611: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:09:43.02 ID:hhWkJYvfo
仁奈「お年玉ってのは、こえーでごぜーますか!?」 

俺P「そうよ、おチビ! 二度と言わないでちょうだい!」 


仁奈「仁奈は、良いものって聞いたですよ!」 

俺P「嘘よ! 玉を落とすなんて、縁起でも無いわ!」 


仁奈「えんぎ……あっ! お芝居だ!」 

俺P「ええ、そうなの。さっ、仕事仕事!」 


仁奈「プロデューサー!」 

仁奈「お年玉って、お芝居の事だったでごぜーますね!」 


俺P「……ちょっとヤダ、何よ!」


引用元: ・武内P「笑顔です……変身ッ!」

612: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:13:15.02 ID:hhWkJYvfo
俺P「おチビ? 今のは、本気で言ってるの?」 

仁奈「えっ!? 違ったでごぜーますか!?」 

俺P「……ふんっ!」 

ブッ! ブー! 

俺P「違うわよ」 

仁奈「くせー! くせーでごぜーますよ!」 

俺P「外した罰よ、屁を受け入れなさい」 


ちひろ「……」 

ガラッ! 


俺P「ちっひ、無言で窓を開けるのはやめなさい」

613: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:17:25.10 ID:hhWkJYvfo
俺P「そんな事はどうだって良いのよ」 

俺P「おチビ、アンタお年玉を本当に知らないの?」 

仁奈「知らねーでごぜーます」 

俺P「あら、まあ……そうなのね」 

仁奈「正解! 正解を教えてくだせー!」 

俺P「そうね……」 


俺P「大人になったら、わかるわよ」ニコリ 


ちひろ「普通、教える流れでしょう!?」 

俺P「うるさいわね!」 

ちひろ「何ですか!? 今の優しい笑みは!」 

俺P「営業スマイルよ、覚えておきなさい」

614: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:22:01.73 ID:hhWkJYvfo
仁奈「もうっ! ケンカは駄目でごぜーます!」 

俺P「そうね。ほら、早く謝んなさい」 

ちひろ「嫌です、謝りません」 


ちひろ「仁奈ちゃん、お年玉って言うのはね?」 

ちひろ「お正月を迎えて、新年あけましておめでとー、って言ったでしょ?」 

仁奈「はいっ! おめでてー!」 

ちひろ「そのお祝いで、大人が小さい子にお金をあげるの」 

仁奈「お年玉って……お金でごぜーますか!?」 

ちひろ「そうよ」 


ちひろ「大人が、子供に、あげるものなの」 


俺P「ああヤダ、忙しい忙しい!」

615: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:26:29.58 ID:hhWkJYvfo
仁奈「でも……仁奈は、お金を貰ってるでごぜーますよ?」 

ちひろ「それは、仁奈ちゃんが頑張ったお給料ね」 

ちひろ「お年玉っていうのは、それとは別なの」 

仁奈「すっげー! 太っ腹だー!」 

仁奈「……あっ! ぼーなす、でごぜーますな!?」 

ちひろ「ん、んー……ちょっと違うかな?」 


仁奈「んー……なんとなく、わかりやがりました!」 

仁奈「だったら、仁奈は別にいらねーでごぜーます!」 

仁奈「お年玉は、間に合ってるですよ!」 


ちひろ「えっ?」 


俺P「よく言ったわ、おチビ!」

616: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:31:08.27 ID:hhWkJYvfo
俺P「アンタは、やっぱりアタシが見込んだ女ね」 

俺P「玉が間に合ってる、だなんて……」 

俺P「そこらを歩いてるメスに聞かせてやりたいわ!」 

ちひろ「どうしてこっちを見てるんですか?」 

俺P「うるさいわね」 


仁奈「仁奈は、振り袖も着させて貰ったでごぜーます」 

仁奈「すっげー……すっげー、楽しいお正月でした!」 

仁奈「これ以上は、変になっちゃうでごぜーますよ!」 


俺P「わかった?」 

俺P「だから、この話は終わりよ!」 


ちひろ「二体一な感じを出さないで貰えますか」

617: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:37:51.80 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「……そんなにお年玉をあげたくないんですか?」 

俺P「馬鹿じゃないの、ちっひ。馬鹿じゃないの」 

ちひろ「二回言わないでください」 

俺P「この事務所、何人ちびっこが居ると思ってるのよ」 

俺P「一人だけにお年玉をあげてごらんなさい」 

ちひろ「あー……」 

俺P「確かに、アタシは美しい花よ」 

俺P「でもね、蝶に群がられる趣味は無いの」 

俺P「全員がマッチョなメンズだったら、どんと来いだけど」 

ちひろ「要らない情報は寄越さないでください」 


仁奈「振り袖、七五三の時にしか着ねーと思ってました!」 


俺P・ちひろ「……ん?」

618: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:43:05.22 ID:hhWkJYvfo
俺P「振り袖って、他の時にも着るわよね?」 

