816: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:25:56.37 ID:dE7XFUHIo
拓海・里奈・夏樹「……」コクリ 

武内P「あの……何故、私なのでしょうか?」 

拓海「……」チラッ 

里奈「……」コクリ 

武内P「あの……何故、黙っているのですか?」 


拓海・里奈・夏樹「……」 


武内P「……」 

武内P「あの……な、何故ですか……!?」


引用元: ・武内P「笑顔です……変身ッ!」

817: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:27:38.63 ID:dE7XFUHIo
里奈「……」 

スッ… 

武内P「スマートフォン、ですか」 

里奈「……」たぷたぷ 

武内P「私に何かを見せよう、と?」 


拓海・里奈・夏樹「……」コクリ 


武内P「……」 

武内P「はあ……まあ、わかりました」

818: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:29:11.47 ID:dE7XFUHIo
里奈「……」 

スッ… 

武内P「……動画、ですね」 

拓海「……」コクリ 

武内P「再生しろ、と?」 


拓海・里奈・夏樹「……」コクリ 


武内P「……」 

武内P「何の……動画、なのでしょうか」

819: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:32:20.07 ID:dE7XFUHIo
武内P「では……確認させて、いただきます」 

…たぷっ 


『――探し続けて~いた~♪』 


武内P「これは……」 


涼『自分だけ~の場所を~♪』 


武内P「松永さんのソロ曲、『One Life』ですね」 

武内P「……良い、楽曲です」 


拓海・里奈・夏樹「……」

820: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:36:01.35 ID:dE7XFUHIo
涼『街~に浮~かぶ~♪』 


武内P「やはり、以前バンドでボーカルの経験があるだけあって……」 

拓海「……」 


涼『しがら~み~とか~♪』 


武内P「……とても澄んだ、美しい歌声です」 

里奈「……」 


涼『すれちが~いとか~♪』 


武内P「ダンスのパフォーマンスにも、余裕がありますね」 

夏樹『……』

821: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:36:46.03 ID:dE7XFUHIo
>>820 
誤)>夏樹『……』 

正)>夏樹「……」

822: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:40:02.17 ID:dE7XFUHIo
涼『閉じ~てる~♪』 


武内P「しかし……この動画が、一体?」 

拓海・里奈・夏樹「……」 


涼『目じゃ~見えないさ~♪』 


武内P「私には、何の問題も無いように思えますが……」 

拓海・里奈・夏樹「……」 


涼『リぃズぅムぅが響き渡るうぅぅぅ♪』グ…ググ… 


武内P「……」 

拓海・里奈・夏樹「……」

823: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:44:13.81 ID:dE7XFUHIo
涼『それで良いぃぃいいいぃぃぃ♪』グググ… 


武内P「……」 

拓海・里奈・夏樹「……」 


涼『くぉうくぉうろぉのぉこぉえぇをぉう♪』アイーン! 


武内P「……」 

拓海・里奈・夏樹「……」 


涼『とぉうもぉにぃうぅたぁえぇばぁん♪』アイーン! 


武内P「……」 

拓海「……」チラッ 

里奈「……」たぷっ 

夏樹「……」 


武内P・拓海・里奈・夏樹「……」

824: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:47:41.98 ID:dE7XFUHIo
武内P「……」 

拓海・里奈・夏樹「……」 

武内P「……」 

拓海・里奈・夏樹「……」 


武内P「……良い、ロックです」 


夏樹「違あああう! 違あああう!」 

拓海「ばっ!? お前、声!」 

里奈「抑えて! ここは、抑えて!」 

ガシッ! 

夏樹「むー! むうううう!」 


武内P「……」

825: 名無しさん 2019/01/23(水) 21:55:15.66 ID:dE7XFUHIo
  ・  ・  ・ 

武内P「……成る程」 

武内P「確かに、松永さんは以前から独特な歌い方をされていました」 

武内P「それは、ソロ曲の時だけでしたが……」 


拓海・里奈・夏樹「……」 


武内P「最近は、ユニット曲の時も、しゃく……」 

武内P「……独特な歌い方をし始めた、と」 


拓海・里奈・夏樹「……」コクリ 


武内P「……」 

武内P「本当に……何故、私に……」

827: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:01:11.51 ID:dE7XFUHIo
武内P「……あくまでも、これは私の考えです」 

武内P「皆さんは、ユニットを組んでかなり時間が経ちました」 

武内P「炎陣……良い、ユニットです」 


拓海・里奈・夏樹「……」 


武内P「そのユニットで、松永さんが――」 

武内P「――ソロ曲の時の様に、伸び伸びと歌うようになった」 

武内P「それは……」 

武内P「皆さんに、本当に心を許しているからだろう、と」 

武内P「……そう、思います」 


拓海・里奈・夏樹「……」

828: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:07:21.96 ID:dE7XFUHIo
武内P「皆さんも……そう、思っているのではありませんか?」 


