273: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:44:42.13 ID:cpQj0swpo
アーニャ「知ってます」 

美波「えっ? 知ってたの、アーニャちゃん?」 

アーニャ「ダー。美波は、全身が感じます」 

美波「も、もう! アーニャちゃんったら!///」 

アーニャ「さあ、ロシア語の勉強を初めましょう」 

美波「今の、プロデューサーさんの話なんだけどね」 

アーニャ「詳しく」



                               引用元: ・武内P「便秘、ですか」
274: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:46:52.87 ID:cpQj0swpo
美波「えーっと、この前はどこまで進んだっけ」 

アーニャ「美波、詳しく」 

美波「ん?」 

アーニャ「ンー、美波? 美波、美波、ミィーナミ?」 

美波「どうしたの、アーニャちゃん?」 

アーニャ「ンンンミナミィ!」 

美波「あははっ、ごめんごめん」

275: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:49:27.80 ID:cpQj0swpo
美波「それで、どこまで進んだっけ?」 

アーニャ「パジャールスタ」 

美波「どうか、お願いします……よね、意味は」 

アーニャ「パジャールスタ」 

美波「ん?」 

アーニャ「プラジューセル、乳首、感じる、詳しく」

276: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:51:41.96 ID:cpQj0swpo
美波「ロシア語の勉強は良いの?」 

アーニャ「ダー。構いません」 

美波「えー、でもなぁ」 

アーニャ「……美波、これを」 

美波「これは……唐揚げ?」 

アーニャ「ニェート。これは、ザンギです」

277: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:53:25.00 ID:cpQj0swpo
美波「ザンギ? へー、北海道の料理よね」 

アーニャ「そして、ロシアの英雄でもあります」 

美波「そうなの?」 

アーニャ「ダー。これで、教えてください」 

美波「日本語を?」 

アーニャ「ラブライカを解散します」

278: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:54:56.73 ID:cpQj0swpo
美波「待って待って! ごめん、からかいすぎちゃった?」 

アーニャ「美波は、ひどいです」 

美波「ごめんね、アーニャちゃん」 

アーニャ「美波は、歩くセックスです」 

美波「もう! そんな事言うと、教えてあげないよ?」 

アーニャ「美波は、とっても可愛いです!」

279: 名無しさん 2017/12/19(火) 18:57:47.84 ID:cpQj0swpo
美波「調子が良いんだから、もう」 

アーニャ「でも、どうしてプロデューサーの乳首が感じる、と?」 

美波「それはね、実際に触って反応を見たからよ」 

アーニャ「!?」 

美波「こう、クリクリっと、ね」 

アーニャ「イズヴィニーチェ、よく、わかりません」

280: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:00:06.19 ID:cpQj0swpo
美波「あれは……三日前の事だったの」 

アーニャ「三日前? 確か、私達は休み、ですね?」 

美波「うんうん」 

アーニャ「まさか、美波。プロデューサーと、デートしましたか?」 

美波「そっ、そんな事してないわよ!///」 

アーニャ「イズヴィニーチェ……もっと、わからなくなりました」

281: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:02:54.32 ID:cpQj0swpo
美波「休みだったけど、約束があって事務所に行ったの」 

アーニャ「約束……プロデューサーと?」 

美波「いいえ、お友達と」 

アーニャ「? それが、何故プロデューサーの乳首に?」 

美波「事務所内の、エステに行ってみようって話になって」 

アーニャ「美波! どうして呼んでくれなかったんですか!?」

282: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:05:26.47 ID:cpQj0swpo
美波「え、ええっ!?」 

アーニャ「私も、エステ! 私も、プロデューサーの乳首!」 

美波「だ、だってアーニャちゃん、北海道からお父さんが来るって……」 

アーニャ「そんなのどうだって良いっしょや!?」 

美波「アーニャちゃん、駄目よ」 

アーニャ「……イズヴィニーチェ、取り乱しました」

283: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:07:44.11 ID:cpQj0swpo
美波「アーニャちゃん、気をつけようね」 

アーニャ「美波……はい、パーパは大事にしないといけませんよね」 

美波「あっ、そっちじゃなく」 

アーニャ「?」 

美波「北海道弁ならスラスラ話せるのは、誰にも知られちゃ駄目よ」 

アーニャ「……ダー!」

284: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:10:48.88 ID:cpQj0swpo
美波「それじゃ、ロシア語の勉強しよっか♪」 

