42: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:25:19.84 ID:22fcb13Yo
まゆ「はい♪ もうすぐ、バレンタインデーですから」 

武内P「……成る程」 

まゆ「プロデューサーさん、きっと喜んでくれると思うんです♪」 

武内P「……」 

まゆ「サプライズにしたいので――」 


まゆ「――手伝って貰えますよね?」ニコッ! 


武内P「……」


引用元: ・武内P「理由あって、飲み会」

43: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:30:19.66 ID:22fcb13Yo
武内P「……佐久間さん」 

まゆ「何ですか?」 

武内P「そういった事は、控えるのでは?」 

まゆ「うふ♪ まゆ、気付いちゃったんです」 

武内P「……気付いた?」 


まゆ「……プロデューサーさんの望む、最高のまゆ」 

まゆ「そうなるまで、待って貰おうと思ったんですけど――」 

まゆ「――……ちょっと位なら、って♪」ニコッ! 


武内P「……はあ」

44: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:34:55.94 ID:22fcb13Yo
まゆ「当然、もっと上は目指します」 

まゆ「……でも」 

まゆ「それだと、今のまゆはどうなるんですかぁ?」 

まゆ「1……6歳のまゆは、今だけしかあげられませんよね♪」 

まゆ「だから――ちょっと位なら」 


まゆ「さきっp」 


武内P「お話はわかりました」

45: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:39:22.15 ID:22fcb13Yo
武内P「手伝いと仰っていましたが……」 

武内P「私に、何を協力させようと言うのでしょうか?」 

まゆ「うふ、とっても簡単な事です♪」 

武内P「簡単、ですか?」 


まゆ「プロデューサーさんが出勤しなくなる予定の、三日間」 

まゆ「その三日間の、業務上のフォローをお願いします」 

まゆ「あっ、勿論まゆは事前にお休みを入れておきますね♪」 


武内P「……」 

武内P「……三日間、ですか」

46: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:43:41.00 ID:22fcb13Yo
武内P「まさかとは思いますが……」 

まゆ「はい?」 

武内P「三日間、彼を閉じ込めておくつもりですか?」 

まゆ「うふふ、そんな事はしませんよ♪」 

武内P「ならば……何故、三日間の予定なのですか?」 

まゆ「……うふ」 


まゆ「今のまゆの魅力を考えると――」 

まゆ「――プレゼントされたら、三日間は夢中になるからです♪」 


武内P「……成る程」 

武内P「想像以上に、ふわっとした計画で安心しました」

47: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:48:03.57 ID:22fcb13Yo
武内P「宜しければ、当日の行動予定を教えて頂けますか?」 

まゆ「良いですよぉ♪」 

武内P「……」 


まゆ「まず――大きな箱に入って、プロデューサーさんの帰りを待ちます」 

まゆ「……疲れて家に帰ったら、紅いリボンに包まれた大きな箱が!」 

まゆ「うふふ、素敵だと思いませんか? 思いますよねぇ?」 


武内P「それ、は……」 

武内P「……」 

武内P「……とても、驚くと思います」

48: 名無しさん 2019/02/06(水) 20:54:50.73 ID:22fcb13Yo
まゆ「そうですよねぇ! あぁ、楽しみです!」 

武内P「……」 

まゆ「それでですね?」 


まゆ「プロデューサーさんが箱を開けたら――」 

まゆ「――中には、紅いリボンでラッピングされたまゆが!」 

まゆ「サクマユ的にもオールオーケー!」 

まゆ「……だって伝わっちゃいますよねぇ♪ うふふ♪」 


武内P「それ、は……」 

武内P「……」 

武内P「……嫌でも、伝わると思います」

49: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:00:53.90 ID:22fcb13Yo
まゆ「後はもう、激流に身を任せ同化するだけですよぉ♪」 

武内P「……」 

まゆ「うふ、とぉっても楽しみです」 


まゆ「事務所内で出回ってる――」 

まゆ「――スタドリ1000」 

まゆ「――ムラムラスール」 

まゆ「この二つがあれば、プロデューサーさんも……うふふ♪」 


武内P「……」 

武内P「――もしもし、部長」 

武内P「緊急事態が発生しているので、後ほどお時間を頂けますか?」

50: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:08:17.97 ID:22fcb13Yo
武内P「……佐久間さん」 

まゆ「どうですか? 良いアイディアですよねぇ?」 

武内P「……」 


武内P「いえ、私はそうは思いません」 


まゆ「……はい?」 


武内P「貴女の考えは、間違っています」 


まゆ「間違っている……?」オォ… 

まゆ「プロデューサーさんに関する事で、まゆの考えが……」オォォ… 

まゆ「……間違っている?」オォォ…! 


