773: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:13:09.15 ID:dzcU8BSRo
武内P「なので、お二人には干支である犬の衣装での撮影をお願いします」 

アーニャ「ダー。わかりました」 

凛「あのさ、どうして私達なの?」 

武内P「調べた所、お二人がプロジェクト内でもそのイメージが強い、と」 

凛「ふーん」 

アーニャ「そうなの、ですね」


                               引用元: ・武内P「便秘、ですか」
774: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:15:01.38 ID:dzcU8BSRo
武内P「アナスタシアさんが、シンデレラプロジェクトから」 

アーニャ「ダー」 

凛「ん?」 

武内P「渋谷さんが、プロジェクトクローネから、という形になります」 

凛「待って」 

武内P「はい? 何か、問題でも?」 

凛「どうして、私がクローネで、アーニャがCPからなの」 

武内P・アーニャ「……?」

775: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:17:03.27 ID:dzcU8BSRo
武内P「それが……何か、問題でしょうか」 

アーニャ「リンは、CPからが良い、ですか?」 

凛「別に……そういうわけじゃないけど」 

武内P「……わかりました。では、クローネからはアナスタシアさんが、という事で」 

アーニャ「ダー、問題ない、です」 

凛「待って」 

武内P・アーニャ「……?」

776: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:19:18.13 ID:dzcU8BSRo
武内P「まだ……何か、問題でも?」 

凛「プロデューサーは、アーニャの方を選んだの?」 

武内P「!? いえ、そういう訳では……」 

凛「だったら説明して。なんで、アーニャがCPからだったの」 

アーニャ「リン、落ち着いてください」 

凛「……ごめん。なんか、熱くなっちゃって」 

武内P「……」

777: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:21:57.49 ID:dzcU8BSRo
武内P「わかりました。ご説明させていただきます」 

凛「……納得の行く理由を聞かせて」 

武内P「まず、CPでのアナスタシアさんのユニット名が」 

アーニャ「ラブライカ、だからですね?」 

武内P「はい。その通りです」 

アーニャ「それで、アー、納得がいきました」 

凛「……?」 

武内P「では、次に――」 

凛「ま、待って待って!」 

武内P・アーニャ「……?」

778: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:25:33.52 ID:dzcU8BSRo
武内P「あの……何か、問題でも?」 

凛「今のじゃわからないから!」 

アーニャ「……アー、すみません。説明不足、でした」 

凛「い、いや……良いよ」 

武内P「ラブライカのユニット名は、お二人のイメージをそのままつけたものです」 

凛「ラブ……愛はわかるけど……」 

武内P「ライカは、ライカ犬から取っています」 

凛「……続けて」

779: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:28:56.46 ID:dzcU8BSRo
武内P「ライカとはロシアの宇宙船――」 

アーニャ「――スプートニクに乗っていた、犬の名前、です」 

凛「ロシアの宇宙船に乗ってた犬の名前……」 

武内P「はい」 

凛「アーニャのイメージはわかった。でも、美波が愛なのは何で?」 

アーニャ「美波は、可愛い。とっても愛らしい人――愛人、です!」 

凛「ストップ。今のは、言っちゃダメなやつだから」 

アーニャ「シトー?」 

武内P「……!」ハラハラ

780: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:31:26.61 ID:dzcU8BSRo
凛「それで……次に?」 

武内P「それは……その……」 

凛「何」 

武内P「言うことを……はい、その、ですね……」 

凛「聞こえない。もっとハッキリ喋って」 

アーニャ「リン、落ち着いてください」 

凛「……ごめん、なんか熱くなっちゃって」 

武内P「……」

781: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:34:50.04 ID:dzcU8BSRo
武内P「その……素直に、言う事を聞いてくださるので……」 

アーニャ「ダー。プロデューサーの言う事は、とても、正しいです」 

凛「私も、言う事聞いてるけど」 

武内P「そ、そう……ですね」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「で、では最後に」 

凛「待って」 

武内P「!?」

782: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:38:01.93 ID:dzcU8BSRo
凛「今の、私が言う事を聞かないって意味?」 

武内P「そ、そういう事では、決して!」 

凛「そういう風にしか聞こえなかった」 

武内P「……」 

凛「納得の行く説明を聞かせて」 

アーニャ「今のリンは、犬のおまわりさん、ですね!」 

凛「ほら、アーニャも犬っぽいって言ってる!」 

武内P「……困ってしまっているのは私なのですが」 

凛「は?」 

武内P「……何でも、ありません」

783: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:43:14.00 ID:dzcU8BSRo
凛「と言うか、アーニャのイメージは猫なんじゃないの?」 

