全くホワイトは押しが弱いから」

イエローチューリップ「薬でも使えばいいのに」

パープルチューリップ「独り占めは・・・いけません」

レッドチューリップ「さっさと押し倒してサッとやっちゃえばいいじゃない」

イエローチューリップ「そうだよねー。そしてズブズブと」

パープルチューリップ「虜に・・・してしまえば」

ペラペラ


ホワイトチューリップ「・・・」 ビキッ

ホワイトチューリップ「・・・姉たちの」 ボソッ

ホワイトチューリップ「姉たちのバカー!!」 カッ


ドゴーン!






23: SSまとめマン 2018/12/01(土) 14:11:44.75 ID:h6mm0e6S0
スイレン「えー。会場が爆発しましたので今回の会議はここまでにして続きは今度になります。それでは次に対策を考えましょう」

ナズナ「・・・対策はするんですね」

エノテラ「提案があるんですが発言いいですか?」

ナズナ「え、エノテラさん?」

エノテラ「何ですか?」

ナズナ「い、いえ。エノテラさんは団長さまを独占すると言ってたような」

エノテラ「確かに最初はそう考えてました。でもエノテラ一人じゃ団長を手篭めに出来ません。妥協します」

ナズナ「は、はぁ」

スイレン「ではエノテラ様、どの様な案ですか?」

エノテラ「こうなったら騎士団の皆で団長を監禁してドップリ快楽漬けにしましょう。そしてメロメロにすれば」

ナズナ「なな・・・何を言ってるんですか!?///」

エノテラ「大丈夫です。ナズナも仲間に入れますよ」

ナズナ「うぇ!?///」

エノテラ「もうなりふり構わずヤりましょう。すぐヤりましょう。イチャイチャ、チュッチュッして何人とでも愛してあげましょう」

「///」

スイレン「ですがそんなにしてしまってはご主人様が枯れてしまいます」

エノテラ「その辺は大丈夫です。精力増強な食べ物や飲み物を毎日飲ませて枯れないように。あっ、魔力も上手く使えませんか?」


カトレア「・・・どうかしら?」

ヒガンバナ「試したことないわね」


スイレン「そうですね。それは最終手段として候補にしましょう」

ナズナ「」


24: SSまとめマン 2018/12/01(土) 14:29:42.23 ID:h6mm0e6S0
エノテラ「あっ。ですが団長の初めてはエノテラがもらいます。そこだけは譲れません」

ピシッ

カトレア「・・・何を言ってるのかしら?」

イベリス「団長さんの初めては私の物ですよっ!」

エキナセア「そ、それは団長に選ばせるべきだろう///」

サボテン「初めて同士・・・うん、いい・・・かも///」


ギャーギャー

スイレン「皆様。お静かに!もし監禁が決定したらご主人様の初めては選ばせてあげましょう。それくらいはいいですね?」

エノテラ「何故ですか?エノテラが案を出したんですよ・・・エノテラはおこです。プンプンです」

スイレン「・・・エノテラ様」

エノテラ「むぅ・・・わかりました。そこは団長に選ばせてあげます」

スイレン「では皆様。それでいいですね?」

「うん」 「はーい」

ナズナ(こ、これはどうにかしないと団長さまが危ない)

スイレン「他の方で何かいい案はありませんか?」


シーン

スイレン「まだ第一回の会議なので次までに何か閃いたらお願いしますね」

スイレン「では、本日はお集まりいただきありがとうございました。次は来週を予定しておりますので」

ガヤガヤ

ナズナ「・・・」




28: SSまとめマン 2018/12/01(土) 20:22:04.32 ID:h6mm0e6S0
ミスミソウ「はぁ・・・結局、いい案が思い浮かびませんでした」

