1: 名無しさん 2019/02/05(火) 13:49:02.27 ID:kcSAMv/Yo
武内P「……」

武内P(こういった飲み会は、久しぶりだ)

武内P(仕事関係とは言え、本当に)


天道「それじゃ、乾杯の音頭はこの俺が!」

桜庭「君に任せたら、宴会の音頭になるだろう」

天道「何ぃ!? 良いじゃねえか、宴会!」

柏木「ふ、二人共! 今日は俺たちだけじゃないんですから!」


石川P「はははっ」ニコニコ!


武内P「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1549342141

引用元: ・武内P「理由あって、飲み会」

2: 名無しさん 2019/02/05(火) 13:53:27.90 ID:kcSAMv/Yo 桜庭「柏木の言う通りだ、あまり大声を出すな」 天道「お前も言われてるんだよ、桜庭!」 柏木「プロデューサー! お願いします!」 石川P「僕がですか?」 石川P「それでは……ゴホンッ!」 石川P「新しい出会いと、今日のお酒に――」 石川P「――乾杯っ!」 天道・柏木「乾杯ー!」 桜庭「乾杯」 武内P「……乾杯」 3: 名無しさん 2019/02/05(火) 13:57:20.39 ID:kcSAMv/Yo 天道「ングッングッ……プハーッ!」 天道「やっぱり、仕事終わりの酒は美味いな!」 桜庭「酔っぱらいの面倒を見る気は無いぞ」 天道「あぁ、そうですかい! 任せたぜ、翼!」 柏木「おっ、俺ですか!?」 石川P「皆さん、程々にしてくださいね」 石川P「あっ、プロデューサーさんは遠慮なさらず」 石川P「どんどんいっちゃってください♪」 武内P「それは……け、検討します」 4: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:01:10.34 ID:kcSAMv/Yo 天道「とりあえず、呼び方を考えようぜ!」 石川P「えっ?」 桜庭「確かに、それはあるな」 武内P「呼び方、ですか?」 柏木「あー……実は、俺もそれ思ってたんです」 天道・桜庭・柏木「お互い――」 天道・桜庭・柏木「――プロデューサーさん」 天道・桜庭・柏木「……って呼び合ってるから」 石川P「あー……あはは、確かにそうでしたね」 武内P「アイドルの方が居る前では、自然とそうなってしまいますね……」 5: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:05:13.15 ID:kcSAMv/Yo 天道「ようし! いっちょ、俺が考えてやるぜ!」 桜庭「君がか? 不安しか無いな……」 柏木「まっ、まあまあ! 一応、聞いてみましょうよ!」 天道「おい、翼! 一応って何だよ、一応って!」 天道「俺らのプロデューサーは――」 天道「――勿論、プロデューサー!」 石川P「はいっ♪」 天道「そんでもって、346さんの所のプロデューサーは――」 天道「――Pくん、ってのはどうだ!」 武内P「……Pくん、ですか」 6: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:09:09.04 ID:kcSAMv/Yo 桜庭「初対面に近いのに、‘くん’付けか?」 天道「わかってねえなあ!」 天道「‘さん’付けだと、変に距離を感じるだろう?」 柏木「あっ、確かにそうかも知れませんね」 石川P「それでは……」 石川P「今日は楽しみましょう、Pくんさん!」 武内P「ええ、プロデューサーさん」 武内P「……良い、飲み会にしましょう」 天道「……おい、なんか二人揃ってズレてないか?」 柏木「あ、あはははは……」 7: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:14:05.53 ID:kcSAMv/Yo 桜庭「それにしても……」 桜庭「プロデューサーは、よくPくんを誘えたな」 柏木「……サラッとPくんって言った」 石川P「今日の皆さんのLIVEに、来てらっしゃってましたから」 石川P「テレビの収録で、スタジオで姿を見かけていて……」 石川P「それで、良ければどうかと声をかけたんです」 武内P「よく、わかりましたね」 武内P「別段、おかしな格好はしていなかったのですが……」 天道「あっはっは! そりゃ、アンタの見た目ならなぁ!」 柏木「ちょっ、ちょっと! 輝さーん!?」 8: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:19:18.73 ID:kcSAMv/Yo 桜庭「すまない。コイツは、少しデリカシーに欠けている」 武内P「ああ、いえ……お気になさらず」 柏木「輝さん! 謝った方が良いですよ!」 