464: 名無しさん 2019/04/09(火) 13:48:29.58 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「そう! Pくんってアタシ達に遠慮してるでしょ!」 

武内P「そう、でしょうか……」 

みりあ「プロデューサー、気付いてなかったの?」 

武内P「すみません……自分では、よく」 


きらり「Pちゃんがきらりん達をだいずぃ~にしてる、ってわかるゆ」 

きらり「でもでも……ちょ~っとさびすぃーにぃ」 

莉嘉・みりあ「うん……」 


武内P「……!」 

武内P「皆さん……」


引用元: ・武内P「泥酔、ですか」

465: 名無しさん 2019/04/09(火) 13:51:33.69 ID:aRLHXNvGo
武内P「すみません……皆さんに、そんな思いをさせていたとは」 

莉嘉「……そうだよ! だ・か・らぁ~☆」 

みりあ「これからは、もーっと仲良くしようねっ!」 

きらり「遠慮なんてポーイッ! ハピハピしようにぃ☆」 


武内P「はい……わかりました」 


莉嘉・みりあ・きらり「……えへへ!」ニコッ! 


武内P「凸レーションを解散します」ニコリ 


莉嘉・みりあ・きらり「……」 

莉嘉・みりあ・きらり「えっ!?」

466: 名無しさん 2019/04/09(火) 13:54:15.79 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「Pくん!? 今、何て言ったの!?」 

武内P「? 凸レーションを解散します、と」 

みりあ「何で!? 何で何で何で!?」 

武内P「えっ? 遠慮をするなと、仰られたので……はい」 


きらり「それが、どうして凸レーションの解散になるの~!?」 


武内P「はい。凸レーションを解散し――」 

武内P「――諸星さんには、本格的にモデルとして活動して貰います」 


莉嘉・みりあ・きらり「……」 

莉嘉・みりあ・きらり「はいっ!?」

467: 名無しさん 2019/04/09(火) 13:57:43.51 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「きらりちゃんが……モデル活動?」 

武内P「はい。以前から、その考えはあったのですが……」 

みりあ「凸レーションを解散しないと駄目なの!?」 

武内P「……ええ、残念ながら」 


武内P「城ヶ崎さんと赤城さんは、今だ義務教育課程にあります」 

武内P「なので、あまり海外に撮影等で行くのは……難しいからです」 

武内P「本人的にも、会社的にもイメージが悪いですから」 


きらり「……海外?」 


莉嘉・みりあ「……」 

莉嘉・みりあ「きらりちゃん?」

468: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:01:10.24 ID:aRLHXNvGo
武内P「はい。諸星さんのスタイルは、世界で通用します」 

きらり「にょわっ!? せ、世界って……他の国って事ぉ!?」 

武内P「ええ、勿論です」 

きらり「で、でもでも……!」 


武内P「アイドルとして活動してきて学んだ――笑顔」 

武内P「……諸星さん」 

武内P「貴女の輝きは――ガチの、世界レベルです」 


きらり「……世界」 


莉嘉・みりあ「……」 

莉嘉・みりあ「きらりちゃん!?」

469: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:07:02.56 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「きらりちゃん、なんかノリ気になってない!?」 

きらり「うっぴゃー!? そ、そんな事ないゆ!?><」 

みりあ「きらりちゃん!? 受け答えが、アイドルモードだよ!?」 

きらり「だいじょーぶいっ☆ きらりん、ハピハピスマ~イル☆^^」 


武内P「ですが……即、海外は流石に難しいものがあります」 


きらり「……そ、そうだよね!」 

きらり「だからぁ、今はアイドルを頑張るにぃ~☆」 


武内P「なので、城ヶ崎美嘉さんのモデルとしてのルート」 

武内P「手始めに、その活動の場を全て頂こう、と」 

武内P「……そう、思います」 


莉嘉「おね――ちゃ――ん!?」 

みりあ「すごーい! プロデューサー、本気の目をしてるよ!」

470: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:10:35.67 ID:aRLHXNvGo
きらり「そ、それじゃ美嘉ちゃんに迷惑がかかっちゃうゆ!」 