武内P「……」

51: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:13:53.42 ID:22fcb13Yo
武内P「佐久間さん」 

まゆ「有り得ないですよ? まゆは、間違えません」オォォ…! 

武内P「貴女は、ご存知でしょうか」 

まゆ「何がですか? 何なんですか?」オォォ…! 


武内P「近年のバレンタインデーでは――」 

武内P「――男性から、女性にチョコを贈る」 

武内P「……逆チョコ、というものが浸透してきているそうです」 


まゆ「……」 

まゆ「えっ?」

52: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:17:04.81 ID:22fcb13Yo
まゆ「それって……」 

武内P「佐久間さん」 

まゆ「は、はい……」 

武内P「……」 


武内P「貴女の、彼に対する想い」 

武内P「運命の紅い糸で結ばれていると言う、それは……」 

武内P「……一方通行なものなのでしょうか?」 


まゆ「!?」

53: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:22:57.28 ID:22fcb13Yo
まゆ「そんな事ないです!」 

まゆ「まゆとプロデューサーさんは――」 

まゆ「――強い強い絆で、結ばれていますから……!」 


武内P「では……彼も貴女と同じ想いだとして、ですね」 

武内P「何が起こると思われますか?」 


まゆ「お互いを贈り合いますよぉ♪」 

まゆ「うふ、うふふふふふ……!」 


武内P「貴女は、彼の部屋で箱に入っていて……」 

武内P「……彼は、貴女の部屋で箱に入っています」 


まゆ「うふぃー!?」

54: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:27:32.49 ID:22fcb13Yo
まゆ「そんな……そんな事って……!?」 

武内P「箱の中で、三日間……」 

まゆ「いや、いやぁ……!」 

武内P「スタミナ抜群で、ムラムラしながら……」 

まゆ「やめて……やめてください……!」 


武内P「お互いを想い合い、何事も無く日付が進みます」 


まゆ「そんな……!」 

まゆ「愛が深すぎると、運命は残酷になるんですか……!?」

55: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:35:14.04 ID:22fcb13Yo
武内P「佐久間さん、手伝いの件ですが……」 

武内P「私で良ければ、協力させて頂きます」 

まゆ「まっ、待ってください!」 

武内P「どうかされましたか?」 


まゆ「まゆは……まゆは、どうすれば!?」 

まゆ「どうすれば、運命のすれ違いを起こさずに済みますか!?」 


武内P「……そう、ですね」 

武内P「彼と相談するのが一番ですが……」 

武内P「それでは、どちらのサプライズ計画も潰れてしまいます」 


まゆ「……!」

56: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:43:04.06 ID:22fcb13Yo
武内P「佐久間さん、貴女の考えを聞かせて頂けますか?」 

まゆ「まゆの……考え……?」 

武内P「はい」 


武内P「彼が……貴女を喜ばせるため、驚かせるために――」 

武内P「――自らをラッピングし、箱の中で待っている」 

武内P「貴女の……笑顔のため」 


まゆ「……!」 

まゆ「ブロ゙デュ゙ーザーざぁ゙ん゙……!」ウットリ 

ポタポタッ… 


武内P「佐久間さん、鼻血が」

57: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:49:22.84 ID:22fcb13Yo
  ・  ・  ・ 

まゆ「……すみません、紅が深くなっちゃって」 

武内P「いえ、お気になさらず」 

まゆ「……」 

武内P「……佐久間さん」 


武内P「バレンタイデー当日」 

武内P「その、行動予定を教えて頂けますか?」 


まゆ「……うふ」 

まゆ「その日は――少し時間を潰して、寮に帰ります♪」ニコッ! 


武内P「……良い、笑顔です」

58: 名無しさん 2019/02/06(水) 21:58:46.50 ID:22fcb13Yo
まゆ「本当に、事前に相談して良かったです」 

武内P「ええ、本当に」 

まゆ「相談してなかったら、大変な事になってましたから」 

武内P「ええ、本当に」 


武内P「……今日の、この会話」 

武内P「これは、此処だけの話という事で」 


まゆ「えっ?」 

まゆ「――さっき、お会いしたばかりですよねぇ?」 


武内P「……」 

武内P「ええ、そうですね」

59: 名無しさん 2019/02/06(水) 22:08:06.72 ID:22fcb13Yo
  ・  ・  ・ 

武内P「――もしもし、部長」 

武内P「……はい、緊急事態です」 

武内P「現在、プロダクション内において――」 


武内P「――えっ?」 


武内P「危険な薬物が出回っていると、もうご存知だったのですか?」 

武内P「……はい……はい」 


武内P「……相談を受けた、と」 


武内P「…………はい」 


武内P「……」 


武内P「プレゼントは私、ですか」 




おわり