拓海・里奈・夏樹「……」コクリ 


武内P「でしたら……」 

武内P「――松永さんの独特な歌い方」 

武内P「それを受け入れてあげては、どうでしょうか?」 


拓海・里奈・夏樹「…………」 


亜季「さっさと頷け、民間人が――ッ!!」 


武内P「大和さん、貴女も民間人です」

829: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:11:47.09 ID:dE7XFUHIo
亜季「はっ! 失礼しました、大佐殿!」ビシッ! 

武内P「大和さん、私は大佐ではありません」 

亜季「っ! おめでとうございます、少将殿!」ビシッ! 

武内P「階級が上がった訳ではありません」 


亜季「貴様ら――ッ!」 

亜季「大佐殿にご迷惑をおかけするとは、何事か――ッ!」 


拓海・里奈・夏樹「っ!?」ビクッ! 


武内P「大和さん、心の速度を落としてください」

830: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:19:58.70 ID:dE7XFUHIo
亜季「拓海! お前は罰として、焼き肉はレバーのみ!」 

拓海「なっ!?」 

亜季「里奈! お前は罰として、コンビニの利用禁止!」 

里奈「ぽよっ!?」 

亜季「夏樹! お前は罰として、一人称を‘夏樹’に!」 

夏樹「きっつ!?」 


亜季「大佐殿! 如何でありましょうか!」ビシッ! 


武内P「大和さん、楽にしてください」 


亜季「はっ! 喜べお前たち、罰を楽にせよとのお言葉だ!」 


武内P「そうではなく」

831: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:25:24.45 ID:dE7XFUHIo
  ・  ・  ・ 

亜季「も、申し訳ありませんでしたっ!」 

武内P「いえ、大丈夫です」 

亜季「……寛大なお言葉、感謝致します!」 

武内P「しかし……何故、あそこまでエンジン全開に……」 

亜季「いえ、それが……」 


亜季「涼が、炎陣の活動中に、自分を曝け出す――」 

亜季「――ありのままの自分を見せるようになりまして」 

亜季「これは、自分も負けてはいられぬと思い……」 

亜季「……つい」 


武内P「……成る程」 


拓海・里奈・夏樹「……」

832: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:34:13.07 ID:dE7XFUHIo
武内P「大和さん」 

武内P「私はこれから、彼女たち三人に事情を伺います」 


拓海・里奈・夏樹「……」 


亜季「大佐殿自ら……で、ありますか?」 

武内P「プロデューサーです」 


武内P「なので……」 

…スッ 


亜季「それは……ヘッドホン、でありますか?」 


武内P「市原仁奈さんの、『みんなのきもち』」 

武内P「これを聞きながら、待機していてください」 


亜季「!?」

833: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:43:28.04 ID:dE7XFUHIo
  ・  ・  ・ 

武内P「……成る程」 

武内P「松永さんが、独特な歌い方を始めただけでなく」 

武内P「つられて、大和さんのダンスもキレッキレになった、と」 

武内P「それで……私の所に」 


拓海「何か言おうとしても、ずっとあの調子でよぉ!?」 

里奈「アタシも、さすがにまぢやばたんだと思ったぽよ!」 

夏樹「アタシもしゃくれて……独特な歌い方しろ、って言われて!」 


武内P「それは……大変でしたね」 


亜季「あっ……あっ……」ビクンビクン! 

亜季「ウッキッキのキ♪」ビクンビクン!

834: 名無しさん 2019/01/23(水) 22:55:48.94 ID:dE7XFUHIo
武内P「……ありのままの自分」 

武内P「それを出しすぎてしまった、と」 

武内P「……そう、言う事ですね」 


拓海「アタシなんか、常にケンカを売りながら歩け、だぞ!?」 

里奈「それで、コッソリここまで来たんだよねー☆」 

夏樹「なっ? この人、トラブルには強いんだぜ」 


武内P「……」 

武内P「しかし……皆さんは、何故……」 

武内P「大和さんに、真っ向から立ち向かわなかったのでしょうか?」 


拓海・里奈・夏樹「それは……」チラッ 


亜季「ともだちたくさん♪」ビクンビクン!

835: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:01:57.21 ID:dE7XFUHIo
拓海「まあ……一番、年上だしよ」 

里奈「ちょこちょこ……大人だなー、って」 

夏樹「微妙に……気を遣うんだよな」 


武内P「……」 


拓海・里奈・夏樹「……」 


武内P「……」 


亜季「ぎゅっぎゅっぎゅーの、ぎゅっ♪」ビクンッ!

