692: 名無しさん 2019/04/17(水) 21:51:15.19 ID:M9m6cHObo
あやめ「いかにも! そのためにお力をお借りしたく、ニンッ!」 

武内P「あの……何故、私に?」 

あやめ「ははは、またまたご冗談を!」 

武内P「えっ?」 


あやめ「忍とは、闇に生き……闇に死す定め」 

あやめ「つまり――闇について、よく知る必要があるという事!」 

あやめ「そこで、貴方の担当アイドルが闇を抱えていると聞いt」 


武内P「待ってください」







引用元: ・武内P「泥酔、ですか」

693: 名無しさん 2019/04/17(水) 21:54:24.42 ID:M9m6cHObo
あやめ「? どうしましたか?」 

武内P「私の担当アイドルの方は、闇を抱えていはいません」 

あやめ「ニンとッ!?」 

武内P「ですから、お力にはなれないと思います」 


あやめ「手に入れた情報に、誤りが……?」 

あやめ「情報によれば――幸せの四葉の君」 

あやめ「その方が、闇を抱えていると聞いt」 


武内P「待ってください」

694: 名無しさん 2019/04/17(水) 21:57:24.88 ID:M9m6cHObo
あやめ「? どうしましたか?」 

武内P「その情報は、どこから?」 

あやめ「! では、やはり……!」 

武内P「浜口さん、お答えいただけますか?」 


あやめ「ふっ、それは言えません!」 

あやめ「たとえ、どんな責め苦を受けようとも、決して!」 

あやめ「……はっ!?/// まさか、いやらs」 


武内P「待ってください」

695: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:01:38.79 ID:M9m6cHObo
あやめ「……兎に角、情報は確かなようですね!」 

武内P「……他言無用で、お願いします」 

あやめ「御意! お力をお貸し頂く訳ですからね!」 

武内P「……わかり、ました」 


あやめ「――それでは、早速!」 

あやめ「幸せの四葉の君に、お話を伺いたく思います!」 

あやめ「その方は、一体いずこに?」 


武内P「待ってください」

696: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:07:37.59 ID:M9m6cHObo
あやめ「? どうしましたか?」 

武内P「その闇は、気軽に触れていいものではありません」 

あやめ「覚悟は、決めて参りました!」 

武内P「……」 


あやめ「何よりも――同じ事務所に所属する忍同士!」 

あやめ「――あやめは、アイドルとして!」 

あやめ「――幸せの四葉の君の抱える闇は……アイドルを守る者として!」 

あやめ「分かり合えない道理が、ありましょうか!?」 


武内P「……」 

武内P「待ってください?」

697: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:10:11.45 ID:M9m6cHObo
あやめ「? どうしましたか?」 

武内P「緒方さ……幸せの四葉の君が抱える、闇」 

あやめ「えっ? 今、名前を……」 

武内P「彼女が抱える闇とは、お抱えの忍という意味ではありません」 


あやめ「に、ニンとっ!?」 

あやめ「ならば……闇とは、一体!?」 


武内P「それは、その……」 

武内P「……」 

武内P「プライベートな話ですから……はい」

698: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:14:02.59 ID:M9m6cHObo
あやめ「話すことは出来ない、と?」 

武内P「はい」 

あやめ「そう……ですか」 

武内P「すみません」 


あやめ「――フッ!」 


ヒュッ―― 


武内P「吹き矢!?」 

武内P「――プロデュース・二指真空把!」 


パシッ! ヒュッ―― 


――プスッ! 

あやめ「あうっ!?」

699: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:19:24.47 ID:M9m6cHObo
武内P「あの……何故、突然吹き矢を?」 

あやめ「素直に喋るようになる秘伝の薬が塗ってあるからです。はっ!?」 

武内P「……だと、思いました」 

あやめ「くっ……こちらの手を利用するとは、中々の手練!」 


あやめ「このままでは、闇を学んでより忍として成長し!」 

あやめ「忍ドルとして、プロデューサー殿に認めていただき!」 

あやめ「胸に秘めたる恋を叶えるためのうおおおおおっ!?///」 


武内P「……」 

武内P「成る程」

700: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:27:10.29 ID:M9m6cHObo
あやめ「うふぃー!? 効果が抜群すぎます!」 

武内P「……良い、機会です」 

あやめ「き、汚い! 忍者を利用するなんて、汚い!」 

武内P「担当プロデューサーに、恋をされているのですか?」 


あやめ「ちゅき! いっぱいちゅき!」 

あやめ「……いやあの、お慕いしていると言いますか!?///」 

あやめ「恋と憧れの合体忍術でニャンニャンニンニンうふぃいいいい!?///」 


武内P「……」 

武内P「成る程」

701: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:35:28.22 ID:M9m6cHObo
武内P「……今回の件は、担当Pに報告させて頂きます」 

あやめ「お、おおっ、お待ちください!///」ブンブン! 

ババババババ! 

武内P「……あの、その手の動きは?」 


あやめ「後生です! 何卒、プロデューサー殿には!」 

…巳、未、申、亥、午、寅ァ! 

