1: 名無しさん 2019/03/18(月)19:01:47 ID:v2K
先生「転校生を紹介します、モンキー・ディー・ルフィ君です」

ルフィ「在校生に、俺はなる!」

生徒一同「なんだなんだ」

先生「ルフィ君は元気があっていいですね、じゃあさくらさんの隣(たまちゃんの反対側)に座ってください」

まる子「えぇ~…」

ルフィ「わかった!」

まる子「よ、よろしく…」

ルフィ「お前、俺の仲間になれ!」

まる子(面倒くさいのが来ちゃったなあ)

引用元: ・たまちゃん「麦わらのルフィって人が転校してくるらしいよ」まる子「ええっ!?」

9: 名無しさん 2019/03/18(月)19:05:09 ID:v2K
授業中

先生「え~、であるからして」

ルフィ「ぜんっぜん分かんねえ!!!」

まる子「!?」

ルフィ「先生、お前ぶん殴っていいか!?」

まる子「ちょっとちょっとあんたヤダねなに言ってんのさ!」

ルフィ「肉ーーー!!!」

まる子「とほほ、ガイジは一人で充分だよ」

17: 名無しさん 2019/03/18(月)19:08:36 ID:v2K
先生「モンキー君、授業中に騒いではいけませんよ」

ルフィ「15億!!!!」

ルフィ「俺は15億ベリーの男だ!!!」

先生「何を言ってるか分かりません」

ルフィ「俺は誰よりも自由な男だ!!!」

ルフィ「出航ーーー!!!!!!」

まる子「ちょっとアンタいい加減にしなよ!!!」

ズオンっ

ルフィ「!?」ビクッ

ルフィ「お前、覇王色持ってんのか!?」

クラス一同「?」

ルフィ「全員動じてねぇ…怪物だらけか!?」

23: 名無しさん 2019/03/18(月)19:14:05 ID:v2K
給食

ルフィ「肉ーー!!!!」

まる子「とほほ、やっと授業が終わったよ」

ブー太郎「ずっと騒がしかったブー」

ルフィ「おうお前、さくらって言ったか!?さっきはすげえ覇気だったなー!!!」

まる子「うわっきたよ」

ルフィ「お前、俺の仲間になれ!!」

まる子「仲間になれったって…」

ブー太郎「友達になって欲しいならそう言えブー」

ルフィ「うるせえゾオン系は間に合ってんだ!!!!!」どん!!!

ルフィ「ゴムゴムのピストル!!」ドガっ

ブー太郎「ブーーー!!!」

28: 名無しさん 2019/03/18(月)19:18:06 ID:v2K
ルフィ「うめーー!!!ここはバラティエか!?」

小杉「あってめぇ!俺の飯とんなよ!!!」

ルフィ「うるせえ!!!海では食いもんは食った奴のものなんだよ!!!」

小杉「ううう…俺の飯俺の飯俺の飯俺の飯俺の飯……」

小杉「うがーーー!!!!」

ルフィ「!?」

はまじ「おい、喧嘩だ!」

小杉「殺してやる!!!!」

ルフィ(こいつ、でけえ!)

ルフィ「くっ…ゴムゴムのー!!!!」プクゥゥゥウ

まる子「手が膨らんだ!?」

ルフィ「コング・ガン!!!!!!」

小杉「痛え!」

34: 名無しさん 2019/03/18(月)19:21:45 ID:v2K
ルフィ(なっ…殺すつもりで殴ったのに!?)

ルフィ「ししし!!面白えじゃねえか…ワノ国! ガキがこの強度かよ!」

ルフィ「本気で行くぞ!!ギア4 バウンドマン!!!!」ゴイーンゴイーン

先生「そこまでです!」

ルフィ「!」

小杉「!」

まる子「ほっ…」

先生「モンキー君、あとで職員室まで来なさい」

ルフィ「嫌だ!!!!」

ルフィ「おめぇはつまんねえ!仲間にはいらねえよ!」

先生「来ないと退学にしますよ」

ルフィ「ぐっ…仕方ねえな!」

40: 名無しさん 2019/03/18(月)19:24:08 ID:v2K
職員室

先生「モンキー君、呼ばれた理由はわかってますね?」

ルフィ「知らねえ」

先生「はあ…まあいいでしょう。その代わり、ルフィ君はこれからこの上履きを履いて学校生活を送りなさい」

ルフィ「? なんだこれ、力が抜け…」

先生「海楼石入りです」

ルフィ「なっそれじゃ力が入らねえし覇気も使えねえじゃねえか!」

先生「必要ないでしょう」

ルフィ「くそ…お前いつか殺すからな!」

46: 名無しさん 2019/03/18(月)19:27:34 ID:v2K
休み時間

ルフィ「あ~…だりー…」

まる子「なんか静かになったねルフィ君」

たまちゃん「そだね、良かったね」

永沢「ふん、転校生が調子にのるからこうなるのさ」

まる子「永沢」

永沢「これに懲りたらちょっとは周りの迷惑を考えることだね」

ルフィ「あ? なんだこのタマネギ…」

永沢「睨んだって怖くないさ。海楼石で弱体化してるんだろ?」

永沢「夏のプールの授業が楽しみだね」

ルフィ「グギギギギ…」

ルフィ(あいつ…ゆるさねえ)