天道「えっ!? ああいや、悪気があったわけじゃないんだ!」 天道「身長も高いし、ステージの上からでもわかったぞ!」 武内P「……」 武内P「……よく、警察の方に職務質問をされてしまいますが」 武内P「もう少し背が低ければ、目立たずに済んだのでしょうか」 天道・桜庭・柏木「……」 天道・桜庭・柏木「はいっ?」 9: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:22:36.48 ID:kcSAMv/Yo 天道「職務質問?」 武内P「ええ……それも、何度も」 桜庭「何度も?」 武内P「はい」 柏木「ふ、普通に歩いててですか?」 武内P「それもありますが……」 武内P「シンデレラプロジェクトのメンバー……渋谷凛さん」 武内P「彼女をスカウトする時は、職務質問だけでなく――」 武内P「彼女の通う学校では、不審者が出るとも言われて……」 天道・桜庭・柏木「……」 10: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:26:10.47 ID:kcSAMv/Yo 天道「……っくく! おいおい、マジかよ!」 武内P「残念ながら」 桜庭「おい! 笑うのは失礼……っふふ!」 武内P「……いえ、お気になさらず」 柏木「ほっ、他のメンバーの時は、大丈夫だったんですよね!」 武内P「はい、勿論です」 武内P「島村卯月さんには、ママー……と、叫ばれてしまいましたが」 武内P「……問題ありません」 天道・桜庭・柏木「……」 天道・桜庭・柏木「あっはっはっはっは!!」 11: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:31:43.61 ID:kcSAMv/Yo 天道「あはっはっはっ! 問題大有りだろ!」 天道「ママー、って! あー、腹痛ぇ! あっはっは!」 武内P「いえ、島村さんは……まだ、問題ありませんでした」 桜庭「それで問題が無いと言えるとは……っくく!」 柏木「笑っちゃ悪……あっ、あははは!」 武内P「……島村さんと二人での活動をお願いした、小日向美穂さん」 武内P「彼女は……急に私の顔を見て、気絶されてしまって」 武内P「……あの時ばかりは、本当に焦りました」 天道・桜庭・柏木「……」 天道・桜庭・柏木「あっはっは! あーっはっはっは!!」 12: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:37:42.97 ID:kcSAMv/Yo 天道「気絶! 気絶って! あっはっは!」 武内P「それだけでなく、他にも……」 桜庭「まっ、待ってくれ! 少し、落ち着かせてっふうっ!」 武内P「……良い、笑顔です」 柏木「今!? 今、それを……あははははっ!」 天道「ングッングッ……プハーッ!」 天道「やべえな、Pくん! 良いネタ持ってんなぁ!」 桜庭「事実は小説より奇なりとは言うが……っくく!」 柏木「気絶なんてされたら、困っちゃいますよね! あははっ!」 武内P「……ええ、とても困りました」 武内P(……楽しい) 13: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:43:23.54 ID:kcSAMv/Yo 天道「よし! 間違って捕まったら俺が弁護してやるよ!」 武内P「弁護、ですか?」 桜庭「こう見えて、元弁護士だからな」 天道「こう見えてってのは、どういう意味だぁ?」 桜庭「そのままの意味だが」 桜庭「ちなみにだが、僕は元外科医で……」 柏木「? あっ! 俺は、元パイロットです!」 武内P「とても個性的で良いユニットだ、と」 武内P「……そう、思います」 天道「おうっ!」 桜庭「まあ、そうだな」 柏木「はいっ!」 14: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:48:41.87 ID:kcSAMv/Yo 天道「だから、俺たちのLIVEを見に来てくれたんだろ?」 武内P「ええ、何かの参考になるかと思いまして」 桜庭「成る程。担当するアイドルのために、か」 武内P「はい。初めは、そのつもりでした」 柏木「初めは? それって……参考にならなかったって事ですか?」 武内P「はい」 天道・桜庭・柏木「……」 武内P「皆さんのLIVEが、あまりにも素晴らしすぎて……」 武内P「……途中からは、ファンとして楽しんでしまいました」 天道・桜庭・柏木「……!」 15: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:54:09.37 ID:kcSAMv/Yo 天道「っかー! 嬉しい事言ってくれるねぇ!」 