武内P「そう、ですね……」 

美嘉「お姉ちゃんの仕事、減っちゃうってコト!?」 

みりあ「美嘉ちゃん、最近はモデルの仕事多くなってたもんね……」 


武内P「はい」 

武内P「ですが……安心してください」 

武内P「――会社としての利益は、増えます」 


莉嘉・みりあ・きらり「……」 

莉嘉・みりあ・きらり「あ、はい」

471: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:17:40.38 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「きらりちゃんが……モデルとして活動する、ってコトはぁ」 

みりあ「美嘉ちゃんみたいに……自分らしく、って感じで?」 

きらり「にょ、にょわ……きらりん、ちょっぴり自信無いにぃ……」 

武内P「……いえ」 


武内P「――全て、私のプロデュース方針に従って頂きます」 

武内P「諸星さんの、可愛らしいものを好むという……自身の個性」 

武内P「それに関しては、我慢して頂く必要があります」 


莉嘉・みりあ「え~っ!?」 


武内P「必然……相談する機会を増やす事になります」 

武内P「なので、二人の時間は今よりもかなり長くなりますね」 


きらり「……」 

きらり「Pちゃん、ちょお~っと詳しく聞きたいにぃ」

472: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:23:07.87 ID:aRLHXNvGo
武内P「詳しく……ですか?」 

きらり「はい」 

武内P「そう、ですね……例えば……」 

きらり「はい」 


武内P「諸星さんは、まだ高校生です」 

武内P「なので、やはりまだどこか子供らしさを感じる場面も」 

武内P「それも魅力の一つなのですが……」 

武内P「教養や立ち振舞等の、大人の女性としてのレッスン」 

武内P「……そちらも、受けて頂く必要があります」 


きらり「それは……Pちゃんも一緒に居るのぉ~?」 


武内P「? はい、勿論」 


きらり「……」 

きらり「にょわー……」

473: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:27:38.79 ID:aRLHXNvGo
武内P「そして……これは、申し訳無いのですが」 

きらり「はい」 

武内P「海外でも、モデルとして活動する場合……」 

きらり「はい」 


武内P「やはり、長距離での移動は増えてしまいます」 

武内P「それに……あちらでの滞在期間も」 

武内P「なので、フットワークの都合上……」 

武内P「……どうしても、少人数での移動になってしまいます」 


きらり「それは……Pちゃんと二人っきりの場合もぉ~?」 


武内P「ええ、何度も出てくると思います」 


きらり「……」 

きらり「にょわわー……」

474: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:32:56.22 ID:aRLHXNvGo
武内P「ですが……今の、諸星さんの持つ輝き」 

きらり「はい」 

武内P「それを失うのは、良い選択とは言えません」 

きらり「はい」 


武内P「なので……仕事外の、プライベートで」 

武内P「……可愛らしい洋服や小物等」 

武内P「それら我慢していた分を満たして頂こうと考えています」 

武内P「――オンとオフの切り替え」 

武内P「これが、とても重要になるかと……そう、思います」 


きらり「それは……Pちゃんも付き合ってくれるのぉ~?」 


武内P「? 私で良ければ……はい、当然です」 


きらり「……」 

きらり「にょわわわー……」

475: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:38:02.55 ID:aRLHXNvGo
武内P「これが、今後の大まかな方針になります」 

きらり「はい」 

武内P「具体的には、相談して決めていくことになりますが……」 

きらり「はい」 


きらり「でも……P……」 

きらり「――プロデューサーさん」 

きらり「きらりん……」 

きらり「――私は、凸レーションの活動も大切です」 


莉嘉・みりあ「きらりちゃん!?」 

莉嘉「どうしたの!? いつものきらりちゃんじゃない!」 

みりあ「うんうん! なんか、表情がオトナぽいよ!?」 


きらり「そんなことありませんのだ」 


莉嘉・みりあ「!?」

476: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:43:51.26 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「きらりちゃん、正気に戻って!」 

きらり「莉嘉ちゃん……?」 

みりあ「みりあ、きらりちゃんだーい好きだよ!」 

きらり「みりあちゃん……」 


きらり「……ありがとにぃ!」 

ツカツカツカ……ツカッ! 

