1: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:05:08.502 ID:uzEyANpj0
女上司「終電さ、無くなっちまっただな……」

男「は、はい……」

女上司「なあ、明日は休みだし、今からオラんち来ねえか?」

男「え!?」

女上司「ちょっと歩くけんど、ホテルさ泊まるより安上がりだし絶対ええべ!」

男「しかし……」

女上司「な、そうしよ! な! 悪いようにはしねから!」

男「わ、分かりました」

女上司「うし、決まり! オラについてくるだよ!」

引用元: ・女上司「終電さ、無くなっちまっただな……」男「は、はい……」

9: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:08:39.731 ID:uzEyANpj0
一時間後――

ザッザッザッ…

男「あの……もう一時間ぐらい歩いてますけど」

女上司「おう」

男「“ちょっと”のはずでは……」

女上司「だからちょっとだべ。一時間なんてちょっとのうちにも入らねえだよ」

男「そうなんですか……」

15: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:11:14.666 ID:uzEyANpj0
二時間後――

ザッザッザッ…

男「ま、まだですか……?」

女上司「もう少しだべ」

男「さっきからずーっともう少しっていってますけど……」

女上司「いい若いもんがだらしねえ。さ、きびきび歩くだよ! 朝になっちまう!」

男(ただでさえ歩くの速いのに、全然ペースが落ちない……!)

19: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:14:24.627 ID:uzEyANpj0
女上司「む!」

男「どうしました?」

女上司「オラから離れるだ」

男「え、なんで――」

女上司「いいから早く!」

イノシシ「ブモォォォォォォォォォォッ!!!」ドドドドドッ

男(イノシシ!? しかもでかいッ!)

21: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:17:34.670 ID:uzEyANpj0
女上司「むんっ!」ガシッ

イノシシ「ブキッ!?」

女上司「どっせい!」ブオンッ

ドゴォン!

男「頭から豪快に投げ落とした……」

女上司「ん、なかなかイキのいいのを仕留められたべ。持ち帰るだか」グイッ

男「生でイノシシ見るのはじめてですよ……」

女上司「オラは毎日のように見てるだよ」

25: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:21:09.075 ID:uzEyANpj0
バサバサバサバサバサ…

男「うわあっ! 今度はコウモリの大群だ!」

女上司「しょうがねえな。追い払うだか」

女上司「……」ピーッ

バサバサバサバサバサ… キーキー…

男「みんな、逃げてった……なにしたんです?」

女上司「口笛で、あいつらの嫌がる超音波さ出しただ」

男「超音波出せるんですか!?」

女上司「オラの故郷の人間はみんな出せるだよ」

27: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:24:18.558 ID:uzEyANpj0
プゥゥゥゥゥゥン…

男「わっ、スマホの光に虫が集まってきた!」

女上司「オラが追い払うだ!」バッバッ





女上司「ここらは底なし沼地帯だ」ヌチャ…

女上司「オラと同じルートさ通らねえと、閻魔様んとこまで沈んじまうぞ」

男「ひいいい……!」ヌチャ…

30: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:28:22.415 ID:uzEyANpj0
女上司「さ、着いただ! あれがオラの家だべ!」

男「おおっ、ポツンと一軒家って感じだ」

男「しかも、自分の畑を持ってるんですね」

女上司「ああ、オラの実家は農家だったから、オラも畑さ耕してるだよ」

女上司「特に大根は天下一品だべ!」

女上司「収穫できたら、おめにもくれてやるだよ」

男「ありがとうございます!」

31: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:31:33.136 ID:uzEyANpj0
男「……」キョロキョロ

男(日本昔話に出てくるような家だ……。家電が一切置いてない……)

女上司「おーい!」

男「は、はいっ!」

女上司「汗ばかいただろ。風呂に入るといいだ」

男「じゃあ、お言葉に甘えて……」

男(ガス通ってなさそうだけど、いったいどんな風呂だろう?)

33: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:34:16.932 ID:uzEyANpj0
グツグツグツグツグツ…

男「……!」

男(五右衛門風呂……!)

女上司「さ、入るだ」

男「分かりました……(熱そうだなぁ)」ザブ…

男「……!」

女上司「湯加減はどうだ?」

男「最高です! 程よい温度で、ずっと入っていたいぐらい!」

35: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:37:33.024 ID:uzEyANpj0
男「ふぅ~、さっぱりした!」

男「五右衛門風呂ははじめてでしたけど、最高でしたよ!」

女上司「そりゃよかっただ」

女上司「んじゃあ、さっき仕留めたイノシシさ、ちょいとさばいてくっからちょっと待ってろ」

男「課長、イノシシさばけるんですか……」

ザシュッ! ズバッ! ザクッ! ドシュッ! ズバッ!

