279: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:16:11.11 ID:Ggs7H59Ho
ちひろ「はいっ♪ 似合ってますよね?」 

武内P「そう、ですね」 

ちひろ「サイズもピッタリなんですよ♪」 

武内P「しかし……何故、メイドなのですか?」 


武内P「……渋谷さん」 


凛「……そんなにジロジロ見ないで」


引用元: ・武内P「『次はお前だ』」

280: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:19:58.78 ID:Ggs7H59Ho
ちひろ「スカート丈は長いけど、良いですよね?」 

武内P「渋谷さんにあの服を着せたのは、千川さんですか?」 

ちひろ「ええ!」 

武内P「理由を説明して頂けますか?」 

ちひろ「プロデューサーさんの、お手伝いがしたいそうなんです」 

武内P「えっ?」 


ちひろ「お手伝いと言ったら、メイドさんですよ♪」 

ちひろ「ねっ、凛ちゃん?」 

凛「……まあ、そういう事だから」 


武内P「……はあ」

281: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:23:09.42 ID:Ggs7H59Ho
ちひろ「今日は一日、凛ちゃんはオフなのよね」 

凛「うん。レッスンも無いかな」 

武内P「それなのに、私の手伝いをしようと?」 

凛「やっぱり、迷惑……かな?」 

武内P「いっ、いえ! そのような事は、決して!」 


ちひろ「ふふっ! じゃあ、決まりですね!」 

ちひろ「今日は、凛ちゃんが一日メイドデーです♪」 


武内P「……はあ」

282: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:25:11.04 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……ねえ」 

武内P「? どうか、されましたか?」 

凛「何か、手伝い事とか無いの?」 

武内P「いえ……特には」 

凛「ふーん……そう、なんだ」 

武内P「はい」 

凛「……何かあったら、言って」 

武内P「わかりました」

283: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:27:31.91 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……ねえ」 

武内P「? どうか、されましたか?」 

凛「私がメイドって、やっぱり似合ってない?」 

武内P「いえ、そんな事は無いと思います」 

凛「そう? 本当に、そう思ってる?」 

武内P「はい。とても、良く似合っています」 

凛「……わかった、ありがと」 

武内P「いえ、思っている事を言っただけですので」 

凛「……///」

284: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:30:36.63 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……あのさ」 

武内P「? どうか、されましたか?」 

凛「ずっとPCの画面を見てて、疲れないの?」 

武内P「どう……でしょうか?」 

凛「ふふっ、何それ? 自分の事でしょ?」 

武内P「皆さんの活動に関する事ですので……はい」 

凛「ふ、ふーん……それだけ集中してるって事?」 

武内P「はい」 

凛「……わかった、続けて」

285: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:34:02.53 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「ん」 

凛「! 何、どうしたの!? 出番!?」 

武内P「あっ、いえ……ミスを発見しまして」 

凛「ミスって事は、疲れてるって事じゃない!?」 

武内P「いえ、私のミスではなく……ですね」 

凛「……そ、そう」 

武内P「渋谷さんは、疲れていませんか?」 

凛「私は、まだ平気」 

武内P「そうですか。ですが、あまり無理はなさらないでください」 

凛「……わかった」

286: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:41:06.45 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……ちょっと良い?」 

武内P「? どうか、されましたか?」 

凛「プロデューサー、いつも頑張ってくれてるよね」 

武内P「それは……プロデューサーとして、当然の事です」 

凛「だから、今日一日くらいは何か手伝おうかな、って思ったの」 

武内P「はい……そのお気持ちだけで、とても嬉しく思います」 

凛「うん」 


凛「ねえ、何か無いの!?」 

凛「私、わざわざメイドの格好してる!」 

凛「それなのに、立ってるだけなんだけど!?」 


武内P「っ!?」

287: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:48:32.24 ID:Ggs7H59Ho
凛「本当は、この格好するのも恥ずかしかったんだからね!?」 

武内P「で、では……着替えを」 

凛「そういう事言ってるんじゃない! アンタ、全然わかってない!」 

武内P「ま、待ってください! 何が、ご不満なのですか!?」 

武内P「ご希望があれば、仰ってください!」 

凛「それはこっちの台詞!」 

武内P「で、では……仕事に戻っても、良いでしょうか?」 

凛「メイドに、そんな許可を取る!? 何なの!?」 

武内P「……!?」

288: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:52:43.75 ID:Ggs7H59Ho
凛「良いから、何か手伝わせて!」 

