205: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:19:02.01 ID:Z43aXat3o
武内P「コミュニケーション不足の解消のため、という名目でしたね」 

アイドル達「……」 

武内P「皆さんの意見、とても参考になりました」 

アイドル達「……」 

武内P「皆さん、キレるのは十代の特権では無い、という事を知っておいてください」 

アイドル達「……」



                             引用元: ・武内P「大人の魅力、ですか」
206: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:21:20.14 ID:Z43aXat3o
武内P「皆さん、西野カナさんの『トリセツ』はお聞きになりましたか?」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「そうですか」 

アイドル達「……」 

武内P「今、嘘をついた人は手を挙げてください」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「正直にお答え頂き、ありがとうございます」

207: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:24:41.05 ID:Z43aXat3o
武内P「勿論、中には参考になる意見もありました」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「手を挙げないでください」 

アイドル達「……」 

武内P「まずは、参考になった方からです」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「全員、手を挙げないでください」

208: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:26:39.30 ID:Z43aXat3o
武内P「本田さん」 

未央「!」 

武内P「貴女が書いたのは、欲しいものリストですね」 

未央「……」コクリ 

武内P「ショッピングが趣味の、貴女らしいトリセツだと思いました」 

未央「……」スッ 

武内P「ですが、こういった形で物をねだるのは関心しません」 

未央「……」

209: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:29:09.59 ID:Z43aXat3o
武内P「島村さん」 

卯月「!」 

武内P「『笑顔』と『頑張ります』で埋め尽くされたトリセツはちょっとした恐怖でした」 

卯月「……」 

武内P「ですが、これを私に提出されても、私は一体どうすればいいのか……」 

卯月「島村卯月、頑張ります♪」 

武内P「……はい、頑張ってください」

210: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:33:01.93 ID:Z43aXat3o
武内P「渋谷さん」 

凛「……」 

武内P「トリセツを聞いていないにも関わらず、かなり似通った内容になっていましたね」 

凛「ふーん。まあ、悪くないかな」 

武内P「地味にですが、一番反応に困りました」 

凛「ふーん!」プンプン 

武内P「申し訳ありません」 

凛「ちゃんと見ててよね」 

武内P「はい、可能な限り、という事でしたら」

211: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:35:10.44 ID:Z43aXat3o
武内P「新田さん……は、後回しにしましょう」 

美波「!?」 

アーニャ「プロデューサー、どうして、です?」 

美波「……」 

武内P「いえ、しかし……」 

アーニャ「仲間外れは、かわいそうです」 

美波「……」 

アイドル達「……かわいそう」 

武内P「……わかりました」

212: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:38:36.98 ID:Z43aXat3o
武内P「新田さん」 

美波「……」 

武内P「図解入りで、自分を解説するのはやめてください」 

美波「……」 

武内P「『ここが弱点だ! ここを突けば、美波、いきます!』」 

美波「……///」 

武内P「トリセツというか、怪獣図鑑を思い出しました」 

アーニャ「ニェット! 美波はかわいい! 性獣、違います!」 

武内P「そこまで言っていません」

213: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:45:36.92 ID:Z43aXat3o
武内P「アナスタシアさん」 

アーニャ「プロデューサーはひどい、です」 

武内P「星を見に行きたい、という事ですが」 

アーニャ「私は、いつも美波の味方です」 

武内P「未成年の方を22時以降、どこかへお連れするのは難しいです」 

アーニャ「私は、もう、完全に怒りました」 

美波「アーニャちゃん、私達いつも一緒よ!」 

アーニャ「美波! 私達の友情は、変わりません!」 

武内P「ですが、プラネタリウムでしたら、スケジュールを調整すれば可能です」 

アーニャ「小さな歩幅にあーわせー♪ 生まれ変わるよ~♪ 違う自分に♪」 

美波「アーニャちゃん!?」

214: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:51:19.31 ID:Z43aXat3o
武内P「神崎さん」 

