75: 名無しさん 2018/12/12(水) 21:45:46.84 ID:EbMDRVx0o
奏「えっ?」 

周子「はい?」 

美嘉「な、何?」 


…ドサッ 

志希「」ビクンビクンッ! 


奏・周子・美嘉「!?」 


フレデリカ「……」


引用元: ・武内P「笑顔です……変身ッ!」

77: 名無しさん 2018/12/12(水) 21:48:17.43 ID:EbMDRVx0o
奏「志希!? 大丈夫!?」 

周子「やっば、なんか痙攣してるよ!?」 

美嘉「ちょっ、ちょっと! どうしたの!?」 


志希「」ビクンッ…ビクンッ…! 

志希「」 

…ムクリ 


奏・周子・美嘉「……!」ホッ 


フレデリカ「……」

78: 名無しさん 2018/12/12(水) 21:51:51.93 ID:EbMDRVx0o
奏「もう、またいつもの悪ふざけ?」 

周子「もー、あたしには教えておいてよね」 

美嘉「って、驚くからやめてよね!?」 


志希「」フラフラッ… 

志希「」…クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏・周子・美嘉「……」 

奏・周子・美嘉「はい?」 


フレデリカ「……」

79: 名無しさん 2018/12/12(水) 21:54:24.01 ID:EbMDRVx0o
奏「ちょっと……それ、何?」 

周子「それ、フレちゃんとの曲だよね?」 

美嘉「だけど、なんて言うか……」 


志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏「……明らかに、様子がおかしいわね」 

周子・美嘉「うん……」 


フレデリカ「……」

80: 名無しさん 2018/12/12(水) 21:57:41.99 ID:EbMDRVx0o
奏「歌詞も違うけれど、何より……」 

周子「……目、死んでるねぇ」 

美嘉「ねえ! ちょっと志――」 


フレデリカ「フンフンフフーン♪」クルクルッ、クルクルッ 


奏・周子・美嘉「!?」 


フレデリカ「フンフフー、フレデリカ―♪」クルクルッ、クルクルッ、 

志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ ♪) 


奏・周子・美嘉「……!?」

81: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:03:19.43 ID:EbMDRVx0o
奏「……二人共、それをやめなさい」 

美嘉「そ、そうだよ! 何か怖いんだケド!?」 


フレデリカ「フンフンフフーン、フンフフー、フレデリカー♪」クルクルッ、クルクルッ 

志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏・美嘉「……!?」 

周子「二人共――ここは、シューコちゃんにお任せ、ってね」 

奏・美嘉「えっ?」 


周子「まっ、見といてよ」

82: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:08:51.45 ID:EbMDRVx0o
周子「おーい、フレちゃんやーい」 

フレデリカ「はいはーい、フレちゃんだーい」クルクルッ、クルクルッ 

周子「一体全体、何がどうしてそうなったの?」 

フレデリカ「んふふー♪ ヒントは、脇のにおい!」クルクルッ、クルクルッ 

周子「ほうほう、脇のにおいですか」 

フレデリカ「シューコちゃんの脇は、どんなにおいかな?」クルクルッ、クルクルッ 

周子「あたし? どうだろうなぁ」 


フレデリカ「くんくん!……わお!」クルクルッ、クルクルッ 

フレデリカ「シューコちゃん、脇が甘いね!」クルクルッ、クルクルッ 


フレデリカ「それじゃ、フレちゃんのにおいもどーぞ♪」クルクルッ、クルクルッ 

志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪)

83: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:12:19.73 ID:EbMDRVx0o
  ・  ・  ・ 

奏「っ……!」 

カチカチカチカチ! 

美嘉「ねえ! まだ、エレベーター来ないの!?」 

奏「っ!? 待って! 美嘉、聞こえない!?」 

美嘉「えっ……!?」 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「っ!?」 

奏「追いつかれるわ、階段を使いましょう!」 

美嘉「う、うん!」

84: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:16:39.28 ID:EbMDRVx0o
タッタッタッタッ…! 

奏「外まで逃げれば、追っては来られない筈よ!」 

美嘉「どうして、こんな時に限って誰とも会わないの!?」 

奏「! あれよ! あの階段を降りれば!」 

美嘉「外に……逃げられる! 急ごっ!」 


タッタッタッタッ…! 


