1: 名無しさん 2019/03/18(月) 22:31:31.14 ID:X2fedVSBo
桃華「……‘狂える猛牛’という意味ですわね」

ちひろ「どうする? 映像、止める?」

桃華「いいえ。最後まで見ますわ」

ちひろ「でも、顔色が……」

桃華「わたくし、知っておきたいんですの」


バイソン『ハーハハハ! 少しやり過ぎたかぁ?』


桃華「……ボクシングが、どんなものかを」


https://www.youtube.com/watch?v=Wr3IavT9P70



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1552915890

引用元: ・櫻井桃華「クレイジーバッファロー」

2: 名無しさん 2019/03/18(月) 22:38:13.14 ID:X2fedVSBo
桃華「今度のお仕事に関係があるのですから」

ちひろ「でも、無理をしなくても」

桃華「ちひろさん……」

ちひろ「ボクサーだったら、他にも沢山居るわ」

桃華「ええ、勿論! 先程見せていただいた――」


桃華「――ダッドリーという方の映像!」

桃華「野蛮だと思っていたボクシングに、あんな紳士が居ただなんて!」

桃華「それに、薔薇の花が似合う殿方なんて、そうそう居ませんもの!」

桃華「……Pちゃまも、あの方の様なおヒゲを生やさないかしら?」


ちひろ「そ……それはちょっと」

3: 名無しさん 2019/03/18(月) 22:42:49.72 ID:X2fedVSBo
桃華「それに比べて……」


バイソン『オラァ! 弱ぇカスは引っ込んでな!』


桃華「……この方は、見るに耐えませんわね」

ちひろ「だったら――」

桃華「――だからこそ、ですわ」

ちひろ「えっ?」


桃華「良い部分ばかりを見ていては、きちんと理解したとは言えませんわ」

桃華「ボクシングは、スポーツとは言え殴り合い……」

桃華「だから――」

桃華「――良い部分を見せるため、ダッドリーという方の映像を」

桃華「――悪い部分を見せるため、この、バイソンという方の映像を」

桃華「Pちゃまは、わたくしに用意したと思いますの」


ちひろ「……」

4: 名無しさん 2019/03/18(月) 22:49:17.20 ID:X2fedVSBo
桃華「なら、最後まで見るのが努めですわ!」

ちひろ「……桃華ちゃん」

桃華「ダッドリーちゃまは、このバイソンという方に言ったそうですの」


桃華「――君はボクサーの恥だ」

桃華「――君はボクサーを名乗るに値しない人間だ」


桃華「……って」

桃華「これを見る限りでは、わたくしもそう思いますわ!」フンス!

ちひろ「あ、あはは……」


バイソン『I'm champion!!』


桃華「何がチャンピオンなものですか!」

桃華「あなたなんて、ただのゴロツキにすぎませんわ!」

ちひろ「桃華ちゃん! これは映像だから!」

ちひろ「落ち着いて? ねっ?」

5: 名無しさん 2019/03/18(月) 22:55:18.91 ID:X2fedVSBo
  ・  ・  ・

帰宅中、車内


ブロロロロッ…


桃華「はぁ……」

桃華(わたくしとした事が、レディーにあるまじき事を……)

桃華(……映像を見て、声を張り上げるだなんて)


桃華「……よし!」

桃華(今後は、今日のような事が無いようにしませんと!)

桃華(それにしても……ダッドリーちゃまは素敵でしたわ~♪)

桃華(お仕事で関わる方が、皆あのような紳士なら良いのですけれど……)


キキーッ!!


桃華「きゃっ!?」

桃華「きゅ、急ブレーキだなんて……何かありましたの!?」

6: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:00:51.84 ID:X2fedVSBo
運転手「ま、周りを囲まれてしまって!」

桃華「どういう事ですの!?」


ガンッ! ガンッ!


桃華「ひっ!? な、何!?」

運転手「桃華お嬢様! ドアから離れてください!」

桃華「えっ!?」

運転手「外から、車が攻撃されています!」

桃華「攻撃ですって!?」

運転手「防弾仕様なので、警察が来るまで耐えられ――」


ガァンッ! ガァンッ!

…ピシッ!


運転手「――っ!?」

桃華「そんな……!?」


桃華(……お願い……誰か……!)

