1: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:08:42.72 ID:EfAEUXqqo
チノ「は?…」
リゼ「何を言ってるんだお前」
チヤ「頭うったの…ココアちゃん…?」

ココア「わ、私は正常だよ!!!」

チノ「…無視ってなんですか?」

ココア「無視は無視だよ、シャロちゃんを無視するの」

リゼ「なんでそんなことするんだ?」

ココア「無視して傷つくシャロちゃんを見てみたいから!」

リゼ「…大丈夫か?お前」

チノ「同感です」

チヤ「……ちょ…ちょっとだけ…見てみたいかも」

ココア「でしょ?!流石チヤちゃん!わかってるね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1576861722

引用元: ・ココア「シャロちゃんを無視してみよう!」

2: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:13:15.53 ID:EfAEUXqqo
リゼ「お、おいチヤ!」

チノ「チヤさんだめですよ、ココアさんに合わせちゃ」

チヤ「うう…違うの…本当に見てみたいの…」

リゼ「普段からナチュラルにいたずらして悲しませてないか?お前は」

チヤ「そういうのではなくもっと傷ついた顔が見てみたいのよ!ね?ココアちゃん」

ココア「そうそう!普段から強気なシャロちゃんが無視したらどんな顔するか見てみたいし」

ココア(それに雑誌に『気になる子を無視してその子の反応であなたを好きかどうかがわかる!』って書いてたしね…でもこれはみんなには言えないよ!!)

ココア「まあとにかくね、みんなには協力してほしいの!」

リゼ「なんだ?協力って」

ココア「みんなにはこの事をシャロちゃんに黙っててほしいの」

3: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:18:25.06 ID:EfAEUXqqo
チノ「………でも乗り気はしないです」

リゼ「ああ……」

チヤ「私はいいけど…私は無視しなくてもいいのよね?」

ココア「うん、私一人でやるよ!」

リゼ「ったく…でも一週間くらいだけにしとけよ?」

チノ「リゼさんがいいなら私もいいです」

ココア「じゃあ決まりで!あとは私に任せて!」

カランカラーン…

ココア(早速来た!)

シャロ「みんなおはよー」

チノ「おはようございますシャロさん」
リゼ「ああ、おはよう」
チヤ「シャロちゃん来るの遅いわよ~」

シャロ「うるさいわね、言ったでしょ少し遅れるって」

ココア「そろそろ行こっか」



4: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:22:22.61 ID:EfAEUXqqo
シャロ「それで、どこに行くのよ、結局」

リゼ「ああそうだな、遊びに行こうって誘われたから来たがどこにいくんだ?」

ココア「うーん、映画みたりお店行ったり美味しいもの食べたりしたいよね」

チノ「全然ダメダメですね…私行く気がしません」

チヤ「見たい映画とかあるの?」

ココア「多分あるよ!いいからいくよ!」グイッ

チノ「わっ…危ないですっ…もう」

リゼ「はぁしょうがないな…」

チヤ「ふふっ、楽しみね」

シャロ「えっ、待ってよ!」 

シャロ(うう…あんましお金持ってきてない…大丈夫かな)

5: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:31:02.73 ID:EfAEUXqqo
映画館

ココア「じゃあこれみよっか」

チノ「え、ホラー……」

リゼ「お、いいな面白そうだし」

チヤ「いいわね」

シャロ「えっ……これたしかすごい怖いって有名なやつよ」

ココア「じゃ入ろう!」

シャロ「ちょ…!」



シャロ(入っちゃった…席はココアの隣なら怖さも和らぐかな?…ココアも案外怖がりだし…それにココアって性格明るいから近くにいたら怖さも吹っ飛ぶかもしれないし…)

ココア(よし、シャロちゃん隣だ!)

