453: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:17:07.40 ID:HCdmN4Nqo
武内P「――した商品の、サンプルが届きました」 

未央「おおっ、遂に来た!」 

武内P「どれも、とても良く出来ています」 

卯月「私達三人で、別々の大手メーカーさんですもんね」 

武内P「はい。サントリー、アサヒ、キリン……どれも有名ですね」 

凛「全部ビールで聞いたことあった」 

武内P「清涼飲料水でも、有名ですよ」


                                引用元: ・武内P「便秘、ですか」
454: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:19:19.16 ID:HCdmN4Nqo
武内P「まず、本田さんがタイアップしたのは――」 

未央「――サントリー!」 

武内P「そうですね、サントリーさんの――」 

未央「――C.C.レモン!」 

武内P「……その通りです」 

卯月「うふふ! 未央ちゃん、プロデューサーさんの台詞取っちゃってます」 

凛「C.C.レモン、小さい時はたまに飲んでたかな」

455: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:22:18.74 ID:HCdmN4Nqo
武内P「こちらは、炭酸飲料で本田さんの元気なイメージに合っていますね」 

未央「正に、はじけるパッション! って感じだよねぇ!」 

武内P「商品のパッケージには、本田さんの写真が使用されています」 

未央「うわぁ……こうやって見ると、実感湧くなぁ」 

武内P「間もなく、これらの商品が店頭に並ぶはずです」 

未央「C.C.レモン飲んでる人の手には私の写真……凄いね、それ!」 

武内P「はい。とても、いい仕事でした」

456: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:25:09.19 ID:HCdmN4Nqo
武内P「次に、島村さんがタイアップしたのは――」 

卯月「――はいっ♪ アサヒさんです♪」 

武内P「他のお二方に比べるとやや知名度は落ちますが、これからの時期に嬉しい――」 

卯月「――ほっとレモン、ですね!」 

武内P「……その通りです」 

未央「あはは! しまむーも、台詞取っちゃってるじゃん!」 

凛「寒い時のほっとレモンって、なんであんなに美味しいんだろう」

457: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:28:32.57 ID:HCdmN4Nqo
武内P「こちらは、ホット商品なのに加え優しい甘さが島村さんのイメージに合っていますね」 

卯月「優しい甘さ……えへへ、なんだか照れくさいです///」 

武内P「暖かで、優しい甘さで、冬の乾燥した空気にやられた喉を癒やしてくれます」 

卯月「癒やす……私に、出来るでしょうか?」 

武内P「あの……癒やすのは、ほっとレモンが、です」 

卯月「あうぅ、そうでした///」 

武内P「こちらも、パッケージに島村さんの写真が。とても、良い笑顔です」

458: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:31:58.47 ID:HCdmN4Nqo
武内P「最後に、渋谷さんがタイアップしたのが――」 

凛「――うん、キリンさん、だね」 

未央「はーい! ゾウさんはもーっと好きでーす!」 

凛「ちょっと、未央」 

未央「こりゃ失礼!」 

武内P「……こちらも、有名な午後の紅茶レモンティーですね」 

凛「午後ティーのレモンは、今でも昼休みに飲んだりする」

459: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:34:27.88 ID:HCdmN4Nqo
武内P「渋谷さんが仰ったように、女子高生に人気の商品ですね」 

凛「そうなの?」 

武内P「はい。確実に、人気トップ10には入る商品だと、言われました」 

凛「……それ、選択肢があまりないから入ってるだけじゃない?」 

武内P「!?」 

凛「べ、別に大丈夫だから! ほ、ほらどう? パッケージの私」 

武内P「……はい。素晴らしい、とても良い笑顔です」

460: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:36:57.15 ID:HCdmN4Nqo
未央「そういえば、全員レモンに関する商品だね」 

武内P「はい。346プロ全体の企画で、ユニット毎にフルーツを担当しています」 

卯月「それで、私達はレモンだったんですね」 

武内P「そうですね、皆さんのイメージに合った商品があると思いましたので」 

凛「プロデューサーが、私達にレモンを割り振ったの?」 

武内P「はい。結果的に、とてもいい仕事になったと、私は思います」 

凛「レモン……ねぇ」

461: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:39:23.94 ID:HCdmN4Nqo
未央「ねえ、そのサンプルって飲んでも良いの?」 

武内P「はい、問題ありません」 

卯月「ほっとレモンは……わっ、温かい!」 

武内P「皆さんで飲まれるかと思い、温めておきました」 

凛「準備が良いね」 

武内P「それも、プロデューサーの務めですので」 

未央「それじゃあ……プロデューサー、飲んでみてよ!」 

武内P「……私が、ですか?」

462: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:41:25.74 ID:HCdmN4Nqo
未央「自分で自分の写真が載ってるのを飲むって、なんかちょっと」 

