815: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:38:38.85 ID:NgsabcPAo
美嘉「……は?」 

武内P「アナルブレスケアです」 

美嘉「いや、別に聞こえなかったワケじゃないんだケド」 

武内P「……そろそろ時間ですね」 

美嘉「時間って、何の?」 

武内P「城ヶ崎さんの、新時代の幕開けの時間です」 

美嘉「……は?」


                                引用元: 
・武内P「便秘、ですか」
816: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:40:55.92 ID:NgsabcPAo
武内P「……」ゴソゴソ 

美嘉「え、何そのごっつい機械」 

武内P「これは、ラジカセですね」 

美嘉「へー! 実物、初めてみた★」 

武内P「……」 

ポチッ 

~♪ 

美嘉「あっ、これアタシの『TOKIMEKIエスカレート』じゃん★」 

武内P「……」

817: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:43:56.80 ID:NgsabcPAo
武内P「……」 

~♪ 

美嘉「カリスマJKアイドルの生歌、聞いとく? なーんてね★」 

~♪ 

美嘉「TOKIMEKIどこまでも~エスカレート~♪」 

~♪ 

美嘉「サイダーみたいにはじける恋モ――」 


ぱちゅんっ! 


美嘉「ド――――ンッ!?」ケアァ! 


武内P「……」

818: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:47:47.38 ID:NgsabcPAo
~♪ 

美嘉「はーっ!? 何!? あっ、は、あーっ!?」ケアァ! 

~♪ 

美嘉「あっ、あっつう!? あっつい! あっつい!」ケアァ! 

~♪ 

美嘉「何!? 何なの!? はーっ!? あーっ!?」ケアァ! 

~♪ 

武内P「……」 

ポチッ 

美嘉「ヤバい! これマジでヤバいって! あーっ!」ケアァ 

武内P「……」

819: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:50:12.69 ID:NgsabcPAo
  ・  ・  ・ 

美嘉「……ちょっと! ちゃんと説明してよ!」 

武内P「このVTRを御覧ください」 

美嘉「……は?」 

武内P「……」 

ガチャガチャ…ポチッ 

美嘉「何それ?」 

武内P「テレビデオです」 


専務『専務の美城だ』 


美嘉「え? 専務? 何で?」

820: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:53:34.64 ID:NgsabcPAo
専務『城ヶ崎美嘉くん。私は、キミには失望した』 


美嘉「……開幕から、めっちゃ感じ悪いんだケド」 

武内P「……」 


専務『私の提示した方向性に逆らった事は許そう』 

専務『確かに、当初のキミは私の意に反しながらも非常に優秀だった』 


美嘉「……なんだ、褒める時は褒めるんじゃん★」 

武内P「……」 


専務『しかし、今のキミは何だ? カリスマの欠片も感じないではないか』 


美嘉「……」 

武内P「……」

821: 名無しさん 2017/12/29(金) 19:58:09.31 ID:NgsabcPAo
専務『故に、キミにはアナルブレスケアをして貰う』 


美嘉「えっ? 故にって、えっ?」 

武内P「こちらが資料になります」 


専務『安心しなさい。我が346プロと小林製薬が総力を上げてキミのために開発した』 


美嘉「……マジ?」 

武内P「はい、残念ながら」 


専務『――アナルブレスケア専用ブレスケアで、カリスマを取り戻しなさい』 


美嘉「アタシのために頑張った感出してるのイラッとするんだけど!?」 

武内P「……」

822: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:02:37.82 ID:NgsabcPAo
  ・  ・  ・ 

美嘉「……詳しく聞かせて」 

武内P「アナルブレスケアには、新時代の幕開けをさせる力があります」 

美嘉「……それで」 

武内P「カリスマとは、常に時代を切り開いていく者の事です」 

美嘉「……続けて」 

武内P「残弾は後二発、頑張ってください」 

美嘉「最悪! 担当呼んで、担当!」 

武内P「彼は、今日から二週間の休暇を取りハワイにバカンスに」 

美嘉「んああああああ!」

824: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:07:42.60 ID:NgsabcPAo
美嘉「いつの間にそんなもの仕込んだの!?」 