7: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:06:27.11 ID:X2fedVSBo
桃華「誰か……助け――」


ピシッ! ピシピシピシッ…!


桃華「――っ!?」



????「よーう! 楽しそうな事やってんじゃねえか、ええ?」



運転手「外の声が聞こえて……」

桃華「……この声、どこかで」



????「乗ってるのは誰だ?」

????「ハッ! 何にせよ、金の匂いがプンプンしやがるぜ!」

????「……テメェらは失せな!」

????「オレ様に寄越せ! さもなきゃ[ピーーー]!」


桃華「!? この声は、さっきの映像の――」



バイソン「あぁ? やるってのか、この雑魚共が!」



桃華「――マイク・バイソン!」

8: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:07:24.44 ID:X2fedVSBo
saga忘れ>>7

桃華「誰か……助け――」


ピシッ! ピシピシピシッ…!


桃華「――っ!?」



????「よーう! 楽しそうな事やってんじゃねえか、ええ?」



運転手「外の声が聞こえて……」

桃華「……この声、どこかで」



????「乗ってるのは誰だ?」

????「ハッ! 何にせよ、金の匂いがプンプンしやがるぜ!」

????「……テメェらは失せな!」

????「オレ様に寄越せ! さもなきゃ殺す!」


桃華「!? この声は、さっきの映像の――」



バイソン「あぁ? やるってのか、この雑魚共が!」



桃華「――マイク・バイソン!」

9: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:14:03.91 ID:X2fedVSBo
桃華「っ……!」

そっ…

運転手「! お嬢様、危険です!」



バイソン「!」

ガシッ!

覆面A「!?」

バイソン「ボケがっ!!」

ドッ! ドゴッ!

覆面A「うぐおっ!?」

…ドサッ


バイソン「!」

ガシッ!

覆面B「!?」

バイソン「寝てろっ!!」

ドガァッ!

覆面B「があっ!?」

…ドサッ!



桃華「つ……掴んでから殴るだなんて……!」

運転手「桃華お嬢様っ!」

10: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:19:00.69 ID:X2fedVSBo
覆面C「くっ!」

…チャキッ



桃華「! 危ない! 銃ですわ!」



バイソン「――!」



覆面C「おおおっ!」

ドォンッ!

バイソン「――シッ!」

クルッ!



桃華「えっ!? 銃弾を避けた!?」



バイソン「無駄だっ!!」

ドガァッ!

覆面C「ぐううっ!?」

…ドサッ!

11: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:26:27.79 ID:X2fedVSBo
  ・  ・  ・

バイソン「――へっ! 弱ェ弱ェ!」

バイソン「ザコがいくら群れようと無駄なんだよ!」



運転手「す、凄い……あの人数を一人で……!」

桃華「けれど、さっきの言葉……」

運転手「っ!? そ、そうです!」

運転手「私が時間を稼ぎますので、桃華お嬢様は――」

桃華「……いいえ」


桃華「――いつでも優雅たれ」

桃華「今は、そう振る舞うのが……わたくしの」

桃華「櫻井桃華の、役目ですわ」



バイソン「さぁて……中に居るのはジジイか?」

バイソン「それとも、ガキか女か?」

バイソン「何にせよ、儲けさせて貰うぜぇ……!」

12: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:32:11.15 ID:X2fedVSBo
バイソン「おい、聞こえてんだろうが!」

バイソン「さっさと出てこねぇと、車ごとオシャカにすんぞ!」


…ガチャリ


桃華「――お待たせしましたわね」


バイソン「何でぇ、ガキか」


桃華「わたくし、櫻井桃華と申します」

桃華「まずは、助けて頂いたお礼を」ニコッ!


バイソン「はっはぁ! 助けただぁ?」

バイソン「何抜かしてやがる!」

バイソン「オレが、そんな真似をするように見えるか? あぁ?」


桃華「いいえ、全く」

桃華「けれど、助けて頂いた事は事実ですわ」ニコッ!


バイソン「……何だ、このガキは」

13: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:37:52.31 ID:X2fedVSBo
桃華「是非、お礼をさせてくださいな」

桃華「わたくしの屋敷に、ご招待しますわ」ニコッ!


バイソン「おい、ガキぃ!」

バイソン「何をゴチャゴチャ言ってやがる!」

バイソン「オレは、女子供でも容赦しねえぞ!」


桃華「まあ、怖い」ニコッ!