48: 名無しさん 2019/03/18(月)19:28:15 ID:v2K
放課後

ルフィ「うおおおおおーーーーー!!!!!」

ルフィ「放課後になったぞ!!!こんな上履き脱いでやる!!!」

54: 名無しさん 2019/03/18(月)19:30:49 ID:v2K
ルフィ「永沢ーーー!!俺と勝負しろ!!!」

まる子「永沢なら帰ったよ!!」

ルフィ「なにぃ!? タマネギのビブルカードよこせ!!」

まる子「無いよそんなの!」

ルフィ「お前この船の航海士だろ!!! 俺を永沢の家に連れてけ!!」

まる子「ええ…やだなあ」

ルフィ「うるせえ、行こう!!!!」

56: 名無しさん 2019/03/18(月)19:39:01 ID:v2K
永沢の家

ルフィ「永沢ーー!!! 出てこーーーい!!!!」

まる子「ちょっ家の人に迷惑だからやめなよぉ」

ルフィ「うるせえ!!! 覇気使えるからって調子のんな!」

ルフィ「俺はあいつみてえな腐った男が嫌いなんだ!!!」

ルフィ「おい永沢!!!出てこねぇとこの家燃やすぞ!!!!」

永沢「や、やめてくれよぉ…」

ルフィ「はい遅い!レッド・ホーク!!!!」ドガガガガガガ

永沢の家に火が付く!!!!!!

永沢「ぼ、僕の家が!!!!」

ボオオオオオオオオオオオ

ルフィ「…? 何か聞こえねえか?」

永沢の家『ごめんね…もっと長い間君を住まわせてあげたかった』

永沢「これは…僕の家の声!?」

永沢の家『もっと長い間、君を雨風から守りたかった!!』

永沢の家『今まで大切にしてくれて、どうもありがとう。僕は本当に幸せだった!』

永沢「うおおおおおおおおお(涙)」

ルフィ「メリーーーーー!!!!!」

62: 名無しさん 2019/03/18(月)19:45:09 ID:v2K
次の日

まる子「ってなことがあってさあ、永沢は泣いちゃうし大変だったよ」

たまちゃん「はは、おつかれ様…」

キートン「ルフィの隣の席になって本当に良かったと思うたまちゃんであった」

丸尾「はいはい皆様注目してください!」

丸尾「ずばり、永沢君を慰める会をしましょう」

ルフィ「何!?宴だーーーー!!!!!!」

はまじ「あいつ、元はと言えば自分が原因なのにすげえな…」

永沢「いいよ…もうほっといてくれよ…」

ルフィ「じゃあお前抜きでやろう! お前はいらねえ!!!」

まる子「まあまあ…もう永沢くんも嫌がってるしやめとこうよ」

たまちゃん「そうだよ、2回も慰める会するなんてむだじゃん」

丸尾「まあそうですね」

68: 名無しさん 2019/03/18(月)19:52:17 ID:v2K
休み時間

ルフィ「おいお前ら!冒険に行くぞ!!」

ブー太郎「冒険ってなんだブー」

はまじ「学校の敷地外に出ちゃいけないんだぜ」

ルフィ「うるせえ、行こう!!!」

藤木「あっ僕もついていっていいかい?」ワクワク

はまじ「仕方ねえな、行くかー」ワクワク

まる子「あーあ、男子ってなんでああいう子供っぽいのが好きなんだろ」

校庭

はまじ「冒険って校庭ですんのか?」

ルフィ「うるせえ、行こう!!!」

ブー太郎「意味がわからないブー」

ワーワー

ルフィ「? なんだ?」

6年生「おいお前ら! この校庭は俺らのもんだ!下級生は出てけ!」

大野「くそっ…」

杉山「やめとけ大野、あいつ強えよ」

6年生「はっはっは、最初から開け渡せばいいんだよ」

ルフィ「なんだあいつ!ムカつくな!!」

ルフィ「おいそこのお前!!!」

6年生「あ?」

ルフィ「殺す!!!!」

73: 名無しさん 2019/03/18(月)19:55:05 ID:v2K
大野「おいお前、やめとけって! 3年生が6年に敵うわけねえよ!」

ルフィ「うるせえ、ここで引いたら俺は、海賊王になれねえ!!」

6年生「はっ、3年坊が…いいよ、かかってこい」

ルフィ「ブー太郎、この喧嘩…絶対買うな!!」

6年生「はぁ?意味わかんね…」

ルフィ「ゴムゴムのピストル!!!!」ドガっ

6年生「グアアアアアアアアア!!!」

ルフィ「天竜人がそんなにえれぇのか!!!!!!」

76: 名無しさん 2019/03/18(月)19:59:05 ID:v2K
大野「嘘だろ、倒しやがった…」

杉山「ルフィ…ただの山田2号だと思ったけど…意外といいやつなのか?」

はまじ「おめえ、カッコいいな!!!スカッとしたぜ!」

ルフィ「ししし!!イィよ!」

こうしてルフィはクラスに溶け込むことができたのだった。

月日は流れ……

83: 名無しさん 2019/03/18(月)20:03:30 ID:v2K
高校

女子A「キャーーー!!!ルフィさんの登校よ!!!」

女子B「今日もカッコいい!!!」

まる子「しっかしルフィ君がモテモテになるとはねぇ」

ルフィ「ししし!!! 海賊王なんて馬鹿な夢捨てて良かった!!」

ルフィ「やっぱりなんだかんだいってセックスが一番だぜ!!!」

女子C「あのっルフィさん…私を抱いてください!」

ルフィ「おう!!」

女子C「私の中にDの意思を注ぎ込んで下さい!!!」

ルフィ「ししし、それは無理だ!!!」

ルフィ「孕まないねぇ、ゴムどから!!!」どん!!!