536: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:12:58.13 ID:hM2/6zoso
武内P「もう、お気持ちは十分伝わりました」 

文香「……」 

武内P「舞踏会の時のお礼は、はい、もう結構です」 

文香「……」 

武内P「もう、官能小説を私のデスクに置かないでください」 

文香「……」



                                                                                                                引用元: ・武内P「便秘、ですか」
537: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:15:30.32 ID:hM2/6zoso
武内P「あの、本当にお願いします」 

文香「……」スッ 

武内P「……普通、このタイミングで官能小説を差し出しますか?」 

文香「……」ス・・・ 

武内P「そうですね、違いますよね」 

文香「……」スッ 

武内P「フェイントじゃないんですから、差し出さないでください」

538: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:17:11.52 ID:hM2/6zoso
武内P「本の差し入れを辞める事は、出来ませんか?」 

文香「……」フルフル 

武内P「そう、ですか。出来ませんか」 

文香「……」スッ 

武内P「受け取りませんからね」 

文香「……」ガーン! 

武内P「……そんなにショックを受けないでください」

539: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:19:14.06 ID:hM2/6zoso
武内P「内容が、官能小説でなければまだ、受け取れたのですが」 

文香「……」ガーン! 

武内P「何故、官能小説だけなのでしょうか」 

文香「……」ガガーン! 

武内P「ショックを受ける時間が長すぎます!」 

文香「……」ズガガーン! 

武内P「……手強い……!」

540: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:21:15.27 ID:hM2/6zoso
武内P「私は受け取りません。いえ、受け取れません」 

文香「……」ズガビガーン! 

武内P「あの、どうしてこの世の終わりの様な顔を……」 

文香「……」ガガズガビガガーン! 

武内P「……ありがとう、ございます」 

文香「……!」パアッ! 

武内P「良い、笑顔です。……やりにくい……!」

541: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:24:56.21 ID:hM2/6zoso
武内P「わかりました。百歩譲って、受け取るとしましょう」 

文香「……」ニコニコ 

武内P「しかし、鷺沢さん。これは、無いと思います」 

文香「?」キョトン 

武内P「この付箋です。なんですか、『ヌキ所!』とは」 

文香「そこが……ヌキ所だと、その……わかりやすく」 

武内P「その気遣いをもっと他の所に回していただきたかったです」

542: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:28:49.96 ID:hM2/6zoso
武内P「そしてですね、最も問題なのが」 

文香「……」 

武内P「鷺沢さん、貴女の水着写真が挟まっている事です」 

文香「文章だけだと……寂しいかと……」 

武内P「貴女は、ご自分の言っている意味がわかっていますか?」 

文香「美波さんが……そうしたら良い、と」 

武内P「今、全ての線が一本に繋がりました」

543: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:31:03.07 ID:hM2/6zoso
武内P「想定していた中でも、最悪のケースです」 

文香「男の人は、喜ぶんですよ……ね?」 

武内P「私は、プロデューサーです」 

文香「……」 

武内P「……」 

文香「……使いましたか?」 

武内P「使ってません!」

544: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:34:18.24 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、もっと自分を大切になさってください」 

文香「……大切にしている、つもりです」 

武内P「ならば、こういった事はやめましょう」 

文香「感謝の気持ちに大切なものを差し出すのは……」 

武内P「……そうですね、その心がけ自体は素晴らしいと思います」 

文香「……」スッ 

武内P「これは水着写真……って、橘さんの写真じゃないですか!」 

文香「大切な……お友達です」 

武内P「感謝の気持ちが大きすぎます! 押しつぶされそうです!」

545: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:37:12.32 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、もうお気持ちは十分に伝わりましたから」 

文香「……」 

武内P「官能小説だけ受け取りますから、写真はやめましょう」 

文香「……」 

武内P「これらの写真はお返しします」スッ 

文香「……では、代わりにこれを」スッ 

武内P「また水着写真……はい、新田さんのですね」ポイッ

546: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:41:01.53 ID:hM2/6zoso
武内P「しかし……何故、官能小説だけを?」 

文香「どんな本が趣味に合うか……わからなかったので」 

武内P「それで……あの、何故、官能小説だけを?」 

文香「……」 

武内P「何か、理由があるのですね」 

文香「みなm」 

武内P「はい、繋がった線が太くなりました」 

文香「……あっ///」 

武内P「鷺沢さん、毒されすぎです」

547: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:45:28.23 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、あまり新田さんの言う事を真に受けないでください」 

文香「そう……なんですか?」 

武内P「はい」 

文香「……本当は、違うものでお礼をしようと思っていました」 

武内P「! やはり!」 

文香「ですが……美波さんに言われて、官能小説に」 

武内P「新田さん……本当に、厄介ですね」 

文香「最初は……体でお礼をしようと」 

武内P「すみません新田さー――ん!」

548: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:50:13.75 ID:hM2/6zoso
武内P「体でお礼……あの、仕事のお手伝い等、ですよ、ね?」 

文香「いえ……私の体を差し出そうと」 

武内P「誤解であって欲しかったです」 

文香「……そう、本に書いてありました」 

武内P「そういうシーンにばかり付箋がありました、ね」 

文香「……///」 

武内P「……鷺沢さんのご趣味でしたか」

549: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:53:21.48 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん」 

文香「……」 

武内P「あまり、人の言う事や、本に書いてある事を鵜呑みにしてはいけません」 

文香「……」 

武内P「良いですね?」 

文香「……」 

武内P「……今の言葉は鵜呑みしてください」

550: 名無しさん 2017/12/22(金) 21:59:36.70 ID:hM2/6zoso
  ・  ・  ・ 

武内P「鷺沢さん、この間私が言った言葉を守ってくれていますね」 

文香「……」コクリ 

武内P「はい、官能小説の差し入れもやめてくださいました」 

文香「……」コクリ 

武内P「ですが……あの、何故DVDを置くように?」 

文香「自分で考えて……間を取ってみました」 

武内P「……中身を確認する前で良かったです」 

文香「!?」ガーン! 

武内P「そんな顔をされても見ませんからね!?」

551: 名無しさん 2017/12/22(金) 22:04:10.93 ID:hM2/6zoso
武内P「鷺沢さん、これは完全に危険物ですから」 

文香「!?」ガガーン! 

武内P「頑張ったのに、という顔をしないでください」 

文香「!?」ズガガーン! 

武内P「くっ……!」 

文香「!?」ズガビガーン! 

武内P「本当に、手強い……!」

552: 名無しさん 2017/12/22(金) 22:08:01.50 ID:hM2/6zoso
武内P「うぐお……ぱ……」 

文香「!?」ガガズガビガガーン! 

武内P「パワーオブスマイル!」 

文香「!」 

武内P「……正気に、戻られましたか」 

文香「……」コクリ 

武内P「鷺沢さん。私は、貴女の笑顔はとても素敵だと思います」 

文香「……」 

武内P「なので、貴女のそんな顔は……見て、いられません」

554: 名無しさん 2017/12/22(金) 22:13:30.56 ID:hM2/6zoso
武内P「私は、貴女が笑顔で見られれば、それで十分なのです」 

文香「……」 

武内P「貴女の感謝の気持ちは十分に伝わりました」 

文香「……」コクリ 

武内P「! わかって、いただけましたか」 

文香「……」スッ 

武内P「いえ、あの……何故、DVDを差し出すのでしょうか?」 

文香「笑顔で……撮りました」ニコリ 

武内P「……良い、笑顔です」 


武内P「助けてください、千川さ――ん!」 



おわり