桃華「それで、ご招待は受けて頂けるんですの?」ニコッ!


バイソン「……」


桃華「……っ」プル…プル…


バイソン「……へっ」


バイソン「金は用意出来るんだろうな?」


桃華「ええ、勿論……」ホッ!

桃華「桃華にお任せくださいですわ」…ニコッ!

14: 名無しさん 2019/03/18(月) 23:50:43.04 ID:X2fedVSBo
  ・  ・  ・

櫻井家、応接間


バイソン「――用心棒だぁ?」


桃華「はい」

桃華「今回のお礼とは、また別にお給金――ギャラも差し上げますわ」

桃華「なので、雇われては頂けませんか?」


バイソン「……面白いことを言うじゃねえか」

バイソン「オレ様の報酬は高いぜ? へっへっへ!」


桃華「ええ、構いませんわ」ニコッ!


バイソン「ポリ公が来る前に、消えるように居なくなっちまうようなのが相手だ」

バイソン「たんまりはずんでもらわなきゃ、割に合わねぇなぁ~?」ニヤァッ!


桃華「勿論、そのつもりですわ」ニコッ!


バイソン「ほぉ……言うじゃねえか」

15: 名無しさん 2019/03/19(火) 00:01:28.80 ID:cuRjO1PRo
桃華「次に、いつまた襲ってくるかわかりませんもの」

桃華「すぐに手配出来る人間は……生憎」


バイソン「そりゃそうだろうなぁ!」

バイソン「オレ程の強さの奴は、そうそう居ねぇ!」


桃華「ええ」

桃華「有名な――マイク・バイソンさんですもの」


バイソン「……はっはぁ!」

バイソン「オレの事を知ってて雇おうってか!」

バイソン「……」


バイソン「良いぜ、金を払ってる間は働いてやるよ」


バイソン「だが、オレはオレのやり方でやらせてもらう」

バイソン「文句はねぇな?」


桃華「それでは、まず……」


バイソン「あぁん?」


桃華「少し臭うので、お話はシャワーの後にしても良いかしら?」

17: 名無しさん 2019/03/19(火) 14:06:22.05 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

桃華「――もしもし」

桃華「突然お電話してすみません」


???『あら、私(わたくし)と桃華さんの仲じゃありませんの』

???『むしろ、遠慮されるとこちらが困ってしまいますわ』


桃華「……ふふっ、ありがとうございます」


???『それで? 今日は、一体何の御用かしら?』

???『初めに言っておきますが、アイドルになる気はありませんわよ?』

???『パーティーのお誘いでしたら、歓迎ですけれど』


桃華「実は……謎の集団に襲われましたの」


???『何ですって!?』


桃華「そこを……マイク・バイソンという方に助けられたのですわ」


???『成る程、それは――』


かりん『この神月かりんに相応しい、パーティーのご招待ですわね』

18: 名無しさん 2019/03/19(火) 14:16:04.08 ID:cuRjO1PRo
かりん『桃華さん、お怪我は?』


桃華「ありませんわ」

桃華「それで、今後の相談をしたくて……」


かりん『そうですわね……』

かりん『一先ず、神月家くのいち衆を向かわせますわ』

かりん『私がすぐにでも行きたい所ではあるのですけれど……』

かりん『強い格闘家が居ると聞き、今は南米にいますの』


桃華「そ、そうなんですのね……」


かりん『おーっほっほっほ!』

かりん『……しかし、マイク・バイソンですか』

かりん『桃華さんならば、上手く言いくるめたのではありません?』


桃華「はい」


かりん『ならば、くのいち衆が来るまでは時間を稼いでくださいな』

かりん『大丈夫、桃華さんならばきっと出来ますわ』


桃華「そう、でしょうか?」


かりん『ええ!』

かりん『桃華さんは、とても優秀な方ですし……何より――』


かりん『――バイソンは、腕は立つけれどオツムは弱いですもの』

19: 名無しさん 2019/03/19(火) 14:29:33.88 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

シャワアァァ…


バイソン「……へへへ!」

バイソン「オレにも、ツキが回ってきやがったぜ!」


バイソン「……」

バイソン(シャドルーも壊滅して、金も底をついてたんだ)

バイソン(次の雇い主が現れるまで、あのガキで小遣い稼ぎをするかなぁ!)

バイソン(……ひひひ!)

