458: 名無しさん 2019/01/07(月) 20:44:26.07 ID:hJdzMcyzo
未央「プロデューサーは、何をお願いしたの?」 

卯月「やっぱり……ふふっ! 笑顔に関する事ですか?」 

凛「卯月……まあ、そうかもしれないけど」 

武内P「いえ……」 


武内P「この時期は、正月特番もあるので……はい」 

武内P「もう、何年も初詣には行っていません」 


未央・卯月・凛「……へー」

引用元: ・武内P「笑顔です……変身ッ!」

459: 名無しさん 2019/01/07(月) 20:48:25.34 ID:hJdzMcyzo
未央「ちなみに! 私達は一緒に行ってきたよ!」 

卯月「はいっ♪ ニュージェネが、もっと活躍出来ますようにって!」 

凛「さっき言ってた通り、特番があったから……三が日過ぎてだけどね」 

武内P「そう、ですか」 


武内P「……皆さん」 

武内P「今年も、宜しくおねがいします」 


未央・卯月「よろしくお願いしまーすっ!」 

凛「……いや、年明けに言ったでしょ」

460: 名無しさん 2019/01/07(月) 20:52:22.41 ID:hJdzMcyzo
未央「でもさ、正直そんな感じはしてたよね」 

卯月「あ、あはは……忙しそうでしたもんね」 

凛「まあ、プロデューサーらしいけど」 

武内P「……」 


コンコン、ガチャッ 


加蓮・奈緒「失礼しまーす」 


武内P「……?」 

武内P「北条さんに、神谷さん……?」

461: 名無しさん 2019/01/07(月) 20:55:41.32 ID:hJdzMcyzo
武内P「おはよう、ございます」 


加蓮「えー? 今年になってから会うの、初めてでしょ?」 

奈緒「だよな! だから――」 


加蓮・奈緒「――明けまして、おめでとうございます!」 


武内P「! そう、ですね」 

武内P「明けまして、おめでとうございます」 


未央「あれ? そうだっけ?」 

卯月「そうですよ! だって、プロジェクトが違いますし……」 

凛「……もう、全く」

462: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:01:24.02 ID:hJdzMcyzo
加蓮「凛がお世話になってる人だしね」 

奈緒「新年の挨拶くらい、しておかないとな!」 

凛「……ねえ、二人は私の保護者か何かなの?」 


未央「かみやん、おっはー! かれんは、あけおめ!」 

卯月「奈緒ちゃん、おはようございます♪」 

卯月「加蓮ちゃんは、明けましておめでとうございます♪」 


奈緒「おはよう!」 

加蓮「二人共、あけおめー」 


武内P「……?」

463: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:08:07.08 ID:hJdzMcyzo
凛「ニュージェネだけじゃなく、奈緒も一緒だったの」 


武内P「……成る程、そういう事でしたか」 


加蓮「アタシ、その日はちょっと体調が悪くてさ」 

未央「大丈夫だよ! かれんの分も、お参りしておいたから!」 

卯月「そ、そういうものでしょうか……?」 

奈緒「それにしても、凛はよく気がつくなー?」ニヤニヤ 

凛「……何? いつもの仕返しのつもり?」 


武内P「……」 

武内P「北条さんは、この後に何か予定はありますか?」 


ガールズ「……はっ?」 


加蓮「……えっ?」

464: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:12:01.87 ID:hJdzMcyzo
加蓮「無い、けど……えっ、何で?」 

武内P「初詣は、もう行かれましたか?」 

加蓮「んー……今年は良いかな、って思ってた」 

武内P「……宜しければ、ですが」 

加蓮「?」 


武内P「私が車を出しますので――」 

武内P「――初詣に、行きませんか?」 


加蓮「へっ?」 


ガールズ「……ええっ!?」

465: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:16:27.73 ID:hJdzMcyzo
未央「どっ、どうしちゃったのプロデューサー!?」 


武内P「あ、いえ……皆さんのお話を聞いて、ですね」 

武内P「私も、久しぶりに初詣に行こうかと思いまして」 


卯月「でも、どうして加蓮ちゃんを誘ったんですか!?」 


武内P「えっ?」 

武内P「予定も無く、初詣もまだとの事でしたので……」 


凛「…………」 

奈緒「おい、凛!? 何で無表情になるんだよ!?」 


加蓮「……」

466: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:20:27.43 ID:hJdzMcyzo
加蓮「んー……じゃあ、お言葉に甘えちゃおっかな」 

武内P「少しだけ、待って頂けますか?」 

武内P「もうすぐ、作業が一段落するので」 

加蓮「オッケー、急がなくても大丈夫だから」 


凛「――待って」コォォォ…! 


武内P「渋谷さん?」 

武内P「あの……その表情は、一体……」

467: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:25:09.54 ID:hJdzMcyzo
凛「ねえ、プロデューサー」コォォォ…! 

武内P「は、はい」 

凛「加蓮は、担当じゃないでしょ?」コォォォ…! 

武内P「え、ええ……そう、ですね」 

凛「うん」コォォォ…! 

武内P「し、渋谷さん……?」 

凛「……」コォォォ…! 


加蓮「……」 

加蓮「……」ニヤァッ…! 


未央「あ、これ駄目なやつだ」 

卯月「ど、どうしたら良いんでしょうか!?」 

奈緒「あ、あたしに聞かれても!?」

468: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:29:50.06 ID:hJdzMcyzo
加蓮「……あー、なんか楽しみになってきたかも!」 

武内P「えっ?」 

加蓮「ねね、おみくじってまだ引けるかな?」 

武内P「え、ええ……大丈夫だと思いますが」 

加蓮「それじゃ、どっちが良いの出るか勝負しない?」ニコッ! 