アーニャ「美波の首は、綺麗で、とても細くて簡単に折れてしまいそう、です」 

美波「それじゃ、続きを話そうか♪」 

アーニャ「はい♪」 

美波「事務所の前で集合した私達は、エステルームに向かったの」 

アーニャ「……」

285: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:14:42.94 ID:cpQj0swpo
美波「エステルームは予約制で、人数分の予約を入れてたわ」 

アーニャ「エステルーム……瑞樹の別荘、ですね?」 

美波「常に予約が入ってるから、住んでるようなものよね」 

アーニャ「脱線、させてしまいました」 

美波「良いのよアーニャちゃん。今のが、話の鍵になってるから」 

アーニャ「シトー?」

286: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:17:00.03 ID:cpQj0swpo
美波「その日はね、川島さんはロケで予約を入れてなかったの」 

アーニャ「それで、美波達が予約を出来た?」 

美波「いいえ。私達は、普通に予約出来たわ」 

アーニャ「アー、だったら、何が鍵に?」 

美波「普段居るべき人が居ない……つまり、一人分の空きが出来た」 

アーニャ「! そこに、プロデューサーが!?」 

美波「正解♪」

287: 名無しさん 2017/12/19(火) 19:20:14.90 ID:cpQj0swpo
美波「受付に行ったらね、珍しい人が来てる、って言われて」 

アーニャ「ダー。プロデューサーが、エステルームに行くとは思えません」 

美波「なんでも、ちひろさんが無理矢理行かせたらしいの」 

アーニャ「成る程。それなら、納得です」 

美波「プロデューサーさんって、ちひろさんに弱いから」 

アーニャ「乳首と、どっちが弱いですか?」 

美波「乳首よ」

290: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:09:49.92 ID:cpQj0swpo
美波「そんな事聞いたら、挨拶しないと、って」 

アーニャ「ダー。挨拶、とても大事です」 

美波「プロデューサーさんが居る部屋番号を聞いて」 

アーニャ「皆で向かった、ですね?」 

美波「そうしたらね、なんと……」 

アーニャ「……ゴクリ」 

美波「プロデューサーさん、寝てたのよ」 

アーニャ「――ハラショー!」

291: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:12:55.36 ID:cpQj0swpo
美波「エステの最中だから、服なんて当然着てなくて」 

アーニャ「ハラショー! 美波、ハラショー!」 

美波「うふふ、ちょっと落ち着いてアーニャちゃん」 

アーニャ「……イズヴィニーチェ、取り乱しました」 

美波「だから、私達の姿を見たらプロデューサーさん、ビックリしちゃって」 

アーニャ「……ん? 寝てた? ん?」 

美波「咄嗟に、光の速さでカバンから睡眠薬を取り出して飲ませたの」 

アーニャ「……ハラショー……!」

292: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:15:45.34 ID:cpQj0swpo
美波「せっかくリラックスしてるのに、悪いものね」 

アーニャ「――美波!」 

美波「――アーニャちゃん!」 

パンッ! 

美波・アーニャ「ハ~ア~ア~♪」 

美波「……だから、プロデューサーさんは何も覚えてないの」 

アーニャ「ハラショー、美波。これが、『Memories』の力、ですね!」 

美波「う~ん、ちょっと違うかな♪」 

アーニャ「アー、違いましたか♪」

293: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:18:40.32 ID:cpQj0swpo
美波「それに、嗚呼、なんてことでしょう」 

アーニャ「美波、焦らさないでください」 

美波「うふふ、アーニャちゃん、餌を待つワンコみたいで可愛いわ」 

アーニャ「ガフガフ!」 

美波「へー、ロシア語だとそういう風に言うのね」 

アーニャ「ガフガフ!」 

美波「やっぱり、ロシア語の勉強も大事よね」 

アーニャ「美波。ロシアの猟犬は、凶暴、ですよ?」

294: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:21:35.53 ID:cpQj0swpo
美波「う~ん、なんだか喉渇いて来ちゃった!」 

アーニャ「待っててください。キッチンに、ボルシシが」 

美波「えっ!? ボルシチで喉を潤せと!?」 

アーニャ「――どうぞ。口に、合うと嬉しいです」 

美波「!? いつの間に……!?」 

アーニャ「これが、アー、シンデレラの力です」 

美波「へえ! やっぱり凄いわ、アーニャちゃん!」 

アーニャ「美波、早く、続きを」

295: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:24:26.04 ID:cpQj0swpo
美波「えーっと、どこまで話したっけ?」 

