344: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:38:10.42 ID:J+6V1sXeo
かな子「はい」 

武内P「……三村さん」 

かな子「できました」ニコリ 

武内P「……三村さん」 


武内P「現在の体重を教えてください」 


かな子「できたみたいです」 


武内P「……」 

かな子「……」


引用元: ・武内P「泥酔、ですか」

345: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:42:03.70 ID:J+6V1sXeo
武内P「……三村さん」 

かな子「うふふっ、どうしたんですか?」ニコリ 

武内P「現在の体重を教えてください」 

かな子「あっ……ちょっと待ってください」 


かな子「……蹴りました~♪」ニコッ! 


武内P「何がですか?」 


かな子「……」 

武内P「……」

346: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:44:52.21 ID:J+6V1sXeo
武内P「三村さん」 

かな子「できたんです」 

武内P「……三村さん」 

かな子「何ですか?」 


かな子「……パパ?」 


武内P「多方向に誤解を生む呼び方はやめてください」 


かな子「……」 

武内P「……」

347: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:48:36.09 ID:J+6V1sXeo
かな子「アイドル、仕事、楽しい」 

武内P「何故、片言に?」 

かな子「お金、入る、嬉しい」 

武内P「……まあ、はい」 


かな子「美味しい、お菓子が、できました」 

かな子「……と、言うことは?」 


武内P「……」 


かな子「ぃ、よいしょ~っ!」 

すぱぁんっ! 


武内P「待ってください、自分のお腹を叩くのは……あまりにも」

348: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:51:50.79 ID:J+6V1sXeo
かな子「じゃあ……できてたとしますよ?」 

武内P「はい?」 

かな子「仮の! 仮の話です! 仮の!」 

武内P「……はあ」 


かな子「……できるだけ、栄養を取らないといけない」 

かな子「そうは思いませんか?」 

かな子「良かった~! やっぱり、そうですよね!」ニコッ! 


武内P「……良い、笑顔です」 

武内P「口を挟む暇は頂けませんか?」

349: 名無しさん 2019/04/03(水) 21:57:26.43 ID:J+6V1sXeo
かな子「じゃあ……仮にですよ?」 

武内P「聞く必要がありますか?」 

かな子「できてなかったとします。仮に、ですからね?」 

武内P「……何ですか」 


かな子「見てください、このお腹」 

…ぽっこり! 

かな子「……ねっ?」ニコッ! 

かな子「アイドルがして良いお腹じゃないですよね?」 


武内P「……」 

武内P「はい、仰る通りです」

350: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:01:05.44 ID:J+6V1sXeo
かな子「でも、私はアイドルですよね」 

武内P「……はい」 

かな子「そうです、三村かな子です~♪」ニコッ! 

武内P「……」 


かな子「だから……できたみたい、です」 

かな子「でなきゃ、説明がつきませんもんね♪」ニコッ! 


武内P「食べ過ぎです」 


かな子「……」 

武内P「……」

351: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:05:36.82 ID:J+6V1sXeo
かな子「じゃあ……まさか、なんですけど」 

武内P「はい」 

かな子「私、カロリー計算を間違ったんでしょうか?」 

武内P「今週、甘い物を何回持ってきましたか?」 


かな子「えっと……ひの、ふの……」 

かな子「……数える指が足りないので、わからないです~♪」ヤレヤレ! 


武内P「……三村さん」 

武内P「二桁に乗っているだけで、十分すぎます」

352: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:09:29.36 ID:J+6V1sXeo
かな子「えへへ……失敗しちゃいました♪」テヘペロッ! 

武内P「良い、笑顔……いえ、笑い事では無く」 

かな子「じゃあ、どうすれば良いんですか?」 

武内P「ダイエットをしましょう」 


かな子「オイルマッサージですか?」 

かな子「美波ちゃん式ですか?」 


武内P「それで薄くなるのは、お腹ではなく本です」 

武内P「そして、新田さん式という表現はやめましょう」

353: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:14:32.36 ID:J+6V1sXeo
かな子「じゃあ、どうすれば良いんですか?」 

武内P「甘い物を控えましょう」 

かな子「そもそも、ダイエットって何ですか?」 

武内P「無駄な抵抗はやめてください」 


かな子「――個性」 


武内P「その一言で片付けようとしないでください」 


かな子「……」 

武内P「……」

354: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:18:01.97 ID:J+6V1sXeo
かな子「――あっ、プロデューサーさん」 

武内P「? どうしましたか?」 

かな子「上着の、右ポケットに……取りますね」 

武内P「すみません……糸くずでもついていましたか?」 


かな子「――マシュマロが」 

ぱくっ! 

