584: 名無しさん 2018/08/03(金) 21:51:16.09 ID:L3qrh5LKo
武内P「すぐ、復旧すると思われますが」 

凛「原因は何なの?」 

武内P「いえ……私にも、よくわかりません」 

凛「ふーん。まあ、待ってれば良いんでしょ」 


凛「――だってさ、乃々」 


乃々「……!?」ガタガタ! 


武内P「……」


                              引用元: ・武内P「『次はお前だ』」
585: 名無しさん 2018/08/03(金) 21:54:14.75 ID:L3qrh5LKo
凛「どうしたの? そんなに震えて」 

乃々「い、いえ、その……ですね……」 

凛「もしかして、体調でも悪い? 大丈夫?」 

乃々「そうでは無いんですけど、その……」チラッ 


武内P「大丈夫d」 


乃々「っ!? うぷっ……!」 

凛「どうしたの!? 気持ち悪いの!?」 


武内P「……」

586: 名無しさん 2018/08/03(金) 21:58:55.74 ID:L3qrh5LKo
乃々「き、気持ちが悪いんじゃなくてですね……その……」ガクブル! 

凛「どうしたの!? 寒いの!?」 

乃々「あまりの恐怖に、もりくぼの胃が悲鳴を……!」ガクブル! 

凛「平気だよ、乃々。私達だけじゃなく、プロデューサーも居るから」 


武内P「はい、安心s」 


乃々「っ!? うっぷ! む、むむむむぅーりぃー……!」 


凛「しっかりして! 私達が付いてるから!」 


武内P「……」

587: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:04:00.05 ID:L3qrh5LKo
凛「プロデューサー! 何ボーッとしてるの!?」 

武内P「いえ……その」 

凛「乃々が、こんなに具合悪そうにしてるんだよ!?」 

武内P「……彼女がそうなっている原因は、恐らくですが」チラッ 


乃々「ひぅっ!? 無理です無理です無理こっぽ、ぉうっぷ!?」 


凛「乃々、大丈夫! 大丈夫だから!」 

凛「……ねえ! 原因は、何だって言うの!?」 


武内P「……私です」 


武内P「私の顔が、怖いからです」

588: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:09:05.35 ID:L3qrh5LKo
凛「はあっ!? 何言ってるの!?」 

武内P「……恐らく、間違いないと思われます」 


武内P「エレベーターに乗り合わせただけで、既に限界が近かったのでしょう」 

武内P「そして……そのエレベーターが止まってしまった」 

武内P「それが、大きなストレスとなり……体調に影響を及ぼしてしまった」 


乃々「ひぎっ、ひぅいぃ……! 声が低すぎるんですけ、うっぷ!?」 


武内P「……」 

武内P「私の声も、怖いようです」

589: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:14:15.19 ID:L3qrh5LKo
  ・  ・  ・ 

凛「……落ち着いた?」 

乃々「は、はい。ありがとうございます、少しだけ、落ち着きました……」ジィッ 

凛「そうだよね……うん」 

凛「知らない人から見れば、プロデューサーって怖いもんね」 

乃々「怖いと言うか、もりくぼには‘死’そのものに見えるんですけど……」 


武内P「……」ピクッ 


乃々「ひえっ!? い、今今今今動いたんですけど! うご、うえっ、おっ!」 


凛「ちょっと、プロデューサー!」 

凛「壁に顔を向けて、微動だにしないでって言ったでしょ!?」 


武内P「……」

590: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:20:33.07 ID:L3qrh5LKo
凛「そんな事ないよ、大丈夫だよ」 

乃々「と、とてもそうは見えないんですけど……」 

凛「怖いのは見た目だけ。実は、案外抜けてる所もあるんだよ?」 

乃々「ぬ、抜けてる所……?」 

凛「ほら、見て。頭のところ、寝癖立ってるでしょ?」 


武内P「……」…ピョコンッ 


乃々「……本当ですね」 

凛「ふふっ! でしょ? ああいう所、少し可愛くない?」 

乃々「可愛いかはわからないですけど、少しだけ、怖くなくなりました……」 


武内P「……」

591: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:26:36.67 ID:L3qrh5LKo
凛「何も知らないと怖いけど、さ」 

乃々「……知りたくはないですけど、少しでも知ったほうが……」 

凛「うん、怖くなくなるから」 

乃々「あうぅ……でも、やっぱり、むぅーりぃー……」 

凛「好きな食べ物、ハンバーグなんだよ」 


武内P「……」 


乃々「……ハンバーグ?」 

凛「ふふっ! あんな見た目して、子供みたいでしょ?」 

乃々「……もりくぼも、ハンバーグは嫌いじゃないですけど……」 


武内P「……」

592: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:34:18.86 ID:L3qrh5LKo
凛「それでね、実は乃々と共通点もあるんだ」 

乃々「も、もりくぼと共通点……?」 

凛「あんな見た目からは、想像出来ないんだけどね」 

乃々「共通点なんて、あるはず無いんですけど……」 

凛「そう思うでしょ? でも、ほら……コレ」 


凛「プロデューサーの、ポエム帳」 


武内P「っ!? 渋谷さん!?」 

クルッ! 