リゼ「私真ん中か…」

ココア「えへへ、隣同士だねリゼちゃん♪」

リゼ「ああ、怖いからって抱きつくなよ?w」

ココア「わかってるよ~」

シャロ「どうかしらね、ココアってホント怖がりだし、それにあんたがこんな映画選ぶなんt ココア「チノちゃんも大丈夫?無理しなくてもいいんだよw?」

チノ「む、無理なんてしてません!こんなの怖くなんてありませんから!」

シャロ「なっ……ふん………」

リゼ(おいおい………)


6: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:38:13.56 ID:EfAEUXqqo
シャロ(うう…怖い………)

ココア(どうしよう……怖い…こんな映画選ばなきゃよかったかも)

リゼ(普通に怖いな……)

ココア「っ……」

シャロ(ココア震えてるし…………しょ、しょうがないわね!私が手を握って…)

ココア「リゼちゃんリゼちゃん…」ボソッ

リゼ「なんだよ…」ボソッ

ココア「怖いから手を握ってもいい?」ボソッ

リゼ「やっぱ怖いのか…しょうがないな…」ボソッ

ココア「ありがとう♪」ボソッ


シャロ(……………)

シャロ(なによもう……)



ココア「こ、怖いね…リゼちゃん」ボソッ

リゼ「ああ…ていうかグロいな…中学生入ってもよかったのかこれ?…」ボソッ…

ココア「大丈夫だよ…チノちゃんなら……ほらみて?」ボソッ

リゼ「…………目瞑ってチヤに抱きついてる…」

ココア「ねっw」

リゼ「ああw」


シャロ(ココア…なんで私には話しかけてくれないんだろ)

7: 名無しさん 2019/12/21(土) 02:50:00.15 ID:EfAEUXqqo
ココア「終わったー!」

リゼ「なかなかよかったな」

チヤ「あらあら、チノちゃん大丈夫?」

チノ「平気ですよ…………」

ココア「チノちゃんやっぱし怖かった?」

チノ「そ、そんなことありませんよ!」

リゼ「シャロ?お前は大丈夫か?」

シャロ「へ?は、はい…まあ」

ココア(ちょ…リゼちゃん今は話しかけちゃだめだよ…)

チヤ「ふふ、シャロちゃん本当は怖かったでしょ?」

シャロ「う、うるさいわね…て、てかココア!ココアはどうだったの?」

ココア「…………」

シャロ「……ココア?」

リゼ「お、おいチノ、フラフラだぞ!」

ココア「わっ、チノちゃん大丈夫?!」

チノ「ちょ、ちょっと休憩したいです…」

チヤ「そうねぇ、じゃあ時間的にもお昼にしましょうか」

ココア「さんせーい♪」

シャロ「…………………なによ…………」

リゼ「………」

8: 名無しさん 2019/12/21(土) 03:02:24.61 ID:EfAEUXqqo
レストラン

ココア「チノちゃんの食べてるの美味しそう♪」

チノ「あ、あげませんよ」

ココア「え、いいじゃん一口だけ!あーん」

チノ「…もうしょうがないですね はい」

ココア「あむ…んっ美味しいね!じゃあ私のも上げる!」

チノ「いらないです……ってそんなに押し付けないでくだっ…ぐ………」

ココア「美味しいでしょ?」

チノ「は、はいおいしいですけど…」

リゼ「お前らホント仲良いな」

チヤ「羨ましい………」

シャロ「…………………」

シャロ(つまんない……………)

チヤ「私達もやりましょ?シャロちゃん!」

シャロ「………い、いいわよ別に」

9: 名無しさん 2019/12/21(土) 03:10:52.42 ID:EfAEUXqqo
チヤ「えー!シャロちゃんのいじわる~、二人に負けてられないじゃない!」

