758: 名無しさん 2019/07/21(日) 20:39:44.42 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「ダー……間違いない、です」 

武内P「いえ、ですが」 

アーニャ「シトー?」 

武内P「……」 


のあ「真実は一つでも、見えているとは限らない」 

のあ「……つまりは、そういう事よ」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「……すみません」 

武内P「高峯さん、話に乗らないで下さい」



引用元: ・武内P「ラッキースケベです」

759: 名無しさん 2019/07/21(日) 20:44:25.35 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「プロデューサーとノアは……静かな人、ですね?」 

武内P「いえ、ですが」 

アーニャ「シトー?」 

武内P「……」 


のあ「思考を止めているのではないわ」 

のあ「……ただ、それを全て伝達する術は、言葉だけに限らない」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「……高峯さん」 

武内P「アナスタシアさんの、話に乗るのは、やめてください」

760: 名無しさん 2019/07/21(日) 20:48:42.10 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「プロデューサーとノアは……食べるのが好き、ですね?」 

武内P「いえ、ですが」 

アーニャ「シトー?」 

武内P「……」 


のあ「人が己の欲を満たそうとするのは、当然の行為」 

のあ「食事というのは、当然、必要……そして、娯楽でもあるわ」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「確かに」 

武内P「……待ってください、食事に関して同意しただけです」

761: 名無しさん 2019/07/21(日) 20:51:55.31 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「プロデューサーとノアが……好きな食べ物は、何ですか?」 

武内P「えっ?」 

アーニャ「トゥリー♪ ドヴァー♪ アジーン♪」 

武内P「えっ、あっ」 


武内P・のあ「ハンバーグ」 


アーニャ「……ハラショー♪」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「まっ、待ってください!」 

武内P「咄嗟に出たのがハンバーグなだけであって……!」

762: 名無しさん 2019/07/21(日) 20:59:17.94 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「プロデューサー、アーニャの趣味、知っていますね?」 

武内P「天体観測、ですね」 

アーニャ「ダー♪ ズヴィズダー、星を見るのが好き、です♪」 

武内P「……」 


のあ「私達の目に映る星の輝きは、遥か過去のもの」 

のあ「けれど、それを見ている瞬間は、現在と過去が繋がっている」 


CPアイドル達「……」 


武内P「……いえ、確かに」 

武内P「高峯さんの趣味も、天体観測ですが……」

763: 名無しさん 2019/07/21(日) 21:09:13.74 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「オイ シトー ジェーラチ? ンー?」キョロキョロ! 

アーニャ「あれ、どうしましょう? ンーッ?」キョロキョロ! 

アーニャ「プロデューサー、大変、です!」 

武内P「……何が、ですか?」 


アーニャ「プロデューサーの子供が、ノアですね?」 

アーニャ「アーニャとノアの趣味が、一緒ですね?」 

アーニャ「オイ シトー ジィィェ~~ラチ?」ニコッ! 


のあ「夜空に無数に存在する星を一人で見るのは、むしろ強欲」 

のあ「でも、誰かと分け合う事が出来るのなら、より価値のあるものになるわ」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「……すみません」 

武内P「皆さん、何か言って下さい……!」

764: 名無しさん 2019/07/21(日) 21:21:34.41 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「オーッ! アー! 大変、です!」ペチンッ! 

武内P「……どうしましたか?」 

アーニャ「ニェート! 言えない、です! ニェ~~ット!」フルフル! 

武内P「は、はあ……」 


アーニャ「アーニャ、ハンバーグを作る練習、しています!」 

アーニャ「プロデューサーとノアが好きな、ハンバーグ!」 

アーニャ「ニェート! ニェニェニェニェ――~~ット!」アチャー! 


のあ「誰のためかは、さほど重要ではないわ」 

のあ「重要なのは、貴女の感情が、どれだけ込められているかよ」 


CPアイドル達「…………」 


武内P「はい、料理は愛情と言いますから」 

武内P「……」 

武内P「……待ってください、今のは……待ってください」

765: 名無しさん 2019/07/21(日) 21:33:07.50 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「ニェート……! そんな、まさか……!」 

武内P「いえ、ですが」 

アーニャ「ニェッ!」シ~ッ! 

武内P「……」 


のあ「……三人で、囲む食卓」 

のあ「そこにハンバーグがあるのなら、私にとってはパーティーに等しい」 

のあ「……ええ、味わい深い時間になりそうね」 


アーニャ「ニェ~~~~ット!///」クネクネッ! 

アーニャ「アーニャは、ホームパーティーが趣味、です!///」イヤンイヤン! 


CPアイドル達「……」 


武内P「まっ、待ってください!」 

武内P「そこに、私の意見は何も反映されていません!」

766: 名無しさん 2019/07/21(日) 21:42:26.46 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「シトー?」 

アーニャ「プロデューサー、ハンバーグが好き、ですね?」 

武内P「それは……ええ、まあ」 


アーニャ「シトシトー?」 

アーニャ「ノア、ハンバーグが好き、ですね?」 

のあ「ええ、ハンバーグの持つ引力は、私を惹きつけてやまない」 


アーニャ「シトシトシトー? ンー……パーティーは?」 

武内P「……」 


アーニャ「………………嫌、ですか?」ウルッ! 


