55: 名無しさん 2018/08/18(土) 14:42:30.04 ID:IpOF9WVEo
美嘉「うん、どうなってるかちょっと気になってさ」 

武内P「そう……ですか」 

美嘉「で? そこんトコ、どうなの?」 

武内P「当然、赤城さんの要望を聞きつつではあります、が」 


武内P「母性を感じる、というファンの方の意見も無視できません」 


美嘉「……へえ?」…キランッ 


未央「何、あれ?」 

凛「私に聞かないで」

56: 名無しさん 2018/08/18(土) 14:45:35.39 ID:IpOF9WVEo
美嘉「母性? みりあちゃんに?」 

武内P「ええ、その様です」 

美嘉「それっておかしくない? みりあちゃん、まだ11歳だよ?」 

武内P「はい。ですが、それを差し引いても、です」 


武内P「赤城さんに甘えたい、という声が多く寄せられています」 


美嘉「……ふーん?」キランッ 


未央「何考えてると思う?」 

凛「だから、私に聞かないでってば」

57: 名無しさん 2018/08/18(土) 14:50:43.59 ID:IpOF9WVEo
美嘉「でも、具体的にはどうするの?」 

武内P「現在の、可愛いさを全面に出した路線も継続しては行きます……が」 

美嘉「が?」 

武内P「それと並行し、そうですね……例えば、悩み相談」 


武内P「リスナーの悩みを聞き、励まし応援するラジオなど、どうかと」 


美嘉「……最初の相談者は、決まってるの?」キラーンッ! 


未央「ねえ、しぶりん」 

凛「やめて、振らないで」

58: 名無しさん 2018/08/18(土) 14:55:11.48 ID:IpOF9WVEo
美嘉「そういうのって、最初が肝心じゃん?」 

武内P「あっ、いえ……まだまだ、企画段階ですので」 

美嘉「でもさ、小学生に悩みを解決して貰おうなんて、思う?」 

武内P「解決と考えると、難しいと思います」 


武内P「ですが、赤城さんには不思議な魅力があります」 

武内P「それは、彼女の前で自分を偽る必要は無いと、そう、思える事です」 

武内P「……ありのままに、悩みを話すだけで楽になる場合も、ありますから」 


美嘉「あるあるあるある!」ブンブンッ! 


未央「止める?」 

凛「無理だよ」

59: 名無しさん 2018/08/18(土) 14:59:07.13 ID:IpOF9WVEo
美嘉「悩みを話してさ、こう、頭をギュッとして貰うんだよね」 

武内P「はい?」 

美嘉「あっ、これヤバくない!? どう!? この企画!」 

武内P「あっ、いえ」 


武内P「それは……流石に、どうかと」 


美嘉「はっ?」 

美嘉「いや、ちょっ、待っ……はっ?」 


未央「止めたほうが良いって、しぶりん」 

凛「だから、無理。美嘉、今スイッチ入ったし」

60: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:04:19.77 ID:IpOF9WVEo
美嘉「意味わかんないんだケド? どうかと、って何?」 

武内P「えっ?」 

美嘉「アンタ、知らないだけでしょ? あの良さを!」 

武内P「は、はあ……ですが、その」 


武内P「不特定多数の方の頭を抱くというのは、さすがに」 


美嘉「じゃあ、さ」 

美嘉「――ウチの事務所のアイドルの悩みを聞く、っていうのは?★」キラーンッ! 


未央「ほら、やっぱり!」 

凛「まあ、そういう風にもっていくよね」

61: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:08:23.69 ID:IpOF9WVEo
美嘉「アイドルの、プライベートな悩みを聞いて、さ」 

武内P「……ふむ」 

美嘉「みりあちゃんが、頭をギュッとして、ヨシヨシするの★」 

武内P「……なるほど」 


武内P「事務所内の、アイドルの仲の良さをアピールしつつ」 

武内P「且つ、プライベートの話もし、身近に感じさせる」 

武内P「……良い、企画です」 


美嘉「でしょ!★ でしょでしょ!?★★★」 


未央「絶対、毎回ゲストで来るヤツだよ!」 

凛「ゲストのレギュラー? 何、それ」

62: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:13:57.13 ID:IpOF9WVEo
美嘉「ラジオじゃなくて、テレビにしてさ!★」 