バイソン(襲ってきたのは、どこの組織の連中だぁ?)

バイソン(ガキを攫うには、オレ様が邪魔でしょうがねぇよなぁ!)


バイソン「無駄な真似はやめて、おとなしく交渉に来るこったな!」

バイソン「金額次第じゃ――」

バイソン「あのガキを手土産に、雇われてやっても良いぜ!」


…キュッ!


バイソン「……しかし、あのガキの喋り方に覚えがあるのは、何でだ?」

バイソン「どっかで聞いた覚えがあるんだが……」

バイソン「……まあ良い、思い出せないなら大した奴じゃねえか」

20: 名無しさん 2019/03/19(火) 14:40:29.40 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

かりん『――と、こういう事を考えているに違いありませんわ』

かりん『だから逆に、こちらが利用してやりますの』


桃華「……やっぱり、最低な方ですのね」

桃華「あの、マイク・バイソンという人は!」


かりん『しかし……桃華さんを襲ったという連中、気になりますわね』

かりん『念の為、桃華さん以外の方の所にも人を向かわせますわ』

かりん『桃華さんも、何かあったらすぐ私に連絡を』


桃華「わたくし以外の方の所……?」


かりん『桃華さんは、資産家の娘という他にも――』

かりん『――アイドル、という職業についていますもの』

かりん『所属するプロダクションには、同じ様な方が居ますでしょう?』


桃華「成る程!」

桃華「確かに、その通りですわ!」


かりん『経済界だけでなく、一般社会にも影響を与える人物に目をつける……』

かりん『これは……少し、嫌な予感がしますわね』

21: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:05:26.92 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

数日後、櫻井家、一室


ガチャッ!

バイソン「――よぉ、やってるじゃねえか」


桃華「っ!?」

桃華「あの……何か、御用ですの?」


バイソン「ちょっとした暇潰しだ」

バイソン「何せ、ここ数日暇でしょうがねえからよ」

バイソン「雇い主が何をしてるのか、暇だから見に来たんだよ」


桃華「……本当に暇ですのね」

桃華「けれど、自主レッスンを見ても楽しいものですの?」

桃華「わたくしは、別に構いませんけれど」


バイソン「楽しくはねぇなぁ!」

バイソン「いい女だったら、もっと違う楽しみをしたい所だがよ!」

バイソン「はーっはっはっは!」


桃華「もっと違う楽しみ……?」

桃華「……ゴホンッ! 子供扱いはやめてくださいな」


バイソン「……」

バイソン「オメェ、意味わかってねえのに言ってるだろ?」

22: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:14:24.34 ID:cuRjO1PRo
桃華「……けれど、少し意外でしたわ」


バイソン「あん? 何がだよ」


桃華「貴方は……」

桃華「アイドル、というものを馬鹿にするような方だと思っていました」


バイソン「アイドルってのは要するに、アレだろ?」

バイソン「いい女が、歌って踊るもんだろう?」

バイソン「だったら、オレが馬鹿にする理由はねえな」


桃華「……」


バイソン「だがなぁ、お前は別だ」

バイソン「ヘッタクソなステップをしやがって」

バイソン「ピヨピヨ、ピヨピヨ! まるでヒヨコじゃねえか!」


桃華「なっ!?」

桃華「わ、わたくしを馬鹿にしに来ましたの!?」

23: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:23:44.64 ID:cuRjO1PRo
バイソン「自宅の一室を改装……良いねぇ」

バイソン「恵まれてる奴ってのは、こんな事も出来る」


桃華「……」


バイソン「だが、使う人間がゴミならただのゴミ箱よ」

バイソン「トレーニングってのは、実戦を想定してやるもんだ」

バイソン「トレーニングのためのトレーニングなんて、無駄よ無駄!」


桃華「!」

桃華「言われてみれば……本番を意識しては、いませんでしたわ」

桃華「貴方は……それをわたしくしに教えるために?」


バイソン「あぁ?」

バイソン「このオレ様が、そんな面倒な事をするかよ!」


桃華「けれど、貴方の言葉で自主レッスンの効果が上がると思いますわ」

桃華「……ふふっ!」

桃華「バイソンさん、ありがとうございます」ニコッ!