俺P「ちっひが成人式の時に来たの、二十年位前かしら」 

ちひろ「そんなに前じゃありません!」 

俺P「でも、アンタ七五三はやってたのね」 

俺P「お年玉も知らなかったから、意外だったわ」 

仁奈「はいっ!」 


仁奈「パパも、ママも忙しかったから……」 

仁奈「仁奈、ちゃんと一人で行ってきたでごぜーますよ!」 

仁奈「写真も、バッチリ撮りやがりました!」 


俺P・ちひろ「……」

619: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:48:38.55 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「それは……仁奈ちゃん、偉かったわね」 

仁奈「はいっ♪」ニコニコ! 

ちひろ「写真は、携帯で撮ったのかな?」 

仁奈「そうでごぜーますよ! ほら、見てくだせー!」 

ちひろ「どれどれー?」 


俺P「――全っ然、駄目ね」 

俺P「素人が撮ったのが丸わかりよ」 


仁奈「そ……そうでごぜーますか」ションボリ… 

ちひろ「ちょっと、プロデューサーさんっ!」 


俺P「嘘は、女のアクセサリー」 

俺P「男のアタシがつける訳ないでしょ、嫌ね」 


ちひろ「意味がわかりませんっ!」

620: 名無しさん 2019/01/15(火) 21:56:25.54 ID:hhWkJYvfo
俺P「おチビ、アンタはもうアイドルなの」 

俺P「だから、ちゃんとその事を自覚なさい」 

仁奈「はい……」ションボリ 

俺P「頑張ったのは、認めるわ」 

俺P「でも、見せびらかすような写真じゃないわよ」 

仁奈「……」ションボリ 


ちひろ「ちょっと! プロデューサーさん!」 


俺P「――だから、出かける支度しなさい」 

俺P「午後のレッスンは、アタシの権限でキャンセルするわ」 


仁奈・ちひろ「……えっ?」

621: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:01:55.00 ID:hhWkJYvfo
仁奈「ど、どこに行くでごぜーますか?」 

俺P「まずは振り袖よ。それが無いと、始まらないわ」 


ちひろ「……! 衣装部に、連絡しておきますね!」 

俺P「さすがね、ちっひ。頼んだわ」 


仁奈「振り袖を着て……どこに……?」 

俺P「神社よ。ん、ちょっと待って……七五三って、寺だったかしら?」 


仁奈「なんで……?」 


俺P「正月と七五三をもう一度やったって、誰も損しないでしょ」 

俺P「それに――」 


俺P「アタシがプロデューサーだからよ」

622: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:08:26.15 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「――もうっ! しばらく使わないから、って!」 

俺P「男って、これだからやーよね!」 

俺P「あぁん、もう! 何よ、あの車! 強引に入ってきて!」 

俺P「アタシ特製のクラクション……やだ、男前!」 

俺P「強引な男前……アリね!」 


仁奈「ちひろおねーさん?」 

仁奈「車で、どこへ行ってるですか?」 

ちひろ「……ふふっ!」 

ちひろ「それは、着いてからのお楽しみかな♪」 

仁奈「……?」 


俺P「きいい! 隣に女が居るじゃないの!」

623: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:13:02.07 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

キラキラキラッ…! 


仁奈「ふおお……!」 

仁奈「きれーな着物が、いっぱいあるでごぜーます!」 

仁奈「きらきら! きらきらです!」 

俺P「見りゃわかるわよ、落ち着きなさい」 

仁奈「はいっ!」 


仁奈「プロデューサー」 

仁奈「どうして、仁奈をここに連れてきたですか?」 


俺P「ちょっとヤダ、アタシの話を聞いてなかったの?」 

俺P「正月と七五三、もう一度やるって言ったでしょ」 


仁奈「えっ……?」

624: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:19:41.27 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「ふふっ♪ 仁奈ちゃんは、どの着物が良い?」 

仁奈「ちひろおねーさん?」 

ちひろ「プロデューサーさんはね」 

ちひろ「仁奈ちゃんの写真が撮りたいそうなの♪」 

仁奈「仁奈の……?」 


俺P「余計な事言ってないで、アンタも選びなさいよ」 

俺P「美容室の予約の時間もあるんだから」 


ちひろ「えっ!? わ、私もですか!?」 


俺P「当たり前でしょ、何のために連れてきたと思ってんの」 

俺P「玉の事ばっかり考えてんじゃないわよ」 


ちひろ「考えてません!」

625: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:26:15.34 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「あの、でも……」 

俺P「ほら、ゴチャゴチャ言ってないで!」 

俺P「それとも何?」 

俺P「アンタ、おチビ一人に良い格好させる気?」 

ちひろ「……それ、使い方違いません?」 

俺P「そんな事はどうだって良いのよ!」 

俺P「ホラホラ、さっさとしなさい!」 

ボヨンボヨンッ! 

