1: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:00:26.260 ID:XkMvhi4Y0
―酒場―

青年「……」ギィィ…

男「おいおい兄ちゃん!」

青年「ひっ!」

男「ここはガキが来るとこじゃねえぜ! ガキは帰ってミルクでも飲んでな!」

青年「すいませんっ!」タタタッ

男「ヒャハハハハッ!」

ヒューヒュー! イイゾー!

引用元: ・男「酒場で“ガキは帰ってミルクでも飲んでな!”と言い続けて数十年……俺も年食ったもんだ」

3: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:04:10.118 ID:XkMvhi4Y0
こんな感じで俺は、町を代表するアウトローとして、



男「てめえみたいなよそ者は、ミルクでも飲んでな!」

旅人「……!」



男「ガキはママにミルクでも飲ませてもらうんだな!」

少年「うぇぇぇぇん!」



酒場では、まるで番人のように振る舞った。

“ミルクでも飲んでな”と言い続けた。

4: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:07:11.749 ID:XkMvhi4Y0
もちろん、こんなことをやっていたら――



男「ガキは帰ってミルクでも飲んでろ!」

冒険者「悪いが、帰るつもりはない」

男「ンだとォ!?」ガタッ

冒険者「相手になってやろう」



喧嘩になることもある。

5: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:10:13.374 ID:XkMvhi4Y0
男「あ、がが……」ピクピク

冒険者「ふん……」

ザワザワ… ツエエ… マジカヨ…



無様にボコボコにされたこともある。

だが、そんな惨敗も周囲にはある種の武勇伝として刻まれていき、

いつしか俺は荒くれ者たちの間で、ちょっとした“伝説”になっていった――

8: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:14:15.960 ID:XkMvhi4Y0
……

……

男「……」

男「……」チビッ

男(不味い……)

男(このところ、体が酒を受け付けなくなってきた……)

男(酒場の主人が気ィきかせて俺の酒は薄めてくれてるけど、それでもキツくなってきたな)

9: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:18:06.257 ID:XkMvhi4Y0
チンピラ「でさぁ~、そこの踊り子が超セクシーなんだよ! ほとんど全裸だしよ!」

ゴロツキ「マジかよ、見てぇ~!」

刺青「もちろんおさわりアリだよなァ!?」

ギャハハハハハ… ワイワイ…



男(若いチンピラどもの話題についていけねえ)

男(俺とつるんでた同年代の連中は、とっくに酒場通いなんかやめちまったから仕方ねえけどな)

10: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:21:34.898 ID:XkMvhi4Y0
チンピラ「おやっさん!」

男「ん」

チンピラ「いつものあれ、やって下さいよー!」

男「……しょうがねえな」

男「ガキは帰ってミルクでも飲んでな!」

ヒューッ! カッケェ! ギャハハハッ!

男「……」

男(尊敬されてんだか、バカにされてんだか……)

11: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:24:04.068 ID:XkMvhi4Y0
家に帰ると――

男「オエエエエエッ……!」

ビチャビチャビチャッ

男「ハァッ、ハァッ、ハァッ……」

男(今日はほとんど飲んでねえってのにこのザマか……)

男(昔は一晩中飲んだってへっちゃらだったのに、ざまあねえなぁ……)

14: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:28:11.644 ID:XkMvhi4Y0
男「……」

医者「このままじゃ、あなた死にますよ」

男「そうかい」

医者「まだ間に合います。お酒をやめて下さい」

男「あいにく、やめるわけにはいかねえな」

医者「死にたいんですか?」

男「俺の居場所は……酒場(あそこ)しかねえからな」

男「酒場通いをやめたら、それこそ俺は死んじまうよ」

16: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:31:13.598 ID:XkMvhi4Y0
……

息子「オヤジ」

男「! 誰かと思えばバカ息子か……久しぶりだな」

息子「ずいぶん痩せたんじゃないか? 顔色も悪い。黒ずんでる」

男「そうか? 元々こんなもんだったぜ」

息子「……」

男「……」

17: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:34:33.270 ID:XkMvhi4Y0
息子「……お医者さんから聞いたよ」

息子「オヤジ、酒飲むのやめろ。酒場行くのもやめろ」

男「なにをいうかと思えば……やめるわけねえだろ」

男「俺はこの町のアウトローにとっちゃ、神様みてえなもんなんだ」

男「みんなが俺を待ってんだ」

息子「俺もオヤジを待ってるっていったら?」

男「は?」

息子「なあオヤジ……同居しないか」

18: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:37:43.671 ID:XkMvhi4Y0
男「バカいえ。だいたい、お前がよくっても、お前の女房や子供は嫌だろう」

息子「家族と話はした。かまわないってさ」

男「……!」

息子「なぁ、頼むよ。うちに来てくれ」

男「ケッ……! 俺はお前に、今まで親らしいことは何一つしてやれなかった」

男「それがジジイになったからって、今さら世話になれるかよ」

息子「たしかに……俺だって昔はオヤジのことを死ぬほど憎んだ」

息子「俺と遊んでくれたことなんて、一回もなかったもんな」

19: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:40:44.772 ID:XkMvhi4Y0
息子「だけど、今は違う」

息子「お袋は、あんたみたいな夫でも愛したまま死んでいったし……」

息子「今は……オヤジに少しでも長生きして欲しいんだ」

男「……」

息子「それに俺だって、酒場を牛耳ってたオヤジの威光を全く利用したことがない、とはいえないからな」

息子「恩返しもしたいんだよ」

男「断る」

男「俺は一人で生きて……一人で死ぬんだ」

息子「……分かったよ。もう何もいわない。邪魔したな」スタスタ

男「……」

21: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:43:41.234 ID:XkMvhi4Y0
男は酒場へ向かう。