アーニャ「美波が、プロデューサーに盛った所まで、です」 

美波「う~ん、やっぱり人聞きが悪いわよね、それ」 

アーニャ「美波が、プロデューサーに穏やかな時間を与えた所まで、です」 

美波「あっ、それ素敵ね!」 

アーニャ「ダー。美波は、とても、良い事をしました」 

美波「私達も……こうやって穏やかな時間を過ごせるようになったのよね」 

アーニャ「美波。美波、美波? ミィ~ナミ?」 

美波「あははっ、ごめんごめん」

296: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:26:36.14 ID:cpQj0swpo
美波「グッスリ眠ってるプロデューサーさんは、なんと」 

アーニャ「……ゴクリ」 

美波「なな、なんと!」 

アーニャ「……ゴクリ」 

美波「ななななな、なんとなんと!」 

アーニャ「ウラー! ンー! ンー!」 

ぐりぐりっ 

美波「あいたたた! アーニャちゃん、頭でグリグリしないで~、あはは!」 

アーニャ「ンー! ンー!」

297: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:29:20.64 ID:cpQj0swpo
美波「なんと!」 

アーニャ「ンー! ンー!」 

美波「……――仰向けに、寝ていたのです」 

アーニャ「!」 

ダダダダダッ! 

美波「アーニャちゃん? 急に走って……窓の方に、何かあるの?」 

ガラッ! 

アーニャ「ハアアアアアラッショオオオオオオオイ!」 

美波「近所迷惑だから、アーニャちゃん! 近所迷惑だから!」 

アーニャ「……イズヴィニーチェ、取り乱しました」 

…ガラッ

298: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:31:51.22 ID:cpQj0swpo
美波「うふふっ! でも、気持ちはわかるわ」 

アーニャ「美波なら、きっとそう言ってくれると思いました」 

美波「仰向けって事は……わかるでしょ?」 

アーニャ「ほとんど裸……下半身には?」 

美波「……――バスタオル、のみ」 

アーニャ「……」 

美波「アーニャちゃん?」 

アーニャ「……美波……どうして、呼んでくれなかったのですか?」ポロッ

299: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:35:43.26 ID:cpQj0swpo
美波「な、泣かないでアーニャちゃん!?」 

アーニャ「美波……私、ワガママ、言ってますね」 

美波「ううん、そんなコト無い」 

アーニャ「……そう、でしょうか?」 

美波「でも、もしもアーニャちゃんが私の立場だったら?」 

アーニャ「……アー、呼んでる間に目を覚ますかもしれませんね」 

美波「だから?」 

アーニャ「その場の人間だけで、楽しみます」

300: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:38:45.07 ID:cpQj0swpo
美波「……と、言うわけで、私はその場の三人で楽しむコトにしたの」 

アーニャ「残念ですが、わかりました」 

美波「でも、二人共真面目だから誘導には苦労したわ」 

アーニャ「友達……私の、知っている人?」 

美波「うん。文香さんと」 

アーニャ「フミカ」 

美波「ありすちゃん」 

アーニャ「それはヤバいっしょ!?」

301: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:41:59.57 ID:cpQj0swpo
美波「やばいのは、今のアーニャちゃんの喋りよ」 

アーニャ「……イズヴィニーチェ、取り乱しました」 

美波「でも……う~ん、何かまずかったかしら?」 

アーニャ「フミカは大丈夫。合法です」 

美波「うんうん」 

アーニャ「アリスは駄目です。非合法です」 

美波「あら、どうして?」 

アーニャ「どうして……!?」

302: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:44:29.95 ID:cpQj0swpo
美波「こういうのって、気持ちの問題だと思うの」 

アーニャ「ニェート、年齢の問題です」 

美波「ありすちゃんは、大人であろうとしてるわ」 

アーニャ「いけません。美波、それはいけません」 

美波「だから、お姉さんである私達がしっかりしなきゃね!」 

アーニャ「ニェート! 全然しっかり出来ていない、です!」 

美波「そろそろ帰ろうかしら」 

アーニャ「美波は、しっかり者です。美波は、とても可愛いです」

303: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:49:29.71 ID:cpQj0swpo
美波「うふふ、ありがとアーニャちゃん」 