武内P「そ、そう言われましても……!?」 

凛「何か命じるまで、許さないから!」 

武内P「で、では……そうですね」 

凛「……!」 

武内P「静かにしていただく……というのは?」 

凛「! わかった! 静かにしてる! それだけ?」 

武内P「ええ……ひとまずそれで、お願いします」 

凛「もう……最初から、そうやって言ってくれれば良かったのに」 

武内P「……」 

凛「……♪」

289: 名無しさん 2018/07/25(水) 20:59:00.05 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「ふうううぅぅぅん!」ジタバタ! 

武内P「っ!? どうか、されましたか!?」 

凛「違うでしょ!? 手伝うって、そうじゃないから!」 

武内P「いえ、静かにして頂いている間は……とても仕事が捗りました」 

凛「ねえ、それ……どういう意味?」 

武内P「えっ? そのままの……意味ですが」 


凛「何もせず、静かにしてるのが一番の手伝いって事?」 


武内P「……」 

武内P「申し訳、ありません」 


凛「……」

290: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:03:40.57 ID:Ggs7H59Ho
凛「からかわれて、茶化されたんだけど」 

武内P「は……はあ」 

凛「でも、メイドの格好をしたらきっと喜ぶだろう、って」 

武内P「そう……ですか」 

凛「缶コーヒーじゃなく、紅茶を淹れたりとか! 考えたり!」 

武内P「あっ、で、では! 紅茶を淹れていただけますか?」 

凛「! 喉が渇いたの!? ねえ、紅茶が飲みたいの!?」 

武内P「い、いえ……そんなには」 

凛「じゃあ、言わないでくれない!?」 

武内P「……す、すみません」

291: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:10:11.37 ID:Ggs7H59Ho
凛「ねえ、アイドルがメイドの格好してるんだよ!?」 

武内P「はい、とてもよく似合っています」 

凛「本当にそう思ってるの!? いい加減な事言ってない!?」 

武内P「そんな事はありません」 

武内P「黒を基調とした、スカート丈の長いメイド服」 

武内P「それが、涼やかな渋谷さんの雰囲気に、とてもマッチしています」 

武内P「白いフリルにより、華やかさも損なわれず――」 

凛「そんなにジロジロ見なくていいから!///」 

武内P「す、すみません……つい」 

凛「もう……なんなの……!///」 

武内P「……」 

凛「……///」

292: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:14:25.38 ID:Ggs7H59Ho
武内P「渋谷さん、聞いてください」 

凛「……何?」 

武内P「貴女のそのメイド姿は、とても似合っています」 

凛「……それで?」 

武内P「そんな、素晴らしいメイドに相応しくあろうと……」 

凛「……うん」 

武内P「……より一層、仕事に集中しようと、そう、思います」 

凛「なら……ちゃんと見てる」 


凛「サボったりなんかしたら、承知しないから」ニコッ! 


武内P「良い、笑顔です」

293: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:19:10.63 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

凛「……」 

武内P「……」 

凛「……」 


凛「ふざけないでよ! この状況は何なの!?」 


武内P「えっ!? し、仕事中ですが!?」 

凛「そんなの、見てたからわかってるから!」 

武内P「え、ええ……視線は、感じていました」 


凛「私が! メイドの! 格好! してる!」 

凛「なのに! 結局! 見てる! だけ!」 


武内P「そ、その……語呂が良い、抗議です」 


凛「ふうううぅぅぅ――んっ!!」ジタバタ!