武内P「…………」 

武内P「……」 


武内P「嫌だとは、決して思いません」 


CPアイドル達「プロデューサー!!!」 


武内P「はい、土下座する心の準備は出来ています」

767: 名無しさん 2019/07/21(日) 21:53:31.67 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「アー、家族水入らず、ですね?」 

武内P「待って下さい、アナスタシアさん」 

アーニャ「ニェート、時計の針、動き始めました」 

武内P「その時計は修理に出してください」 


武内P「パーティーならば……」 

武内P「……三人である必要は、無いとは思いませんか?」 


アーニャ「っ……!」 


智絵里「でも……お父さんとお母さんと、三人でテーブル囲んで」 

智絵里「美味しいご飯があって、会話が弾んで……笑顔があって」 

智絵里「それだけじゃ……ダメ、ですか?」 

智絵里「あったかい食卓なだけで……わたしは、幸せだと思うんです」 


武内P「待ってください!」 

武内P「緒方さん、その……待ってください!」

769: 名無しさん 2019/07/21(日) 22:07:36.55 ID:iGJ+U9/To
CPアイドル達「……」スンッ… 


武内P「皆さん! えっ、笑顔です!」 

武内P「くっ……緒方さんの奇襲は、あまりにも……!」 


アーニャ「オー! 今、気付きました!」 

アーニャ「アーニャと、ノアの、髪の色!」 

アーニャ「ハラショー♪ とっても、似ています♪」ニコッ! 


のあ「似ているけれど、同じでは無い……」 

のあ「混じり合い、溶け合って生まれた、新たな色」 


アーニャ「ニェート/// ノア、いけません///」テレテレ! 

アーニャ「プロデューサー、頑張りますか?///」チラッ! 


武内P「何をですか!?」 

武内P「……待ってください、言わないでください!」

770: 名無しさん 2019/07/21(日) 22:22:00.03 ID:iGJ+U9/To
アーニャ「でも……アーニャはアイドル、です」 

武内P「! はい!」 

アーニャ「プロデューサーが……皆が、困ってしまいますね?」 

武内P「はい、その通りです!」 


のあ「困難や苦難は、どの道にも待ち受けているものよ」 

のあ「しかし、それは実像ではなく、虚像の時もある」 

のあ「実像だとしても、それを乗り越えていけるのが……アイドル」 

のあ「歌と踊りは、それを助ける神と呼ばれる存在へ、奉納へされていたもの」 


CPアイドル達「……!」 


武内P「……」 

武内P「待ってください」

771: 名無しさん 2019/07/21(日) 22:27:14.72 ID:iGJ+U9/To
武内P「高峯さんは……この状況を楽しんでいませんか?」 

のあ「私が? 楽しんでいる?」 

武内P「はい」 

のあ「どうかしら。判明している……三つの要素」 

武内P「……それは、一体?」 


のあ「――ハラハラ」 

のあ「――ドキドキ」 

のあ「――ワクワク」 


のあ「……これらが、私の中で高まり、上手く感情を言葉に出来ないわね」 


武内P「……成る程」 

武内P「高峯さんが、私の想像以上に楽しんでいるのがわかりました」

772: 名無しさん 2019/07/21(日) 22:42:10.42 ID:iGJ+U9/To
CPアイドル達「困難を……乗り越える……!」 


武内P「み、皆さん!?」 

武内P「何故、噛みしめるように……その言葉を!?」 


アーニャ「ニェ――ット! ダメ、です! ムリ、です!」 

アーニャ「プロデューサーは、子供が、います!」 

アーニャ「アーニャが、お腹を痛めて、生みました!」 

アーニャ「星の! 綺麗な! 夜でした!」 


武内P「何故、そんなわかりきった嘘を!?」 


のあ「世界には、無限の可能性が溢れているわ」 

のあ「有り得ないという言葉は……」 

のあ「……有り得ない事が起きた時にも、使われる」 

のあ「なら、全ては有り得る、起こり得るのではないかしら?」 


武内P「まず、貴女はアナスタシアさんより歳上です!」

773: 名無しさん 2019/07/21(日) 23:07:25.50 ID:iGJ+U9/To
  ・  ・  ・ 

のあ「――労いの言葉は、必要かしら?」 


武内P「いえ、大丈夫です……」 


のあ「貴方なら、そう言うとわかっていたわ」 

武内P「……」 

のあ「けれど、聞きたかった。いえ、聞いてみたかったのかも知れない」 

武内P「何を……ですか?」 

のあ「貴方が、自分から労って欲しい時は、何と言うのかを」 

武内P「……」 


のあ「――肩を揉ませて頂戴」 

のあ「まだ、今の貴方には必要ないかも知れないけれど」 

のあ「……これは、とても重要なコミュニケーションだから」 


武内P「? はあ……いえ、しかし」 



のあ「時を超えても、変わる事は無いわ」 

のあ「そして……真実は、闇の中」 




おわり