バイソン「……」

バイソン「チッ! 調子の狂う奴だぜ」

24: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:34:55.90 ID:cuRjO1PRo
桃華「これで、より上手く……」

桃華「わたくしの愛をファンの方にお届けする事が出来ますわ!」


バイソン「……んだ、そりゃあ?」

バイソン「ステージに立つのは、お前だろうが」


桃華「だからこそ、ですわ」

桃華「ファンの方よりも高い位置――ステージに立つのは」

桃華「――注目を集めるため、ではなく」

桃華「――わたくしの愛が、より遠くまで届くように」

桃華「……と、思っていますの」


バイソン「……へっ、理解出来ねえな」

バイソン「そんな言葉じゃ、オレには届かねえ」

バイソン「口だけだったら、何とでも言える」


桃華「あら! なら、丁度良いですわね!」


バイソン「……何?」


桃華「桃華の、今日のこの自主レッスン」

桃華「貴方が見ていれば、本番さながらですわ!」ニコッ!


バイソン「……」

バイソン「チケット代を払う気はさらさらねぇぞ?」

25: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:48:12.24 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

更に数日後、櫻井家、夜


バイソン「……」

バイソン(……チッ! 調子が狂いやがる!)

バイソン(あのモモカってガキ、何なんだ?)

バイソン(アイドルってのは、皆‘ああ’なのか?)


バイソン「……これも、しばらく誰かを殴ってねえせいだ」

バイソン「野郎ども、さっさと来やがれってんだ!」

バイソン「このオレの、サンドバッグになりやがれ!」


パリィィンッ!!


バイソン「――!」

バイソン「へっへっへ……おいでなすったぜ!」

バイソン「体がなまってた所だ……!」

バイソン「簡単にぶっ壊れねえよう、オレに殴られろや!」

26: 名無しさん 2019/03/19(火) 15:57:16.33 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

桃華自室


桃華「……! 来ないでください!」


覆面D「……」


桃華「っ……!」



バガァァンッ!!



覆面D「!?」



バイソン「――ちょいと強くノックをしたら、ドアがいかれちまった」

バイソン「修理代は、そこのソイツが払うってことで良いな?」



桃華「――バイソンさん!」パアッ!

27: 名無しさん 2019/03/19(火) 16:08:34.59 ID:cuRjO1PRo
覆面D「……!」

…ダッ!


バイソン「何処に行こうってんだ! あぁ!?」

バイソン「ストレィ――ト!!」

ボッ!


覆面D「っ!?」

ガシッ!


バイソン「この前の奴らよりはマシみてぇだな!」

バイソン「だが、敵じゃあねえんだよ!」


覆面D「……!」

覆面D「――今だ!」


バイソン「何っ?」



桃華「きゃあっ!?」

覆面E「……」



バイソン「チイッ!」

覆面D「……」

バイソン「そこをどきやがれ!」

28: 名無しさん 2019/03/19(火) 16:20:37.93 ID:cuRjO1PRo
バイソン「失せろッ!!」

ドガァッ!

覆面D「うぐぅっ!?」

…ドサッ!



覆面E「……」

桃華「バイソンさん――」

スッ…



バイソン「! 待ちやがれ!」



桃華「――――」

覆面E「……!」

トンッ―!



バイソン「……クソッ!」

29: 名無しさん 2019/03/19(火) 16:29:03.54 ID:cuRjO1PRo
―しゅたっ!

くのいち「……桃華様は!?」


バイソン「連れてかれたぜ」


くのいち「何っ!?」

くのいち「くっ……すぐに後を追わなくては!」


バイソン「そうかい、ご苦労なこった」


くのいち「おい、どこに行くつもりだ!?」


バイソン「さぁな!」

バイソン「雇い主が居なくなっちまったんだ」

バイソン「オレには、此処に居る理由がねぇ」


くのいち「お前……!」


バイソン「あぁ!? なんか文句あんのか!?」

バイソン「所詮この世は金なんだよ!」

バイソン「それがわからねぇ奴は、オレに話しかけんじゃねえ!」

バイソン「ぶっ殺すぞ!」


くのいち「……!」

30: 名無しさん 2019/03/19(火) 16:38:10.59 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

https://www.youtube.com/watch?v=dx9a2gYZu4Y




バイソン「……」


バイソン「……なめやがって」


  ・  ・  ・


桃華『バイソンさん――』


桃華『――お達者で』


  ・  ・  ・


バイソン「……」


バイソン「……オレ様を安く見やがって」


バイソン「今晩のファイトマネーは、きっちり頂く」


バイソン「……逃げようったって、そうはいかさねえ!」

31: 名無しさん 2019/03/19(火) 20:26:55.97 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