シャロ「だ、だから…いいって…」

リゼ「お、おい…嫌がってるから辞めろって…」

チヤ「ねえ~シャロちゃん」

シャロ「やめてよ…チヤ…」

チヤ「どうしちゃったの?シャロちゃん」

チノ「シャロさん?どうかしましたか?」

シャロ「ごめん…ちょっと体調悪いから帰る…」

リゼ「え、大丈夫か?」

シャロ「はい……ごめんなさい……」

チヤ「シャロちゃん…私も…」

シャロ「来ないでっ!…私一人でいいから…みんなもごめん…私 ココア「あ♪パフェきた!美味しそー♪」

チノ「…………」
リゼ「…………」
チヤ「…………」

シャロ「…………………また明日…」グスッ…

店員「ありがとうございましたー」

ウィーン…

シャロ「………」トボトボ…


10: 名無しさん 2019/12/21(土) 03:15:06.75 ID:EfAEUXqqo
ココア「シャロちゃん泣いてたね」

リゼ「やりすぎだろココア…」

チノ「可哀相です…」

チヤ「普段からシャロちゃんってココアちゃんをメインに色々話してたから…流石にすぐ気づいたわね」

ココア「そうだね、でもまだまだこれからだよ!」

リゼ「許してくれシャロ………」

チノ「このくだらないのが終わったらシャロさんを連れてまたここに来ましょう!……ココアさん抜きで」

ココア「あっ!チノちゃんひどい!」

みんな「「「あははははは!」」」

ガラス越しシャロ「………………あんなに笑ってる………楽しそうだな…わたし…あの輪に要らないのかな……」

シャロ「もうやだ………ここにいたら泣いちゃいそう……」ダッ…


11: 名無しさん 2019/12/21(土) 03:22:11.38 ID:EfAEUXqqo
シャロ家

シャロ「なんでココアは私を無視するの!?…私……なにかやっちゃったのかな…………でも思い当たる節はないし………ていうかココアのほうが私になにかしてくるし!………勝手に私のお菓子食べるし宿題見てあげてもすぐ他のことするし…なんで私がココアなんかにこんな思いしないといけないのよ……………もう!!」

シャロ「…一体なんなのよ…この胸が張り裂けそうな痛みは!……グスッ…うぅ……………だめ…だめよ私…こんなんだからココアに嫌われちゃうのよ…きっとどこかでココアを苛つかせてしまったのよ…私性格良くないしココアみたいに優しくないし………あぁ……ココア……グスッ…ココア~…お願いだから許してよぉ………」ポロポロ…

シャロ「うぅ…このまま…なんて嫌よ……ココ…アぁ……………ん…っ…………………………すぅ…………すぅ……………」Zzz…


12: 名無しさん 2019/12/21(土) 04:47:13.27 ID:EfAEUXqqo
リゼ「なあココア、本当にどうするんだ?」

ココア「え?」

リゼ「いや、シャロのことだよ」

ココア「あ、うん、続けるよもちろん」

リゼ「やめたほうがいいと思うけどな…」

チヤ「そうね…やっぱ可哀相…」

ココア「チヤちゃんの手のひら返し!」

チノ「当たり前です、可哀相すぎます!」

ココア「私は一人でも続けるから!」ダッ…

リゼ「あ、おい!ココア!?」

チノ「ほうっときましょう、どうせすぐ飽きてやめますよ」

チヤ「そうねぇ」

13: 名無しさん 2019/12/21(土) 04:53:12.88 ID:EfAEUXqqo
次の日

シャロ「寒い……」

ココア(窓の外見たら朝早くからシャロちゃんが外で待ってる…)

チノ「何やってるんですかココアさん、起きたんならはやく下にきて朝ごはん食べましょう」

ココア「う、うん…」(いつから外で待ってたんだろ……家に入れてあげたい…抱きしめて温めてあげたい…でも今は…)

チノ「ココアさーん!」

ココア「あ、うん!今いくよー」

……

シャロ「そろそろココアくるかな…ちゃんと挨拶して謝らないと……何をしたのか自分じゃわからないけど……でもきっと私がなにかしたのよね…」



ココア「チノちゃんに気づかれないうちに先に出よう…その前に…」ぴぽぱ…prrr…

ガチャ…

シャロ「っ!!!………こ、ココア…お、おはよ!」ニコッ… 

ココア「ふぁ…よく寝た…」

シャロ「ああ…あ、あのね…ココア…ごめん…私その………」

ココア「チノちゃーん、遅いから先行くねー!」

シャロ「こ、ココア!?まって……!」







15: 名無しさん 2019/12/22(日) 01:31:49.78 ID:UeBaatHuo
ココア「ふぁあ…まだ眠いなあ」

シャロ「ココア……ねえ聞いて……私なにかしたの?……」  

ココア「今日は早く起きちゃったからなぁ」

シャロ「謝るから許してよ………ココア……」

ココア「…………………」テクテク…

シャロ「ココア……グスッ…無視しないでよ………」

ココア「…………」ピクッ…

シャロ「ココアぁ………私が悪かったから……許してよぉ…‼……」ポロポロ…

ココア「……っ……」ゾクゾクッ…

シャロ「なんで…なんで無視するのよ…‼……」ポロポロ…

シャロ「ねえ…ココア…私ね…真剣に思い出そうとしたの…なにやっちゃったのか…でも…全く思い出せなくて……知らず知らずのうちにココアを怒らせてたのに気づかなかった…最低よね……私…友達失格よね………」