武内P「ええ、映像も必要になってきますね」 

美嘉「チョー良くない!?★ マジアガるっしょ!★」 

武内P「そうですね……正式な企画として検討する余地は、十分にあるかと」 


武内P「……城ヶ崎さん」 

武内P「その時は、貴女にもレギュラーとして出演をお願いするかもしれません」 


美嘉「もち!★ トーゼン、オッケー★」 

美嘉「みりあちゃんと二人で、ゲストの悩みを聞い――」 

美嘉「……」 

美嘉「っ!?」 


未央「まあ、そうなるよね」 

凛「あれだけ言ってれば、ね」

63: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:20:05.36 ID:IpOF9WVEo
美嘉「あ、アタシもレギュラー……ってコト?」オロオロ 

武内P「えっ? は、はい……そうなりますね」 

美嘉「じゃじゃじゃじゃあ……ギュッとして、ヨシヨシは?」オロオロ 

武内P「そう、ですね」 


武内P「お二人で、悩みを聞いて」 

武内P「聞き終わったら、赤城さんか、城ヶ崎さん」 

武内P「どちらかを相談者の方が選ぶ……というのは、どうでしょうか?」 


美嘉「……」 

美嘉「あっ、なるほどー! そういうコトねー!」チラッチラッ! 


未央「しぶりん?」 

凛「やめて、目が合っちゃうから」

64: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:25:30.50 ID:IpOF9WVEo
美嘉「みりあちゃんの母性か、アタシのカリスマか、かー!」チラッチラッ! 

武内P「はい。相談者の方にとっても、その方が良いかと」 

美嘉「どっちもお姉ちゃんだしねー! そうだよねー!」チラッチラッ! 

武内P「ええ、そうですね」 


武内P「この方向で企画を考えても、よろしいでしょうか?」 


美嘉「アタシは良いよー! まあ、アタシはだケドね!」チラチラッ! 

美嘉「他の人はどう思うかなー!? ほ・か・の・ひ・と・は!」チラチラチラチラッ! 


未央・凛「……」

65: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:31:14.51 ID:IpOF9WVEo
未央「……まあまあ、ちょっと落ち着こうよ」 

凛「……うん、焦る必要、無いと思う」 


武内P「本田さん、渋谷さん……?」 

美嘉「あっ、ちょっともう、未央に凛ったら!」 

美嘉「何々ー!? この話、そんなに気になった!?」 

美嘉「もー、しょーがないなー! うん、オッケオッケ!★」 

美嘉「皆で考えよっか!★ その方が良いよね、ねっ!★」 


未央・凛「……」

66: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:36:20.56 ID:IpOF9WVEo
未央「……まずだね、レギュラー選びが失敗してるよ」 

凛「……うん。美嘉って、甘やかされたいタイプじゃ無いかな、って」 

未央「それ。美嘉ねぇって、そう言うんじゃないんだよね」 

凛「百歩譲っても、頼れる先輩ポジションが……限界かな」 


美嘉「辛辣!」 


武内P「……」 

武内P「そう、でしょうか?」 


美嘉・未央・凛「……」 

美嘉・未央・凛「えっ?」

67: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:42:59.66 ID:IpOF9WVEo
武内P「城ヶ崎さんは、とても頼れる方だと、そう、思います」 

武内P「当然、まだ17歳で不安定な部分もあります」 

武内P「しかし、それを差し引いても――」 

武内P「赤城さんと、レギュラーとして相談者を迎えうるに足り得る」 

武内P「素晴らしいカリスマの持ち主だと、私は思います」 


美嘉「って言ってるケド!/// 言ってるケドー!?///」 


未央「何かもう……何、何かもう、バカ! 城ヶ崎バカ!」 

凛「ちょっと未央! がっつり悪口になってるから!」

68: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:51:10.30 ID:IpOF9WVEo
美嘉「あっ、アンタ的に……アタシって、頼れるカンジ!?///」 