桃華「……ん」

桃華「っ!? ここは……!?」

桃華(わたくし、気を失っていましたのね……)

桃華(それで、何処かに連れ去られて……)


覆面達「……」


桃華「あ、あのっ!」

桃華「わたくしを……どうなさるおつもりですの!?」


覆面達「……」


桃華「……!」

桃華(駄目……誰も、何も反応しない)

桃華(助けは、かりんさんのくのいち衆が詰めていたので来るでしょうけれど……)

桃華(……それでも、間に合うかどうか)


桃華「お願い……誰か……!」

32: 名無しさん 2019/03/19(火) 20:35:57.97 ID:cuRjO1PRo



「ストレェィ――――トッ!!」


バガァァァンンッ!!!



覆面達「っ!?」



桃華「…………ど」

桃華「どうして、ここに……?」



バイソン「あぁん!?」

バイソン「そんなの決まってんだろうが!」


バイソン「――テメェは大事な金づるだからな!」

バイソン「そいつを横から掻っ攫おうだなんて、許しちゃおけねえ!」

バイソン「何が、お達者でー、だぁ?」

バイソン「ガキの癖に気取ってんじゃねぇぞコラァ!」



桃華「……」

33: 名無しさん 2019/03/19(火) 20:45:29.35 ID:cuRjO1PRo
https://www.youtube.com/watch?v=UIGsMMWSRRI&t=87s



桃華「……ふ、ふふふっ!」

桃華「貴方って、本当に最低な人ですわね!」

桃華「せめて、助けに来た、とは言えませんの?」


バイソン「ケッ!」

バイソン「オレがそんな良い子ちゃんに見えるか?」


桃華「いいえ、見せませんわ」

桃華「とーっても怖い、悪人面をしてますわよ」


バイソン「はーっはっは! 言ってくれるじゃねぇか!」


桃華「それに、食べ方も汚いし、下品だし」

桃華「お金と、女の人の事しか言わないし」

桃華「いつでもグローブを外さないなんて、信じられません」


バイソン「……それで?」

バイソン「そんなオレの雇い主は、何をさせようってんだ?」



桃華「――全員まとめて……ぶっ飛ばしてくださいですわ!!」



バイソン「――オーケー、ボス!!」

34: 名無しさん 2019/03/19(火) 20:59:27.67 ID:cuRjO1PRo
バイソン「Don't escape!!」


覆面達「……!」


バイソン「ストレィ――ト!」

ボッ!

覆面「うぐあっ!?」

…ドサッ!


バイソン「次はテメエだ! オラァ!」

ゴガッ!

覆面「ぶぐえっ!?」

ドシャァッ!


覆面「う、うわああっ!」

ブンッ!

バイソン「遅ぇなぁ! 蚊が止まるぜ! オイ!」

サッ!

バイソン「格が違うんだよ、格が! オォルァ!」

ドブォッ!

覆面「ぐぎゃぁっ!?」

ズダァンッ!

35: 名無しさん 2019/03/19(火) 21:17:14.58 ID:cuRjO1PRo
覆面大男「ウオオオッ!」

ドガァッ!

バイソン「うぐおっ!?」

ヨロッ…



桃華「バイソンさん!」



バイソン「……オイ、何しやがる」ギロッ!

覆面大男「!? お、オオオッ!」

ブンッ―

バイソン「オォイッ!!」

バキャァンッ!

覆面大男「……!?」

ヨロヨロッ…


バイソン「Don't Stop Me!!」


バイソン「10カウントは聞けねぇぜ!」

ブンッ…ブンッ…!


バイソン「あの世へ行きなぁっ!!」

ドゴォアアンッ!

覆面大男「……!?」

クルクルクルッ……ドグシャアッ!