ミスミソウ「団長さんももしかして別に好きな人が・・・」

ミスミソウ「いやいや、まだわかりません。でも」

ミスミソウ「何かいい方法はないでしょうか」

スタスタ

ミスミソウ「んっ?」

今年はこれで決まり。気になるあの人も狼男に

ミスミソウ「何でしょう?・・・いやいや、明らかに怪しいです」

ミスミソウ「で、でも少しだけお店の前から除くくらいなら」 ススス


これで男もイチコロ。勝負下着特集

ミスミソウ「な、何ですか。これは!?///」

ミスミソウ「うわっ。これなんてスケスケじゃないですか///」 ジロジロ

ミスミソウ「こ、こんなの恥ずかしくて履けません///」

ミスミソウ「で、ですがもし・・・これを履いて団長さんが///」






29: SSまとめマン 2018/12/01(土) 20:32:30.12 ID:h6mm0e6S0
妄想(コスモス)開始

ミスミソウ「だ、団長さん///」

団長「んっ?今日はミスミソウが副団長だったっけ?まあ、よろ・・・っ!?」


ミスミソウ「ど、どうかしましたか?///」

団長「い、いや。その///なんでもな」

ミスミソウ「・・・いえ、団長さん。こんなのは嫌いですか///」

たくし上げ

団長「い、いや・・・それは///」

ミスミソウ「団長さんなら・・・いいですよ///」

団長「っ!?み、ミスミソウ!」

ガバッ

ミスミソウ「きゃっ♪」



ポワンポワン

ミスミソウ「いやいや、団長さん。まだ明るいですよ///後で///」 ハッ


ミスミソウ「・・・行けるかもしれません///」

ミスミソウ「ここは・・・いやいや、思い切って攻めましょう」

ミスミソウ「く、黒に・・・これは布地の面積がギリギリすぎます。でもこれなら団長さんも///」


団長「んっ?俺がどうした?」

ミスミソウ「ふふふっ。団長さん、待っていてください」

団長「何をだ?」

ミスミソウ「それは勿論・・・あれ?」

ギギギ

30: SSまとめマン 2018/12/01(土) 20:37:22.09 ID:h6mm0e6S0
団長「お疲れ。買い物か?」

ミスミソウ「だだだ、団長さん!?///」

団長「さっきから何を見て・・・!」

ミスミソウ「み、見ちゃ駄目です!」

団長「あ、あはは。ミスミソウも好きな人が出来たんだな」

ミスミソウ「いやいや・・・これは違うんです///これを履けば団・・・~っ!///」

団長「お、俺は何も見てないから」

ミスミソウ「違う・・・いやいや、違うんですっ!これは違うんでーす!///」

ダッ

団長「おっ、おう・・・足速いな」



ミスミソウの部屋

ミスミソウ「見られた・・・はしたない子だって思われました。絶対に!」 ウワーン



37: SSまとめマン 2018/12/02(日) 13:05:52.82 ID:x86V2g/+0
会議のあった日から次の日

ハス「・・・うむ。これなら上手く行けば団長と流れで」

コンコン

ハス「何だ?」

カキツバタ「ハス様。団長様がいらっしゃいました」

ハス「うむ。通してくれ」

カキツバタ「かしこまりました。団長様、どうぞ」

ガチャ

団長「お邪魔します」

ハス「待っていたぞ、団長」

団長「ああ。それでどうしたんだ?急に呼び出して」

ハス「う、うむ。実は団長に頼みがあるのだ」

団長「俺に?」

ハス「そうだ。卿も知ってると思うが今度、ロータスレイクで舞踏会があるのだが」

団長「ああ。俺にも何故か招待状が届いたな」

ハス「団長は今では最強と行っても過言でもない騎士団の団長。当然であろう」

団長「当然なのか?俺にはわからないな」 ハハッ

ハス「そ、それでだな。実はその舞踏会で父が私の婚約者候補を探すらしい」

団長「あー・・・お姫様だから大変だな」

ハス「しかし私はまだ結婚など考えてはおらぬのだ・・・そ、それで卿よ」

団長「んっ?」




38: SSまとめマン 2018/12/02(日) 13:14:15.66 ID:x86V2g/+0
ハス「その日の舞踏会だけでいい。私の婚約者となって演技してはくれまいか?///」

団長「・・・えっ?」

ハス「こ、こんな事、団長にしか頼めん。勿論ふりだ。すまないと思うが頼まれてはくれぬか?」

団長「・・・」

ハス「や、やはり駄目か?」

団長「いや・・・そのな。ハス」

ハス「?」

団長「実はここに来る前にヒツジグサに呼ばれてな・・・その」

ハス「ヒツジグサが?・・・まさか!」

団長「あー・・・同じことを頼まれたんだ」

ハス「」 ピシッ

団長「ま、まだ返事はしてないが・・・女王様と演技とは言え婚約者なんて」

ハス「ふふ・・・ふふふ」

団長「は、ハス?」

ハス「すまぬが団長。私はヒツジグサに用事が出来た。この話はまた今度頼む」

団長「えっ?あっ、ああ」

ハス「カキツバタ!」

カキツバタ「はっ!」

ハス「出かけるぞ。準備を」

カキツバタ「かしこまりました、ハス様!」

カキツバタ「団長様。ではまた今度」

ハス「また会おう」

ガチャ バタン

団長「・・・な、何だったんだ?」


39: SSまとめマン 2018/12/02(日) 13:40:20.09 ID:x86V2g/+0
そして次の会議の日

ナズナ「・・・」


ヒツジグサ「・・・」 ボロッ

ハス「・・・」 ボロッ

ミスミソウ「」 ズーン


ナズナ(あ、あの3人は何かあったんでしょうか?)


スイレン「今回の報告を聞く限り進展はありませんね」


イベリス「全然誘惑に乗ってくれません」

サフラン「ちょっと過激な服とか着たのに反応がなかったわ」

サボテン「・・・手強い」

エノテラ「こうなったら本当に監禁しますか?」


ナズナ「そ、それはやめましょうよ」

エノテラ「だったら何かいい方法はあるんですか?」

ナズナ「えっ?そ、それはその」

ナズナ「・・・じゃ、じゃあ私が団長さまに皆さんの事をどう思っているのか聞いてみましょうか?・・・なんちゃって」


「「「「!?」」」」


ナズナ「・・・あれ?」


40: SSまとめマン 2018/12/02(日) 13:46:35.66 ID:x86V2g/+0
サフラン「本当に聞いてくれるの?」

エノテラ「だとしたら助かります。ナズナには感謝です!」

スイレン「ナズナ様。期待していいのですね?」

ナズナ「えっ?・・・いやー」

ハナショウブ「聞いていただけるのなら私の旅館で大サービスをさせていただきます!」

エキナセア「最高の茶葉をプレゼントしよう」

ハス「最高の天麩羅もご馳走するぞ!」

ナズナ「いや・・・その」

ホップ「最高のお酒も奢っちゃうわよ!」

ワイワイ

ナズナ(こ、これは退けなくなったんじゃ)

ナズナ「わ、わかりました。一回だけですからね」


わー!


スイレン「では後日、よろしくお願いいたしますね」

ナズナ「は、はい」

ナズナ(ど、どうしましょう)



41: SSまとめマン 2018/12/02(日) 13:48:29.24 ID:x86V2g/+0
次回


ナズナ「だ、団長さまは皆さんの事どう思ってるんですか?」

を予定しております

今回は微妙になりましたが終わります。では