208: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:23:58.89 ID:pGoHMq8zo
未央「そうなんだよ! プロデューサー、どうしよう!?」 

武内P「ほ、本田さん、落ち着いてください」 

茜「どうしたら良いんでしょうか!? くすぐりですか!?」 

武内P「ひ、日野さん、それはあまりに強引すぎます」 


藍子「……」 

藍子「まあ、無理に笑わなくても良いですよね」 


武内P「……」 

武内P「高森さん、一体何があったのですか!?」


引用元: ・武内P「理由あって、飲み会」

209: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:26:43.20 ID:pGoHMq8zo
藍子「……」 

藍子「別に、何も」 


武内P「っ……!?」 

未央「こうやって、完全に心を閉ざしてるんだよ!」 

武内P「普段の彼女からは……想像も出来ない返しですね」 

茜「見ててください!」 


茜「――あっ!! あんな所に、ほかほかゴハンが!!」 


藍子「……」 


茜「……ほら! 全然反応しないんですよ!?」 

武内P「あ、いや、それは……はい」 

未央「あかねちん、それは……難しいって」

210: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:29:51.79 ID:pGoHMq8zo
藍子「……」 

藍子「もう、寝ちゃおっかな」 


武内P「っ……!?」 

未央「聞いた!? あまりにゆるふわすぎるでしょ!?」 

武内P「寝るならば、せめて仮眠室に……」 

茜「……」 


茜「――いや!! ゴハンが空を飛んでたら、気になりますよ!?」 


武内P「あの……日野さん」 

未央「あかねちん、ほら……今は、ね? ちゃんとしよ?」

211: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:33:12.11 ID:pGoHMq8zo
藍子「……」 

藍子「よっこいしょういち」 

…ごろんっ 


武内P「っ……!?」 

未央「そんなっ!? あーちゃん、それじゃおじさんだよ!」 

武内P「せめて、よっこいしょ、までで……!」 

茜「いえいえ!! 睡眠は大事ですよ!!」 


茜「――寝る子は育つ!! ボンバー!!」 


藍子「っ!」ビクッ! 


武内P「っ! 今、微かに反応が!」 

未央「そうなのかな!? 大声で、驚いただけじゃないよね!?」

212: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:38:18.45 ID:pGoHMq8zo
藍子「……」 

藍子「神様、もう少しだけ」 


武内P「っ……!?」 

未央「神頼み!? あーちゃん、何がもう少しなの!?」 

武内P「……古いドラマのタイトルでは、ありませんでしたか」 

茜「藍子ちゃん!! せっかく、神様にお願いするんですから!!」 


茜「――夢は大きく!! ビック・ボンバ――ッ!!」 


藍子「っ!」ビクーンッ! 


武内P「っ! 今、明らかに反応が!」 

未央「そうかな!? 私は、大声で驚いたよ!?」

213: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:42:59.19 ID:pGoHMq8zo
藍子「……」 

藍子「お願いします……!」 


武内P「っ……!?」 

未央「あんなに真剣なあーちゃん、初めて見た……!」 

武内P「普段の高森さんからは想像も出来ない、鬼気迫る表情……」 

茜「っ!? 大変です、どうしましょう!?」 


茜「――お腹が空いてきました!! お昼ご飯にしませんか!?」 


藍子「ひぃああああ!?」 


武内P・未央「!?」

214: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:47:13.10 ID:pGoHMq8zo
藍子「ああっ、ひぃいいい!?」ビクビク! 


武内P「高森さん!?」 

未央「あーちゃん、どうしたの!?」 

茜「藍子ちゃんも、お腹が空いたんですか!?」 

未央「あかねちん、ちょっとそういうのタイム!」 


藍子「ううっ、う、うううっ!?」ブルブル! 


武内P「……!」 

武内P「日野さん、頑張ってください!」 

未央「プロデューサー!? えっ、何を!?」 

茜「はいっ!! 力の限り、頑張りますっ!!」 

未央「あかねちん!? 何がなの!?」

215: 名無しさん 2019/02/13(水) 20:55:10.37 ID:pGoHMq8zo
茜「……」スゥ… 

茜「――!」カッ! 


未央「!? あかねちん、何をやる気!?」 


茜「Don't Stopです、でも焦りwhat?♪」スイスイ、キュキュクイッ! 

武内P「ノーセンキュー!」 


未央「!?」 


藍子「スローライフで、Let's get the chance~♪」フワ~、ピョインッ! 

武内P「フ――ッ!」 


未央「!!?」

216: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:00:19.68 ID:pGoHMq8zo
武内P・茜「……!」ジィッ! 

未央「えっ!? あっ、こ……」 


未央「こ~こ~ろ~ゆ~たかに~……!?」ユ~ラユラ~ 


武内P・茜・藍子「5・4・3・2・1、イェ――!!」 


茜「……藍子ちゃん! 大丈夫ですか!?」 

藍子「……ありがとう、お蔭で心が豊かになったわ」 

武内P「危ない所でした……」 


未央「いやいや、ちょっと待って!?」 

未央「良いんだけどさ!? いや、良くない!?」 

未央「なんか……なんか、色々なんで!?」

217: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:05:07.66 ID:pGoHMq8zo
未央「なんで今ので冷静に……!?」 

未央「っていうか、プロデューサーも参加してたし……!?」 


武内P「……高森さん」 

武内P「何か、悩みがあるのなら……私に、話してみませんか?」 

藍子「でも……ご迷惑じゃ、ないでしょうか?」 

武内P「いえ、そんな事は、決して」 

武内P「担当には話しにくい事も、あるでしょうから」 

茜「こう言ってくれてるんです!! 甘口でいきましょう!!」 

藍子「……ふふっ、そうですね♪」ニコッ! 