武内P「? はい、勿論です」 

美嘉「モチロンです!/// ねえ、聞いた!?/// 録音した!?///」 


未央「してるわけないよね!?」 

凛「ねえ、なんで録音してるって思ったの!?」 


武内P「赤城さんのプロデュース方針にも、親身になって頂き……」 

美嘉「それは、トーゼンっしょ!★ アンタの担当の子だけどさ?」 

美嘉「アタシにとっても、みりあちゃんは大切な子だもん!★」 

美嘉「その、二人にとって大切な……」 

美嘉「……」 

美嘉「こ、コノコノ~!/// 二人の……子っ、子の子の~!///」 


未央・凛「どさくさ!」

69: 名無しさん 2018/08/18(土) 15:59:59.96 ID:IpOF9WVEo
未央「あのさ、大切なのは、アイドルがどう思うかだよね!?」 

凛「プロデューサーがどう思うかは、関係無いから!」 

武内P「は、はあ」 

美嘉「はあ!? アタシ、チョー頼れるし!★」 

未央「今までの流れで、そんな部分ひとっつも無かったよ!?」 

凛「うん。ごめん、美嘉……美嘉に、甘えようとは思わない」 


美嘉・未央・凛「……」 


美嘉「――おいで~? チョー甘やかしてあげる★」 


未央「どっちが先に行く?」 

凛「私が行く。美嘉に、現実をわかって貰うから」 


武内P「……」

70: 名無しさん 2018/08/18(土) 16:05:21.98 ID:IpOF9WVEo
  ・  ・  ・ 

美嘉「……ヨシヨシ、凛は頑張りやさんだね~★」 

ナデナデ… 

凛「……うん、私……頑張ってる」 

…ぎゅうっ 


未央「しぶりいいい――んっ!?」 

未央「もっと自分をしっかり持って!」 


凛「っ! そ、そうだ……これは、違――」 

美嘉「良いんだよ~★ 今だけは、アタシに甘えちゃいな~★」 

ナデナデ… 

凛「ああぁ……良いのかな……悪くないのかな……」 

…ぎゅうっ! 


武内P「……良い、カリスマです」

71: 名無しさん 2018/08/18(土) 16:14:29.75 ID:IpOF9WVEo
  ・  ・  ・ 

凛「あ、危なかった……! ギリギリ、耐えられたよ……!」 

未央「全然だよ!? 最後の方なんか、ママー、って言ってたって!」 

凛「言ってない! 言うわけないでしょ!?」 

未央「見なさいよ! ほら、動画に撮ってたから! ほら!」 

凛「……」 

未央「えっ、しぶりん、ちょっと……待っ!」 

凛「……」 

未央「無言で携帯を奪おうとしないでよ! こら、しぶりん!」 

未央・凛「……!」 


武内P・美嘉「……」

72: 名無しさん 2018/08/18(土) 16:26:10.34 ID:IpOF9WVEo
  ・  ・  ・ 

美嘉「――どう? あの企画、進んでる?」 

武内P「はい、順調に」 

美嘉「へへっ、そっかそっか★」 

武内P「赤城さんも、とても楽しみにしていらっしゃいます」 

武内P「これも……城ヶ崎さんのおかげですね」 

美嘉「あ、アタシは別に、思ったコトを言っただけだし///」 

武内P「頼りになる、と……そう、思います」 


凛「うん」 

ぎゅうっ! 

美嘉「もー、甘えん坊さんなんだから★」 

…ナデナデ 


未央「……」

73: 名無しさん 2018/08/18(土) 16:35:34.10 ID:IpOF9WVEo
未央「って、いやいやいやいや!」 

未央「変な癖ついちゃってるじゃん! 何だそれ!?」 


武内P「えっ!? いえ、ですが……本人の希望ですので」 

美嘉「アタシもそうは思うケド……でも、まあ良っかなって★」 

…ナデナデ 

凛「……うん」 

…ぎゅうっ! 


未央「駄目に決まってるじゃん!」 

未央「この際だから、ハッキリ言わせて貰うけどね!?」 


未央「甘やかしすぎは、良くないよ!」 



おわり