武内P「はい……そう、ですね」 


凛「っ……!」コォォォ…! 


未央「怖い怖い怖い怖い!!」 

卯月「奈緒ちゃん! お願いします!」 

奈緒「いいっ!? む、無理だって!」

469: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:35:11.44 ID:hJdzMcyzo
凛「……ねえ、加蓮」コォォォ…! 

加蓮「んー? どうしたの、凛?」 

凛「今年は行かない、って言ってなかったっけ?」コォォォ…! 

加蓮「でもほら、せっかくだし」 

凛「ふーん……そうなんだ」コォォォ…! 

加蓮「でも、二人でかー……」 


加蓮「――初詣デート、ってやつ?」ニコッ! 


凛「はっ……っこ、か……!」グニャァ~ッ! 


未央「じゃ、ジャンケン! ジャンケンしよ!」 

卯月「何のですか!? 何を決めるんですか!?」 

奈緒「嫌だよ! あたし、そういうの弱いんだよ!」

470: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:44:06.35 ID:hJdzMcyzo
加蓮「案外、積極的なんだね♪」ニコッ! 

武内P「いっ、いえ! 決して、そういう意味では!」 

加蓮「あはは、冗談冗談!」 

武内P「……」 

加蓮「あっ、お願い事とかもう決めてる?」 

武内P「いえ、まだ特にこれと言って……」 


武内P「北条さんは、決まっているのですか?」 


加蓮「……ふふっ、内緒♪」ニコッ! 


凛「…………」 


未央「最初――っからっ! いよっし、勝ちっ!」 

卯月「あっ、ズルい! ズルいです、未央ちゃん!」 

奈緒「あ、あたし出してた! グー、出してた!!」

471: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:50:48.06 ID:hJdzMcyzo
凛「ねえ、プロデューサー」 

武内P「? はい」 

凛「仕事は? 一段落して、終わり?」 

武内P「今日は、本来は休……ええ、終わりです」 

凛「……ふーん。じゃあ、待ってるから」 

武内P「待ってる……? あの、渋谷さん?」 


凛「――行くんでしょ、初詣」 


武内P「えっ?」 


未央「しぶりん!? この後、レッスンがあるよ!?」ボソボソ! 

卯月「一緒に行く感じを出してますけど、無理ですよ!?」ボソボソ! 

奈緒「お前ら、聞こえるように言えよな!?」

472: 名無しさん 2019/01/07(月) 21:57:13.66 ID:hJdzMcyzo
加蓮「えー? 凛も来るの?」 

凛「うん。二人は、さすがにまずいでしょ」 

武内P「あの、渋谷さんはレッスンが」 

加蓮「まずいって何が?」 

凛「何が? 何がって……何?」 

武内P「渋谷さん、あの、レッスンが」 


未央「無理だよ! あそこに入っていけないよ!」 

卯月「! 奈緒ちゃんは、この後の予定は!?」 

奈緒「無い……あ、有る! 見たいアニメがある!」

473: 名無しさん 2019/01/07(月) 22:05:29.96 ID:hJdzMcyzo
加蓮「あのさ、初詣が終わったらゴハン食べに行かない?」 

凛「行くわけ無いでしょ? ねえ、プロデューサー」 

武内P「確かに、丁度夕食時になりそうですが……」 

加蓮「……はいっ! 夕ご飯要らないって、家に連絡したよ♪」ニコッ! 

凛「ねえ、この状況は何なの!?」ギロッ! 

武内P「ま、待ってください! 一人ずつ、お願いします!」オロオロ! 


卯月「うぅっ……お、おえっ……!」 

未央「しまむー!? ストレスが胃に来た!?」 

奈緒「本当に、あたしが何とかしないと駄目なのか!?」

474: 名無しさん 2019/01/07(月) 22:09:39.81 ID:hJdzMcyzo
加蓮「~♪」ニコニコ! 

凛「……」ギロォッ! 

武内P「な、何故急に無言に……!?」オロオロ! 


未央「だ、誰か……誰か……!」 

卯月「うぇっ……か、神様……!」 

奈緒「が、原因だから……仏様っ!」 


ガチャッ 


ちひろ「――あら?」 

ちひろ「皆集まって、どうしたの?」 


未央・卯月・奈緒「……」 

未央・卯月・奈緒「ちひろ様――っ!!」

475: 名無しさん 2019/01/07(月) 22:16:34.13 ID:hJdzMcyzo
  ・  ・  ・ 

加蓮「あーあ、もうちょっとだったのになー」 

加蓮「……ふふっ!」 


未央「笑い事じゃなかったからね!?」 

卯月「そうですよ! ちひろさんが来てくれなかったら……!」 

奈緒「……おい、凛」 


凛「っ……れ、レッスン!」 

凛「レッスンに行かないと!」 


加蓮・奈緒・未央・卯月「……」 


凛「……お願いだから、忘れて……!」

476: 名無しさん 2019/01/07(月) 22:27:33.96 ID:hJdzMcyzo
加蓮「それじゃ、頑張ってねー♪」 

未央「……あっ、結局初詣はどうするの?」 

卯月「レッスン後で良ければ、一緒に行きませんか?」 

奈緒「凛もそれで良いよな!?」 

凛「わかった……わかったから……!」 


ガールズ「……願い事は――」 


「新年早々、休日出勤はやめてください!」 

「車を出すって、社用車を……タクシーを呼んだんですか!?」 

「それに乗って帰ってください! 良いですね!?」 


ガールズ「――明日から、この一年が平和でありますように」 

ガールズ「……かな」 



おわり