1: 名無しさん 2020/01/17(金) 16:46:34.509 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「じゃあさ、一緒に映画行こうよ」
俺「俺なんかとじゃなくて友達と行けばいいだろ」
幼馴染「何言ってんの、俺くんも友達じゃん」
俺「……」

引用元: ・幼馴染「俺くん次の土日暇?」 俺「暇だけど……」

2: 名無しさん 2020/01/17(金) 16:47:13.210 ID:AqWl+Nvu0
~映画館~
幼馴染「これ観ようよ。前に俺くんが面白いって言ってた映画の続編」
俺「えっ……」
幼馴染「見てみたらやっぱり面白かったよ。俺くん昔から映画のセンスいいよね」
俺「……」

5: 名無しさん 2020/01/17(金) 16:52:07.661 ID:AqWl+Nvu0
~上映後~
幼馴染「あー面白かった。コメディなのにまさか泣けるとは思わなかったね」
俺「……そうだな」
幼馴染「ねぇこの後さ、時間空いてる?」
俺「えっ」
幼馴染「妹の誕生日でさ、帰りに買い物したいんだよね」
俺「そんなに時間かからないならいいけど」
幼馴染「ありがとう、予約してあるものを取りに行くだけだからすぐ終わるよ」

7: 名無しさん 2020/01/17(金) 16:55:10.819 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「ごめん、ちょっと待ったよね」
俺「いいよ、たかが10分ぐらいだし」
俺「ところで何買ったんだ?」
幼馴染「んー、料理道具。前に欲しいって騒いでたから」
俺「そうか」

9: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:00:27.297 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「あ、そうだ! すっかり忘れてた」
俺「?」
幼馴染「中3の時にさ、俺くんに漫画借りたじゃん? ほら長期入院するからって」
俺「あぁ…そういえばそうだったな」
幼馴染「あの後受験やら何やらでバタバタして返し損ねちゃって、もう10年近く前だけど今返すよ!」
俺「えっ?! いいよ別に」
幼馴染「良くない! 今日も映画や買い物付き合ってもらったし、お礼したいから」

10: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:05:28.652 ID:AqWl+Nvu0
俺「(結局流されて幼馴染の家まで来てしまった……) お邪魔します…」
幼馴染「今親いないからそんな固くならなくてもいいよ。それに昔は何回も来てたじゃん」
俺「そ、そうだったっけ……(親いないのか……)」
幼馴染「漫画、部屋にあるから一緒に来て。見せたいものもあるし」
俺「あ、うん……(そういえばこの家階段やたら急だったな。懐かしい)」

15: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:12:45.965 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「いらっしゃい。久々だよね部屋に呼ぶの」
俺「そうだな…(小綺麗な部屋だな。几帳面なのは昔から変わってないな)」
幼馴染「あの時は宿題ぐらいしか心配事なかったし、みんなで遊び回ってたよね……楽しかったな……」
幼馴染「……ねぇ、まだ夕方だし少し話そうよ。ベッドしか座るところないけど」
俺「え、あ、あぁ……(ベッドって幼馴染の隣じゃねーか……)」

17: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:17:52.102 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「顔赤いよ」
俺「え?! いや、その……」ドキドキ
幼馴染「久しぶりだよ。俺くんがそうやって感情的になってるのを見るの」ニコッ
俺「そ、そうか?(くそ、こいつやっぱり近くで見ると美人だな……)」ドキドキ

19: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:24:22.052 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「……顔、近いよ?」
俺「あ、えっ!? ご、ごめん……」
幼馴染「フフ、押し倒されるのかと思っちゃった」
俺「(あーもうダメだ理性限界)」
俺「幼馴染!」ガッ
幼馴染「どうしたの俺くん? 肩なんかつかんで」
俺「俺……実は……」ドキドキ
幼馴染「ちょ、痛い……!強く掴みすぎ」
俺「あ、ご、ごめん……」パッ

20: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:27:51.398 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「それで? 実は、何?」
俺「お、俺……中学、いや小学校の時から……幼馴染のことが好きだったんだ!」
幼馴染「!! 俺くん……!」

23: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:32:24.262 ID:AqWl+Nvu0
俺「高校も別だし、一緒になった大学でも別の学部で疎遠になったけど、幼馴染のことが忘れられなくて……学食でも見つける度に目で追ったりしてた……」
幼馴染「俺くん……」
俺「ごめん、キモいよな」
幼馴染「そんなことないよ……だって同じ気持ちだから」

25: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:35:57.735 ID:AqWl+Nvu0
俺「!! それって…!」
幼馴染「俺くん……今日うち親がいないって言ったよね」
幼馴染「俺くんのお母さんには今日はうちに泊まるって連絡しておいたんだ」
幼馴染「言いたいこと、わかるよね……」

26: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:44:08.951 ID:AqWl+Nvu0
俺「幼馴染!」ガシッ
幼馴染「わっ、結構乱暴なんだね」
俺「あ、ご、ごめん」
幼馴染「いいよ、初めて人に押し倒されたからびっくりしちゃった……」

27: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:47:40.125 ID:AqWl+Nvu0
俺「(初めてゴムつけた……)い、入れるぞ……」
幼馴染「いいよ、来て……」
俺「(くっ、キツい……)」
幼馴染「あぁっ……」
俺「ごめん、痛い?」
幼馴染「いいよ、大丈夫……俺くん……好きだよ……」
俺「幼馴染……!」
俺「キ、キス、していいか?」
幼馴染「うん……」

28: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:51:15.224 ID:AqWl+Nvu0
~事後~
俺「(幼馴染が俺の事好きだったなんて……一晩ともにした今でも信じられない)」
幼馴染「……」スヤスヤ
俺「(この寝顔が俺のものだなんて、10年前では妄想の中だけだったのにまさか現実になるとは……人生って分からないもんだな)」