ワイワイ… ガヤガヤ…



男(今日は久々に体調がいい……)

男(たまには若い奴らとがっつりと酒を……)

22: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:46:43.328 ID:XkMvhi4Y0
ゴロツキ「あれ? 今日はおやっさん来ねえのな」

チンピラ「いいよ、あんなジジイ。来なくって」

チンピラ「ろくに酒飲まねえし、体悪そうで辛気臭いし、あいついると気ィ使わなきゃなんねえし」

チンピラ「はっきりいってジャマなんだよ」

ゴロツキ「たしかになー。扱いに困るっつうか」

刺青「なにかあるとすぐ武勇伝自慢するしな」

チンピラ「昔はすごかったのかもしんねえけど、いつまでものさばるなってんだ!」

ソウダソウダー! ギャハハハハ… ワイワイ…

23: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:49:14.408 ID:XkMvhi4Y0
男「……」

男「フッ、そうだったか」

男「俺の居場所なんて、とっくの昔になくなってたってわけかい」

男「……」クルッ

男(俺は……どこへ行けばいいんだ……)フラフラ

…………

……

26: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:53:16.367 ID:XkMvhi4Y0
男(さまよってたら、全然知らないとこまで来ちまった……どこだここ?)



モォ~……



男「!」

男(牛の鳴き声……! 牧場のあるとこまで来ちまったか)

27: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:55:51.695 ID:XkMvhi4Y0
酪農娘「いらっしゃいませー」

男「え」

酪農娘「ミルクいかがですか? 試飲できますよ!」

男「ミルクゥ? 嬢ちゃん、俺を誰だと……」

男(って、こんな小娘に突っ張ってもしょうがねえか)

男「一杯もらおうかな」

酪農娘「はい、どうぞ!」

男(ミルク飲むなんて……それこそ何十年ぶりかな)

29: 名無しさん 2020/03/02(月) 22:58:32.390 ID:XkMvhi4Y0
男「……」グビッ

酪農娘「いかがですか?」

男「……うまい」

酪農娘「よかった!」

男(いつもガキの飲むもんだってバカにしてたが、ミルクってこんなに美味かったのか……)

男(弱り切った体に、牛乳の栄養が染み込んでいく……)

31: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:02:02.969 ID:XkMvhi4Y0
男「ごちそうさん」

男「しかし、乳搾りってのも結構難しいんだろう?」

酪農娘「そうですね。ただ搾ればいいってものではないんです」

男「コツがいるってわけか」

酪農娘「はい、私の家では長年やっていた搾乳方法があったんですが……」

酪農娘「それだとどうしても、出せるミルクの量が頭打ちになってしまったんです」

酪農娘「牛は100のミルクを蓄えてるのに、60ぐらいしか出せないといった感じで……」

男「そりゃもったいねえな」

33: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:05:12.411 ID:XkMvhi4Y0
酪農娘「今のやり方じゃダメだ、と気づいてはいたんです」

酪農娘「だけど、伝統的なやり方を変えるのはどうしても怖かった」

酪農娘「今まで私や一族が積み上げてきたものが、全部崩れてしまう気がして……」

酪農娘「ですが、それでも思い切って、やり方を変える決心をしたんです」

男「ほう……そしたら?」

酪農娘「試行錯誤の末、ウソみたいにたくさん搾れるようになって……」

男「そういうこともあるんだなぁ」

34: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:08:18.346 ID:XkMvhi4Y0
酪農娘「だから私は学んだんです」

酪農娘「こだわることも大切ですが……」

酪農娘「こだわってばかりじゃ、前に進めないこともあるんだなって……」

酪農娘「前に進むのを恐れるこだわりは、ただの臆病じゃないかって……」

男「……!」

男(そうか……)

男(俺は……酒を飲むこと、酒場にいることにこだわってた)

男(だが本当は……前に進むのが怖かっただけなのかもしれねえな……)

35: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:11:06.594 ID:XkMvhi4Y0
男「ありがとよ、嬢ちゃん」

酪農娘「え?」

男「おかげで俺も……変わることができそうだ」

男「ミルク、うまかったよ」

酪農娘「はいっ! ありがとうございました!」

36: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:13:45.693 ID:XkMvhi4Y0
男はその足で――

男「よう」

息子「! オヤジ……」

男「実は、同居の件なんだが……」



…………

……

37: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:17:04.424 ID:XkMvhi4Y0
……

……

ゴムボールを投げ合う。

孫「いくぞ、じいちゃーん!」ヒュッ

男「いいボールだ!」パシッ

男「今度はこっちから投げるぞ!」ポイッ

孫「キャッチ!」パシッ

男「だいぶ投げる力が強くなってきたな」

孫「へへー!」

38: 名無しさん 2020/03/02(月) 23:20:10.683 ID:XkMvhi4Y0
孫「じいちゃん、ミルク飲もうぜ!」

男「おう、ガキと飲むミルクもいいもんだ!」



嫁「お義父さん、この頃、すっかり顔色よくなってきてよかったわ」

息子「ああ……」

息子「昔のギラギラしてたオヤジも内心嫌いじゃなかったけど、今の丸くなったオヤジも悪くないよ」







~おわり~