きらり「きらりん、二人共だぁ~い好きだゆ☆」キリッ! 

クルッ― 

きらり「うぇへへ! だから、これからもヨロシクにぃ~☆」 

ツカツカツカツカ…… 


武内P「……良い、モデルウォーキングです」 


莉嘉・みりあ「きらりちゃ――んっ!?」

477: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:51:06.95 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「Pくん! きらりちゃんばっかりズルーイ!」 

武内P「えっ?」 

みりあ「みりあ達の事、ほったらかしにするのー!?」 

武内P「いえ、そんな事はありません」 


武内P「お二人には、よくご存知の方とユニット活動をして頂きます」 

武内P「その方は、トップアイドルの一人として活躍されていて……」 

武内P「……諸事情により、スケジュールに空きが出来ます」 

武内P「活動を通じて、良い点を学んで頂き……」 

武内P「その方のファンも、取り込んでいく形を目指します」 


莉嘉「お姉ちゃんじゃん! どう考えても、お姉ちゃんじゃん!」 

みりあ「美嘉ちゃんのファンを……うん! みりあ、頑張る!」

478: 名無しさん 2019/04/09(火) 14:58:13.80 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「ムリだよぉ~……そんなの、出来ないもん!」 

武内P「城ヶ崎さん?」 

莉嘉「だって、お姉ちゃん……凄いアイドルだし……」 

武内P「……安心してください」 


武内P「凸レーションは、城ヶ崎さんと赤城さん」 

武内P「お二人を諸星さんが優しく見守りながら、一緒に楽しんでいく……」 

武内P「……そういった形のユニットでしたが」 


莉嘉「……うん」 


武内P「――新しい方とのユニット」 

武内P「こちらは、お二人の元気な、明るい部分を全面に押し出し……」 

武内P「……その方を浮いてるように見せようと考えています」 


莉嘉「……おおう」

479: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:04:11.58 ID:aRLHXNvGo
みりあ「莉嘉ちゃん! きっと、出来るよ!」 

莉嘉「みりあちゃん……」 

きらり「みぃ~んなで、ハピハピしようにぃ~☆」 

莉嘉「きらりちゃん……」 


莉嘉「――トーゼンっ☆」 

莉嘉「アタシは、カリスマJCアイドル、城ヶ崎莉嘉だもん☆」 

莉嘉「どんどんセーチョーして、皆をメロメロにするんだからっ!」 


莉嘉「――こんな風にねっ★」ビシッ! 


みりあ・きらり「莉嘉ちゃん……!」 


武内P「……良い、カリスマです」

480: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:12:20.34 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「……ヤバい! なんか、ワクワクしてきた!」 

みりあ「うんうん! 考えただけなのに、楽しいね!」 

きらり「うぇへへ! ワク☆ワク☆ワーキーング☆」 


莉嘉・みりあ・きらり「えへへっ!」ニコッ! 


武内P「……良い、笑顔です」 



美嘉「――ちょっとカリスマ★」 



莉嘉・みりあ・きらり「……えっ?」 

武内P「……城ヶ崎さん」 



美嘉「……話はゼンブ聞かせて貰ったよー★」 

…バタンッ!

482: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:19:48.82 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「お……お姉ちゃん、いつから聞いてたの!?」 

美嘉「最初からだよ」 

みりあ「ええっ!? なんでなんで!?」 

美嘉「外に居たからだよ」 

きらり「にょわっ!? ずっと部屋の外に!?」 

美嘉「その通りだよ」 


美嘉「――もうちょっと、アイツと仲良くなりたい」 

美嘉「……そう、相談されたからさ?」 

美嘉「――遠慮しないよう言ってみればイイんじゃないのー★」 

美嘉「……なーんてアドバイスして、見守ってた」 

美嘉「カリスマJKアイドル、城ヶ崎美嘉の――アタシだよっ★」ビシッ! 


