121: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:35:57.04 ID:oW8lMPIso
みりあ「ねぇねぇ、お願いプロデューサー!」 

莉嘉「良いでしょP君! カリスマJCのぉ、お・ね・が・い☆」 

きらり「ふ、二人とも~! Pちゃん、困っちゃうにぃ!」 

みりあ「大丈夫だよ! きらりちゃん、やってもらおう?」 

莉嘉「遠慮するコトないって! P君、力強そうだもん!」 

きらり「で、でも~……」 

武内P「……あの、どうしてそういう話になったのでしょうか?」


                                引用元: ・武内P「便秘、ですか」
122: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:39:05.31 ID:oW8lMPIso
みりあ「あのね、みりあ達はたまに高い高いしてもらうでしょ?」 

莉嘉「えへへ! して貰うって言っても、強引にだけどさ☆」 

武内P「それは……はい、そうですね」 

みりあ「三人でね、この前その事について話したんだ~」 

莉嘉「そうしたら、きらりちゃんが二人は小さくて羨ましい、って言ってたの」 

きらり「も、もうこの話はやめやめ~! Pちゃん、きらりは大丈夫だゆ!?」 

武内P「……」

123: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:42:18.43 ID:oW8lMPIso
みりあ「小さくなるのは無理だけど……」 

莉嘉「高い高いなら、Pくんだったら出来ると思ったの!」 

武内P「……成る程、そういう事でしたか」 

きらり「……にょわー。ごめんねPちゃん、きらりが変な事言ったから……」 

武内P「諸星さん」 

きらり「……ごめんねぇ」 

武内P「高い高いを……させて、頂けないでしょうか?」 

きらり「!?」 


124: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:44:55.96 ID:oW8lMPIso
みりあ「ほんと!?」 

莉嘉「さっすがPくん!」 

きらり「む、無理しないで良いよ~! きらりは、いつでもハピハピだゆ!」 

武内P「申し訳ありません。諸星さんに、そんな思いをさせていたとは」 

きらり「Pちゃん……」 

武内P「お願いします。私に、諸星さんを高い高いさせてください」 

きらり「……はい、お願いします///」 

みりあ・莉嘉「やったー!」

125: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:48:23.71 ID:oW8lMPIso
きらり「でもでも、きらりは皆より重たいにぃ」 

武内P「いえ、何も問題はありません」 

スルッ 

みりあ「? ねぇねぇ、上着を脱いでどうするの?」 

武内P「この後も仕事がありますので、服が破れては困りますから」 

シュルッ 

莉嘉「ちょ、ちょっとPくん! ネクタイを外してどうするの!?」 

武内P「上半身の衣類は、全て脱ぎます」 

みりあ・莉嘉・きらり「!?」

126: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:51:07.27 ID:oW8lMPIso
みりあ「えーっ!? 上、裸になっちゃうの!?」 

武内P「申し訳ありません、見苦しいものをお見せしてしまいます」 

ファサッ 

莉嘉「わっ、わっ! あとシャツ一枚だよ!」 

武内P「今日は……少し、肌寒いですね」 

ヌギヌギ…… 

きらり「う、うっきゃ~っ……!?」 

武内P「――お待たせしました」 

ムキムキッ!

127: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:55:25.62 ID:oW8lMPIso
みりあ「すっごーい! 筋肉、むっきむきだー!」 

武内P「プロデューサーは、全員鍛えています」 

莉嘉「へ、へー? そうなんだ?」チラチラッ 

武内P「そうでなければ、皆さんを笑顔に出来ません」 

きらり「す、凄いにぃ……///」 

武内P「そして――」 


武内P「――セルフ・プロデュース!」 

ビキビキ…! ムキイッ! 


武内P「……これが、80%の力になります」 

みりあ・莉嘉・きらり「……!?」

128: 名無しさん 2017/12/16(土) 19:58:47.93 ID:oW8lMPIso
武内P「諸星さん」 

きらり「ひゃ、ひゃい!?///」 

武内P「諸星さんは、私からすればとても軽い、可愛らしいシンデレラの一人です」 

きらり「う、うっきゃーっ!/// は、恥ずかすぃー!///」 

武内P「さあ、高い高いを――」 


ガチャッ 


みりあ・莉嘉「あっ!?」 


専務「……キミは、何をしている?」 


武内P「っ!? 専務……?」

129: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:01:37.21 ID:oW8lMPIso
武内P「これは……事情がありまして」 

専務「言い訳は聞きたくはない」 

武内P「……」 

みりあ「あっ、あのね! プロデューサーは悪くないの!」 

莉嘉「アタシ達が頼んだから、Pくんは!」 

専務「……ふむ」 

きらり「きらりが悪いんです! 怒るなら、きらりを怒ってください!」 

武内P「皆さん……」 

専務「……」

130: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:04:34.22 ID:oW8lMPIso
専務「アイドルのため、か」 

武内P「……」 

専務「しかし、見過ごすわけにはいかない問題もある」 

みりあ・莉嘉・きらり「そんな!?」 

専務「勘違いをしているようですね。私も、鬼では無い」 

みりあ・莉嘉・きらり「えっ?」 


専務「――ネクタイはしたまえ。身だしなみには気をつけなさい」 

シュルッ 

武内P「せ、専務……」 


みりあ・莉嘉・きらり「……!」

131: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:07:19.53 ID:oW8lMPIso
専務「クライアントが最初に会うのはキミだ」 

武内P「……はい、ありがとうございます」 

専務「それに、肌寒いとは言え……この乳首はいただけないな」 

くりくりっ 

武内P「あうんっ!?」ビクンッ! 

