1: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:11:47.988 ID:WDjNp3TU0
あんこ「あははっ、すごいすごい。腐っても勇者サマだねぇ。精神力の強さも人一倍、かぁ。」

あんこ「でも、流石に無傷ってわけでもなさそうだ。そろそろ精神的にキツくなってきたんじゃないかな?」

あんこ「光もなく、音もなく、ただひたすらに拡がる闇…。今じゃまともに自分の顔や脚すら手で触れないんじゃない?ううん…………もはや自分の顔すら覚えてないのかも…?」

あんこ「ねぇ……もうやめてほしい?ここから解放されたい?自分が“○○”でなくなる前に、出たほうがいいんじゃない?」

あんこ「私は意地悪なんてしないよ。ただキミがそれなりの態度で、きちんと私に“お願い”してくれたら、私は二つ返事でこの空間から解き放ってあげるよ?大丈夫、約束するからね。」

あんこ「……本当は、自分がそもそもどうしてこんな場所にいるのかすら、なんで私のことを嫌っているのかすら覚えてないでしょ?キミの考えてることはね、手に取るように分かるんだ。」

あんこ「だからさぁ…………はやく、私に“お願い”しよ?ごめんなさいしよ?「今まであんこちゃんのこと嫌っててごめんなさい。ここから出してくださいお願いします。」って…………それだけ言ったら出してあげるからさぁ。」

あんこ「さ……もうつまらない意地なんて張ってないで、まだ言葉を覚えているうちに、謝っちゃお?キミの言語理解能力が赤ちゃんに戻るまで、もうあんまり時間は残されていないはずだよ……ふふふっ……………さあ……はやく……!!」

あんこ「……………………。」

あんこ「…………ああ…………ああぁぁぁぁぁ…………!!そうか……ふふ、そっかぁぁ……………そういう態度、取るんだぁぁぁ…………。」

あんこ「…………馬鹿が……ッ、愚者がッ……白痴がぁぁぁあ……ッ!!わ、私のこと…………何様……ッ、くっそォ……!………あぁあッ…………うぁああぁぁああぁぁ………ッッ!!!」

引用元: ・暗黒魔導師(♀)「へぇ……まだ自我を保っていられるんだ。」

2: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:11:55.833 ID:WDjNp3TU0
みたいなのどうよ

5: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:15:15.221 ID:WDjNp3TU0
本当はかなり陰湿で執拗で嫉妬深いクズみてぇな性格してるけど愛嬌を振りまいてどうにか社会生活を送ってる苦労人なんだよね…

6: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:17:20.940 ID:mhrMT/DW0
>>5
それを書けよ

7: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:18:40.097 ID:WDjNp3TU0
無理だ……

9: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:21:14.406 ID:WDjNp3TU0
日本語でおk

11: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:23:50.722 ID:e7GuAodr0
敵のボスに惚れてて愛されようとして手柄をあげようとするタイプだと良い
ボスからは汚らわしい術を使う女として恋愛感情は全くなく手駒としか思われてない
主人公のことも嫌いじゃないけどボスが本命だからボスに敵対してるうちはいじめて楽しむ対象

13: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:32:29.874 ID:WDjNp3TU0
>>11
ボスに見殺しにされて「……魔王、様………?ど…………どう……して…………」っつって死にそう
「フン……使えん…」とか言われてそう

12: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:29:08.000 ID:WDjNp3TU0
あんこ「ああ、○○。ここにいたんだ。駄目だよ、勝手にどっか行っちゃ。探しちゃったじゃんか。」

あんこ「……で?ここに一体なんの用事?魔王城でやることなんて、外様のキミにはあるとは思えないけど。」

あんこ「とすると、誰かから呼ばれた……とか。………………誰?教えてよ、私と○○の仲じゃないか。誰への用事だったの?」

あんこ「…………へぇぇぇ……ずいぶん冷たいこと言うなぁぁ…。ふふ、私と○○はさ、私の思ってる以上にさ、そんな、ドライな関係だったのかなぁぁ……?」

あんこ「…………また閉じ込めるぞ…………今度は簡単には出してやらないからな…………。」

あんこ「……で、誰?あははは、そんなそんな、私はただの興味本位なんだからさぁ。そんなに緊張しなくていいんだよ?ねっ?」

あんこ「私と○○の仲でしょ?気軽に、ね?」



おちおち外にも出られない

14: 名無しさん 2019/12/29(日) 03:43:35.395 ID:WDjNp3TU0
ネタがない