武内P「そう、でしょうか。私には、わかりませんが」 

卯月「あっ、でも……プロデューサーさんに飲んでもらいたいかもです!」 

武内P「島村さん?」 

凛「うん。私達の仕事、最後まで見てもらわないと」 

武内P「渋谷さんまで……」 

未央・卯月・凛「……」 

武内P「……わかりました。飲みます」

463: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:44:18.24 ID:HCdmN4Nqo
未央「それじゃあ、私のC.C.レモンから!」 

武内P「……いただきます」 

…パキッ 

武内P「……んっ……んっ」ゴクゴク 

未央「どう? 未央ちゃんのC.C.レモンのお味は?」 

武内P「プハッ……久しぶりに飲みましたが、美味しいですね」 

未央「えへへっ、イエーイ! さあさあ、遠慮なく全部飲んで!」 

武内P「……はい、わかりました」 

武内P「……んっ……んっ」ゴクゴク

464: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:47:42.84 ID:HCdmN4Nqo
未央「良い飲みっぷり! さっすがプロデューサー!」 

武内P「プハッ……いえ、とても美味しくいただきました」 

未央「未央ちゃんジュースは、とても美味しい、と!」 

武内P「あの……C.C.レモンです」 

未央「わかってるって! でも、写真が載ってて、つい!」 

武内P「成る程、そういう事ですか」 

卯月「それじゃあ、次は私の番ですね!」 

武内P「……島村さん?」

465: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:51:14.75 ID:HCdmN4Nqo
卯月「冷たいものだけだと、お腹壊しちゃいますから♪」 

武内P「しかし……既にもう一本飲み終えていて……」 

卯月「駄目……ですか?」 

武内P「……いただきます」 

…パキッ 

武内P「……んっ」ゴクリ 

卯月「どうですか? 私のほっとレモンは?」 

武内P「プハツ……温かで、体の芯まで染み込むようです」 

卯月「良かった! さあ、冷めない内に、どうぞ♪」 

武内P「……はい、わかりました」 

武内P「……んっ」ゴクリ

466: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:55:05.07 ID:HCdmN4Nqo
卯月「プロデューサーさん、飲みにくいですか?」 

武内P「プハッ……少し、水分をとりすぎているので」 

卯月「お味の方は、どうでしょうか?」 

武内P「そちらは、当然問題ありません。とても、美味しいです」 

卯月「良かった♪ 卯月の、特製ジュースです♪」 

武内P「……アサヒさんが作ったものですが」 

卯月「私の写真が載ってるから、気分ですよ、プロデューサーさん♪」 

武内P「……そういう、ものでしょうか」

467: 名無しさん 2017/12/21(木) 16:57:43.77 ID:HCdmN4Nqo
武内P「……プハッ……飲み終えました」 

卯月「どうでした?」 

武内P「とても、美味しかったです」 

未央「しまむー、イエーイ!」 

卯月「未央ちゃん? い、イエーイ!」 

パシンッ! 

武内P「……お腹が、ガブガブになってしまいましたが」 

凛「それじゃあ、最後は私だね」 

武内P「……渋谷さん?」

468: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:01:15.71 ID:HCdmN4Nqo
凛「まだ、私の午後ティーレモンが残ってる」 

武内P「いえ……あの、もうお腹がガブガブで」 

凛「ふーん。私のジュースは飲めないんだ?」 

武内P「そ、そういうわけでは。それに、キリンさんの、です」 

凛「どっちでも良いよ。良いから、飲んで」 

武内P「……!?」 

未央「あっ、しまむー! そろそろレッスンの時間!」 

卯月「そうでした! それじゃあ、私達はもう行きますね!」 

武内P「えっ、あっ!?」

469: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:03:45.77 ID:HCdmN4Nqo
武内P「そ、それでは皆さんのレッスン後に飲む、という事で」 

凛「私はまだだよ」 

未央「うん。私としまむー、ニュージェネじゃないユニットでの合わせだし」 

卯月「はい。だから、凛ちゃんはまだ時間がありますよ」 

武内P「……!?」 

未央「それじゃあ……本田未央、行ってまいりまーす!」 

卯月「島村卯月、頑張ります♪」 

ガチャッ…バタンッ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……!」

470: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:07:47.74 ID:HCdmN4Nqo
凛「ほら、飲んでよ」 