294: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:27:32.82 ID:Ggs7H59Ho
凛「何かあるでしょ!? ねえ、プロデューサー!」 

武内P「いえ……特に」 

凛「何!? ご主人様って呼ばないと、命令一つ出来ないの!?」 

武内P「あっ、あの! 本当に、特に何も無いのです!」 

凛「何か手伝うって言ってるでしょ! ねえ、ご主人様!」 

武内P「しっ、渋谷さん!?」 


凛「……ご、ご主人様は……さすがに、照れるかな///」モジモジ 

凛「ね、ねえ……この呼び方、どう思う?///」モジモジ 


武内P「っ!?」 

武内P「で、では……その呼び方は、やめてください!」 


凛「はあっ!? どうして!?」 

凛「メイドなのに、ご主人様って呼んじゃ駄目なの!?」 


武内P「お願いします! 聞く耳を持ってください!」

295: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:34:54.38 ID:Ggs7H59Ho
凛「私じゃ、メイドにふさわしくないって事!?」 

凛「似合ってるって褒めてたのに……あれは何だったの!?」 

武内P「落ち着いてください、渋谷さん! お願いします!」 

凛「納得できない!」 

凛「何か手伝うまで、落ち着けるわけない!」 


武内P「で、では……昼食を買って来て頂けますか!?」 


凛「ふざけないでよ! アンタ、私を馬鹿にしてるの!?」 

凛「そうやって、追い払おうとしてるんでしょ!?」 

凛「わかるんだから! ねえ、そうでしょ!?」 


武内P「………………そんな事は、決して!」 


凛「その間は何なの!?」

296: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:42:13.26 ID:Ggs7H59Ho
武内P「で、では! お聞きしても、宜しいでしょうか!?」 

凛「何!?」 

武内P「具体的には、どのような手伝いをして頂けるのでしょうか!?」 

凛「それは……肩を揉んだり、とか」 

武内P「! プランを練っておいでだったのですね!?」 

武内P「ほ、他には何かありますか!?」 

凛「ひ……ひっ……膝枕、とか///」 

武内P「なっ、成る程……他には、何か?」 

凛「……えっ」 

武内P「えっ?」 


凛「エッチなのは駄目だから!/// 駄目だから――っ!///」 


武内P「っ!? 落ち着いてください、渋谷さん!」 


凛「いくらメイドだからって、エッチなのは駄目!///」 

凛「エッチな命令なんて、そんなの聞けないから――っ!///」 


武内P「声が! 声が大きすぎます、渋谷さん!」 

武内P「静かにしてください、渋谷さ――んっ!」

297: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:49:30.20 ID:Ggs7H59Ho
  ・  ・  ・ 

武内P「……」 

ちひろ「あ、あはははは」 

武内P「千川さん」 

ちひろ「ちょ、ちょっと冗談で言っただけですって!」 

ちひろ「メイドだから、ちょっとエッチな命令をされちゃうかもね……な~んて」 

武内P「……一点だけ」 


アーニャ「プロデューサー! メイド服、似合っていますか?」 

アーニャ「アーニャは、ちょっとエッチな命令も、アー……///」 

アーニャ「……アー……ニェート……アー……///」 


武内P「何とかしてください」 


武内P「業務命令です」 



おわり

298: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:54:21.46 ID:Ggs7H59Ho
>>276 
書きます 


武内P「私がタイプ……ですか?」

299: 名無しさん 2018/07/25(水) 21:57:59.60 ID:Ggs7H59Ho
卯月「ちっ、違いますよ!? タイプ! タイプなだけです!」アセアセ! 

未央「しっ、しまむー? ちょっ、ちょっと大胆すぎない?」 

卯月「みっ、未央ちゃん! そう言うのじゃありませんって!」 

凛「ふーん……卯月って、プロデューサーがタイプなんだ」 

卯月「凛ちゃんまで!? えっ、えっと、だからですね!?」 


卯月「背! 背が高くて、格好良いなぁって!」 


武内P「……」

300: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:00:44.82 ID:Ggs7H59Ho
卯月「背が高い人って格好良いですよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……うん、そうだね」 

卯月「凛ちゃんも、そう思いますよね!? ねっ、凛ちゃん!?」 

凛「……まあ、悪くないかな」 

卯月「身長差があって、頼りになる感じがして……」 


卯月「だから! 背の高いプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

301: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:04:38.32 ID:Ggs7H59Ho
未央「じゃあ、背の高い人は全員タイプって事?」 

卯月「ふえっ!? ぜ、全員って訳じゃ、ないですけど……」 

凛「プロデューサーって言う位だから、身長だけじゃないんでしょ?」 

卯月「それは、えっとですね……身長以外だったら、ですね」 

卯月「やっぱり……歳上って、良いなぁ、って」 


卯月「歳上! 歳上の人って、大人だなぁって!」 


武内P「……」

302: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:08:04.28 ID:Ggs7H59Ho
卯月「歳上の人って、憧れちゃいますよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……私らからすれば、結構大人だもんね」 

