685: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:41:48.43 ID:RpGx4DLXo
武内P(頭のどこかで、これは夢だとわかっている) 

武内P(わかってはいるが、万が一夢でないという可能性もある) 

武内P(だから……私は彼女を――三村さんを助けなければならない!) 


ザバーッ! 


武内P「!? 池から、何かが……!?」 


専務「――三村かな子を池に落としたのは、キミか?」 


武内P「安心しました。これは悪夢ですね」



                               引用元: 
・武内P「便秘、ですか」
686: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:44:29.12 ID:RpGx4DLXo
専務「悪夢? キミは何を言っている」 

武内P「いえ、こちらの話です」 

専務「もう一度聞こう。三村かな子を池に落としたのは、キミか?」 

武内P「いえ、私ではありません」 

専務「何?」 

武内P「転がったお菓子を追って、自ら池に飛び込んでいきましたから」 

専務「それが、キミの言うパワーオブスマイルか?」 

武内P「違います」

687: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:46:24.19 ID:RpGx4DLXo
専務「良いでしょう。質問を変えます」 

武内P「はい」 

専務「キミが落としたのは、この三村かな子くんか?」 


かな子A「ケーキ食べたーい」 


武内P「はい、そうです」 

専務「話は最後まで聞き給え」 

武内P「……」

688: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:48:25.21 ID:RpGx4DLXo
専務「それとも、この三村かな子くんか?」 


かな子B「クッキー食べたーい」 


武内P「あの、先程と違いが、よく……」 

専務「話は最後まで聞き給え」 

武内P「……」 

専務「それとも、この三村かな子くんか?」 


かな子C「クレープ食べたーい」 


武内P「あの……皆さん、同じに見えるのですが」 

専務「違う。よく見給え」 

武内P「……」

689: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:52:17.51 ID:RpGx4DLXo
専務「まず、彼女だが」 

かな子A「ケーキ美味しい~」 

専務「髪が、普通の三村かな子くんよりも綺麗だ」 

武内P「よく、わかりません」 

専務「10%ほど美しい。キューティクルは私が保証しよう」 

かな子B「クッキー美味しい~」 

専務「そして、彼女は肌が10%ほど綺麗で、」 

かな子C「クレープ美味しい~」 

専務「彼女が、普通の三村かな子くんだ」 

武内P「……そう、ですか」

690: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:54:59.06 ID:RpGx4DLXo
専務「さて、もう一度聞こう」 

武内P「……」 

専務「キミが落としたのは、どの三村かな子くんだ?」 

武内P「Cで」 

専務「何? キミは、綺麗な彼女達よりも、普通の三村かな子くんを選ぶと?」 

武内P「Cで」 

専務「もっと、輝きたいとは思わないのか?」 

武内P「Cで」 

専務「どうやら、私達は平行線のようだな」 

武内P「Cで!」

691: 名無しさん 2017/12/25(月) 20:59:06.24 ID:RpGx4DLXo
専務「……良いでしょう。よく、わかりました」 

武内P「わかって、頂けましたか」 

専務「キミは有能だ。期待している」 

武内P「ありがとう、ございます」 

専務「それでは、三人の三村かな子くんを受け取りなさい」 

武内P「……は?」 

かな子ABC「マシュマロ食べたーい」 

武内P「待ってください! これでは、エンゲル係数が危険すぎます!」 

専務「ふむ、それが個性か」 

武内P「そうですが……あの、一人で十分ですから!」

692: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:01:30.56 ID:RpGx4DLXo
武内P「……――待ってください!」 

ガバッ! 