アーニャ「けれど……どうやって、二人を誘導したんですか?」 

美波「そうね……こんな感じで」 

アーニャ「これは……アー、小芝居、ですね」 

美波「プロデューサーさん、寝ちゃってるわ。お疲れみたい」 

アーニャ「睡眠薬のせい、です」 

美波「ところで、私は左の乳首をいじるけど……二人はどうする?」 

アーニャ「誘導の意味、間違えて覚えている気がします」

304: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:52:48.87 ID:cpQj0swpo
美波「こういう時はね、最初に主張しないと駄目なの」 

アーニャ「プロデューサーの体を触ろうと、ですか?」 

美波「?」 

アーニャ「? 何か、おかしなコトを言ってしまいましたか?」 

美波「えっ、あっ、ごめんなさい」 

アーニャ「……?」 

美波「何があろうと触るから、左乳首の権利を主張したの」 

アーニャ「美波は、凄いです。しっかりしているにも、程があります」

305: 名無しさん 2017/12/19(火) 21:56:47.86 ID:cpQj0swpo
美波「こういう時は、ちゃっかり、の方が合ってるかな」 

アーニャ「それで、二人はどんな反応を?」 

美波「私がそう言った途端……」 

アーニャ「小芝居、ですね」 

美波「右の乳首……もうコリコリしてます……」 

アーニャ「早いです、フミカ」 

美波「でも……問題だったのは、ありすちゃんなのよ」 

アーニャ「ダー。アリスは、いやらしいのが許せない性格です」

306: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:00:54.94 ID:cpQj0swpo
美波「ありすちゃん、とっても真面目だから」 

アーニャ「けれど、そこもとても可愛い、です」 

美波「プロデューサーさんの股間を凝視してたの」 

アーニャ「さっきの言葉は、アー、取り消します」 

美波「でも、さすがにそれは触らせられないでしょ?」 

アーニャ「安心しました。美波にも、まだ理性が」 

美波「電車、まだあったかな」 

アーニャ「あります。無かったとしても、走らせます」

307: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:05:39.64 ID:cpQj0swpo
美波「だからね、お姉さんだから譲ってあげたの」 

アーニャ「……何を?」 

美波「左の乳首を」 

アーニャ「!? それじゃあ、美波は乳首がいじれない、です!」 

美波「それは残念だったけど……でも、良いのよ」 

アーニャ「美波……美波は、とても友達思い。優しい、素敵な人です」 

美波「私は、残った股間を担当するから、ね」 

アーニャ「美波。美波はとても欲深い、恐ろしい人です。けれど……」 

アーニャ「……――ハラショー」

308: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:10:47.82 ID:cpQj0swpo
美波「眠ってるプロデューサーさんね、小刻みに震えてるの」 

アーニャ「寒くて、ですか?」 

美波「もう、とぼけちゃって」 

アーニャ「うふふっ! プラスチーチェ!」 

美波「文香さんとありすちゃん、一心不乱に乳首をいじってたわ」 

アーニャ「イッシンフラン?」 

美波「ええとそうね……こんな感じで」 

美波「ンムフー! ムフー!」 

アーニャ「ニェート、美波。その顔は、いけません。演技でも、駄目です」

309: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:16:44.77 ID:cpQj0swpo
美波「……でも、本当にこんな感じだったんだもん」プイッ 

アーニャ「可愛い、です。いつまでも、その美波でいてください」 

美波「うふふっ、ありがとっ♪」 

アーニャ「……美波は、乳首を譲った」 

美波「……そして、プロデューサーさんは乳首をいじられ感じている」 

アーニャ「うふふっ! 想像しただけで、とても可愛い!」 

美波「でもね、アーニャちゃん」 

アーニャ「シトー?」 

美波「可愛くなくなってってる所もあったの」 

アーニャ「……?」

310: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:21:00.35 ID:cpQj0swpo
美波「アーニャちゃん、この間教えた事は覚えてる?」 

アーニャ「美波、続きを」 

美波「待って。大事な事だから」 

アーニャ「……」 

美波「アーニャちゃん、おちんちんの次は?」 

アーニャ「ちんちん。その次が、おちんこ、です」 

美波「次が、ちんこ、ちんぽ、おちんぽ、よね」 

アーニャ「最後の二つは、アー、順番はどちらでも良い、ですね」 

美波「そうそう! よく覚えてるわね、偉いわアーニャちゃん!」 

アーニャ「スパシーバ。頑張って、覚えました」

311: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:25:20.38 ID:cpQj0swpo
美波「乳首をいじられたプロデューサーさんは」 