乃々「っ!? あばっ、ばばばっ、見た見た見た見たこっち見たんですけど!」 

乃々「無理無理無理無理MRYYYYYYYYYYYYY――ッ! おえっ、おえっ!!」 


凛「ちょっと! プロデューサーは見なくていいから!」 


武内P「すみません! しかし、待ってください!」 

武内P「お願いします、待ってください!」

593: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:44:48.05 ID:L3qrh5LKo
乃々「無理です、駄目です、もりくぼ出します、うっぷ!」 

凛「待って、乃々! 聞いて!」 

乃々「っ……!?」 


凛「――もしも、星が雲に隠れてしまったなら」 

凛「――見上げた夜空は、ただの闇」 

凛「――雲に隠れてしまう星に、価値は無い」 


乃々「……そうです。もりくぼに、価値なんて無いですけど」シュンッ 


凛「――けれど、晴れない雲は、無い」 

凛「――星は、今もそこにある」 

凛「――だから、雲が晴れるまで待とう」 

凛「――隠れてしまった星が、また、その輝きを見せてくれるまで」 


乃々「……!」ジーン! 


武内P「読み上げないでください! 読み上げないでください!」

594: 名無しさん 2018/08/03(金) 22:53:08.20 ID:L3qrh5LKo
凛「……アイドルは、星に例えらえるよね」 

乃々「……」 

凛「このポエムは、そんなアイドルへの想いを綴ったものなんだ」 

凛「専務が、常務だった時のやり取りを手直ししてね……」 

凛「そうだよね、プロデューサー?」 


武内P「お願いします……!」 

武内P「話を……話をこちらに……振らないでください……!」 


乃々「え、えっとですね……良ければなんですけど……」モジモジ 

凛「ふふっ、他のポエムも見たい?」 

乃々「は……はい……お願いします……///」 


武内P「助けてください……!」 

武内P「誰か……誰か、助けてください……!」

595: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:04:42.02 ID:L3qrh5LKo
  ・  ・  ・ 

凛「それでね、何て言ったと思う?」 

乃々「わからないですけど……今までの努力の成果とか、ですか?」 

凛「――笑顔で、頑張ってください」 

乃々「そ、それだけ、ですか……? 他にも、何か言ったと思うんですけど……」 

凛「それがさ、それだけなの! ふふっ! どう思う?」 

乃々「あぅぅぅ……その時の空気を想像しただけで、むーりぃー……」 


武内P「お願いします……ええ、はい……はい」 

武内P「早くしないと、大変な事になります……いえ、なっています」 

武内P「はい……私が」

596: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:12:00.74 ID:L3qrh5LKo
  ・  ・  ・ 

乃々「……あうぅ……やっぱり、もりくぼには無理です」 

凛「乃々、頑張って」 

乃々「確かに、ちょっとしたいとは思いましたけど……」 

凛「思ってるだけじゃ、伝わらないよ。さあ、勇気を出して」 

乃々「勇気とか無理なんですけど、でも……でも、もりくぼは……!」 


乃々「あ、あの……お願いが、あるんですけど……」 

乃々「無理なら無理で良いのですので、うっぷ! その、ですね……」 

乃々「こ、交換ポエムをして欲し……あうあうあぅむーりぃー……」 


武内P「……」 

武内P「……はい、わかりました」

597: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:25:58.95 ID:L3qrh5LKo
  ・  ・  ・ 

武内P「絵本作家になるのが夢と、そう、聞いています」 

乃々「そうなんですけど……でも、アイドルをやりながらだと、むーりぃー……」 

武内P「いえ、諦める必要はありません」 

乃々「……えっ?」 

武内P「むしろ、貴女のその夢は、諦めてはいけないものだと、そう、思います」 

乃々「でも……それで、もりくぼは迷惑をかけちゃうかも……」 


武内P「346プロダクションのプロデューサーは――」 

武内P「――アイドルの夢を叶えるために居るのです」 

武内P「担当に、どんな形でも良いので、伝えてみてください」 

武内P「貴女の、その願いを叶えるために……より、輝けるために」 

武内P「たとえどんなに厚い雲でも、晴らそうとするでしょう」 


乃々「……!」ジーン! 