ちひろ「お、お腹で押さないでください!」 

仁奈「あはは! もちもちの、おもちみてーです!」 


俺P「……本当、世話が焼けるんだから」 

店員「ふふっ、可愛らしいお子さんですね」 

俺P「何勘違いしてるのよ」 

俺P「アタシ、あんなに大きな子供を生んだ覚えは無いわ」 

店員「は、はあ……」

626: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:32:36.42 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「んんん、もうっ!」 

俺P「アンタ達、どんだけ迷ってるのよ!」 

仁奈・ちひろ「え……えへへ」 

俺P「ちっひ、歳を考えなさい」 

俺P「アンタの歳になってその笑い方は、駄目よ」 

ちひろ「……ほっといてください!」 


俺P「アンタ達に任せてたら日が暮れるわ!」 

俺P「ほら! おチビはこれ! ちっひはこれ!」 


仁奈・ちひろ「は、はいっ!」

627: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:39:52.16 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「――もうっ! 余計な時間を食っちゃったわ!」 

俺P「食うのは肉だけで十分だっつーの!」 

俺P「ヤダ、ここで譲ってくれるなんて……紳士じゃない!」 

俺P「どんなメンズ――チャラ男かーい!」 

俺P「チャラ男は、アタシのお尻でも眺めてなさい!」 


仁奈「この着物……ピンクで、可愛いでごぜーます!」 

ちひろ「ええ、とっても似合ってるわよ♪」 

仁奈「ちひろおねーさんも、紫でいろっぺーです!」 

ちひろ「ふふっ、ありがとう」 


俺P「ヤダ、女連れかと思ったら!」 

俺P「チャラ男の隣に、チャラ男!?」 

俺P「……二人で、幸せになりなさい」

628: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:46:20.44 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「――それじゃ、お願いするわ」 

美容師「特に、ご希望はありますか?」 

俺P「お任せしちゃう」 

俺P「貴方の腕の筋肉なら、アタシが身を任せたい位よ」 

美容師「そ、それは……ちょっと」 

俺P「あぁん、いけずね!」 

美容師「は……ははは」 


ちひろ「プロデューサーさん」 

ちひろ「お店の人に、迷惑をかけないでください」 


俺P「あの女は、ソフトクリームを意識した髪型で」 


仁奈「! ソフトクリームになるですか!?」 

ちひろ「ならないからね!?」

629: 名無しさん 2019/01/15(火) 22:53:41.09 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

仁奈「……プロデューサー」モジモジ… 

仁奈「ど、どうでごぜーますか?」オズオズ… 


俺P「おチビ、アンタはアイドルなのよ」 

俺P「アイドルが、下を向いてちゃ話になんないわ」 

俺P「それに……忘れたの?」 

俺P「アタシは、いつもどんな顔をしろって言ってる?」 


仁奈「!」 

仁奈「笑ってろ、言ってるでごぜーます!」ニコッ! 

仁奈「プロデューサー! 仁奈は、可愛いですか?」ニコニコ! 


俺P「何言ってんの」 

俺P「アタシがプロデュースしたアイドルなのよ」 


俺P「――最高に決まってんじゃないの」

630: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:01:14.83 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「すみません、私まで……」 

俺P「良いのよ、ちっひ」 

俺P「思った通り、素敵に仕上がったじゃないの」 

ちひろ「あ、ありがとうございます」 

俺P「あの子の添え物としては、及第点よ」 

ちひろ「……さっきの言葉、返してくれません?」 

俺P「オーッホッホッホ! アタシが返すと思って?」 

ちひろ「……いいえ」ニコッ! 

俺P「ヘラヘラしてないで、行くわよ!」 


俺P「いくらアタシの頭でも――」 

ペチンッ! 

俺P「写真撮影出来るほど、輝いてないもの」 


仁奈・ちひろ「はいっ!」ニコッ!

631: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:15:42.07 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「ひぃ……はふぅ……!」 

俺P「何なのよ、この階段……! ぶひぃ……!」 

俺P「エスカレーター設置しなさいよ……!」 

俺P「ほっ……ほひぃっ……!」 

ちひろ「馬鹿なこと言ってないで、頑張ってください」 

ぐぐっ…! 

俺P「ちょっと、お尻はセクハラよ!」 

ちひろ「押してるのは背中です!」 

仁奈「プロデューサー! 頑張ってくだせー!」 

ぐぐっ…! 