莉嘉・みりあ・きらり「……」 

武内P「……」

483: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:21:03.71 ID:aRLHXNvGo
>>470 
これはガチミスでした 

誤)>美嘉 

正)>莉嘉

484: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:28:54.16 ID:aRLHXNvGo
美嘉「はぁ……アンタ達……はぁ……」 

武内P「……城ヶ崎さん」 

美嘉「はぁ……特にアンタ……はぁ……」 

武内P「……」 


美嘉「ちょっとアンタねええっ!?」カーッ! 

美嘉「ミンナに遠慮しなくなったら、何!?」カーッ! 

美嘉「最終的に、アタシはどうなるっての!?」カーッ! 

ツカツカツカツカ! 


武内P「――アイドル兼、アシスタントとして」 

武内P「私と一緒に、彼女達をプロデュースして頂こう、と」 

武内P「……そう、考えています」 


美嘉「……ぃよぉ――し!」 

クルッ! ツカツカツカツカ… 

美嘉「話、聞こうじゃん!?」 

…ストンッ

486: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:38:42.73 ID:aRLHXNvGo
武内P「まず、城ヶ崎さんのアイドルとしての経歴は素晴らしいものです」 

美嘉「オッケー★ まずは、そうやっておだてる作戦ね!」 

武内P「ですが、数年後を見越した時……方向性に、難しいものがあります」 

美嘉「オッケー★ 次に、あげておとす作戦ね!」 


武内P「なので……今のうちから、新たな方面での活動を」 

武内P「初めは、私と一緒に彼女達のプロデュースをし……学んで頂き」 

武内P「ゆくゆくは、プロデューサーとして……いえ」 

武内P「元カリスマアイドルの――カリスマ★プロデューサーとして」 

武内P「活躍して頂けるのではと……思っています」 


美嘉「一緒にってコトは……どの位の期間?」 


武内P「そう、ですね……三年ほど、でしょうか」 


美嘉「……はいはい」 

美嘉「ハイハイハイハイ★ なるほどねー★」

487: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:45:40.78 ID:aRLHXNvGo
美嘉「三年って、ケッコー長いよねぇ」 

武内P「そう、ですね……」 

美嘉「三年一緒ってコトでしょ? だよね?」 

武内P「ええ、そうなります」 

美嘉「そっかそっか、なるほどねー★」 


美嘉「…………」 

美嘉「……」 


美嘉「――アタシ、実は料理得意なんだよね」 

美嘉「和食なんか、ケッコー自信アリ★」 


武内P「えっ?」 


莉嘉・みりあ・きらり「……」

488: 名無しさん 2019/04/09(火) 15:51:45.97 ID:aRLHXNvGo
莉嘉「――やっぱり、今のままがイチバンだよ☆」 

みりあ「――うんうん! だって、すっごく楽しいもん!」 

きらり「――うぇへへ! きらりんも、そう思うにぃ☆」 


武内P「皆さん……」 


美嘉「あっれ!? えっ!?」 

美嘉「アタシの、TOKIMEKIエスカレートプランは!?」 


武内P「……すみません」 

武内P「先程までの話は、忘れてください」 


美嘉「いやいや、待って待って!?」 

美嘉「なんか……なんかアタシ、不安だけが残るんだケド!?」

489: 名無しさん 2019/04/09(火) 16:01:40.20 ID:aRLHXNvGo
武内P「……先程の、皆さんの答え」 

武内P「それを聞いて……私も、考えを改めました」 

武内P「やはり――凸レーションは、解散すべきではありません」 


莉嘉・みりあ・きらり「えへへっ!」ニコニコ! 


武内P「……良い、笑顔です」 

武内P「その笑顔の輝きは……何物にも、代えられませんね」 


美嘉「ちょっと!? さっき、アタシに言ったコトは!?」 

美嘉「ホラ、アシスタントとか……プロデュースの手伝いとかさ!?」 

美嘉「数年後とか……ねえ、ちょっと!」 


武内P「それは、その……笑顔です」 


美嘉「今更遠慮しないでよ!」 



おわり