34: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:55:01.059 ID:AqWl+Nvu0
~翌朝~
俺「……ムニャムニャ」
幼馴染「俺くん、起きてよ」
俺「うーんもう少し……」
幼馴染「寝てる場合じゃないよ」
俺「え~……?」
幼馴染「だって俺くん今から僕に殺されるから」

36: 名無しさん 2020/01/17(金) 17:58:03.195 ID:AqWl+Nvu0
俺「へ……(聞き間違いか? 今殺すって……?)」
俺「!! 身体が……」
幼馴染「ガムテープと縄でキツく縛ってあるからもがいたって無駄だよ」
俺「な、なんで……?!」
幼馴染「やっぱり忘れてるんだね。10年前のこと」

37: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:01:25.241 ID:AqWl+Nvu0
俺「10年前……?(やべぇマジでわからん)」
幼馴染「そう。10年前の、中学生最後の夏休み」
俺「!!(まさかアレか?いやでも、そんな)」
幼馴染「やっと思い出したみたいだね。所詮その程度ってことか」

39: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:07:47.837 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「中学生最後の夏休み。僕は事故で入院してた。」
俺「えっ????!!」
幼馴染「そう。お前はそれを知らなかった」
幼馴染「本当はあの時漫画なんて借りてないし、そもそも僕は誰にも会ってないんだよ。昨日はそれすらも忘れてることに驚いたね。」
俺「……(じゃああれは誰に貸したまま帰ってこなかったんだ……)」

41: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:10:59.426 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「ここまで言えば察しの悪い君でも気づくだろ?」
俺「……」
幼馴染「夏休みが終わる一週間前。お前は僕の家に忍び込んだはずだ」
俺「!!」

45: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:16:32.094 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「お前は二階の空き部屋の窓から入り込み、僕の部屋に来た」
幼馴染「そしてあろうことか僕を襲おうとした」
俺「お、幼馴染は家にいなかったんだろ?! 襲えるわけがないじゃないか」
幼馴染「いいや、あの日無人であるはずの僕の部屋にいたのは妹だ」
俺「いもうと!!??!」

46: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:19:16.505 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「妹の部屋はエアコンが壊れていた……寝苦しい熱帯夜を乗り切るのに一時的に僕の部屋で寝起きしていたんだ……」
俺「そんな……」
幼馴染「暗かったから見えなかったんだろうな。妹は髪の毛も長くなかったし、背丈もそんなに変わらなかったからな」

49: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:25:57.849 ID:AqWl+Nvu0
俺「(なんか小さいなとは思ってたんだよな……)」
幼馴染「お前に暴行された妹は、暗闇の中隙を突いて必死に逃げた。だが階段を踏み外してしまったんだ……」
俺「馬鹿な、証拠も無いのに……」
幼馴染「最初はただの事故だと思ったさ。だが部屋にこれが落ちてたんだ」
俺「……?」
幼馴染「お前が持ってた携帯のストラップだよ!」

52: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:31:11.998 ID:AqWl+Nvu0
俺「遊びに来た時に落ちたかも知れないだろ!」
幼馴染「いいや、それはない」
幼馴染「僕は部屋に人を呼んだあとは毎回隅々まで掃除してたんだよ」
幼馴染「しかもベッドの脇という、掃除機をかけるときにすぐ見えるような場所に落ちてたんだ」

53: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:36:06.912 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「ショックだったよ。まさかスメイトが犯人だったなんて」
俺「でもそれだけじゃ証拠にはならないだろ!」
幼馴染「そうだ。ストラップぐらいじゃ証拠不十分で警察は動いちゃくれない」
幼馴染「だからお前のことを監視することにした。高校は離れたが、幸いお前は実家が近くだし転校の心配は無いからな」

54: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:44:51.887 ID:AqWl+Nvu0
俺「まさか大学も……」
幼馴染「そうだ……お前が受ける大学を僕も受けたんだ。結局国立じゃなく第5志望の私立大になったが、お前の監視さえ出来ればどうでもよかった」
俺「うっ……」
幼馴染「また親しくなれるかどうか不安はあったが、お前は友達が少なかったから心配要らなかった」
俺「うぅ……」

55: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:51:10.970 ID:AqWl+Nvu0
俺「まさか妹がいるとは…」
幼馴染「妹は全寮制の別の学校に通ってたんだよ。夏休みに帰ってきていたのさ」
俺「そんな……」

56: 名無しさん 2020/01/17(金) 18:53:14.648 ID:AqWl+Nvu0
幼馴染「妹の復讐の為の長く苦しい10年間だった……だがそれがようやく終わる」
俺「ま、待ってくれ!」
幼馴染「いいや待つもんか。この包丁で肺に穴を開けて、苦しみ抜いてから死んでもらう」
幼馴染「昨日買ったばかりの包丁だ。切れ味は保証するよ」

58: 名無しさん 2020/01/17(金) 19:01:21.976 ID:AqWl+Nvu0
俺「ま、まて!最後に聞きたいことがある」
幼馴染「……なんだ」
俺「殺すなら昨日殺せば良かっただろ? ヤラせてくれたってことはやっぱり俺の事好きなの?」
幼馴染「……」

59: 名無しさん 2020/01/17(金) 19:07:30.838 ID:AqWl+Nvu0
キャスター『今朝未明、●●市〇〇の幼馴染さん宅で火災が発生しました。火は消し止められましたが、家の中から幼馴染さんと思わしき男性と、身元不明の男性の遺体が発見されました。幼馴染さんは現在一人ぐらしで、もう1人の遺体の身元究明を急いでいます』


60: 名無しさん 2020/01/17(金) 19:07:47.871 ID:AqWl+Nvu0
粗末な文ですまんかった