蘭子「何かしら?」 

武内P「貴女の提出されたコレは、私にコレを着ろ、という事だと思うのですが」 

蘭子「流石は我が友、我が言の葉を理解しグリモワールの一部を託した甲斐があったというもの!」 

武内P「巨大な羽を背負いながらの仕事は、はい……」 

蘭子「……」 

武内P「……」 

蘭子「……」 

武内P「……衣装部に掛け合ってみます、あまり期待はしないでください」 

蘭子「!」

216: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:54:30.79 ID:Z43aXat3o
武内P「双葉さん」 

杏「……」 

武内P「貴女の、働きたくない、という気持ちは痛い程伝わってきました」 

杏「……」 

武内P「右下に小さく、飴が欲しい、と書いてありましたね」 

杏「……」 

武内P「今後はそういった対応をしていきます。非常に参考になりました」 

杏「……」グッ

217: 名無しさん 2017/11/17(金) 21:58:20.86 ID:Z43aXat3o
武内P「三村さん」 

かな子「……」 

武内P「貴女が書いたのは、食べたいものリストですね」 

かな子「……」コクリ 

武内P「申し訳ありません。非常に高カロリーな物ばかりなので、残念ですが許可出来ません」 

かな子「美味しいから大丈夫です」 

武内P「私はカロリーの話をしています」 

かな子「……」

218: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:01:07.82 ID:Z43aXat3o
武内P「緒方さん」 

智絵里「……」 

武内P「……」 

智絵里「……」 

武内P「私は貴女を見捨てません、安心してください」 

智絵里「はい……!」 

アイドル達「……なんだか優しい」 

武内P「……それぞれ、事情というものがありますから」 

智絵里「……」

219: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:05:29.20 ID:Z43aXat3o
武内P「諸星さん」 

きらり「……」 

武内P「申し訳ありません、毎日お姫様だっこは難しいです」 

きらり「……」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「皆さん、それ頂き、という顔で手を挙げないでください」 

アイドル達「……」 

武内P「ですが、1シーズンに一回程度の方向で調整していこうと思います」 

アイドル達「!?」 

きらり「にょわー☆」

220: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:09:05.60 ID:Z43aXat3o
武内P「城ヶ崎さん、赤城さん」 

莉嘉・みりあ「……」 

武内P「あの……お二人は、何故城ヶ崎美嘉さんのトリセツを?」 

莉嘉「書いてるうちに」 

みりあ「えへへ、盛り上がっちゃって」 

武内P「そうですか」 

莉嘉・みりあ「♪」ニコニコ 

武内P「ですが、あまりにも詳細すぎて……いえ、やめておきましょう」 

莉嘉・みりあ「?」

221: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:12:59.56 ID:Z43aXat3o
武内P「多田さん」 

李衣菜「……」 

武内P「多田さんは、今特に関心がある人の名前ですね」 

李衣菜「……」コクリ 

武内P「非常に言いにくいのですが、全員ジャズ関連の人物です」 

李衣菜「!?」 

みく「アホにゃ」 

武内P「はい、前川さん、いじめないであげてください」 

みく「……ぷくく!」 

李衣菜「……」ウルウル 

武内P「前川さん、いけません」

222: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:16:55.99 ID:Z43aXat3o
武内P「そして、前川さんですが」 

みく「……」 

武内P「あの、犬の犬種に順位をつけられていましたが、何の意味が?」 

みく「!?」 

李衣菜「アホだ」 

武内P「はい、多田さん、やり返さないでください」 

アイドル達「ぷくく……アホタリスク」 

みく・李衣菜「……!」プルプル 

武内P「皆さん、そういった事は感心しません」 

アイドル達「……」 

武内P「わかっていただけて何よりです」

223: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:21:44.44 ID:Z43aXat3o
武内P「以上が、残念ながら参考になったCPの皆さんのトリセツですね」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「はい、そうですね」 

アイドル達「……」 

武内P「今、手を挙げられた方達は、CPではありませんね?」 

アイドル達「……」コクリ 

武内P「どうして私にトリセツを提出したのですか」 

アイドル達「……」ヤレヤレ 

武内P「……ひとまずそれは置き、聞いていきたいと思います」

224: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:25:22.68 ID:Z43aXat3o
武内P「高垣さん」 

楓「……」 

武内P「何故、居るんですか?」 

楓「……」ワクワク 

武内P「いやぁ、本当に高垣さんは頼れるアイドルですね!」 

楓「!?」 

バシバシ! 