専務「城ヶ崎莉嘉くん、キミはシール集めが趣味だと聞いている」 

莉嘉「は、はい!」 

専務「余っているものがあれば、それで彼の乳首を隠してあげなさい」 

莉嘉「! はいっ! チョーカワイクデコっちゃいます!」 

みりあ「はーい! みりあもやるー!」 

専務「よろしい」

132: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:11:59.60 ID:oW8lMPIso
莉嘉「左の乳首には、ハートのを貼ってあげるね☆」 

ペタッ! 

武内P「んんっ!……城ヶ崎さん、ありがとうございます!」 

みりあ「右の乳首にはぁ――」 

ぎゅっ! 

武内P「うーふっ!?」 

みりあ「お星様! えへへ、すっごくかっこいいよ!」 

ペタッ! 

武内P「何故シールを貼る前に乳首をつねって……いえ、赤城さん、ありがとうございます」

133: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:14:48.23 ID:oW8lMPIso
武内P「……専務、いかがでしょうか」 

専務「ふむ、悪くないな」 

武内P「ありがとうございます」 

専務「キミは優秀だ。アイドルのため、これからも頑張りなさい」 

武内P「はい、必ず」 

専務「では、私はこれで失礼する。励み給え」 

ガチャッ…バタンッ 

みりあ「専務……」 

莉嘉「いい人だったね!」 

みりあ・莉嘉「ねー!」

134: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:18:28.93 ID:oW8lMPIso
武内P「……お待たせしました、諸星さん」 

きらり「Pちゃん……きらりのために、そこまで……!」 

武内P「私は、貴女のプロデューサーですから」 

きらり「うぇへへ、きらり、と~ってもハピハピだゆ☆」 

莉嘉「満足するのははやいよ、きらりちゃん!」 

みりあ「そうだよ! 高い高いしてもらわないと!」 

きらり「そうだった~! あんまりにもハピハピで、忘れちゃってたにぃ☆」 

武内P「それでは……外へ向かいましょうか」 

みりあ・莉嘉・きらり「……外?」

135: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:22:24.16 ID:oW8lMPIso
武内P「はい。ここでは、頭をぶつけてしまいますから」 

みりあ「えっ? でも、高い高いするだけだよね?」 

武内P「ええ、しかし、普通とは違い私が掴むのは諸星さんの足首ですので」 

莉嘉「足首!? えっ、なんで足首を持つ必要が!?」 

武内P「脇に手をやると胸に触る恐れがあり、腰もよろしいとは言えませんから」 

きらり「えちぃのはメッだけど……でもぉ……」 

武内P「そのための、80%筋肉、ネクタイ装備の乳首隠しです」 

みりあ・莉嘉・きらり「なるほど!」

137: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:39:52.61 ID:oW8lMPIso
  ・  ・  ・ 
346プロ エントランスホール 

武内P「ここなら、屋外に出る必要も無さそうですね」 

みりあ「うん! お外だと、やっぱり寒いもんね!」 

武内P「そうですね、乳首がシールを突き破ってしまう所でした」 

莉嘉「きらりちゃん、心の準備は良い?」 

きらり「カンペキパーペキ☆ バッチシだゆ☆」 

武内P「……それでは、諸星さん」 

きらり「……Pちゃん」 

武内P「高い高い――させて頂きます」

138: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:43:18.84 ID:oW8lMPIso
武内P「パワー!」 

ガシッ! 

きらり「! 凄い力だにぃ! これなら――!」 


武内P「オブ!」 

ググググッ……! 

きらり「視界が――どんどん高く――」 


武内P「スマイル!」 

グイーッ! 

きらり「……とっても、高い高いにぃ……!」 


みりあ「すっごーい! すごいすごい!」 

莉嘉「ヤバーイ! あれ、二人合わせて何メートルになるの!?」

139: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:48:15.43 ID:oW8lMPIso
武内P「いかがですか諸星さん、高い高いの感想は」 

きらり「えーっ!? ごめんにぃ、よく聞こえないよ~!」 

武内P「……遠いから、聞こえにくいのですね」 


武内P「諸星さーん! 高い高いは、いかがですかー!」 

きらり「……と~っても、ハピハピだにぃ~☆」 


武内P「良い、笑顔……あ……///」 

きらり「何か言ったPちゃーん!?」 

武内P「い、今は上を向けませーん!///」 

きらり「う、うっきゃ~っ!?///Pちゃん、えちぃのはメッ! だゆ!///」

140: 名無しさん 2017/12/16(土) 20:54:48.86 ID:oW8lMPIso
   ・  ・  ・ 

ちひろ「……それで、結局どうなったんですか?」 

武内P「社長に見つかり、常務と二人でお叱りを受けました」 

ちひろ「常務? 専務ではなく、ですか?」 

武内P「はい、常務です」 

ちひろ「……あっ」 

武内P「私は口頭注意で済んだのが、幸いです」 

ちひろ「……」 

武内P「常務は半ベソをかいていましたが」 

ちひろ「それはまた、高い高いの結果としては――」 


ちひろ「……随分と、高い代償ですね」 



おわり