1: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 11:07:37.10 ID:nvFzTOrDO
(どうして……)

モバP(以下P)「じゃあ……」

(服……脱がされて……)

スッ

芽衣子「あ……」

(今、ブラを取られて……)

(その……おっぱいが…初めて男性の視線にさらされているよ……)

P「…………」

芽衣子「ちょ……黙ってないで、な…何か言って…ょ」

P「……あぁ、すまん。……その……綺麗だよ」

芽衣子「あ……ありがとう」

P「じゃあ……」

(そう言うと、プロデューサーはショーツに手をかける)

(頭の中では「待って、ちょっとストップ」って出かかっているのに、肝心な口に出てこない)

スルスル

(そして……ついに)

芽衣子「……っ」

(生まれたまんまの姿で……プロデューサーの前に)



(どうして……)

(どうしてこうなっちゃったんだろう……)

引用元: ・【デレマス】芽衣子「旅すればもっと素敵だと思わない?」

2: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 11:09:35.49 ID:nvFzTOrDO
並木芽衣子誕生日SSX-RATEDになります

いつもの薄い本シリーズになりますので、あまりご期待などされぬようお願いします

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/10/14(月) 18:49:42.72 ID:nvFzTOrDO
(それは、ほんの少し前の口喧嘩がきっかけだった……)

バタバタバタ

バタン

P「くぉらぁー!芽衣子!また遅刻寸前まで遊び歩きおって!」

芽衣子「ぴやぁ!……今日も遅刻してないし、す、少し遠回りしただけだから遊び歩いてないよ!」

P「ならせめて5分前には到着できるようにしておけ!……トレーナーさんが少し不機嫌だったぞ」

芽衣子「でもでも、楽しいことがあるとそっちに行きたくならない?」

P「お前はそれの度合いが人よりバランスが崩れているのを自覚しろ!」

芽衣子「えー、柚ちゃんやユッキちゃんだってバランスは崩れてるし、愛梨ちゃんなんて……」

P「年下を言い訳にするなーっ!」

芽衣子「ぶぅ……」

4: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 18:55:44.27 ID:nvFzTOrDO
P「まったく……なら、その年下よりスタイルが良くなってみせろ!」

芽衣子@B80「ぶー!セクハラだよ!!」

P「スリーサイズも教えてなんぼのアイドルにセクハラは通用しません」

芽衣子@W56「でもでも……セクシーなポーズとかって苦手だし……適材適所ってあるでしょ?」

P「まぁ、たしかに」

芽衣子@H82「でしょでしょ」





P「L.M.B.Gの写真集の方が、お前の水着の写真集より売れそうだしな」

芽衣子「がーんっ!」

5: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 18:58:15.28 ID:nvFzTOrDO
芽衣子「あったまきた!そんなに言うなら」

ガバッ



芽衣子「わたしのおっぱい、たしかめてみてよ!!」

P「お、おう!?」

6: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:03:22.44 ID:nvFzTOrDO
スッ

ムギュッ

芽衣子「ふ……んっ……」

P「……」

モニュモニュ

芽衣子「あ……」

(や、やだ……)

ドキドキ

(プロデューサーの手……おっきくて……触られた先から熱くて……)

ドキドキ

芽衣子「ぷ……プロデューサーぁ……な、なにか感想とか言ってよ……ぉ」

P「あ、えと……あぁ、すまん」

P「そのな……うん、やわらかいよ……」

芽衣子「うぅ……」

(は、恥ずかしい……いちゅまでこんな……)



パチッ

芽衣子「っ!」

(い、今の感覚って……ブラのホックが……)

7: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:11:53.21 ID:nvFzTOrDO
芽衣子「ぴゃっ!?」

タユンッ

(やだ……やっぱり取れちゃってる……)

(付け直さないと……)

スッ

グイッ

芽衣子「え……?」

(突然、プロデューサーが背中に回した私の手を掴んで)

スススッ

芽衣子「ふえっ!?……え?えぇっ!?」

モミュッ

芽衣子「ひぁ!!」

(や、やだぁ……服の下から…プロデューサーの手が直接私のおっぱいを……)

フニュッフニュ

芽衣子「ふぁっ……あっ、ダメぇ……」

P「あ……駄目か?」

芽衣子「だ、駄目って…いうか…その……私だって、心の準備とか……」

P「なら……」

プチプチ

(や……ボタンが……)

(見られちゃう……直接……プロデューサーに……)



(でも……)

(ぷ、プロデューサーなら……)

8: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:20:30.54 ID:nvFzTOrDO
―そして冒頭へ戻り

芽衣子「うぅ……」

(も、もしかして……さ、されちゃう……?)

クッ

芽衣子「ふぁっ!」

(や、やっぱり……プロデューサーが私の……その大事なとこ、触ってる……)

キュッ

芽衣子「ん、んんっ!!」

(やだやだっ、そんなとこいじるなんて……恥ずかしくて、消えちゃいたいよぉ)

P「気持ちよさそうだな」

芽衣子「そ、そんなこと……あっ、ふぁぁぁっ!ひィッ!」

(ダメダメ!あんなとこいじってきて……)

(……でも、少し気持ちよくて……このままでもいい気がしてきて)

(も、もう……わかんないよ……)

芽衣子「はぁはぁ……んんっ」

9: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:28:30.98 ID:nvFzTOrDO
(でも、そんな息も絶え絶えなのに……プロデューサーが私のあそこをこね回す指はだんだんと激しくなってきて……)