卯月「凛ちゃん! 凛ちゃんも、歳上の人って素敵だと思いません!?」 

凛「……まあ、悪くないかな」 

卯月「人生経験も豊富で、リードしてくれそうで……」 


卯月「だから! 歳上のプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

303: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:13:21.67 ID:Ggs7H59Ho
未央「でもさ? 私らより背が高くて歳上って、かなり当てはまるよ?」 

卯月「へうっ!? そ、それは、そうなんですけど……」 

凛「ねえ、卯月。他にも、理由があったりするんじゃないの?」 

卯月「それは、えっとですね……他の理由は、ですね」 

卯月「その……低い声って、安心するなぁ、って」 


卯月「低い声! 低い声って、ホッとするなぁって!」 


武内P「……」

304: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:17:44.29 ID:Ggs7H59Ho
卯月「男の人の低い声って、なんかホッとしますよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……高い声よりは、安心するよね」 

卯月「頑張ってください、って低い声で言われると、頑張るぞーってなるよね!?」 

凛「……まあ、そうだね」 

卯月「聞いてて落ち着く、ホッとする低い声……」 


卯月「だから! 声が低いプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

305: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:23:28.96 ID:Ggs7H59Ho
未央「でもさ? 低い声の人って言うのも、結構居るよ?」 

卯月「へあっ!? そ、それは、そうなんですけど……」 

凛「卯月? 本当は、まだ理由があったりするんでしょ?」 

卯月「それは、えっとですね……まだ、あるんです、けど」 

卯月「その……話し方が丁寧なのって、良いなぁ、って」 


卯月「話し方! 話し方が丁寧って、誠実そうだなぁって!」 


武内P「……」

306: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:27:24.77 ID:Ggs7H59Ho
卯月「私達の方が年下なのに、丁寧な話し方されますよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……誠実さが、伝わってくるよね」 

卯月「凛ちゃん! その口調が、ふとした瞬間砕けた口調になったら!?」 

凛「……何それ? 凄く良いよ、それ」 

卯月「誰に対しても、丁寧な口調で接する……」 


卯月「だから! 丁寧な口調のプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

307: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:32:40.31 ID:Ggs7H59Ho
未央「でもさ? 丁寧な口調なのって、仕事だからじゃん?」 

卯月「ふぐっ!? そ、それは、そうなんですけど……」 

凛「なんだか、まだまだ他にも理由がありそう。卯月、聞かせてよ」 

卯月「それは、えっとですね……まだ、あるんです、けど」 

卯月「その……ちょっと不器用なのも、良いなぁ、って」 


卯月「不器用! 少し不器用なのって、可愛いなぁって!」 


武内P「……」

308: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:38:31.03 ID:Ggs7H59Ho
卯月「完璧すぎるより、そういう欠点がある方が良いですよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……とっつきにくさは、なくなるよね」 

卯月「そういう欠点を私が補ってあげられたらって、思っちゃいますよね!?」 

凛「……卯月は凄いね、今、そう思うようになったもん」 

卯月「完璧じゃなく、ちょっと不器用……」 


卯月「だから! ちょっと不器用なプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

309: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:43:27.43 ID:Ggs7H59Ho
未央「でもさ? 誰にだって、欠点っていうのはあるものだよ?」 

卯月「ひうっ!? そ、それは、そうなんですけど……」 

凛「良い所ばかりじゃなく、悪い所にも目を向けるのは大切だよ、未央」 

卯月「それは、えっとですね……まだ、あるんです、けど」 

卯月「その……見慣れたら顔も、凛々しいなぁ、って」 


卯月「顔! 怖いんじゃなく、凛々しいなぁって!」 


武内P「……」

310: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:49:39.58 ID:Ggs7H59Ho
卯月「凛々しいだけじゃなく、その、愛嬌もありますよね!? ねっ!?」 