ココア「…………」テクテク…

シャロ「…私ね…ココアのこと好き……ねえ……驚いた?…私…ココアの近くにいるだけで楽しくて嬉しくて…ずっとそばにいたいって思ってたの……でも…ココアは違うんだよね…ココアは私のこと嫌いなんだよね……ねえココア……お願いだから話して……」

遠くチヤ「あ、ココアちゃんおはよー!」

ココア「あっ、チヤちゃんおはよー!」ダッ…


シャロ「…………うぅ…ヒグッ…もうやだ……」ポロポロ…

16: 名無しさん 2019/12/24(火) 03:57:46.34 ID:wb7XPw7lo
シャロ「うぅ……ヒグッ……」ポロポロ…
 
ココア(や、やば…チヤちゃんに見られちゃう…こうなったら)

ココア「………」ダッ…

チヤ「ココアちゃん!?なにも走ってこなくてもいいのに…ってあれ、遠くにいるのシャロちゃん…?どうして俯いて…… ココア「チヤちゃん!学校まで競争だよ!!よーいどん!」

チヤ「え、えぇえ!?」ダッ…

チヤ(シャロちゃん…だったのかしら?)



シャロ「………………」

17: 名無しさん 2019/12/24(火) 04:03:09.72 ID:wb7XPw7lo
ココア「はぁはぁ……つ、つかれたぁ…」

チヤ「わ、私も………」

ココア(うまくいったね)

ココア(……シャロちゃん…私のこと好きなんだ…嬉しい…………もう無視する必要もないけど…でもシャロちゃんの泣いてる姿は……そそるよね!?)

ココア(シャロちゃんどうしてるかなぁ)



シャロ「どうして私だけ…………なんでよ…なんで……なんでなんでなんでなんでなんでッ!!…………」

シャロ「家に戻ってきちゃった…学校あるのに………でも…ココアに嫌われたら生きていても仕方ない…ココアお願いだから…ゆるして…」


18: 名無しさん 2019/12/24(火) 04:12:12.53 ID:wb7XPw7lo
シャロ「でも死ぬなんて嫌よ…ココアとお話できなくなるし………あ……でも………ココアと一緒なら…………あはははは……いいこと思いついちゃった…………」




ココア「ただいまー!」

チノ「お帰りなさい、あの…今日マヤさんとメグさんとでお泊り会やることになったのですが…」

ココア「うん、ここで?」

チノ「いえ、マヤさんのおうちでです」

ココア「そっか…今日は私一人かー………私も行きたい!」

チノ「駄目です、中学生だけでやるって決めたんですから」

ココア「ぶーぶー…いいもん、べつに」



19: 名無しさん 2019/12/24(火) 04:20:54.27 ID:wb7XPw7lo
ココア「それじゃあ気をつけていってきてね」

チノ「はい、戸締まりしっかりしといてくださいね」

ココア「チノちゃん?私のほうがお姉ちゃんなんだからそんな事くらいわかってるよ!」

チノ「だといいんですが…」



ココア「一人は暇だなぁ……」

ココア「何しよっかなー」 

ココア「ふぁぁああ……眠い……」

ココア(シャロちゃん今何してるのかな…そろそろ謝らないといけないよね……、あ…そうだ…シャロちゃんをうちに呼ぼう、そうと決まればメール……を……)

ココア「…っ…う …ぅ……ん…」Zzz…

20: 名無しさん 2019/12/24(火) 04:22:34.13 ID:wb7XPw7lo
ココア「…………はっ!?ね、眠っちゃってた………っていま22時!?うそー!」

ギシ……ギッシ………

ココア「シャロちゃん今呼ぶわけには行かないよね…あーあー……私のバカ!」 
ギシッギシッ……

ココア「…って…え?………な、なに?…」

ギシッギシッ…

ココア(足音……う、うそ…だって誰もいないんだよ?……)

ギシッギシッ…ピタッ…

ココア(え、ここで止まった……うそ…なに!?怖いよ!!チノちゃんだよね!?)