武内P「仕方ない人扱いはしませんよ、絶対に!」

225: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:31:20.14 ID:Z43aXat3o
武内P「速水さん」 

奏「……///」 

武内P「理想のキスのシチュエーションを10点程挙げられていましたね」 

奏「……///」 

武内P「あの……おもしろクール枠になりたいのでしょうか?」 

奏「?」 

武内P「すみません……まさか、高度1万メートルから落下しながらが理想とは」 

奏「……///」 

アイドル達「……それはちょっと」 

奏「!?」 

武内P「はい、皆さん。そういった事は感心しないですよ」

226: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:34:57.86 ID:Z43aXat3o
武内P「鷺沢さん」 

文香「……」 

武内P「鷺沢さんが提出されたのは、本のレビューですね」 

文香「……」コクリ 

武内P「私にこれを読んで欲しい、という事でよろしいでしょうか?」 

文香「……」コクリ 

武内P「ですが、トリセツというか、詳細すぎてネタバレになっているのですが」 

文香「……」 

武内P「……はい、時間を見つけて読もうと思います」

228: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:38:03.17 ID:Z43aXat3o
武内P「……他にも、まだまだ沢山のアイドルの方達が提出してくれましたね」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「そうですね、今手を挙げられた方達がそうです」 

アイドル達「……」 

武内P「ですが、皆さんは仕事もレッスンもあります」 

アイドル達「……」 

武内P「勿論、私も仕事があります」 

アイドル達「……」

229: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:42:26.39 ID:Z43aXat3o
武内P「何故、皆さんの提出されたトリセツがおもしろ回答ばかりなのか」 

アイドル達「……」 

武内P「何故、CP以外の方達も私にトリセツを提出したのか」 

アイドル達「……」 

武内P「申し訳ありません。私には理解できませんでした」 

ちひろ「プロデューサーさん、それには理由があるんですよ」 

武内P「千川さんの課金誘導のトリセツが一番心にきました」 

ちひろ「……」 

武内P「すみません、続けてください」

230: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:46:31.05 ID:Z43aXat3o
ちひろ「皆、プロデューサーさんの事が知りたかったんです」 

武内P「私の事が、ですか?」 

ちひろ「プロデューサーさんって、どこか距離を置いている所がありますよね」 

武内P「それは……プロデューサーと、アイドルですので」 

ちひろ「だから皆、色々なトリセツで、プロデューサーさんの反応を見ようとしたんです」 

武内P「……なるほど、そういう事でしたか」 

ちひろ「そうでもしないと、いつもみたいに距離をおかれちゃいますから」 

武内P「それは……そうかもしれませんね」

231: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:50:21.15 ID:Z43aXat3o
武内P「皆さん、申し訳ありませんでした」 

アイドル達「……」 

武内P「私は、皆さんが欲望に忠実なトリセツを提出していたとばかり思っていました」 

アイドル達「……」フイッ 

武内P「お願いします、目を逸らさないでください」 

アイドル達「……」 

武内P「ですが、皆さんは私の事を知ろうとしてくれていたのですね」 

アイドル達「……」スッ 

武内P「全員手を挙げるなら、何故直前で目を逸したのかわかりかねます」

232: 名無しさん 2017/11/17(金) 22:57:06.94 ID:Z43aXat3o
武内P「ですが皆さん、楽しくなっても私で遊ばないでください」 

アイドル達「……」 

武内P「お願いします。その、やはり……困ってしまいますので」 

アイドル達「……」 

武内P「あの……皆さん?」 

アイドル達「……」 

武内P「口頭では納得していただけないのでしょうか?」 



武内P「……まさか、『トリセツ』が必要なのですか?」 




おわり