バイソン「へっ! 見掛け倒しかよ、張り合いがねぇ!」

36: 名無しさん 2019/03/19(火) 21:24:07.34 ID:cuRjO1PRo
バイソン「……どうよ?」

バイソン「お望み通り、全員片付けてやったぜ!」


桃華「そんな事より!」

桃華「頭から、血が出ていますわ!」


バイソン「あぁ? そんなの、知ったこっちゃねえよ」

バイソン「んな事より、だ」

バイソン「この働きは、ボーナスが出るんだろうな?」

…ヨロッ


桃華「っ!」


バイソン「オイ、何か言えよ」

バイソン「まさか、タダ働きをさせようってんじゃ――」

ヨロヨロッ…

バイソン「――ねえだろう、な……」

…ドサァッ!


桃華「バイソンさんっ!!」

37: 名無しさん 2019/03/19(火) 21:44:32.31 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

柴崎「――かりんお嬢様、ご報告が」


かりん「――柴崎」

かりん「今回の件に関して、何かわかりましたの?」


柴崎「いえ……詳細は、残念ながら」

柴崎「しかし、お嬢様のお考えの通りでした」

柴崎「櫻井様の様な、資産家でアイドルの方……」

柴崎「そちらの方に、襲撃がありました」


かりん「首尾は?」


柴崎「お嬢様の言いつけ通り、リスト上位の格闘家を向かわせていました」

柴崎「なので……間一髪間に合った、といった所です」


かりん「全く……今度は、どこの誰が悪事を企んでいるのやら」

かりん「けれど、必ずや後悔させてあげますわ……!」グッ!


柴崎「そ、それは! 神月流、覇者の腕組み!」

柴崎「覇道を行く覇者の風格で、三千里すら離れた相手を圧倒するという……!」



かりん「おーっほっほっほ!」

38: 名無しさん 2019/03/19(火) 21:54:12.60 ID:cuRjO1PRo
  ・  ・  ・

桃華「――起きてください!」

桃華「目を覚ましてください、バイソンさんっ!」



バイソン「……チッ、ピーピーわめくんじゃねえ」



桃華「起きているなら、返事をしてくださいな」

桃華「まるで反応がないから、焦ってしまいましたわ」


バイソン「へっ! くたばってるとでも思ったか?」


桃華「いいえ」

桃華「今日という日に、貴方が死ぬわけがありませんもの」


バイソン「まぁな……わかってるじゃねえか?」



桃華「今日は、貴方のプロボクシング復帰の大事な一戦ですから」ニコッ!



バイソン「……おう、そうだな」

39: 名無しさん 2019/03/19(火) 22:04:42.80 ID:cuRjO1PRo
バイソン「まさか、オレがまたリングに上がる日が来るとはな」

バイソン「……夢にも思わなかったぜ」


桃華「色々と条件がつけられている事をお忘れなく!」

桃華「貴方は、一度ボクシング界を追放されたみたいですからね!」

桃華「今度、意図的な反則をしたら……」


バイソン「どうなるってんだ? あぁ?」


桃華「わたくしは、こう思いますわ」

桃華「――貴方は、反則をしなければ勝てない弱い人だ」

桃華「……ってね!」


バイソン「……チッ! そいつは面白くねぇ冗談だな!」

バイソン「オレは強ぇ! 誰よりもだ!」

バイソン「この拳さえありゃ、何だって出来るんだよ!」


桃華「はい♪ その調子で今日の試合もお願いしますわ♪」ニコッ!


バイソン「……ケッ!」

40: 名無しさん 2019/03/19(火) 22:19:29.75 ID:cuRjO1PRo
桃華「あ~あ! どうして、貴方なんでしょう!」

桃華「――346プロが、ボクサーのスポンサーになる」

桃華「……その一人目が、貴方だなんて!」


バイソン「どこぞのガキを助けた、ってんでな」

バイソン「今のオレ様は、イメージが良いらしいぜ」

バイソン「はっはっは! バカな奴らだなぁ、オイ!」


桃華「試合後、わたくしのLIVEがありますから」

桃華「あまり長引かせないでくださいまし」


バイソン「オイ、聞いてねぇぞ!?」

バイソン「……だがまぁ、すぐに終わらせるがな!」


桃華「当然、貴方も見ていくでしょう?」

桃華「曲名は『ラヴィアンローズ』――薔薇色の人生、ですわ」ニコッ!


バイソン「そいつは締まらねえエンディングになりそうだな!」ニィッ!

バイソン「……だがよ!」


バイソン「オープニングは、オレ様の好きにさせて貰うぜ!」


https://www.youtube.com/watch?v=qZsYraSSpSc







おわり