1: 名無しさん 2019/04/23(火) 13:18:41.011 ID:U8ItjRjh0
美少女「だから先生に言っちゃダメよ?」

引用元: ・美少女「あんたのことイジめるの飽きたから、今日からはキモチイイことしてあげる」

7: 名無しさん 2019/04/23(火) 13:26:18.176 ID:U8ItjRjh0
少年「な……なに言ってんだよ」

美少女「なにもなにも、そのままの意味。女の子が男の子にしてあげるキモチイイことって言ったら……ね?♡」

少年「ふざけるなよ! 今まで僕になにしてきたと思ってんだよ!!」

少年「誰がお前なんかに……っ」

美少女「ふーん。じゃあ、これからもイジめられ続ける方がいいわけ? そういう趣味なの?」

少年「どっちも嫌に決まってるだろ。もうやめてくれなかったら、先生にも親にも全部バラす」

美少女「……」

10: 名無しさん 2019/04/23(火) 13:33:57.027 ID:U8ItjRjh0
美少女「そんなことしたら、これまでの写真とかぜんぶバラまいちゃうけど」

少年「……勝手にしなよ。も、もう、これ以上いいなりになんて」

美少女「ならないの? 今日だって私に呼ばれて、こんな朝早くに学校に来たくせに?」

少年「そ……それは……」

美少女「ふふ。ダメよもう。あんたは私に逆らえないよう、クセがついちゃってるんだから」

美少女「でもまあ……そのうちポロっと余計なこと言っちゃうことくらいはあるかも知れないし。イジめは潮時かなって思うのよね」

美少女「だから今日からは、あんたのほうでも秘密を守りたいって思うようにしてあげる♡」

少年「……」

美少女「ほら。座りなさいよ。痛い思いしたいの?」

少年「ぅぅ……」

11: 名無しさん 2019/04/23(火) 13:34:12.013 ID:yAzKWTZ3d
美少女「はいこれ」

少年「…なにこれ」

美少女「みたらわかるでしょ?プチプチ」

少年「いやたしかに気持ちいいけど…」

美少女「いいからプチプチ床に広げて」

少年「…こう?」

美少女「その上に手をおいて」

少年「なんで?」

美少女「手伝ってあげるから、はやくしなさい」

少年「はい…」

美少女「フンッ」ドゴォプチプチィ!!!

少年「ああああああああ!!!!」


13: 名無しさん 2019/04/23(火) 13:39:12.281 ID:U8ItjRjh0
美少女「ん……♡」

少年(あ……)

美少女「ン、ちゅ♡ んん……っ♡」

チュッ…♡ チュゥ、チュ♡

少年(……!)

美少女「……ふふ、なにその顔。ホントにこういうコトされるなんて思ってなかった?」

少年「///」

美少女「もっと力抜きなさいよ。そのまま目、つぶって……命令よ♡」

15: 名無しさん 2019/04/23(火) 14:00:53.423 ID:yAzKWTZ3d
続きはよ