あやめ「――火遁・豪火球の術!」 

ゴォウッ! 


武内P「!? 熱い!」 

武内P「あの……あの、今何を!?」

702: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:43:38.26 ID:M9m6cHObo
あやめ「チャクラを練って印を結び、術を発動させました」 

武内P「そんな、サラリと言われましても!?」 

あやめ「あやめ的には、これは忍者ではなく……NINJAなので、はい」 

武内P「そ、そう……ですか」 


あやめ「――お願いします! 何卒!」 

あやめ「あやめは、恋に関しては今だ未熟!」 

あやめ「――いつの間にか、傍に居なくてはならない存在になるまで!」 

あやめ「どうか! お見逃しください!」 


武内P「…………」 

武内P「……」 


武内P「ええ、勿論です」

703: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:50:42.83 ID:M9m6cHObo
武内P「ですが……約束して、頂けますか?」 

あやめ「約束?」 

武内P「貴女の担当プロデューサーへの想いは、口外しませんので……」 

あやめ「……これ以上、幸せの四葉の君の詮索はするな、と?」 


あやめ「……承知しました」 

あやめ「しかし、あやめは忍としての修練は怠りませんよ!」 

あやめ「――他にも、仁奈ちゃんが闇を抱えているらしいので!」 

あやめ「仁奈ちゃんに話を聞きます、ニンニン!」 


武内P「待ってください!」

704: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:58:15.83 ID:M9m6cHObo
あやめ「? どうしましたか?」 

武内P「浜口さんは……忍らしい、忍ですね」 

あやめ「えっ!? わたくし、忍らしいですか!?」パアッ! 

武内P「はい」 


武内P「こう……天井裏に潜んで、ですね」 

武内P「槍で、一突きにされるタイプの……そんな忍です」 


あやめ「わあっ! 呻き声だけで、姿が見えないやつですね!」 

あやめ「……」 

あやめ「何故!?」

705: 名無しさん 2019/04/17(水) 23:05:09.82 ID:M9m6cHObo
武内P「兎に角……市原さんに聞くのも、やめておきましょう」 

あやめ「えっ!? 何故ですか!?」 

武内P「それは、その……ですね……!」 

あやめ「教えてください! 何故、駄目なんですか!?」 


武内P「あの……りゅ――」 

武内P「――……流派、が」 

武内P「浜口さんとは……流派が違うからです」 


あやめ「……」 


武内P「……!」

706: 名無しさん 2019/04/17(水) 23:08:32.04 ID:M9m6cHObo
あやめ「流派が、違う?」 

武内P「え、ええ……そういった感じです」 

あやめ「……成る程」 

武内P「……!」 


あやめ「――それならば、致し方ありませんね!」 

あやめ「忍法とは、本来ならば門外不出!」 

あやめ「同じ城に潜むとは言え、手の内は全て晒せませんから!」 


武内P「……!」 

武内P「はい! おわかり頂けて、良かったです!」

707: 名無しさん 2019/04/17(水) 23:16:25.30 ID:M9m6cHObo
あやめ「それならそうと、言って頂ければ!」 

武内P「え、ええ……そうですね」 

あやめ「しかし……それでは、成長のきっかけが……」 

武内P「っ……!」 


武内P「は……浜口さんは、大丈夫です!」 

武内P「名匠の鍛え上げた刀剣の放つ、美しい輝き――」 

武内P「――それにも似た、担当プロデューサーへの恋」 

武内P「その、刀の様に美しい恋を……心に忍ばせています」 

武内P「……それは、忍として」 

武内P「いえ、くノ一として必要なものを既に持ち合わせている、と」 

武内P「……そう、思います」 


あやめ「……え」 

あやめ「えー?///」

708: 名無しさん 2019/04/17(水) 23:21:13.28 ID:M9m6cHObo
あやめ「本当に、そう思いますか?///」 

武内P「はい」 

あやめ「……」スッ… 

武内P「吹き矢は、やめてください」 


武内P「ですが、注意してください」 

武内P「先程、浜口さんが仰っていた様に……」 

武内P「――忍ならば、手の内は全て晒してはいけません」 


あやめ「! この恋心がプロデューサー殿に知られたら……」 

あやめ「……」 

あやめ「あっ、考えただけで恥ずかしいので、無しで!///」

709: 名無しさん 2019/04/17(水) 23:35:11.68 ID:M9m6cHObo
あやめ「恋心を胸に秘め……機が熟すのを待つ、ですね?」 

武内P「はい、そういう事になります」 

あやめ「ニンニン! あやめ、精進します!」ニコッ! 

武内P「……良い、笑顔です」 


あやめ「プロデューサー殿の食事に仕込んでいる、恋の秘薬!」 

あやめ「それが効果を発揮するまで……」 

あやめ「わたくし、忍ドルとして、成長していきます!」 


武内P「……秘薬?」 


あやめ「はい! 恋は――戀!」 

あやめ「糸繰りの術を用いて言質を取ります、ニンッ!」 


武内P「忍とは言え、手段は選んでください!」 



おわり