奏・美嘉「――っ!?」 


周子「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏・美嘉「先回り!?」

85: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:20:19.53 ID:EbMDRVx0o
周子「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「周子ちゃん! お願い、正気に戻って!」 

奏「無駄よ、美嘉! 周子はもうスパイシーだわ!」 

美嘉「で、でもっ!?」 

奏「今は逃げるのよ! 引き返せば――」 


志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏・美嘉「挟み撃ち……!?」 

86: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:24:21.47 ID:EbMDRVx0o
志希「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


周子「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪) 


奏「……美嘉、二手に分かれるわよ」 

美嘉「二手に!? でも、それじゃどっちかが!」 

奏「確率は、二分の一……二人の内、どちらかは助かるわ」 

美嘉「そんなっ……!?」 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪)

87: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:28:46.63 ID:EbMDRVx0o
美嘉「イヤだよ、そんなの!」 

奏「美嘉!?」 

美嘉「キャラ的に、アタシが最後まで残るじゃん!」 

奏「っ! 美嘉っ!」 

ずんっ! 

美嘉「うぁ痛ぁっ!? なんで正確に乳首を突いたの!?」 

奏「これしか方法は無いの!」 

美嘉「かも知れないけど、なんで乳首を突いたの!?」 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪) 


奏「私は下、美嘉は上……良いわね?」 

美嘉「い、良いけど……なんで乳首を……!?」

88: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:33:59.49 ID:EbMDRVx0o
  ・  ・  ・ 

美嘉「ほら、やっぱり! やっぱりね!」 


フレデリカ「フンフンフフーン♪」クルクルッ、クルクルッ 


美嘉「上に逃げたから、結局外に出られてないし!」 


フレデリカ「フンフフー、フレデリカー♪」クルクルッ、クルクルッ 

志希・周子・奏「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「もおおおお! もおおおお!」

89: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:41:18.19 ID:EbMDRVx0o
美嘉「ねっ、ねえ! アタシをからかってるんでしょ!?」 

美嘉「皆で、いつもみたいにさ! でしょ!?」 

美嘉「そうだよね!? ねえ、そうって言ってよ!」 


フレデリカ「おかしくなっちゃうよ♪」クルクルッ、クルクルッ 

志希・周子・奏「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「おかしくなりそうなのはアタシなんだケド!?」 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「ひっ……ひぃっ……!?」

90: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:46:45.63 ID:EbMDRVx0o
美嘉「こ……来ないで……!」 

フレデリカ「オッケー♪ 来ない代わりに行くね♪」クルクルッ、クルクルッ 

美嘉「同じだから! 結果は変わらないから!」 

フレデリカ「んふふー♪ ミ~カ~ちゃ~ん♪」クルクルッ、クルクルッ 

美嘉「だ、誰か……!」 


武内P「……」 


美嘉「! あの後ろ姿!」 

美嘉「ねえ、お願い! 助けて……助けて――っ!」 


武内P「……」 

クルッ―― 

武内P「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


美嘉「……う」 

美嘉「嘘でしょぉおおおおお!?」

91: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:52:47.97 ID:EbMDRVx0o
  ・  ・  ・ 

美嘉「――アンタまでスパイシー!?」 

ガバッ! 


志希・フレデリカ「わおっ!?」 


美嘉「あ、あれ……ここは……?」 

美嘉「それに、アタシ……」 


奏「ふふっ、美嘉ったら……まだ、夢を見てるのかしら?」 

周子「夢を見ながら悪戯を回避するとは、やるねー」 

志希・フレデリカ「あー……ビックリしたー……」 


美嘉「えっ……」 

美嘉「……えっ?」

92: 名無しさん 2018/12/12(水) 22:58:20.68 ID:EbMDRVx0o
フレデリカ「驚いて、心臓が二つに増える所だったよ!」 

志希「フレちゃんのハートが倍なら、あたしは四倍ー!」 


美嘉「いつもの……二人だ、よね」 


奏「大丈夫? ひどくうなされてたけど」 

周子「それでも起こさないなんて、いけずだねぇ」 

奏「あら、悪夢にはストレス解消効果があるのよ?」 

周子「えー? あたしは、ゴロゴロしてる夢の方が良いわー」 


美嘉「夢……」 

美嘉「そっか……夢だったんだ!★」

93: 名無しさん 2018/12/12(水) 23:06:43.15 ID:EbMDRVx0o
フレデリカ「何々? ミカちゃん、どんな夢見たの?」 

美嘉「そ、それは……ちょっと、言いにくいかな、あはは!」 

フレデリカ「教えてくれないの!? くすん!」 

美嘉「ご、ごめんね……その、色々と」 


フレデリカ「――ううん、もう一回とろけさせるだけだから♪」 

ぎゅっ! 


美嘉「わっ!? ちょっ、フレ――」 

美嘉「っ!?」 

美嘉「……!……!」ビクンビクンッ! 


奏・周子・志希「? 何して――」 


美嘉「」フラフラッ… 

美嘉「」クルクルッ、クルクルッ 

(spicy♪ spicy♪) 


奏・周子・志希「!?」 


(spicy♪ spicy♪) 

(spicy♪ spicy♪) 




おわり