かな子「ん~っ♪ マシュマロ美味しい~♪」ニコニコ! 


武内P「……三村さん」 

武内P「大事な話の最中、技を駆使しないで頂けますか?」

355: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:24:41.29 ID:J+6V1sXeo
武内P「CANDY ISLANDでの、LIVEが控えています」 

かな子「はいっ♪ レッスン、頑張ってますよー!」 

武内P「ステージ衣装は、着られますか?」 

かな子「あっ、プロデューサーさん。肩に――」 


かな子「――サーターアンダギーが」 

ぱくっ! 

かな子「……すみません、口の中の……水分が」 


武内P「……三村さん」 

武内P「せめて、今は我慢出来ませんか?」

356: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:31:47.31 ID:J+6V1sXeo
武内P「今日の夕食の献立は、把握していますか?」 

かな子「はいっ♪ 山菜の天ぷらです」 

武内P「そう、ですね……旬の味覚も大事ですから」 

かな子「天ぷらだから、量は控えめにします!」 


かな子「……だけど、山菜だけじゃ寂しいかなー、って」 

かな子「アイスクリームの天ぷらも挑戦します!」 

かな子「天つゆじゃなくて、シロップで♪」ニコッ! 


武内P「三村さん」 

武内P「カロリーモンスターで寂しさを紛らわせないでください」

357: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:37:38.89 ID:J+6V1sXeo
かな子「……プロデューサーさん、ちょっと考えてみてください」 

武内P「何をですか」 

かな子「できてた方が、良いと思いませんか?」 

武内P「……一応聞いておきます」 


武内P「何故、そう思われるのでしょうか?」 


かな子「生まれたら、お腹がへっこみます」 

かな子「ねっ? できてた方が、良いですよね?」 


武内P「生まれるかどうかは、関係ありません」 

武内P「お腹がへこむ予定日だけ、お願いします」

359: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:47:38.40 ID:J+6V1sXeo
かな子「責任……取ってくださいね///」 

武内P「何のですか?」 

かな子「何の、って……も~、わかってますよね///」 

武内P「いえ、全く」 


かな子「LIVEは、三週間後なんですよ?///」 

かな子「ふふっ、うふふっ♪ えへへっ♪」ニコニコッ! 


武内P「……三村さん」 

武内P「お腹の前に、その笑顔を引っ込めてください」

360: 名無しさん 2019/04/03(水) 22:59:40.24 ID:J+6V1sXeo
かな子「三週間じゃ、生まれませんよ?」 

武内P「待った所で、時計の針が進むだけです」 

かな子「ウェストの数値は増えます!」プンプン! 

武内P「今、私が怒られるのは理不尽すぎませんか?」 


かな子「……それじゃあ、プロデューサーさん」 

かな子「三週間で、間に合うと思いますか?」ムッ! 


武内P「…………」 

武内P「……」 


武内P「諦めなければ、きっと道は開けます」

361: 名無しさん 2019/04/03(水) 23:07:49.07 ID:J+6V1sXeo
かな子「でも、無理は駄目ですよ~!」 

武内P「自分で自分にかける言葉ではありません」 

かな子「前みたいに倒れて、迷惑かけちゃうかも……」 

武内P「大丈夫です。きちんと管理をしますので」 


かな子「……わかりました!」 

かな子「私、頑張ります!」 


武内P「……三村さん」 


かな子「それじゃあ……失礼します」 


武内P「待ってください」 

武内P「何を頑張るのですか、三村さん」

362: 名無しさん 2019/04/03(水) 23:16:41.33 ID:J+6V1sXeo
かな子「何をって……アイスクリームの天ぷらをですけど……?」キョトン 

武内P「何一つご理解いただけていない、と」 

かな子「すぅっ――ふぅはああぁぁ~~っ……」ヤレヤレ 

武内P「待ってください。そのため息は、あまりに大きすぎます」 


かな子「今日の献立は、もう決まっちゃってるんです」 

かな子「だから……お願いします、プロデューサーさん」 


武内P「……三村さん」 

武内P「ダイエットをする気は、ありますか?」 


かな子「勿論です!」 


武内P「……その言葉は、信じても?」 


かな子「――はいっ♪」ニコッ! 

かな子「明日から、頑張りますー♪」ニコニコ! 




おわり