武内P「あの……どうしても今でないと駄目ですか?」 

凛「二人のは、美味しい美味しいって飲んでたのに」 

武内P「それは……タイミングの問題です」 

凛「私は、今、アンタに私のジュースを飲んで欲しいの」 

武内P「しかし……」 

凛「逃げないでよ! アンタ、私のプロデューサーでしょ!?」 

武内P「っ!?」

471: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:11:56.31 ID:HCdmN4Nqo
凛「未央と卯月のジュースは飲んだのに、私だけ後回し?」 

武内P「だから、もう、ガブガブで……」 

凛「誤魔化さないで、一口くらい飲めるはず」 

武内P「……」 

凛「ねえ、私のジュースを飲むの、そんなに嫌?」 

武内P「嫌……というか、ですね」 

凛「美味しいよ、絶対。私のジュース」 

武内P「……」 


ちひろ「……あの、何の話をしてるんですか?」 


武内P・凛「!」

472: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:14:54.29 ID:HCdmN4Nqo
武内P「千川さん! 助けてください!」 

ちひろ「ぷ、プロデューサーさん!?」 

凛「そうやって逃げるの!?」 

武内P「今は! 今はまずいです!」 

ちひろ「えっ、えっ?」 

凛「未央と卯月のは飲んだのに!」 

武内P「そ、それは……」 

凛「あんなに美味しそうに! ゴクゴクと!」 

ちひろ「はっ!? えっ!?」

473: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:17:41.01 ID:HCdmN4Nqo
ちひろ「の、飲んだって……な、何を?」 

凛「ジュースだよ。未央と、卯月の」 

ちひろ「は、はいっ!?」 

武内P「それは……そうですが」 

ちひろ「の、飲んだんですか!? えっ、本当に!?」 

凛「とっても美味しそうだった。二人共、喜んでた」 

武内P「確かに……とても、良い笑顔でした」 

ちひろ「な、何やってるんですか!?」 

武内P・凛「?」

474: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:21:16.19 ID:HCdmN4Nqo
凛「ひどいと思わない? 私だけ、飲んでくれないんだよ」 

ちひろ「あ、あの、それは……」 

武内P「後で! 後で、必ず飲みますから!」 

ちひろ「!?」 

凛「未央のはゴクゴクいって、卯月のは冷める前に、って!」 

ちひろ「プロデューサーさん!? 本当ですか!?」 

武内P「……はい、事実です」 

ちひろ「!?」

475: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:25:27.42 ID:HCdmN4Nqo
凛「私だけ仲間はずれなんて……ひどいよ」 

ちひろ「……仲間入りした方が、その、まずいかと」 

凛「まずくない! 美味しいから!」 

ちひろ「味ではなく! それに、その自信は何!?」 

武内P「……しかし、渋谷さんのを飲んだら、吐いてしまうかもしれません」 

ちひろ「他の二人のは美味しく飲んだのに、その違いは!?」 

凛「ほら、ペットボトル! 飲んでよ!」 

ちひろ「レベルが高すぎる!」

476: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:28:10.23 ID:HCdmN4Nqo
凛「私だって頑張ったのに……二人だけなんて、ひどいよ」 

ちひろ「凛ちゃん……」 

凛「……ごめん。ワガママ言って、馬鹿みたいだよね、私」 

武内P「……申し訳、ありません」 

ちひろ「……」 

凛「……ホント、どうかしてた」 

ちひろ「……」 


ちひろ「プロデューサーさん、飲んであげてください」 


武内P「……千川さん?」

477: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:30:38.93 ID:HCdmN4Nqo
ちひろ「確かに、プロデューサーさんがした事は許されない事です」 

武内P「あの……何が、でしょうか?」 

ちひろ「でも、貴方の仕事は何ですか?」 

武内P「それは……」 

ちひろ「アイドルの――皆の笑顔を守る事、でしょう?」 

武内P「!」 

ちひろ「だから、誰が何と言おうと、飲むべきです」 

武内P「……千川さん」 


武内P「……はい、わかりました。飲まさせて、頂きます」

478: 名無しさん 2017/12/21(木) 17:35:39.95 ID:HCdmN4Nqo
凛「プロデューサー……?」 

武内P「申し訳ありません。ワガママだったのは、私です」 

凛「飲んでくれるの? 私のジュース」 

武内P「ええ、勿論」 

凛「でも……もう、ガブガブだって」 

武内P「かなり落ち着きましたので、もう大丈夫です」 

凛「プロデューサー……!」 

ちひろ「さあ、凛ちゃん。プロデューサーさんに、飲んでもらいましょう?」 

凛「……うん! 私のジュース――」 

武内P「……」 


ちひろ「――おしっこを!」 


凛「――午後の紅茶、レモンティーを!」 


武内P・凛・ちひろ「……」 


武内P・凛・ちひろ「えっ!?」 



おわり