武内P「いえ、自分としては当然の事を……」 桜庭「ふっ、仕事の邪魔をしてしまったかな」 武内P「……今日は休みなので、問題ありません」 柏木「あはは! だったら、大丈夫ですね!」 天道「プロデューサー! LIVE、思った以上の大成功だったな!」 石川P「……くくっ……職務質問……!」ピクピク…! 石川P「ふっ……ふふっ、不審者……!」ピクピク…! 柏木「ぷっ、ぷぷっ、プロデューサー!?」 桜庭「……静かだと思ったら、ツボに入っていたのか」 16: 名無しさん 2019/02/05(火) 14:59:32.93 ID:kcSAMv/Yo   ・  ・  ・ 石川P「……すみません、失礼しました」 武内P「ああいえ、あまりお気になさらず」 天道「とりあえず、気を取り直して乾杯しようぜ!」 桜庭「そうだな。まだ時間は早い」 柏木「料理もどんどん頼みましょう!」 天道「翼は滅茶苦茶食うからなー!」 武内P「私も、食には関心があります」 石川P「ああ、だからお二人とも背が高いんですね」 桜庭「……乾杯はしないのか?」 17: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:05:10.63 ID:kcSAMv/Yo   ・  ・  ・ 天道「……っあー……飲んだなぁ」 桜庭「明日がオフでなければ、こうはいかないな……」 柏木「あはは……俺、笑いすぎてお腹痛いです」 武内P「本日は、お招き頂きありがとうございました」 石川P「いえいえ、こちらこそ」 石川P「お陰様で、色々と……っふふ、聞けましたから!」 天道「渋谷の凛ちゃんが、怒ると滅茶苦茶怖いとかな!」 武内P「すみません……それは、オフレコで」 天道・桜庭・柏木・石川P「あはははは!」 18: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:09:47.75 ID:kcSAMv/Yo 石川P「――アイドルの皆さんの、笑顔」 石川P「その笑顔の手助けがしたい……ですよね」 武内P「はい」 武内P「アイドルの皆さんの、輝くような笑顔」 武内P「そのために、私にも出来ることがあれば……と」 石川P「……」 武内P「どうか、されましたか?」 石川P「アイドルはどうでしょうか?」 武内P「……」 武内P「えっ?」 19: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:13:19.15 ID:kcSAMv/Yo 天道「おいおい、プロデューサー!?」 桜庭「それは……スカウトか?」 柏木「ええっ!? い、良いんですか!?」 武内P「し、しかし……自分は」 武内P「……この通り、ですから」 石川P「そうでしょうか?」 石川P「今日、お話ししてみて……思いました」 石川P「貴方なら、沢山の人を笑顔に出来る、って」 武内P「……」 20: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:16:14.24 ID:kcSAMv/Yo 石川P「人を笑顔にしたい、その思いは――」 石川P「プロデューサーも、アイドルも同じだと思います」 武内P「……ですが」 石川P「そして僕はアイドルなら――」 石川P「もっと沢山の人達に、それを伝えられると思いました」 武内P「……それは――」 武内P「――貴方にも言えることだ、と」 武内P「……そう、思います」 石川P「はい」 石川P「……」 石川P「え、ええっ!?」 21: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:20:13.84 ID:kcSAMv/Yo 天道「な、なんか怪しい雲行きがもっと変になったぞ!?」 桜庭「あれは……逆スカウト、だな」 柏木「お、俺! こんな乱気流の中は飛べません!」 武内P「貴方の整ったルックス」 武内P「そして、落ち着いた喋り方に、穏やかな性格」 武内P「何より――笑顔」 武内P「貴方の笑顔は――アイドルとして、十分通用するものです」 石川P「まっ、待ってください!」 石川P「僕は、プロデューサーですよ!?」 武内P「はい、私もプロデューサーです」 石川P「……!?」 22: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:25:26.41 ID:kcSAMv/Yo 武内P・石川P「……」 天道「……しょうがない、助け舟を出すか」 桜庭「……まあ、それが妥当だな」 柏木「が、頑張ってください! 輝さん!」 天道「――お二人さん!」 天道「そのまま黙りこくってたって、何も始まらないぜ!」 武内P・石川P「天道さん……」 天道「とりあえず、二軒目行こうぜっ!」ビシッ! 