ガチャ…

ココア「っ!………………………………………」←ふとんにくるまる

21: 名無しさん 2019/12/24(火) 04:27:23.99 ID:wb7XPw7lo
?「ぷっ……なにやってんのよあんた」

ココア「っえ………しゃ…シャロちゃ…」

シャロ「なによ」

ココア「シャロちゃんなの………?」

シャロ「そうよ、見たらわかるでしょ」

ココア「シャロちゃ……グスッ………シャロちゃん………」ポロポロ…

シャロ「な、何泣いてんのよ…」

ココア「だって…だって………家に誰もいないし…一人で怖かったの!!……だから…グスッ…」

シャロ「はぁ……子供なんだから…」ナデナデ

ココア「うぅ…////お姉ちゃんは私なのに……」

シャロ「ねえココa ココア「あ、そうだ!シャロちゃん…ごめんね、今まで……」

シャロ「………」

ココア「本当にごめんね?シャロちゃん……ずっと無視して……私馬鹿だった…みんなにはやめろと言われてたのに…好奇心でしてみたくなって…それに雑誌に………ってな、なんでもない…!!」
 
ココア(雑誌のことは言っちゃだめだった!/////で、でもシャロちゃんも私の事好きなら両思いなのかな?)

シャロ「…………」

22: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:23:07.48 ID:wb7XPw7lo
シャロ「もういいわよ、別に」

ココア「よ、よくないよ!…シャロちゃんあんなに泣いてたのに……」

シャロ「………ねえ…」

ココア「ん?」

シャロ「私…ココアに謝らないといけないの」

ココア「え?なに?なんでシャロちゃんが謝るの?」

シャロ「ココア…あのね……」

ココア「なにシャロちゃん?……」

シャロ「ココア……」

ドンッ

ココア「きゃっ!?…シャロちゃん…?」

シャロ「ココア…まだ気づいていないの?」

ココア「へ…なに…ってあれ?」

シャロ「…」

ココア「え、なんでベットに固定されてるの?…」

23: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:28:08.23 ID:wb7XPw7lo
シャロ「気づいていなかったのね、ほんと、ココアらしいわ…」

ココア「な、なんでこんなふうになってるのかな…?」

シャロ「ねえココア、私ね……ココアに無視されてとても悲しかった、死にたくなるくらいに」

ココア「……………」

シャロ「だから死のうと思ったの」

ココア「え…………」

シャロ「でもね…一人で死ぬのは怖くて…ココアと話せなくなるし触れ合うこともできなくなるのは嫌……だからね…ココア」

ココア「やっ………やだ…………シャロちゃん…じょ、冗談だよね…………」ガタガタ…

シャロ「ココアが寝ている間に用意してたのよ、ほら……」

ココア「ひっ……!?な、なにそれ……!!やだ……!怖いよ!」ガタガタ…

シャロ「ココア…一緒に死んで一つになろう…?…」

ココア「いや………やだ……」

シャロ「大丈夫………一瞬だから……」

24: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:35:08.04 ID:wb7XPw7lo
ギィィィィィィィィンンン…

ココア「ほ、本当にヤダ…!!!やめて!!!!お願い!!!!シャロちゃん!!!」ガタガタ…

シャロ「動いたら外しちゃうわよ…」

ドサッ…

ココア(シャロちゃんが上に…な、なんとかして逃げないと…!でもベットに固定されてて……)

シャロ「チェンソーなんて初めて使うけど…手元狂って手とか切ったら痛いから…おとなしくしててね…私もすぐ行くから」

ココア「やだやだやだやだやだやだやだやだ……ごめんなさいごめんなさい………」ポロポロ…

シャロ「またね…ココア……!…大好きよ!…」

ココア「いやだぁぁあああああああ!!ごめんなさいぃぃ!!!」

ギュィィィィィィィィ………

シャロ「ってあれ!?…………なんで…」

ココア「はぁ…はぁ………はぁ……はぁ…………」

25: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:42:16.63 ID:wb7XPw7lo
シャロ「バッテリー切れ?………」

ココア「はぁ……はぁ………」

シャロ「………………まあいいわ…」ぽいっ…

シャロ「って…ココア……あなた……」

ココア「っ…………み、みないで……」ジワッ…

シャロ「ふふ………漏らしちゃうなんて…可愛い……ちゅ…」

ココア「っ……………」

ココア「シャロちゃん………ごめんなさい………本当にごめんなさい………お願いだから…殺さないで……」

シャロ「またその話?…だめよ、ココアを殺して私も死ぬの…もう苦しい気持ちは沢山、この世から一緒に開放されましょ?」

ココア(どうしたら……どうしたらいいの……)