武内P「それは恐らく、前川さんの言っていたあーにゃんという呼称ですね」 

アーニャ「とても、可愛い呼び方です♪」 

凛「そうだよ。だから、私の方が犬のイメージが強いと思う」 

武内P「……はい。ですので、渋谷さんがCPから、という形に」 

アーニャ「そして、私がクローネから、ですね」 

凛「待って。まだ、納得できない」 

武内P「……!?」

784: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:46:45.61 ID:dzcU8BSRo
武内P「あの……まだ、何か問題でも……?」 

凛「言わされてる感がすっごいする」 

アーニャ「そう、ですか?」 

凛「うん。プロデューサー、本当はアーニャをCPからにしたい感じがする」 

アーニャ「それは……アー、嬉しいですが、困ってしまいますね?」 

武内P「アナスタシアさん……」ホッコリ 

凛「! やっぱり……!」 

武内P「あっ、いえ……今のは……!?」

785: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:50:14.97 ID:dzcU8BSRo
凛「まだ理由が残ってるんでしょ。最後まで聞かせて」 

武内P「いえ、あの……もう……」 

凛「聞かなきゃ納得出来ない」 

アーニャ「リン、落ち着いてください」 

凛「……ごめん、なんか熱くなっちゃって」 

武内P「……」

786: 名無しさん 2017/12/27(水) 22:58:29.09 ID:dzcU8BSRo
武内P「……では、最後の理由を説明させていただきます」 

凛「早く聞かせて」 

武内P「その……渋谷さんは、とても厳しく……」 

凛「……厳しく?」 

武内P「飼い犬の躾をするイメージが、私の中にあり……」 

凛「……だから?」 

武内P「し、渋谷さん自身が犬という発想が私になく……」 

凛「ふーん」 

武内P「……!」ドキドキ 

凛「まあ、悪くないかな」 

武内P「……お分かりいただけたようで、幸いです」ホッ

787: 名無しさん 2017/12/27(水) 23:03:35.00 ID:dzcU8BSRo
アーニャ「リン、アー、納得出来ましたか?」 

凛「まあね。そういう事なら、って感じ」 

アーニャ「ハラショー♪ ちゃんと納得して、リンは偉いです♪」 

ナデナデ 

凛「ちょっ、ちょっとアーニャ!?」 

アーニャ「~♪」 

凛「も、もう……!///」 

武内P「……」

788: 名無しさん 2017/12/27(水) 23:07:40.27 ID:dzcU8BSRo
凛「とりあえず、納得したから企画は最初のままで良い」 

武内P「それで……宜しいのですか?」 

凛「良いよ。それに、仕事なんだからワガママ言っても仕方ないでしょ」 

アーニャ「リンは、素直な良い子ですね♪」 

凛「べ、別にそういうんじゃないから」 

武内P「……では、CPからはアナスタシアさん」 

アーニャ「ダー」 

武内P「プロジェクトクローネからは、渋谷さんが、という形でお願いします」 

凛「うん、わかった」 

武内P「……」

789: 名無しさん 2017/12/27(水) 23:12:10.08 ID:dzcU8BSRo
  ・  ・  ・ 

武内P「ありがとうございます。おかげで、助かりました」 

アーニャ「ニェート。当たり前のことをしただけ、です」 

武内P「いえ、アナスタシアさんが居なければ、今頃どうなっていたか……」 

アーニャ「私は、アー、良い子でしたか?」 

武内P「そう、ですね。はい、とても」 

アーニャ「良い子の頭は……撫でないと、いけません、ね?」 

武内P「……アナスタシアさん?」 

アーニャ「ガフガフ!」 

武内P「……!?」

790: 名無しさん 2017/12/27(水) 23:15:51.26 ID:dzcU8BSRo
武内P「しかし、あの……!?」 

アーニャ「ガフガフ!」 

武内P「いえ、アイドルの方の頭を撫でるというのは……!」 

アーニャ「ガフガフ!」 

武内P「その……!?」 

アーニャ「ガフガフ!」 

武内P「……!?」 

アーニャ「ガフガフ!」 

武内P「……」

791: 名無しさん 2017/12/27(水) 23:21:50.01 ID:dzcU8BSRo
  ・  ・  ・ 

ちひろ「撮影、とってもスムーズにいったみたいじゃないですか」 

武内P「そう、ですね」 

ちひろ「二人共、本当に阿吽の呼吸って感じだったそうですね!」 

武内P「……そう、ですね」 

ちひろ「プロデューサーさん?」 

武内P「ああ、いえ……阿吽の呼吸と聞いて、少し」 

ちひろ「阿吽の呼吸で……ああ!」 

武内P「彼女達は、犬などではなく――」 

ちひろ「プロデューサーさんを守る、こm」 

武内P「金剛力士像に睨まれた様に、恐ろしかったな、と」 

ちひろ「……」 


ちひろ「はい?」 



おわり