836: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:09:24.95 ID:dE7XFUHIo
  ・  ・  ・ 

武内P「……――はい、もうこれで大丈夫です」 

武内P「お手数をおかけしました」 


涼「……ふぅ」 

涼「しかし、急にどうしたのさ?」 

涼「『純情Midnight伝説』の、アタシのソロバージョンが聞きたいなんて」 


武内P「いえ、ただの確認です」 

武内P「……良い、歌声でした」 


涼「それにしても……」 

涼「どうして、『みんなのきもち』を聞いた後でだったんだ?」 


武内P「あの歌を聞くと……そう、ですね……」 

武内P「……いえ、何でもありません」 


涼「……?」

837: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:15:00.50 ID:dE7XFUHIo
涼「おいおい、おかしなプロデューサーサンだな」 

涼「けどまあ、褒められて悪い気はしないよ」ニコッ! 


武内P「……良い、笑顔です」 


涼「おかしな、と言えば……」 

涼「最近、大和さ……亜季の様子が、変なんだ」 

涼「キレッキレのダンスが直ったと思いきや――」 

涼「――たまに、‘ごぜーます’とか言ってるんだよな」 


武内P「それは……恐らく、あと二日程で元に戻るかと」

838: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:19:55.21 ID:dE7XFUHIo
涼「そうなのかい?」 

涼「まあ、それなら良いんだけど、さ……」 


武内P「松永さん?」 

武内P「何か、他に問題でもありましたか?」 


涼「ああ、いや……炎陣の方じゃなくてさ」 

涼「――エルドリッチ・ロアテラー」 

涼「小梅とのユニットで、おかしな事があって、さ」 


武内P「……」 

武内P「……白坂さんが……何か?」

839: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:29:15.49 ID:dE7XFUHIo
涼「何て説明したら良いんだろうな……」 

涼「……エルドリッチ・ロアテラーは――」 

涼「アタシと小梅の――ペアユニットだろ?」 


武内P「ええ、そうですね」 


涼「それが……」 

涼「――私も、負けない位頑張るね」 

涼「……って言い出してから、さ」 


武内P「はい」 


涼「日が経つ毎に……」 

涼「ユニットメンバーが、増えてる気がするんだよ」 


武内P「……」 

武内P「はい?」

840: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:39:39.54 ID:dE7XFUHIo
涼「いや、アタシの気の所為だとはわかってるんだよ?」 

涼「でも……確かに、増えてる気がするんだ」 


武内P「……松永さん」 

武内P「今日は、早めに帰ってお休みになってください」 

武内P「私は……これから、やるべき事が出来てしまいました」 


涼「はっ? どうしたのさ、急に」 


武内P「貴女の本気が、白坂さんを本気にさせた、と」 

武内P「……そういう事です」 


涼「……?」

841: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:45:27.02 ID:dE7XFUHIo
  ・  ・  ・ 

小梅「……えへへ」 

小梅「め、メンバーがいっぱい居た方、が……」 


オオオォォォ……!! 


小梅「ダンスロック……た、楽しいよね……」 


ガチャッ! 

武内P「――失礼します」 


カオガコワァァァイ……! 


小梅「あっ、み、皆……ど、何処行くの……!?」 


武内P「……」

842: 名無しさん 2019/01/23(水) 23:50:41.41 ID:dE7XFUHIo
武内P「白坂さん」 

武内P「エルドリッチ・ロアテラーに関して、お話が」 


小梅「な……何……?」 


武内P「……松永さんは、ブレーキを踏んだので」 

武内P「白坂さんも、少し抑えていただけますか?」 


小梅「す、少し……?」 

小梅「さ……三人増やす、位って事……?」 


武内P「……」 

武内P「白坂さんも、抑えていただけますか?」

843: 名無しさん 2019/01/24(木) 00:04:57.84 ID:OvAkTRzqo
小梅「でも……いっぱいの方が、楽しい……よ?」 


武内P「……確かに、そうかも知れません」 

武内P「ですが……白坂さんと松永さんの、二人」 

武内P「お二人だで、十分魅力的なユニットだ、と」 

武内P「……そう思います」 


小梅「そ、そう……かな……?」 


武内P「はい」 


小梅「……えへへ、嬉しい……な///」ニコッ! 


武内P「……良い、笑顔です」 

武内P「ユニットメンバーに関わる事でしたら、今後は私――」 


武内P「……」 


武内P「部長に、相談してください」 




おわり