武内P「……良い、笑顔です」 


未央「あっ、あっ、話が進んじゃった……!」

218: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:09:33.29 ID:pGoHMq8zo
藍子「最近……新人の人が、入ってきましたよね」 

武内P「ええ、そうですね」 

武内P「辻野さん、砂塚さん、夢見さんの三人が……」 

茜「もんのすごいボンバーな子も居ますよね!!」 

藍子「っ!」ビクッ! 

未央「あーちゃん? どうしたの?」 

藍子「……」 


藍子「それに伴って……」 

藍子「専務が――新たなユニットを組む、って」 


武内P「専務が……」 

未央・茜「……新たなユニットを組む?」

219: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:15:17.28 ID:pGoHMq8zo
藍子「それで……ちょっと、はい……」 

未央「成る程、それでナーバスになってたんだ」 

藍子「……うん、ごめんね」 

茜「藍子ちゃん、元気を出してください!!」 


茜「元気の無いアイドルなんて――」 

茜「……『ごはんですよ』の無い、ごはんですよ!!」 

茜「そんなの……あれ!? おいしい!!」 


武内P・未央「……」 

未央「……あかねちん、ちょっと落ち着こ?」

220: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:22:56.65 ID:pGoHMq8zo
未央「でも、ナーバスになる必要なんて……あっ」 

藍子「……」 

未央「あー……でっかいもんねぇ」 

藍子「うん……それで、どうしても……気にしちゃって」 

茜「? 何がですか? あっ、夢がですか!?」 

未央「まー、夢とか愛とかが詰まってる所の話」 

茜「?」キョトン 

未央「炊飯器じゃないよ、あかねちん」 


藍子「気にしないようにしてたら……」 

藍子「……ふふ、逆に気になっちゃって」…ニコリ 


未央「あーちゃん……」 

武内P「高森さん……」 

茜「パックごはん……?」

221: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:31:18.69 ID:pGoHMq8zo
武内P「高森さん」 

藍子「……はい、なんでしょうか?」 

武内P「逆に――良い機会だと捉える事も出来ます」 

藍子「良い機会……ですか?」 

武内P「はい」 


武内P「高森さんは、まだ16歳……高校一年生です」 

武内P「これからの成長に、まだまだ期待が持てます」 

武内P「栄養の管理や、運動等を今からすれば」 


藍子「してます」 


武内P「…………笑顔です」 

未央「プロデューサー!? めげないで!?」

222: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:38:29.62 ID:pGoHMq8zo
武内P「……い、意識!」 

藍子「はい」 

武内P「意識が変わることで、肉体にも変化が現れる事が!」 

未央「そうだよ! 大丈夫、私達育ち盛りだし!」 

茜「! わかります! 今は、ごはんの話ですね!?」 

未央「……うん! 合ってる! 合ってるよ、あかねちん!」 


藍子「……うふふっ」 

藍子「そうだよね……落ち込んでなんて、られませんもんね♪」ニコッ! 


未央「うんっ!」茜「はいっ!!」 


藍子・未央・茜「……えへへ♪」ニコニコ! 


武内P「……良い、笑顔です」

223: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:45:19.96 ID:pGoHMq8zo
武内P「しかし……新たなユニット、ですか」 

未央「どんなユニットなんだろうね~」 

茜「新チーム! くーっ、ワクワクしてきますね!!」 

未央「あはは、あかねちんの話じゃないじゃん!」 

茜「はっ!? そうでした!」 


藍子「――これからの成長に期待して」 

藍子「って……ペアユニットです」 


武内P「……ペア、ですか」

224: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:49:52.99 ID:pGoHMq8zo
武内P「高森さんは、既に十分活躍されていますが……」 

藍子「だから……先輩として引っ張くように、って」 

未央「そういえば、あーちゃんもあかねちんも先輩だね」 

茜「そうは言っても、少しだけですけどね!」 

武内P「成る程、それで――」 


ガチャッ! 

みりあ「おはようございまーす!」 


武内P「……赤城さん」 

武内P「おはよう、ございます」

225: 名無しさん 2019/02/13(水) 21:53:15.25 ID:pGoHMq8zo
みりあ「ねえねえ、プロデューサー!」 

みりあ「専務が、プロデューサーを連れてくるように、って!」 

武内P「私を……ですか?」 

みりあ「うんうん! それでねそれでね?」 

みりあ「みりあも一緒に来なさいー、って!」 

武内P「赤城さんも、一緒に……?」 


藍子「……」 


武内P「……」 

武内P「っ!?」

226: 名無しさん 2019/02/13(水) 22:04:26.52 ID:pGoHMq8zo
藍子(16)「……新人の子に、負けないよう」 

『155・42 74・60・79』 


武内P「新人の方と組むのではなく……!」 


みりあ(11)「えーっ!? 何の話なのー!?」 

『140・36 75・55・78』 


武内P「高森さんと赤城さんが……ユニットを……?」 


藍子「良い刺激になるだろうからどうか、って♪」ニコッ! 


武内P「それ、は……!」 

武内P「……」 

武内P「良い……話だとは、思います」

227: 名無しさん 2019/02/13(水) 22:10:52.20 ID:pGoHMq8zo
みりあ「えーっ!? みりあと、藍子ちゃんが!?」 

藍子「うふふ、まだ決まったわけじゃないんだけどね?」 

みりあ「そうなの? ねえねえ、プロデューサー!」 

武内P「……はい、何でしょうか?」 


みりあ「みりあ、やりたい!」 

みりあ「藍子ちゃんと一緒に、成長してくー!」ニコッ! 


武内P「それ、は……」 


藍子「……ふふっ♪」 

藍子「無邪気な笑顔が――」 


藍子「胸に来ます」 




おわり