72: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:13:01.25 ID:t5UGgvuNo
美嘉「そっ★ ちょっとキョーミ沸いてさー★」 

武内P「それは……意外ですね」 

美嘉「アハハ、アタシも自分でそう思うケドね!」 

武内P「何か、そうなった理由が?」 

美嘉「ホラ、ドラマでギャルの子がやってるの見て、さ」 


武内P「『ゆうべはお楽しみでしたね』、ですか」 


美嘉「あっ、やっぱ知ってたんだ」 

美嘉「でさ、ちょっと一緒にやってみない?」 


武内P「……私も、ですか?」


                             引用元: 
・武内P「援助交際、ですか」
73: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:17:00.41 ID:t5UGgvuNo
武内P「しかし、私は時間があまり……」 

美嘉「ヘヘッ、だから丁度良いなって思ったんだよね★」 

武内P「えっ?」 

美嘉「一緒のタイミングでだけやってれば、ハマらないっしょ?」 

武内P「……ああ、成る程」 


美嘉「一人でやるのも、なんかアレだしね」 

美嘉「それに、熱中しすぎても困るし」 

美嘉「ねっ、良いでしょ? お願い★」 


武内P「……そう、ですね」 

武内P「何か、今後の参考になるかも知れませんし」 


美嘉「はぁ……アンタってホント真面目だねー」

74: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:21:58.39 ID:t5UGgvuNo
  ・  ・  ・ 

武内P「――と、プレイを始めたのが三週間前の話です」 

専務「なるほど、それで」 

武内P「……申し訳ありません」 

専務「謝る必要は無い。重要なのは――」 


専務「――城ヶ崎美嘉が、ネットゲームに熱中している事だ」 

専務「それこそ、日常生活に支障をきたすほどに」 


武内P「……はい、その通りです」

75: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:30:21.91 ID:t5UGgvuNo
武内P「幸い、彼女の学校生活や仕事に支障は出ていませんが……」 

専務「恐らく、君がプロデューサーという立場の人間だからだろう」 

武内P「……そう、ですね」 

専務「何かに支障が出ては、君に迷惑がかかると配慮しての事だと思う」 

武内P「……」 


専務「だが、城ヶ崎美嘉は……」 

専務「……一連の事を周囲の人間に話してしまった」 

専務「それにより、多くの問題が引き起こされたのは把握しているな?」 


武内P「……はい」

76: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:35:53.88 ID:t5UGgvuNo
専務「目撃情報も多数寄せられている」 

武内P「……」 

専務「彼女が、クローネのメンバーに話をした時の事だ」 

武内P「クローネに……大槻さん繋がり、でしょうか」 


専務「――アタシの相方、チョー忙しくて~★」 

専務「――ま、あんまり一緒に出来ないんだケドさ?」 

専務「――待ってる時間も、結構ヤじゃなかったりするんだよね★」 

専務「……と」 

専務「君の事を……相方、と呼んでいたそうだ」 


武内P「あ、あの……待ってください」 

武内P「その……モノマネは、必要でしょうか?」

77: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:42:42.91 ID:t5UGgvuNo
専務「そして、その後何が起こったかはわかっているな?」 

武内P「あの、専務? モノマネは……必要ありませんので」 

専務「良いから答えなさい」 

武内P「……ええ、把握しています」 


専務「……一大決心をして、鷺沢文香がゲームを始めた」 

専務「が、君たちがプレイしているのとは違うゲームだったそうだ」 

専務「ファイナルファンタジー、だったか」 

専務「……色々と不慣れな彼女は、とても怒られたそうだ」 

専務「そして、違うゲームだと知った時……彼女は、崩壊した」 

専務「今は、心を癒やすためにツムツムをプレイさせている」 


武内P「……」

78: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:48:41.98 ID:t5UGgvuNo
専務「こうなった理由はわかるな?」 

武内P「……プレイしているゲームを言わなかったから、ですね」 

専務「そうだ」 

武内P「……」 


専務「――やってるゲームはナイショ★」 

専務「――だって、二人で十分だしねー★」 

専務「――二人乗りの乗り物もあってさ?」 

専務「――アタシの後ろに、ぴーが乗ってるんだ★」 

専務「――アハハ、フツー逆じゃんねー★」 

専務「……この、『ぴー』というのは君のキャラクターの名前だな?」 


武内P「あ、あの……専務!」 

武内P「モノマネが気になって、頭に入ってきません!」

79: 名無しさん 2019/05/10(金) 22:56:45.34 ID:t5UGgvuNo
専務「フン……カリスマ★程度ならば、私にも出せる」 

武内P「そういった事を言っているのではなく……!」 

専務「彼女は、プレイ中の画面を画像で残している」 

武内P「あの……専務!?」 


専務「――ホラ、見てコレ★ アタシとぴーの写真★」 

専務「――最初に、二人でボス倒した時に撮ったんだ★」 

専務「――達成感凄くてさぁ、一緒のポーズでパシャッと!」 

専務「――どうどう? チョーお似合いでしょ★ イヒヒ★」 

専務「……と、写真を見せて回ったそうだ」 


武内P「……専務」 

武内P「お願い、します、モノマネを、やめて、ください」

80: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:03:58.47 ID:t5UGgvuNo
専務「その結果、他の者達がどう行動した」 

武内P「皆さん……同じポーズで写真を撮ろう、と」 

専務「そうだ。彼女たちが出来る、唯一の対抗手段がそれだ」 

武内P「……かなり、恥ずかしい思いをしました」 

専務「そうだな。ゲームと現実は、当然違う」 


専務「だが……その写真を見た城ヶ崎美嘉の反応は――」 

専務「――ふーん、イイカンジじゃん★」 

専務「と、余裕に満ち溢れていたそうだ」 


武内P「……」 

武内P「あの……彼女のモノマネが、気に入っているのですか?」

81: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:09:55.83 ID:t5UGgvuNo
専務「君たちは、決めごとをしているそうだが?」 