芽衣子「あふァァっ!……あっ――んはァッ!」

チュプリ

芽衣子「ゆ、指ぃ!や、はぅ……ふぁぁッ、ヒぃぃぃあッ!!」

(指……ハイッテ来て……私の……熱くて……トケソウ……)

グチュグチュ

P「こんなに濡らして、そろそろ我慢できないんじゃないか?」

(そう意地悪を言うプロデューサーに対し……)

芽衣子「やぁ……そんな言わないでぇ――ふぁぁッ!」

(もう限界だった私は……)



芽衣子「ほ、欲しいの……プロデューサーのが……」

P「よくできました」



(女の子って……やっぱり男の人に負けちゃうんだな……)

(だって気持ちいいもん……)

10: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:40:13.73 ID:nvFzTOrDO
P「それじゃ、入れるよ」

芽衣子「う、うん……」

ググッ

(それだけ言って私の中へ入れて来て)

(初めては痛いとか聞いてたけど……)

ズププッ

芽衣子「あっ……んあァ……あぅ、ふぅ――あぁぁっ!」

P「動くよ……」

ズグッ

芽衣子「あっ、はぅ――あぅ、ンはぁッッ……!!」

(それは今まで感じたことがないぐらい……)

芽衣子「ン……あぁ、ふぁッ!……んくッ――やぁぁぁ」

(それは……)

芽衣子「奥……もっと……あぁああッ……やぁッんッ!」

P「こうか?」

グイッ

芽衣子「ひゃウっ!?あぁぁぁっ、ン……やァッ!」

(ビリビリきて……とても)



芽衣子「き……気持ちいいよォ……ッ!!」

11: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:47:47.28 ID:nvFzTOrDO
(そして……)

芽衣子「やぁ……ま、また中で……」

グチュグチュ

P「もう疲れたか?なら、俺が動くから」

芽衣子「や、ぁ……ま、またイく……イっちゃ……――――ぅぅぅ!!」

キュンッ

ビクビク

P「ぁ……っ、またすごし絞られて……」

タンタンッ

(そう言うのに……プロデューサーは止まってくれなくて)





(始めた時はお昼前だったのに……もう真っ暗になってて……)

P「っ!また出る……ッ」

グチュグチュ

芽衣子「あ……はーっ、はーっ……んアっ!」

キュンッキュン

(……も、もう…私は指一本動かせないぐらいにイキ狂っていた……)



~~~~~~~~~

12: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 19:54:00.31 ID:nvFzTOrDO
~~~~~~~~~ペラリ

裕美「今回は颯ちゃんがシナリオだっけ?凪ちゃんとは違う意味ですごいし、由愛ちゃんは相変わらずえっちな絵を描くなぁ……」ドキドキ

バタン

芽衣子「おっはよーっ!」

裕美「め、め、め、芽衣子さ……んっ!?」ドッキンバクバク

芽衣子「ん?そうだよ。どうしたの?何か焦っているみたいだけど?」

裕美「な、な、な、なんでででも、ないよッ!」ドクドク

芽衣子「怪しいなぁ……」

裕美「ひぃっ!」

バサッ

裕美「あ……」

芽衣子「薄い本きゃっちーっ!さ、比奈ちゃんはどんな……」ペラリ







「な に こ れ ー っ !」

13: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 20:02:02.07 ID:nvFzTOrDO
バタン

芽衣子「比奈ちゃん!」

比奈「あ、芽衣子さん。乙っス」

芽衣子「乙じゃないよ!!これは何なの!!」パンパン

比奈「あ、それまだ流通回してないから大事にして欲しいっス」

沙理奈「あらあら、また比奈ちゃんの薄い本なの」

瑞樹「わかるわ」

千枝「千枝、興味あります!」

春菜「まぁまぁ、眼鏡どうぞ」

芽衣子「だ、ダメだからっ!」ブンブン

ピュンッ

比奈「あ」

芽衣子「だ、ダメーっ!」



千枝「ふぁ……(///)め、芽衣子さんが(///)芽衣子さんがぁ!」ペラペラ

比奈「一番ダメな子が見ちゃってるっス……」

芽衣子「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーっ!!」



沙理奈「ふーん、なかなかえぐいわね」ペラリ

瑞樹「4時間以上ってこと?さすがに体力がないかしら……」ペラリ

春菜「……」ペラリ



春菜「コレ、比奈さんの絵じゃないですよね?」

比奈「さすがっスね」

14: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 20:09:19.57 ID:nvFzTOrDO
由愛「ふぇっくしゅん!」

乃々「だ、大丈夫ですか……?」

凪「はーちゃんがシナリオを遅れてしまったからですね。これは一大事。はーちゃんのお金で栄養材を」

颯「そんなこと言って、なーがチェックが厳しかったんだよ!」

むつみ「体力がないのはいけません。由愛ちゃんはもう休んでください!」

由愛「ふぇ……あ、だ、大丈夫……ひっくしゅん!!」

乃々「やっぱり風邪です…お大事に……もりくぼも今から隠れますので」ゴソゴソ

由愛「あ、でも乃々ちゃんは今からレッスンだよね……」

乃々「あぅ……仲間だと思っていた由愛さんから見捨てられました。もうもりくぼのことは、ほっておいてください」ゴソゴソ

由愛「あぅ……」



~Fin

15: ◆f1tFKtbZna.K 2019/10/14(月) 20:10:05.03 ID:nvFzTOrDO
では最後に……芽衣子誕生日おめでとう!