武内P「朝食に、妹さん――城ヶ崎莉嘉さんが仕込みました」 

美嘉「帰ったら泣くまで叱る!」 

武内P「待ってください!」 

美嘉「!?」 

武内P「彼女も、貴女のためを思ってした事なのです」 

美嘉「……莉嘉」 

武内P「本来は経口摂取ではないのですが、さすが小林製薬さんですね」 

美嘉「……」

825: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:11:46.07 ID:NgsabcPAo
美嘉「っていうか、なんでアンタが関わってるの?」 

武内P「……上の命令には、はい、逆らえませんので」 

美嘉「そっ……か」 

武内P「申し訳ありません。止めは、したのですが」 

美嘉「良いよ、別に。だって、元々最近のアタシがだらしなかったのが悪いんだし」 

武内P「城ヶ崎さん……」 

ポチッ 

~♪ 

美嘉「は!? え!? もう次!?」

826: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:16:44.72 ID:NgsabcPAo
武内P「資料にもありましたが、二発目は最初のものよりも威力が高いです」 

~♪ 

美嘉「威力って! ってか、はぁ!? さっきよりも!?」 

~♪ 

武内P「TOKIMEKIどこまでも~エスカレート~♪」 

~♪ 

美嘉「いやいや、アンタが歌うの!? 何のために――」 


ぱちゅんっ! 


美嘉「きはああああああん!?」ケアアァン! 


武内P「……」

827: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:19:31.78 ID:NgsabcPAo
~♪ 

美嘉「ぐおおおおああっ!?」ケアアァン! 

~♪ 

美嘉「ああああっ!? こっこ、あっ、ああああっ!?」ケアアァン! 

~♪ 

美嘉「いたいたたたいたいたいたいたいたい!!」ケアアァン! 

~♪ 

武内P「……」 

ポチッ 

美嘉「ついてる!? アタシのお尻ついてる!? ついてる!?」ケアアァン! 

武内P「……」

828: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:24:47.52 ID:NgsabcPAo
  ・  ・  ・ 

美嘉「次は!? 次はいつくるの!?」 

武内P「申し訳ありません。タイミングは、伝えてはならない、と」 

美嘉「そんなの、お尻に爆弾抱えてるようなもんじゃん!」 

武内P「それも醍醐味だと、そう、小林製薬さんが」 

美嘉「それなら……しょうがないか」 

武内P「城ヶ崎さん……大丈夫、ですか?」 

美嘉「カリスマのためだもん! 頑張るしか無いっしょ★」 

武内P「……良い、笑顔です」

829: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:28:59.41 ID:NgsabcPAo
  ・  ・  ・ 

美嘉「……って事があってさ、アタシ、ブレスケア苦手なんだー」 

奏「そ……そうなのね」 

美嘉「だからゴメンね★ 気持ちだけ受け取っとくから★」 

奏「最近、美嘉がたくましいのはそういう理由があったのね」 

美嘉「もー、たくましいってやめてよ! もっと、別の言い方があるでしょ!」 

奏「……ふふっ、そうね」 

美嘉・奏「カリスマ」 

美嘉・奏「……!」クスクス

830: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:31:40.05 ID:NgsabcPAo
奏「あの、それで……」 

美嘉「ん? 何ー?」 

奏「最後の一発は……どうなったの?」 

美嘉「今もアタシの中にあるよー★」 

奏「はい!?」 

美嘉「なーんてね★ 多分、三発ってのは嘘だったんだと思う」 

奏「……嘘?」 

美嘉「そ、嘘」

831: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:35:30.25 ID:NgsabcPAo
美嘉「アタシの中には、いつ爆発するかわからない爆弾がある」 

美嘉「だからさ、爆発するまでは、常に全力でアイドルをやろう、って」 

美嘉「……えへへ、ちょっとカッコつけすぎかな★」 

奏「……いいえ、とても、ステキだと思うわ」 

美嘉「本当にそう思う?」 

奏「私としても、美嘉のそういう所は見習わないといけないと思うわ」 

美嘉「本当に?」 

奏「ええ。……って、妙に念押ししてくるけど、何なの?」 

美嘉「……」

832: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:40:24.55 ID:NgsabcPAo
ガチャッ 