武内P「え、ええ……」 

専務「それは、一体どんな決めごとだ」 

武内P「それは……」 


武内P「ゲームは一日、一時間……ですね」 


専務「その、一緒にプレイしている時」 

専務「君たちは、ずっと通話していると聞いた」 

専務「……それは事実か?」 


武内P「は……はい」 

武内P「彼女はコントローラーなので、タイピングは大変だ、と」 

武内P「……そういう理由で、通話をしています」

82: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:18:07.69 ID:t5UGgvuNo
専務「……随分と迂闊な事をしてくれたな」 

武内P「えっ?」 

専務「城ヶ崎美嘉が、それを皆にどう話していると思う」 

武内P「それは……そのまま、では?」 


専務「――毎日一時間も話すとか、ヤバいよねー★」 

専務「――でねでね、おやすみー、って切るの!」 

専務「――なんか、チョーラブ~いカンジだよね★」 

専務「――もー! そんなんじゃないってばー★」 

専務「――ンフッ、アイツがどう思ってるかはしらないケドさ!★」 

専務「……と、こう話している」 


武内P「……それ、は」 

武内P「モノマネはもう置いておいて、はい……申し訳ありませんでした」

83: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:31:58.43 ID:t5UGgvuNo
専務「……しかし、彼女にとってはプラスだったようだ」 

武内P「ええ……その様ですね」 

専務「笑顔が魅力的になったと言われているそうだな」 

武内P「はい……良い、笑顔です」 


専務「――だが、彼女の周囲のアイドル達は違う」 

専務「日々の彼女の発言により、ストレスが溜まってきている」 

専務「……さて、ここで君に仕事を頼みたい」 


専務「……この問題を早急に解決しなさい」 


武内P「……はい」

84: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:37:58.44 ID:t5UGgvuNo
武内P「私も、早急に解決しなければいけない、と」 

武内P「……そう、考えていました」 

専務「一刻の猶予もないとわかっているな?」 

武内P「……はい」 


専務「――だが、条件はつけさせて貰う」 

専務「城ヶ崎美嘉が、今の状態を保ちつつ」 

専務「他の者がストレスを感じないようにしなさい」 


武内P「……あの、専務」 

武内P「それは、あまりにも条件が厳しいのでは……!?」

85: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:46:10.21 ID:t5UGgvuNo
専務「ゲームを辞めるのでは、何も解決しない」 

専務「……新たな問題が発生しかねないからだ」 

専務「時計の針は元には戻らない」 

専務「そして、無理矢理に針を戻そうして出る歪みを私は認めない」 


武内P「それは、つまり……」 

武内P「……ゲームは辞めた、と言う事にして」 

武内P「他の方には内密にプレイを続けろ、と」 

武内P「……そういう事でしょうか?」 


専務「察しが良いな、さすが君は優秀だ」 

専務「そのために……城ヶ崎美嘉を説得する」 

専務「勿論、私も協力しよう」 


武内P「えっ?」 

武内P「私一人でも、十分だと思うのですが……」

86: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:51:59.38 ID:t5UGgvuNo
  ・  ・  ・ 

美嘉「えー? ゲームの話なんだし、別に良いでしょ★」 

武内P「いえ、しかし……!」 

美嘉「ダイジョーブだって★ それより、今日何時にインする?」 

武内P「あの……!」 

美嘉「それまでに、色々済ませとくからさ★」 

武内P「待ってください……!」 

美嘉「今日も、一緒に冒険しようね★ 頼むよ、相方★」 

武内P「……!」 


専務「……」

87: 名無しさん 2019/05/10(金) 23:57:19.72 ID:t5UGgvuNo
専務「城ヶ崎美嘉くん」 

美嘉「? はい、何ですか?」 

専務「君に、今後ゲームでの話を周囲にするのを禁止する」 

美嘉「えっ? どうしてですか?」 

専務「わからないのか?」 

美嘉「……わかりません」 


専務「君が楽しそうに話しているのを聞いて――」 

専務「――他のアイドル達が、一緒のゲームを始めたら」 

専務「彼は、その者達の面倒を見ずに居られると思うか?」 


美嘉「…………」 

美嘉「……」 


美嘉「ゲームの話はしません、マジで」

88: 名無しさん 2019/05/11(土) 00:09:09.93 ID:ZCL6p4FIo
専務「趣味に興じるなとは言わない」 

専務「だが、趣味の話をする時は状況を考えることだ」 

美嘉「はいっ!」 

専務「良い返事だ。今後は気をつけなさい」 

武内P「……専務、お手数をおかけしました」 

専務「当然の事をしたまでだ」 


武内P「――ミカ、今後は気をつけましょう」 

美嘉「――ぴー、アタシがボロ出しそうだったら止めてよね★」 


専務「待ちなさい、早速出ている」

89: 名無しさん 2019/05/11(土) 00:27:10.43 ID:ZCL6p4FIo
武内P「えっ? あの……何か、問題がありましたか?」 

美嘉「えっ……別に、フツーだったと思いますケド」 


専務「……城ヶ崎君だけでは無かったか」 

専務「君もまた……ネットゲームにハマっていたようだな」 


武内P「えっ? そうでも無い、と……思いますが」 

美嘉「アタシも別に……ハマってないですケド?」 


武内P・美嘉「……専務?」 


専務「……」 


専務「ゲームと現実を混同するのはやめなさい」 

専務「出来ないのなら、君たちのデータを白紙に戻す」 




おわり