アーニャ「……まさか、おちんぽに?」 

美波「いいえ、違うの」 

アーニャ「……アー、小さかった、です?」 

美波「ううん、その逆」 

アーニャ「逆? 美波、よく、わかりません」 

美波「アーニャちゃんには教えてなかったけど、まだ上があるの」 

アーニャ「上……?」 

美波「ちんぼ。人は、尊敬と畏怖を込めてそう呼ぶ事があるのよ」 

アーニャ「ちんぼ……!?」

312: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:29:07.73 ID:cpQj0swpo
アーニャ「ちんぼ……それは、どういう意味ですか?」 

美波「ええと……とにかく凄い、って意味かしら」 

アーニャ「とにかく凄い」 

美波「そう」 

アーニャ「美波は、ちんぼ可愛い。ちんぼ素敵」 

美波「違う」 

アーニャ「……日本語は、難しい、です」 

美波「うん、ゆっくり勉強していこうね、アーニャちゃん♪」 

アーニャ「……スパシーバ! 美波には、ちんぼ感謝しています!」 

美波「ちんぼは一回忘れよっか」

313: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:33:04.12 ID:cpQj0swpo
美波「乳首をいじり倒す、文香さんとありすちゃん」 

アーニャ「二人は、プロデューサーの、アー、変化に?」 

美波「乳首しか見えてなかったわ」 

アーニャ「二人の気持ちは、わかります」 

美波「……つまり、目の前のモノは、私だけが自由に出来る」 

アーニャ「ダー。美波の、アー、独壇場、です!」 

美波「……でもね、そこで冷静になったわ」 

アーニャ「!?」

314: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:36:18.93 ID:cpQj0swpo
美波「……チャンスだと、思ったんだけど、ね」 

アーニャ「美波!? 一体、何が!?」 

美波「思い出しちゃったの」 

アーニャ「思い出した……?」 

美波「ええ……アーニャちゃん、貴女の笑顔を」 

アーニャ「美波……」 

美波「ちんぼの向こうに、アーニャちゃんの笑顔が見えたのよ」 

アーニャ「あの……何と言えばいいか、わからない、です」

315: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:39:38.83 ID:cpQj0swpo
美波「私達、いつも一緒だったわよね」 

アーニャ「ダー」 

美波「だけど……お互いソロ活動も増えてきたでしょ?」 

アーニャ「……ダー、その通り、です」 

美波「だからね、私だけちんぼを楽しんだら、駄目な気がしたの」 

アーニャ「美波……」 

美波「文香さんとありすちゃんみたいに、二人で楽しみたい、って」 

アーニャ「その時、プロデューサーは?」 

美波「打ち上げられた魚みたいに、ビックンビクンしてたわ」

316: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:43:43.37 ID:cpQj0swpo
美波「だから……私は、結局何もしなかった」 

アーニャ「……美波!」 

ぎゅっ! 

美波「そんな顔しないで? 私、これで良かったと思ってるの」 

アーニャ「ニェート! 私、美波の足をひっぱってしまいました!」 

美波「うふふっ、違うわよアーニャちゃん」 

アーニャ「美波……?」 

ティロンッ♪ 

アーニャ「……LINE?」 

美波「私達は、二人でラブライカ」 

美波「そして私達は――シンデレラプロジェクトのメンバーだもの!」

317: 名無しさん 2017/12/19(火) 22:51:22.34 ID:cpQj0swpo
  ・  ・  ・ 

美波「――対象、Pの様子は?」 

「グッスリ眠ってるよ! いやー、お疲れ様だよねぇ!」 
「プロデューサーさん、いつも頑張ってますから♪」 
「ふーん。寝顔、こんな感じなんだ」 
「幸せの……お呪いで起きないですね」 
「クッキー美味しい~♪」 
「仕事は面倒だけど、こういうのは大歓迎だよ~!」 
「も~う! お仕事も頑張らないと駄目だにぃ!」 
「ねぇねぇ、これ入るかな?」 
「えへへっ! 後でお姉ちゃんに自慢しよー☆」 
「あかん……これは大物にゃ」 
「ロック……いや、ビッグすぎるよプロデューサー!」 

アーニャ「美波……これは、一体……?」 

美波「あら、だってアーニャちゃん言ってたじゃない!」 


美波「呼んで欲しい、って」 


「さあ、宴の始まりぞ!」 

おわり