俺P「とっくの昔に汗だくよ!」

632: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:21:13.16 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

仁奈「着いたー!」 

ちひろ「はぁ……はぁ……!」 

俺P「ちっひ、大丈夫?」 

俺P「アタシの色香に惑わされた?」 

ちひろ「ただの疲労です!」 

俺P「良かったわ、安心した」 

ちひろ「良くはありませんからね?」 


俺P「……さて、それじゃ!」 

俺P「お参りするわよ!」 


仁奈「はいっ♪」ニコッ!

633: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:26:12.67 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P・仁奈・ちひろ「……」ペコッ、ペコッ 

俺P・仁奈・ちひろ「……」 

ぱんっ、ぱんっ 


俺P「315な一年になりますように」 


ちひろ「……あの」 

俺P「何よ」 

ちひろ「……何でもありません」 


仁奈「……あれ?」 


俺P・ちひろ「?」

634: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:30:52.09 ID:hhWkJYvfo
俺P「どうしたのよ、おチビ」 

仁奈「何をお願いしたら良いか、わかんなくなっちまったです」 

ちひろ「えっ?」 

仁奈「えと、えと……」 


仁奈「――仁奈は、アイドルになって」 

仁奈「いっぱい、い~っぱいキグルミも着られて」 

仁奈「お友達も、おねーさんもいっぱい出来て」 

仁奈「プロデューサーも、ちひろおねーさんもいて」 


俺P・ちひろ「……」 


仁奈「……さびしくなくなって」 

仁奈「すっげー……すっげー幸せでごぜーますよ」 

仁奈「だから……」 

仁奈「何をお願いしたらいいか、わかんなくなっちまったです」 


俺P・ちひろ「……」

635: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:35:13.37 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「仁奈ちゃん……」ウルッ 

仁奈「えへへ」ニコッ! 


俺P「何言ってんのよ」 

俺P「おチビ、アンタのプロデューサーは誰?」 


仁奈「……?」 

仁奈「プロデューサーは、プロデューサーでごぜーます!」 


俺P「でしょう?」 

俺P「だったら、もっと欲張んなさい!」 

俺P「お年玉なんて、ちゃちぃ事言ってたわよね?」 

俺P「――はっ!」 

俺P「どうせ玉なら、玉の輿位言ってごらんなさいな!」 


仁奈「プロデューサー……」

636: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:41:03.07 ID:hhWkJYvfo
俺P「アタシは、そうお願いしたわよ!」 

俺P「315の腰の玉に、ってね!」 

ちひろ「せめて、もっと小声で!」 

俺P「さ、女の欲望を見せてみなさい」 


仁奈「……はいっ♪」ニコッ! 

仁奈「仁奈は、もっともーっとお仕事を頑張ります!」 

仁奈「だから、もーっといっぱい! いーっぱい!」 

仁奈「……パパも、ママも!」 

仁奈「皆、みーんな! 幸せにしてくだせー!」 


俺P「……もう!」 

俺P「やりゃ出来るんだから、初めっからやんなさいよ!」 

ちひろ「仁奈ちゃん……」ウルッ 

俺P「泣くのはやめなさい、顔が溶けるわよ」

637: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:44:18.36 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「――それじゃ、撮るわよ!」 


仁奈・ちひろ「はーい」 


俺P「んー……ちっひ!」 

俺P「もうちょっと右! 右に行きなさい!」 


ちひろ「このくらい……ですか?」 


俺P「もっと右よ! 右!」 

俺P「あと10メートル位右!」 


ちひろ「それ、フレームアウトしてますよね!?」 


俺P「そうね」 

パシャッ! 


ちひろ「今の、撮ったんですか!?」

638: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:48:35.90 ID:hhWkJYvfo
ちひろ「もう……!」 

仁奈「あの、ちひろおねーさん」 

ちひろ「? 仁奈ちゃん、どうしたの?」 

仁奈「手、繋いでも良いでごぜーますか?」 

ちひろ「……ふふっ♪」ニコッ! 

ぎゅっ! 

ちひろ「手、冷たくない? 今日は寒いから……」 

仁奈「つめてー! つめてーけど……あったけーです!」 


仁奈・ちひろ「……ふふふっ♪」ニコニコ! 


俺P「……」 


――パシャッ!

639: 名無しさん 2019/01/15(火) 23:56:12.07 ID:hhWkJYvfo
  ・  ・  ・ 

俺P「さすがアタシね!」 

俺P「お年玉の事、完璧に誤魔化しきったわ!」 

俺P「オーッホッホッホ!」 

俺P「……」 

俺P「……そのために、経費を使いすぎちゃったわね」 

俺P「あー! さみーわー! 懐がさみーわー!」 

俺P「マッチョの懐であったまりてーわー!」 


俺P「んんん、もうっ!」 


俺P「やっぱり、お年玉なんてろくなもんじゃないわ!」 



おわり