凛「……」

598: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:36:10.59 ID:L3qrh5LKo
武内P「今、少しだけ拝見させて頂いたポエムですが――」 


乃々「っ!? か、感想は要らないんですけど……!?」 

乃々「眼の前で言われるなんて、むーりぃー……!」 


武内P「――優しさが溢れる、とても、素晴らしいものでした」 

武内P「この様な優しい世界を描ける貴女が作る絵本は……」 

武内P「……きっと、それを読んだ人間の優しさを育むでしょう」 

武内P「私は――貴女が作る絵本を読んでみたいと、そう、思います」 


乃々「……!」ジーン! 


凛「……」

599: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:42:25.77 ID:L3qrh5LKo
乃々「もりくぼ……やるくぼです……!」 

武内P「……笑顔で、頑張ってください」 


凛「ねえ」 


武内P「? 渋谷さん?」 

乃々「……凛さん?」 

武内P「あの……どうか、されましたか?」 


凛「……なんて言うか……なんか……!」 


武内P・乃々「?」 


凛「なんか! なんかなんか!」 

凛「悪くないんだけど! なんか!」

600: 名無しさん 2018/08/03(金) 23:54:32.65 ID:L3qrh5LKo
凛「ねえ、乃々?」 

乃々「は、はい……何ですか?」 

凛「乃々はさ、私とプロデューサーなら、私の方が好きだよね?」 

乃々「ひぅっ!?/// す、好きって……そんな、言えません、無理です……!///」 

凛「大事な話なの。ねえ、答えて」 

乃々「え、えと……はい……///」 

凛「――うん」 


凛「ねえ、プロデューサー?」 

武内P「は、はい……何でしょうか?」 

凛「私と乃々なら、担当してる私の方が大切だよね?」 

武内P「本来は、比べるようなものではないのですが……」 

凛「じゃあ、答えて。私の事、大切だと思ってる?」 

武内P「渋谷さん……私は、貴女を大切だと、そう、思っています」 

凛「……うん///」 


武内P・乃々「……」

602: 名無しさん 2018/08/04(土) 00:04:55.40 ID:HGjb7apUo
凛「……つまりさ、わかる?」 

凛「そう言うの、良くないと思う。違う? 違わないよね?」 

凛「なんか……ね? なんか……うん」 


武内P・乃々「……」 


凛「の、乃々ー?」 


乃々「……はい」 


凛「ぷ、プロデューサー?」 


武内P「……はあ」 


凛「……」 


凛「ふうううぅぅぅん!!」ジタバタ!

603: 名無しさん 2018/08/04(土) 00:10:49.81 ID:HGjb7apUo
  ・  ・  ・ 

凛「絶対、ここから出ないから!」ズデーン! 

凛「何なの!? 私、頑張ったでしょ!?」バンバン! 

凛「それなのに、納得出来ない!」ジタバタ! 

凛「ふざけないでよ! ふざけないでよー!」ゴロゴロゴロゴロッ! 


武内P「お願いです、渋谷さん!」 

武内P「エレベーターから、出てきてください!」 

乃々「り、凛さん……いつもの凛さんに戻って欲しいんですけど……!」 

乃々「今の凛さんを見続けるなんて、精神的に、むーりぃー……!」 


凛「ふうううぅぅぅん!!」ジタバタ!

604: 名無しさん 2018/08/04(土) 00:27:37.47 ID:HGjb7apUo
  ・  ・  ・ 

ちひろ「それで……ずっとエレベーターが止まってたんですね」 

武内P「閉まろうとすると、飛び起きて……開ボタンを押して、はい」 

ちひろ「また、床に転がってた……と」 

武内P「……」 

ちひろ「それで、あの……どうしたんですか?」 

武内P「何とか説得し、移動していただきました」 

ちひろ「……お疲れ様です」 

武内P「……」

605: 名無しさん 2018/08/04(土) 00:38:44.07 ID:HGjb7apUo
武内P「いえ……話はまだ、終わっていないのです」 

ちひろ「えっ?」 


「あ、あの……狭いんですけど、ここに二人は無理なんですけど……」 

「大丈夫だよ、乃々。もうちょっとくっつけば平気だから」 


ちひろ「あの……今、足元から声が」 

武内P「はい……移動しては頂けました……が」 


「何なの? アンタ、私のプロデューサーでしょ?」 

「ちゃんと見ててよね。でないと、承知しないから」 


武内P・ちひろ「……」 


「あうぅぅ……もう、むーりぃー……」 



おわり