武内P「……失礼します」 

奏「あら、シンデレラプロジェクトの、プロデューサーさん」 

武内P「おはようございます、速水さん」 

奏「ふふっ、今日もとってもチャーミングね」 


美嘉「はやく! はやくアナルブレスケア専用ブレスケアケアを!」 


奏「み、美嘉!? 一体、どうしたの!?」 

美嘉「……ごめん、奏」 

奏「ごめんって、何を……」 

奏「……」 

奏「っ!?」

833: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:45:20.46 ID:NgsabcPAo
奏「美嘉……まさか!?」 

美嘉「最初の威力が1とすると、二発目が2なんだって」 

武内P「どうぞ、こちらです」 

奏「待って! どうして、私に威力の解説をしてるの!?」 

美嘉「……ゴクン。これで解除? 解除? ねえ、解除!?」 

武内P「はい。長い間、お疲れ様でした」 

奏「私の質問に答えてちょうだい!」 


美嘉「三発目の威力が10って聞かされたら……奏はどうする?」 


奏「……!?」

834: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:52:03.00 ID:NgsabcPAo
美嘉「アタシさ、もう新時代の幕を開くしか無いと思ったんだ」 

美嘉「カリスマJKギャル……そこに、小悪魔要素を追加しようってね★」 

奏「いいえ……美嘉、貴女は悪魔に魂を売ったのよ」 

美嘉「売りなんかしないって! アタシ、アイドルだし★」 

奏「……良い、笑顔ね」 

美嘉「やっぱり、アタシってカリスマがあるからね★」 

奏「教えて、プロデューサーさん。私の爆弾は、いつ爆発するのかしら?」 

武内P「……」ゴソゴソ 

奏「ラジカセ……もうすぐ、なのね」

835: 名無しさん 2017/12/29(金) 20:55:17.05 ID:NgsabcPAo
美嘉「奏、頑張って!★」 

奏「ふふっ、頑張ったら、貴方にご褒美のキスが貰えるのかしら?」 

武内P「……」 

ポチッ 

~♪ 

美嘉「さすが奏★ こんな時でも……って」 

奏「……」 

~♪ 

美嘉「『TOKIMEKIエスカレート』!? は!? 何で!?」

836: 名無しさん 2017/12/29(金) 21:01:06.60 ID:NgsabcPAo
武内P「……間に、合いませんでした」 

~♪ 

美嘉「だって解除って! 解除って言ったもん!」 

奏「諦めるしかないみたいね、美嘉」 

~♪ 

美嘉「ヤダヤダヤダヤダ! ムリムリムリムリ!」 

~♪ 

奏「サイダーみたいにはじける恋モ――」 


ぱちゅんっ!

837: 名無しさん 2017/12/29(金) 21:06:11.68 ID:NgsabcPAo
  ・  ・  ・ 

奏「……とっても怖いのね、アナルブレスケアって」 

武内P「そう、ですね」 

奏「安心させた所を爆発だなんて……とっても悪い人」 

武内P「……」 

奏「これは……ふふっ、そんな悪い唇は、塞ぐ必要があるわよね」 

武内P「速水さん。貴女のその言動が、上層部で問題視されています」 

奏「あら、そうなの?」 

武内P「……」 

ポチッ 

~♪ 

奏「えっ? 『Hotel Moonside』? えっ?」 

奏「えっ!?」

838: 名無しさん 2017/12/29(金) 21:13:23.75 ID:NgsabcPAo
奏「ちょっと待って!? 美嘉を安心させるための、フェイクじゃ!?」 

武内P「……ありません」 

~♪ 

奏「問題視って……どうして今さら!?」 

武内P「詳しい説明は後ほど。速水さんの事は、小林製薬さんも応援しています」 

~♪ 

奏「や、嫌……! やめて……!」 

武内P「――ワン、トゥー、キス」 


ぱちゅんっ! 



おわり