武内P「はぁ……! はぁ……!」 

武内P「……」 

武内P「夢だとわかっていても……何と、恐ろしい」 

武内P「……」 

武内P「もう一度、寝直しますか」

693: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:04:35.52 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「貴方が落としたのは、どのかな子ちゃんですか?」 

武内P「……見せて、頂けますか」 

ちひろ「まず、このかな子ちゃんは――」 


かな子D「間食は、あまりしないですー」 


ちひろ「――スリムで、綺麗です」 

武内P「D! Dでお願いします!」 

ちひろ「もう! 話は最後まで聞いてください!」 

武内P「……」

694: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:08:44.09 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「そして、次のかな子ちゃんは――」 


かな子E「biscuit食べたーい」 


ちひろ「発音が綺麗です」 

武内P「Dで」 

ちひろ「待って、よく見てください」 

武内P「……?」 


かな子「biscuit美味しーい」 


ちひろ「なんと、サービスで食べ方も綺麗なんですよ!」 

武内P「Dで」

695: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:12:36.60 ID:RpGx4DLXo
ちひろ「そして、残るかな子ちゃんは――」 

武内P「Dで」 


かな子C「皆に、ケーキ作ってきたんですー」 


ちひろ「普通で、心が綺麗です」 

武内P「……!」 

ちひろ「さあ、貴方が池に突き落としたかな子ちゃんは、どの子ですか?」 

武内P「待ってください! そんな流れだったのですか!?」 


かな子CDE「……!」ジッ 


武内P「ものすごく恨みがましい目で見てるじゃないですか!」 

武内P「私が、そんな事をするなど有り得ません!」

696: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:16:14.70 ID:RpGx4DLXo
武内P「……――待ってください!」 

ガバッ! 

武内P「はぁ……! はぁ……!」 

武内P「……」 

武内P「全く……時間が進んでいない……」 

武内P「……」 

武内P「もう一度……寝直そう」

697: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:22:24.65 ID:RpGx4DLXo
楓「はーい、貴方が落としたのはどのかな子ちゃんですか?」 

武内P「Cです」 

楓「まだ話してる途中ですよ。Cだけに、シーッ、です」 

武内P「……」 

楓「このかな子ちゃん?」 


かな子F「夢のティアラ♪ みつけるから♪」 


武内P「歌声が、ほんの少し綺麗ですね」 

楓「綺麗だなんて、そんな」 

武内P「貴女の話はしていません」

698: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:26:05.19 ID:RpGx4DLXo
楓「それとも、このかな子ちゃん?」 


かな子G「チョコレート食べたーい」キラリン 


武内P「目が、ほんの少し綺麗ですね」 

楓「私、左右で目の色が違うんですよ」 

武内P「貴女の話はしていません」 


かな子G「チョコレート美味しいー」キラリン 


武内P「Gだけに、ジーッと見つめてきますね」 

楓「!?」



700: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:33:00.51 ID:RpGx4DLXo
楓「Cが普通のかな子ちゃんです。それで、どの子です?」 

武内P「あの、何か……怒っていますか?」 

楓「いいえ、別に。それで、どの子です?」 

武内P「では……Cで」 

楓「はぁ、そうですか」 

武内P「……今度、飲みに付き合いますから」 

楓「は~い♪ それじゃあ、正直者には、全部のかな子ちゃんを差し上げま~す♪」 

武内P「!?」

701: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:36:43.64 ID:RpGx4DLXo
  ・  ・  ・ 

武内P「……とても、恐ろしい夢を見た気がします」 

ガチャッ! 


ちひろ「ぷっ、プロデューサーさん、来てください!」 


武内P「? 千川さん、そんなに焦って……どうかされましたか?」 


ちひろ「かな子ちゃんが、沢山!」 


武内P「!?」 

武内P「何が綺麗な三村さんですか!?」 


ちひろ「……はい?」

702: 名無しさん 2017/12/25(月) 21:42:22.27 ID:RpGx4DLXo
  ・  ・  ・ 

かな子「す、すみません……ちょっと、ケーキを作りすぎちゃって~」 

武内P「いえ、運ぶのを手伝う程度……何ともありませんから」 

かな子「皆、喜んでくれるかな~」ニコニコ 

武内P「……良い、笑顔です」 

かな子「えっ? 私、笑ってました?」 

武内P「やはり、三村さんは、いつもの三村さんが一番ですね」 

かな子「えへへ、プロデューサーさんは、Cの私を選んでくれるんですね♪」 

武内P「はい。Cの三村さんを……」 

武内P「……」 


武内P「えっ?」 



おわり