ココア「っ…ね、ねえシャロちゃん……じゃあ最後にキスして…」

シャロ「えっ……」

ココア「私…シャロちゃんのこと好き…シャロちゃんは?」

シャロ「わ、私も好き………当たり前じゃない…」




26: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:45:49.60 ID:wb7XPw7lo
ココア「シャロちゃん……キスしよ…」

シャロ「う、うん…!………」




ココア「…ねえシャロちゃん……」

シャロ「……」

ココア「死んで一緒になるより……一緒に生きていこうよ」

シャロ「だ、だめ………だってココア……」

ココア「大丈夫だって!もうシャロちゃんを絶対悲しませないから」

シャロ「……………嘘よ」

ココア「嘘じゃない!」

シャロ「じゃあ嘘…ついたら…?」

ココア「一緒に死んであげる…」

シャロ「うぅ………」

27: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:50:53.11 ID:wb7XPw7lo
シャロ「………わかった…」

ココア「ありがとう………じゃあ縄解いて…?」

シャロ「う、うん!……ごめんね…こんなことして…」



シャロ「はい…解いたわ……大丈夫…?痛くない?」

ココア「うん、大丈夫………!」

ドガッ!!

シャロ「あぐっ…………こ、ココア………?」ケホケホッ…

ココア「シャロちゃん………許さないよ…」

シャロ「へ……な、なんで…………」

ココア「あはははは!!シャロちゃん!せっかく…せっかく好き同士になれたと思ったのに!私を殺そうとするなんて…!許さない………許さない……!!」

ドガバキッドゴッ!!

シャロ「っご…が………………がふっ………」


28: 名無しさん 2019/12/24(火) 13:56:08.40 ID:wb7XPw7lo
ココア「シャロちゃ~ん…大好き……」

ドガッ

シャロ「っぐ……は…」

ココア「たくさん殴って…愛してあげる…」

シャロ「や、やら…………やめてぇ……」ポロポロ…

ココア「ふふ…良い表情……私…シャロちゃんのそういう表情とても好き………もっと見せて……」

ドガバキッ…

シャロ「あ…あ…ぁ…………」

ココア「……気絶寸前だね……」

シャロ「し、死ぬ……たす…けて…」ハァハァ…

ココア「…いい?シャロちゃん、今日からシャロちゃんは私にぜーったい逆らっちゃだめだからね、それと私の奴隷になること、あとは私の彼女になってね!」

シャロ「…………」

ココア「返事!」

シャロ「ひゃい…………グスッ…」


29: 名無しさん 2019/12/24(火) 14:00:04.51 ID:wb7XPw7lo
後日談

シャロ「こ、ココア………」

ココア「あ、シャロちゃん、おはよっ!」

シャロ(ココアはラビットハウスから私の家に引っ越した…)

ココア「シャロちゃん…好き…チュッ…」

シャロ「んっ………」

ココア「えへへ……」なでなで

シャロ「ふぁぁ……気持ち良い……」

ココア「シャロちゃん……おいで…」

シャロ「うん…」

ココア「ねえ…ここ痛い?」

シャロ「大丈夫…」

ココア「ごめんね?昨日は沢山殴って」

シャロ「う、ううん…私がいけないから…」

ココア「ぺろっ……」

シャロ「っ…ココア……?くすぐったい…」

ココア「舐めたら早く治るかなって…ぺろっ…ぺろっ…」


30: 名無しさん 2019/12/24(火) 14:03:28.65 ID:wb7XPw7lo
シャロ(ココアとの奇妙な毎日を送っている…でも私は幸せ……だってココアと一つになれたから…)

ココア「シャロちゃん、学校ではちゃんとその顔の傷の言い訳作っといてね」

シャロ「う、うん…わかった……」



チヤ「シャロちゃん………また傷だらけ…」

シャロ「ほっといて…アンタには関係ないでしょ」



リゼ「ココア…もうやめるんだ…シャロがしんでしまう…」

ココア「うるさいなぁ…私達に関わらないでよ」



チノ「………ココアさん…」

ココア「じゃあねチノちゃん」


31: 名無しさん 2019/12/24(火) 14:08:05.86 ID:wb7XPw7lo
こうして、ココアとシャロは仲良く暮らし、チノとチヤとリゼとは疎遠になってしまった

ココア「シャロちゃんに次は何しよっかなー、体に私の名前刻んでみよっかな…うん、そうしよう!シャロちゃんは私のものだって証をちゃんとつけないとね!あー、はやく学校終わんないかなー、夜が楽しみ!」


終わり