男(すごい音が聞こえる……)

38: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:40:42.001 ID:uzEyANpj0
女上司「鍋ができただよ」

女上司「猪肉と芋と色んな野菜を煮ただ」

グツグツ…

男「わあっ、猪の肉なんてはじめて食べますよ」

男「いただきます」ハグ…

男「うん、おいしい!」

男「野菜もよく煮えてて、やわらかくて……」ハム…

女上司「ハハハ、たーんと食ってけれ」

39: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:44:05.975 ID:uzEyANpj0
男(あー、食った食った)ポンポン

男「ごちそうさまでした。おいしかったです!」

女上司「そうかそうか」

女上司「んじゃ、次の用意をするだよ」

男「次って?」

女上司「酒に決まってんべ!」

41: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:47:48.458 ID:uzEyANpj0
女上司「ほれ、どぶろくだべ」

男「おおっ……」

男「これは、このあたりの酒屋さんが作ってるやつなんですか?」

女上司「なーにいってるだか。オラが作っただよ」

男「え」

男「たしか、お酒って勝手に作っちゃいけなかったような――」

女上司「固いこというでねえだ! さ、飲め飲め!」トクトク

男「は、はいっ!」

42: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:50:28.290 ID:uzEyANpj0
男(どぶろくってはじめて飲むな……)

男「いただきます」ゴクッ

女上司「どうだ?」

男「うん、イケる!」

男「清酒とはまた違った甘い風味で、洗練されてないのが逆にいいっていうか……」

女上司「ハハハ、褒めすぎだで」

女上司「さ、もっと飲め飲め」

43: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:53:07.821 ID:uzEyANpj0
男「いやー……すっかり酔っ払っちゃって……」

男「あー……眠くなってきちゃった」

女上司「じゃあ、そろそろ寝るだか」

女上司「あっちの部屋に布団さ敷いておくから、ぐっすり寝るといいだ」

男「そうします……」

男「今日はありがとうございました……おやすみなさい……」

女上司「……」

45: 名無しさん 2020/01/13(月) 22:57:43.256 ID:uzEyANpj0
男「うーん……」

男(今、俺は現実にいるのだろうか、夢の中にいるのだろうか……)

男(どぶろくでふんわりと酔ったせいか……どっちにいるのか分からない……)

男(だけど、それがたまらなく心地いい……)

ガラッ

男(……ん? 誰か部屋に入ってきた……? 誰だろう……?)

ハァハァハァハァハァ…

男(なんだ? この息づかいは……)

47: 名無しさん 2020/01/13(月) 23:00:12.254 ID:uzEyANpj0
女上司「……」ハァハァハァ

男「か、課長!?」

女上司「じ、実はな……」モゾ…

男「はい?」

女上司「オラのいた村には、まだ夜這いの風習が残っててな……」

男「夜這い……!?」

50: 名無しさん 2020/01/13(月) 23:04:18.398 ID:uzEyANpj0
女上司「我慢しようと思った……おめは大切な部下だから……手ぇつけちゃならねって……」

女上司「だけども、オラもう我慢できね!」

女上司「おめのめんこい顔さ見てたら……自分さ抑えきれなくなっちまって……!」

女上司「オラ、おめえとしてえ!」

男「……」

男「いいですよ」

女上司「ホントだべか!?」

男「だけど俺、こういうことはじめてなんで……どうかご指導をお願いします」

女上司「ああ、オラに任せてけろ!」

52: 名無しさん 2020/01/13(月) 23:07:29.383 ID:uzEyANpj0
女上司「じゃあ……脱がすだぞ」ガバッ

女上司「……!」

女上司「こりゃあ……ぶったまげただ……!」ゴクリ

女上司「おめのこと、オラが収穫してみせるだ!!!」

男「課長ォォォォォォォォォォォォ!!!」





課長との交わりは、素朴で温かな“土”の香りがした――

57: 名無しさん 2020/01/13(月) 23:11:33.440 ID:uzEyANpj0
――

――

女上司「今日はオラんとこで獲れた大根さ持ってきただ」

女上司「みんな、一本ずつ持って帰ってくれ」

同僚「ありがとうございます!」

社員「課長の大根、甘くてうまいんで最高ですよ!」

OL「やったー! ふろふき大根にしよっと!」

男「俺もいただきます!」

60: 名無しさん 2020/01/13(月) 23:14:42.576 ID:uzEyANpj0
男「いやー、課長の大根はすごいですね。太くて長くてたくましくて……」スリスリ

女上司「……なーにをいうだか」

男「え?」

女上司「おめえの大根の方が、よっぽどすごかったでねえか……」ポッ








―おわり―