桜庭「……それは、問題を先送りしただけだろう」 柏木「て……輝さん……」 23: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:32:18.16 ID:kcSAMv/Yo   ・  ・  ・ 天道「さぁ~て、二軒目はどうしようかね!」 天道「二軒目に行くのが賢明、ってか!」 桜庭「……もう少し考えて物を言え、ダジャレ製造機」 天道「んだとぉ!?」 柏木「おっ、大声を出すと目立っちゃいますから! ねっ!」 石川P「二軒目は、カラオケなんてどうでしょうか?」 武内P「カラオケ、ですか?」 石川P「はい♪ 歌は、苦手だったりしますか?」 武内P「……いえ、そんな事はありませんが」 24: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:39:22.18 ID:kcSAMv/Yo 天道「おっ、現役アイドルの居るカラオケなんて贅沢だぞ~!」 桜庭「自分で言うことか」 柏木「あはは、ダンスは狭くて出来ないですけどね」 石川P「デュエットしましょう! デュエット!」 武内P「あの……」 石川P「――僕は、覚悟を決めました!」 石川P「もしも、それが貴方の願いに届くものだったら……」 石川P「プロデューサーズ」 石川P「……なんてユニット名は、どうでしょうか?」ニコッ! 武内P「……」 武内P「……良い、ユニット名です」ニコリ! 25: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:40:55.08 ID:kcSAMv/Yo     「プロデューサーさん?」   26: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:46:02.56 ID:kcSAMv/Yo 武内P「――っ!?」ビクゥッ! 石川P「ど、どうかしましたか?」 武内P「えっ!? ええ、ああ、いえ……」 天道「どっ、どうしたんだ!? 顔色が真っ青だぞ!?」 桜庭「飲み過ぎたのか? だが、さっきまでは……」 柏木「……普通、でしたよね」 武内P「こ……声が」 武内P「知っている方の声が聞こえたので……ですね」 天道・桜庭・柏木・石川P「……声?」 27: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:52:12.80 ID:kcSAMv/Yo 天道「……気の所為じゃないのか?」 桜庭「ああ。この人の多さで、聞き取れるとは思えない」 柏木「……ですよね」 石川P「もしかして……カラオケが嫌だったりします?」 武内P「いっ、いえ! そんな事は、決して!」 武内P「……私の、勘違いだったのかも知れません」 石川P「本当に、大丈夫ですか?」 武内P「ええ、問題ありません」 武内P「むしろ、皆さんとの飲み会は非常に楽しく……」 武内P「……とても、充実しています」ニコリ! 28: 名無しさん 2019/02/05(火) 15:59:51.66 ID:kcSAMv/Yo 早苗「……あんな事言ってるけど、タイホする?」 瑞樹「する気満々でしょ? わかるわ」 ちひろ「今日は、珍しく休日出勤して来ないと思ったら……」 楓「……」 早苗「プロデューサーズとか、全部吐かせましょ」 瑞樹「洗いざらい、ね」 ちひろ「カラオケなら、大声を出しても平気ですね♪」ニコッ! 楓「……」 早苗「……楓ちゃん、何か言いなさいよ」 楓「……」 29: 名無しさん 2019/02/05(火) 16:06:06.48 ID:kcSAMv/Yo 武内P「――っ!?」ゾクゥッ! 石川P「ど、どうかしましたか!?」 武内P「す、すみません……! 急に、寒気が……!」ガクガク! 天道「なんだ、その震え方!?」 桜庭「これは……すぐに帰った方が良いな」 柏木「俺、送っていきますよ!」 武内P「い、いえ……此処で、大丈夫です」ビクビク! 武内P「病気だった場合、皆さんにうつしてしまうかも知れませんし……」ソワソワ! 武内P「きょ、今日はありがとうございました……」キョロキョロ! 武内P「お疲れ様でした……お先に、失礼します……」ブルブル! 天道・桜庭・柏木・石川P「お……お疲れ様でした」 30: 名無しさん 2019/02/05(火) 16:17:29.45 ID:kcSAMv/Yo 天道「あー……スカウト失敗、か?」 石川P「……残念です」 桜庭「しかし、プロデューサーもめげないな」 石川P「ええ 勿論! 笑顔のためですから!」 柏木「でも……プロデューサーをスカウトは……」 石川P「……どうしてでしょうね」 石川P「何故か、上手くいきません」 石川P「……良い感じだと思ったんですけど」 天道・桜庭・柏木「……」 石川P「765プロのプロデューサーさんの時も、途中で体調を崩されて……」 石川P「何か、理由でもあるんでしょうか?」 おわり