未央「あっ、わかる」 

卯月「皆が怖いって言ってる時、わかってないなぁ~って、思っちゃいません!?」 

凛「それは思わないかな。だって、相手が増えたら困るし」 

卯月「怖くなんかない、凛々しくて、可愛い顔……」 


卯月「だから! そんな顔をしたプロデューサーさんも、タイプなんです!」 


武内P「……」

311: 名無しさん 2018/07/25(水) 22:59:21.67 ID:Ggs7H59Ho
未央「でもさ? 見慣れたら、誰の顔だって良い所が見えてくるよ?」 

卯月「はわっ!? そ、それは、そうなんですけど……」 

凛「確かに、それはそうだね。それを言い出したら、まだまだありそう」 

卯月「それは、えっとですね……まだ、あるんです、けど」 

卯月「その……性格が、好きだなぁ、って」 


卯月「性格! 誠実で、不器用で、それで……とっても優しい性格が好きだなぁって!」 


武内P「……」

313: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:07:21.47 ID:Ggs7H59Ho
卯月「やっぱり、性格って大事ですよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……って言うか、好きって言っちゃってるけど!?」 

卯月「好きなタイプ! タイプ的に好きな性格な私のタイプな頑張ります!」 

凛「卯月!? ねえ……私達、友達だよね?」 

卯月「あわっ、わ、とにかく性格! 中身です! 頑張ります!」 


卯月「だから! 頑張ります! 島村卯月、頑張ります!」 


武内P「……」

315: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:14:05.96 ID:Ggs7H59Ho
卯月「もっ、もう良いですよね!? ねっ、ねっ!?」 

未央「そっ、そうだね! もうやめようか、この話!」 

凛「ちょっと待って、ハッキリさせておきたんだけど」 

未央「でもさ!? 曖昧なままの方が良い事ってあるよ!?」 

卯月「はいっ! そ、そうです、その通りです!」 


凛「ねえ、今のを聞いて、どう思ったの?」 


武内P「……」 


未央・卯月・凛「……」

316: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:22:39.09 ID:Ggs7H59Ho
武内P「今の島村さんの話を聞いて……ですか」 

凛「うん、そう」 

卯月「りっ、凛ちゃん!?」 

未央「しぶりん!?」 

武内P「そう……ですね」 


武内P「私は不器用ではないので、タイプとは少し違いますね」 


未央・卯月・凛「えっ?」 


武内P「えっ?」

318: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:29:54.68 ID:Ggs7H59Ho
卯月「ぷっ、プロデューサーさんは……自分が、器用だと思ってるんですか?」 

武内P「は、はい……自分では、そう、思っているのですが」 

未央「思い違いも甚だしいよ!? そう思ってるのプロデューサーだけだよ!?」 

武内P「えっ!? 待ってください! 皆さん、私が不器用だと!?」 

凛「思ってるに決まってるでしょ!? ふざけないでよ!」 

武内P「……!?」 

未央・卯月・凛「……!」 


武内P「……検討します」 


未央・卯月・凛「はいっ!?」

319: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:37:55.63 ID:Ggs7H59Ho
未央「いやいや、待って!? 何をどう検討するの!?」 

武内P「まずは、皆さんが私を不器用と思っているか、調査をしようと考えています」 

卯月「その発想が既に不器用ですよ、プロデューサーさん!」 

武内P「えっ? あの……そう、でしょうか?」 

凛「ねえ! 調査って、聞き込みでもするつもり!?」 

武内P「っ!? それは、誤解です!」 


武内P「きちん……器用に、アンケート用紙を作成します!」 


未央「そういう器用じゃないって!」 

卯月「……でも、ちょっと必死なプロデューサーさんって可愛いですよね?」 

凛「うん、わかる」

320: 名無しさん 2018/07/25(水) 23:52:03.40 ID:Ggs7H59Ho
卯月「たまに、こうやって可愛い一面を見せるのも良いですよね!? ねっ!?」 

未央「ま、まぁ……微笑ましくは、あるよね」 

卯月「普段しっかりしてる人の、こういう所を見ると……キュンキュンしますよね!?」 

凛「うん、する……と言うか、してる」 


武内P「確かに、私は島村さんの言うタイプに近いようです」 

武内P「ですが……不器用だとは、思いません」 


卯月「その……頑固な所も、魅力だなぁ、って」 

未央「普通だったら、欠点に見えるのにね」 

凛「……まあ、悪くないかな」 


武内P「私は、器用なタイプです」 



おわり